滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

クレジットカード利用可能

Posts Tagged ‘コウモリ’

コウモリ侵入経路閉塞作業

2022-06-20

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。


今日は、一般宅の
コウモリ対策にお伺いしました。


この時期は、コウモリにお困りの
お客様からのご相談が非常に多くなります。

6月~7月といえば、
雌コウモリが1頭を出産する
コウモリにとっては、おめでたい季節なのです。

※2~3頭説もありますが、
ほとんど1頭といわれています。


生まれたばかりの幼体コウモリは、
お母さんのそばにずっと一緒にいます。

それから約45日を経過すると、
自身で活動できるようになり、
頑張って飛ぼうとしますが、

最初の方は、非常にぎこちなくて
ちょっと勇気を出している感が
伝わってきてかわいいです。


コウモリは、わずか10mmあれば
侵入してしまいます。


なので、通気性も確保しながら、
部材を考えて閉塞を行っていきます。

さらに、こんなところがよく狙われます。



最近の建売のお家は、
このような通気口が多いのですが、

コウモリが飛翔している地域では、
よく狙われてしまうので、
このような工事が多発しております。

もし、コウモリにお困りの場合は、
美鈴環境サービスまでご連絡頂けたらと思います。

困ったのワンストップサービスを提供しております。


食品工場等の工場関係、
施設、ホテル、一般宅等で
でコウモリにお悩みの際は、
美鈴環境サービスまでお尋ねください


その他害虫相談など
ZOOMオンライン診療も承っております
ご希望の方は、お問合せフォームまたは、
077-576-8222まで!
(1時間5,000円)


こち
らは、美鈴環境サービスの
おすすめ殺虫剤や資材が購入できる
未来につながるお買い物
通販サイトMiraiSです ↓

未来につながるお買い物通販サイトMiraiSミライズ

077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

コウモリの忌避塗料ってあるの?

2022-06-12

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。


先日は、コウモリのお困りのお客様宅に
お伺いし、屋根裏の糞清掃と侵入口の
閉塞作業を行いました。


コウモリ対策のご依頼は年々増加傾向にあります。
ご相談の中で、一番悩ましいのが、

屋根裏には入っていないが、
糞だけを落とされるのが嫌なんです。
糞が落ちないようにして欲しい。


というご相談です。
メーカーも色々開発していますが、

これを設置すれば、、、
これを塗れば、、、


というものは今のところ私たちは知りません。


ですが、あるお客様宅に訪問した際に、

コウモリが寄り付かない塗料


を塗ってもらったとのお話を聞いたのです。
以前もお伝えしましたが、
結局1年でコウモリはやってきました。


今、いろいろな商社やメーカーに
あるコウモリ忌避剤を作っていただけるように
お願いしている状況です。

なので、完成次第
情報提供したいと思いますので、
このホームページにブックマーク
して頂けたらと思います。


食品工場等の工場関係、
施設、ホテル、一般宅等で
コウモリ・小動物でお悩みの際は、
美鈴環境サービスまでお尋ねください


その他害虫相談など
ZOOMオンライン診療も承っております
ご希望の方は、お問合せフォームまたは、
077-576-8222まで!
(1時間5,000円)


こち
らは、美鈴環境サービスの
おすすめ殺虫剤や資材が購入できる
未来につながるお買い物
通販サイトMiraiSです ↓

未来につながるお買い物通販サイトMiraiSミライズ

077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

イタチの侵入経路変更

2022-06-09

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。


先日は、イタチにお困りの
お客様宅にお伺いしました。

2年前に、お伺いした際に、
暗視カメラを設置調査し、
イタチが侵入していた箇所を
突き止めましたので、
閉塞して一件落着と思いきや、
また屋根裏に現れたのでしした。


まさか・・・と思い、
2年前の閉塞箇所が壊されていないか
確認しましたが、異常はありませんでした。

 

となると、よっぽどこのお家の
意心地が良いのでしょう。

違う所から新たに侵入したと思われます。


はっきりと目視確認が出来なかったのですが、
もうこの部分しか無いというところを
閉塞工事しました。

 

 

あとは、経過観察であります。


2年前にお伺いして、ずっと大丈夫でしたが、
屋根裏で走ったということで、

責任施工(無料)


で行いました。

美鈴環境サービスの
ネズミ・イタチ等の小動物対策は、

人為的もしくは天災以外で
閉塞箇所が破損しない限りは、
ほぼ永久に外れることは
ありませんので、

今回のような止まっていない箇所は、
当然、無償での対応となります。

というわけで、
もし、小動物等にお困りの際は、
美鈴環境サービスまでご連絡頂けたらと思います。
困ったのワンストップサービスを提供しております。


食品工場等の工場関係、
施設、ホテル、一般宅等で
イタチ・小動物でお悩みの際は、
美鈴環境サービスまでお尋ねください


その他害虫相談など
ZOOMオンライン診療も承っております
ご希望の方は、お問合せフォームまたは、
077-576-8222まで!
(1時間5,000円)


こち
らは、美鈴環境サービスの
おすすめ殺虫剤や資材が購入できる
未来につながるお買い物
通販サイトMiraiSです ↓

未来につながるお買い物通販サイトMiraiSミライズ

077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

 

ノコギリヒラタムシを大量に捕獲する方法

2022-04-14

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。


今日は、

衛生管理 番外編94
ノコギリヒラタムシを
大量に捕獲する方法


についてやっていきたいと思います。

 

 

今日は、食品害虫の一種である
ノコギリヒラタムシです。

現状、トリオスという
集合フェロモンと食物誘引物質を
使用したノコギリヒラタムシ専用の
トラップもあるのですが、
別の方法でも捕獲できることが、
現場で分かりましたので、
お伝えしたいと思います。

このトリオスと併用すれば、
大被害を抑えられると思います。


その方法とは、名付けて、

ライトラットトラップ作戦


です。但し、設置方法には条件があります。
まず、ライトトラップですが、
色んなタイプがございますが、
このノコギリヒラタ捕獲作戦では、
床に置くタイプ限定です。

そして、その周りに
ネズミ捕りマットを設置します。
これで、準備完了です。


YouTube動画では、
絵を描いて説明しておりますので、
またご参考頂けたらと思います。


でも、くれぐれも製造エリアの
ライン周辺には寄せないように、
遠ざけるように設置してください。


食品工場など関連工場で
防虫対策
にお困りの際は、
美鈴環境サービスまでお尋ねください


その他害虫相談など
ZOOMオンライン診療も承っております
ご希望の方は、お問合せフォームまたは、
077-576-8222まで!
(1時間5,000円)


こちらは、美鈴環境サービスの
おすすめ殺虫剤や資材が購入できる
未来につながるお買い物
通販サイトMiraiSです ↓

未来につながるお買い物通販サイトMiraiSミライズ

77-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

コロナとコウモリの親密な関係

2022-02-18

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

今日は、

衛生管理 番外編その87
コロナとコウモリの親密な関係


についてお話したいと思います。

 

 

新型コロナウイルスの誕生には,

コウモリのウイルスが
関係しているというお話は
以前でもお伝えしたと思いますが、

 

昨年2021年12月26日の
日本経済新聞のサイエンスという
記事に特集が組まれていましたので、

今日は、そこから一部
抜粋してお伝えしております。


2003年にMARSコロナウイルスが
世界30か国を超える地域で拡がり、

その後も中東の方で、
MERSコロナウイルス

そしてアフリカで、
致死率最大90%といわれた
エボラ出血熱

そして東南アジアで発生した
40~75%致死率のニパウイルス

世界各地で発生した発症後は、
ほぼ100%と言われた狂犬病

マールブルグウイルスは、
サルから人間を介して感染する
もので致死率最大88%


他にも病原性がないタイプを含めて
2016年時点で5629タイプのウイルスが
コウモリから見つかってるそうです


では、コウモリが
なぜ、ウイルスを保菌できるのか?


どうやら、

・特異体質である点
・暮らしの背景


にあるそうです。

そのあたりは、動画の方で
詳しくお伝えしておりますので、
ご興味のある方は
視聴してくださればと思います。


人間がコウモリのように、
昼夜で体温が変われば、免疫力が
強くなるのかもしれませんが、
そんなことは不可能です。

逆に変動すると
すぐに病気になるのが人間です。

今、パンデミックとなっている
コロナウイルス対策は、

コウモリのように、
よく食べてよく寝て、運動もして、
無駄なエネルギーを使わないことで、
自己免疫力が付けられるのだと思います。


自分の体内で製造するワクチン


これが何よりも効果があるのでは
ないかなぁと考えています。


食品工場や関連工場、
一般宅・施設などの
害虫害獣・ウイルス対策
にお困りの際は
美鈴環境サービスまでお尋ねください

ZOOMオンライン診療も承っております
ご希望の方は、お問合せフォームまたは、
077-576-8222まで!
(1時間5,000円)


こちらは、美鈴環境サービスの
おすすめ殺虫剤や資材が購入できる
未来につながるお買い物
通販サイトMiraiSです ↓

未来につながるお買い物通販サイトMiraiSミライズ

77-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

コウモリと感染症

2022-02-02

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。


今日は、新型コロナウイルスの誕生に
コウモリが関わっているという説について
お話したいと思います。

2003年に世界を驚かせた
SARSウイルス(重症急性呼吸器症候群)
の時もコウモリ起源説がありました。

ほかにも、

SARS(30か国に拡がり問題)
MERS(中東地区  ヒトコブラクダ)
エボラ(アフリカ 致死率最高90%)
ニパ(東南アジア 致死率40~75%)
狂犬病(世界各地 発症後は致死率100%に近し)
マールブルグ(ドイツ サルから人へ 致死率最大88%)

などひょっとしたら
まだ解明されていないものも
あるかもしれない。


コウモリは、
ウイルスを貯めることができる
という話は以前のブログや動画でも
お話しました。

まだはっきりとは解明されていないが、
コウモリの特異な体や暮らしぶりが
影響しているのではないかと考える
専門家が多いそうです。

さらに、コウモリは世界で
100種以上が生息していて、
その数哺乳類の4分の1を占め、
寿命も20~30年生きるとも
言われています。

ウイルスを保有しているのに、
コウモリはウイルスに感染しないのは、
特異な体質が武器となっている。

とてもじゃないが、

昼夜で体温を大きく変える


なんていうのは、
人間には真似できない技。

ちょっと面白い記事が昨年に出ていたので、
この続きはYouTubeのミスズマンチャンネルで
やっていきたいと思います。


食品工場や関連工場、一般宅の
コウモリ対策
にお困りの際は
美鈴環境サービスまでお尋ねください

ZOOMオンライン診療も承っております
ご希望の方は、お問合せフォームまたは、
077-576-8222まで!
(1時間5,000円)


こちらは、美鈴環境サービスの
おすすめ殺虫剤や資材が購入できる
未来につながるお買い物
通販サイトMiraiSです ↓

未来につながるお買い物通販サイトMiraiSミライズ

77-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

今年最後のコウモリ対策施工

2021-12-04

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。


今日は、先日お伺いしました
コウモリ駆除のお話です。
まだ糞は落としているところもありますが、
おそらく、そろそろ冬眠に入ると思われます。
コウモリ駆除も今年最後なのでは
ないかとも思います。


この時期に屋根裏で潜むコウモリを
追い出すのは、少々かわいそうなのですが、
お客様からのご依頼なので、仕方なく・・・。

しかしながら、温かいところへ
潜んでいるので、追い出し剤がその場所に
行き渡るのかも気になりつつ行っています。

ここのお家は、
大きな開口部があり、コウモリだけではなく、
動物も侵入できるようなスペースがありました。


年々、コウモリのご依頼が増えております。

元々は、林や森に棲んでいたが、
切り開かれて、住むところが無くなり、
イエコウモリとなりました。

コウモリは、今騒がれている
コロナウイルスの媒介者としても
挙げられています。

まだまだ、謎の多いコロナウイルスですが、
コウモリからハクビシンなどの動物を経て、
人間に感染したという説もあります。

そういったこともあり、コウモリは
鳥獣保護法に守られているが、
虫を食べている益獣とも言われるが、

その一方、ウイルスにとって
棲み心地が良い体内で、
空飛ぶウイルスの運び屋としても
注目されていますので、
もし、コウモリにお困りの際は
美鈴環境サービスまでお問い合わせください。

困ったのワンストップサービスを提供しております。


食品工場などの工場関係、
飲食店、店舗、一般宅で、
コウモリにお困りの際は、
美鈴環境サービスまでお尋ねください。

オンライン診療もはじめました


こちらは、美鈴環境サービスの
おすすめ殺虫剤や資材が購入できる
未来につながるお買い物
通販サイトMiraiSです ↓

未来につながるお買い物通販サイトMiraiSミライズ


077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

この屋根はコウモリに注意

2021-11-16

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。


今年のコウモリ対策もフィナーレに
近づいて参りました。

瓦部分の隙間を営巣するコウモリは、
ひどい場合、恐ろしい数が出てきます。

 


瓦屋根でこのような形になっている場合、
コウモリだけではなく、イタチなどの
小動物が侵入できる隙間が
開いている場合もあります。

小動物の侵入閉塞に使用するものは、
アルミやステンレス商材を使用した方が
良いので、今回のように封鎖しました。


そして、大屋根の隙間ですが、
このようなタイプは意外と手間暇がかかります。

当社は、足場を組んでの作業はもちろん、
高所作業車での閉塞作業など、
あらゆる場面でも行う事がかのうですので、

もし、コウモリでお困りの際は、
美鈴環境サービスまでお問い合わせ
頂けたらと思います。


今年も、予約で聞いているお客様は、
残すところ1件となりました。

来年のご予約もすでに頂いております。
先着順で対応して参りますので、
ご余命の際はお早目にどうぞ


食品工場などの企業様、一般宅で
コウモリにお困りの際は
美鈴環境サービスまでお尋ねください

オンライン診療もはじめました


こちらは、美鈴環境サービスの
おすすめ殺虫剤や資材が購入できる
未来につながるお買い物
通販サイトMiraiSです ↓

未来につながるお買い物通販サイトMiraiSミライズ


077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

コウモリの侵入対策および糞清掃

2021-11-09

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。


今年のコウモリ対策における予約も
そろそろ数少なくなってきました。

今日もたくさん溜まった糞を
お掃除してきましたので
お話をしたいと思います。

 

大きなゴミ袋にいっぱい溜まりました。
昔からコウモリの糞は肥料にすると
良いとも聞いていたので、
密かにもったいななぁ~とも思います。

今後は、コウモリの糞も使い道を
考えていきたいです。

 


コウモリがよく隠れる換気口は、

時には、ここを営巣箇所にするので、
対策を講じる必要あります。


 

パンチングパネルを利用して、
閉塞していきます。


そして、最後は消毒をして終了します。

 


コウモリ駆除も今年の予約はあと数件です。
これから冬眠シーズンに入るので、
ご依頼はまた来年でしょうか?

毎年、春先からご予約が殺到するので、
お問い合わせはお早めにお願いします。


食品工場などの企業様、一般宅で
コウモリにお困りの際は
美鈴環境サービスまでお尋ねください

オンライン診療もはじめました


こちらは、美鈴環境サービスの
おすすめ殺虫剤や資材が購入できる
未来につながるお買い物
通販サイトMiraiSです ↓

未来につながるお買い物通販サイトMiraiSミライズ


077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

エアコンからコウモリが出現

2021-10-06

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。


今日は、エアコンの中からコウモリが出現し、
糞害および、部屋中に飛び回って
お困りのお客様からご連絡があり、
対策にお伺いしました。


まず、エアコンのガスを室外機に戻し、
エアコンを取り外せる状態にします。

その後、ドレンホースの穴に
スリーブが入っているか確認して、
入っていない場合は取り付けて、

壁の中からエアコン内に
侵入できないようにします。
※今回のお客様は、付いておりませんでした。


写真のように、ホース穴には、
コウモリの糞がたくさんありましたので、
清掃除去そして消毒を行います。

 

今回は、コウモリがエアコンを
出入りしていましたので、
当然、エアコン内にも糞がありました。

お客様もこのままだと、
エアコンを使う事が出来ないので、

「エアコン清掃もお願いしたい」


ということでしたので、
分解洗浄を行いました。

 


今回のように、コウモリが
エアコンを出入りしている場合は、
エアコン洗浄が必須となります。


かなり衛生上悪く、
コウモリの乾燥した糞などを
エアコンの風と共に出しますので、

もし、このような場合は、
早急にお近くの専門業者に
お問い合わせされた方が良いと思われます。


食品工場などの企業様、一般宅で
コウモリ対策でお困りの際は
美鈴環境サービスまでお尋ねください

オンライン診療もはじめました


こちらは、美鈴環境サービスの
おすすめ殺虫剤や資材が購入できる
未来につながるお買い物
通販サイトMiraiSです ↓

未来につながるお買い物通販サイトMiraiSミライズ

077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

コウモリの引っ越し

2021-07-15

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

今日は、地元のコウモリ対策にお伺いしました。

その前に、
本日7月15日の産経新聞滋賀版に
1面掲載して頂けました。

産経新聞社の記者の方に
感謝申し上げます。


困ったを助けるミスズマンチームを
今後ともよろしくお願いします。


今日は、コウモリ対策として、
足場を組んで、追い出しを行い、
開口部の閉塞を行いました。

6月・7月の今時期のコウモリは、
出産している可能性があるので、
赤ちゃんコウモリは、
出て来ない可能性も考えられます。

コウモリ対策というものは、
行うタイミングが、
本当に難しいのですが、

保護獣を守ることも大切なので
出来るだけストレスがかからないように
行う必要があります。


出産する前はなかなか動かないし、
出産してからが良いのか?

赤ちゃんコウモリが
母親から離れる秋頃まで待つのか?

でも秋は、
コウモリが一番多い時期です。
お客様のストレスはMAXになります。

コウモリも守らないといけないし、
ご相談者も守らないといけないし、
つらいものです。

でも今回、
コウモリも引っ越ししてくれたし、
お客様の困ったを助けることも
出来ましたので安心しました。


【コウモリの関連動画はこちら】


食品工場などの企業様、施設、
店舗、一般宅のコウモリ対策は
美鈴環境サービスまで

オンライン診療もはじめました


こちらは、美鈴の通販サイト新MiraiSです ↓

未来につながるお買い物通販サイトMiraiSミライズ

077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

足場のコウモリ対策は安心安全

2021-05-08

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです

 

先日は、コウモリ対策にお伺いしました。
毎年、コウモリにお悩みになられていた
お客様より昨年からご予約をいただき、

活動する時期を待って、
追い出し及び侵入経路の閉塞作業を実施しました。

 

今回は、足場を設置しての
作業となりましたので、
少し高額にはなりましたが、

施工側としては、
安全で作業が出来るだけではなく、
しっかりと閉塞作業が出来るので、
安心を提供できる(収束する)
ことが出来ました。

これは、お互いにとって良いことだと考えます。

もちろん、高所作業車やハシゴでの作業も
安全に出来る時がありますが、
足場が必要なのに、高額だからと言って、
お客様に気を使い、危険な作業になると、
十分な対策が出来ないかもしれません。

基本的には、
足場を組まずに行えるように考えるのですが、
十分に閉塞作業が出来ない場合は、
足場を組んででの提案をさせて頂いております。


さて、追い出しスプレーをすると、
ひょっこりとかわいい顔を出し、
新たな棲み家を求めて飛んでいきました。

 

コウモリが侵入可能である箇所を、
1階から大屋根の部分まですべてチェックし、

通気もしっかりと確保した上で、
閉塞作業も無事終わりました。

これで、ガサガサ音で、
睡眠不足やイライラ感も無くなり、
糞害による全く不要なストレスに
悩まずにお過ごしになられます。


まさかの健康被害に陥りますので、
もし、コウモリにお悩みになられている
お客様はご一報いただけたらと思います。

コウモリに関するミスズマンチャンネル動画はこちら

コウモリ対策のご相談は
美鈴環境サービスまで
お問い合わせください

困ったのワンストップサービスを
行っております

食品工場・医薬品工場・一般宅の
オンライン診療をはじめました

こちらが、美鈴の通販サイト 新MiraiSです ↓

未来につながるお買い物通販サイトMiraiSミライズ

※少しずつ商品アップと引越作業、ページの修正行っています。

077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

情報漏洩アブラコウモリ編3

2021-03-18

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。


今日のYouTube動画では、
情報漏洩編

アブラコウモリ part.3

についてお話していきます。
どんどん進化している
アフレコバージョンで学んでください。

今日は、ボクたちの天敵についてのお話です。
モズ・フクロウ・カラスは、
本当に見つかったら怖い存在です。


しかし、モズやフクロウというのは、
民家周辺には棲みついていないので、
安心して、人家の屋根裏に
棲めるというわけです。

じゃあ、カラスはいっぱいいるよね?

と疑問点があがるのですが、
カラスとコウモリは活動時間が逆なので、
かち合うことがなく大丈夫です。

しかも、カラスはコウモリのような
カラダが小さく、肉が少ないものは、
好んで食べないので、ほぼ天敵はいない
と言って良いのではないかと思います。

そこで、1番怖い存在なのは、
人間で間違いないと思います。
住み家を遠慮なく破壊していく人間は、
彼らにとって脅威の何者でもありません。

自然破壊は生態系を崩します
もっと緑を増やして欲しいですね!


食品工場・医薬品工場
その他関連工場、一般宅
コウモリ対策、害虫駆除のご相談は、
こちらまでお問い合わせください

オンライン診療をはじめました

077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

突入アブラコウモリ情報漏洩編2

2021-03-12

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。


今日のYouTube動画では、
情報漏洩編

アブラコウモリ part.2


についてお話していきます。
今回も子供に人気の
アフレコバージョンで学んでください。

アブラコウモリの主食は、
ユスリカや蚊の仲間で、
他には作物害虫なども食べてくれます。

食べる量は、意外と大食で、
1日に2gほどを食します。
2gというのは、ユスリカに換算すると、
1000頭に値し、母親の体重は6gくらいなので、
体重の3分の1を食べていることになります。

もし、あなたの体重が60kgだとしたら、
20kg食べていることになります。
これは、大食いの何者でもないと思います。

そして、自然界では大活躍している
コウモリがなぜ嫌われるのかというと、

ウイルスをばら撒く


ことが1番に挙げられます。
特に、今人間界では、
コロナ禍ということもあり、
ウイルスには神経を尖らせています。

他には、ダニやノミを
カラダに付けていることもありますし、
また、糞害が大きくなると、
ゴキブリなども引き寄せる原因になります。

コウモリは、益獣と呼ばれていますが、
最近は、

「コウモリが棲みつかないようにして欲しい」


という依頼が増えてきています。
4月から既に予約が入るくらいなので、
本当に、皆さんピリピリされて
いるんだなぁと思います。

もし、私の家がコウモリに棲みつかれたら、
正直言って、何とか追い出して穴埋めをします。

スズメバチなら放置しますけど・・・。


それくらい糞害被害が起こる虫獣は
私たちプロでも気を付けています。

さて、いよいよシーズン突入です!
トビムシ・ノミバエ・ゴキブリ・
ヘビ・コウモリ・ネズミなど年間管理させて
頂いているお客様は、嫌なシーズンですが、

ミスズマンチームを、
毎月来てくれる強い味方だとも仰ってくれます。


期待を裏切らないように、
今期もがんばります(^^)/


食品工場・医薬品工場
その他関連工場、一般宅
コウモリ対策、害虫駆除のご相談は、
こちらまでお問い合わせください

オンライン診療をはじめました

077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

情報漏洩アブラコウモリ編1

2021-03-09

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

※clubhouseのアカウントは@misuzumanです。
今後、害虫でお悩み相談室を開く予定です。


今日のYouTube動画では、
情報漏洩編

アブラコウモリ part.1


についてお話していきます。
part1では、主にプロフィールと
活動サイクルについてお話しております。

以前もお話しておりますが、
アフレコバージョンでも、ぜひ学んでください。

アブラコウモリも4月になると、
活動を再開するので、
その前に少し学習しておきましょう。

カラダの大きさは5cmくらいなのですが、
侵入可能な場所は、人の小指程度で
普通では考えられないほどの
小さな隙間から侵入してしまいます。

つい、飛翔している時の、
コウモリのカラダが大きく見えるので、
普通なら3~5cmくらいの隙間だと
思いがちです。

ですが、
小指もしくはそれ以下でも
侵入しますので、
覚えておいてください。

それから、出産ですが、
動画では1~4頭とお話していますが、
普通は1頭か2頭くらいが多いそうです。
このコウモリに関しては、
まだまだ続きますので、
ぜひ楽しみにしておいてください。


食品工場・医薬品工場
その他関連工場、一般宅
コウモリ対策、害虫駆除のご相談は、
こちらまでお問い合わせください

オンライン診療をはじめました

077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

感染源コウモリ率の高さ

2020-12-30

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

2020年は新型コロナ一色で
ウイルスが世界を覆いました。

未だ、拡大が収まらず、
米ジョンズ・ホプキンス大学の
データによると、

世界の感染者数は8,000万人を
超え、アメリカは、1,900万人、
インドは、1,000万人を突破している
とのことです。

そんな中、日本は23万人と
非常に頑張っています。
頑張っているのは、
国民1人1人であり、

政府や日本医師会は、
当初から病床数が、
足りないことが分かっていながら、
何も対策してこなかったことに、
反論が出始めています。

と同時に、こんなデータが出ていました。

新型コロナウイルス感染症の、
死亡率が2~3%(日本は約1%)に対し、

エボラ出血熱は約40%、SARSコロナが約10%
MARSコロナが約34%と高い致死率でした。

第1類と言われる最も危険なレベルである
エボラと同様の扱いを受けている
新型コロナはどうなのか?

という声も挙がっている中、

私たちの業界では、
やはり気になるのは、

感染源のところです。

コウモリ

なのです。
コウモリのウイルスが
人に感染するようになったものと
考えられており、

その病原体の特徴や病気のメカニズム
なども次々と明らかになってきました。

というわけで、
ワクチンはスタートする中、
変異種なども出てきておりますので、
来年も引き続きコウモリ対策の
予約が多くなると思われますので、
お早目のお問い合わせをお願い致します。

2020年も皆さまのおかげで
苦しい中、乗り越えることができました。
心より感謝を申し上げます。

コウモリ関連の動画はこちら ↓


食品工場・化学品工場、
包材工場、
一般宅などの
コウモリ対策のご相談は、
こちらまでお問い合わせください

オンライン診療をはじめました

077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

イタチの閉塞作業

2020-12-15

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

本日は、
イタチにお困りのお客様宅に
お伺いしました。

冬場になると、
屋根裏を営巣するので、
非常に厄介です。

また子作りした後で、
幼獣が棲みついていると、
非常に難しくなります。

今回は、侵入する可能性箇所が
非常にたくさんありましたので、
閉塞作業をしっかり行いました。

以前の動画でもお話しましたが、

イタチは、体は大きいので、
侵入可能な隙間は、
30mm四方くらいで
500円玉硬貨が目安になります。

なので、隙間を埋める時は、

20mm四方の金属製のもので
閉塞しています。


しかし、イタチの厄介なところは、
その建物が棲み心地が良く、

どうしても、
この建物に棲みたいと思ったとき、

こじ開けてでも入ってきます。
たとえ、血だらけになろうとも、
鼻を突っ込み、口先を入れて
グイグイ曲げてきます。

ですから、
しっかりと閉塞することが
ポイントとなります。

そして、
イタチは出たり入ったりしますので、
消毒もやっておいた方がいいです。

というわけで、

冬場の時期に侵入している小動物は、
自然に出て行ってくれる可能性は
極めて低いので、

専門家に相談されることを
おすすめします。

イタチの関連動画はこちらです


食品工場・化学品工場、
包材工場、
一般宅などの
ネズミ・小動物のご相談は、
こちらまでお問い合わせください

オンライン診療をはじめました

077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

ねずみ・小動物の侵入できる寸法

2020-12-04

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

今日のYouTube動画では、

衛生管理 番外編その36
ねずみ・小動物の侵入できる寸法

 

についてお話しております。
今までも、各種お話していますが、
分かりやすくまとめて見ましたので、
最後まで見てくださればと思います。

 

➀さて、まずは1番問題になる
ネズミですが、その中でも
家ネズミというのが問題になります。

・ドブネズミ
・クマネズミ
・ハツカネズミ

の3種でしたよね。
ネズミの場合は、頭部が入ると、
すり抜けられると言われていますので、

大体、人の親指くらいが目安となります。
からだは、フニャフニャです。

それから、


②イエコウモリ(アブラコウモリ)
彼らは、飛んでいる時、
ものすごく大きく見えるため、

「小さな隙間では侵入できない」

と思いがちの方も多いのですが、
コウモリもまた、頭部が入ると、
侵入可能でありまして、目安は小指です。
直径1センチ・または1センチ角
と思ってください。
もう少し、小さくても入る場合もあります。

③チョウセンイタチ・ニホンイタチ

彼らは、直径3センチ・3センチ角で
可能だと言われています。
閉塞の時は、2センチ以下の目合いの
金属製のモノで行うことをおすすめします。

④アライグマ

咬みつかれたら、指の1本・2本は
持っていかれるという、
凶暴なアライグマは、

・直径10cmの丸型、
・8cm平方の正方型、
・12cm×6cmの長方型

この3パターンの隙間があれば、
イタチと同様に金属製のモノで
閉塞してください。

⑤ハクビシン

メスは年中屋根裏に棲みついてしまう
厄介なハクビシンもアライグマと同じで、

・直径10cmの丸型
・8cm平方の正方型
・12cm×6cmの長方型

の3パターンで侵入します。

アライグマとハクビシンの場合は、
頭部より、骨盤の方が大きいので、
その寸法になります。

というわけで、
今回は、ねずみ・小動物が侵入できる
可能な大きさについてお話しました。

家の周りを1度グルッと見渡して、
隙間があるなぁと思われましたら、
お近くの専門業者にお問い合わせ
されることをおすすめします。


食品工場・関連工場・
ビル・ホテル・一般宅の
ネズミ・小動物駆除のご相談は、
こちらまでお問い合わせください

オンライン診療をはじめました

077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

 

通気口のコウモリ対策

2020-10-22

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。


そろそろ冬眠準備に入る
アブラコウモリの
追い出し作業にお伺いしました。


コウモリ対策の中でも
通気口(換気口)内の追い出し、
閉塞作業は多いのですが、

コウモリは、うす暗いところと、
同じような色をしているので
よく、生息を見落として
しまうことがあります。

だから必ずカバーを外して
確認するようにしております。

このように、カバーを外してみると、
コウモリの糞が多く付着しており、
かなり不衛生であります。

コウモリは、小指が入ると、
侵入してきますので、
それ以下の隙間のモノで
通気も考慮しての閉塞作業となります。

コウモリ関連の動画はこちらから ↓

何年もコウモリ対策の
仕事をしておりますが、
現場ごとに微妙に違うことがあり、
やはり、現場というものは、
学ぶことが多いです。

何事も経験に勝るものは無いと
考えていますし、

また、施工方法の工夫や
商材のアレンジなど考えて
お客様にとって1番良い方策を
これからも提供していきたいと思います。


一般宅や工場関係などで、
コウモリにお困りの際は、
こちらまでお問い合わせください

オンライン診療をはじめました

077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

換気扇とシャッター上部のコウモリ対策

2020-10-18

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

 

今日は、またまた
アブラコウモリの施工現場です。

コウモリが営巣する人気場所として、

➀換気扇の中
②シャッターボックスの中
③雨戸の裏(戸袋内)
④屋根裏
⑤外壁の欠け部分

であります。
今回は、①②の部分を
営巣としていましたので、
閉塞作業を行いました。

今年は、換気口内に営巣し、
困られていたお客様が
非常に多かったように思います。

隙間から侵入するコウモリ対策は、
そんなに難しい仕事ではないのですが、

ナイトルースト(深夜に休憩)


するコウモリを止まらせないように
するのが、非常に難しいです。

今日も、窓枠に静止するコウモリ対策に
お伺いしたのですが、

この9月から10月の1か月間が
1番糞害が多かったように思います。

そのお客さまは、
衝撃波を設置していますが、
少ししか当たらない部分に止まり
夜中に休憩しています。

当社でも、
以前コウモリの静止実験をしましたが、
衝撃波を設置したら、
上手に影響を受けない場所へ
移動して休憩します。

というわけで、
コウモリ対策を衝撃波で行う場合は、
四方八方当たるようにしないと
効果が無いといえますので、
注意した方が良いと思います。

一般宅や食品工場で
コウモリでお悩みの方、
害虫・害獣防除のお困りの方は
こちらまでお問い合わせください

オンライン診療をはじめました

077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

 

コウモリ対策は専門業者に依頼しましょう

2020-10-13

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

今年は、コウモリ防除のお問い合わせが
非常に多いというお話をある業界の方から
お聞きしました。

先日は、
コウモリ対策と屋根裏の清掃殺菌、
小動物の侵入経路の対策を行いました。

 

もう二度と侵入しないように、
隙間埋めを行います。

コウモリの侵入可能な隙間は、
人間の小指が目安です。
思っている以上に、
細かい隙間から入りますので、
よくコウモリ駆除業者でない方に
相談されますと、

「コウモリは大きいので入りません」


と間違った情報を提供されます。

関連動画はこちらです ↓

そして、建物の構造によって
隙間があるポイントが違うので、
よく知っておく必要があります。

また、コウモリは高い場所からしか
入らないというわけでもありません。

草履の中で休憩することもあります。

というわけで、
コウモリの防除工事は、
意外と簡単なようで難しいので
専門家に依頼されることをおすすめします。


一般宅や食品工場で
コウモリでお悩みの方、
害虫・害獣防除のお困りの方は
こちらまでお問い合わせください

オンライン診療をはじめました

077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

 

 

コウモリ対策失敗談

2020-08-27

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

今日のYouTube動画では、
アブラコウモリパート5

コウモリ対策失敗談


についてお話させて頂きました。

正直、コウモリは非常に難儀なやつです。

なぜなら、Aというお家に棲みついていた
コウモリは、ある対策をしたら、
来なくなったのに、

Bというお家のコウモリに同じ方法で
対策したら全く効果が無かったということが
あるからです。

だから、

止まらないようにする


というご依頼は、
自信を持って受けられないのが、
現状のミスズマンの力であります。

先日も、屋根と壁の接点部分にある
垂木や母屋部分に止まるコウモリを
何とかして欲しい相談がありましたが、
周りの家と比較しても、
1番好みそうな構造だったため

「嫌がらせをしても、〇〇さんのお家は
他の周りのお家よりもはるかに
住み心地がいいと思うので、
簡単に居なくはならないかもしれません」

と回答させて頂きました。

「高額な費用を出したのにも、
関わらず、効果がありませんでした。
糞は全く減りませんでした。」


だけは、お互い避けたいところですので、
正直にお答えさせて頂きます。

というわけで、
コウモリは、我々と同じ哺乳類で、
脳を持ち、それぞれクセがありますので、
一概にこの方法なら止まらなくなるというのは、
今のところニオイ系(スプレー)では、
難しいと思われますので、
ご理解のほど、お願いします。


一般宅や工場関係で
コウモリにお困りの方、
ご相談は
こちらまで
お問い合わせください
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

コウモリ対策Q&A

2020-08-19

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

世間でいうところの
このお盆を兼ねた長期休暇は、
おかげさまでバタバタでございました。

コウモリ、アライグマ、クマネズミといった
哺乳類対策のご相談に加え、

ここ数日では、防虫ネット、ヘビ、クモ、
イガ、ヒトスジシマカ、シバンムシなどの
相談も増えて参りました。

そんな中でも、
連日動画などでもアップしています
コウモリは断トツであります。

今日も、YouTube動画では、
コウモリについてお話させて頂きました。

 

コウモリQ&Aは、
お問い合わせの中でも特に多い質問を
挙げております。

その中でも、1番お悩みになられているのが、

糞(ウンチ)を落とされること

 

です。毎日、朝起きると、
お決まりの場所に糞が落ちているのです。

止まらないようにしたいから、
市販のスプレーを購入して
吹きまくってるけど、
あんまり効果が無い!

と言われます。
しかし、相手は動物です。

動画でもお話していますが、
効果がある個体もいるのです。
ですから、まずスプレーで試してみるのは、
有効な策だと思います。

コウモリにとって、
すごく居心地の良い屋根と壁のお家だと、
棲み家やナイトルーストに選ばれて
しまいます。

居心地の良いとは、
雨風が凌げて、天敵にも見つかりにくい場所で、
食事に出かけるのに、スムーズな場所をいいます。

ナイトルーストは、夜の休憩場所です。

というわけで、
1度棲み家に選ばれてしまうと、
中々、離れてくれないので、
根気よく、忌避剤などで
対策されることをおすすめします。


一般宅や工場関係で
コウモリにお困りの方、
ご相談は
こちらまで
お問い合わせください
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

アブラコウモリの天敵

2020-08-14

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

今日は、衛生管理・小動物編

アブラコウモリの天敵

についてお話しました。

コウモリは皆さんも知ってのとおり、
鳥獣保護法で守られております。

そして、コウモリを捕食する
生態系ピラミッドでいう高次消費者も
同じように保護動物であります。

この生態系を守らないといけないのですが、
私たち、人間は棲み家を切り開き、
コンクリートに変えてしまいます。

ミスズマンや専門業者は
コントロールするのが仕事です。

このコントロールするというのが、
皆さまには、伝わっていないと思うのですが、
完全駆除というのは、出来ないのです。

これは、技術的に出来ないのではなく、
薬品も環境を配慮するために造られているので、
自然にそのようになっているのです。
そのあたりのご理解もしておいてください。

さて、コウモリの駆除依頼が、
予約状態ということになっています。

そろそろ、
産まれた子どもも学習し、
9月くらいになると飛び出します。

よって、1年の中で最も多く
コウモリが空を飛んでいる光景が
見ることができるのです。

秋になると、陽もだんだんと
暮れるのが早くなりますので、
より一層、飛んでる姿が目立ちます。

そして、雌は交尾を行い冬眠に入ります。
冬に備えて、虫をたくさん食べて、
太ります。

というわけで、
冬場を迎える前に、
屋根裏に棲んでいるコウモリを追い出し、
対策されることをおすすめします。

もし、間に合わない場合は、
来春までは、そっとしておいて
あげることをおすすめします。


一般宅や工場関係で
コウモリにお困りの方、
ご相談は
こちらまで
お問い合わせください
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

コウモリの糞やクモの巣によるお客様の意識

2020-07-30

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

来週はいよいよYouTube動画撮影の
再スタートです。

ビデオカメラとマイクを新調して挑みます。
今から楽しみであります。

さて、一般宅・工場・施設・会社どこでも
棲み家にするのがコウモリです。

写真のように、
建物に看板が設置されている部分の裏側は
巣になりやすいので、要注意であります。

こういう場所は、
営巣する前に、隙間を閉める必要があります。

もし、巣になってしまうと、
壁に糞(フン)がたくさん付着してしまうので、
そのお店や会社は、不衛生だと思われてしまいます。

お客様商売であると、
コウモリの糞やクモの巣が多くあると、
少し売り上げに影響があるかもしれません。

「あそこのお店、いっぱい糞が付いてるね」
「掃除するお金無いのかなぁ」

なんて噂されたりしてしまうこともあると聞きます。
当社は、特別営業したりはしないのですが、
こういったお問い合わせが増えてきたということは、

皆さんの衛生面に対してのレベルが
上がってきている証拠だと思います。

また、消費者の見るところも
変わってきているともいえます。

コロナの影響で、
これから益々、生き方が変わってくると思われます。
消毒業である当社も、もちろん変わってきます。

仕事がある反面、
それだけリスクも背負います。

契約型の当社にとっては、
お客様に迷惑をかけることは、
絶対にあってはいけないので、
消毒に関してはお断りをする可能性もあります。

というわけで、
コウモリや小動物もウイルスを
保有しているのではないかと敏感になり、
気にされる方も増えておりますが、
そんなに敏感になる必要はありませんので、
ご安心ください。

それよりも、
人から人への対策の方が
よほど注意しないといけませんので、
引き続き、コロナ対策は行っていきましょう。


コウモリ対策の
ご相談は、
こちらまで
お問い合わせください
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

排気フードに潜むコウモリを見た!

2020-07-26

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

今、至る所で、
チビクロバネキノコバエ、ノミバエ、トビムシ、
チャタテムシ、ユスリカ、そしてコウモリに
お困りのお客さまが急増しています。

その中でも、
連日コウモリのお問い合わせがあるのですが、
排気フードに営巣するパターンについて
お伝えしたいと思います。

もし、排気フード内に潜むコウモリを
追い出さずに網をしてしまうと、
このようになります。

閉じ込められていたので、
喜んで出てきました。

こういう場合は、外へ逃がしてあげてから、
改めて、網をして作業完了になります。

年々、依頼が増えるコウモリ防除ですが、
私たちは、駆除をせずに追い出して
新たに侵入しないように閉塞するだけなので、
うまく、自然界で食物連鎖が起こって
くれることを願いたいです。

ですから、
コウモリを食べる高次生物が撲滅しないように
自然も大切にして欲しいと思います。

高次生物が棲む山川草木をむやみに
取り壊さないようにして欲しいです。
農業を営む人が減少すると、
田んぼや畑がマンションやアパートに
変わってしまいますし、
インフラが異常に進むと、
山川が取り壊されます。

また少子化のため、学校が廃校になり、
取り壊されると、学校を営巣にしていた
コウモリは、民家へ移動します。

どんどん、棲み家を追いやられている
コウモリは、民家へ棲むしかないのです。

そういったことも
我々人間は知っておく必要があるのではないでしょうか?


コウモリ対策の
ご相談は、
こちらまで
お問い合わせください
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

アブラコウモリの食性と寄生

2020-07-10

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

今日のYouTube動画では、小動物編

アブラコウモリ パート2


をお話しました。

今回も途中でマイクがおかしくなりました。
原因が全く分からず、おそらく故障なのではないか?
という判断をしまして、新たに購入することに
しました。

もうしばらく不快な思いをさせてしまいますが、
引き続き、よろしくお願いします。

 

さて、コウモリの食性は、
ユスリカやガ類、ヨコバイ・ウンカなどです。
恐ろしい数の虫を2時間で食べてしまうのですが、
その数が、すごいのです。

自然界って凄いなぁと思います。

それから、コウモリは
寄生虫を保有しているといわれています。

・肝臓ジストマ(肝吸虫)

・肺臓ジストマ(肺吸虫)


などです。
ベランダや玄関に毎日、糞が落ちているから
これら扁形動物(吸虫)の害に合うかと
いうと、そうではありませんので、
ご安心ください。

しかし、最も恐いのが、

コウモリによるストレスであります。
寝ている時に、枕元の壁の中でガサガサされると
寝不足になってしまい、続いてしまうと、

皆さん
ノイローゼになってしまいます。

というわけで、
コウモリが屋根裏に侵入して、
睡眠時間を阻害される事態が起こってしまうと
かなりストレスがかかってしまいますので、
早めの対策をお願いします。

今の時期は、
幼獣がお母さんの養育期間を受けているので、
時々、高い所から落ちて死んでいることも
あります。

巣になっているお家に関しては、
8月に入ってから(飛べるようになってから)
の作業依頼をおすすめします。


コウモリに
お困りのお客様は

こちらまでご連絡ください
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

アブラコウモリの活動サイクル

2020-07-03

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

本日のYouTube動画では、
新たなカテゴリー小動物対策から

アブラコウモリパート1
(イエコウモリ)


についてお話しております。

今回は、コウモリの簡単なプロフィールを
お話させて頂きました。

まずは、身体の大きさが親指くらい、
侵入可能な箇所が小指くらいだという
ことを覚えておいてください。

よくハウスメーカーさんとトラブルになるのですが、
「この中は仮に入っても屋根裏には入れない」

という言葉を聞いて、閉塞しなかったら
天井裏に入ったということも時々あります。

また、
「こんな隙間は入らないからやらなくていい」

と言われて閉塞しなかったら侵入したということもあります。

あくまでも、
防虫・防獣目線で判断する私たち専門家は、
家をどのように建てたかも分からないですし、
可能性の問題で作業を行います。

ハウスメーカーも
工事は委託だと思います。
実際問題、建築工程において
ずっと立ち会っているかというと
そうではないと思います。

隙間は無い!と言っても
少しくらいはあるのかもしれません。

もし、100%絶対に入らないと言うのであれば、
信用しますが、それ以外であれば、
閉塞をすることをご提案します。

といっても
お客様にご理解を頂いた上でのこととなりますので、
後で、追加料金がかかることを承知の上ならば
良いと思います。

というわけで、
今回は、主にアブラコウモリのプロフィール、
活動サイクルについてお話しました。

次は、食性や寄生について
お話していきたいと思いますので、
楽しみにしていてください。


アブラコウモリなど小動物で
お困りのお客様は

こちらまでご連絡ください
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

コウモリの侵入生息工事は注意

2020-06-07

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

5月くらいから活発に動き出した

アブラコウモリ(イエコウモリ)


空飛ぶ哺乳類、菌の運び屋が家の天井裏で
棲み付いたり、休憩場所に選んだりして
困らせています。

まず、お問い合わせの内容で多いのは、

➀玄関やベランダにコウモリのフンを落とされる

②屋根裏や壁内でガサゴソ音がする(動いている)

③家の中にフンを落とされる(時に入ってくる)

この3点であります。

屋根裏や壁内の場合は、
生息しているコウモリを外へ追い出し、
速やかに、侵入可能な箇所を閉塞し、
糞の清掃と消毒を行います。

玄関や窓レール・網戸などのピンポイントに
フンを落とすまたは付着させる場合は、
追い出し機を設置します。

この追い出し機は、機器が高額のため、
レンタルサービスで行っています。
※ただし構造によっては、設置出来ない場合があります。

コウモリの防除は、
一般からのお問い合わせのほかに、
建築会社やハウスメーカーからの
お問い合わせがあるのですが、
最も注意をしなければいけないのが、

当社の思い通りに
させてもらえない場合です


これどういうことかと言いますと、
当社(プロ)目線では、
コウモリの侵入が可能だと思っていても、

相談者が「ここからは入れない」


と言い切る場合です。

しかし、結局侵入を許してしまい、
お客様に迷惑をかけてしまうのです。

というわけで、
コウモリの防除は、
建築会社やハウスメーカーの担当者が

「侵入できる隙間は無い」

と言っても、
建てたのは、その方ではありませんので、
慎重に判断することをおすすめします。

「絶対にそこからは入らないですか?」

と聞いてみて、

「絶対入らない」

と言い切ったら大丈夫だと思いますが、

「たぶん・・・」「・・・だと思う」「・・・のはず」

と返ってきたら、念のために閉塞することをおすすめします。

※写真は、アブラコウモリが休憩しているところ


コウモリや害獣
害虫駆除・ねずみ害獣防除の
お問い合わせは、

こちらまでご連絡ください
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

コウモリとコロナの関係は

2020-04-03

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。
よろしくお願いします。

いよいよコウモリ駆除と消毒のお問い合わせが
入ってきました。
冬場は大人しくしていたイエコウモリ(アブラコウモリ)も
ユスリカなどの大好物が多くなってきたので、
外へ飛び出してきます。

コウモリと言えばコロナ?

とおっしゃる方が多くいらっしゃいます。
今まで中国でウイルスが発症すると
真っ先に媒介者に浮上するのが、

コウモリ

なんです。私は、中国のことをよく知りませんが、
コウモリを食べるのでしょうか?(-_-;)

コウモリは、唯一空飛ぶ哺乳類と呼ばれております。
何故か分かりませんが、

ウイルスは、
コウモリの体内で過ごしやすい

とある新聞でも掲載されていました。
新型コロナの怖さはもう皆さんお分かりだと思います。

当社が今、気になっているのは、
そのウイルスを持ち運ぶ媒介者です。

小動物や害虫から人への感染は絶対に無いのか?
という点です。

これは、証明が出来ないのです。
いえ、出来ないのではなく、
証明するに至るまでは、

「虫から人・小動物から人は問題ないのか?」と

誰かが第一声を上げて初めて検査の必要性を
討論するのです。

駆除をする我々も、命の危険があるのかもしれません。
よく何事もリスクは付きものと言いますが、
問題点の検討はしないといけません。

日本製コウモリは、
今のところコロナウイルスを
持ってはいないと思いますが、
早く、コロナウイルスが収束してくれないと
媒介者が増える可能性もあるのかと思うと心配です。

というわけで、
明日から、コウモリ駆除・イタチ駆除・ネズミ駆除
そして殺菌消毒のセットでお伺いする現場が
増えて参りますので、安全第一に頑張っていこうと思います。

コウモリ駆除&消毒の
お問い合わせは、
こちらまでご連絡ください↓
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ