滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘ミスズマン’

中日新聞に掲載されました

2018-11-14

本日の弊社は、京都市右京区、中京区、滋賀県大津市、

長浜市、彦根市、高島市の遺品整理、生前整理相談、

食品工場・製薬会社・化学品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

2017年度、葬儀の受注件数で1番になったのが、

ネット企業ということに驚いた美鈴環境サービスの鈴木です。

 

大阪市のユニクエストさまの定額葬儀サービスは、

安さだけではなく、余計な料金がかからない「明朗会計」で

急成長されました。しかし、業界トップも業界シェア率は3%。

危機感しかないとおっしゃる重野社長さま。

 

当社も、笑顔相続につながるご遺品整理・生前整理・

孤立死後の復旧作業をしているので関連しています。

当社もまだまだネットのお問い合わせは少なく、

広告費に力を入れざるを得ないです。(日経MJより)

そして、リアルへの発信の大切さは、

これを経験しているからこそ分かるものだと思います。

私も本当に、痛感しており、

これからはリアル発信を心がけて参ります。


 

【メインコラム】

先日11月8日に、中日新聞社さまより

「人生100年の裏で、孤独死・孤立死を考える」

というテーマで記事を掲載して頂けました。

 

私は、11月4日でも

京都府長岡京市で、講演の機会を頂いたのですが、

そこでも1番最初にお伝えしたSTOPは、

 

重度の孤独死

 

でした。

そして最後に、残した言葉も孤独死のことでした。

私は、この記事のタイトルのように、

 

こんな仕事いらない

 

と思っています。

何にも良いことが無い孤独死・孤立死後の復旧作業は、

何度もこのブログで申し上げています通り、

社会貢献ゼロです。

 

だから声を大にして、

これからも私のSTOPを伝えていきたいと思います。

私は、全国で7番目の環境経営士でもあります。

環境経営士とは、環境保全を取り入れて経営していくことです。

 

「廃棄物削減の取り組み」

 

ここに焦点を合わせて、

まずは日本。そして世界へ行きたいと思います。


 

生前整理・ご遺品整理

孤独死後の復旧作業のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

※ 新事務所はNTTが通らない地になります。

eo光になるため、フリーダイヤルが

無くなりますことを、深くお詫び申し上げます。

 

大坂なおみさんのGPS機能並みのクマネズミ

2018-11-11

本日の弊社は、京都市中京区、滋賀県湖南市、東近江市の

生前整理相談、食品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

本日は、第43回エリザベス女王杯GIが行われます。

私は競馬を始めて、27年になるのですが、

このエリザベス女王杯が1番大好きなんです。

 

なぜかと言うと、競馬の世界でも女の戦いが

モロに見えるからです。

年上も年下も混じって行う牝馬の日本一を決めるレース。

第4コーナーでは、そのひしめき合う光景が見えます。

すんなりと運べる馬が連対するレースなので、

先行馬はもちろんですが、

差し馬でも最内や外目の極端なところが良いです。

 

ということは、

騎手の腕が、かなりウエイトを占めることになります。

実は、これ競馬の世界だけではなく、

指導者というのは、どの世界においてもかなり重要になってきます。

 

スポーツの世界であれば、高校日本一程度、

社会人では、ある程度の稼ぎなら自己流でも大丈夫です。

しかし、さらに上に行くことを望んでいる人は、

指導者の良し悪しを見極めた方が良いのです。

 

というわけで、

人よりも上を目指そうとする人は、

正しい努力をするためにも、

優れた指導者を探すことをおすすめします。

 

そして、必ず師匠と思える人と出会ってください。

これは私が、実体験して失敗をしているので、

間違いない情報だと思って頂いて結構です。


 

【メインコラム】

ついにクマネズミが動き出しました。

かなり厄介な類の1種で、中々収束ができない種です。

 

ちなみに、滋賀県と都会のクマネズミは、

駆除の難易度が全く違います。

もちろん、都会のクマネズミの方が難しいです。

大げさに言えば、滋賀のクマネズミは、

粘着マットに捕まり、都会のは、避けるといった違いです。

 

クマネズミも動物です。

学習します。都会の厳しさを知っているため、

日々、警戒心を保ちながら、アンテナ(ネズミの場合はヒゲ)を

張り巡らせて活動しています。

 

もし、いつも歩いている所に、

初めて見るようなモノ。いわゆる障害物が置いてあったら、

あなたは、それを踏みますか?

 

踏めませんよね!

 

だから、知能が発達したネズミも一緒です。

そして、遠回りしてもダンゴムシのような

5分歩いたら忘れるモノと違い、

遠回りしてもGPSが働くから余裕なのです。

あの、大坂なおみさんも同様に、記憶力が抜群によく

GPSも働くとおっしゃいます。

 

しかし、田舎者は都会の厳しさを知りません。

安全に決まってるので、平気で踏みます。

もしくは、横へ移動させます。

子どもは、何のためらいもなく普通に触ります。

だから、田舎のネズミ駆除は簡単なのです。

 

というわけで、

前回もお話しましたが、

粘着トラップを踏ますということは、

かなり難易度が高いものだと知っておいた方が良いです。

 

そして、粘着を踏ませるということは、

警戒心を無くさせることにつながるので、

そこに、力を注いだ方が良いでしょうね。


 

ネズミのご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

※ 新事務所はNTTが通らない地になります。

eo光になるため、フリーダイヤルが

無くなりますことを、深くお詫び申し上げます。

 

だから駆除できない?

2018-11-09

本日の弊社は、福井県あわら市、小浜市、愛知県名古屋市、

京都市右京区、下京区、滋賀県近江八幡市、長浜市、彦根市の

医薬品工場の防虫対策、植物工場の防虫対策、

食品工場の防虫対策、一般家屋のトビムシ対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

サービス業が好調の中、私が最も注目している業種があります。

それは、専門学校やカルチャー教室です。

語学・資格・パソコンなどが挙げられます。

これらを学ぶ理由の1つとして、

 

稼ぐため

 

お金に結び付く方も多いと思います。

でも、これらを学んだところで、稼ぐことは別になります。

もちろん学ぶことは良い事なのでしょうが、

稼ぎ方を学ばない限り、永遠に無理です。

 

皆さん、今年最もダウンロードされた

「Tik Tok(ティックトック)」はご存じでしょうか?

これ私もよく拝見しますが、凄いですよね。

誰でも広告塔になれるのです。

これって、ビジネスセンス抜群の発想だと思います。

 

というわけで、

これからは、学びとビジネスは、

必ずセットで学ぶことをおすすめします。

ただ、学ぶのではなく、それをどのように生かし、

どのように集客していくか?

これをマッチングさせた学校なら素敵だと思いませんか?


 

【メインコラム】

タカラダニがこの時期なのに発見されました。

4月から動き出す赤ダニで、

カベアナタカラダニという属なのですが、

まさか、11月に家の中にいるとは驚きです。

 

成虫は、日当たりの良い場所や落ち葉の下、樹上などで、

微小昆虫や花粉を食べていると言われています。

家の中に入り込んだタカラダニが、

ずっと棲みついていたということになるのですが、

そのへんは実際、研究されていないので、

どうやって生活したのかは分からないです。

 

そして、毎年4月くらいからお問い合わせが殺到する

トビムシも同じです。

このトビムシは、地面1㎡に1万頭生息するといわれているのです。

しかも、害虫ではなく、分解者と位置づけられており、

微生物や微小昆虫を食べてくれるいい奴なんです。

 

だから、駆除できません!

 

と断る業者がほとんどです。

でも、考えてみてください。

貴方の奥さまが、毎日100頭ものトビムシを見て、

精神的に病んでしまう姿を見てでも、

 

トビムシは良い奴だからダメだ!

 

と言えますでしょうか?

たまたま、女性の方が虫が苦手な方が多いだけです。

立場が逆だったら、間違いなく苦しいのは夫です。

 

そして、1㎡に1万頭もいるのに、

部屋に入ってきたものを数百匹駆除したからといって、

どうでしょうか?

ムカデ駆除で、外に散布する薬は、

本当にムカデしか死にませんか?

違いますよね。無造作に駆除していますよね。

 

というわけで、

環境問題は、絶対に大切なので、

意識して取り組まないといけないのですが、

この場合のように、環境問題=健康被害ではない場合も

あることを覚えておいた方が良いと思います。

 

世の中には、沢山の方が虫に困っておられます。

すべての方を助けたいのですが、

遠方のお客様は、交通費もかかりますし、

どうしても、費用的にも理想的では無いゆえ、

お断りしているケースが多いです。

 

しかし、それでは困ったを助けることにはならないので、

提携して下さる同業者は、引き続き探していこうと思います。


 

害虫のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

※ 新事務所はNTTが通らない地になります。

eo光になるため、フリーダイヤルが

無くなりますことを、深くお詫び申し上げます。

 

びわこ虫はミスズマンにお任せ

2018-11-07

本日の弊社は、福井県あわら市、京都市中京区、伏見区、

滋賀県守山市、大津市、彦根市の医薬品工場の防虫対策、

食品工場のゴキブリ駆除、防虫対策、ご遺品整理、

孤独死後の殺菌消臭・特殊清掃相談にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

ゲテモノ食いが大好きな美鈴環境サービスの鈴木です。

その私が、ちょっとビビったニュースが報道されました。

 

19歳の時に、ナメクジを食べた男性が、

8年の闘病の末、お亡くなりになりました。

友人とワインを飲んでいた時に、

たまたま現れたナメクジをふざけて食べた結果、

数日後に足に激しい痛みに襲われ、

寄生虫が原因の広東住血線虫症に罹られたのです。

 

この事例は、オーストラリアですが、日本でも死亡例があります。

そして、食べなければ大丈夫というわけではなく、

触れた手で、食に触れるのも同様に危険といわれています。

 

というわけで、

今さらではありますが、必ず手洗い行動は

クセ付けることをおすすめします。

そして、熱を加えるということも忘れないようにしましょう。

って、一番気をつけないのは私でしょうけどw


 

【メインコラム】

地元滋賀県で、びわ湖虫と呼ばれる

オオユスリカとカメムシが増えてきました。

 

前者は、滋賀県特有の大型ユスリカで、

他府県から来られた方は、皆さん驚かれます。

そして、カメムシ

 

これ、あんまり好きな方はおられないですよね。

網戸にしていても窓のレールから入り込み、

網戸と窓の間にしがみつきます。

そして、ちょっとでも隙間が出来ようものなら、

暖かい部屋の中に入ってきます。

 

写真のような、樹木殺虫で対策を行うことも出来ますが、

一般宅の対策としては、特別効果が現れるわけではありません。

越冬準備のために、暖を求めてやってくるわけですから、

家の外から、窓枠や屋根裏に通じる部分に、

忌避剤や殺虫剤を噴霧する必要があります。

 

またダンボール工場にとっては、

この時期は、最も嫌なシーズンとなります。

ダンボールは、断熱効果もあるので、

ダンボールとダンボールの間に入り込んだり、

目の間に入り込んだりするのです。

 

さらに、混入の危険性がアップするのが、

クモです。

外でエサとなる昆虫が、減少してくる時期なので、

エサを求めて、建屋内に入ってきます。

すると、資材や原料に付着したりして、

巻き込み混入するのです。

 

というわけで、

寒くなったので、防虫対策はもう終わりと思った方は、

かなり危険ですので、注意されることをおすすめします。

 

中で、繁殖して来春になったら、

家の中で内部発生していたりするケースは、

多々報告されています。

特に、ゴキブリなどは、

 

冬場を制するものは、夏場を制す

 

と呼ばれるくらいなので、知っておいて損はないですよ。


 

カメムシ駆除、

オオユスリカ駆除(びわ湖虫駆除)

のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

※ 新事務所はNTTが通らない地になります。

eo光になるため、フリーダイヤルが

無くなりますことを、深くお詫び申し上げます。

 

人間は短気な生き物だから楽勝

2018-11-05

本日の弊社は、京都府久世郡、京都市中京区、南区、左京区、

滋賀県湖南市、栗東市、野洲市のネズミ駆除、遺品整理相談、

食品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

誰かが儲かっていると、

その人間のことを悪く言う人がいます。

私も最近そういった仕打ちを受けることが増えてまいりました。

 

勘違いされては困るので言っておきますが、

そんなに儲かっているわけではありませんが、

会社を移転したので、そのように思われているみたいです。

 

その逆に、今までまるで私のことは相手にしていなかったのに、

これよとばかり近寄ってくる人もいます。

でも、近寄って来られるのは、悪い気はしませんし、

その方が志の高い方であれば、大歓迎であります。

 

しかし、とりあえずは、

その気があるように見せかけて、実は仕事を紹介しないとか

人を持ち上げて、利用するだけ利用して、

自分にとっては、旨味が無いと分かると

手のひらを返したようにソッポ向く人がいます。

 

そのような人たちは、

自分自身では気づいておられないのですが、

実は、もう本当の味方はいなくなっているものです。

そして、嫌な思いをした人は、

その人に対して、嫌な素振りを見せないから、

いつまで経っても気づかずに、

知らないうちに財産が減ったりします。

 

というわけで、

お金儲けのことばかり考えている人は、

人との付き合いを2番手以降になりますので、

軸にして付き合わないことをおすすめします。

これからの時代は、コミュニティですからね。


 

【メインコラム】

そろそろ、クマネズミのシーズンが到来してきます。

人間に寄生して生きていくタイプの家ネズミは、

3種存在し、ハツカネズミ・クマネズミ・ドブネズミがいます。

 

中でも、クマネズミは知能が発達しており、

成獣で優れているものは、

危険察知が出来る3歳児くらいの知能を

持っているといいます。

そして、脳内GPSというものも持っており、

粘着マット(とりもち)や毒エサ、侵入経路封鎖などの

障害物が施されても、どうやったら帰れるかが分かると言います。

 

そこで、私がよく使う作戦は、

粘着マットで捕まえる作戦ではなく、

粘着マットは捕まらない障害物として考える作戦です。

 

これは、私的にはお気に入り作戦の1つで、

捕獲できたらラッキーですが、

捕まらなかっても敵にストレスを与えることが出来るので、

かなり有効だと思っています。

そして、毒エサを置いても、臭いだけ嗅いで食べない。

これも悲観的に捉えるのではなく、

またストレスを与えていると思えば良いのです。

 

というわけで、

考えた作戦が失敗しても、

その作戦は取り止めにしないことをおすすめします。

 

人間は短気な生き物だから楽勝

 

とネズミたちには思われているかもしれません。

決して、貴方の作戦は失敗ではなく、

充分にストレスを当てているので成功と思えば、

いいと思いますよ。


 

ネズミ駆除のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

※ 新事務所はNTTが通らない地になります。

eo光になるため、フリーダイヤルが

無くなりますことを、深くお詫び申し上げます。

 

今の時期のコウモリ対策

2018-10-30

本日の弊社は、京都府中京区、滋賀県長浜市、彦根市、

守山市、近江八幡市、甲賀市のコウモリ相談、スーパーのネズミ駆除、

食品工場の防虫対策、ゴキブリ駆除にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

負のオーラを持ってる人に会ったり、

その人の話題になったりするだけで、

その場は陰の気に包まれます。

 

負の力というものは、恐ろしいくらいのパワーがあります。

幸せな人も、一気に変えられてしまいます。

しかし、こういう時でも動じない、むしろプラスのパワーに

変えてしまう人がいます。

その人は、ズバリ人生の勝ち方を知っている人であります。

では、どのように対応すれば良いのかと言うと、

倫理的に接する方法と憤りを爆発させる方法です。

 

最初の倫理的に接するというのは、

これは、人間力の高い人であれば自然に出来ることです。

よく、引き寄せの法則を学んでいる人は、

この手の話はされると思います。

 

ところが、憤り派の人はちょっと法則があります。

ものすごいマイナスのパワーをぶちまけるのですが、

他人から嫌な気を持たれず、むしろ好かれるのです。

大抵、その人は根っからの優しさ、

そして仕事脳が優れているところからきます。

 

憤り派はマイナスのエネルギーです。

しかし、プラスに変換できるのはなぜかと言うと、

マイナスを全部吐き出し、

そのマイナスを相手にプレゼントするからです。

この時点で憤り派自身は、プラスに変わるということです。

 

というわけで、

憤り派であり、人間力の高い人間と接する場合は、

かなり志を高く持っていないと、

逆に潰されてしまいますので、

そのことを理解しておくことをおすすめします。


 

【メインコラム】

コウモリ対策も大詰めに入ってきました。

先週から、最後の追い込みで問い合わせがきておりますが、

これからは、徐々に糞の数は少なくなってきます。

 

先週くらいまで、食事をたくさん摂り、

冬に備えて、太っている最中でありましたが、

急に冷え込み、少し活動が鈍くなりだしました。

いつも定期的にお伺いしているお客様宅でも、

このように窓のレールに糞を落とすのですが、

随分少なくなっておりました。

 

そこで、この時期にしなくてはいけないことは、

屋根裏への侵入防止対策と、

コウモリのエサである

ユスリカを家に近寄らせないことです。

 

近寄ってくると、冬を越すためのエネルギー(食料)が

わんさかあることに気づくので、大群が飛び回ります。

 

というわけで、

コウモリも冬を越すために、

最後の踏ん張りで頑張って働くので、

出来るだけ、ユスリカを近寄らせない努力をすることを

おすすめします。

 

コウモリも生きていくためには、頑張って働きます。

人間はもっと頑張らないといけませんよね。


 

コウモリ駆除のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

※ 新事務所はNTTが通らない地になります。

eo光になるため、フリーダイヤルが

無くなりますことを、深くお詫び申し上げます。

 

まだまだアナログの方が上

2018-10-28

本日の弊社は、兵庫県神戸市、京都市左京区、中京区、

滋賀県彦根市、守山市のサシバエ駆除、イエバエ駆除、

ネズミ駆除にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

アホは頭脳(IQ)が低いことではありません。

高学歴だからと言って賢いというのは、

必ず当てはまらいということです

頭脳が低い人はアホなのか?これも違います


人に負けない能力があると、

天才と呼ばれます。

おばかキャラは、売れまくります。

普通のアホは、売れません。

だから、芸能人もアホキャラと偽って演じたりするのです。

お金儲けのために。

 

ということで、

これからは、自分のウィークポイントを改善する労力は、

少しづつにして、長所をガンガン伸ばすことに

力を注いだ方が良いと思われます。

時代は、そのように向いていると思われます。


 

【メインコラム】

サシバエとイエバエが最後の力を振り絞って

猛威をふるっています。

 

サシバエは不思議なことに、どこに潜んでいるのか

どこからやって来るのか全く分からず、

少し気温が上がり出すお昼近くになると

お馬の前にスタンバイして、大群で襲いにかかります。

そして、閉鎖的な場所よりも

オープンな所の方が好むみたいです。

 

セオリー的に、雑草地へ薬剤散布を行うのですが、

それも完全防除とは行かず、

あくまでも軽減させるくらいのものです。

 

そこで、よく飛翔している場所に四つん這いになって

捕まるか試してみました。

すると、捕まったのはサシバエではなく、イエバエでした。

 

でも、もし私の身体に馬の臭いが付いていたら、

間違いなく捕獲できると思いました。

 

というわけで、

スーパーアナログ方式でないと、解決できないことが、

まだまだこの世には、多いのではないかと感じました。

 

例えば、イエバエの捕獲法は、

どれだけ優れたライトトラップをもってしても、

アナログ法には、絶対に敵いません。

イエバエには、変わった特性があるので、

それを知れば、ライトトラップで捕えるよりも簡単ですよ。


 

害虫駆除のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

※ 新事務所はNTTが通らない地になります。

eo光になるため、フリーダイヤルが

無くなりますことを、深くお詫び申し上げます。

 

 

蛇に睨まれた蛙に睨まれたユスリカ

2018-10-24

本日の弊社は、京都市伏見区、滋賀県大津市、甲賀市、

守山市、湖南市の遺品整理、食品工場の防虫対策に

お伺いしました。

 

【ショートコラム】

自分の力で世の中を面白くしたいと考えている

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

今、このワードが私の背中を押してくれており、

色んな発想を元に妄想し、成功する手ごたえを感じたと同時に

アクションを起こすようにしております。

 

最近、素敵な出会いが多くなってきました。

士業の先生や異業種の経営者、そして同業者。

さらにメディア。そして何よりもお客様であります。

その反面、出会えなかった人は、

ご縁が無かったと割り切れるようになりました。

 

私は、前にもこのブログで綴りましたが、

考え方は、孟子。

行動力は、叶美香さんのようになりたいのです。

どういうことか?と言いますと、

倫理と龍の世界、そしてユニバースとの

つながりを持つということです。

 

というわけで、

私は、叶美香さんと出会えたら、

今よりもっとパワーが付くんだろうなぁと思っています。

あの方は、本当に凄い方です。

私の中では、今1番尊敬する人です。


 

【メインコラム】

本日は、ヘビの対策にお伺いしました。

ここのお客様は、年間契約で年7回訪問させて頂いています。

そこで、ヘビの中でもマムシやヤマカガシといった毒蛇の類の

対策を行っております。

 

私は、まだ毒蛇には、噛まれた事がないので、

お客様に、痛さや苦しみを正味お伝えすることが

残念ながら出来ません。

 

今年は、お問い合わせも少なかったので、

気温の影響がかなりあるのかなぁとも思いました。

これからは、昨秋に大流行したヤマカガシのシーズンが

やって参ります。もし、噛まれたら血清が中々無いので、

要注意の毒ヘビです。

 

さて、このマムシやヤマカガシを減らす方法があります。

それは、彼らの大好物であるカエルを減らすことです。

また、カエルを減らすためには、

カエルの大好物であるユスリカ等の虫を

寄せないようにしないといけません。

 

例えば、ヘビ対策にナフタレンを使用したとします。

すると、本来はヘビが寄って来ないはずなのに、

異常に寄って来る可能性があるのです。

 

それは、なぜかと言うと、

ナフタレンの香料が異常なまでに、

ユスリカを誘引させる力があるからです。

これは、コウモリ対策でも実証できました。

※ナフタレンの種類によって差があります

 

というわけで、

何事も達成するためには、

まずは元の実態をしっかりと把握することをおすすめします。

 

絶とうとするのであれば、田んぼを無くすしかないのです

すると、人間はさらに苦しみます。

このように、生態系というのは、実にうまく構成されておるので、

これらの事をしっかりと理解出来ている者でしか

防除には適さないということです。


 

害獣防除のお問い合わせは、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

※ 新事務所はNTTが通らない地になります。

eo光になるため、フリーダイヤルが

無くなりますことを、深くお詫び申し上げます。

ちゃんとする遺品整理業者は少ない

2018-10-22

本日の弊社は、大阪府茨木市、京都市南区、東山区、

奈良県宇陀市、滋賀県守山市、近江八幡市、草津市の

引越し相談、遺品整理相談、遺品整理、ネズミ駆除、

屋根裏清掃相談、食品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

2019年10月の消費税増税が先送りになる可能性が

あると信じる美鈴環境サービスの鈴木です。

 

皆さん、消費税増税が確定したかのように

思っていらっしゃいますが、実はまだ確定ではありません。

なぜなら、この10%増税。ちょっとクセがすごい!

軽減税率ってご存じですよね。ヨーロッパがやってるやつです。

 

実は、今回の消費増税あんまり意味が無いのです。

安倍首相だけが、参院選のためにやる必要があるだけなのです。

低所得層のために8%を残したこの政策は、高所得層にも使え、

キャッシュレスでクレジットカード決済で、ポイント2%還元。

田舎のようなカードを使えない場合は、現金で2%還元。

アホです。やる必要が無いのです。

しかも、軽減税率を行うのに1兆円の経費を要するのに、

1兆円生まれないこの政策は、

先日お話した天下りのためのものなのです。

 

というわけで、

消費税が10%になるからといって、

早めの対策とかはまだ行わない方がいいと思われます。

しかし、2019年3月までは、

増税と言い続けないといけない理由がありますので、

我慢しましょう。


 

【メインコラム】

1ヶ月かけて行った遺品整理が終了しました。

お客さまの協力の元、素晴らしい遺品整理ができました。

 

最初は、「全て処分する」

 

とおっしゃったのですが、美鈴環境サービスでは、

こだわりのお片付けのため、全て処分は却下しますw

最初の全処分のお見積もりは、24万5000円。

最終かかった費用は、4万3000円でした。

 

市のごみ回収、骨董品の査定、書物の買取り、

リサイクリ品の無料回収などあらゆる対策をして

この価格に行きつきました。

もちろん、当社の仕事料金も入っております。

 

このお話をされると、皆さん驚かれます。

先日、お見積もりに行ったお客様もお友達から

 

「100万とか200万とかかかるらしいよ」

 

と聞いて来られたのですが、

私からすると、遺品整理で100万円かかる家なんて、

かなりのゴミ屋敷としか考えられないのです。

そして、そのお家は30万円くらいのお見積もりでした。

しかし、ここから私どもの出番!

減らしますよ~。

目指すは、まず半分の15万円ですかね。

 

というわけで、

生前整理や遺品整理って、

ちゃんとしているところは、

かなり少ないということを知っておくことをおすすめします。

 

なので、私どもは、新たなシステムの構築に力を入れていこうと

進んでいる最中でございますので、期待して頂きたいと思います。


 

生前整理・遺品整理

のお問い合わせは、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

※ 新事務所はNTTが通らない地になります。

eo光になるため、フリーダイヤルが

無くなりますことを、深くお詫び申し上げます。

 

風に弱い防虫ネット

2018-10-21

本日の弊社は、福井県あわら市、大阪府寝屋川市、

滋賀県大津市、草津市、近江八幡市の防虫ネット工事、

医薬品工場の防虫相談、食品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

出費を減らすことに着目している美鈴環境サービスの鈴木です。

これ、どういうことかと言うと、資金管理の難しい時代が

近いうちにやって来るからです。

 

皆さんは、どうか分かりませんが

私は、カード払いが多いので、管理の難しさに直面しています。

これが、カードや仮想通貨に変わっていくと、

一体自分が、どれくらい使っているのか分からなくなってきます。

 

ということは、

お金を増やすことは、もちろんですが、

出費を減らすことも重要になってくるはずです。

すると、無駄なことにはお金を使いたくないわけですから

無くなっても別にいい商品やサービスは要注意なわけです。

ここをしっかりと把握しておかないと、経営者も投資家も

破産者が続出するに違いないで、注意しましょうね。


 

【メインコラム】

台風21号の影響で、防虫ネットの補修工事が忙しいです。

防虫ネットは、目が細かいため強風には、

絶えられないのが欠点です。

虫が嫌いな方は、防虫ネットを付けられるのですが、

「風で外れるくらいなら付けない」

とお考えの方も少なくはありません。

 

当社も、実際アパートやマンションは2階より上は、

お断りする場合も多いです。

カーテンレールのようにすると、虫は簡単に入ってしまうので、

しっかりと目張りする提案しか受け付けません。

だからこそ、風に負けます。

 

というわけで、

現状では、反省点がたくさんあるので、

今後は、どのようにしたら風に負けないように

取り付けることが出来るかを考えていきたいと思います。

 

実際、防鳥ネットのプロにお伺いしても、

皆さん、「難しい」とおっしゃるし、

そもそも、防虫ネットの取り付け自体が難しいと言われます。

そこは、蟲屋ですから出来るのですが、

頭を悩ますところでございます。


 

防虫ネットのお問い合わせは、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

※ 新事務所はNTTが通らない地になります。

eo光になるため、フリーダイヤルが

無くなりますことを、深くお詫び申し上げます。

 

 

« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ