滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘感染症と疾病’

超危険な未知のウイルス

2017-04-13

エボラ出血熱

 

【病原体は】

マールブルグウイルスと共にフィロウイルスに属し、

5つの種

(ザイール・スーダン・ブンディブジョ・タイフォレスト・レストン)が

存在する第1類感染症です。

特にザイールエボラウイルスが、

最も強い病原体と言われています。

尚、レストン型は人での病原性はありません。

 

【死亡率は?】

死亡率は50~90%と非常に高いです。

ザイール型では90%近くの致死率があるといわれます。

 

【主な媒介者は?】

フルーツバッドと呼ばれる

コウモリが媒介するのではないかと言われていますが、

依然として感染経路は不明であります。

エボラウイルスに感染した人や

動物の血液や体液に直接触れると感染します。

また人から人への感染も起こります。

尚、空気感染はしません。

 

【主な症状は?】

症状は、潜伏期間は20日くらいまでで、

発熱・筋肉痛・頭痛・腹痛・咽頭痛など

重度のインフルエンザに似ています。

その後におう吐・下痢・出血が起こる場合があります。

事例では、1週間程度で死亡します。

2014年9月に感染した米国の男性医師は、

完治したかと思われた約2か月後に、

左目が痛くなり、青い瞳が緑に変色しました。

検査の結果、

目の内部を循環する水「房水」から

ウイルスが見つかったそうです。

その後は回復しました。

 

そして、新たに2015年の1月に完全回復されたとし、

退院された英国人女性が、

その年の10月に再発され危機的な容体になられました。

完治したと思われても、

長期間潜伏することが判明したので、

まだまだ分からないウイルスであります。

 

【ワクチン接種について】

承認されたワクチンや治療薬は現在ありません。

 

【これが大事】

① 海外へ行かれる際は、予め感染地域をチェックし、

 野生動物との接触は避けましょう。

② 患者の血液や体液に触れると感染しますので、

 医師や看護師は、手袋・マスクなど接触感染を必ず防止しましょう。

 

※詳しくは、厚生労働省のホームページにて

乳児にハチミツは、食中毒死と覚えて下さい

2017-04-09

2017年4月8日の土曜日、

日本経済新聞の記事に残念な記事が飛び出した。

 

乳児ボツリヌス症

 

この感染性胃腸炎を及ぼす地上最強と呼ばれる

毒素を出す食中毒菌ボツリヌス菌は、

たった1gの毒素で100万人の命を奪う

恐ろしいやつです。

 

今回、生後6か月の男児に、1月中旬から約1ヶ月間、

ジュースにハチミツを混ぜた離乳食を食べさせていたのです。

腸管内でボツリヌス菌が増殖し、

毒素によってけいれん、呼吸困難を起こし、3月末に亡くなりました。

 

1986年以降、死亡事故は起こってなかったのに、

今回このような死亡事故が発生しました。

東京都は、「1歳未満の乳児にハチミツを与えてはいけない」と

注意喚起していたようですが、その家族は知らなかったということです。

この事故に対して、

ぜひともお店の商品棚に、記載して欲しいと思いました。

商品自体に記載するのは当然ですが、

お店側もPOPなどで、協力して欲しいです。

 

ボツリヌス菌のプロフィールはこちら ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=1246

 

 

 

伝染の怖さ

2017-04-06

シラミ症

 

【病原体は】

病原体は、アタマジラミ・ケジラミそのもので、

皮膚に寄生することによって生じる感染症です。

 

【死亡率は?】

シラミ症の中で、コロモジラミが病原体を媒介する

発疹チフスや回帰熱などでは、

死亡例がありますが、ヒトジラミではありません。

 

【主な媒介者は?】

人間の血液を吸って生活する寄生虫シラミが直接引き起こします。

アタマジラミは、頭髪の接触で多く発生し、

世界的に見ても特に12歳以下の子どもで見られます。

ちなみにケジラミは、性行為で感染します。

 

【主な症状は?】

アタマジラミ症は、頭皮のかゆみが起こり、

ケジラミ症では陰部のかゆみを生じます。

激しい痒みに襲われる場合は、

掻き毟ったりして傷口から細菌が侵入して、

発熱・疼痛など二次被害を及ぼします。

くれぐれも他の皮膚疾患と間違った診断をしないように、

医師は気をつけなければなりません。

 

【ワクチン接種について】

ありません。

 

【これが大事】

① 家族間での頭髪や陰部の痒みの情報伝達が必要です。

 放置しておくと伝染しますので、要注意です。

②  シラミという名前ですが、

 害虫駆除業者に相談するのではなく医師に依頼しましょう。

③  アタマジラミやケジラミ自身が危険なウイルスや

 病原体を運んでくるのではありませんので、覚えておきましょう。

このダニ対策は害虫駆除業者ではなく医師です

2017-03-19

疥癬(かいせん)

 

【病原体は】

病原体は、疥癬ダニと呼ばれるヒゼンダニそのものです。

 

【死亡率は?】

放置すると死亡率が高いですが、

現在は治療薬も発達し早期発見でかなり改善されます。

 

【主な媒介者は?】

ヒゼンダニの雌が人の皮膚に潜り込み、

トンネルを横に掘っていきます。

これを「疥癬トンネル」と呼びます。

手の被害が最も多く、

次いで体の柔らかい部位に発症します。

直接感染では人の肌同士の接触、

間接感染では寝具や衣服の使い回しが原因になります。

 

【主な症状は?】

潜伏期間は約30日程度で、発疹を伴います。

角質層より深く侵入することはありません。

 

【ワクチン接種について】

ありません。

 

【これが大事】

① ヒゼンダニという名前ですが、

  害虫駆除業者ではなく医師に相談しましょう。

② 被害の多い順番は、

  1位、手・手首 2位 肘 3位 足です。

  老人ホームや病院の患者さんは、注意して下さい。

ミクロフィラリア注入攻撃

2017-03-15

 

フィラリア症(犬糸状虫症)

 

【病原体は】

病原体は、線虫類で細長い糸状の寄生虫です。

一般的に犬の病気として知られているのは、犬糸状虫ですが、

他にも人体寄生性のパンクロフト糸状虫、

マレー糸状虫、回旋糸状虫(オンコセルカ)などがあります。

 

【死亡率は?】

放置すると死亡率が高いですが、

現在は治療薬も発達し早期発見でかなり改善されています。

 

【主な媒介者は?】

アカイエカ・トウゴウヤブカ・ヒトスジシマカなどの吸血昆虫です。

まず、フィラリアに感染している犬に蚊が吸血します。

その時、蚊が血だけではなく

フィラリアの赤子(ミクロフィラリア)も一緒に吸い、

蚊自体がフィラリアに感染します。

そして蚊の体内で成長するミクロフィラリアが、

感染能力を持ったフィラリアに成長します。

その後、再び蚊が犬や人を吸血し、

血管内にミクロフィラリアを注入します。

 

【主な症状は?】

慢性症の場合

フィラリア線虫が長期間心臓に寄生するため、

循環器系に色々な障害が生じます。

まず肺動脈に寄生し咳が出ます。

その後は肝硬変を起こし、心不全に至ります。

最後に水がたまり、肺水腫と腹水を起こし死に至ります。

 

急性症の場合

多くの線虫が血管内に詰まり、

塞栓症(そくせんしょう)に陥ります。

血管が詰まり血液を流そうと血球が頑張りすぎて壊れていきます。

すると血尿を生じ、放置すると短期間で死に至ります。

 

【ワクチン接種について】

現在、一定条件を満たした時のみワクチンを使用しますが、

このワクチンは治療として使い予防では使わないそうです。

 

【これが大事】

① 媒介者であるカの対策を行いましょう。

② フィラリアはとにかく予防が大切です。

 治療薬は優れていますが、危険も伴います。

 全ての犬が完治するわけではありませんので、

 勘違いしないようにしましょう。

毎年輸入感染例がある蚊による病気

2017-03-08

 

マラリア

 

【病原体は】

病原体は単細胞生物のマラリア原虫で、

人に感染して問題になるのは、

熱帯熱マラリア原虫・三日熱マラリア原虫・卵型マラリア原虫・

四日熱マラリア原虫・五日熱マラリア原虫で、第4類感染症です。

 

【死亡率は?】

重症化しやすい熱帯熱マラリアは、

死亡率が高いとされています。

 

【主な媒介者は?】

メスのハマダラカが人を吸血して感染させます。

毎年、輸入感染例があります。

 

【主な症状は?】

症状は、熱帯熱マラリアで潜伏期間は約12日

三日熱マラリアと卵型マラリアで約14日

四日熱マラリアで約30日といわれています。

悪寒・発熱・筋肉痛・関節痛・倦怠感・

下痢・おう吐・腹痛が起こります。

風邪やインフルエンザと症状が似ているので、

誤診に注意が必要です。

又、重篤化すると多臓器不全・脳症・腎症・肺水腫・黒水熱などの

色々な合併症を生じ、死に至る場合もあります。

 

【ワクチン接種について】

現在、承認されているワクチンはありませんが、

開発は現在でも行われています。

 

【これが大事】

① 媒介者であるハマダラカの対策

 ベクターコントロールを行いましょう。

特に夕暮れから明け方に吸血するので、注意しましょう。

死者のほとんどが、アフリカに住む小児です。

世界の半数以上が、マラリア患者になる可能性があり、

特にサハラ砂漠以南に行く際は、情報収集してから行きましょう。

風邪やインフルエンザに瓜二つの感染症

2017-03-04

ライム病

 

【病原体は】

病原体のボレリア属菌は、全長10マイクロメートルの

らせん状スピロヘータ(人獣共通細菌)で、第4類感染症です。

 

【死亡率は?】

死亡例はほとんどありませんが、

2007年に1例報告されております。

 

【主な媒介者は?】

病原体を保有する野ネズミや鳥にマダニが吸血します。

その病原体を持ったマダニが媒介者となります。

 

【主な症状は?】

症状は、潜伏期間は数週間で、

リンパ節の腫張・頭痛・発熱・悪寒・

筋肉痛・関節痛・倦怠感が起こります。

尚、紅斑が出ない場合は、風邪やインフルエンザのような

症状と似ており間違えやすいです。

また、症状が出ない場合もあります。

重篤化すると中枢神経症状や心疾患、慢性関節炎、

皮膚症状、末梢神経障害などいろいろな症状が現れます。

 

【ワクチン接種について】

現在、使用可能なワクチンはありません。

 

【これが大事】

①  媒介者であるマダニの対策を行いましょう。

②  マダニに刺咬された場合は、

 引き剥がさずに皮膚科で対応してもらいましょう。

 くれぐれも無理に虫体を取らないようにしましょう。

哺乳類に感染する病気

2017-02-26

レプトスピラ症

 

【病原体は?】

スピロヘータ目(人獣共通細菌)のレプトスピラ科に

属するグラム陰性細菌で、第4類感染症です。

 

【死亡率は?】

重篤化すると5~50%とされており、幅広いです。

 

【主な媒介者は?】

宿主は、家ネズミ(ドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミ)や

野ネズミなどの野生生物で、

人・イヌ・ネコ・ウシ・ウマ・ブタなどの

哺乳類に感染します。

それらの排泄物に汚染された水や土壌からも感染します。

人から人への感染はありません。

 

【主な症状は?】

症状は、潜伏期間は14日くらいまでで、

悪心、発熱、頭痛、倦怠感、筋肉痛など

風邪とよく似た症状が起こります。

そして別名ワイル病と言われる重篤症状になると、

エボラ出血熱レベルの全身出血や

播種性血管内凝固症候群を引き起こしたりもします。

尚、犬は3日程度でに至るそうです。

 

【ワクチン接種について】

ワイル病秋疫(あきやみ)混合ワクチンがあります。

しかし現在、血清型は250以上ありますが、

そのうち5つの型にしか対応されていません。

 

【これが大事】

①  人が集まる場所では、媒介するネズミの

 予防駆除を必ず行いましょう。

②  沖縄県で多い感染症で、

 下水道関連や畜産関係者は注意して下さい。

③  犬の輸入は、レプトスピラ病に

 感染していないことを証明しないといけません。

④  流行区域では、不用意に水に入らないようにしましょう。

 逆性石鹸やヨード、次亜塩素酸ナトリウムで消毒予防しましょう。

1000人中1人が死亡するサルモネラ

2017-02-16

サルモネラ症

 

【病原体は?】

サルモネラは、

主に動物の消化管に生息する通性嫌気性グラム陰性桿菌の

腸内細菌科のサルモネラ・エンテリティディスという細菌で、

菌体の周辺に鞭毛を持つ第3類感染症です。

 

【死亡率は?】

わずか0.1%程度です。

 

【主な媒介者は?】

特にブタ・ニワトリ・ウシの腸管内に生息する菌ですが、

自然界のあらゆる所に生息しています。

① これらに関連する食品(鶏卵・生肉・生ケーキなど)から人への経路

② 汚染された調理器具や手指を介して、食品を食べた時

③ 家ねずみ(ドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミ)や

 ゴキブリが汚染菌をばらまく

 

【主な症状は?】

症状は、潜伏期間は4日くらいまでで、

悪心、おう吐、腹痛、発熱、そして下痢を激しく起こし、

急性胃腸炎となります。小児や高齢者では、

菌血症や意識障害、けいれんなどの重篤化になりやすいです。

 

【ワクチン接種について】

ありません。

 

【これが大事】

① 生肉や加熱不十分な肉類を食べないように、

 また食品従事者は食べさせないように努めましょう。

② 卵は冷蔵保存をしましょう。割ったら早めに食べましょう。

③ 乳幼児から小児や高齢者のような、

 抵抗力の弱いハイリスクグループの方は、

 重篤症状になりやすいので、くれぐれも注意しましょう。

④ 学校給食センター、介護施設の厨房、食品工場などでは、

 必ず衛生害虫の防除に努めましょう。

⑤ 消毒効果のある石鹸水で手洗いを行い、

 アルコール消毒で予防しましょう。

何とノロ超え!わずか50個の菌で感染

2017-02-12

腸管出血性大腸菌感染症

 

【病原体は】

ベロ毒素を産生する大腸菌で、

長さ2.5マイクロメートルです。

周囲に鞭毛が見られます。

170種類程度ある中で、

重症化するものは0-157とされています。

人間は、わずか50個程度で感染する第3類感染症です。

 

【死亡率は?】

溶血性尿毒症のような重篤な症状が出ると、

致死率は5%ほどにもなります。

 

【主な媒介者は?】

牛などの動物の腸管に潜む菌で、

加熱不十分な肉やレバーを食した人へと移ります。

二次感染としては、感染者が接触した食品や便に

手洗い不十分から起こる糞口感染があります。

また、牛舎などで発生するイエバエ類イエバエが、

この菌の運び屋としても挙げられています。

 

【主な症状は?】

症状は、潜伏期間は5日程度で、

激しい腹痛と水様便に何度も陥り、血便になります。

そのうち10%未満の人が、

溶血性尿毒症や脳症などの重篤な合併症が発症します。

 

【ワクチン接種について】

ありません。

 

【これが大事】

①  生肉や加熱不十分な肉類を食べないように、

 また食品従事者は食べさせないように努めましょう。

②  乳幼児から小児や高齢者のような、

 抵抗力の弱いハイリスクグループの方は、

 重篤症状になりやすいので、くれぐれも注意しましょう。

③  有症状患者の場合は、医師の診断により

 感染のおそれが無いと認められるまでは、外出禁止となります。

④  学校給食センター、介護施設の厨房、

 食品工場などでは、必ず衛生害虫の防除に努めましょう。

 消毒効果のある石鹸水で手洗いを行い、

 アルコール消毒で予防しましょう。

« Older Entries Newer Entries »
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ