滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

クレジットカード利用可能

床下がコンクリートのお家は意外と危険

2020-11-17

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

今日は、

床下にはゴキブリが棲んでいる


について書いております。
大壁構造であろうが、
真壁構造であろうが、
関係なく、床下にはゴキブリが
侵入できるスペースはあるので、
床下を潜ると、ゴキブリの生息または、
死骸は転がっております。

上記の写真にもあるように、
黒い点刻をローチスポットと呼び、

簡単に言うと、ゴキブリの証跡です。

この床下に生息していたのは、
本州の一般宅でメジャーに見られる
クロゴキブリの脱糞跡です。

さて、ここで問題になるのは、
今風のお洒落なお家に
お住まいの場合です。

床下が土間コンクリートで、
実家に住んでいたころは、

ゴキブリもネズミも
普通に走っていたけど、
全然気にしなかった。

でも、綺麗なお家に引越してきたから、
もうゴキブリや虫に悩まずに済むと
安心していたのに・・・。


と思われている奥さまは
非常に多いと思います。

しかし、この

コンクリート


というのが問題なのです。
床下に侵入してきた虫は、
コンクリートでは棲めません。
もちろんゴキブリも同じで、
では、どこへ行くのか?
と言いますと、隙間をぬぐって
出れるところを探します。

入って来た隙間から
外へ出て行ったらいいのに・・・。

と思われるかもしれないのですが、
そうはうまくいかないのです。

でも、土壌ならどうでしょうか?
その場でとどまり、棲めるのです。
床下が土壌なら、シロアリ駆除もします。
すると、ゴキブリだけではなく、
ムカデなどの不快害虫も一掃できると
いうわけです。

というわけで、
床下がコンクリートの方が、
実は害虫に困ったりすることも
少なくは無いということを
覚えておかれるほうが良いと思います。

関連のYouTube動画はこちらです。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


食品工場・化学品工場、
包材工場、
一般宅などの
ゴキブリ駆除のご相談は、
こちらまでお問い合わせください

077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ