滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘滋賀・京都のゴキブリ駆除’

DIYを選択された非会員様へ

2019-06-28

本日の弊社は、京都市中京区、北区、滋賀県彦根市、

長浜市、東近江市の生前整理相談、遺品整理相談、

化学品・食品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

私は今、おもいやりの学校の校長をしています。

先日26日の水曜日に第3回を開催したのですが、

少しずつではありますが、学校のようになってきました。

私は、この学校をボランティア活動の一環として

行っております。

私は、この学校に来てくださる生徒と、

ともに、学びあい・助けあい・励ましあい・寄り添いあい

の関係でいたいと思っています。

そして、先生と生徒同士の出会いによって、

新たな気持ちが芽生えたらと思っています。

滋賀県大津市勤労者会館で毎月行っております。

ご興味のある方は、こちらまでご一報くださいませ。

※下記は、前回のおもいやりの学校です。

第3回 おもいやりの学校 in 滋賀


【メインコラム】

やはり、やってきましたゴキブリ注意報。

私たちの生活空間に堂々と現れて参りました。

今まで、お家の屋根裏や壁中、床下、お庭などに

潜んでいたのですが、快適な温湿度になってきたので、

黒光りを披露するかのごとく出てきました。

 

飲食店では、チャバネゴキブリを筆頭に、

クロゴキブリやワモンゴキブリ、

お家では、クロゴキブリにお困りのお客様からの

お問い合わせがあります。

 

化学的駆除では、マイクロカプセル剤での処理。

蒸散剤でのドライ施工、炭酸ガス施工、ベイト施工など

多種にわたり方策があります。

環境的駆除では、隙間埋め施工を行います。

 

特に、一戸建てやマンションの隙間埋め施工は、

高額ではありますが、当社の人気商品であります。

この作業は、かなり時間を要するのと、

すべて埋めるという、かなり目が効かないと出来ない

仕事です。

 

「これくらいだったら自分で出来る」

 

ということで、ご自身でされる場合もあります。

ところが、、この隙間を見つけることが難しいのです。

すると、後日

 

「隙間を埋めたのに減らない」

 

と言われたりします。

訪問すると、必ずと言っていいほど抜けがあります。

 

というわけで、

お見積もりをされて、DIYを選択されたお客さまは、

「再度、見に来てください」は申し訳ございませんが、

応じることができませんので、ご理解願います。

なぜなら、当社では、会員になって頂いている方が

ございますので、ご了承のほどよろしくお願いします。


ゴキブリ・トビムシ・チャタテムシ

困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

当社ブログ愛読で先手必勝

2019-06-20

本日の弊社は、大阪市此花区、京都市南区、滋賀県長浜市、

彦根市、東近江市、大津市のゴキブリ、コウモリ相談、

ネコノミ相談、化学品工場・食品工場の防虫対策に

お伺いしました。

 

【ショートコラム】

差別化の差別化が必要な時代になってきました。

どんなビジネスもそうですが、

障壁が低いと、次から次へと同業者が参入してきます。

当社では、衛生管理・害虫駆除・お片付け・通販と

大きく4つに分かれていますが、

衛生管理以外は、まさにこれに当てはまっている状態です。

そこで、3分野ともに、差別化戦略を行っていますが、

そろそろ外野から攻撃が来そうです。

 

でも私は、お客様にとって今の時代にあった

最高のパフォーマンスだと思っています。


 

【メインコラム】

梅雨時期らしく、湿度が高くなってきて、

住みにくい季節になりました。

まだ大丈夫と気が緩んでいたら、

服や布団・食品にカビが発生していたり、

自分の体調も崩しやすくなります。

 

そして、虫キライな奥さまたちには、

もっと恐いことが起こります。

それは、家の中にたくさんの虫が侵入してくることです。

ゴキブリ・トビムシ・チャタテムシ・シミ・シバンムシ・・・

特に、いつも嫌われ者ナンバーワンに君臨する

クロゴキブリは、今年は多いと思われます。

 

当社のブログ愛読者の方々には、

以前から「今年はゴキブリが多い」

お伝えしておりましたので、

早くから対策されており、安心されていることと思います。

 

先日、年間契約でお伺いしているお客様のところでは、

写真のように、各マンホール内に薬剤散布や泡施工を行い、

最期に防虫ネットを挟みこむ作業を行っております。

そして、何と言っても当社の依頼で多いのが、

 

隙間埋め施工

 

です。費用はかかりますが、

目視する数をこの先ずっと抑えられるので、

気持ち的にもかなり楽になります。

 

というわけで、

薬剤の処理は、適切な箇所だけで良く、

それ以外は、環境的改善を行うことをおすすめします。


 

トビムシ・ゴキブリ・シミ

チャタテムシ駆除で

困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

今年もゴキブリは少なくなるのか?

2019-05-26

本日の弊社は、福井県鯖江市、京都市上京区、左京区、

滋賀県大津市、湖南市のタカラダニ相談、ネズミ駆除&相談、

樹木殺虫、食品工場の防虫対策・ゴキブリ対策に

お伺いしました。

 

【ショートコラム】

本日は、競馬の祭典日本ダービーでした。

騎手は、ダービージョッキーという称号を

手に入れるために、また夢見て日々頑張られています。

 

競馬を知らない方は、

スポーツという感覚は無いかも知れないのですが、

本当に素晴らしい感動を与えてくれます。

そして、今日も鳥肌ものの感動を頂きました。

勝ったのは、12番人気の1番枠ロジャーバローズ。

浜中 俊(はまなかすぐる)騎手が、騎手生活13年目で

初制覇しました。

浜中騎手の師匠である坂口正大元調教師の涙に

感動しました。涙も理由も分かります。

その弟子は、昨年中央競馬で1度も

グレードレースに勝てず、

騎乗依頼も少なくなっていたのです。

なのに、この大舞台で夢のダービーで復活したのです。

本当に感動しました。

 

これから、じわじわとダービージョッキーになった余韻を

奥さまと娘さんと味わって頂きたいと思います。

本当に、浜中騎手おめでとうございました。


 

【メインコラム】

本日は、店舗のゴキブリ予防にお伺いしました。

昨年は、猛暑・酷暑でゴキブリが少なかったのですが、

今年は、冷夏というウワサもあり、多くなるのではないかと

以前からこのブログで申し上げていました。

 

ところが、ここ3日間30度超えで

本当に今年の夏、涼しいのでしょうか?と

首をかしげたくなります。

 

さて当社は、店舗のゴキブリ駆除につきまして、

現在、お世話になっているお客様のみと

させて頂いております。

 

理由は、ゴキブリ駆除が苦手とかではありません。

今のところ、店舗のゴキブリ駆除ができる社内体制に

なっていないためです。

どういうことかというと、店舗になりますと、

どうしても深夜になることが多いからです。

深夜班という体制が当社には存在しないので、

現時点でお受けさせて頂いている

お客様までとさせて頂いております。

 

ちなみに今日も、

夜に食品工場のゴキブリ予防対策に

お伺いしております。

 

一般家屋・企業・施設・ホテルにつきましては、

夜でなければ、ゴキブリ駆除のご依頼を

受け付けておりますので、

お困りの際はお問い合わせ頂ければと思います。


 

ゴキブリ駆除にお困りの方は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

エアコン付けたらゴキブリが飛んできた

2019-04-29

本日の弊社は、沖縄市、和歌山市、京都市左京区、

滋賀県大津市のワモンゴキブリ対策相談、ヤモリ相談、

ネズミ駆除相談にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

世界最深の海に暮らす生き物と呼ばれる

カイコウオオソコエビが、水深1万1000m付近の

マリアナ海溝で群れ集う姿が初めて見つかった

そうです。

※日本経済新聞引用

 

私は、このカイコウオオソコエビを見た時、

ネコノミに似ているなぁと思いました。

退化した目や後ろ脚の位置とか

姿勢なんかそっくりです。

 

このカイコウオオソコエビは、陸から降りてきた

流木や枯葉などのチリが積ったものを食べ、

植物繊維のセルローズ等を糖に分解して

エネルギーにしているといいます。

しかし、残念なことに我ら人類が出したゴミが

海底に蓄積されてきているとの報告です。

ゴミ問題は、深刻な問題だと誰もが分かっているのです。

世界の山積みな問題を、

どのように消し込みしていくべきか?

情報開示して欲しいものですね。


 

【メインコラム】

ネコノミがエアコンから出てくる事があります。

もし壁の中に、鳥の巣やコウモリが棲んでいると、

可能性があります。

 

その場合は、先日のブログでもご紹介したように、

エアコンを取り外した後に殺虫作業を行い、

貫通スリーブを入れる必要があります。

さらに、注意しなければならないのが、

その貫通スリーブの密閉性です。

この貫通スリーブと壁穴との接点が、

絶対に隙間が無いかというと、そういうわけでもありません。

 

この隙間をきっちり止めておかないと、

ゴキブリやムカデ、ノミなどが侵入してしまうのです。

 

というわけで、

エアコンというのは、結構厄介なもので、

私たちの暮らしには必須な電化製品ですが、

それがゆえに、虫たちもその快適な場所へ

遊びにやって来るので、覚えておいた方が良いです。

それが受け入れられない人は、

しっかりと対策をしておきましょう。

 

よくお困りの声を聞くのは、

 

「エアコンを付けたら、ゴキブリが飛んできた」

「だから、2度と付けられないのです」

 

こういう方は、この対策をすれば絶対に大丈夫なので、

ぜひおすすめですね。


 

エアコンからのネコノミ・ゴキブリ・

ムカデ・コウモリ・ネズミ対策など

困ったご相談がおありの方は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

コウモリ対策とエアコンの対策

2019-04-28

本日の弊社は、京都市東山区、滋賀県大津市、草津市の

一般宅のコウモリ対策、オオチョウバエ相談、コバエ駆除に

お伺いしました。

 

【ショートコラム】

幼い頃から、吉本興業株式会社が大好きな

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

幼い頃に、「あっちこっちでっち」「よしもと喜劇」を。

そして今は「よしもと新喜劇」を欠かさずに、

ビデオを撮ってまでも見ています。

すると先日、よしもと新喜劇で凄い場面がありました。

すごくないですか?

安倍首相ですよ!こんなの初めてです。

内閣総理大臣です。支持率下がっているにしても

スゴイことです。

 

池之めだかさんとすっちーさんが、

「官邸に行ってもいい?」て言ったら快諾されてました。

SPの方もたくさんおられ、この回を観に行った人たちは、

平成最後の想い出になったに違いないでしょうね。

うらやましいです。


 

【メインコラム】

コウモリやゴキブリを代表に、ネコノミ、ムカデ等が

エアコンから出てくるということで、

お客様から対策のご相談を承ります。

 

このエアコンの対策は、結構重要なのですが、

私たちは、取り外してみないと分からないのが欠点です。

でも、この取り外し確認作業は、

お客様にとっては絶対にお得だと思います。

まず、パテがありませんでした。

室外機の方が完璧に閉塞していても、

水切りと壁の隙間等があるので、その場所から侵入します。

すると、このようにエアコンホースの化粧カバー内にも

侵入し、糞が付いてしまいます。

それから、エアコンを取り外したら、

どのようにホースが通してあるのかが明確になります。

ホースだけが通してあると、

当然のごとく隙間が出来るので、

このように壁や外からやって来たコウモリやゴキブリは、

エアコン内部に侵入します。

※穴にある黒い糞は、コウモリのふん

 

そして、壁に侵入したゴキブリやコウモリは、

専用のスプレー等で追い出しを行います。

 

追い出しが終了したら、閉塞作業を行います。

エアコン内に侵入して来ないための必須アイテムが、

 

貫通スリーブ

 

というものです。

これを入れることで、エアコンへの侵入は0%になり、

お部屋へ出て来なくなります。

外からの侵入口は、通気性を損なわないように

網目のもので閉塞します。

というわけで、

エアコンの取り付け時に、じっと確認している人は

いないと思いますが、非常に重要なポイントですので、

注意された方が良いと思われます。

これで、コウモリやゴキブリ、ムカデ、ネコノミなど

一連の対策が出来たことになります。


 

コウモリ・ゴキブリ対策など

困ったご相談がおありの方は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

 

 

迷い込んだゴキブリの繁殖

2019-04-21

本日の弊社は、京都市上京区、滋賀県長浜市、東近江市の

ネズミ駆除、ゴキブリ駆除、コバエ駆除にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

先週の15日に、競馬界で女傑と呼ばれた

ヒシアマゾン号がこの世を去り、悲しくて仕方がない

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

白いソックスに青色のストライプ。

名前はイカツイけど、美人顔の豪脚で有名でした。

実は、私にとってたくさんの想い出があるのです。

ふと、そんなことを知らせてくれました。

ありがとう。ヒシアマゾン。安らかに。。。


 

【メインコラム】

今日は、お家のゴキブリの駆除にお伺いしました。

どこからか侵入したゴキブリが、どうやら繁殖してしまい

棲み家に選んでしまったようです。

侵入経路の可能性として挙げられたのが下の写真。

蛇腹ホースの差し込みが強引なため、

キャップが閉まっていないことが原因で下水と直結。

そして、塩ビ管の廻りに隙間があり、床下と直結。

この2か所は、非常に危険な場所です。

 

今日のお家もそうでしたが、

清潔にされていてもゴキブリは棲み家にします。

薬剤での駆除と忌避剤対策、

そして侵入経路の隙間埋め併用で行いました。

 

今年は、本当に遠方からのお問い合わせも多く、

早くも予約状態になっております。

予め、早めのご予約を頂くようお願い申し上げます。


 

害虫対策など困った

ご相談がおありの方は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

殺虫剤の良し悪し

2019-04-11

本日の弊社は、大阪市北区、京都市西京区、滋賀県守山市、

大津市、東近江市、彦根市の生前整理スピーカー、ゴキブリ駆除、

ネズミ駆除、化学品・食品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

昨日は、四半期ごとに開催される

楽しい勉強会「京都商人道倶楽部」に参加しました。

経済思想には、日本型と西洋型があり、

キーワードが「雑草」であるということを新たに知識として

得ることができました。アメリカがピュアリズムから生まれたことも

初耳学で、昨日は私的には、ものすごく学ぶ事ができました。

 

私は、神も仏も好きです。

「今まで学んできたことも間違っていなかった」

と再確認ができました。

一生、人格創造してパワーアップしていきたいと思います。


 

【メインコラム】

何度も言うようですが、今年は虫が非常に多く、

お問い合わせが殺到しています。

昨年が猛暑・酷暑だったため、

ゴキブリが非常に少なかった影響か

リバウンドが来る可能性があります。

 

それを察知されているお客様もしくは、

私のブログ愛読者は、早めの対策として、

ご依頼を頂いております。

もちろん、市販品でも対策は可能ですが、

 

プロ仕様の薬品で対策して欲しい

 

とおっしゃるお客様も増えて参りました。

数日前に、業界専門誌にも掲載されていたのですが、

キラー剤(殺虫剤)の脱却が進んでいると思いきや、

全くの真逆で、殺虫剤の使用が

増加している傾向にあるそうです。

 

確かに、当社もノンケミカル剤を推奨しているのですが、

やはり、殺虫剤に比べると高額になるのが、

ユーザーにとってはストレスが大きく、

 

安全なら殺虫剤の方が安心

 

という声が上がっています。

世の中には、化学物質なくしては成り立ちません。

食べ物・雑貨類・衣類等、さまざまな物に含まれています。

しかし、殺虫剤には神経系を阻害する成分が

入っているために大批判されるのです。

昔は、私たち作業員もかなり警戒しておりましたが、

現在は、安全性が高くなっており、

しろあり駆除剤も食塩レベルの毒性と

かなり安心して作業に当たれており、

薬品メーカーさまには感謝しております。

 

殺虫剤を嫌う反面、

大嫌いな害虫がいつまで経っても減らないことで、

ストレスがかかり、精神的な病に陥られる奥さま方も

少なくはないです。

 

というわけで、

殺虫剤を敬遠する場合は、

どうしても、駆除費用や効果の差があることを

前提でお考えになることをおすすめします。

 

もし、パートナーの片方が殺虫剤が嫌いで、

ゴキブリが中々減らない場合、

殺虫剤で駆除して欲しいと考えている

片方のパートナーには、

どんどんストレスが溜まっていることを

忘れないでくださいね。


ゴキブリ駆除等・

害虫駆除で、お困りの場合は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

おすすめ捕虫器

フローライトの販売はじめました。

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

独り暮らしのゴキブリ

2019-04-09

本日の弊社は、滋賀県東近江市、草津市、守山市、

福井県小浜市、京都市北区、左京区の

ゴキブリ駆除相談、食品工場の害虫駆除にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

今年の秋に、ベトナム行きが決まった

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

あるステークホルダーとの定例会で、

今年は、ベトナムになったのですが、

ベトナム料理は、多分苦手なのでかなり憂鬱です。

昆虫食なら大歓迎なのですが・・・。

 

【メインコラム】

沖縄ではビッグGがいます。

私は個人的に好きな類なのですが、

ワモンゴキブリという大型ゴキブリがいます。

 

京都でも、温かい暗渠によく営巣しており、

下水道や陥没地、時には厨房でも大量発生します。

私の苦い経験では、今はその場所はもうありませんが、

厨房の中で何千頭という数の

ワモンゴキブリが出てきたことです。

 

「なんか最近よく捕獲されるなぁ」

 

と思って、追い出しスプレーをしてみたら、

恐ろしいくらいの数が現れて、

普段30分で終了する現場が2時間もかかってしまい、

次のお客様の訪問が遅れたことが

すごく想い出に残っています。

 

大型ですが、ものすごく狭い隙間に入り込み、

知らないところで、着実に増殖していきます。

目の前に、出現しだした時には、

もうかなりの個体数が潜んでいる場合があるので、

かなり要注意のゴキブリです。

しかも、飛ぶので女性には不人気です。

 

今日は、久々に京都にお住まいだった奥さまが、

メールをくださいました。

沖縄に引っ越しされて3カ月になったので、

心配しておりましたが、ホッとしました。

 

あちらはもう夏で、ゴキちゃんも

大暴れする季節に突入ということで、

京都で対策していた対策をDIYで行われました。

 

ものすごく、ゴキブリがダメな奥さまで、

「何としてもやっつけて欲しい」

「見なくなるようにして欲しい」

と仰ってました。

「大丈夫かなぁ?ってとても心配です」

 

今年は、昨年ゴキブリ駆除をさせて頂いた

お客様(特に女性客)から早くも予防のリピートが

殺到しております。

 

昨年のブログにも書いておりましたが、

この時期は女子大生からの問い合わせが

非常に多くなるシーズンのようです。

 

というわけで、

もし、これから独り暮らしされる学生で

ゴキブリが嫌いなお客様は、

これからも大学生活を楽しく生きていくためにも、

対策をしておくことをおすすめします。


ゴキブリ駆除で、困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

おすすめ捕虫器

フローライトの販売はじめました。

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

問い合わせが増えて参りました

2019-03-20

本日の弊社は、岐阜県岐南町、京都府向日市、美山町、

京都市中京区、右京区、滋賀県湖南市、

東近江市、蒲生郡のタカラダニ調査、ネズミ対策、

食品工場・飲食店の防虫管理にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

最近、講師の仕事が増えている

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

私が何の講師をしているかといいますと、

ひと言で言いますと、「生前整理の必要性」です。

でも、実は生業としていないので、収入はありません。

 

では、何のためにするのか?と言いますと、

人間力とマーケティング力をアップするためです。

私の売りたい商品は、何かと言うと

自信を持ってお客様に提供できるサービスです。

 

でも、この自慢のサービスとお客様のマネーを

交換するためには、専門知識だけではなく、

人間性も含めて私自身を認めてもらう必要があります。

 

さらに、人気度をあげる。すなわち知ってもらうこと。

これをマーケティングといいます。

これが、両方出来て初めてビジネスなのです。

その両方を同時に上げることができるのが講師業です。

 

時々、マーケティングばかり勉強している人がいますが、

その方法は、間違っていないものの遠回りになります。

 

まずは、自分力を上げる。たくさん学ぶことです。

でないと、知ってもらう人が少なくなってしまいます。

そして、これだけは覚えておいてください。

ビジネスで成功するためには、

価値観を上げることです。

そして価値は、人気で決まるのです。


 

【メインコラム】

ネズミ駆除・コウモリ対策・タカラダニ対策の相談が

早くも入ってきております。

 

今日は、店舗で走り回っているネズミ駆除で

侵入経路の閉塞作業を行いました。

基本的に、どんな害虫・害獣でも

侵入経路を防ぐのが第一です。

コウモリも同じです。

追い出しをして、入らないように閉塞します。

 

これから頻繁に現れる

赤ダニと呼ばれるタカラダニもです。

 

こいつは、カベアナタカラダニ族と呼ばれるもので、

窓のレールや玄関の隙間などあらゆるところから

侵入してきます。

ですから大量発生する外周部で、

個体数を減らす必要があります。

 

私たち、業者はダニが対象の

残効力の高いマイクロカプセル剤や

エクスミン乳剤で行います。
(※当社は、ペルメトリン含有のエクスミンは使用しません)

 

さらに、工場や家の中に入ってくる場合は、

手前で専用シートで捕獲する方法があります。

 

先日のブログにも書きましたが、

今年は、虫の問い合わせが非常に多いです。

これからは、防虫ネットのシーズンもやってきます。

今年は、昨年よりレベルアップして

作業して参りたいと思いますので、よろしくお願いします。


 

害虫駆除で、困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

おすすめ捕虫器

フローライトの販売はじめました。

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

 

害虫駆除業が半分消える?

2019-03-18

本日の弊社は、京都市東山区、上京区、滋賀県草津市、

大津市、守山市、近江八幡市のネズミ駆除、ダニ駆除、

ビルメンテナンス相談、食品・倉庫・包装工場の防虫管理に

お伺いしました。

 

【メインコラム】

日本は、5Gをあきらめたそうです。

 

「5Gを制すれば、世界を制す」

「5G実用化で生活が

まるでSF映画のようになる」

 

とも言われているのですが、

日本は、4Gからもう出遅れてしまったので、

残念ながら、次の6Gに向かって動くしかないです。

 

ちなみに、1Gは、音声通話やアナログ無線で、

日本の東京が初でした。

「しもしも」と電話するバブル時代です。

 

ところが、どんどん欧米に抜かれてしまったのです。

抜かれたといえば、中国とインドです。

第1次産業革命前は、中国とインドが覇権を握っていました。

ところが、中国はその後、イギリスに侵略され、

1次・2次・3次産業革命は、イギリス・アメリカ・アメリカです。

 

産業革命の中心になった国が、

そのまま世界のリーダーになるのです。

 

ところが、第4次産業革命では、再び中国・インドの復権が

予測されています。何としても阻止しないといけないですね。

なぜかというと、中国という国は、

個人情報の保護というものは根底に無い国だからです。

5Gを中国が握ったら、想像もつかないくらい恐いです。

 

例えば、沿革で家のカギだって開くかもしれないし、

電化製品からの火災だって起こせるかもしれない。

良い事だっていっぱいありますが、

悪い事ばかり矢面に立ちますから、

やっぱり個人情報保護の節度を持った

国でないと厳しいですね。

 

そんな傍ら、第4・第5次では、

どんなビジネスが生まれるのか?

どんなテクノロジーが生まれるか?

有識者の9割以上の人が、

分からないともいわれているのです。

(ということは、1割の人はイメージが出来ている?)

 

では、害虫駆除の視点で見てみましょう。

5Gの時代になれば、ネズミ駆除のアイテムとして、

目の前に天敵などイタチのホログラムが

出せるようになるのかもしれません。

それを見たネズミの反応はどうなのか?

 

さらに、ゴキブリ駆除なんて、

人間が殺虫剤を散布する方法は、

無くなるでしょう。行かなくても駆除できるんです。

 

職人色が強く、経験人材は必要な分野かと思いきや、

まさかのAI、IoT、5G導入で、そうでもなくなってきました。

 

これから先は、資産がある者が勝ちます。

人もビジネスも2分化されます。

 

そして、私的に断言できるのが、

昆虫をうまく使ったビジネスが成功します。

でも何かは言いません!

まずあの分野が成功するかと思います。

でも、私にはとても資金力が無いので、伏せておきますねw

ヒントは、高齢化社会の真逆です。


 

害虫駆除・ネズミ駆除で、
困ったご相談

ノンケミカルのファン式
ゴキブリ忌避剤のご購入は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ