滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

クレジットカード利用可能

Posts Tagged ‘監査対策の防虫管理’

防虫の考えパート5

2020-07-01

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

 

本日のYouTube動画では、

工場の異物混入対策 虫混入対策
防虫の考えパート5


をお伝えしております。

食品工場やその関連会社の経営者さん、
品質管理・品質保証・生産管理課のご担当者は、
今の時期、虫やカビにすごくお悩みになられる季節です。

ユスリカ・クロバネキノコバエ・クモ・
ムカデ・ヤスデ・チャタテムシ・
チョウバエ・ノミバエ・ショウジョウバエ・
クロコバエ・ハリアリなどではないでしょうか?

ミスズマンの防虫の考えシリーズとして
お送りして参りましたが、
今回は、最後の仕上げ「監視する」です。

経営者の皆さんなら、みんな知っている
PDCAサイクルの「C」

CHECK

です。このチェックの次に来るのが、
「ACTION」アクション(改善)です。

このチェックが無ければ、
改善案が出ないということです。
これが、しっかりしていないと、
会社が良くならないということなんです。
ものすごく重要な役割です。

ところが、このチェックを疎か(おろそか)にされる
会社も実は少なくはないのです。

むしろ、取り組みすら
されていないところもあるのです。

モニタリングとインスペクション


この監視するの中の2項目は
とても、お費用もかかる項目ですが、
ここが非常に重要でありますので、
手を抜かないことをおすすめします。


食品工場などの
異物混入対策でお困りのお客様は

こちらまでご連絡ください
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

 

アパート・マンションにお住まいの方は要注意

2020-06-25

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

今日のYouTube動画では、

ノミバエ駆除対策パート3


生ごみの置き方についてお話しました。

昨日に続いて、ノミバエのお話ですが、
今、非常に多くなっております。

外部で多く生息が確認されている状況だからこそ
注意して欲しいと思い、今回の動画をアップしました。

皆さんは、
➀生ごみをどのようにゴミ袋に入れていますか?

②明日が燃えるゴミの日となりました。
 生ごみを前日に準備しますか?
 それとも当日ですか?

③(②)で前日と答えた人は、
 そのごみ袋をどこに一晩置いておきますか?

実は、この③の回答が非常に今回の問題となります。

特にアパートやマンションにお住まいの方は、
今回の動画を見て頂きたいと思うのですが、

ベランダに置かれる習慣がある方は、
すぐにやめて頂きたく思います。

隣人にお住まいの方に被害が被るおそれが
あるので、ちょっとした人間関係の
トラブルに発展する可能性があるのです。

というわけで、
何度も言いますが、ノミバエは、
奥さまにとってゴキブリとは比較にならないくらい
我慢できない最悪な害虫なのです。

そんな最悪なノミバエが、
隣にお住まいの人の責任で我が家に棲みついたら、
駆除代金を払って欲しい気持ちになっても
おかしくありません。

くれぐれも、
隣人に迷惑をかけないように
生ごみの管理をお願いしたく思います。


ノミバエなどの害虫駆除
ねずみなどの害獣防除の
お問い合わせは、

こちらまでご連絡ください
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

謎が多いノミバエの行動

2020-06-24

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

6月のお問い合わせ上位ランキングですが、
トビムシ、ノミバエ、ユスリカ、
チビクロバネキノコバエ、カメムシ、
コウモリ、クマネズミとなっております。

今日は、そんな中でも
業者泣かせで有名な
ノミバエのお話をしたいと思います。

関連動画はこちらになっております。

特に汚水マンホール内の汚物や
ネズミ・ゴキブリの死臭に
誘引されてやって来るオオキモンノミバエは、

奥さまの敵であります。

不衛生極まりないコバエ類のチャンピオンです。

このノミバエは、
どこからともなく侵入してくるのですが、

当社で問題視しているのが、
S字配管内を通過してくるのではないか・・・。

という点であります。
もし、これを通過してくるのであれば、
普通なら防ぎようがないことになります。

解決方法は、定期的な殺虫しかありません。

今、透明の配管でS字をつくり
色々な実験をしていこうと考えており、
その中でも、ノミバエとトビムシを
検証していこうと考えております。

先日は、チョウバエの幼虫を放し、
最初は水に浮き、ウネウネしていたのですが、
一晩経つと、水の中に潜りヌメリに
まとわりついていました。

ミスズマンたちは、
通過可能なのではないかという予想をしています。

先日も、ビルのテナントさんが、
トイレで発生している
ノミバエの影響を受けて、
困っておられました。

侵入経路は建物の隙間


固定観念を持って行動し、
水廻りばかり探していると、
業者は迷宮入りしてしまいます。
普通では考えられない場所から
侵入してくるので、

駆除の時は固定観念を消すこと


が重要です。

というわけで、
これからも引き続きブログで
どんどん情報発信をして参りますが、
合わせて動画もアップしていきますので、
見てくださればと思います。


害虫駆除・ねずみ害獣防除
お問い合わせは、

こちらまでご連絡ください
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

 

大型バエの発生時で知っておくべきこと

2020-06-11

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

本日のYouTube動画では、
食品工場や化学品工場などの
工場の異物混入対策編

大型バエが大発生した際の対策パート2


についてお話しております。
前回のパート1では、大発生した際には、

「まずは3つのチームを作りましょう」

というお話をしました。
今回は、2と3のチームについて学んでください。

大型バエは、肉眼ではっきりと見えますから、
製造中に飛んでいるハエを見て、

何とも思わない従業員の方がいらっしゃったら
再度、教育をし直すべきだと思います。

私は、防虫インスペクターとして
長年、やって来ておりますが、

「この前、大きなハエが飛んでいたよ!」


という情報を教えてくださる方が
今までもおられましたが、続けて私が

「で!そのハエ、どうされました?」


とお聞きしたら、
➀あの捕獲器に捕まった
②外へ出て行った
③どこかへ行った

などの返答が返ってきます。

③の回答は非常にマズイわけです。
そこで、トラブルが起こる可能性があるのは、
➀の場合で、ハエが捕まらないパターンです。

今回の動画では、
どのような捕獲器が良いかもお話しています。
大型バエについては、
原始的な方法でも構わないので、
より捕獲できるものを使用して欲しいと思います。

一刻も争う事態であります。

そのあたりを、全従業員がしっかりと認識して
取り組まれるようにしてください!


異物混入防止対策・虫対策で
お困りの際は
こちらまでご連絡ください
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

 

防虫の考えパート4

2020-06-10

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

今日のYouTube動画では、
異物混入対策の中の虫混入対策

防虫の考えパート4その2を

お伝えしております。

いよいよ後半戦も大詰めです。
お見逃しなく~🎵

「増やさない」の中でも


1番大切な対策である環境的駆除について
前回お話しましたが、

今回は、化学的駆除法についてお話しました。
簡単に言うと、殺虫剤を使っての駆除です。
病院でいう処方箋ですよね。

動画では、工場を人間に例えて、
殺虫剤を病院が処方する薬に例えて
お話しておりますので、

食品工場や医薬品工場、また関連会社の
各担当者、経営者などのトップ層の方々は
ぜひ見て頂きたいと思います。

殺虫剤(薬品)の処方や検査や手術を、
知識の少ないまたは素人にお任せしても
良いものでしょうか?
恐い話ですよね?

私が工場の責任者であれば、
薬品のことも知らないドクターに
自分の会社の異物混入対策を任せるのは
非常に怖いですし、経営を傾ける要因になるので、
絶対に任せません。

最近、こういった衛生管理の作業を
あまり重要視せずに、フロント商品にして
エンド商品を教育や販売にしている
会社も出てきていると聞きました。

異物混入対策を本気でやりたいのであれば、
ぜひお声かけ頂けたらと思います。

当社は、大手企業ではありませんので、
価格競争では、絶対に負けます。
そして価格を下げてまで、
大手と張り合うこともしません。

でも、誠心誠意
お客様のために、環境のために、
安全・安心・安定な経営をご提案できるように
頑張りたいと思いますので、

困ったときは、
お問い合わせください。
異物混入防止対策・虫対策は

こちらまでご連絡ください
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

防虫の考えパート4 増やさないその1

2020-06-05

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

今日のYouTube動画では、
異物混入対策編 虫混入対策
防虫の考えパート4 その1です。

食品工場・医薬品工場などの経営者さん、
ご担当者の方々は必見動画です。
ぜひ、ご視聴ください。

防虫の考えシリーズも後半戦に入っておりますが、

虫の混入対策には、
かなりたくさんの取り組みが必要になることが
分かったのではないでしょうか。

それなのに、まだ終わらないこの防虫の考え。

実は、この取り組みには、
経営にとって大切な部分が盛りだくさんなのです。
ですから、簡単にはいかないと思って頂いて
良いですし、しっかり出来ている会社は、
ミスズマンの目から見てもかなり少ないです。

今回の動画でお話しました

防虫の考えパート4
増やさないその1は、
環境的駆除法についてです。


これは、監査対策でも非常に大切なので、
見逃さないようにして欲しいのですが、

防虫対策に関する掃除や工事は、
防虫専門業者にお願いすることをおすすめします。

なぜなら、簡単なようで難しい
防虫を意識した掃除や工事は、
その会社が困っている虫に対しての
改善なので、虫の生態を熟知していないと
非常に難しいからです。

このポイントをクリアしないと、
はっきり申し上げまして、
経営に大切なお金を

無駄にしている


ということになるのです。

というわけで、
防虫の取り組みに、他業種を入れるのは
やめることをおすすめしたいと思います。

困ったらミスズマンにお問い合わせください!


食品工場などの異物混入対策
害虫駆除・ねずみ害獣防除の
お問い合わせは、

こちらまでご連絡ください
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

新型コロナでネズミの異常行動

2020-06-02

皆さん、こんにちは、
困ったを助けるミスズマンです。

今日は、業界よりお知らせです。
以前のYouTube動画でもお伝えしましたが、
新型コロナの影響で、
ネズミがパニックに陥っています。

皆さん、要注意です!
ネズミが住宅街で悪さをしていますので、
侵入経路があるところは、
至急閉塞を行ってください。

こちらは、以前にもUPした動画です。
ちょっとにぎやかな動画ですが、
まずはこちらを見てください!

 

飲食店の自粛営業により、
ネズミが住宅街で目撃されることが多くなりました。

ここ数日は、
クマネズミのお問い合わせが多いです。
今日は、嬉しいことに、ミスズマン指名で
関東地方からお問い合わせを頂きましたが、
残念ながら、ネズミ駆除は1回で終われない
可能性が高いため、遠方の場合は
お断りせざるを得ないという不本意な結果に
なってしまいました。

さて、YouTube動画で、UPしましたとおり、
民家へ影響がかなり出て参りました。
また、フラフラと外を出歩き、
雑草をムシャムシャ食べている様子などが
目撃されているようです。

というわけで、
今、クマネズミは、
食にかなり貪欲のような気がしますので、
毒餌での対策がかなり有効なのでは
ないかと考えます。

また、海外では
イノシシの群れやピューマなどの猛獣も
住宅街に出没しているようなので、
飲食店が閉鎖したことによる被害は、
かなり違った局面でも大きな影響があると
いわれています。

皆さん、注意してくださいね。


害虫駆除・ねずみ害獣防除
従業員の防虫セミナーの
お問い合わせは、

こちらまでご連絡ください
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

企業様必見!防虫の考え方 パート1

2020-05-01

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

今回の動画は、
虫混入対策の第2弾からミスズマンの
防虫の考え方 Part1についてお話しております。
食品工場・医薬品工場、また関連会社の経営者さんは必見です。


ミスズマンは防虫の考え方について
5つ大切なことがあるとお話しています。
そのうちの1つ

入れさせない

をお伝えしておりますのでご覧ください。

さてこの「入れさせない」ですが、
かなり難題なカテゴリーとなります。
なぜなら、ハード改善といった設備投資、
いわゆる高額費用を有する対策もあるからです。

例えば、エアーカーテンやエアーシャワー。
高速シャッターを設置するなどが該当すると思います。

しかし、日本の企業さんは頑張っておられます。
海外とは違います。
※今後、コロナウイルスと終息後の反動が
気になるとことではありますが・・・。

一般消費者が購入して、食べ終わるまで安全に!
(食の安全)
ということで、費用をかけて対策をされているわけです。
そういった会社さんの商品を買うべきなのですが、
ここは、見える化されていないのが現実です。

当社は防虫管理しています=虫がいる

と言っているように思われるからです。
でも、実際は間違いです

異物が入るまでの予防

をされているのです。
本当は、見える化すると良いのですが、
これは難しい問題でしょうね。

昔、当社でこのような意見が出ました。

「〇〇が選んだ綺麗な会社のランキング発表があれば面白いですね」と。


居酒屋なんかでも良いかと思います。
当店は、衛生管理を専門家と一緒に行っています

とレジ前にポップなどを置いておくとか。。。
このあたりも動画でお話していきますね。


虫などの異物混入対策に関する
お問い合わせは、
こちらまでご連絡ください↓
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

虫混入対策の基本のキ

2020-04-30

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

今日のYouTubeでは、
食品工場・医薬品工場、その他関連会社にお勤めの
経営者さん、品質管理・品質保証部のご担当者さま
必見の動画になっておりますので、ぜひご覧ください。

題して

虫混入対策の基本の「キ」


さて、経営者さま、ご担当者さま!
もし私が、抜き打ちで従業員の方に

「虫混入の対策はどのようなことをされていますか?」

ってお聞きしたらお答えできますでしょうか?
間違っても

「知りません」

と答えてはいけないように
しっかりと従業員教育をお願いしたく思います。

虫混入対策の基本の「キ」ですが、
そもそも、異物混入がなぜ起こってしまうのか
ご存じでしょうか?

まずこれを知らないと問題という
決定的なのことは、

異物が何なのかが分からない

というところです。
見る力・見つける力が無いということです。
これは、経営者にとっては大問題です。
従業員さんが、
「異物を見逃す」「異物かも・・・」
と知らないフリをするなどといったことです。
私たちプロ業者も、虫が見えないなんて言うのは、
失格ですし、その時点で引退といっても過言ではありません。

歩いていても、
動いているモノや異物が見える力を
養わないといけないのです。

他にも4つ大切なことがあります。
そのあたりは、また動画でしっかりと学んでください。
最期の5つ目は経営者様にとって頭が痛いかも・・・。

それから第3者
いわゆる専門家と一緒に異物対策の活動を
行っているかであります。

ここは、監査対策で最も重要なポイントであります。

というわけで、
今回は、企業様向けのシリーズ
「虫混入対策」についてお話しました。
またこのシリーズは、
随時更新していきますのでご覧ください。


食品工場・医薬品工場などの
防虫管理・防虫管理改善・監査対策の
お問い合わせは、
こちらまでご連絡ください↓
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

食品工場の防虫管理改善会社

2020-04-01

皆さん、こんにちは。
今日から第22期を迎えた美鈴環境サービスの
代表を務めさせて頂いております
ミスズマンこと鈴木でございます。

激動の令和2年を迎えて、
コロナショックで動揺を隠せない状態に
なって参りました。

それでも、
「困っている人を助ける」
「困る前に助ける」
のが当社の使命でありますので、
安全第一に頑張っていこうと思います。

さて今回のYouTubeでは、食品工場における
クマネズミ対策についてお話させて頂きました。

食品工場では、消費者が食して
健康被害を起こすことなく過ごされるように、
製品に対して心配りをしなけれななりません。
心配りと言っても、費用をかけて
第3者機関いわゆる当社のような専門家と一緒に、
異物が混入しないように考え対策するわけです。

ポイントは、「一緒に」というところです。

完全に丸投げでは、いけません。
経営者ご自身の会社ですから、
衛生管理の重要性を認知し、
全従業員に周知徹底することが大切であります。
そして、経営陣・品質保証課・生産管理課等の
ご担当者と一緒に現状のお客様の問題点と改善方法を
考えて、今侵されている病の改善に当たっていくわけです。

そんな中でも、
特に混入しては困るモノが、
虫の代表では、ゴキブリ。
それ以外だと、毛髪・ウイルス・金属片です。

そのウイルスを付けて問題になる代表選手が、

ネズミと人です

ネズミは、食品衛生法の中でも重要であります。
サルモネラ菌を付着することで、有名なのですが、
特に、混入危惧が懸念されるネズミのフンは、
注意を図らないといけません。

屋根裏からの落下だったり、
重要エリアで走った時にフンの混入が危惧されます。

人に関しては、
手指の手洗いと消毒の正しいやり方が
最重要となります。
各工場の手洗い場に掲げてある手洗い手順も
全くと言っていいほど統一性が無いので、
それこそ、世界統一にしても良いと思うくらいです。
手洗いがしっかりとできているかどうか時には、
抜き打ちで見る場合もあります。

ある現場ですが、
大便をした後に手洗いを水洗い程度で済ます
アルバイトに対して、社員さんが激怒されていた
光景を目の当たりにしたことがあります。
当然ですよね。

というわけで、
当社のように食品工場及び医薬品工場ならびに、
それらの関連会社などに対し、
ただただ害虫駆除をするだけではなく、
異物混入対策として、コンサルタントも兼ねて、
防虫駆除・防虫清掃・防虫工事が出来る会社が
当社を含め、全国にありますので、
そういった会社にお願いされることをおすすめします。


食品会社などの防虫管理改善、
監査対策の防虫管理などに対する
お問い合わせは、
こちらまでご連絡ください↓
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ