滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘コウモリ’

換気口に注意

2018-10-15

本日の弊社は、大阪府茨木市、京都市中京区、

滋賀県守山市、近江八幡市、彦根市、草津市のコウモリ相談、

遺品整理相談、食品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

感情の反日である韓国と国益の反日である中国に対して、

早く政権交代して欲しいと願う美鈴環境サービスの鈴木です。

 

韓国が可笑しなことをし始めています。

日韓合意って果たして何だったのでしょうか?

10億円を拠出した日本は、どのように考えているでしょうか?

中国は、インターポールをまるで私物化のようにしています。

世界警察のトップを一国の長が抑え込むという恐ろしい

状況になっています。

 

私は思うのですが、どの国も20代・30代の方が

国益につながる考えをしっかり持っていると思います。

最近、独裁化が進んでいますが、

恐らく、終止符が打たれる日も近いのではないでしょうか?


 

【メインコラム】

最近、コウモリ相談が激増しております。

その多くは、換気口の中です。

色んなタイプの換気口があるのですが、

本当に見事に侵入して、のんびり過ごしています。

 

塒(ねぐら)にしている換気口のある部屋が

寝室の場合は、カサカサ音に気づきますが、

それ以外の部屋では、気づかないので、

いつまでも居ついてしまう場合があります。

 

今回のお客様は、外に糞を一切落とすことなく、

また屋根裏にも糞害はなく、

換気扇の中にだけ糞を溜め込んでいたので、

かなり特殊で驚きました。

 

というわけで、

今回は、固定観念では一筋縄ではいかない状況に

遭遇したので、非常に勉強になりました。

 

屋根裏に、暗視カメラを設置しましたが、

映らなかったのは、一先ず安心といったところでしたが、

お客様の「音がする」といった情報は、

やはり正確なものであり、人の意見というものは

つくづく大切なものなんだなぁということが分かりました。


 

コウモリ防除の

お問い合わせは、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

※ 新事務所はNTTが通らない地になります。

eo光になるため、フリーダイヤルが

無くなりますことを、深くお詫び申し上げます。

 

コウモリの糞で二次被害

2018-10-12

本日の弊社は、京都市右京区、左京区、滋賀県長浜市、

東近江市、守山市、大津市のゴキブリ駆除、ネズミ駆除、

医薬品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

雨にまったく合わなかったスーパー晴れ男の

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

京都 → 四日市 → 姫路の出張で

3日連続の飲み会も無事に終えました。

次の飲み会が、4日後と5日後の2連続のため

明日からの久々の休日は、

もうすぐ控えてる2つのセミナーとラジオのため

資料つくりをしようと思います。

 

たくさんの有志と会い、また新たな出会いもあり、

先行く方向性もはっきりと見え、非常に充実した3日間でした。

本当に時代のスピードって速いです。

個人的には、この国の経済力はアップすると

思っているのですが、その分防災に力を入れて欲しいと思います。


 

【メインコラム】

コウモリの糞害に悩まされているお客様は、

雨が降ると流れて綺麗になるものの、

気が付けば樋にもたくさん溜まってしまい、

そこで、害虫が発生してしまうこともあります。

 

考えられるとしたら、

クロバネキノコバエやタマバエ、ゴキブリでしょう。

 

害虫と、皆さんが一般的にいう害の無い昆虫とは、

決定的な差があります。

それは、繁殖力と生育スピードです。

 

例えば、皆さんご存じのゴキブリ。

汚水マンホールに棲む不衛生な

クロゴキブリやワモンゴキブリ、

飲食店特有のチャバネゴキブリは、

繁殖力が非常に高いのは、知ってのとおりだと思います。

中でも、チャバネゴキブリは卵から約90日で成虫になるので、

ものすごいスピードで増えていきます。

 

ところが、山に棲むようなゴキブリは、

室内で繁殖させるのは、至難の業だと聞きます。

何が難しいかというと、冬の過ごし方だそうです。

室内を温めるだけでは、ダメだそうです。

自然に棲む者にしか分からない何かがあるのだと思います。

 

というわけで、

世の中、増えて欲しくないものは、

ほっといても簡単に増えるものですが、

増えて欲しいものほど、難しいものだということを

知っておく事をおすすめします。

 

そして難易度の高いものほど、投資が必要ですし、

そのターゲットに対して、しっかりとリサーチしないと

いけませんね。


 

お掃除ご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

※ 新事務所はNTTが通らない地になります。

eo光になるため、フリーダイヤルが

無くなりますことを、深くお詫び申し上げます。

 

 

ただ今予約待ちのコウモリ対策

2018-10-10

本日の弊社は、京都府南丹市、京丹波町、京都市右京区、

兵庫県神戸市、滋賀県守山市、近江八幡市、栗東市の

食品工場の防虫対策、保育園の防虫対策、コウモリ対策、

遺品整理相談にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

まだまだ新社屋に馴染めない美鈴環境サービスの鈴木です。

移転してから1週間が経ちましたが、

まだまだ自身の整理も出来ておらず、

ごった返しております。

 

収納が上手くいくと、スカッとするはずなのですが、

こういった職種なため、モノの量が多いので、

中々難しいものです。

来客の皆さまにも、看板がまだ立っていないので、

ご迷惑をおかけしております。

 

そんな中、たくさんのお祝いやお花を頂き、

感謝しております。

これからも、精一杯頑張って参りますので、

ご尽力のほどお願い申し上げます。


 

【メインコラム】

いよいよコウモリの相談も大詰めとなってきました。

今の時期は、一番多くなっておりますので、

多い地区では、体に当たるくらいの個体数だと思います。

 

彼らは、目があまり見えないので、

身体に当たるのは仕方がないのですが、

人間からすると、攻撃してきているように思えて、

気持ち悪いと思います。

経験上、意外にも光には寄ってきます。

 

今回のお客様は、

屋根の隙間から天井裏に、

コウモリが侵入する可能性があるので、

通気性も保ちつつ、数か月忌避させる方法で閉塞しました。

 

最近のお家は、一見通気性が悪そうにみえますが、

昔のお家ほどではないものの、

しっかりと通気性は考慮して建てられています。

 

最近、コウモリの相談があると、

ある方法で隙間埋めをするようにしているのですが、

この方法が、使えない場面もあることに気づきました。

 

なんと、ユスリカ が寄ってくるのです

 

驚きました。

コウモリのエサになるユスリカがやって来て、

その周辺で死に絶えます。

コウモリは、死骸を食べないので問題はありませんが、

コウモリが来ないと思ったら、虫がやってくるといった

何と、生態系ってうまく出来ているんだろうと感心しております。

 

というわけで、

このコウモリ対策というのは、まだまだ進化するので、

私たちも日々、新しいことに挑戦していこうと思います。

ちなみに、このアイテムは

コウモリ追い出しスプレーではありません。

プロならではの技でございますので、

今回は、お口をミッフィにさせて頂きます。

 

そのうち、ポロッと出ると思いますので、

ブログは、引き続きお読みくださいませw


 

コウモリご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

※ 新事務所はNTTが通らない地になります。

eo光になるため、フリーダイヤルが

無くなりますことを、深くお詫び申し上げます。

ハト対策に限り全国対応します

2018-09-18

本日の弊社は、京都市左京区、中京区、

滋賀県守山市、野洲市、草津市、大津市の

化学品工場の防虫対策、倉庫の防虫対策、

コウモリ相談、動産処分相談にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

いくら自分の考えが正論であっても、

通用しない相手がいるのをご存じでしょうか?

 

それは、恋人です。

 

なぜかというと、自分の価値観というものは、

他人に押し付けてしまうと、良く思われないからです。

それが、恋人であればかなりの高確率となります。

そして、その男の対応に対して女性は怒るのです。

すると、男性はしょうもない事と捉えるので、

女性の怒る姿を見て、イライラします。

すると、その男性の人間として器の小ささに絶望し別れがきます。

男性は、女性の本質を受け入れる必要があるということです。

 

というわけで、

恋人や夫婦を大切に出来ない人は、

倫理的に、第1位段階からして失格であり、

成功の道は険しいということを覚えておいてください。

夫婦よりは子どもを優先している人は、

順番が逆で間違っていますので注意してくださいね。

—————————————————————————

 

【メインコラム】

今日も、コウモリと屋根裏の糞清掃に対するご相談がありました。

中々高額のお仕事(15万円~20万円)なので、

お見積もりは通りにくいのですが、

作業者は相当な仕事量ですから、中々安くは出来ないのです。

 

屋根裏の清掃で1番大変なのは何かご存じでしょうか?

 

それは、天井の踏み外し事故です。

意外だったと思います。清掃ではないのです。

気を抜いた瞬間、乗ってはいけないところに足を乗せると、

天井に穴が開きます。滑ってもダメです。

しかし、アクロバットな動きをしないと掃除はできません。

 

さて、今日このブログをお読みの皆さまは朗報です。

ベランダ近くに来ていたコウモリが、

ある方法で来なくなったというお話を教えて頂きました。

 

それが、今やちょっと原始的な方法ですが、

CDをぶら下げる方法です。

もちろん、哺乳類ですから効果のバラつきは多々あります。

すごく嫌がるものもいれば、全く効果が無いものもいます。

これは、仕方がないので色々やってみる価値はあります。

 

というわけで、

コウモリ・ネズミなどの哺乳類や

ハトやカラスなどの鳥類の対策を行う時は、

薬剤も機器も効果のバラつきがあることを

知っておくことをおすすめします。

ある一手だけで、仕留めようとせず、

何手か用意して、作戦を組んで行うと良いですね。

 

そして、ドハト(野バト)に対しては

本日から全国対応で窓口を始めることになりました。

鳥害対策のスペシャリストが困ったを助けにお伺いしますので、

ぜひ頼って頂きたいと思います。

—————————————————————————

 

コウモリ・鳥害に関するご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

コウモリ対策お試しあれ

コウモリ・鳥・ネズミ・イタチ限定

2018-09-17

本日の弊社は、滋賀県彦根市、豊郷町、栗東市、甲賀市の

残置物処理、孤独死後の復旧作業及び殺菌消臭、

包材工場・食品工場の防虫防そ対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

皆さん、アマゾン・ゴーをご存じでしょうか?

今年の1月22日にアメリカのシアトルでオープンした

Amazonが出店した無人コンビニです。

スマホひとつで、決済を可能にするオフラインビジネスです。

店内には、駅の改札口のようにスマホをかざして入店します。

そして、商品を取るとスマホ上に表示されます。

一度、体験してみたいなぁと思う美鈴環境サービスの鈴木です。

 

世界のGAFAのひとつ、

巨大小売り店アマゾンが、オンラインだけでなく、

オフラインにも参入するのは分かっていましたが、

こんなに早くカタチにするとは凄いとしか言いようがありません。

これでも1年ほど遅れたのです。

 

これからは、ドライブスルーをはじめ

オンラインとオフラインの面白い組み合わせを持ったお店が

注目されるに違いありません。

当社も通販部門がありますが、恐竜に比べてアリのような存在です。

しかし、情報はしっかりとキャッチして、

小さいながらも通販部門だけではなく、

衛生管理・整理業務も一歩ずつ進化させていきたいと思います。

————————————————————————-

 

【メインコラム】

コウモリにお悩みになられているお客様の中で、

対策依頼が多い部位の1つが、シャッター(鎧戸)です。

このシャッターの格納庫に侵入して巣を作ってしまいます。

この部分は、コウモリや鳥が巣を作る箇所であり、

ダニやノミも発生

してしまうので、結構厄介な場所であります。

 

今回は、高級な電動式シャッターということもあり、

三和シャッターさんにお願いして頂き、格納庫を開いて頂きました。

コウモリが居る場合は、追い出しスプレー(業務用)で追い出し、

消毒を行いますが、生息跡もありませんでしたの、

今のうちに侵入経路の対策を行いました。

 

ゴムラバーとアルミのフラットバーを加工して取り付けました。

少し手こずりましたが、すべてのゴムラバーが

シャッターのスラット(鎧)のように、

うまく収納できたので、大成功でした。

 

ちなみに、食品工場で防虫ブラシを取付した際に、

シャッターが故障したのですが、

故障の原因が防虫ブラシを取り付けたことにより

過剰な負荷がかかったせいだと言われました。

と、いうのを思い出して、

シャッター屋さんに聞いてみたところ、

 

「そんなことで壊れたら、シャッターが売れない」

「防虫ブラシは、医薬・食品工場では当たり前」

 

とおっしゃいました。

 

というわけで、

この出来事があってから、

シャッターにブラシやラバーを取り付けすることを

すべてお断りしていたのですが、

今回のお客様が、設計などをされていた方で、

ある程度は大丈夫だと感じておられたのだと思います。

挑戦の機会を下さり、感謝でございます。

今後は、色んなシャッターに挑戦していきたいと思います。

————————————————————————-

 

コウモリに関するご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

シャッターのコウモリ対策1 シャッターのコウモリ対策2 シャッターのコウモリ対策3 シャッターのコウモリ対策4 シャッターのコウモリ対策5 シャッターのコウモリ対策6

コウモリの糞尿は必ず除去すること!

2018-09-13

本日の弊社は、京都市中京区、山科区、滋賀県彦根市、守山市、

福井県敦賀市、若狭町の空き家の家財処分相談、生前整理相談、

コウモリ対策、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

最近、資産運用の相談という言葉をよく聞きます。

この相談、FP(ファイナンシャルプランナー)が

窓口になっていることがあるのですが、

実は、相談するところが違います。

 

もちろん、FPの先生を全否定するわけではございません。

しかし、資産運用や投資のお話は、その道で苦労し、

今成功している方に聞かないといけません。

しかも、あなたに有益な情報をしっかりとくれる方しか

信用してはなりません。

そもそも、自分で勉強するものだからです。

保険の見直しをしたいのであれば、保険屋さんではいけません。

 

というわけで、

何事も相談するところは、その道を知り尽くしている

セカンドオピニオンの方に尋ねることをおすすめします。

だから私は、全てセカンドオピニオンを目指すために、

目先の売り上げや自身の商品を売るためを先行せず、

「困ったを助ける」これのみで前進しているのです。

———————————————————————

 

【メインコラム】

コウモリの糞尿は、こべりつくと中々取れません。

今回は、洗剤を使って浮かせてから除去を行い、

その後、殺菌も行いクリーンな壁に仕立てました。

 

また、写真のように樋などの周辺に堆積すると、

排水に不備が生じたりしてしまいますし、

皆さんの大嫌いなゴキブリがやってきたりします。

さらに、糞が乾燥して空気中に舞うと、それを吸い込み

ぜんそくやアレルギーの発症にもつながります。

 

というわけで、

コウモリの糞は、二次災害がかなり厄介なので、

棲みにくい対策だけで留まらず、

必ず糞尿の除去もセットで行うことをおすすめします。

 

お医者さんに行って、ぜんそくやアレルギーの原因が

コウモリだと断定できる医者はいませんので、

くれぐれも自己防衛をお願いしたいと思います。

———————————————————————

 

コウモリに関するご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

コウモリ糞除去前1 コウモリ糞除去前2 コウモリ糞清掃1 コウモリ糞清掃2 コウモリ糞除去後1 コウモリ糞除去後2コウモリ糞害1 コウモリ糞害2 コウモリ糞清掃3 コウモリ糞清掃4 コウモリ糞害2-2 コウモリ糞害1-1

コウモリ環境的駆除

2018-09-11

本日の弊社は、兵庫県神戸市、京都市右京区、

滋賀県東近江市、湖南市、近江八幡市、彦根市の

コウモリ対策、サシバエ駆除、ウシアブ駆除、ゴキブリ駆除、

ビジネスマッチング相談にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

中国の火鍋レストランチェーンである会社の株が

一時大きく下落しました。

原因は、スープの中に異物が混入したからです。

 

何が混入したかというと、

体長約5センチのネズミです

 

ある夫婦が、食事中に火鍋の中に入っているのを

見つけたのだそうです。

これからは、日本だけではなく、

どの国も食の安全というものに対して、

かなり厳しくなってくることが予想されます。

そして、騒ぎが大きくなる理由の決定打に、

SNSなどによる公開が挙げられます。

この異物混入事件も、

お客様が動画を公開したことによるものでありました。

 

というわけで、

これからは、規模に関わらず、

飲食店など食品を扱っている会社は、

衛生管理を固定費として、

しっかり枠を持つことをおすすめします。

———————————————————————–

 

【メインコラム】

コウモリが多い時期に入っております。

写真のような造りの場合は、

隙間を埋める方法とは別に、棲み家を無くす方法もあります。

 

木部の解体をすることにより、

棲み家を無くす相談は、あまりございませんが、

今回のお客様では、よい方法だったと思います。

手順としましては、まずコウモリを追い出しました。

約10頭の静止と3頭の屍が確認できました。

 

その後、解体を行い、洗浄と消毒をした後に、

木材の運搬・処分をして終わりです。

コウモリの糞は、衛生上良くない事が、

最近メディアでも取り上げられるようになりましたので、

清掃や消毒のお問い合わせも増えております。

 

というわけで、

コウモリ対策といっても現場ごとに色々とございますが、

最終的にやるべきことは、

コウモリの棲みにくい家にすることであります。

これを、環境的駆除 といいます。

 

この環境的駆除は、コウモリだけに関わらず、

ショートコラムでも上げました

食の安全を保つための対策として、

非常に重要な事でありますので、

定期的に、専門家に見て頂くことをお薦めします。

 

ただいま、予約いっぱいではございますが、

もし、私をご指名頂けるのであれば、

待って頂くことになりますが、

必ずお伺いいたしますので、よろしくお願い致します。

———————————————————————–

 

コウモリ対策や衛生管理に

関するご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

コウモリ対策解体前 コウモリ対策解体後コウモリ対策解体作業1 コウモリ対策解体作業2 コウモリ対策解体作業3 コウモリ対策解体作業4

 

 

運が良ければ1発勝負でケリがつく

2018-09-03

本日の弊社は、京都市南区、左京区、東山区、

福井県敦賀市、滋賀県野洲市、彦根市、守山市、湖南市の

骨董品査定相談、ネズミ駆除、ゴキブリ駆除に

お伺いしました。

 

【ショートコラム】

皆さん、本日9月3日は何の日かご存じでしょうか?

実は、美鈴環境サービス20歳のお誕生日でございます。

偶然のタイミングで、20周年にて新社屋へ移転となります。

 

来るべき時が来た!

このタイミングで移転と考えたのが、たまたま20年目。

私の目標にトリプル100というものがあるのですが、

その1つで、

 

100年続く企業つくり

 

というものがあります。

5分の1が経過したのですが、

さすがに、私が100歳まで生きてもまだ75年です。

初代である父は、

今から11年前の60歳で私に代表を譲りました。

 

私のこれからの仕事は、後継者に遺すものを

築いていくことだと考えております。

それは、自称オート集金システムであります。

ネーミングセンスがよろしくないので、

何だか怪しげに思われるかもしれませんが、

ごくごく真面目に困ったを助けるをコンセプトに

働いて得るものです。

 

世間では、2代目後継者問題で悩んでいる中、

何1つ悩みの無い当社は、それだけが自慢であります。

——————————————————————–

 

【メインコラム】

さて、コウモリさんが多くなるシーズンが到来であります。

なぜ多くなるのかというと、産まれた赤ちゃんコウモリが、

自立して飛び立てる時期に入るからであります。

 

今年は、たくさんのご予約を頂いており、

まだ、お見積もりに行けていないお客さまがあり、

ご迷惑をおかけしています。心からお詫び申し上げます。

 

さて、コウモリが家に居座るパターンですが、

だいたいこの6箇所のチェックをして頂けると良いかと思います。

 

1.換気フードの中

2.雨戸の戸袋やシャッターボックス

3.屋根裏に通じる隙間(通気口を含む)

4.瓦と瓦を乗せる野地板との間に入れる隙間

5.水切りの中

6.エアコンの化粧カバー内

 

高さは関係ありません。

地面から30cmの基礎の上にある水切りであっても

地上から30mの場所であっても棲みつきます。

特にコウモリが好むのが、

トイレや自然給気の小さな換気フードや

縦目のサイディング壁で、屋根裏に入れる隙間です。

 

どのくらいの隙間が侵入するのか?

 

小指が入ったらアウトです

 

10ミリは完全にNGです。

安全に言うならば、

5ミリの隙間は閉塞した方が良いと思われます。

 

というわけで、

コウモリは、わずかな隙間でも侵入し、

安全な箇所で巣作りを行いますので、

数が少ないうちに追い出して、隙間を塞ぐことをおすすめします。

 

でも、これらの作業は高額になります。

そこで、隙間を埋めなくても良い方法がございます。

保証はありませんが、

何度も、小動物専用のスプレーで追い出すことです。

そのうち、引っ越ししてくれます。

運が良ければ1発で引越します。

運が悪ければ・・・。何度もスプレーしなくてはいけません。

 

でも、放置だけは絶対にしないようにしてください。

コウモリの糞による健康被害や害虫などの

二次被害はなかなか手ごわいので注意してくださいね。

——————————————————————-

 

コウモリに関するご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

侵入経路の換気口 侵入経路の換気口にパンチングパネル1 侵入経路の換気口にパンチングパネルの設置2 侵入経路の換気口にパンチングパネル設置3

今の大人と子どもの感染率の違い

2018-08-17

本日の弊社は、京都府亀岡市、向日市、滋賀県長浜市、甲賀市、

大津市の生前相談、ゴキブリ相談、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

【ショートコラム】

売れすぎても、困らない会社がうらやましく思う

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

今年は、皆さんがアイスを愛しすぎて、

販売が追いついていない状況になっております。

猛暑は想定していたものの、酷暑になるとは、

製造工場も思っていなかったということです。

 

商品を用意する時は、基本的に売り切れが無いように、

そして、足りなくなっても倉庫から出せるように

多めに作っておくものです。

しかし、7月の暑さは異常でありました。

これ!何が言いたいのかというと、

当社も小さい会社ながら、同じ現象に陥り出しております。

でも唯一同じでは無い点があります。

それは、大企業ではないので、チャンスはそうそう無いということです。

顧客の期待に応えられなかったら、終わりだと思っていますので、

頑張って参りたいと思います。

—————————————————————————

 

【メインコラム】

今年は、コウモリにお困りのお客様が非常に多いです。

私の気のせいかもしれませんが、

テレビでもコウモリや小動物のお話が多く思います。

メディアで、色々と感染症などの問題点を取り上げており、

皆さまも、恐いイメージが付いてきているのではないかと思います。

 

これらは、決して大げさに言っているのではありません。

特に今の若者世代は、思っている以上に抗菌世代なので、

感染率は、団塊の世代やジュニア世代よりもはるかに高く思います。

 

というわけで、

私たちは、日本に生息する害虫・害獣に対して、

毒系以外は、特に危機感というものを持っていなかったのですが、

今の若者世代くらいから、少し危険度が変わってきているので、

もっと知識をもって、注意喚起を促すことをおすすめします。

 

40代以上の人が子どもの頃に平気だったものが、

今の若者には、何らかの障害となって出ることが多くなっています。

ですから、コウモリが棲みついた屋根裏では、

糞清掃、殺菌消毒を行い、ダニ・ノミ駆除を行うのです。

—————————————————————————

 

コウモリに関する相談は

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

屋根裏コウモリの巣 屋根裏のコウモリの糞清掃1屋根裏の殺菌消毒2 屋根裏の殺菌消毒1屋根裏鉄骨部のコウモリの糞1 (1) 屋根裏鉄骨部のコウモリの糞除去1屋根裏鉄骨部のコウモリの糞2 屋根裏鉄骨部のコウモリの糞除去2

屋根裏や床下がダーティだと危険

2018-08-13

本日の弊社は、京都府亀岡市、京都市北区、滋賀県草津市の

ダニ対策、ゴキブリ駆除、ゴキブリ相談にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

全国夏の高校野球。

滋賀県彦根市の近江高校が、群馬代表の前橋育英にサヨナラ勝ち。

先日の平安高校に次いで、もう感動でお腹いっぱいの

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

チームの目標がベスト8ということで、あと1勝です。

そして、その次に見えてくるのは優勝と

サヨナラヒットを打った有馬さん。

近江旋風、巻き起こして欲しいです。

そして、忘れてはいけません。

パンパシフィック水泳選手権大会では、

これまた滋賀は彦根市出身の笑顔が素敵な

ゆいぽんこと、大橋悠依さん。

なんと!200m個人メドレーでは、大会新。

そして400m個人メドレーも優勝で2冠を達成されました。

 

この酷暑の中、若者が頑張っております。

ミスズマンも勇気をもらえたので、

明日も頑張って体と頭をフルに動かして参ります。

———————————————————————————

 

【メインコラム】

「屋根裏や壁内に溜まっているコウモリの糞を除去し、殺菌消臭をお願いしたい」

 

という依頼の際に、思わぬ事態が勃発することがあります。

それは、鳥の古巣が発見されることです。

 

この鳥の古巣を取り除き、

調べてみると何かしらの昆虫類がいます。

特に、ダニやノミがいることが多く、素手で除去していると、

噛まれて痒くなるので、すぐに分かります。

※良い子は真似しないでください

 

このように、壁に穴が開いたままになっていたり、

エアコンの取り付けが甘く、隙間があったりすると、

このような事態に陥ることが、非常に多くあります。

 

また、自然に排水するための

開口が付いているタイプのエアコンは、

穴を塞ぐことが出来ないので、

コウモリや鳥が入らない目のネットを装着する必要があります。

コウモリは小指が入ったらNGです。

よく1センチあれば入ると言いますが、

1センチ四方以下でも侵入しますので、

分からない場合は、お問い合わせ頂けたらと思います。 ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

今回、ご依頼のあったお客様は、

壁穴の中をスコープで調べてみたところ、

非常に狭い空洞でしたので、ノミの発生箇所に、

マイクロカプセル剤を含浸させたウレタンスポンジを装着して、

駆除後に殺菌消臭で仕上げを行いました。

 

というわけで、

ガスやエアコンなど、壁に穴を開けて設置していたものを

取り外される場合は、業者さんに穴をしっかりと閉めてもらうように

頼まれることをおすすめします。

 

そうしないと、

 

「これくらいの隙間だったら大丈夫だろう」

 

などといった害虫駆除のプロでもない業者が判断をすると、

非常に危険でありますので、

 

「必ず隙間が無いように止めてください」

 

とお願いしてください。

屋根裏や床下は、

必ず皆さんがくつろがれる居住空間とつながっております。

その隙間から、微細片のホコリや浮遊菌、糞が粉々に

なったものが、舞い落ちて、それを吸引してしまいます。

ですから、乳児・幼児・高齢者がお住まいのお家は、

本当に、注意してください。

———————————————————————————

 

屋根裏や壁内トラブルの

ご相談

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

壁内の鳥の巣除去1 壁内の鳥の巣除去2 壁内の殺菌施工1 壁内の殺菌施工2 壁内のダニノミ対策1 壁内のダニノミ対策2 壁穴復旧1 壁穴復旧2

« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ