滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘感染症と疾病’

毎年輸入感染例がある蚊による病気

2017-03-08

 

マラリア

 

【病原体は】

病原体は単細胞生物のマラリア原虫で、

人に感染して問題になるのは、

熱帯熱マラリア原虫・三日熱マラリア原虫・卵型マラリア原虫・

四日熱マラリア原虫・五日熱マラリア原虫で、第4類感染症です。

 

【死亡率は?】

重症化しやすい熱帯熱マラリアは、

死亡率が高いとされています。

 

【主な媒介者は?】

メスのハマダラカが人を吸血して感染させます。

毎年、輸入感染例があります。

 

【主な症状は?】

症状は、熱帯熱マラリアで潜伏期間は約12日

三日熱マラリアと卵型マラリアで約14日

四日熱マラリアで約30日といわれています。

悪寒・発熱・筋肉痛・関節痛・倦怠感・

下痢・おう吐・腹痛が起こります。

風邪やインフルエンザと症状が似ているので、

誤診に注意が必要です。

又、重篤化すると多臓器不全・脳症・腎症・肺水腫・黒水熱などの

色々な合併症を生じ、死に至る場合もあります。

 

【ワクチン接種について】

現在、承認されているワクチンはありませんが、

開発は現在でも行われています。

 

【これが大事】

① 媒介者であるハマダラカの対策

 ベクターコントロールを行いましょう。

特に夕暮れから明け方に吸血するので、注意しましょう。

死者のほとんどが、アフリカに住む小児です。

世界の半数以上が、マラリア患者になる可能性があり、

特にサハラ砂漠以南に行く際は、情報収集してから行きましょう。

風邪やインフルエンザに瓜二つの感染症

2017-03-04

ライム病

 

【病原体は】

病原体のボレリア属菌は、全長10マイクロメートルの

らせん状スピロヘータ(人獣共通細菌)で、第4類感染症です。

 

【死亡率は?】

死亡例はほとんどありませんが、

2007年に1例報告されております。

 

【主な媒介者は?】

病原体を保有する野ネズミや鳥にマダニが吸血します。

その病原体を持ったマダニが媒介者となります。

 

【主な症状は?】

症状は、潜伏期間は数週間で、

リンパ節の腫張・頭痛・発熱・悪寒・

筋肉痛・関節痛・倦怠感が起こります。

尚、紅斑が出ない場合は、風邪やインフルエンザのような

症状と似ており間違えやすいです。

また、症状が出ない場合もあります。

重篤化すると中枢神経症状や心疾患、慢性関節炎、

皮膚症状、末梢神経障害などいろいろな症状が現れます。

 

【ワクチン接種について】

現在、使用可能なワクチンはありません。

 

【これが大事】

①  媒介者であるマダニの対策を行いましょう。

②  マダニに刺咬された場合は、

 引き剥がさずに皮膚科で対応してもらいましょう。

 くれぐれも無理に虫体を取らないようにしましょう。

哺乳類に感染する病気

2017-02-26

レプトスピラ症

 

【病原体は?】

スピロヘータ目(人獣共通細菌)のレプトスピラ科に

属するグラム陰性細菌で、第4類感染症です。

 

【死亡率は?】

重篤化すると5~50%とされており、幅広いです。

 

【主な媒介者は?】

宿主は、家ネズミ(ドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミ)や

野ネズミなどの野生生物で、

人・イヌ・ネコ・ウシ・ウマ・ブタなどの

哺乳類に感染します。

それらの排泄物に汚染された水や土壌からも感染します。

人から人への感染はありません。

 

【主な症状は?】

症状は、潜伏期間は14日くらいまでで、

悪心、発熱、頭痛、倦怠感、筋肉痛など

風邪とよく似た症状が起こります。

そして別名ワイル病と言われる重篤症状になると、

エボラ出血熱レベルの全身出血や

播種性血管内凝固症候群を引き起こしたりもします。

尚、犬は3日程度でに至るそうです。

 

【ワクチン接種について】

ワイル病秋疫(あきやみ)混合ワクチンがあります。

しかし現在、血清型は250以上ありますが、

そのうち5つの型にしか対応されていません。

 

【これが大事】

①  人が集まる場所では、媒介するネズミの

 予防駆除を必ず行いましょう。

②  沖縄県で多い感染症で、

 下水道関連や畜産関係者は注意して下さい。

③  犬の輸入は、レプトスピラ病に

 感染していないことを証明しないといけません。

④  流行区域では、不用意に水に入らないようにしましょう。

 逆性石鹸やヨード、次亜塩素酸ナトリウムで消毒予防しましょう。

1000人中1人が死亡するサルモネラ

2017-02-16

サルモネラ症

 

【病原体は?】

サルモネラは、

主に動物の消化管に生息する通性嫌気性グラム陰性桿菌の

腸内細菌科のサルモネラ・エンテリティディスという細菌で、

菌体の周辺に鞭毛を持つ第3類感染症です。

 

【死亡率は?】

わずか0.1%程度です。

 

【主な媒介者は?】

特にブタ・ニワトリ・ウシの腸管内に生息する菌ですが、

自然界のあらゆる所に生息しています。

① これらに関連する食品(鶏卵・生肉・生ケーキなど)から人への経路

② 汚染された調理器具や手指を介して、食品を食べた時

③ 家ねずみ(ドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミ)や

 ゴキブリが汚染菌をばらまく

 

【主な症状は?】

症状は、潜伏期間は4日くらいまでで、

悪心、おう吐、腹痛、発熱、そして下痢を激しく起こし、

急性胃腸炎となります。小児や高齢者では、

菌血症や意識障害、けいれんなどの重篤化になりやすいです。

 

【ワクチン接種について】

ありません。

 

【これが大事】

① 生肉や加熱不十分な肉類を食べないように、

 また食品従事者は食べさせないように努めましょう。

② 卵は冷蔵保存をしましょう。割ったら早めに食べましょう。

③ 乳幼児から小児や高齢者のような、

 抵抗力の弱いハイリスクグループの方は、

 重篤症状になりやすいので、くれぐれも注意しましょう。

④ 学校給食センター、介護施設の厨房、食品工場などでは、

 必ず衛生害虫の防除に努めましょう。

⑤ 消毒効果のある石鹸水で手洗いを行い、

 アルコール消毒で予防しましょう。

何とノロ超え!わずか50個の菌で感染

2017-02-12

腸管出血性大腸菌感染症

 

【病原体は】

ベロ毒素を産生する大腸菌で、

長さ2.5マイクロメートルです。

周囲に鞭毛が見られます。

170種類程度ある中で、

重症化するものは0-157とされています。

人間は、わずか50個程度で感染する第3類感染症です。

 

【死亡率は?】

溶血性尿毒症のような重篤な症状が出ると、

致死率は5%ほどにもなります。

 

【主な媒介者は?】

牛などの動物の腸管に潜む菌で、

加熱不十分な肉やレバーを食した人へと移ります。

二次感染としては、感染者が接触した食品や便に

手洗い不十分から起こる糞口感染があります。

また、牛舎などで発生するイエバエ類イエバエが、

この菌の運び屋としても挙げられています。

 

【主な症状は?】

症状は、潜伏期間は5日程度で、

激しい腹痛と水様便に何度も陥り、血便になります。

そのうち10%未満の人が、

溶血性尿毒症や脳症などの重篤な合併症が発症します。

 

【ワクチン接種について】

ありません。

 

【これが大事】

①  生肉や加熱不十分な肉類を食べないように、

 また食品従事者は食べさせないように努めましょう。

②  乳幼児から小児や高齢者のような、

 抵抗力の弱いハイリスクグループの方は、

 重篤症状になりやすいので、くれぐれも注意しましょう。

③  有症状患者の場合は、医師の診断により

 感染のおそれが無いと認められるまでは、外出禁止となります。

④  学校給食センター、介護施設の厨房、

 食品工場などでは、必ず衛生害虫の防除に努めましょう。

 消毒効果のある石鹸水で手洗いを行い、

 アルコール消毒で予防しましょう。

感染菌わずか10個で感染

2017-02-04

細菌性赤痢

 

【病原体は】

短桿菌(たんかんきん)で

鞭毛を持たない赤痢菌で、第3類感染症です。

(2006年の12月より第2類感染症から

第3類感染症に変更されました)

感染菌がわずか10個からでも

感染することが大きな特徴です。

 

【死亡率は?】

1%未満です。

 

【主な媒介者は?】

人・ハエ類・ゴキブリです。

患者の糞便や汚染された手指から食品や水、

人が触れる物を介し、人・ハエ類・ゴキブリが主な媒介者になります。

 

【主な症状は?】

症状は、潜伏期間は5日までで、

悪寒・高熱・腹痛・下痢・血便が生じます。

重症例は少なく、

数回の下痢と軽度な発熱で改善することが多いです。

特に体力のない乳幼児や高齢者で重症化しやすいので注意しましょう。

 

【ワクチン接種について】

現在はありません。

 

【これが大事】

①  汚染地域に訪れた際は、手洗いをこまめに行い、

 水や氷、生ものを食べないようにしましょう。

②  乳酸菌やビフィズス菌などの生菌整腸薬を併用し、

 スポーツ飲料を十分に摂りましょう。

 脱水症状がひどい場合は、早急に医療機関へ行きましょう。

③  インド、タイ、インドネシアなど

 アジア地区に行かれる際は、事前情報を必ず入手して下さい。

脅威!放置したら100%の致死率

2017-01-29

ペスト(黒死病)

 

【病原体は】

卵円形をしたグラム陰性の

小桿菌(しょうかんきん)で第1類感染症です。

 

【死亡率は?】

放置してしまうと、100%の致死率といわれます。

 

【主な媒介者は?】

クマネズミや野生のげっ歯類に寄生している細菌が、

ノミ(特にケオプスネズミノミ)が媒介して、

人にペストを起こします。

まれに、感染している哺乳類から人にも傷口を介して伝染します。

また肺に感染した場合は、

せきによって簡単に感染するので厄介です。

 

【主な症状は?】

①  腺ペスト

 症状は、潜伏期間7日までで、高熱・頭痛・悪寒・

 おう吐・筋肉痛・倦怠感・不快感などが生じます。

 リンパ節は、大きく腫れ壊死し敗血症を起こし死亡します。

②  敗血症型ペスト

 急激なショック症状、

 手足の壊死、昏睡、その後2~3日で死亡します。

③  肺ペスト

 潜伏期間は2~3日で、

 高熱・頭痛・おう吐・呼吸困難を起こします。

 肺に菌が入り、肺炎を起こし肺胞が破壊され死亡します。

 

【ワクチン接種について】

現在は、使用可能なワクチンはありません。

 

【これが大事】

①  致死率が非常に高い感染症ですが、

 現代は、治療できる抗菌薬があるので、

 早期対処で回復します。但し、副作用もあり、

 新生児~小児までは安全性も確立されていません。

②  肺ペストは人のせきでうつります。

 肺ペスト流行地域には行かないようにしましょう。

 アメリカ、アジア、特にアフリカ南部に行かれる際は、

 必ず事前情報を入手して下さい。

日本でプレーリードッグの輸入が禁止されている理由

2017-01-24

野兎病(やとびょう)

 

【病原体は】

野ウサギなどによって伝播される

野兎病菌はグラム陰性の小短桿菌で第4類感染症です。

 

【死亡率は?】

未治療では30%以上の高い致死率です。

 

【主な媒介者は?】

野ウサギに接触することにより、人にウイルスが感染します。

また、マダニなどの吸血性のある節足動物や

ネコ、ニワトリが媒介者となり感染する経路もあります。

人から人へは感染しません。

冬から春にかけて、北海道や東北地方、関東地方で多く見られます。

 

【主な症状は?】

症状は、潜伏期間3~7日で、

発熱・頭痛・悪寒・吐き気・おう吐・筋肉痛・関節痛などの

風邪の症状が起こります。

未治療では、30%以上の死亡率で非常に高いです。

 

【ワクチン接種について】

弱毒性のワクチンがあります。

3週間程度で抗体が出来てきます。

尚、感染してからの接種では効果がありませんので、

くれぐれも注意して下さい。

 

【これが大事】

①  致死率が非常に高い感染症ですが、

 早期治療でほとんどが回復しますので、安心して下さい。

 野兎病菌は感染力が非常に強いので、

 野ウサギや齧歯類の動物との接触を防ぐこと及び

 マダニなどの対策が必要です。

③  北アメリカや北アジア、ヨーロッパ、ロシアなど

 北半球に訪れる際は、注意して下さい。

 又、日本では主に北海道・東北・関東地方で散発しています。

④  日本では、プレーリードッグの輸入を禁止しています。

 野兎病菌は熱に非常に弱く、60度を10分程度で死滅します。

4週間以内に大流行する可能性あり

2017-01-14

本日は、緊急情報であります。

 

インフルエンザが注意報レベルになりました。

厚生労働省は13日、

全国約5千の定点医療機関から報告された

インフルエンザの新規患者数が8日までの1週間に

1医療機関当たり10.58人となり、

今季初めて注意報レベル(10人)

になったと発表しました。

 

1週間の全国の新規患者数は推計約81万人で、

前の週と比べると約4割増えました。

 

この注意報は今後4週間以内に

大流行が発生する可能性があるレベルを表します。

手洗いなどの予防策の徹底が必要であります。

 

都道府県別では、

1医療機関当たりの報告数が最も多かったのは、

岐阜県の19.87人

秋田県 18.30人

愛知県 18.25人

沖縄県 17.93人が続きました。

42都道府県で前の週より報告数が増えました。

 

国立感染症研究所によると、

インフルエンザによる新規入院患者は、

8日までの1週間で718人で前の週は436人でした。

(日本経済新聞より引用)

 

インフルエンザウイルスのプロフィールはこちら ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=1072

サシガメが運ぶ寄生虫で流行するシャーガス病

2017-01-13

中南米で流行しているシャーガス病

日本の2つの研究チームが、

それぞれ治療薬候補を発見されました。

 

シャーガス病は、カメムシの仲間である

サシガメという吸血性昆虫が寄生虫

トリパノソーマ を運んで感染します。

世界保健機関(WHO)によると、患者は約700万人。

心臓肥大などを引き起こし死亡する例もあり、

ワクチンや副作用の少ない治療薬がなく、

新薬が求められています。

 

東京工業大学と産業技術総合研究所、アステラス製薬などは、

まず、寄生虫が持つたんぱく質に関する

情報検索システムを構築しました。

この中から寄生虫の生命活動に関わり、

働きを抑えても患者への副作用が少ないと考えた

酵素を薬の標的に選びました。

 

次にこの酵素にうまく結合する化合物を

シミュレーション(模擬実験)で絞りこみました。

従来はたんぱく質が変形しない前提で計算していたが、

体内の熱などによる「ゆらぎ」を予測しながら

計算する方法を採用し、約20の化合物を特定しました。

数個は既に寄生虫への効果を確かめられました。

今後は動物実験で詳しく調べるとのことです。

 

長崎大学と理化学研究所は、

寄生虫の細胞の核酸合成に関わる

別の酵素を標的にしました。

この酵素はそのままでは化合物が結合しにくいです。

着目したのが、結合させたい箇所が備える

プラスやマイナスの電気的性質などです。

その反対の性質を持つ化合物を用い、

引き合うようにして酵素の構造の一部を

広げながらくっつける方法を考えました。

 

東京大学で合成した化合物などを対象に

シミュレーションしたところ、

約40種類が治療薬の候補になることが分かりました。

※日本経済新聞より引用

« Older Entries Newer Entries »
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ