滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Archive for the ‘お知らせ’ Category

コウモリ追い出しスプレー

2017-08-20

本日の弊社は、奈良県磯城郡、滋賀県近江八幡市、大津市、

甲賀市、湖南市の糞害調査、コウモリ調査、コウモリ侵入閉塞工事、

ゴキブリ駆除、生前相談にお伺いしました。

 

23年間この仕事をしてきて、1番の困ったの相談に、

ブチ当たっている美鈴環境の鈴木です。

早く、解決することを祈っております。

 

さて、コウモリのお問い合わせが殺到しています。

ちょっと予約待ち状態になりつつありますので、

お早めにご連絡頂けると助かります。

 

今日は、屋根裏に棲むコウモリを

追い出しスプレーで外へ出し、

侵入口になっている配線取り込み口を閉塞しました。

 

出てきたのは、10頭くらいで

追い出しスプレー直後は、

「コウモリ同士で何か会話している」

当社のコウモリ王子が言っておりました。

 

そして、よく見ると、瓦と樋の間には、

屋根裏に通じる穴が存在し、

2頭のコウモリが休憩しておりました。

オスはたいてい単体でいるので、

このパターンはおそらく雌だと考えられます。

 

コウモリは、6月~7月に1頭から3頭の子どもを出産します。

子どもは、約45日間、母親から離れないので、

今くらいの時期から9月にかけて

閉塞工事をすることをおすすめします。

 

なお、生息数に関しては、1番多い時期にはなりますが、

この時期を逃すと、

10月はメスが冬ごもりに入ってしまうので、

9月に隙間埋め及び追い出し作業、

殺菌消臭作業をされることも合わせて

おすすめします。

 

コウモリに関するご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

配線取り込み口からコウモリ1 配線取り込み口からコウモリ2 配線取り込み口からコウモリ3 瓦下隙間にコウモリ1 瓦下隙間にコウモリ2 瓦下隙間にコウモリ3

動かなかったら天国、動くと地獄

2017-08-19

本日の弊社は、奈良県磯城郡、京都府向日市、

滋賀県近江八幡市、彦根市、愛知郡、大津市の

コウモリ調査、ゴキブリ駆除、コナダニ調査、糞害調査、

異物混入防止調査、生前整理にお伺いしました。

 

ついに待ちに待ったトートバッグが出来上がり、

さらに、やる気に満ちている美鈴環境の鈴木です。

 

困ったを助ける

相談が絶えない状況でございます。

 

すぐに対応できず、ご迷惑をおかけしたお客様、

本当に申し訳ございません。

また、お待ち頂いているお客様、

大変恐縮ですが、今しばらくおまちください。

 

さて今日は、1度大発生すると厄介なコナダニのお話です。

体色は白く、名前のごとく粉のようなダニで、

カラダの大きさも0.5ミリ以内と微小な生物なので、

真剣に見ないと分からないものです。

 

そして、高温には弱いですが、低温には滅法強いので、

この時期は、彼らにとって最盛期ともいえます。

 

こんな小さなコナダニですが、

実は、非常に厄介な面があります。

それは、一般的なお掃除だけでは、解決にならない点です。

木部や隙間などの微細な窪みに入っている

コナダニも逃さずに、掃除をするというのは、

拭き掃除や掃き掃除では、非常に難しく思います。

 

こういう場合は、清掃や隙間埋めといった環境的駆除と

殺虫剤やスチームでの処理といった

化学的駆除とノンケミカル駆除などの併用が必要と考えられます。

ただし、漆塗りのような高級なものにつきましては、

湯せんや殺虫剤は、剥がれますので、

絶対に避けて頂くようにお願いします。

 

写真は、ガスコンロの内部ですが、

この部分に落ちている残渣物にコナダニが付着していました。

 

元の発生源は、食品だったのですが、

繁殖を繰り返し、広範囲に広がっていたために、

このような場所にも棲みつくようになりました。

しかし、ガスコンロを使うと、

コナダニは、慌ててこの場所からキッチン台に

逃げるように出てきます。

 

というわけで、

この時期は、非常に多くなりますので、

白い粉があれば、

それが動くかどうか

1度じっくり見ることをおすすめします。

 

コナダニの駆除をする時は、

掃除のイタチごっこになる可能性が高いので、

大発生する前に1度、

お近くの専門業者にご連絡して頂く方が良いので、

決して、自分で何とかしようと思わないようにしてください。

 

滋賀・京都の害虫に関するご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

ガスコンロコナダニ

生前整理は究極のエコ活動

2017-08-17

本日の弊社は、京都市下京区、東山区、

滋賀県大津市、八日市市、福井県敦賀市の

生前相談、ネズミ駆除、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

今日の夕方、オオスズメバチに襲われかけた

美鈴環境の鈴木です。

いよいよ、スズメバチ駆除のお問い合わせが増える頃であります。

もし、このブログをお読みの方は、自分のお家の周りに

ハチが飛んでいないか、確認してみてください。

この時期は、日に日に巣が大きくなっていき、

攻撃性も増しますので、1日でも早い駆除をおすすめします。

 

さて今日は、生前整理・相続診断から、

大切な家族と財産を守るために、

まずは何をすれば良いのかを考えてみたいと思います。

 

遺産をめぐって、遺族が争う

争族 を避けるためには、

家族とのコミュニケーションが重要なことは、

重々お分かりのことだと思います。

しかし、このコミュニケーションで大切なことは、

相続の会話 であります。

 

積極財産と呼ばれるプラスの財産には、

現金・預貯金・有価証券・不動産・動産・骨董品・

貴金属・権利などがあります。

 

消極財産と呼ばれるマイナスの財産には、

借金・連帯保証債務、買掛金、ローン債務があります。

 

そこで、この両方の財産の一覧表を

1度、作ってみることをおすすめします。

すると、どのような財産があるのかや

相続税がかかるのかどうかも分かりますし、

分けられないものの存在なども把握できます。

 

そして、次に家系図を書き、その人たちと

いつ食事をしたかを書いていきます。

すると、色んなことが見えてきます。

 

このように、全てをオープンにして

会話ができる環境、いわゆる集まれる環境が

皆さまのお家で作れているでしょうか?

まずは、ここからがスタートだと思います。

 

遺品整理の現場では、

人間の汚い部分をよく目の当りにします。

 

「全部捨ててくれ」

 

このようにおっしゃる子どもが、

現金が出てきたとたん、間髪入れず受け取ります。

お金を残してくれていた両親への感謝の気持ちが

1ミリも感じ取れません。

 

そして、こういう人はさらに、悪い方向へ頭が働きます。

それは、他の相続人に

分配しないでおこうという考えに至るのです。

これが、争族に発展するのです。

私たちは、この状況を何も言えず、見ているだけなのです。

 

しかし、生前にこのような争族が起こらないようにするのが、

美鈴の仕事でもあります。

 

というわけで、

相続人がおられる場合の

美鈴の遺品整理や生前整理は、

醜い争族を作らないためのおかたづけに

こだわりを持っています。

 

おかたづけは、身の周りだけではなく、

身も心も綺麗にしてくれる

最高のエコ活動だと考えてみてはいかがでしょうか。

 

滋賀・京都の相続に関するご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

もはやテロ

2017-08-16

本日の弊社は、滋賀県愛知郡、湖南市、近江八幡市の

異物混入防止対策にお伺いしました。

 

オーダーメイドのメガネを2つ手に入れて

ご機嫌な美鈴環境の鈴木です。

やっぱり、こだわりのものを持つのと持たないのでは、

脳の働きが違います。良い運気も上昇するので、

皆さん、おすすめですよ。

 

さて、今日は、国内で話題奮闘中の

危険生物についてお話したいと思います。

 

今年2017年の5月26日に国内初の

ヒアリが、兵庫県の港で発見されました。

さらに、

6月18日 兵庫県神戸市

6月27日 愛知県弥富市

6月30日 大阪府大阪市

7月3日 愛知県名古屋市、東京都大井ふ頭

    (大阪港では女王アリが発見)

7月6日 愛知県春日井市

7月14日 神奈川県横浜市

7月21日 福岡県博多港

と拡大しています。

繁殖力が非常に高く、アリはモノにくっついて侵入しやすいので、

この先も拡大する可能性は非常に高いとされています。

 

では、ヒアリが今、話題にはなっておりますが、

他にも危険生物が、日本には上陸しているのをご存じでしょうか?

ここからは、メディア情報を引用させて頂きます。

 

踏んでも死なない堅いカラダを持つ

ツマアカスズメバチ

これは、美鈴の虫ページにも掲載されています。

詳しくはこちら → http://misuzu-eco.com/?page_id=780

 

人間の体内に入ると、脳に移動する

広東住血線虫という危険な寄生虫をもつ

世界最大のカタツムリである

 

アフリカマイマイ

 

この寄生虫は、身近にいるナメクジやカタツムリでも

持っている可能性があるので、洗わずに野菜を食べたり、

触れた後に、手を洗わずに口に入った場合は、

非常に危険です。

 

次に、台湾にいるハブの中で、カラダは小さいのに

最も猛毒を持つタイワンハブと

沖縄にいる大きなハブが交わって生まれた

ハイブリットハブも危険です。

いわゆる雑種強勢で、親よりも強くなるのです。

カラダが大きく、毒性が強いものになります。

 

さて、今の日本は、危機感があるようで、

なかなか実行に移せない体質であります。

いかなる危険も、国ではなく

それぞれの専門家が、軸として立ち上がるべきであると考えます。

危険な外来生物は、もはやテロです。

あまり甘くみると痛い目に遭いますので、

知識はしっかり持っておくことをおすすめします。

 

あなたが嫌だと思った生物は害虫です。

困ったのご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

ヒアリ注意喚起

ムカデ駆除はいつやるの?今でしょ!

2017-08-14

本日の弊社は、京都府向日市、京都市左京区の

生前整理、ムカデ駆除にお伺いしました。

 

今日のかたづけ作業は、8人でフルで動き回り、

素晴らしい仕事をしたことで、

気持ちのいい美鈴環境の鈴木です。

 

一戸建てからマンションにお引っ越しされる

ご夫婦の生前整理でした。

想い出がいっぱいで、お別れするのも

本当に勇気が必要でした。

いつもお客さまから喜んで頂ける、

一戸建ての分別作業は、当社の自慢であります。

 

さて、この夏には少し珍しいムカデの対策です。

あるお客様宅で、トビズムカデの幼体が恐ろしく出てきています。

殺虫剤での対策は、もちろん必要なのですが、

コンクリートのひび割れや陥没部分、雑草地などといった

ムカデの生息地を無くすことも非常に大切な事です。

 

この時期、誰もがやりたくないのが、

 

草刈りです

 

しかし、この暑い8月にする草刈り作業は、

非常に重要であります。

なぜかと言うと、この時期のムカデは産卵をするので、

生い茂った雑草地にある石や廃材の下などといった

安全な場所を非常に好む習性があるからです。

特に、日当たりの良い場所は、

雑草を無くすことで、ムカデのエサとなる小昆虫を

棲ませなくすることができます。

 

ということで、

8月こそ、ムカデ対策の環境整備を行い、

卵を産みつけているだろう箇所に、

薬剤散布をすることをおすすめします。

卵を常に舐めて守る習性があるので、

その辺をキーワードとして、駆除をすると良いです。

 

さらに、ひび割れ場所は、

隙間を埋めることが、めちゃくちゃ重要なので、

活動が激しくなる9月・10月までに、合わせて対策をお願いします。

 

隙間埋めや草刈りも行う

ムカデ駆除のご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

S区除草作業1 S区除草作業2

最近ヘビが出没します

2017-08-13

本日の弊社は、兵庫県神戸市、大阪府箕面市、京都府向日市、

滋賀県彦根市の生前整理、ハエ駆除、ゴキブリ駆除に

お伺いしました。

 

今日、中国自動車道を走っていたら、

フロントガラス上部に、野バトがぶつかってきて

びっくりした美鈴環境の鈴木です。

しかし、車での移動は、

渋滞ばかりで時間がもったいないですよね。

皆さん、連休中はおでかけになられる方も多いと思います。

事故だけは気をつけてくださいませ。

 

さて、近頃外周で殺虫作業をしていると、

かなりの確率でヘビを目撃します。

マムシ・シマヘビ・アオダイショウなどが、

ちょっと涼しい場所で休憩しているところを、

私が殺虫剤を散布するものですから、

あわてて逃げていきます。

 

私は、ヘビの忌避に対して、

硫黄を使うのが大好きで、

基本的に、マムシ・ヤマカガシ以外であれば、

生息していても問題はないと考えています。

しかし、家の中に入ってきたらどうでしょうか?

これは、状況が一変します。

 

まず、追い出す作業になるのですが、

タンスの裏などに隠れてしまうと、なかなか出てきてくれないので、

私たちは、棒や追い出し機器などを使用して、

ヘビを外の方へ出て来てもらいます。

場合によっては、素手でいきます。

 

当社は、よくヘビのお問い合わせがあるのですが、

 

① 今現時点で、部屋の中にヘビが入ってしまった場合

 で閉じ込めている

② 巣穴に入っていくのを見た

 

この2パターンであれば、弊社のメンバーが、

近隣にいる場合に捕獲対応が可能です。

ところが、時々あるお問い合わせで、

「今、いないけど、よく出没するので捕獲して欲しい」

これは、通常の金額より高くなります。

 

なぜなら、仕掛けを設置しなくてはならないのと、

捕獲された場合は、回収にお伺いした後、

山や川などに逃がしに行く必要があるからです。

 

あと2週間もすると、、ヘビは非常に活動的になると思われます。

子どもさんの運動会前には、

雑草が生い茂っているような環境を無くすように努力してください。

環境的に改善することは、非常に効果があるので、

ぜひ、涼しい時に除草作業を行うことをお勧めします。

 

困ったのご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

F郡ヘビ忌避1 F郡ヘビ忌避2

 

ゴキブリ忌避剤VSゴキブリ波動

2017-08-11

本日の弊社は、兵庫県神戸市、大阪府豊中市、

滋賀県彦根市、大津市、甲賀市、守山市のシロアリ駆除、

防虫忌避剤、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

次に生まれ変わったら、プロボクサーになりたいと思っている

美鈴環境の鈴木です。

8月15日にWBC世界バンダム級チャンピオン

山中慎介選手が具志堅用高さんの持つ

日本記録13回連続防衛にかけて戦われます。

神の左が早く見たいですね。ホントに滋賀のスーパースターです。

 

さて今日は、当社の害虫コンサルタントが

自作で用意した忌避剤をお客様に提供しました。

重曹と静寂の精油をミックスさせて、

雨のかからないところに設置しました。

この忌避剤は、

ダニ・ゴキブリなどが非常に嫌がるので、

効果に期待であります。

 

特に、このお客さまはゴキブリにお悩みになられているので、

何とかしてあげたいと思います。

 

思い返せば、1年前に引っ越しして来られた奥さま。

アースレッドで燻煙したら、

 

200頭のゴキブリ

 

が出てきたところから始まりました。

業者にお願いしても、大して効果はなく、悩まれていました。

そこで、困ったを助ける 美鈴環境サービスにアクセス。

 

実は、駆除をする際に1つ制限がありました。

以前、恐い思いをした空間噴霧はやめて欲しいということでした。

そこで、年間6回の定期訪問契約を結ばせて頂き、

今年で2年目の更新を頂きました。

この8月はクロゴキブリの赤ちゃん(1齢幼虫)が1頭出たものの、

今は平和な状態であります。

 

ちょっと、おかしなお話になりますが、

このお家はゴキブリなどの虫に好かれてしまいます。

化学的に実証されていないので、断言はできませんが

私の今までの経験と勘で予測しています。

家の外装や水廻り、環境などが影響しているのではありません。

 

というわけで、

ゴキブリが寄りやすい自説を、これ以上お話すると、

頭のおかしな人と思われるので、やめておきます。

しかし、この忌避剤が効果を発揮してくれたら、

お客様も本当に喜んでくださると思うので、楽しみです。

 

ゴキブリに関するご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

ゴキダニ忌避1 ゴキダニ忌避2

配偶者を救うニュー遺産分割試案

2017-08-10

本日の弊社は、京都府船井郡、京都市南区、山科区、

滋賀県愛知郡、米原市、草津市の生前相談、ゴキブリ駆除、

草引き、ヘビ忌避対策、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

今、私の脳には、4つの大きな引き出しがあるのですが、

今日3つ目の引き出しが開き出した美鈴環境の鈴木です。

それは、未来につながるお買いもの

通販サイトMiraiSのお問い合わせが好調のおかげであります。

お買い求めの皆さま、商品が少ない完成途上の店にも関わらず、

ありがとうございます。

MiraiSが目指しているものは、

当たり前ですが、アマゾンや楽天、ヤフーなどとは違います。

ちょっと異色なことを考えていますので、楽しみにしていてください。

 

さて今日は、遺品整理・生前相談に関しまして、

「遺産分割から住居を除く」

お話をしたいと思います。

このお話は、2017年(平成29年)7月19日水曜日の

日本経済新聞の記事から一部抜粋しております。

 

不動産と同じくらいの預貯金が有る場合、

配偶者と子どもで財産を分けやすいですが、

住居以外の財産が少ない場合は、

残された配偶者が、遺産分割のために住居の売却を迫られ、

住まいを失う恐れが増えるという問題が危惧されています。

そこで、法制審議会という部会は、

この遺産分割の規定を見直そうと試案をまとめました。

 

現行は、住居も遺産分割の対象になるのですが、

婚姻期間が20年以上の夫婦のどちらかが死亡した場合、

配偶者に贈与された住居は、

遺産分割の対象にしないということです。

 

この試案は、居住用の土地・建物を配偶者に贈与した際に、

それ以外の遺産を相続人で分け合うという内容です。

これにより、配偶者が土地を離れる必要がないのと、

住居が含まれないので、配偶者の遺産配分が

増えるということが起こります。

従って、配偶者の生活が安定することにつながります。

 

しかし、これには2つの適用条件があります。

① 夫婦の婚姻期間が20年以上であること

② 配偶者に住居を生前贈与または、

 遺言で贈与の意思を示すということ

であります。

 

贈与税の配偶者控除は、

一定の要件のもとに、配偶者から居住用不動産または、

居住用不動産の購入資金を贈与された場合に、

贈与税の課税価格から最高2000万円を控除できる制度です。

(相続税法21条の6)

 

この非課税になるという特例の利用が多いことから、

この試案は、かなりのニーズがあるとされています。

 

子や孫に移動する相続が、

1000兆円を超える時代に向かっている我が国日本。

争続を防ぐあらゆる取組みが、

新たなビジネスになることは、間違いないでしょうね。

 

滋賀・京都の相続に関するご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

201707遺産分割住居を除く

苦情がはね返ってくる話

2017-08-09

本日の弊社は、京都府南丹市、京都市東山区、右京区、

滋賀県愛知郡、甲賀市、大津市のネズミ対策、コウモリ対策、

生前相談、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

今日、地球は実は丸くなかったことを知った

美鈴環境の鈴木です。

水があるから丸く見えるだけで、

無くなるとひょっとこみたいな形になるそうです。

そして、宇宙人がいるであろうという星も

かなりの確率で存在することも分かりましたので、

テンションが上がりまくっています。

 

さて、コウモリのお問い合わせが連日あるのですが、

皆さん、非常にお悩みであります。その内容は、

 

近隣からの苦情なのです

 

どうやら自分のお家のせいで、

近隣に糞害が生じていると言われるのです。

しかし、貴方のお家の屋根裏や瓦の隙間が

営巣になっていないのにも関わらず、

糞が落ちていたり、壁に付いたりしている場合は、

ナイトルースト状態といって、

雨・風が当たらないところで、休憩しているだけなのです。

 

お問い合わせの内容で、

止まらないようにして欲しいという声は非常にたくさんあります。

でも、外観上に何かを施したり、塗ったりしないと

静止を防ぐことは、非常に難しいと思われます。

 

例えば、写真のような雨戸の隙間に潜んでいるケースは多いです。

この場合、雨戸を撤去するだけで、解決します。

(※写真は、コウモリ15頭ほどが固まっていました)

しかし、苦情を言った人は、貴方のお家へ

引っ越しする覚悟はしておいてください。

 

というわけで、

コウモリが止まらないようにするのは、

外観上、格好悪くなる可能性があるということと、

その対策するように苦情を言ったお家や別のお家に

引っ越しする可能性があるということを覚えておいてください。

 

苦情を言ったのに、逆に苦情を言われることにも

なり兼ねないので、くれぐれも注意してくださいね。

 

コウモリに関するご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

ナイトルースト雨戸にコウモリ1 ナイトルースト雨戸にコウモリ2 ナイトルースト雨戸にコウモリ3 ナイトルースト雨戸にコウモリ4

旦那さまピンチ!愛情度が急低下しています

2017-08-08

本日の弊社は、京都府宇治市、京都市南区、

滋賀県東近江市、大津市、湖南市、栗東市の

ノミ対策、ネズミ対策、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

地元の滋賀県代表、彦根東高校が、

サヨナラ勝ちで、甲子園初勝利をあげたニュースを聞き、

テンションが上がっている美鈴環境の鈴木です。

私は、大学で全国へ行きましたが、やっぱり、野球は甲子園。

ホントに行きたかったですね、甲子園に。

 

さて今日は、奥さまの心の叫びをお話したいと思います。

 

世の旦那様は耳をよくかっぽじって聞いてください

 

当社は、非常に悩み事相談が多い状態となっています。

トビムシ、チャタテムシ、ゴキブリ、ネズミ、コウモリなど

毎日、家で家事・洗濯をされ、お子様を育てられている

奥さまからのお問い合わせが非常に多くなっておられます。

 

しかし、子育てや家事で疲れている奥さまが、

さらに、本来ならいるべきではない生物に、

快適な生活を邪魔されてしまったら、

これはもう、病んでしまうのは当然であります。

 

ところが、この苦痛の悩みに疲れ果てている奥さまを後目に、

旦那さまや家族は、その気持ちが分からないのが、

これまた現実的に、非常に多いのです。

 

ほとんどの場合、

1.奥さまが精神的に異常になっているとか、

2.気にしすぎであるとか、

3.幻覚を見ているのではないかとか、

家族から言われるのです。

 

これは、もう頼るところがない状態で、

非常に可愛そうなことです。

そして、見つけたら

「ホラ、いるでしょ!」 

とこれでもかと奥さまは、猛アピールするのです。

 

でも、それでも旦那さまは、それほど気になさらないのです。

 

家で、赤ちゃんと2人きりで過ごしていて、

屋根裏でネズミがドタバタ走っている状況を、

普通に過ごす方がおかしいのです。

 

テレビを見てくつろいでいたら、

トビムシがゾロゾロと歩いているのを見て、

無視する方がおかしいのです。

 

掃除をしていたら、ゴキブリの赤ちゃんを

毎日のように目撃しているのを、何とも感じないのは

異常なのです。

さらに、このゴキブリの赤ちゃんが死んでいるのを掃除したり、

歩いていたりしているのを一生懸命に駆除してくださっている

奥さまがいるから、あのデカいゴキブリが少なくなっているのです。

 

というわけで、

もし、奥さまが虫や小動物にお困りになられていたら、

その方が、今の家族の主役であり、

1番に考えてあげなくてはならない存在であることを

理解することをおすすめします。

 

もし、「昔から、ネズミは走っていたし、気にならないなぁ」

「コウモリは、虫を食べてくれるから益獣やで」

「ゴキブリなんか見たことないけどなぁ。何でもそう見えるの違う?」

などなど、自分中心で物事を進めている旦那さまは、

今からでもいいので、改めた方が良いと思われます。

 

確実に、貴方への愛情は下がっているので、

一緒になって対策を考えてあげてください。

 

奥さまが悩まれている

害虫・害獣に関するご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ