滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘滋賀・京都のねずみ駆除’

駆除のカギはお客様の声

2018-02-08

本日の弊社は、京都市上京区、福井県小浜市、滋賀県湖南市、

野洲市、守山市、彦根市のネズミ駆除、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

いよいよ平昌オリンピックまで数時間後に迫り、

楽しみで仕方のない美鈴環境の鈴木です。

今回の日本は、メダルが何個獲れるかという期待があります。

私自身は、羽生選手の晴明(SEIMEI)の演技と、

小平選手、平野選手のスーパーサイヤ人なみの身体能力が

見たくてウズウズしています。

でも、こういう時って、メダルがスルスルっと

逃げていく場合があるので、

メンタルのみ注意をして頂きたいなあと思います。

 

さて、またまたクマネズミ対策のご相談です。

今回は、アパートの1室の天井裏を走り回っている

クマネズミを静かにさせる対策を行いました。

 

なぜ、「静かにさせる」対策なのかというと、

屋根裏を覗くと、隣の住人宅の屋根裏につながるスペースが有り、

完全防除をするためには、全員の承諾を得ないといけないため、

手法が限られるためです。

 

このように、アパートや長屋になると、

問題点が生じるので、非常に困難になります。

 

奥さまから、

「ネズミ一発退場という燻煙剤をしてもいいですか?」

と相談を受けましたが、屋根裏がつながっているということは、

隣のお家の居住空間に煙が漏れる可能性があることをお伝えしました。

さらに会話がすすみ、「乳児がお住まい」だということも発覚し、

なおさら、燻煙剤は使えない旨をお話しました。

 

結果、完全防除が出来ないという判断のため、

カラシ成分を使用した

ネズミ臭覚性忌避剤を設置しました。

 

さらに、この忌避剤の利点は以下の4つもあります。

① 粘膜に刺激性があり、ネズミが慣れてしまうことはない

② ガスが効率よく徐放するので、密閉空間には抜群に効く

③ 食品添加物のため、安全性が高い

④ 防カビ効果が施してあるので、高湿度間でも大丈夫

 

設置の結果、特に居住空間には臭気は漏れなかったため、

ご了承を頂き、作業終了となりました。

 

というわけで、

このように、どんな駆除でも絶対に大事なのが、ヒアリングです。

聞き込みなくして、パーフェクトな駆除は出来ないと考えています。

駆除の答えは、お客様が握っているのです。

ですから、簡単にはいかない場合もありますので、

何か問題が起こった際は、

まずは、相談無料の専門業者に

お問い合わせされることをおすすめします。

 

ネズミ関するお問い合わせは

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

天井裏を走るクマネズミ ネズヤン施工

マウスストッププレミアム

2018-01-31

本日の弊社は、京都市右京区、山科区、福井県小浜市、

滋賀県彦根市、湖南市、東近江市、近江八幡市の

ネズミ駆除、波板破損相談、新工場の初発殺虫、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

仮想通貨モナコインを不正に入手する目的で、

コンピュータウイルスを作成した

大阪の高校3年生が逮捕された事件を聞いて、

世界中で、仮想通貨を不正入手する方法を考えている

人間が山ほどいるんだなぁと思った美鈴環境の鈴木です。

 

私は、まだ仮想通貨は購入していませんが、

分散購入し、資産を増やしている方は、

先見の明を持っていて素晴らしいなあと思います。

 

本日は、近頃多発しているネズミ駆除相談についてです。

今日は、ある1室だけに集まるように仕掛ける

局所駆除作戦で行いました。

 

このように屋根裏の増築などを行う際は、

配線などの取り込み口や開口部が出来てしまいます。

このような事態だからと言って、

お客様は、工事業者さんを責めてはいけません。

これが普通だからです。

 

さて写真は、防鼠専用のコーキング材で

閉塞作業を行っているところです。

このマウスストッププレミアム

というコーキング材は、銅とスチールの繊維が含まれており、

齧った時にめちゃくちゃ不快感を与えるもので、

そうは簡単に齧って突破することは困難なシール材です。

 

ちなみに4枚目の写真は、

従来からあるカプサイシン入りのこれまた防鼠資材

ねずばんパテと呼ばれるものです。

 

クマネズミの侵入経路 防鼠専用コーキング材にて閉塞作業中 防鼠専用コーキング材にて閉塞作業完了 防鼠パテで閉塞

 

そして、遠い箇所に隙間が有り、

閉塞作業するにしても手が届かないし、

でも、この部屋には来させたくないという場合は、

 

必殺技カメハメ波じゃなかった

衝撃波 で侵入をシャットアウトします。

 

増築開口部 遠距離での衝撃波の設置1 遠距離での衝撃波の設置2 屋根裏暗視カメラ

 

このように、ネズミ駆除は、その時の被害状況を元に、

どのように方策を取ったら良いかを考えて行います。

局所法は、ストレスを与えるエリアと

警戒心を持たせない両方のエリアをつくり、

分散法なら、警戒心を解く方法で行います。

 

というわけで、

皆さまがネズミに困られた場合は、

まずは、DIY から始められるのですが、

どうにもこうにもならなくなって

私たちに委ねられる時は、

ほとんどの場合、難しい状態でバトンタッチされます。

 

出来ましたら、被害が出始めましたら、

すぐに専門業者にお問い合わせ頂けると助かります。

 

ネズミ駆除のお問い合わせは

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

国境が無くなる日

2018-01-17

本日の弊社は、京都市右京区、上京区、滋賀県東近江市、

大津市、近江八幡市、福井県敦賀市の生前相談、ネズミ駆除、

異物混入防止支援にお伺いしました。

 

平成30年に環境省が、防除対策事業を含む

特定外来生物対策事業費として6億7900万円を計上した

ことに驚いた美鈴環境の鈴木です。

 

その中でも、ヒアリ緊急防除には、

補正予算1億円であります。

ヒアリは、セアカゴケグモのように、

絶対になってはいけません。

私たちも日頃の作業で、気を付けなければいけませんが、

皆さまも、「何かこのアリ、変やなぁ」って感じましたら、

すぐに、専門業者や役所にお電話してください。

 

さて皆さまも、何となくご存じだと思いますが、

このように、年々外来生物が入ってきております。

ヒアリもこの先、まだまだ入ってくると思いますし、

温暖化が進むと、今まで日本では棲めなかった

蚊をはじめとした生物も居つくようになります。

さらに、海底の温度が上がると、新たなウイルスも現れます。

 

というわけで、

この先は、虫やウイルス、植物までも

インバンドかのように、海外からやってきますので、

我が国の、クライシスマネジメントも

大変になってくると思われます。

 

ファイナンスも同様ですが、

もう国境というものは無くなってくるのかもしれません。

自分の身は自分で守らないといけない

時代になってきますので、

当社のブログで学んで頂けるように、

この先も情報提供して参りたいと思います。

 

もし、クマが人を普通に襲う日が来るのなら、

一刻も早く、対策グッズが必要になりますね。

 

害虫・害獣のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

クマネズミにカメハメ波

2018-01-14

本日の弊社は、京都府京田辺市、京都市中京区、

滋賀県東近江市、守山市、大津市のネズミ駆除、生前整理、

異物混入防止対策にお伺いしました。

 

インフルエンザ対策で、

トマトジュースを飲みまくっている美鈴環境の鈴木です。

 

データ通り、猛威をふるい出しました。

ちなみに、トマトジュースの件は、

以前にもブログに書きましたが、

リコピンがインフエンザウイルスに効果があるのです。

トマトよりもトマトジュースの方がリコピンの量が

圧倒的に多いので、おすすめします。

 

皆さん、2月が感染者数MAXになりますので、

マスクの厳守など、個々で対策なさってくださいね。

 

さて、本当に今、

ネズミのお問い合わせが、めちゃくちゃ増えています。

近隣で、リフォームされたりすると、

屋根裏に棲んでいたクマネズミは引っ越しを行います。

そして、貴方のお家の屋根裏や床下に入れる隙間があると、

シメシメと入り込み、新しい棲み家にしてしまいます。

 

もし、屋根裏に入り込まれた場合は、

ゴキブリやその他害虫と違い、

皆さん自身で追い出しや駆除をされるのは、

かなり難しいと思われます。

 

プロ業者は、

暗視カメラ・粘着マット・捕獲カゴ・毒エサ・衝撃波・

隙間埋め材などを計画にそって、適所適材に行います。

それでも、すぐに駆除できる場合もあれば、

長期戦になることも多々あります。

写真は、衝撃波を出す防除機器ですが、

波動の小さいネズミに対し、

大きな波動で寄せつけないようにします。

カメハメ波と同じ原理で、これに当たり続けると、

やがて死んでしまいます。

 

さて、なぜDIYが難しいのかというと、

ネズミは、虫と違い動物ですから、しっかりと脳を使います。

特にクマネズミの成獣は、3歳児くらいの知能を持つといわれ、

しかも、神経質なので、危険予知も行います。

さらに、脳内GPSを持っているので、

動線を狂わしたとしても、巣にしっかりと戻れることが出来るのです。

 

というわけで、

屋根裏で、バタバタと音がし出した場合は、

なるべく早く、専門業者さんに見て頂くことをおすすめします。

屋根裏にお母さんネズミがこの時期に入ってきますと、

中々の強敵と化しますので、注意してくださいね。

 

ネズミのご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

S区衝撃波親機 S区衝撃波子機 二重壁内の衝撃波設置 クマネズミ毒エサパック

無毒から駆除剤へスピード勝負!

2018-01-10

本日の弊社は、福井県敦賀市、滋賀県彦根市、野洲市、

守山市、近江八幡市、大津市の遺品整理、ゴキブリ駆除、

異物混入防止対策にお伺いしました。

 

日本のアーティスト、京都のシンガーソングライターである

佐々木清次さんの「負けてたまるか」を生で聞き、

感動した美鈴環境の鈴木です。

 

やしきたかじんさんのコンサートツアーでは、

アコースティックギターで参加され、

TV出演やラジオレギュラー番組など数多くされている方です。

夢を捨てた私に、新たに夢が持てるように、

佐々木清次さまと奥さまに背中を押して頂きました。

本当に今日は、素敵な時間を提供してくださった

メナード岡本さまに感謝でございます。

 

さて、今の時期、ネズミが大暴れしています。

写真は、ハツカネズミが食毒剤を食べた跡です。

これは、ネズミが外にいるかどうかを探るために、

専用ボックスにカギをかけて設置しているものです。

また無毒餌として、ひまわりの種を仕込む場合もあります。

 

これだけ喫食剤を食べている場合は、

次の対策は、調査用の喫食剤ではなく、

スーパーデスモア(デスモアプロ)

などの駆除剤に変更すると良いです。

 

なぜかというと、

この調査用の喫食剤は、その建物の周辺に、

ネズミがいるかどうかを調べるものであって、

プロの世界では、完全駆除に使用するものではないからです。

 

というわけで、

喫食形跡があった場合は、

直ちに駆除剤に切り替えし、

駆除のスピード化を図られることをおすすめします。

 

調査用のものを設置し続けていても、

何度も食べてくれないと、

解決にならないことを覚えておいてくださいね。

 

ネズミのご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

ハツカネズミ喫食剤

床下の毒エサは永久に不滅です

2017-12-26

本日の弊社は、大阪府豊中市、京都府京田辺市、京都市左京区、

滋賀県彦根市、守山市、大津市のゴキブリ相談、シロアリ相談、

配管洗浄相談、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

持続可能な開発を表明した滋賀銀行に対し、

滋賀県民として誇りに思う美鈴環境の鈴木です。

 

なぜ、誇りに思うかというと、

地方銀行でこのような考えを表明するのは、初めてだからです。

国連が環境問題の開発指標として提唱する

「持続可能な開発目標(SDGs)」を

企業行動につなげる「しがぎんSDGs宣言」を表明しました。

今後は、SDGsに関連した商品やサービスを展開されます。

これは、滋賀県の企業として、かなり注目すべきことですね。

 

今日もネズミ対策のお話をしたいと思います。

床下にクマネズミやドブネズミが走っている時、

ピンク色青色の粉系の毒エサを散布する業者がいます。

 

もし、皆さんのお家の床下にネズミがいる場合、

このような状況が発生し、

プロ業者がこのような提案をしてきた場合は、

すぐにOKサインを出さないでください。

 

なぜかというと、

この食毒剤は、まきっぱなしになることがほとんどで、

掃除をすることは一生ないからです。

写真は、以前に入られた業者さんが、

ピンク色の粉系の毒エサを、床下全域に散布された状態で、

当社で毒エサを掃除しました。

 

食材を混ぜず毒エサのみの場合は、

虫が発生する二次災害は、ほぼありませんが、

出来る限り、このような方法での駆除は避けたいものです。

 

というわけで、

もし、業者から床下に毒エサを散布する提案をされた場合は、

他の方法で、駆除できないかを聞いてみることをおすすめします。

自分の家の床下に、ネズミがいなくなっても

いつまでも毒エサが残っているのは、やっぱり気持ち悪いものです。

 

業者の立場で言うならば、

どうしても、屋根裏や床下において、

この方法を使わないといけない場合は、

必ず説明をすることを鉄則として頂くことをお願いします。

 

 

床下清掃のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

床下のネズミ毒エサ清掃

ネズミが引っ越しする日

2017-12-24

本日の弊社は、京都市中京区、左京区、滋賀県大津市の

生前整理相談、セミナー相談、ネズミ駆除、異物混入防止支援に

お伺いしました。

 

クリスマスイヴには、

必ずサンドウィッチとチキンとケーキを食べる美鈴環境の鈴木です。

皆さんのお家では、どのような料理が出ますか?

私は、かなりベタな組み合わせだと思います。

アメリカでは、七面鳥やハムが定番、ドイツではソーセージ、

中国では、何と!リンゴを食べるそうですよ。

何にしても、イベントを過ごすことは大切ですよね。

 

 

さて、この時期に建物を解体すると、

近隣に引越してくる最悪な奴がいます。

そいつの名は、 クマネズミ です。

 

皆さんのお家の周辺で、

リフォームや解体をされているところはありませんか?

ネズミやイタチ、アライグマ、ハクビシンなどの小動物は、

とても神経質なので、身の危険やストレスを感じ続けると、

病気になります。

だから、安全な場所へ引っ越しするんです。

 

写真をみて下さい。

これ、めちゃくちゃ多いパターンなのです。

皆さんのお家は大丈夫でしょうか?

この場所からの侵入は、かなり可能性が高いので、

本当に注意した方が良いです。

 

というわけで、

冬に限らずなのですが、近隣で建物の工事が始まると、

ネズミなどの小動物が、逃げ出しますので、

事前に備えをしておくことをおすすめします。

 

写真は1例に過ぎませんが、

他にも親指が入る隙間があるかもしれませんので、

専門家に調査して頂いた方が良いですね。

 

ネズミ駆除のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

S区クマネズミ侵入経路1 S区クマネズミ侵入経路2

齧って火事

2017-12-02

本日の弊社は、京都市南区、滋賀県大津市の

クマネズミ駆除にお伺いしました。

 

最近、生命保険や損害保険に、

興味を持っている美鈴環境の鈴木です。

 

今まで保険と聞くと、敬遠していたのですが、

知らないと損をすることが、ものすごく分かりました。

今後は、保険に関しても、困ったを助けることができそうですよ。

 

さて、工場や屋根裏に、

クマネズミ が飛び込んでくる12月に入りました。

先日、韓国ドラマを見ていたら、ネズミが走っていましたw

(写真の右下)

日本では、ありえませんが、自然で本当にいいものです。

 

寒くなると、外で食べ物が無くなるので、

どうしても、食を求めて、建物の中に入ってきます。

 

もし、侵入してきた場合は、

一刻も早く、対処しないといけません。

なぜかというと、その建物が棲み家となってしまうからです。

ネズミが建物に棲みついてしまうと、

健康被害だけではなく、経済被害も及ぼしてしまいます。

柱や欄間など、大切なものまで齧ってしまいますし、

電気配線をかじって火事になることもしばしばあるのです。

 

ということで、

もし、ネズミ対策を講じていない方は、

せめて、出入口周辺や屋根裏に

粘着マットを設置しておくことをおすすめします。

何かと出費の多い時期ですが、

もしお財布に余裕がございましたら、一報頂けたらと思います。

 

小動物・ネズミなどの害獣にお困りの方は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

韓国ねずみ

この時期のクマネズミは旅に出ます

2017-11-24

本日の弊社は、京都府八幡市、京都市伏見区、

滋賀県大津市、彦根市、長浜市の生前相談、ゴキブリ駆除、

ノミバエ相談、ネズミ駆除、微生物対策、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

働く人の40%の人が、10月~12月で疲労を感じると聞いて、

納得している美鈴環境の鈴木です。

仕事の繁忙期、夕暮れが早い、忘年会シーズン、運動不足などが

原因の1つになります。

この時期こそ、お風呂に入って、ゆっくり寝ることをおすすめします。

 

さて、クマネズミが暴れ出しております。

彼方此方(あちこち)で、屋根裏で走り回っているという

お問い合わせが飛び込んできます。

時には、居住空間にも出現し、米などを荒らされる状態です。

 

以前のブログでもお話した通り、

クマネズミが、殺人ダニと呼ばれる

ツツガムシを媒介する可能性が、

沖縄のみならず本州でも起こるかもしれないとあります。

 

クマネズミは、寒くなると動きが少し変わります。

オスはこの時期、エサを求めて2キロくらいは動きますので、

今までクマネズミが入ったことの無い建物でも

出入口があると、突然のネズミ事故に合うことがあります。

1頭の大型のクマネズミオスが、原料や製品を齧りまくりますので、

侵入口は、あらかじめ閉塞しておかなければなりません。

 

そしてメスは、行動範囲が狭くなるので駆除が難しくなります。

トラップでの捕獲が無くなり、生息数が減ったと思いきや、

春になるとゾクゾクと現れることも多々あります。

 

ということで、

冬場のクマネズミ対策は、かなり重要になりますので、

一刻も早い適格な処置が必要となります。

ネズミの生態をしっかりとくみ取り、

適材適所にワナを仕掛けられる業者さんに

お願いされることをおすすめします

 

クマネズミ駆除のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

ついに登場!待ちこがれていた動物対策機器

2017-11-20

本日の弊社は、京都府京田辺市、京都市左京区、中京区、

滋賀県彦根市、大津市、守山市、八日市市のネズミ対策、

ゴキブリ駆除、シロアリ駆除、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

孤独死を減らす方法が無いか、いつも悩んでいる美鈴環境の鈴木です。

今朝の新聞で、生活者が予想する来年のヒット商品の

14位にランキングされていた見守りサービスですが、

配達業務ではない当社にとっては、本当に難しいものです。

しかし、笑顔相続を拡げるためにも、何としてもこのサービスに

参入したいのですが・・・。自分の第六感に頼ります。

 

さて最近、クマネズミやアライグマなどの健康被害が

メディアでも大きく取り上げられてきましたので、

新しいサービスを導入しました。

 

空き家の見守りサービス

お家の見守りサービス

会社の見守りサービス

 

対象は、ネズミをはじめとする小動物です。

 

屋根裏などに設置し、3メートル先の動物に感知すると、

金属音と振動で追い出してくれます。

以前から、空き家管理において、

小動物を屋根裏に生息させない術を考えておりましたが、

電源を必要としない素晴らしいアイテムのおかげで、

この度、管理が出来るようになりました。

 

また、食品工場でもいろんな場面で使用ができます。

超音波や衝撃波では、費用面で難しいお客様でも簡単に使えるし、

また写真のように、感知した回数も表示されるので、

モニタリングの商材としても取り入れることが出来ます。

 

ただし住居では、この器材は、やかましいので、

ちょっと不向きかもしれません。

 

というわけで、

当面、美鈴環境サービスでは、

空き家管理の迷惑動物対策と、

食品工場の被害防止対策で使用していく形となります。

 

クマネズミ・小動物のご相談、

空き家管理の迷惑動物対策、

小動物による食品被害対策は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

DSCN2148 DSCN2147 DSCN2146

« Older Entries Newer Entries »
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ