滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

クレジットカード利用可能

Posts Tagged ‘害獣’

アライグマ追い出し作業

2021-04-09

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。


今日は、昨年お伺いした
アライグマ対策のお話です。

この写真は、1番出入りをしていた箇所で、
ものすごいひっかき傷と足跡です。

玄関上の下屋から色んなところを
ドタバタと走り回るアライグマ親子に
ちょっとお引越しして頂こうと思いまして、
追い出し作業を行いました。

すると、あわてて逃げていきましたので、
その間に、侵入経路となる箇所を
こじ開けられない素材ですべて閉塞しました。

家の周りと屋根をくまなく調査して、
1つずつ行っていきました。

この地域では、アライグマをはじめとした
小動物や動物による作物被害に
合っておられるので、

しっかりとやっておかないと、
再び侵入を許してしまう可能性があります。

作業を終了して、
その後の様子などをお伺いしていますが、
静かな通常の生活に戻られたとお聞きし、
私たちもホッとしています。


新型コロナウイルスにより、
世間的に、お客様も動物系には
ピリピリされています。

この少しばかり神経質に
なられているお客様が正解です。

ウイルスに感染しても、医者は
その正体が動物からの感染などとは、
診断してくれません。

ですから、
対策しておくことをおすすめします。
それが本当の対策です。


食品工場・医薬品工場、
ホテル、ビル、施設の消毒業務、
害虫駆除・害獣駆除のご相談は、
こちらまでお問い合わせください

オンライン診療をはじめました

077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

情報漏洩アブラコウモリ編3

2021-03-18

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。


今日のYouTube動画では、
情報漏洩編

アブラコウモリ part.3

についてお話していきます。
どんどん進化している
アフレコバージョンで学んでください。

今日は、ボクたちの天敵についてのお話です。
モズ・フクロウ・カラスは、
本当に見つかったら怖い存在です。


しかし、モズやフクロウというのは、
民家周辺には棲みついていないので、
安心して、人家の屋根裏に
棲めるというわけです。

じゃあ、カラスはいっぱいいるよね?

と疑問点があがるのですが、
カラスとコウモリは活動時間が逆なので、
かち合うことがなく大丈夫です。

しかも、カラスはコウモリのような
カラダが小さく、肉が少ないものは、
好んで食べないので、ほぼ天敵はいない
と言って良いのではないかと思います。

そこで、1番怖い存在なのは、
人間で間違いないと思います。
住み家を遠慮なく破壊していく人間は、
彼らにとって脅威の何者でもありません。

自然破壊は生態系を崩します
もっと緑を増やして欲しいですね!


食品工場・医薬品工場
その他関連工場、一般宅
コウモリ対策、害虫駆除のご相談は、
こちらまでお問い合わせください

オンライン診療をはじめました

077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

お悩み相談!ビルのクマネズミ駆除

2021-03-17

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。


今日のYouTube動画では、
衛生管理 番外編 Part.49

ビルのクマネズミ駆除


についてお話をしたいと思います。

このお話は、うまく収束した事例ですが、
本来なら、スポットではなく
年間管理が必要なレベルです。

依頼者側、業者側ともに、
どういったことを
理解しておかないといけないのか
ぜひ、最後まで聞いて頂けたらと思います。

依頼があったのは、
ビル8階建ての1階のテナント(花屋)でした。


管理する範囲と要望は、
ビル1棟ではなく、
1階花屋さんの天井裏や壁の中で、
ネズミの足音が聞こえなくなるように
することでした。

動画でもお伝えしておりますが、
管理ではなく、スポット作業で、
収束するというかなり無理難題の要望でした。

実際は、受けない仕事ですが、
不動産屋さんとオーナーさんから、

「収まることもあるのですか?」

という質問を受けたので、

収まることもあるが、約束は出来ない

ことをお伝えした結果、
それでも良いのでやって欲しい
ということでしたので、
お受けすることにしました。

最初は、比較的簡単に捕獲もでき、
お客様のストレスも
すぐに無くなったのですが、

2カ月くらいが経って、
再びクマネズミの運動会が始まりました。
そこで、当初から音がすると言われていた
壁を開いてみたところ、

クマネズミの巣窟


らしき場所が見えたので、
ここに集中して罠を仕掛けてみたところ
うまく収束が出来ました。

このケースは、
1階が原因だったので、
収束ができましたが、
もし、巣窟が他の階だった場合は、
いつまで経っても収まらなかったと思います。

動画でもお話していますが、
ビルの場合、そういった理由で、
ピンポイントの駆除は、
受けられないことがありますことを
ご理解頂けたらと思います。

【通販部門からご案内】

ネズミの忌避剤におすすめ!

トウガラシの辛味成分により、
高い防鼠効果を発揮するラットデンW(水性)


有効成分は食品の一成分であり、
安全性も高いです。ラットデンはコチラ↓↓↓

ラットデンW水性4kg


食品工場・医薬品工場
その他関連工場、一般宅
ネズミ対策、害虫駆除のご相談は、
こちらまでお問い合わせください

オンライン診療をはじめました

077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

突入アブラコウモリ情報漏洩編2

2021-03-12

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。


今日のYouTube動画では、
情報漏洩編

アブラコウモリ part.2


についてお話していきます。
今回も子供に人気の
アフレコバージョンで学んでください。

アブラコウモリの主食は、
ユスリカや蚊の仲間で、
他には作物害虫なども食べてくれます。

食べる量は、意外と大食で、
1日に2gほどを食します。
2gというのは、ユスリカに換算すると、
1000頭に値し、母親の体重は6gくらいなので、
体重の3分の1を食べていることになります。

もし、あなたの体重が60kgだとしたら、
20kg食べていることになります。
これは、大食いの何者でもないと思います。

そして、自然界では大活躍している
コウモリがなぜ嫌われるのかというと、

ウイルスをばら撒く


ことが1番に挙げられます。
特に、今人間界では、
コロナ禍ということもあり、
ウイルスには神経を尖らせています。

他には、ダニやノミを
カラダに付けていることもありますし、
また、糞害が大きくなると、
ゴキブリなども引き寄せる原因になります。

コウモリは、益獣と呼ばれていますが、
最近は、

「コウモリが棲みつかないようにして欲しい」


という依頼が増えてきています。
4月から既に予約が入るくらいなので、
本当に、皆さんピリピリされて
いるんだなぁと思います。

もし、私の家がコウモリに棲みつかれたら、
正直言って、何とか追い出して穴埋めをします。

スズメバチなら放置しますけど・・・。


それくらい糞害被害が起こる虫獣は
私たちプロでも気を付けています。

さて、いよいよシーズン突入です!
トビムシ・ノミバエ・ゴキブリ・
ヘビ・コウモリ・ネズミなど年間管理させて
頂いているお客様は、嫌なシーズンですが、

ミスズマンチームを、
毎月来てくれる強い味方だとも仰ってくれます。


期待を裏切らないように、
今期もがんばります(^^)/


食品工場・医薬品工場
その他関連工場、一般宅
コウモリ対策、害虫駆除のご相談は、
こちらまでお問い合わせください

オンライン診療をはじめました

077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

ハクビシン・アライグマ・キツネ用捕獲カゴ Dtype No.405

2020-12-24

動物がケガをしにくい踏板タイプです。

保護目的での設置に適しています。

より警戒させないために黒色塗装で仕上げています。

 

1.細かいエサも使用できる

2.軽い作動

3.安全に配慮した踏板

 

ハクビシン・アライグマ・キツネ用捕獲カゴ Dtype No.404

2020-12-24

動物がケガをしにくい踏板タイプです。

保護目的での設置に適しています。

 

1.細かいエサも使用できる

2.軽い作動

3.安全に配慮した踏板

ハクビシン・アライグマ・キツネ用捕獲カゴ Dtype No.403

2020-12-24

人間にも動物にもやさしい吊りエサタイプです。

シンプルな形の中にたくさんの機能が詰め込まれています。

より警戒させないために黒色塗装で仕上げています。

 

1.作動の調整ができる

2.大きな動物も逃がさない

3.動物に安全でやさしい

ハクビシン・アライグマ・キツネ用捕獲カゴ Dtype No.402

2020-12-24

人間にも動物にもやさしい吊りエサタイプです。

シンプルな形の中にたくさんの機能が詰め込まれています。

 

1.作動の調整ができる

2.大きな動物も逃がさない

3.動物に安全でやさしい

タヌキ・ヌートリア用捕獲カゴ Dtype No.303

2020-12-24

人間にも動物にもやさしい吊りエサタイプです。

シンプルな形の中にたくさんの機能が詰め込まれています。

より警戒させないために黒色塗装で仕上げています。

 

1.作動の調整ができる

2.大きな動物も逃がさない

3.動物に安全でやさしい

タヌキ・ヌートリア用捕獲カゴ Dtype No.302

2020-12-24

人間にも動物にもやさしい吊りエサタイプです。

シンプルな形の中にたくさんの機能が詰め込まれています。

 

1.作動の調整ができる

2.大きな動物も逃がさない

3.動物に安全でやさしい

イタチ(オス)用捕獲カゴ Dtype No.203

2020-12-24

人間にも動物にもやさしい吊りエサタイプです。

シンプルな形の中にたくさんの機能が詰め込まれています。

より警戒させないために黒色塗装で仕上げています。

 

1.作動の調整ができる

2.大きな動物も逃がさない

3.動物に安全でやさしい

イタチ(オス)用捕獲カゴ Dtype No.202

2020-12-24

人間にも動物にもやさしい吊りエサタイプです。

シンプルな形の中にたくさんの機能が詰め込まれています。

 

1.作動の調整ができる

2.大きな動物も逃がさない

3.動物に安全でやさしい

イタチ(オス)・タヌキ用捕獲カゴ Dtype No.305

2020-12-24

動物がケガをしにくい踏板タイプです。

保護目的での設置に適しています。

より警戒させないために黒色塗装で仕上げています。

 

1.細かいエサも使用できる

2.軽い作動

3.安全に配慮した踏板

イタチ(オス)・タヌキ用捕獲カゴ Dtype No.304

2020-11-15

動物がケガをしにくい踏板タイプです。
保護目的での設置に適しています。

1.細かいエサも使用できる
2.軽い作動
3.安全に配慮した踏板

クマネズミ・ドブネズミ用捕獲カゴ Atype No.103

2020-11-15

特殊なシーソータイプの仕掛けで、たくさんのネズミが一気に捕獲

1.エサはおくだけ
2.ネズミが喜ぶ遊び場付き
3.続けてたくさん入る

ハツカネズミ用捕獲カゴ Atype No.102

2020-11-15

特殊なシーソータイプの仕掛けで、たくさんのハツカネズミが一気に捕獲

1.エサはおくだけ
2.ネズミが喜ぶ遊び場付き
3.続けてたくさん入る

ラットデンW(水性)4kg

2020-10-12

トウガラシの辛味成分により高い防鼠効果を発揮します。
有効成分は食品の一成分であり安全性も高いです。

有効成分がマイクロカプセルと塗膜樹脂に保護されているため、長期安定性をほこります。
咬害防止及び侵入防止として使用できます。

蛇忌避剤 スネークアウェイ 1.8kg

2020-10-08

アメリカEPAで認可されたヘビ、毒蛇に効果のある唯一の忌避剤です。

アメリカEPA(環境庁)で認可された一般ヘビ及び猛毒ヘビに効果のある唯一のヘビ忌避剤です。
人間・ペット等には全く害がなく、少量散布で長期間の効果が保持できます。
環境汚染もない、安全性に優れた製品です。

レイワールド REIWARLD 防鳥器具

2020-10-08

「0羽の世界へ」という思いを込めたステンレスピン使用の防鳥器具です。
低コストで簡単に取り付けが可能になりました。

● 取付方法は、コーキング塗布、ビス止め固定も可能です。
また、カットして長さ・幅の調整もできます。

チューレスねずばんパテ 1kg

2020-10-08

トウガラシの辛味成分を配合した防鼠パテです。
  
トウガラシの辛み成分を配合したネズミ侵入対策用のパテです。
強固な密着性と優れたシール性を持ち、難燃性・不乾性・耐寒・耐熱に優れています。
ネズミは辛み成分が苦手なため、齧って侵入することはありません。

捕鼠粘着シート グルットプロR-Ⅲ 1箱100枚入り

2020-10-08

ドライな床用のネズミ専用捕獲マットです。
一般家屋の押し入れ、冷蔵庫裏、テレビ裏、天井裏、工場、ビル、倉庫、スーパーなど水に濡れていない場所での使用に最適です。

強力な粘着でマットの上を歩いたネズミを捕獲します。
大型のネズミ(ドブネズミ・クマネズミ)も逃しません

虫獣工事を依頼するところは大工さんではありません

2020-10-05

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

10月に入り、急に朝晩冷え込んできました。
いよいよ、虫の発生も下降気味に
なってくるところであります。

しかし、まだ安心は出来ません。

秋虫の次は、ネズミがやって来ます


先日、突然天井裏で
バタバタ走る音がしたということで、
お問い合わせをいただきました。

なぜか、屋根の垂木と垂木の間が
全開になっており、
屋根裏の断熱材が丸見えでした。

その部分を齧らない素材で
閉塞を行いました。

これからは、ネズミ等の小動物は、
暖を取る場所を求めて動きます。

そこで、このような場所があると、
もうココが寝床になってしまいます。

特に、増築された経緯があるお家は、
注意してください。

かなりの確率で、
ネズミが侵入できる穴があります。

建築屋さんは、
雨漏りがないように、
気を付けて工事してくださりますが、
ネズミや虫が入らないようにまでは、
できません。

なぜなら、建築工事と防鼠工事は
全く違うからです。

というわけで、
防虫対策や防獣対策の場合は、
大工さんや建築屋さんではなく、
害虫駆除業者にお願いされることを
おすすめします。

関連動画はこちらです


一般宅や工場関係で
ネズミや小動物にお困りの方、
害虫・害獣防除のご相談は
こちらまでお問い合わせください

077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

排気フードに潜むコウモリを見た!

2020-07-26

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

今、至る所で、
チビクロバネキノコバエ、ノミバエ、トビムシ、
チャタテムシ、ユスリカ、そしてコウモリに
お困りのお客さまが急増しています。

その中でも、
連日コウモリのお問い合わせがあるのですが、
排気フードに営巣するパターンについて
お伝えしたいと思います。

もし、排気フード内に潜むコウモリを
追い出さずに網をしてしまうと、
このようになります。

閉じ込められていたので、
喜んで出てきました。

こういう場合は、外へ逃がしてあげてから、
改めて、網をして作業完了になります。

年々、依頼が増えるコウモリ防除ですが、
私たちは、駆除をせずに追い出して
新たに侵入しないように閉塞するだけなので、
うまく、自然界で食物連鎖が起こって
くれることを願いたいです。

ですから、
コウモリを食べる高次生物が撲滅しないように
自然も大切にして欲しいと思います。

高次生物が棲む山川草木をむやみに
取り壊さないようにして欲しいです。
農業を営む人が減少すると、
田んぼや畑がマンションやアパートに
変わってしまいますし、
インフラが異常に進むと、
山川が取り壊されます。

また少子化のため、学校が廃校になり、
取り壊されると、学校を営巣にしていた
コウモリは、民家へ移動します。

どんどん、棲み家を追いやられている
コウモリは、民家へ棲むしかないのです。

そういったことも
我々人間は知っておく必要があるのではないでしょうか?


コウモリ対策の
ご相談は、
こちらまで
お問い合わせください
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

アブラコウモリの食性と寄生

2020-07-10

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

今日のYouTube動画では、小動物編

アブラコウモリ パート2


をお話しました。

今回も途中でマイクがおかしくなりました。
原因が全く分からず、おそらく故障なのではないか?
という判断をしまして、新たに購入することに
しました。

もうしばらく不快な思いをさせてしまいますが、
引き続き、よろしくお願いします。

 

さて、コウモリの食性は、
ユスリカやガ類、ヨコバイ・ウンカなどです。
恐ろしい数の虫を2時間で食べてしまうのですが、
その数が、すごいのです。

自然界って凄いなぁと思います。

それから、コウモリは
寄生虫を保有しているといわれています。

・肝臓ジストマ(肝吸虫)

・肺臓ジストマ(肺吸虫)


などです。
ベランダや玄関に毎日、糞が落ちているから
これら扁形動物(吸虫)の害に合うかと
いうと、そうではありませんので、
ご安心ください。

しかし、最も恐いのが、

コウモリによるストレスであります。
寝ている時に、枕元の壁の中でガサガサされると
寝不足になってしまい、続いてしまうと、

皆さん
ノイローゼになってしまいます。

というわけで、
コウモリが屋根裏に侵入して、
睡眠時間を阻害される事態が起こってしまうと
かなりストレスがかかってしまいますので、
早めの対策をお願いします。

今の時期は、
幼獣がお母さんの養育期間を受けているので、
時々、高い所から落ちて死んでいることも
あります。

巣になっているお家に関しては、
8月に入ってから(飛べるようになってから)
の作業依頼をおすすめします。


コウモリに
お困りのお客様は

こちらまでご連絡ください
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

アブラコウモリの活動サイクル

2020-07-03

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

本日のYouTube動画では、
新たなカテゴリー小動物対策から

アブラコウモリパート1
(イエコウモリ)


についてお話しております。

今回は、コウモリの簡単なプロフィールを
お話させて頂きました。

まずは、身体の大きさが親指くらい、
侵入可能な箇所が小指くらいだという
ことを覚えておいてください。

よくハウスメーカーさんとトラブルになるのですが、
「この中は仮に入っても屋根裏には入れない」

という言葉を聞いて、閉塞しなかったら
天井裏に入ったということも時々あります。

また、
「こんな隙間は入らないからやらなくていい」

と言われて閉塞しなかったら侵入したということもあります。

あくまでも、
防虫・防獣目線で判断する私たち専門家は、
家をどのように建てたかも分からないですし、
可能性の問題で作業を行います。

ハウスメーカーも
工事は委託だと思います。
実際問題、建築工程において
ずっと立ち会っているかというと
そうではないと思います。

隙間は無い!と言っても
少しくらいはあるのかもしれません。

もし、100%絶対に入らないと言うのであれば、
信用しますが、それ以外であれば、
閉塞をすることをご提案します。

といっても
お客様にご理解を頂いた上でのこととなりますので、
後で、追加料金がかかることを承知の上ならば
良いと思います。

というわけで、
今回は、主にアブラコウモリのプロフィール、
活動サイクルについてお話しました。

次は、食性や寄生について
お話していきたいと思いますので、
楽しみにしていてください。


アブラコウモリなど小動物で
お困りのお客様は

こちらまでご連絡ください
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

屋根裏の消毒

2020-06-28

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

6月に入り、湿度も高くなり
じめじめした毎日が続いております。

屋根裏で、ねずみなどの小動物が死んでしまうと、
すぐにハエがニオイを感知し、卵を産みに
やってきます。

先日は、ネコが天井裏で死んでしまい、
ハエの蛆(うじ)が天井の隙間から
ポロポロと落ちてくる状態が起こりました。

早急に、ハエの蛆(うじ)の回収と
掃除を行い、消毒を行いました。

天井に染みついてしまったニオイの素は、
お客様の了承を得て、削って取り除いていきます。
この作業が、今の時期、非常に体力がいるので、
大変であります。

屋根裏に入れる限りではありますが、
作業を行い、すべて終わりましたら、
消毒を行います。

時々、戸建てのお家で、ネコが侵入するくらいの
大きな隙間が生じている場合があります。

このままにしておきますと、
ネズミが侵入して、それを追いかけて
イタチが一緒に入ってくるということも
よくありますので、すぐに対処しましょう。


害虫駆除・ねずみなどの
害獣防除の
お問い合わせは、

こちらまでご連絡ください
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

 

 

ニホンマムシの活動時期に入ります

2020-06-23

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

今日のYouTube動画では、
爬虫類の代表選手 

ヘビについてお話したいと思います。

皆さんヘビと言えば、
どんな種類がいるかご存じでしょうか?

アオダイショウ、シマヘビ、
ニホンマムシ、ハブ、ヤマカガシ、コブラ、
ガラガラヘビ、ブッシュマスター、ブラックマンバ、
ウミヘビ、ボア、ニシキヘビ、アナコンダなど

たくさんいますよね。

では、日本の毒蛇といえば・・・

ニホンマムシ、ハブ、ヤマカガシですよね。
そんな中でも1番遭遇する可能性の高い
マムシについて学んでみたいと思います。

ニホンマムシの全長は、
40~80cm 意外と短いヘビです。

体色は、淡茶色~黒褐色 個体差によって違います。
図鑑を見て、色で覚えないようにしてください。
大きな丸型に点の迷彩色で
銭形模様を有しているので、
比較的分かりやすいヘビです。

頭は、幅が広い三角形をしているのですが、
例えば、頭の丸いヘビを見たときに、
この頭が三角形なのかどうか・・・💦
ちょっと難しいかもしれません。

なので、模様をざっくり覚えた方がいいと思います。

さて、成長サイクルですが、
妊娠期間は約1年で産仔数5~15頭
(2・3年に1度)
8月~10月に5・6頭の幼蛇を産みます。

住まいは、水田、川、やぶ、森林、草むら、
土手、石垣ですので水辺に注意してください。

マムシにもし噛まれたらですが、
とにかく早く病院に行くことが大切です。

噛まれた時はとにかく冷静になりましょう。
又、血清を持っている病院を調べておき、
出来る限り20分以内で治療しましょう。
走ってでも早い方が、軽症で済みます。

 

最期に、

先日も、お話したと思うのですが、
今、新型コロナの影響でネズミが
民家へ引っ越ししてきています。

すると、天敵のヘビも
やって来るかもしれませんので、
くれぐれも玄関を開けっぱなしに
しないようにしてください。


害虫駆除・ねずみ害獣防除
お問い合わせは、

こちらまでご連絡ください
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

コウモリの侵入生息工事は注意

2020-06-07

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

5月くらいから活発に動き出した

アブラコウモリ(イエコウモリ)


空飛ぶ哺乳類、菌の運び屋が家の天井裏で
棲み付いたり、休憩場所に選んだりして
困らせています。

まず、お問い合わせの内容で多いのは、

➀玄関やベランダにコウモリのフンを落とされる

②屋根裏や壁内でガサゴソ音がする(動いている)

③家の中にフンを落とされる(時に入ってくる)

この3点であります。

屋根裏や壁内の場合は、
生息しているコウモリを外へ追い出し、
速やかに、侵入可能な箇所を閉塞し、
糞の清掃と消毒を行います。

玄関や窓レール・網戸などのピンポイントに
フンを落とすまたは付着させる場合は、
追い出し機を設置します。

この追い出し機は、機器が高額のため、
レンタルサービスで行っています。
※ただし構造によっては、設置出来ない場合があります。

コウモリの防除は、
一般からのお問い合わせのほかに、
建築会社やハウスメーカーからの
お問い合わせがあるのですが、
最も注意をしなければいけないのが、

当社の思い通りに
させてもらえない場合です


これどういうことかと言いますと、
当社(プロ)目線では、
コウモリの侵入が可能だと思っていても、

相談者が「ここからは入れない」


と言い切る場合です。

しかし、結局侵入を許してしまい、
お客様に迷惑をかけてしまうのです。

というわけで、
コウモリの防除は、
建築会社やハウスメーカーの担当者が

「侵入できる隙間は無い」

と言っても、
建てたのは、その方ではありませんので、
慎重に判断することをおすすめします。

「絶対にそこからは入らないですか?」

と聞いてみて、

「絶対入らない」

と言い切ったら大丈夫だと思いますが、

「たぶん・・・」「・・・だと思う」「・・・のはず」

と返ってきたら、念のために閉塞することをおすすめします。

※写真は、アブラコウモリが休憩しているところ


コウモリや害獣
害虫駆除・ねずみ害獣防除の
お問い合わせは、

こちらまでご連絡ください
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

ミスズマン VS クマ太郎(クマネズミ)

2020-05-21

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

虫の多い季節に突入し、
連日、シロアリ・チョウバエ・ノミバエ・ネズミ、
また戸建ての防虫ネットや会社さんの防虫対策、
営業前のリセット消毒のお問い合わせも頂いております。

遠方では、千葉県や神奈川県、岡山県、香川県と
ご対応できない案件もありますが、お声かけてくださり、
誠にありがとうございます。

さて先日、ネズミ駆除にお伺いしているお客様宅で
暗視カメラにアクションがありました。

大屋根の軒先から、
クマネズミのクマ太郎がひょっこりはん。
(あまりにも憎くあだ名を付けることに!)
こやつ、下に降りずにここまででストップ!

この先の動きは、また中へ戻るという
少し難解なケースに陥りました。
今週にこの箇所以外の隙間は、
閉塞してしまう計画であります。

さて、クマ太郎(クマネズミ)にとって、
残る出入り可能な箇所はこの部分だけとなります。

そこで、ここへ降りるために、
また上る時に利用している雨樋に
仕掛けをしてみることにしました。

異物反応を起こさなければ良いが・・・。

もし、異物反応を起こしたら、
ここへは降りてこないことになります。

「あれ、いつもと違ってなんか置いてある」

と思われたら負けです。
でも、今回は負けでも構いません。
ストレスを与えることが目的です。

降りなければ、水を飲みに外へは出られませんから。

この現場!なぜ苦戦しているかというと、

➀屋根裏を覗く戸袋や点検口が無い
②屋根裏が狭い
③隙間が無いくらい断熱材が敷き詰めてある


十分な対策が出来ないのです。
点検口を作成して、点検口の周辺の断熱を取り、
その開いたスペースに仕掛けをするという、
中々駆除側からすると捕獲が難しいことが
予測される状況下での仕事となります。

毒餌は使えない環境下にある。
追い出す機械は設置できない。

いよいよ!ミスズマンの本領発揮であります。

ミスズマンVSクマ太郎(クマネズミ)


また、進捗あれば報告します!


一般宅、工場・飲食店の
ネズミにお困りのお客様は
こちらまでご連絡ください
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

 

コウモリとコロナの関係は

2020-04-03

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。
よろしくお願いします。

いよいよコウモリ駆除と消毒のお問い合わせが
入ってきました。
冬場は大人しくしていたイエコウモリ(アブラコウモリ)も
ユスリカなどの大好物が多くなってきたので、
外へ飛び出してきます。

コウモリと言えばコロナ?

とおっしゃる方が多くいらっしゃいます。
今まで中国でウイルスが発症すると
真っ先に媒介者に浮上するのが、

コウモリ

なんです。私は、中国のことをよく知りませんが、
コウモリを食べるのでしょうか?(-_-;)

コウモリは、唯一空飛ぶ哺乳類と呼ばれております。
何故か分かりませんが、

ウイルスは、
コウモリの体内で過ごしやすい

とある新聞でも掲載されていました。
新型コロナの怖さはもう皆さんお分かりだと思います。

当社が今、気になっているのは、
そのウイルスを持ち運ぶ媒介者です。

小動物や害虫から人への感染は絶対に無いのか?
という点です。

これは、証明が出来ないのです。
いえ、出来ないのではなく、
証明するに至るまでは、

「虫から人・小動物から人は問題ないのか?」と

誰かが第一声を上げて初めて検査の必要性を
討論するのです。

駆除をする我々も、命の危険があるのかもしれません。
よく何事もリスクは付きものと言いますが、
問題点の検討はしないといけません。

日本製コウモリは、
今のところコロナウイルスを
持ってはいないと思いますが、
早く、コロナウイルスが収束してくれないと
媒介者が増える可能性もあるのかと思うと心配です。

というわけで、
明日から、コウモリ駆除・イタチ駆除・ネズミ駆除
そして殺菌消毒のセットでお伺いする現場が
増えて参りますので、安全第一に頑張っていこうと思います。

コウモリ駆除&消毒の
お問い合わせは、
こちらまでご連絡ください↓
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ