滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘コウモリ’

隙間埋めをしたのに糞が増えるワケ

2017-10-01

本日の弊社は、京都府八幡市、京田辺市、船井郡京丹波、

滋賀県守山市、高島市、福井県敦賀市の

コウモリ防除、ゴキブリ駆除、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

九州地方でカメムシが大発生しているようです。

当社使用の新防虫忌避剤を散布すれば、

絶対、効果があるのになぁと思う美鈴環境の鈴木です。

 

カメムシと言えば、今日高所で仕事をしていましたら、

大屋根の垂木に、サシガメが静止しておりました。

10月になると、本当にカメムシにお悩みになられる

都道府県があると思います。滋賀県もそうです。

 

ベランダで洗濯物を干されている奥さま。

工場にお勤めの方、

お困りの時は、ぜひ新防虫忌避施工をお試しください。

 

さて今日は、コウモリ追い出し施工のお話です。

軒げたやと垂木との隙間、瓦の隙間に隠れている

コウモリを追い出しスプレーで追い出し、

お引っ越しして頂きました。

 

その後に隙間を埋めるので、

出て行ったコウモリは、このお家の屋根裏には入れませんが、

それでも入ろうと必死に、隙間を探します。

そして、入れなかったとしても雨風をしのげる場所に静止します。

従って、屋根裏に棲んでいたコウモリが、

外壁に止まったり、雨戸に潜んだりしますので、

糞がより一層増える可能性があるのです。

この点は、お客さまにご理解を頂かないといけません。

 

そして、もちろんこのスプレーで

死ぬことはございませんので、ご安心ください。

 

でも、コウモリ防除のお仕事も終わりのシーズンを迎えています。

これからは、ネズミ・イタチ・カメムシのお問い合わせが

増える時期に入りますので、皆さんご注意ください。

 

滋賀・京都のコウモリ対策は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

大屋根での作業 大屋根でのコウモリ追い出し施工1 大屋根でのコウモリ追い出し施工2 瓦の隙間に追い出し剤噴霧

第2のスーパー繁忙期

2017-09-12

本日の弊社は、京都市左京区、下京区、

滋賀県甲賀市、大津市、長浜市、彦根市の

生前相談、コウモリ相談、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

年末まで、予定が埋まりそうな勢いで、

贅沢な悩みに陥っている美鈴環境の鈴木です。

うまく時間を作れるように、

スケジュール調整をしなくてはいけないのですが・・・。

従業員の増員が必要だと分かっているのですが、

本当に人材不足の世の中であり、一生の悩みになりそうです。

 

さて、コウモリ・ゴキブリ・スズメバチのお問い合わせが、

ジャンジャン鳴り響いています。

毎年9月は、第2のスーパー繁忙期に入り、

メンバーも時間のある限り、走り回って頑張っておる次第です。

 

この時期のコウモリは、爆発的に多くなります。

ひどいお客さま宅では、寝られないほどの騒音や、

天井板にシミが出来るくらいになり、

外でも大群で飛来する光景がみられます。

なぜかというと、子どもが母離れする時期に入るからです。

そして、この後は屋根裏などで冬を越すために、

食欲の秋のごとく、お腹いっぱい虫を食べます。

 

ゴキブリは、マンホールなどの汚水系統や屋根裏、

床下で繁殖したものを駆除するのに、最適な季節になります。

なぜかというと、

クロゴキブリは、卵がふ化するまで約30日かかるので、

9月と10月にワンセット駆除することで、

この冬(今期)のゴキブリを制することができるからです。

そして、この冬を制するということは、

来春のゴキブリの個体数を減らすことに

つながることを覚えておきましょう。

 

そして、スズメバチです。

この時期の巣は、まだMAX状態ではありませんので、

刺される率が低い今のうちに仕留めておく方が良いのです。

特にキイロスズメバチは、必ず全滅にさせる必要です。

なぜかというと、

キイロスズメバチの働き蜂は、巣を再生する可能性があるからです。

本能なのでしょうか?

巣を造作するのが天命なのか、女王様はいないのに、

造り出します。

時々、昼間や夕方に依頼される方もおられますが、

こういった可能性があることを覚えておいてください。

 

10月末までは、害虫・害獣がまだまだ元気に活動します。

冬場の長期間に、貴方さまのお家に無料宿泊させないためにも

この9月・10月に業者さんに依頼して、リセットすることをおすすめします。

 

コウモリ・ゴキブリ・スズメバチにお困りの方は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

85キイロスズメバチ顔面 14ワモンゴキブリ 1053コウモリ顔

瓦と瓦をコーキングする提案はNG

2017-08-24

本日の弊社は、京都市左京区、下京区、

滋賀県長浜市、彦根市、守山市のコウモリ防除、

異物混入防止対策にお伺いしました。

 

先日22日から23日まで、広島へ出張に行っていた

美鈴環境の鈴木です。

中心地では、広島放送、TSS 満天ママという番組の取材に。

宮島では、人生初の人力車。

そして隠れパワースポット、弥山方向にある

宮島最古の大聖院にお伺いし、

自分の悪いものを斬ってもらってきました。

 

弥勒菩薩さまや空海さまが

すぐそばで修業されていると思うと、心が顕れます。

これ以上、お話すると不思議ちゃんになるのでやめておきますねw

 

さて、ホントに鳴り止まないコウモリ相談

今の時期は、コウモリの子どもも母親から離れるので、

最も多い時期になります。

ちょっと、どんくさそうに飛んでいるコウモリの様子も

よく見られます。

 

現場調査では、屋根裏を必ず見るのですが、

写真のようにコウモリの糞がたくさんあると、

追い出し専用のスプレーを噴霧します。

生息していると、あわてて走るようにして出てくるので、

時にこちらへ向かって走ってくると驚きます。

 

ただし、このスプレーはワサビ臭が強いので、

当社のコウモリ王子は、

コウモリと仲良く屋根裏でいつも苦しんでいますw

 

そして、瓦と瓦の隙間に潜むことが多いコウモリですが、

この瓦をコーキングするという業者があるそうです。

もし、瓦をコーキングでくっつけてしまうと、

大きく2つの問題があります。

 

1、瓦屋根のリフォームや修理の際、

 すべて、コーキングを切らなければならないという

 非常にめんどくさいことが起こります。

 しかも、その瓦はもう使えません。

2、逆に雨漏りを引き起こす原因になる場合があります。

 要は、隙間から入った雨が抜けないということです。

 

というわけで、

このようなことを加味して、

必要最低限のことは行いますが、

基本的には瓦の隙間は埋めない方が良いと思われます。

それなら、ストレート屋根にすることをおすすめします。

これなら、もう悩む必要が無くなります。

 

コウモリに関するご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

O市屋根裏のコウモリ追い出し作業4 O市屋根裏のコウモリふん1 O市屋根裏のコウモリふん2 O市屋根裏のコウモリふん3

換気口にご用心

2017-08-21

本日の弊社は、京都市山科区、東山区、

滋賀県米原市、彦根市、野洲市の

ヤマカガシ調査、コウモリ対策、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

カバが、泳げないことを今更知った、美鈴環境の鈴木です。

自分のテリトリーに入られると、海でも猛スピードで、

移動するのですが、実は水底を走っているそうです。

1番、人を殺している水棲動物がこのカバ、

動物界全域では、ヒトスジシマカだということも覚えておきましょう。

ちなみに、感染すると99.9%死ぬのが、狂犬病ウイルス。

その点からすると、海外のアライグマは非常に危険になります。

インドでは、年間2万5000人が感染して

お亡くなりになっているそうです。

 

さて、コウモリの仕事が続きます。

写真のような換気口は、皆さんのお家にもあると思います。

この換気口は、雨風を防ぐことが出来、

よく、ねぐらやナイトルーストに選ばれてしまうので、

早めの対策をおすすめしています。

 

今回の場合は、お客様が事前に調査して下さっていたので、

再確認をした上で、止まっている箇所がはっきりしました。

このような場所については、ネットを取り付けして、対策します。

 

さて、外から見たら一見、トイレによくある

中に換気ファンがついているタイプかと思います。

しかし、この丸型換気口ですが、

実は天井裏にダクトとして繋がっていました。

これは、天井裏の換気ファンだったのです。

 

というわけで、換気口といっても、

トイレの換気扇ようなファンばかりではないので、

必ず、現場調査はしっかりするように十分に注意してください。

もし、この換気ダクトが屋根裏とつながっているようなものであれば、

100%、屋根裏がねぐらになりますので、

必ず屋根裏の調査は行いましょう。

 

コウモリに関するご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

O市換気口にコウモリ1 O市換気口にコウモリ2

コウモリ追い出しスプレー

2017-08-20

本日の弊社は、奈良県磯城郡、滋賀県近江八幡市、大津市、

甲賀市、湖南市の糞害調査、コウモリ調査、コウモリ侵入閉塞工事、

ゴキブリ駆除、生前相談にお伺いしました。

 

23年間この仕事をしてきて、1番の困ったの相談に、

ブチ当たっている美鈴環境の鈴木です。

早く、解決することを祈っております。

 

さて、コウモリのお問い合わせが殺到しています。

ちょっと予約待ち状態になりつつありますので、

お早めにご連絡頂けると助かります。

 

今日は、屋根裏に棲むコウモリを

追い出しスプレーで外へ出し、

侵入口になっている配線取り込み口を閉塞しました。

 

出てきたのは、10頭くらいで

追い出しスプレー直後は、

「コウモリ同士で何か会話している」

当社のコウモリ王子が言っておりました。

 

そして、よく見ると、瓦と樋の間には、

屋根裏に通じる穴が存在し、

2頭のコウモリが休憩しておりました。

オスはたいてい単体でいるので、

このパターンはおそらく雌だと考えられます。

 

コウモリは、6月~7月に1頭から3頭の子どもを出産します。

子どもは、約45日間、母親から離れないので、

今くらいの時期から9月にかけて

閉塞工事をすることをおすすめします。

 

なお、生息数に関しては、1番多い時期にはなりますが、

この時期を逃すと、

10月はメスが冬ごもりに入ってしまうので、

9月に隙間埋め及び追い出し作業、

殺菌消臭作業をされることも合わせて

おすすめします。

 

コウモリに関するご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

配線取り込み口からコウモリ1 配線取り込み口からコウモリ2 配線取り込み口からコウモリ3 瓦下隙間にコウモリ1 瓦下隙間にコウモリ2 瓦下隙間にコウモリ3

苦情がはね返ってくる話

2017-08-09

本日の弊社は、京都府南丹市、京都市東山区、右京区、

滋賀県愛知郡、甲賀市、大津市のネズミ対策、コウモリ対策、

生前相談、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

今日、地球は実は丸くなかったことを知った

美鈴環境の鈴木です。

水があるから丸く見えるだけで、

無くなるとひょっとこみたいな形になるそうです。

そして、宇宙人がいるであろうという星も

かなりの確率で存在することも分かりましたので、

テンションが上がりまくっています。

 

さて、コウモリのお問い合わせが連日あるのですが、

皆さん、非常にお悩みであります。その内容は、

 

近隣からの苦情なのです

 

どうやら自分のお家のせいで、

近隣に糞害が生じていると言われるのです。

しかし、貴方のお家の屋根裏や瓦の隙間が

営巣になっていないのにも関わらず、

糞が落ちていたり、壁に付いたりしている場合は、

ナイトルースト状態といって、

雨・風が当たらないところで、休憩しているだけなのです。

 

お問い合わせの内容で、

止まらないようにして欲しいという声は非常にたくさんあります。

でも、外観上に何かを施したり、塗ったりしないと

静止を防ぐことは、非常に難しいと思われます。

 

例えば、写真のような雨戸の隙間に潜んでいるケースは多いです。

この場合、雨戸を撤去するだけで、解決します。

(※写真は、コウモリ15頭ほどが固まっていました)

しかし、苦情を言った人は、貴方のお家へ

引っ越しする覚悟はしておいてください。

 

というわけで、

コウモリが止まらないようにするのは、

外観上、格好悪くなる可能性があるということと、

その対策するように苦情を言ったお家や別のお家に

引っ越しする可能性があるということを覚えておいてください。

 

苦情を言ったのに、逆に苦情を言われることにも

なり兼ねないので、くれぐれも注意してくださいね。

 

コウモリに関するご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

ナイトルースト雨戸にコウモリ1 ナイトルースト雨戸にコウモリ2 ナイトルースト雨戸にコウモリ3 ナイトルースト雨戸にコウモリ4

塒(ねぐら)とナイトルースト

2017-06-20

本日の弊社は、京都市中京区、南区、山科区、

滋賀県甲賀市、彦根市、草津市の生前相談、ネズミ駆除、

羽アリ駆除、ゴキブリ駆除、異物混入防止相談にお伺いしました。

 

最近、中国のパンダ外交を

うらやましく思う美鈴環境の鈴木です。

これが、ビジネス界でいう兵器だと思います。

 

さて今日は、コウモリ相談についてお話したいと思います。

屋根裏や壁の中でガサゴソと音がする場合は、

ナイトルースト(休憩場所)もしくは、

塒(ねぐら)にしている可能性があります。

この場合は、コウモリを追い出してから閉塞工事を着工します。

写真のように、瓦に異常がない場合は上から、

屋根上に上れない場合は、足場を組んでの作業になります。

 

ちなみに以前、ねぐらを寝ぐらと記載している書物

見たことがありますが、という字しか存在しないので、

プロの方は、知識として持っておくことをおすすめします。

また、この字の意味は、鳥の寝る処、自分の家です。

 

しかし、上記のような相談よりも

圧倒的に多いお問い合わせ内容は

・壁に糞が付かないようにして欲しい

・地面やモノに糞を落とさないようにして欲しい

 

であります。

でも、これを解決するには、

静止する場所にステンレス板や金網を張る、

忌避剤を設置するなどの方法しかございません。

外観的な問題とお費用も含めて、

現実的ではないため、お断りしています。

 

というわけで、

もし貴方のお家が、ナイトルーストとして選ばれた場合は、

100%糞害に合います。それでも糞が嫌な場合は、

外観の格好が悪くなってもいいくらいの覚悟が

必要だということを覚えておいてください。

また、塒とナイトルーストを兼用する場合もありますので、

ご注意ください。

 

コウモリは、厄介なことに保護動物として法に守られています。

人間の手によって施すのではなく、

自然の力でストレスをかけられる方法があれば、

有効なのかもしれませんね。

 

害虫獣対策施工のご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

H市コウモリ入口隙間埋め2 H市コウモリ入口隙間埋め4

 

コウモリありがとう

2017-06-03

本日は、奈良県橿原市、滋賀県大津市、草津市の

ヘビ対策、コウモリ相談、ケムシ駆除にお伺いしました。

 

今日は、コウモリ対策の事例報告

ショートストーリーをお話したいと思います。

雨戸周辺をナイトルーストにしているコウモリを何とか、

静止させないようにと対策をしておりますが、

しつこいコウモリさんは、今度はこの部分を選択したようです。

 

K市雨戸コウモリ対策1 K市雨戸コウモリ対策2

 

 

次から次へと、居心地のいい場所があるものです。

今回は、窪み部分に硬度の高いウレタンをはめ込みました。(右写真)

 

本当にコウモリさんには、

たくさん学ばせて頂き、感謝しております。

コウモリさんには伝わりませんが、

私の技術がどんどん強化されていきます。

これからもよろしくお願いします。

 

ということで、

害虫や害獣の気持ちになって駆除するのは、

人間には、非常に困難なことなのです。

しかし、日々さまざまな場面で、

相談や対策にお伺いしている私たちであれば、

何かお役にたてるかもしれませんので、

困った時には、遠慮なくご相談ください。

 

困ったことがございましたら

まずはお話を聞きます。

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

奥さまが正解です

2017-05-18

本日は、奈良市、神戸市、

滋賀県野洲市、長浜市、彦根市、大津市の

コウモリ対策、クモ駆除、ゴキブリ駆除、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

皆さん、空飛ぶ哺乳類をご存じでしょうか?

その哺乳類とは、当たり前に鳥獣保護法で守られている

 

コウモリ

 

です。防除依頼のターゲットは、

アブラコウモリ(イエコウモリ)というものであります。

皆さんがよくご存じのドラキュラ(吸血鬼)ではありませんので、

ご安心ください。

 

さて、彼らの侵入可能な隙間の寸法は、

わずか8ミリ四方と考えています。

目安は小指と思って頂いて結構でございます。

 

さて、このコウモリ。

飛びながら菌をばらまく

というとんでもないことをやらかします。

さらに糞が乾燥すると、

カビ菌・ダニ・ゴキブリ・カツオブシムシ・シミ

といった生物も発生してしまいますので、覚えておいてください。

 

写真のように、屋根裏に溜まった糞清掃をしていますと、

よく見かけるのは、セイヨウシミです。

そして、ヒメマルカツオブシムシやクロゴキブリもいます。

 

こんな2次災害を受けるのにも関わらず、

意外とコウモリに対しては、

気になさらないお客さまが多いのが現実です。

しかし、

● 目につくところに頻繁に糞が落ちている

● 夜になると天井裏や壁の中でガサゴソ音がする

● 目に見えて、自分の家からコウモリが出てくる

などといった状況に気になされますと、

寝不足になったり、寄生虫妄想症

に罹ったりしますので、健康被害に陥ってしまうのです。

 

これが、害虫や害獣と呼ばれる彼らの恐さなのです。

 

よく、奥さま方からのお問い合わせを頂くのですが、

皆さますっごくお悩みになられていて、

よくこのように、おっしゃいます。

 

「家族で私一人が騒いでるのですよ」

 

色んな方から色んな相談を受けるので、

気持ちはスゴク分かります。理解もできます。

大量のコウモリが家に棲む前に、

対策を考える奥さま方は、正解なのです。

 

というわけで、

家族の誰か1人でも害虫・害獣に気にされたのであれば、

その方を守るべく行動を取ることをおすすめします。

愛する家族が、ストレスから始まる病気になる前に、

守ってあげてください。

 

最後に、ワンポイント駆除法をお教えします。

これは、必殺技ですのでお友達にも教えてあげてください。

壁の中でガサゴソしている場合、

振動型の電気を当てると治まります。

電気あん摩器みたいなのがあれば、最高ですね。

 

もし、害虫・害獣にお困りの方

がおられましたら、まずはお話を聞きます。

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

N市換気口からコウモリ侵入 N市換気口にコウモリ忌避剤 コウモリ侵入経路トリカルネットとタッカーで封鎖 コウモリ侵入経路閉塞 換気口下のコウモリ糞溜まり コウモリ糞清掃1 コウモリ糞清掃済み1 屋根裏コウモリ糞溜まり2 屋根裏コウモリ糞清掃2 屋根裏コウモリ糞清掃済み2

秘密兵器で忌避を目論む

2017-04-25

本日は、京都府京田辺市、久御山郡、京都市山科区、

兵庫県神戸市、滋賀県高島市、守山市、彦根市の

ブユ(ブト)防除、コウモリ防除、ムカデ駆除、飛翔虫対策、

ネズミ駆除、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

ナイトルーストをするコウモリを何とかして、

引っ越しさせたいので、今回は新たな忌避剤を使用しました。

1ヶ月で糞が3粒でしたが、

これからが頻繁にやって来る時期なので、

経過観察であります。

個人的には、透明色での忌避剤を実現させたい

思いでいっぱいです。

 

また、こちらのお宅では、年間管理のご契約を頂いておりますので、

今月は、ムカデ対策と雑草の除去、クモの巣除去、

カやハエの対策で遺伝性防虫剤を散布しました。

また、一段コンクリートで立ち上げてある部分の隙間が

陥没しておりましたので、重点的にムカデ駆除剤を散布しています。

 

さて、これからが虫本番です。

クロアリもシロアリもそろそろ出てきましたので、

シロアリの場合は、ただいま、京都と石川県のみですが、

当社のしろありNAVIまでお問い合わせください。

http://misuzu-eco.com/?page_id=3871

 

害虫害獣にお困りの方は、こちらまで ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

K市防虫対策 K市ムカデ対策3 K市ムカデ対策4 K市ムカデ対策5

« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ