滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘ミスズマン’

対策するのはいつか?今でしょ!

2018-05-26

本日の弊社は、京都市上京区、左京区、滋賀県野洲市、

東近江市、大津市の生前整理、ゴキブリ相談、ネズミ駆除に

お伺いしました。

 

日本人最速!3階級制覇を成し遂げた井上尚弥選手を

アマチュア時代からこの強さを予言していた

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

昨日は、テレビを観ながら家族の誰にも共感されず

独りで叫んでいました。

「この人は天下獲る!」

と少年時代の井上選手をYou Tubeで観て思いました。

モンスターという相性の選手が最近は大活躍です。

ということで、明日の日本ダービーは、

最近の私に引き寄せられてることなどを考えると、

やっぱりあの馬かなぁと思います。

——————————————————————-

 

最近、ゴキブリのご相談が多発しております。

先日は、関東からもお問い合わせがあり、

かなり忙しくなってきました。

 

この時期に、お問い合わせ頂けるお客様は正解です。

なぜかと言うと、夏場になると倍返しでは済まなくなるからです。

ゴキブリの赤ちゃん(1齢幼虫)が出ている間に対策することが、

最も賢明な策であることは、プロの世界では常識だからです。

 

もちろん、1齢幼虫が出る前に、

対策することが1番良いのですが、

それは、日本人では難しいことなのかもしれません。

何か、問題が起きてから行動するのが日本人ですから。

 

でも、最近まったく問題ない状態で、

対策された方がおられます。

健康被害になる前に対策するといった

すごくレベルの高い方です。

 

その方は、女子大生です。

 

というわけで、

これから最盛期を迎えるムカデ・トビムシ。

夏場に最盛期を迎えるゴキブリ・シバンムシ・メイガ。

秋虫と呼ばれるコオロギ・カマドウマの対策は、

今から対応することをおすすめします。

 

秋虫の対策は、実は春からするのが正解です。

そして、夏に最盛期を迎えるゴキブリなどは、

実は冬に対策するのです。

 

今からでも遅くはありません。

爆発的に増えることは無いので、

ぜひ、行動に起こすことをお勧めします。

——————————————————————-

 

ゴキブリご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzu_expert@excite.co.jp

クロゴキブリ1齢 DSCN2729

 

コウモリ対策にミスズマンが飛び回っています

2018-05-19

昨日は、京都市西京区、中京区、滋賀県東近江市、

守山市、彦根市、大津市のゴキブリ駆除、ネズミ駆除、

コウモリ相談、シロアリ相談、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

2025年問題とされる超高齢化社会を

黙ってみてはいられなくなっている美鈴環境の鈴木です。

 

この国は今後、いくら介護保険の改正をしても

かなり厳しい道を辿るのが目に見えていますので、

病気・怪我・認知症にならないような

カラダをつくるしかないでしょうね。

——————————————————————

 

コウモリのご相談が増えて参りました。

先月、コウモリ研究所で色々と学んできた

コウモリ王子ことミスズマン9号

飛び回っています。

 

お悩みになられている1つにコウモリの糞があります。

 

・壁に付くことや落とされるのが嫌

・衛生面を考えると嫌

 

があります。

現在、止まらないようにするには、

どうしても費用がかかってしまいます。

定期的に薬を吹き付けるとか、

防除機を取り付けるとか、

アルミ板をフラット(平坦)に取り付けるなどです。

他にも短冊や凧糸を取り付けるとかありますが、

これは、外観上悪すぎるので、現実的ではありません。

 

さらに、コウモリは飛びながらも糞を落とします。

だから、数個だけパラパラと落ちる場合も当然あるのです。

 

現状のコウモリ防除では、

・屋根裏にいるコウモリを追い出し、入らないように閉塞する

・換気口に侵入するコウモリが入らないように閉塞する

・エアコンに侵入するコウモリを追い出し閉塞する

 

となります。

戸袋につきましては、使用頻度や使用の有無によって

変わってきますの、一度ご相談頂ければと思います。

——————————————————————

 

コウモリのご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzu_expert@excite.co.jp

B03天井裏のコウモリ発見① B01コウモリ隠れ中

トビムシは分解者って通用しません

2018-05-11

本日の弊社は、岐阜県不破郡、京都市西京区、

滋賀県彦根市、草津市、大津市のトビムシ相談、

ネズミ駆除、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

中国製家電製品のダンボール箱から南米原産の

強毒アリ「ヒアリ」一匹の死骸が見つかったとの

発表がありました。(日本経済新聞引用)

大阪の民家での発見は初めてだそうです。

今後、この国は害虫に対して、

かなり深刻な時代を迎えることになるかもしれませんね。

————————————————————–

 

5月に入ってから、例年のとおり

トビムシのご相談が入ってきました。

今日は、駆除歴25年のミスズマン1号が

虫の入らない家と宣伝している

ハウスメーカーさんに助言があります。

 

断言します!

虫の入らない家などありません

 

そもそも虫って何を表しているのでしょうか?

昨年も、5年間ハウスメーカーとトラブルが続いている

兵庫県のお客さまから相談を受けました。

0.1mmでも隙間が出来ようものなら

出てくる可能性がある食菌性の無変態虫 トビムシ。

他にも、チャタテムシやミジンムシなど

シーリングが切れてくると、出没してきます。

 

というわけで、

こんな虫が存在することを知っていて、

虫が入らない建物を造ると言い切るのは、

無謀すぎるので止めた方がいいと思います。

 

逆に、虫はゴキブリやカメムシなど

大型のものを表しているのであれば、

そのように最初に説明しておくことをおすすめします。

そうじゃないと、虫が嫌いな方や

幼い子どもさんがおられる奥さまは納得してくれませんよ。

————————————————————–

 

トビムシのご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzu_expert@excite.co.jp

O市トビムシ駆除1 O市トビムシ駆除2

人気の遺伝性防虫忌避

2018-05-08

本日の弊社は、京都市山科区、滋賀県野洲市、甲賀市、

彦根市、湖南市のアリ駆除、ネズミ対策、クモ相談、

コウモリ相談、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

困ったを助けるスーパーヒーロー

ミスズマン1号こと美鈴環境の鈴木です。

 

日本に迫る7つの危機で、5位に害虫が入りました。

ちなみに1位は、認知症だそうです。

アルツハイマー病の発症を抑制する対策の1つで、

夕食から朝食までの時間を12時間開けるというのがあります。

これは脳を飢餓状態にすると、

脳のゴミであるアミロイドベータを掃除してくれるそうです。

これは、誰でも出来ることだと思いますので、お勧めします。

—————————————————————–

 

さて、遺伝性防虫忌避施工

お問い合わせがきました。

最近、寒暖の差が激しいため、

虫も戸惑っているのかもしれませんが、

暖かい日が続くと爆発的に発生するので要注意です。

 

そして冒頭でも述べたように、

害虫は、日本に迫る危機ベスト5に入っています。

 

というわけで、

マンションや新築で虫がたくさん付いている場合は、

この先売れない可能性が、

年々高くなると思いますので、

事前に対策をしておくことをおすすめします。

 

今年もすでに予約が入り出している状態です。

6月は一戸建てのお家からも、予約が入り始めました。

本当に効果が有りますので、おすすめします。

————————————————————–

 

遺伝性防虫忌避施工のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzu_expert@excite.co.jp

S区遺伝性防虫忌避剤1 S区遺伝性防虫忌避剤2

床がコンクリートの家が大好きな虫

2018-05-07

本日の弊社は、岐阜県不破郡、京都市南区、左京区、

滋賀県湖南市、大津市、守山市のトビムシ相談、ゴキブリ駆除、

異物混入防止対策にお伺いしました。

 

先日、綺麗な女性に女子力が高いと

言われた美鈴環境の鈴木です。

 

私、てっきり誉められているのかなぁと思ってたんですが、

実はオネエと思われてるんじゃないかと妻に言われました。

その原因は、スマホカバーです。

そういえば、電車に乗ってたら女子高生にも

言われたことあります。

確かに、ちょっと変わったカバーです。

でも、先日娘が欲しいと言ったので、

今は、シンプルなカバーに戻りました。

もうオネエとは呼ばせないですよw

—————————————————————-

 

いよいよ、トビムシのシーズンがやって来ました。

毎年、この時期に入るとミスズマン1号は、

トビムシ対策で走り回ります。

 

自然界では、分解者の役割をもつトビムシ。

しかし、虫嫌いな方、幼い子どもを持つご家族には

分解者であろうが、そんなの通用しません。

無変態のトビムシの食性は、菌類です。

土の中や湿度の高いところに生息しているのですが、

お問い合わせの全てが、床がコンクリートのお家です。

 

侵入経路は以下が考えられます。

家の周りにいるトビムシが、

ねこ土台などの換気部分から床下へ侵入。

土間コンクリート(床下がコンクリート)だからこそ、

そこでは棲めず居住空間に侵入してくるのです。

 

でも床下が土だったら、

土壌菌など微生物がたくさん棲んでいるので、

そこから動く必要がないのです。

だから、昔のお家からのお問い合わせは無いのです。

 

というわけで、

「新しいお家なのに、

なんで虫がいっぱい出るの?」

と悩まれる方は、むしろ綺麗な今風のお家だからだと

疑ってみてください。

トビムシであれば、経験上ほぼ100%に近いです。

 

そして決して、あきらめないでください。

せっかくの念願のマイホーム

虫で悩まされてはもったいないです。

————————————————————-

 

トビムシのご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzu_expert@excite.co.jp

トビムシ対策フローリング1 トビムシ対策コンセント2

殺菌消臭はミスズマンにお任せ

2018-05-06

本日の弊社は、京都府八幡市、京丹波町、京都市東山区、

福井県若狭町、滋賀県高島市の異物混入防止対策、

殺菌消臭、ネズミ駆除、ヘビ対策にお伺いしました。

 

ギャップが大事

ということを常に心がけている美鈴環境の鈴木です。

 

ギャップという点に人間は弱いことが、

北朝鮮の金正恩委員長の南北首脳会議で

はっきりしました。

この行動は、北朝鮮の5か年計画に

シグナルライトが灯ったのだと騒がれていますが、

リビア方式でも何でもいい!

とにかく平和になって欲しいと思いますね。

—————————————————————-

 

さて、孤独死後の殺菌消臭のお話です。

消臭のレベルは0~5までありますが、

最大の「5」(鼻に付く臭気)に達していると、

写真のように、

その場所のスケルトン(解体)が基本になります。

 

それでも、躯体に染みついてしまうほどです。

特に注意しなくてはいけないのが、

孤独死後3日間です。

 

なぜかと言うと、ウイルス感染の危惧があるためです。

私たちは、警察の検死後にしか入れませんので、

ほぼ大丈夫なのですが、

体液や血痕の特殊清掃を行う場合は、

3日以降でも対策がかなり重要になってきます。

 

当社は、ミスズマン1号9号

バイオ系のものと人工酵素の殺菌消臭剤を

使い分けして行います。

どちらもニオイの素を、バクバク食べてくれるタイプです。

ちなみに、要の特殊清掃に関しては、

ミスズマン4号が行います。

 

というわけで、

当社の殺菌消臭施工および特殊清掃は、

未だやり直しがありません。

ただし、当社はオゾン消臭は行いませんので、

薬品のニオイは取り除くことが出来ないので、

ご理解願いたいと思います。

—————————————————————–

 

孤独死後の

殺菌消臭のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzu_expert@excite.co.jp

殺菌消臭剤散布

樋清掃は危険と背中合わせ

2018-05-04

本日の弊社は、京都市中京区、滋賀県大津市の

生前整理、シロアリ駆除、樋清掃にお伺いしました。

 

情報拡散スピードが尋常じゃないくらい早い世の中、

信用に勝るものはないと実感する美鈴環境の鈴木です。

 

芸能人が良い例ですが、信用が無くなると瞬殺です。

私は、お金の貧乏よりも信用の貧乏の方が

よっぽど恐いと思います。

なぜ、こんなことを話すのかというと、

実際、この前経験したからです。

 

それは、ある害虫の駆除相談での出来事でした。

私は、そのお客様に対して

 

「今回の駆除作業をして絶対ゼロになる」

 

絶対は無いと言い切りました。

もちろん、気持ちはいつもゼロ作戦ですし、

責任施工で収まるまで行います。

でも、その虫が駆除しきれずに残ったものなのか、

それとも新たに外から入ったものなのか

今、外部にたくさん生息しているため

判断が出来ないためです。

 

でも実際は、ゼロにするといった業者に負けました。

私は、信用という点で負けたのです。

 

というわけで、

お金よりも信用というものの方が、

今の時代は強いということを

覚えておいた方がいいと思います。

 

今日は、大屋根の樋清掃

ミスズマン1号と9号が出動しました。

樋に苔と泥が溜まっているせいで排水が出来ず、

水が溢れてしまうというお問い合わせでした。

 

4か所の排水口がすべて、

ヘドロとゴミで封鎖されてしまっている状態でした。

大屋根の樋を2周、1番ひどかった部分は3周まわり、

除去清掃を完了しました。

朝は、かなりの強風でかなり危険でしたが、

徐々に風も治まり、途中からは非常に作業の

しやすい環境になり、良かったです。

 

人は6mから落下すると、死亡率が高くなるので、

大屋根での作業は、ほぼ死と隣り合わせということになります。

 

もし、樋の掃除がご希望であれば、

ご主人自らするのではなく、ご連絡頂ければと思います。

————————————————————-

 

樋清掃のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzu_expert@excite.co.jp

 

大屋根樋清掃前1 大屋根樋清掃後1 大屋根樋清掃前2 大屋根樋清掃後2 大屋根樋清掃前3 大屋根樋清掃後3 大屋根樋清掃中1 大屋根樋清掃中2 大屋根樋清掃中3 大屋根樋苔ヘドロ除去

コインランドリー代行

2018-04-22

本日の弊社は、大阪府寝屋川市、滋賀県大津市、

東近江市の防虫ネット工事、生前整理、コバエ駆除、

異物混入防止対策にお伺いしました。

 

働く外国人が日本に続々と増えることで、

新たな事を考えている美鈴環境の鈴木です。

 

外国人を無制限に受け入れると、

日本の失業率が上がってしまうため、

職種が法律で決められているのはご存じでしょうか?

それは研究者・調理師など専門職の高い職業です。

そして新たに、介護福祉士が追加されました。

時代は猛スピードで流れているので、

置いて行かれないように頑張ろうと思います。

——————————————————————

 

さて、ちょっと変わったお問い合わせがありました。

ゴミ屋敷のお客様宅へ、お片付けにお伺いしましたが、

自分で洗濯が出来ないため、代行で行うといった仕事です。

 

写真の通り、1.5トンのトラックに積んだ衣服を

全て、コインランドリーで洗濯&乾燥をし、

たたんでお返しするといった初めての作業です。

 

お客様は、精神的にもお疲れになっており、

更年期障害も重なっているので、かなり辛いご様子でした。

 

というわけで、

お困りになられたらミスズマン

思い出して頂ければうれしく思います。

今回の困ったを助けるお仕事は、

ミスズマン3号が承りました。

 

いつも、お困りの方々の気持ちになって

相談を承るのが、ミスズマン3号であります。

そして、ご遺品・生前整理・相続相談・害虫駆除・通販など

すべての窓口であります。

そして、遺品整理・生前整理は、

分別作業レディでもありますので、

お困りの際は、ご遠慮なくお申し出くださいませ。

 

———————————————————

 

 生前整理に

関するお問い合わせは

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzu_expert@excite.co.jp

 

コインランドリー代行1 コインランドリー代行2 コインランドリー代行3 コインランドリー代行4

床下清掃と屋根裏清掃でスッキリ

2018-03-06

本日の弊社は、京都市下京区、山科区、

滋賀県近江八幡市、大津市、彦根市、守山市の

床下清掃、生前相談、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

自動車を運ぶ日本の船が、

太平洋の島国ニュージーランドから追い出される事態が、

ある虫のせいで相次いでいることを聞いて

驚いている美鈴環境の鈴木です。

 

その虫の正体は、クサギカメムシ

 

原因は、臭いニオイを発するからではなく、

ニュージーランド特産のキウイフルーツなどを

食い荒らす恐れがあるからです。

 

ニュージーランドは、クサギカメムシをはじめとする外来種によって、

生態系が乱されないように、国をあげて排除に取り組んでいます。

日本の海運会社もまた、ニュージーランドに行く船では、

念入りに点検を行っているようですね。

(読売KODOMO新聞一部引用)

 

さて今日は、床下清掃にお伺いしました。

ひどいもんです。何だ!この廃材だらけは・・・。

古い釘のかたまりや瓶など、

よくまぁ、こんなもの置いておくなぁと驚きです。

このお家を購入されたオーナーさまは、

どういう気持ちになるのかを考えないのでしょうか?

 

今回は、困ったを助けるスーパーヒーロー1号・9号

そして、なんと!総司令官も出陣しました。

床下の廃材回収・処分、ゴキブリの卵、クモの巣の除去を

行いました。冬場の床下は激寒いです。

正直、動きを止めると風邪をひきますw

 

というわけで、

自分家の床下の状態って、

皆さん確認したことがないかもしれませんが、

意外とあってはならないものなどが

放置されている場合がありますので、

一度ご主人さまに点検して頂いた方が良いと思います。

 

木材や断熱材などが放置してあると、

シロアリやゴキブリなどがやって来る

可能性がありますので、排除してくださいね。

 

床下清掃・屋根裏清掃に

関するお問い合わせは

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzu_expert@excite.co.jp

 

床下清掃1 床下廃材処分2 床下の廃材3 床下清掃4

医師免許は無いが病気を治すドクター

2018-02-28

本日の弊社は、滋賀県彦根市、守山市、東近江市の

ネズミ駆除、動物回収、生前お片付け相談、神棚処分相談、

異物混入防止対策にお伺いしました。

 

あと15日で体重を2.5kg落としたい美鈴環境の鈴木です。

なぜかと言うと、健康診断の日がやってくるからです。

昨年と比べて、かなり太りました。

自分のベスト体重まであと2.5kg。

何とかしなくてはいけません(汗)

 

さて今日は、ある飲食店のネズミ対策のお話です。

まだ、入らせてもらって一ヶ月経っていないのですが、

明らかに行動が変わり始めました。

ストレスを感じていると判断できる状況も何点が現れ、

結果、クマネズミのお母さんを捕獲しました。

 

T店クマネズミ雌 クマネズミ雌捕獲

 

ごめんなさい。

本当は、捕獲したくないのですが、

お店に被害が出ると、駆除をせざるをえないのです。

子どもが、ここ数日で7頭。

フラフラと出てきたのが2頭。

そして、お母さんネズミ。

 

そろそろ収束に向かっていると思うのですが、

気になる点が1つあり、それを解決しないと、

ミスズマン1号と9号は納得がいきません。

それは、

 

見えない侵入口

 

です。

ひょっとしたら、隠された扉があるような気がしてなりません。

心当たりは2パターン。

閉塞の順番を変更するかどうかを悩んでいます。

 

というわけで、

すべての悩みをクリアせずに、

駆除完了というのは、経験上まず失敗に終わりますので、

「初心忘れずべからず」でやっていきたいと思います。

 

不安と言う病気を治す

 

これが美鈴環境サービスで働くドクター。

ミスズマンの努めでありますので、

困ったことがあれば、何なりとご相談頂けたらと思います。

 

クマネズミに

関するお問い合わせは

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzu_expert@excite.co.jp

 

クマネズミ雌乳頭部 クマネズミ膣口

« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ