滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

クレジットカード利用可能

家財整理(生前整理・遺品整理・空き家整理)

生前整理は笑顔相続のために、遺品整理は最期の引越し

遺品整理

一般廃棄物収集運搬(処理)業者、産業廃棄物収集運搬業者(一般廃棄物で処分できないごみ、住居兼事務所・店舗の場合における住居以外のごみ、または解体によって出たごみの運搬)、特別管理産業廃棄物収集運搬業者、危険物取扱者、リサイクル・古美術骨董鑑定、古物営業許可者、事件現場特殊清掃士、遺品整理士、遺品査定士、介護福祉士・介護支援専門員・法定後見人(判断能力の無い方が相続人の場合)、死後事務委任契約者、相続診断士、ファイナンシャルプランナー等と適所適材に連携し、法に基づき正しく整理・収集運搬いたします。

高齢者・女性も安心
女性チーム「志」結成しました。

生前整理とは、モノ・デジタル・想い・お金・不動産・ライフプラン・ペット・死生観の8つに大別されます

01笑顔相続ノート

相続の相談も一緒にできる遺品整理会社

空き家の整理と不動産売却がワンセットでできる遺品整理会社




こちらで生前整理・遺品整理の具体例を紹介しております


n01動産


1.モノ(動産)の種類を把握する

動産には、生活用家財と金銭価値のある相続財産、形見分け、リサイクル品・リユース品、そして不用品があります。
処分対象になる不用品は、市町村のルールに従って分別します。
動産にも想いが詰まっています。出来るだけ、ゴミにならないように取り組み続けるのが、我々専門家の使命です。



n02個人情報ロック

2.デジタルの整理は必須

特にスマホの6ケタの暗証番号は必ず控えるようにしてください。
また、よく使用するSNSやクラウド、ネット証券等のアカウント、最近ですとサブスクリプション等の月額で引き落としされているサイトも重要になります。
スマホには、ものすごい個人情報が詰まっています。モノと違って見えないものなので、かなり厄介なものだと思っておいてください。



n03遺言書

3.想いをつなげる

相続には、想いをつなげる相続と節税対策の相続税があります。
特に、争う原因になるのは、資産が5000万円以下の場合です。
相続専門の税理士は、想いの方が大切といいます。
ただし、想いを残したばかりに争いを招くということもありますので、遺言書を作成する時も、付言事項を書く時もまずは専門家に相談して、慎重に行ってください。



n04保険証券

4.お金の整理

現預金、保険、証券、銀行口座の整理、または金銭価値のある相続財産をいいます。
過去の贈与やタンス預金、金融口座、名義預金・名義株・貸金庫・保険商品・高額商品・借金の情報をエンディングノートに書いておくことで、相続人は非常に手続きに助かります。



n05登記済権利証書

5.不動産の整理

名義は誰か?どこにあるのか?いくつ持っているのか?それらの不動産の状況は?現在の不動産の価値、将来どうするのか?などです。
不動産は、今せっかくプラスの財産だとしても放置しておくと、マイナスの財産に様変わりすることがありますので、生前対策には欠かせない重要なポイントです。



n06ライフプランニング

6.ライフプランの整理

スピード社会において、ライフプランニングは定期的な見直しが必要となります。
セカンドライフでは、年金収入が始まり、住宅ローンの完済やリフォーム、賃貸への引っ越し、不動産売却、趣味に費やす時間、介護のことなど見直すことがたくさんあります。

7.ペットの整理

ペットは昔と違って、犬・猫だけではなく、爬虫類や昆虫類と幅広くなっています。 しかし、生き物は、「民法で相続財産に含まない」とされているので、家族が分かり合えない限り、ペットに相続出来ません。 ペットの行き先も、自身が後悔しないための重要な取り組みだと思います。

ペットの将来も考えよう

8.死生観

上記7つの対策を完璧にしても、死を迎えた時に、「子供には迷惑がかからないようにしたけど、自分自身は後悔があるなぁ」では残念な気持ちになってしまいます。 人生を振り返り、後悔のあることを拾い出し、余生の過ごし方を考えましょう。

死生観は心の部分で最も大切

● 遺品整理の時に家さがしをせずに済む


こちらで生前整理・遺品整理の具体例を紹介しております




  • オンラインによる相続相談
    (弊社が信頼できる専門家へお繋ぎします)
  • デジタル関連の整理
    (エンディングノートの記載お手伝いと整理)
  • 空き家再生のご相談
    (弊社が信頼できる空き家再生の専門家へお繋ぎします)
もお任せください。

遺品整理士 魂の四か条
あなたが生きてきた証
遺品整理士認定協会認定書1
遺品整理士認定協会認定書1
遺品整理士認定協_安心の証
遺品査定士
相続診断士
相続診断士山田

家財整理  一般廃棄物収集運搬(処理)業者との連携エリアに限る

基本料金(目安料金)
料金は不用品の量で増減します。
間取り 基本料金
1R・1K 35,000~
1DK 40,000~
1LDK 60,000~
2DK 90,000~
2LDK 120,000~
3DK 150,000~
3LDK 18,0000~
無料サービス NO OPTION
  • 一般廃棄物・特別管理産業廃棄物収集運搬業者の手配
  • すべての家財の分別仕分け作業
  • 相続財産など貴重品の鑑定
  • 不用品の分別作業
  • 人形・写真などのお焚き上げ
  • エアコン等備え付け棚など解体作業
  • 大型家具・寝具等の解体作業
  • 階段・エレベータ養生作業
  • 家財搬出後の簡易清掃

備考

  • 家財の量や内容により、費用は前後しますのでご理解のほど願います。
    例)同じ間取りでも普通レベルとゴミ屋敷では違います
  • お見積り以降の追加費用は、基本発生することはございません。
    ただし、分別仕分け作業時に、水銀が含有された体温計・温度計、特別管理産業廃棄物になる医療用廃棄物や薬品関係が出てきた時は、家庭ごみで処分できないため別料金がかかります。(御見積書にも記載させて頂きます)
  • 階段、エレベータを要する2階以上の場合も割増料金は一切かかりません。
  • 人形は供養とお焚き上げ、写真や気になる思い出の品もご希望により供養・お焚き上げを行います。
  • 着物関係は、値段が付かない場合は、衣類やテーブルクロスなどのリメイク会社へ寄付という形を取らせて頂いております。決してゴミとして処分することはありません。
  • 家電リサイクル4品目の運搬処分費は別途料金がかかります。

作業の流れ

  1. お見積もりにお伺いします。
    この時点では、ご依頼主さまのおっしゃる不用品の量を算出します。
    家電リサイクル品の処分やエアコン・給湯器の撤去費用も含みます。
  2. お見積もり成約後、まずは当社の遺品整理士が現金や通帳、記念写真、卒業証書、アルバム、趣味であったと想定できるもの、下着や衣類を保管箱に一旦残し、故人の持ち物を受け継ぐもの(ご遺品)受け継がないものに 分別作業を行い、依頼主さまにご確認頂きます。
  3. 貴金属、書画、骨董品、絵画、盆栽など趣味であったと想定できるモノなど故人にしか理解できない物品、リサイクル品などは、形見分け並びに査定をおすすめします。
    ※また、家具などの大型なリサイクル品が買取できた場合は、不用品回収量が減少しますので、お費用もお安くなります。
  4. 最後に不用品の搬出処分軽清掃を行います。
  5. その後の笑顔相続相談、不動産売却、リフォーム、解体などのアフタフォローも承ります。

遺品整理は、単なる遺品と不用品に分ける作業ではなく、故人の大切な想いが込められているご遺品を感じ取り、丁寧かつ慎重に分別・査定・搬出・処分・軽清掃を行うものであります。

【過去のファインプレー】

1000万円近くの現金、金貨、ブランドバッグ、ブランド時計、大切な写真、古い紙幣、掛け軸、骨董品、着物、高級釣竿、家紋の入った品など

過去のファインプレー

その他のオプション作業

特殊清掃 30,000円~

孤立死における特殊清掃 汚物処分、体液・血液除去 浴室・トイレなど施工場所・範囲により差が生じます。

消臭・殺菌 30,000円~

特殊機器による当社自慢の施工です。

当社では高額になるオゾン消臭は行いません。

尚、体液腐敗臭が充満している場合は、クロスや床の張替えが必要になることがあります。

ハエ・ウジ殺虫 25,000円~

特殊機器による殺虫及び屍虫の回収

お焚き上げ 8,000円~/箱  持ち込み 8,000円~/1供養(報告書付) 出張供養 38,000円~

デジタル遺品整理サービスはこちら

別途御見積り

  • リフォーム、ハウスクリーニング、解体作業、整理収納、廃車の手続き代行、査定買取
  • パソコン・携帯電話の遺品整理(個人データの完全消去)当社専門機関にて完全に消去致します。
  • 相続サポート 相続・遺言書作成サポート、事業継承、相続税対策
  • 法務サービス 不動産登記、商業登記、債務整理、過払い請求

危険物が出てきた場合

弊社の危険物取扱者が対応します。その他、特定管理廃棄物が出てきた場合は、提携事業者へ委託します。

施工例

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ