滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘防虫コンサルタント’

シバンムシ防除はプロの支援が必要

2017-10-15

本日の弊社は、京都府船井郡京丹波、兵庫県宝塚市、

滋賀県大津市、愛知郡、守山市のゴキブリ駆除、

ネズミ調査、シロアリ駆除にお伺いしました。

 

この30年の間で、震度6度以上の南海トラフ大地震が

起こる確率が3パーセントと聞いて、

皆さんの防災グッズが心配な美鈴環境の鈴木です。

水は2リットル×3日分/1人 を用意しておくことをおすすめします。

 

さて今日は、粉ものを扱っておられる会社さまの

天敵ともいえる食品害虫の一種

タバコシバンムシ

についてお話したいと思います。

 

まず、シバンムシは外にたくさん生息しています。

お家でもトラップを仕掛けていると、捕まるくらいなので、

その点は、理解しておいた方が良いです。

その侵入しやすい虫が、

粉ものを扱っている工場へ入ると、

すぐに卵を産みつけて、繁殖を開始してしまいます。

また、お家でも棲みつける環境があれば、

毎日、目撃してしまうほど繁殖してしまうので注意してください。

 

さて、食品工場などでこの虫が発生してしまいますと、

ゼロに戻すのは、至難の業になってしまいます。

一度、発生したら、あとはコントロールしていくしかありません。

では、どのようにコントロールしていけば良いのでしょうか?

 

それは、

環境的防除(防虫清掃)

機械的防除(トラップによる捕獲)

化学的防除(薬剤殺虫)

の3つが必要が必要ということです。

 

というわけで、

タバコシバンムシをはじめ食品害虫(貯穀害虫)

と呼ばれるものは、

コントロールするのが非常に難しく、

専門知識が必要なので、業者に依頼されることをおすすめします。

特に清掃は、お客様で出来るはずなのに、

効果が表れないことが多いです。

それは、ポイントや防虫を加味した清掃が出来ていないからなので、

そこは、防虫コンサルタントに教えてもらった方が良いですね。

 

シバンムシ・メイガなどの食品害虫、

異物混入対策は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

早かれ遅かれ廃業になる食品工場とは

2017-09-26

本日の弊社は、京都府京田辺市、京都市上京区、南区、

滋賀県彦根市、守山市、湖南市、草津市の

生前相談、ネコノミ調査、ネズミ駆除、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

神奈川県に次いで、

福岡県、岐阜県と学校給食に問題が起こってる件に

怒っている美鈴環境の鈴木です。

この国を守っていかなければならない若者に対して、

何ということでしょうか?

世の中がひどく荒んでいるではありませんか。

国のトップが、もっと陽の力を注ぎ、

攻めを見せて欲しいものです。

 

しかし、なぜ異物混入に対して、

そんなにずさんなのでしょうか?

 

なぜなら、この国が元々は、

異物に対しての意識が薄かったからです。

当然、異物混入対策を想定した建築物構造であったり、

衛生管理システムの導入などは、ありませんでした。

 

異物混入が起こっても、

丁寧に謝罪をすれば、その会社のファン度が

さらにアップするといった国もありますが、

 

この国は違います

 

異物が入っていると、その会社の信用はなくなり、

小売り業は、その会社の陳列棚を無くす場合もあるのです。

新聞での謝罪も、大手企業ほど大きな枠でないと

信ぴょう性がないので、費用がかかります。

 

このような事態を起こさないために、

どこの食品工場も第三者の力もお借りして、

日々取り組んでおられるのですが、

 

中には、売上にしか目がいかなくなり、

清掃にも時間をとらず、製造し続ける会社もあります。

このような会社は、経営的に苦しくなると、

経費削減も製造に直接かかわりのない

衛生管理から削減していかれますので、

さらに、異物混入度はアップします。

 

というわけで、

このような会社は、早かれ遅かれ、必ず廃業します。

異物混入に対しては、足元からで良いので、

必ず取り組み、そして開示をしてください。

海外も、日本のように少しずつ異物混入に対して

厳しくなってきます。

経営の大切な一角として、

品質管理に経費を今よりもかけることをおすすめします。

 

滋賀・京都の異物混入対策は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

異物混入防止対策の危険予知

2017-09-24

本日の弊社は、滋賀県東近江市、湖南市、大津市の

防虫忌避施工、ケムシ駆除、コバエ駆除、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

人が食べていたら、無性に欲しくなる

日清焼そばU.F.OのUFOが、

うまい・太い・大きい

ということを初めて知った美鈴環境の鈴木です。

 

突然ですが、食品工場・医薬品工場で品質管理をされている方。

異物混入の危険予知活動をされていますか?

もしくは、委託していますか?

 

異物混入は、しっかりと活動すれば防げるものであります。

例えば、毛髪であれば、

服装・頭巾・靴・手袋などの選定も大切ですが、

エアシャワーやローラー掛けの状況と設置場所、

毛髪落下危険区域の設定とゾーン分け、

そして落下毛髪のモニタリングなど。

やることはいっぱいあります。

 

私が得意としている虫混入防止では、

正しい防虫活動が出来ているか?がポイントになります。

 

例えば、ホシチョウバエの発生場所である

排水ピットAというポイントがあると仮定します。

その横に、充填ラインがあります。

その隣に、定点監視用の直置きトラップ1番があるとします。

(状況的には、真ん中に充填ラインがあります)

 

このトラップ1番に、ホシチョウバエがたくさん捕獲されていたら、

充填ラインAは、

ホシチョウバエの混入危険度100%であるということを、

真っ先に感じ取れるかということなのです。

「発生場所から充填ラインをまたいで、トラップ1番に捕まっている」

と瞬時に感じる力が必要なのです。

 

そこで、初めて対策を練り、行動に起こすのです。

これをスピード化させないと、

危険度100%が、混入率100%に変わってきます。

これは、混入防止のお手伝いとしては1番やさしい類です。

これが、外部状況や建物の構造なども

考慮しなければならない場面もあるわけです。

 

というわけで、

異物混入を防ぐには、

まず、感じて、そして思い、考え、

最後に行動することをおすすめします。

そして、自社で異物混入防止活動するのは当然ですが、

第三者に委託するのも、エンドユーザーにとっては

信頼性が高まるので、合わせておすすめします。

 

異物混入防止のお手伝いは、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

作業ではなく、混入防止の調査です。

お気軽にお問い合わせください。

異物混入防止対策のお手伝いをします

2017-09-16

本日の弊社は、京都市左京区、

滋賀県東近江市、守山市、近江八幡市、大津市の

コバエ駆除、コナダニ駆除、コウモリ調査、ゴキブリ駆除、

異物混入防止対策にお伺いしました。

 

異物混入を防ぐコンサルタントを

最も得意としている美鈴環境の鈴木です。

 

こんなニュースが飛び出しましたのをご存じでしょうか。

(以下、読売新聞抜粋)

神奈川県大磯町が業者に委託している

町立中学校2校の学校給食で、

昨年2016年1月以降、虫や毛髪、ビニール片などの異物が

計100回見つかっていたことが町の調査で分かったとのことです。

 

給食を巡っては、以前から

「味や見た目が悪い」

などの声が相次ぎ、多い時で半分以上が食べ残される

異常事態が続いていたそうです。

町は、この異物混入も食べ残しの一因とみて、

対応策を検討しているとの報告であります。

——————————————————–

 

食の安全・安心などという言葉は、

今般、常識であるはずなのに、

とんでもない事態であると私は思います。

 

異物混入を防ぐという取り組みは、

経営資源のほんの一角に過ぎないとお分かりでしょうか。

取り組まない理由は、

① 経営的に問題がある

② 異物混入防止に対して、お金をかけるのがもったいない

このどちらかであります。

私もたくさんの会社を見ていますが、どちらかなのです。

 

では、経営体力の無い会社は、

異物混入は仕方ないのでしょうか?

いえ、決してそうでは無いと考えています。

高額な費用をかけなくても

こんなひどい状態にならないようにすることができるはずです。

 

例えば、従業員の教育です。

異物混入に対して、経営陣が教育をするのです。

簡単なようで難しいことですが、

絶対に、手を抜いてはいけないところなのです。

 

というわけで、

中小・小規模事業者の場合は、

ソフト面・ヒューマン面に力を注ぎ、

自社の経営体力を把握し、経営で大切な項目だと認識し、

出来る限りの範囲で行動することをおすすめします。

 

私も、お客さまのところへ訪問した時、

1番最初に把握するのが、この部分であります。

どのお客様に対しても、費用のかかることばかり提案するのは、

論外であります。

そして、コンサルタントというのは、

正解を教えるものではありません。

正解を自らがしぼり出せる会社に育てるお手伝いをするものです。

 

ところが、大企業の場合はちょっと違います。

もし中小企業と同じ間隔で、コンサルすると

最悪の場合は契約を打ち切られます。

なぜなら、インフラ整備に力を入れることが可能なのに、

遠回りをしてしまい、無駄な投資とみなされるからです。

 

どんな仕事も、人・会社の

気持ち(心)をくみ取ることが大切であることを

忘れないようにしましょう。

 

そして、

「まずは、行動を起こしなさい」

 

という言葉を出すコーチングやコンサルタントは

私は止めた方がいいと思いますね。

 

異物混入にお困りの方、

異物混入防止のコンサルタントをお探しの方は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

隙間埋めの美鈴環境

2017-09-15

本日の弊社は、京都市中京区、上京区、山科区、

滋賀県彦根市、草津市、八日市市、大津市、守山市の

生前相談、ネズミ駆除、カメラ査定、防虫隙間埋め施工に

お伺いしました。

 

「煙は消えても税収は消さない」

新聞記事を見て、独りで笑ってしまった美鈴環境の鈴木です。

私は、タバコを吸わないですが、

加熱式タバコに増税論が浮上しているそうです。

利用者が急増する前に、

財務省が税収対策をしたいみたいですね。

 

さて今年は、ゴキブリ・ムカデ・トビムシなどの

侵入経路を閉塞する仕事を、非常に多く頂いております。

ターゲット(対象虫)は何かが重要になりますが、

ゴキブリ・ムカデの場合とトビムシの場合とでは、

施工範囲もかなり変わってきます。

 

そして、家の構造によっても施工範囲が違います。

例えば、上半期最も多かったトビムシの場合は、

床下がコンクリートの今どきのお家が、大問題になります。

床下がコンクリート構造のお家を購入された方は、

 

虫など出ない

 

という感覚になられています。

ところが、トビムシだけは、そういうわけにいかないのです。

 

新築を買ったばかりなのに、

虫がウヨウヨ歩いている

 

奥さま方は、もうたまりません。

ストレスも半端ない状態になります。

そして、微小な生物なのに、

トビムシ視力だけは、恐ろしく良く見えます。

 

というわけで、

防虫工事というものは、

そのターゲット(対象虫)のことをよく知っていないと

まったく普通の建築屋さんの仕事になってしまうので、

施工者も依頼主さまも気をつけてください。

当社がなぜ、防虫工事が出来るのかというと、

普段から、食品工場や医薬品工場またはそれら関連会社で

昆虫の同定調査を行った結果、

異物混入防止が起こらないように、最善の策を考えて

防虫業務を行っているからです。

 

虫のことが分からないのに、

殺虫剤や施工範囲の選定、

施工の方策が立てられるわけがございませんので、

くれぐれも、業者の選定には注意してください。

 

ムカデ・ゴキブリ・トビムシにお困りの方は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

チャタテムシ対策は得意分野

2017-07-26

本日の弊社は、京都市山科区、右京区、北区、

滋賀県八日市市、甲賀市、東近江市、長浜市の

遺品整理、特殊清掃、殺菌消臭、ネズミ駆除、

異物混入防止対策にお伺いしました。

 

手術室や病室でチャタテムシが大発生し、

手術が38件中止になったニュースに驚きが隠せない

美鈴環境の鈴木です。

 

なぜ!?驚きが隠せないかと言うと、

手術が中止になるくらいのチャタテムシがいるということは、

清掃不良の証であり、私がお伺いしているお客様では、

まず、ありえないからです。

 

チャタテムシ対策は、

必ずモニタリングを必ず行わなければいけません。

アラート値を定め、その数を超過した場合は、

清掃強化とアルコール消毒、隙間調査を行います。

特に、食菌性昆虫を対象にした隙間閉塞作業は、

経験豊富な者でないと、難しいと考えます。

 

というわけで、

チャタテムシにお悩みの医薬品工場や病院は、

自社管理ではなく、専門家の目で見てもらうように

してください。

 

この場合の専門家というのは、

害虫駆除業者ではなく、

 

チャタテムシを対象に

コントロールされている

専門業者のことです。

 

実は、美鈴環境は、

飲料工場、医薬品工場、病院、食品工場、包材工場など

幅広い業界で、チャタテムシを防除しているので、

得意分野の1つであります。

お困りの際は、お問い合わせ頂ければ幸いです。

 

チャタテムシ対策のお問い合わせは

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

虫の苦手な奥さまは必見

2017-07-24

本日の弊社は、京都市右京区、山科区、福井県敦賀市、

滋賀県高島市、大津市、守山市の防虫忌避施工、ネズミ駆除、

ゴキブリ駆除、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

生後5か月の愛犬に、衝撃な事実が判明し、

ショックを隠せない美鈴環境の鈴木です。

 

実は、睾丸が1個しかなく、お腹の中に入っているそうです。

1歳になった時に、元に戻れば良いのですが、

戻らなかった場合、放置しておくと

ガンになる確率が10倍になるそうです。

そうなった場合は、摘出手術をしなくてはいけないそうです。

そんな会話をしている時、いつもヤンチャな愛犬が、

しょんぼりとしていましたので、何となく悲しさを感じているみたいです。

早く、摘出してあげたいですね。

 

さて、本当に効果が凄い虫忌避施工のお話です。

最近では、一軒家、アパート、マンションにお住まいの

虫の苦手な奥さまからのお問い合わせを頂いています。

 

虫忌避剤を散布したところに、

クモが寄っていくと、しばらくすると引き返すものや、

あわてて、走って戻ってくるものもいます。

フェイスブックで動画をアップしましたので、こちらをご覧ください。

 https://www.facebook.com/misuzu110/

 

クマゼミは、鳴かずに数秒で飛び立ちました。

ユスリカ、トビケラ、カゲロウは、すぐにどこかへ飛んでいきます。

ムカデは、カラダがしびれてしまい、その場から離れます。

ゴキブリは、避けて歩きます。

また、施工直後の場合は、駆除できます。

 

というわけで、

美鈴環境サービスの虫忌避施工の実績が、

どんどん増えてきましたので、

あらゆる虫に効果があることも、たくさん分かってきました。

皆さまのおかげで、普及して参りましたので、安価で提供しております。

ベランダや玄関にいかがでしょうか。

 

ベランダ、バルコニーや玄関の

虫忌避施工のご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

虫忌避作業

スケジュール通りでは失敗する駆除

2017-07-19

本日の弊社は、兵庫県神戸市、宝塚市、京都府船井郡、

京都市上京区、滋賀県愛知郡、八日市市、米原市、近江八幡市の

生前相談、サシバエ駆除、メマトイ駆除、キアブ駆除、ブユ駆除、

ダニ駆除、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

昨年トビムシ対策を行ったお客さまから

「今年は、全く見なくなった」

と喜んで頂き、本当に嬉しかった美鈴環境の鈴木です。

 

今日は、某乗馬クラブの

サシバエ・ブユ・キアブ・メマトイ対策にお伺いしました。

ブユ・キアブ・メマトイは、沢や湿地の周辺の雑草地、

サシバエは、馬糞や汚泥・水廻り周辺の雑草地や壁際に

動力噴霧機で薬剤処理を行います。

当社は、彼らが休憩場所とするところを主に処理しています。

中でも、汚泥や湿地場所、馬糞場所、厩舎の壁際には、

念入りに薬剤散布を行います。

 

産卵する場所や幼虫が潜伏する場所(水の中以外)には、

IGR(昆虫成長阻害剤)が有効です。

ただ、気をつけないといけないのが、

オニヤンマやカマキリ、クモなどの天敵まで

駆除してしまわないことです。

私たち駆除業者は、眼の前に飛びこ込んできた者は、

ついつい薬をかけてしまいがちですよね。

 

ブユやメマトイに関しては、

朝6時がピークになるので、

沢や河川近くに、行かれる方は注意が必要であります。

 

というわけで、

このあたりの類を駆除する時は、

時間や環境、天気などがかなり重要になってきますので、

スケジュール通りに駆除を行うのではなく、

現場の声を最重要視して、臨機応変に駆除することをおすすめします。

また、天敵も十分に貢献してくれますので、

忘れないようにしましょう。

 

害虫・害獣相談は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

サシバエ・ブユ・アブ・メマトイ対策1 サシバエ対策2

ヒノキ防虫忌避施工

2017-07-15

本日の弊社は、京都府南丹市、滋賀県大津市の

除草作業、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

今日は、久々の休日だと思っていたら、

朝早くから昼まで自治会の除草作業だと忘れていた

美鈴環境の鈴木です。

 

巷では、ヒアリ問題で話題になっておりますが、

コバエや蚊の発生も急増しているので、相談が多くなっています。

いつもお話している美鈴のヒノキ防虫忌避施工は、

本当に人気になってきています。

 

普通に、虫が消え、来なくなります

 

皆さん、本当にビックリされます。

薬を吹き付けたところと、そうでないところを

比較したら、歴然と差が出るとのお客さまの声です。

 

では、どんな虫に効果があるのかというと、

ユスリカ、蚊、ハエ、ウンカ、アリ、シロアリ、ハチ、

クモ、蛾、アブ、ムカデ、カメムシ、ゴキブリなど

多様な虫に対応します。

 

というわけで、

この美鈴のヒノキ防虫忌避施工が

思いのほか問い合わせが多くなってきましたので、

ご予約はお早めにお願いしたいと思います。

ちなみに、人気があるのは、

ベランダのみとか玄関だけとかといった

ピンポイントの問い合わせになっています。

 

防虫効果で有名な

ヒノキ防虫忌避施工

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

窓ガラスの防虫忌避1

大手企業お墨付きのノンケミカル防虫バリア施工

2017-07-12

本日の弊社は、京都市左京区、下京区、

滋賀県守山市、彦根市、大津市のゴキブリ駆除、ムカデ駆除、

玄関の防虫対策、チョウバエ相談、昆虫同定、

異物混入防止対策にお伺いしました。

 

昨日は、京都相続診断士会のキックオフ会が行われました。

京都相続診断士会の発起人、フェイスブック写真担当になった

美鈴環境の鈴木です。

「相続」は決して、「争族」になってはいけません。

「そんなに大して、財産は持っていないから、

相続は関係ないよ」とおっしゃる方がおられます。

これは、「相続税が関係ない」だけで、相続人が2人以上いれば、

争族になる可能性はゼロではないということを

覚えておいて頂きたいと思います。

また、相続は節税対策ではない

ことも合わせてお願いします。

 

京都からも笑顔相続が広まっていきますよ。

相続診断士会代表理事小川先生の公演笑顔相続 京都相続診断士会 会長谷岡先生のご挨拶

 

さて、この時期は防虫忌避施工のお問い合わせが増えます。

いつもお話しているノンケミカル(化学物質を含まない)

ヒノキ・スギ・ヒバ成分の防虫忌避剤でバリアを張ります。

 

この施工は、最初は効果が見えにくいのですが、

7日、10日と徐々に日数が経過するにあたり、

劇的ビフォーアフターを感じることが出来るのです。

これは、某大手企業からのお墨付きなので、

自身を持ってお届けできております。

 

というわけで、

もし、玄関やベランダ、ピンポイントで

ココという場所の虫にお困りの場合は、

当社の防虫忌避施工をオススメ致します。

 

ノンケミカルでの防虫忌避施工に

関するご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

玄関の防虫忌避1

« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ