滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

クレジットカード利用可能

クマネズミがどこで死んでいるのか分からなかった例

2020-12-06

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

今日は、先日クマネズミの死骸を
徹底調査したお話であります。


暗視カメラで調査を始めて
3か月が経ち、
10月に突如、映りだしたので、
必ずやって来る洗面所・トイレ・浴室
に粘着マットと毒餌を仕掛けました。

設置をしたその晩、お客様より

「洗面所の上でガサガサ暴れている」

という連絡を受けたので、
翌日、見に行くと

全くの異変なしだったのです。
粘着マットに捕まり損ねた
様子もありません。
でも、お客様の証言は絶対です。

何かが起こったのは間違いないのです。
その音がしたというのが、

粘着マットを敷き詰めるために、
断熱材をよけて、固めて置いた
場所であったため、

断熱材をガサガサしていたのかなぁ


と思いました。
それから、
クマネズミの警戒心を解くために
しばらく訪問を止めました。


それから1か月後の訪問時、


天井点検口を開けてみると、
何かうっすら死臭がしたのです。
毒餌も食べていました。

 

ところが、いくら探しても
天井裏にはいません。
でも、ニオイは確実にするのです。
鼻が非常に利くミスズマンは、
ある一定の箇所ですることは
分かったのですが、
そこに死骸が無いので不思議に思いました。

そこで、その真下に当たる
床下に設置していた
粘着マットを確認したら、

このとおり、捕獲されていました。

というわけで、
お客様の証言は絶対ですし、
臭いもウソはつきませんので、

探し出すまでは、
帰らないつもりで
今後も作業に挑みたいと思います。

ねずみ・小動物の関連動画はこちら


食品工場・関連工場・
ビル・ホテル・一般宅の
ネズミ・小動物駆除のご相談は、
こちらまでお問い合わせください

077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ