滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

クレジットカード利用可能

Posts Tagged ‘防虫コンサルタント’

防虫ネットの取り付け説明in動画

2020-05-27

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

今日は、今、お問い合わせの多いサービスの1つ


防虫ネットの取り付け

 

についてYouTube動画でお話しました。
詳しくは、オフィシャルサイトでも
合わせて確認をお願いします。

ベランダ防虫ネット取り付け工事

お問い合わせをいただいた時に、
防虫ネットに関する疑問点が数点あり、
サイトで説明している部分では、
どうしても伝わりにくいところが
あるそうで、改善したいと思います。

防虫ネットは、
一軒家のベランダの依頼が多いのですが、
中には、施設の窓であったり、
網戸の代わりであったりと
さまざまな環境でも利用できます。

まず、防虫ネットというからには、
虫が入らないようにするのが鉄則です

ところが、
虫が入らないようにするということは、
それだけネットの目合いも細かくなりますので、
風の影響を直接受けるのと、
取り付け部分も防鳥ネットのように、
等間隔というわけにはいきません。

なので、
強風時は、ネットに負担がかからないよう、
風が抜けるように自身で取り外せるAタイプと
ファスナー対応のBタイプをご用意しております。

また手間が非常にかかるということと、
Bタイプはネットがオーダーメイド発注なので、
Aタイプと比べると高額になってしまいます。

共通事項としては、
壁に穴を開けて、下地を固定する作業があります。
ただ、賃貸の場合は、住人は困っていても、
権利はオーナーさんなので、
ほとんどの場合、作業は出来ません。

わかりやすく、かみ砕いて説明したつもりですが、
もし、ご不明な点がございましたら、
当社の相談窓口&YouTubeアシスタントの
やまちゃんにご一報くださればと思います。


防虫ネット・工場の防虫対策改善
工場の防虫対策について
のお問い合わせは、
こちらまでご連絡ください
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

 

 

防虫の考えパート3 ハードな改善

2020-05-25

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

今日のYouTube動画では、防虫の考えパート3

追い出す・追い返す

についてお話しております。
今回のお話については、経営者さんには
ちょっと頭の痛い、
ロキソニンやバファリンが必要な
お話かもしれませんが、聞いて頂けたらと思います。

 

さて、気流を外へ向ける防虫対策

陽圧化

これは、本当に効果があるのですが、
動画の終盤でもお話していますが、
リスク回避に伴い新しいリスクも生まれます。

この部分をしっかりと理解をして、
正しく防虫に取り組まれることを
おすすめしています。

この陽圧化は、
工場を防虫構造にするということになります。

(陽圧化=防虫構造)


これが施されておりますと、
かなりレベルが高いと見られますので、
取引先の監査員へは猛烈アピールになります。

それから、エアーカーテンも重要な取り組みです。
シャッターの両サイドから強風が外に向かって吹き、
異物を入れないようにします。

他にも、何通りかの策があるのですが、
残念ながら、この追い出す・追い返すには
大きな欠点があります。

それは先ほども述べたとおり、
費用がかかるのです。

すると、取り組みたくても出来ない会社もあります。
その場合は、今般の新型コロナ同様で、
足元から出来ることを、1人1人が気を付けて
行動を起こすことに力を入れなければ
ならないのです。

それには、
次回の防虫の考え4つ目が重要になってきます。

この情勢でも
衛生管理は手を緩めることは出来ないのが現実です。
しかも、梅雨時期に近づくにつれて、
次は食中毒やカビの問題が起こります。

これからも、お客様にとってベストな衛生管理が
ご提案できるように日々勉強していこうと思います。


工場の防虫対策改善
工場の防虫対策について
のお問い合わせは、
こちらまでご連絡ください
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

寄生にも注意!極悪非道のノミバエ

2020-05-15

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

今日のYouTube動画では、
プロ業者も恐れる厄介なコバエ類

ノミバエ

についてお話しております。



このノミバエは、
一般宅で奥さまが精神的病に陥られるほどの
最悪な極悪非道の害虫です。

ネットで調べたら調べるほど、
不衛生なコバエと理解され、
そのコバエがあらゆるところを歩き回ります。

最も嫌なケースは、
食卓に並んだお皿やコップの淵を歩くことです。

そして、飲食店もかなりお悩みになられます。
私も経験したこと何度もありますが、
コーヒーを飲んでいたら、
コップの淵に止まり歩くんです。
うんちで発生したノミバエだと思うと、
ノイローゼになるのも分かります。

そして、外には普通に生息するコバエなので、
飲食店のいい匂いに引き寄せられて
入ってきます。
そこで、生息しやすい環境になっていると、
営巣してしまうというわけです。

さらに、食品系を問わず
工場関係でも厄介な存在になります。

このノミバエは、
あらゆる経路で侵入してきますので、
工場のように広いスペースになると、
対策をしなくてはいけない部分が増えます。

というわけで、
今回は、一般宅を対象とした
ノミバエのお話をしております。
動画と合わせて視聴して頂ければと思います。

また工場関係についても詳しくやっていきたいと思います。


オンラインサロンは、
5月より有償になりました。

もしご興味のある方は、まずはこちらの詳細を
お読みいただいた上で参加願います。

オンラインサロン

一般宅、工場・飲食店の
ノミバエにお困りのお客様は
こちらまでご連絡ください
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

ステイホーム週間に行う殺虫といえば・・・

2020-05-07

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

本日のYouTube動画は、
ゴールデンウィークいや今年は、
ステイホーム週間ですね。

といっても、
愛する両親やおじいちゃん・おばあちゃんの
お家へ帰省する方もいらっしゃることと思います。

このタイミングで行う殺虫といえば、

アースレッド・バルサン

ですよね。今回は煙処理のやり方についてお話します。

 

実はミスズマン、
この煙処理で火傷をしたことがあり、
一生傷になっています。

火傷もそうですが、

煙処理の場合は、
たくさんのことに注意をしなくてはいけません。
以前の動画

「全人類に告ぐ」

でもお伝えしましたが、
必ず主役が何なのかを考え、
弱いモノを守らないといけません。

さて、煙の処理と言いますと、
ほとんどの用途が、

ゴキブリ・ダニ

ではないでしょうか?
時々、ムカデという声も挙がりますが、
ムカデはゴキブリとよく似ている作業方法になります。

以前、お客様が、
ゴキブリのいるお家に引っ越しして来られ、
大嫌いなゴキブリを駆除しようと煙をしたら、
天井裏から200頭ほど落ちてきて、
トラウマになられました。

その後、私に問い合わせがあり、
年間6回の訪問で管理させて頂いております。

というわけで、
煙の作業をする時は、
今一度、この動画をチェックして頂いたうえ
安全に行い、規制されることをおすすめします。

くれぐれも、
殺虫剤を甘く見ないようにしてください。
必ず用法を確認して、過剰な量を使用しないように
してくださいね。


害虫駆除のお問い合わせは
こちらまでご連絡ください↓
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

さあ!殺虫方法の選択です。あなたと周りに適した方法はどれ?

2020-04-23

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

今日の動画は、クロゴキブリ駆除パート2です。
パート1をご視聴されていない方は、
絶対にご覧ください。殺虫剤を使う前に重要なお話です。
必ず見てからこのパート2で駆除法を決めてください。

パート2では、ちょっとプロに近づけるお話をしていますよ。



さて、パート1では、
殺虫剤を使うということはどういうことなのか?
何を気を付けないといけないのか?
をお伝えしました。

皆さん、こんな言葉を聞いたことがあると思います。

まぜるな危険

実は、殺虫剤も混ぜるはNGですが、
自然と混ざる場合があります。
その時、効果を失うものがあるので要注意なのです。

自然に混ざるとは、
例えば、時々ゴキブリが出没するので、
市販のホウ酸ダンゴを置いているとしましょう。

ある日、そのダンゴの周辺にゴキブリが出没したら、
持っているスプレーをかけますよね。
するとスプレー液がかかってしまった
ホウ酸団子は効果を失うのです。

はっきりとした理由は述べられませんが、
おそらく成分同士の相性が悪いのだと思います。

ミスズマンが一般宅にご訪問させて頂いた時、
このようなお話をしますと、
全員と言っていいほど、ご存じじゃありません。

詳しくは、今回の動画でもお伝えしています。

また、殺虫剤は兵器です。
正しい知識を持って使わないと命を奪います。
人も、植物も、自然の命を大切にしてください。

では、ゴキブリ駆除法8つのお話を見て、
DIYチャレンジしてみてください。


一般宅のゴキブリ駆除の
お問い合わせは、
こちらまでご連絡ください↓
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

虫きらいな世の奥さまを病気にするトビムシ

2020-04-17

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

さて、本日のYouTubeでは
前回のタカラダニに続き、
これまた、この時期から多くなる
微小昆虫類のトビムシについてお話しています。

先日は、あるホテルの外周で体長が5ミリもある
微小ではない「オオトゲトビムシ」が大量にいました。


トビムシは、正式に言うと昆虫ではありません。
生態系では、分解者に位置づけされる
自然界では重要な原始的生物であります。

しかし、このトビムシ

世の奥さまを病気にします

世の奥さまを病気?
そうなのです。不快感が過ぎて過ぎて
精神的に病まれるのです。

そのつらさから逃れるために、
パートナーであるご主人に相談されるのですが・・・

ほとんどの場合、相談相手になってもらえません。
すると、夫婦喧嘩になり、
さらに発展すると・・・。

では駆除はどのようにするのか?

殺虫剤でトビムシを撲滅するのは、
非常に難しいことでありますが、
侵入経路を塞ぐなどの対策で
毎年、お問い合わせを頂いております。

そんな原始的生物であるトビムシは、
おそらく嫌われるなんて思ってもいないことでしょう。

でも、大群で歩いているとそりゃダメですよ!
出没するときは、ものすごい数が出ます。

1日3ケタのトビムシを捕獲される奥さまも
いらっしゃいます。
毎日、朝起きてトビムシ探しから始まり、
日中も、そして夜も。。。

本当に苦しんでいらっしゃいます。

そして、トビムシと同様に、
ノミバエ・チャタテムシ・ゴキブリも
精神的に病まれた奥さまからのご相談があります。

というわけで、
本当に怖いのは、精神的な病なので
ご主人さま、奥さまのお力になってあげてください


トビムシのお問い合わせは、
こちらまでご連絡ください↓
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

弱いタカラダニに対してプロは手こずる

2020-04-16

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

本日のYouTubeでは、
いよいよ出没して参りました

赤ダニ タカラダニ

についてお話しておりますのでご覧ください。


さて、このタカラダニですが、
カベアナタカラダニ属の一種であり、
その名の通り、カベアナ(壁穴)に潜み、
卵を産み付けたりします。

ということは、
殺虫剤の散布は、この窪みまでしっかりと
行きわたらないといけないということです。

企業さんから一般宅まで
本日もお問い合わせがありましたので、
本当に増えてきたという印象です。

YouTube内でもお伝えしていますが、
このタカラダニは、殺虫剤にものすごく

弱い

です。
でも、私たち駆除業者からすると
とてつもなく厄介者であります。

それは外部にいるからです。

外部にいる虫を退治するためには、
天気が左右されます。
しかも、このタカラダニ。
外に殺虫剤を散布するため、
雨降ったらTHE ALLFE 笑

いえENDです。

効果がその場で無くなるのです。

というわけで、
何日か雨が降らない日を想定して、
出来るだけ周辺のタカラダニを駆除し、
個体数を減らすことが、重要になります。

そして、中に入ってくるダニに関しましては、
侵入経路になる窓枠や扉前に
何らかの仕掛けや薬剤を処理することが
解決の近道になると思われます。


ねずみ・害虫駆除、害獣防除の
お問い合わせは、
こちらまでご連絡ください↓
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

増殖開始の赤ダニ

2020-04-02

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

今日は、某会社の防虫対策として
外壁部分に薬剤処理を行ってきましたが、
かなり虫の飛翔が確認できました。

主にユスリカ・ハネカクシが目立って確認され、
ハネカクシは、土壌部分に生息する昆虫なので、
いよいよ、多種にわたって出没してくるなぁと
感じました。

さて、今日のYouTubeでは、
前回の続きでネズミのお話です。
ドブネズミとハツカネズミについて語っています。
クマネズミとは違った生態なので、
よく理解しておかないと、駆除を失敗してしまいます。
また、視聴してくださると嬉しいです。

4月に入ると、例年どおり
いろんな昆虫が出没してくるのですが、
中でも、赤ダニといわれるタカラダニの幼体が
うじゃうじゃ出てきます。

よく見ないと、確認できない大きさなので、
コンクリート等を直視しないと分からないと思います。

注意しないといけないポイントは、
玄関前にコケが付着しているか否かです。
もし、薄いコケでもあるようでしたら、
除去して頂くことをおすすめします。
また、このあたりのお話もYouTubeでも
やっていきたく思います。

そして、タカラダニの駆除は少々厄介です。
どこからでもやって来るので、
今日、駆除をしても明日になるとまたいます。

というわけで、
タカラダニの駆除は、
薬剤の選定と定期的な殺虫が必要になりますので、
分からないことがありましたら、
ご連絡いただけると良いかと思います。


食品工場、一般宅などの
タカラダニ
お問い合わせは、

こちらまでご連絡ください↓
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

食品工場の防虫管理改善会社

2020-04-01

皆さん、こんにちは。
今日から第22期を迎えた美鈴環境サービスの
代表を務めさせて頂いております
ミスズマンこと鈴木でございます。

激動の令和2年を迎えて、
コロナショックで動揺を隠せない状態に
なって参りました。

それでも、
「困っている人を助ける」
「困る前に助ける」
のが当社の使命でありますので、
安全第一に頑張っていこうと思います。

さて今回のYouTubeでは、食品工場における
クマネズミ対策についてお話させて頂きました。

食品工場では、消費者が食して
健康被害を起こすことなく過ごされるように、
製品に対して心配りをしなけれななりません。
心配りと言っても、費用をかけて
第3者機関いわゆる当社のような専門家と一緒に、
異物が混入しないように考え対策するわけです。

ポイントは、「一緒に」というところです。

完全に丸投げでは、いけません。
経営者ご自身の会社ですから、
衛生管理の重要性を認知し、
全従業員に周知徹底することが大切であります。
そして、経営陣・品質保証課・生産管理課等の
ご担当者と一緒に現状のお客様の問題点と改善方法を
考えて、今侵されている病の改善に当たっていくわけです。

そんな中でも、
特に混入しては困るモノが、
虫の代表では、ゴキブリ。
それ以外だと、毛髪・ウイルス・金属片です。

そのウイルスを付けて問題になる代表選手が、

ネズミと人です

ネズミは、食品衛生法の中でも重要であります。
サルモネラ菌を付着することで、有名なのですが、
特に、混入危惧が懸念されるネズミのフンは、
注意を図らないといけません。

屋根裏からの落下だったり、
重要エリアで走った時にフンの混入が危惧されます。

人に関しては、
手指の手洗いと消毒の正しいやり方が
最重要となります。
各工場の手洗い場に掲げてある手洗い手順も
全くと言っていいほど統一性が無いので、
それこそ、世界統一にしても良いと思うくらいです。
手洗いがしっかりとできているかどうか時には、
抜き打ちで見る場合もあります。

ある現場ですが、
大便をした後に手洗いを水洗い程度で済ます
アルバイトに対して、社員さんが激怒されていた
光景を目の当たりにしたことがあります。
当然ですよね。

というわけで、
当社のように食品工場及び医薬品工場ならびに、
それらの関連会社などに対し、
ただただ害虫駆除をするだけではなく、
異物混入対策として、コンサルタントも兼ねて、
防虫駆除・防虫清掃・防虫工事が出来る会社が
当社を含め、全国にありますので、
そういった会社にお願いされることをおすすめします。


食品会社などの防虫管理改善、
監査対策の防虫管理などに対する
お問い合わせは、
こちらまでご連絡ください↓
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

食品工場の防虫対策や監査対策対策に強いんです

2020-03-25

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。
よろしくお願いします。

今回のYouTubeは、
テントウムシ
について語りました。
ショートバージョンなので、観て頂ければと思います。
特に、医薬品工場にお勤めの方は必見です。

 

さて、暖かくなったり、寒くなったりと落ち着きませんが、
ゆっくりと構えておられる食品工場の品質担当の方も、
そろそろ腰を上げられる頃だと思います。

これから、梅雨時期にかけては、
春の虫が続々と出現してきます。
その中でも、少し厄介な昆虫・害虫は、
ゴキブリ、ノミバエ、トビムシ、
ヒメマルカツオブシムシ、シロアリ等です。

もちろん、各工場によって特色がありますので、
チャタテムシが多いところ、ユスリカが多いところと
あるかと思います。いずれの場合も、

入れさせない
増やさない

ための早期対策をお願いしたく思います。

さて、食品工場さんが、
第三者専門員へ委託するのと、
自社管理で防虫管理を行うのとでは、
全くもって信憑性が違います。

まず、モニタリングが出来ませんので、
昆虫の同定調査を外部委託しないといけません。
仮にできても正確性には欠けます。
そのため、自社管理をされているお客さまのためにも
当社は昆虫同定調査を全国で承っております。

そこで、大手取引先がお客様である場合、
必ずこのデータ化というものが重要視されます。

さらに、ひと昔とは違い、
そのモニタリング結果に応じた対策改善を
行っていかなければいけません。

PDCAサイクルを専門家と考えて、
安全な商品を小売りへ渡さないといけないのです。

なのに、自社管理となると信憑性に欠けますし、
異物混入が起こった際に調査が入る管理方法に
ユーザーが納得できない・不安な会社と
見なされます。

というわけで、
防虫管理といった特別専門職が行う業務は、
自社管理はせずに、必ず専門家にご依頼されることを
おすすめします。

監査対策に必要なポイントや対策などを
実践で学んできた弊社ならお役に立てることも
多いと思いますので、ぜひお困りの際はお問い合わせください。

 


食品工場の防虫対策、
監査対策防虫管理の
お問い合わせは、
こちらまでご連絡ください↓
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ