滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Archive for the ‘お知らせ’ Category

田舎もんのクマネズミはちょろい

2019-06-16

本日の弊社は、滋賀県守山市の

タカラダニ駆除にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

働き方を競う時代に突入しています。

特に、飲食店には注目されています。

美味しいものを限定何食と決めて、

完売したら閉店という今、流行りつつあるしくみです。

 

この働き方のしくみは、他の仕事も併用できると考えます。

例えば、当社の業務である害虫駆除や遺品整理も

そうです。早い話、価格競争ではなく価値競争です。

当社も、〇〇を競う時代へとシフトチェンジして

いきたいと思います。


 

【メインコラム】

ショートコラムの延長になるのですが、

衛生管理の業界だけではないと思うのですが、

技術ではなく価格を競う時代になっております。

 

昔みたいに技術を競う価値競争に

戻って欲しいと願うのですが、

なかなか難しいものと思われます。

そこで私は、そもそもの考え方を変えた方が、

良いのではないか?思っています。

 

さて、アパートでお困りのネズミ駆除の現場で

面白いことが起こっています。

右側のピンク(以下ピンク)は、市販で売っている毒エサで、

左側のむらさき(以下むらさき)は、プロが使用する毒エサです。

おいしそうなニオイを醸し出しているのは、むらさき。

ピンクは臭いはしませんが、色は鮮やかです。

 

元々、お客様が置いていた

ピンクの毒エサばかりアクションがあるため、

私たちプロが設置している高級食材とも言える

「むらさき」はどうも警戒しているのか触ってくれません。

 

この「むらさき」に手を付けない状態がそろそろ45日に

なろうとしていますが、そろそろアクションが有る頃だと

思っており、今週末が楽しみです。

 

特に都会のクマネズミは、警戒心が非常に強いので、

そう簡単には、手を付けてくれません。

ちなみに、田舎のクマネズミはというと簡単に駆除できます。

 

都会と田舎では駆除レベルが違う

 

そうなんです。

同じクマネズミでも都会もんと田舎もんとは

警戒心や運動神経が違うのです。

だから、駆除の仕方も当然変わってきます。

 

例えば、当社の場合で言うと、

滋賀県と京都市では違うということです。

 

というわけで、

敵を知るためには、図鑑や勉強会も良いのですが、

やはり現場で成功した数が、価値競争に勝つためには

重要だと考えます。

 

そして私は、先日沖縄の方に大切なことを教えてもらいました。

それが大きなヒントになったのですが、その土地の性質も

知ることが重要であるし、またもっと言えば、

今の世情を知ることが大切だと分かりました。

 

駆除とは、一見関係ないように思えますが、

実は、「困ったを助ける」「困る前に助ける」の原点だと

分かったので、良かったと思っています。


ネズミ駆除で

困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

ありがとうの生前整理

2019-06-15

本日の弊社は、大阪府吹田市、京都市中京区、

滋賀県大津市、栗東市のトビムシ相談、ゴキブリ駆除、

コウモリ対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

高齢者の運転操作ミスから起こる交通事故が

多発していることで、高齢者の運転免許を

検討されているようです。

毎日のように小さな命が消えていくのは、

もう皆さんも我慢できないはずです。

あと、アクセルとブレーキは、

感覚だけで見ずに踏むため、

踏み間違いが生じて当たり前です。

システム上に問題がありますから、

このあたりも、クルマ業界の知恵をお借りして

改善に向かって欲しいです。


 

【メインコラム】

有り難いことに、今年に入り他府県に渡って

ご遺品整理と生前整理のお問い合わせが

急増して参りました。

 

滋賀・京都はもちろんのこと、

鳥取・愛知・奈良・大阪・兵庫・和歌山などからも

お声をかけて頂き、チームで対応出来ております。

 

生前整理の良いところは、

遺品整理と違って、本人の声を聞きながら

おかたづけ出来ることです。

両親と一緒に、想い出を振り返りながら、

アレは遺す・捨てるなど言いながら分けていきます。

時には、言い合いになり、

久々の親子ゲンカを勃発することもあります。

私は、元気な時に少しくらいは親子ゲンカだったり、

迷惑をかけたりも構わないと思います。

 

そんな時に、ケンカを鎮めてくれるのが、

アルバムや手紙です。

 

でも、本当に仲の良い関係であれば、

最期は「ありがとう」で終われます。

 

だから私は、いつも

「これだけは言わないでください」

と言います。

 

全部処分してください

 

皆さま、この全部を次の言葉に置き換えてください。

「両親が大切にしていたものも処分してください」

「子供や孫に遺していたものも処分してください」

たった漢字2文字ですが、こういうことです。

 

子どもは、親のモノを

「私たちにとっては全部ゴミ」

「家もいらない」 と平気で言ったりします。

頑張って働き、子どものために

一戸建てを購入したのです。

自分が親の立場だとして、

子どもに、このように言われたらどうでしょうか?


辛くないですか?私は辛いです。

 

というわけで、

生前整理をすることで、

遺品整理時にかかるお金・労力・時間を軽減できますし、

何よりも後世に遺すモノ・想いを整理したり、

想い出を思い切って断ち切ったりして、

心の整理ができます。

 

そして、生きる活力が湧いてくると思われますから、

重度の孤独死や重度の認知症も防ぐ力に

つながると思います。

生前整理・遺品整理にご余命の際は、

お問い合わせ頂ければと思います。


生前整理・遺品整理で

困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

虫を間違うと薬剤の選定も駆除法も間違える

2019-06-14

本日の弊社は、大阪府豊中市、滋賀県彦根市、守山市、

草津市、近江八幡市の食品・医薬品・化学品工場の防虫対策、

マンションのニセケバエ対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

昨日、非常にショッキングな出来事がございました。

私の前から歩いてきた男が、

線路に向かってゴミを投げたのです。

本当に驚きました。

G20でも議題に上がるプラゴミ問題。

もっとこの国は、レジ袋有料化も良いですが、

ペットボトルの有効活用などを

考えた方が良いのではと思います。


 

【メインコラム】

虫の同定間違いによる対策が

いろんなところで起こっています。

 

虫の同定調査を20年以上、

生業にしている美鈴環境サービスが、

よく目の当りにする光景なのですが、

当社よりも先に訪問された同業者さんが、

対象虫の名前間違えているのです。

もちろん、間違った虫の対策を講じられるわけであります。

 

そして今日も、起こりました。

クロバネキノコバエだと納得した業者さんでしたが、

残念ながら、当社が現地で検査した結果は、

ニセケバエでございました。

 

すると、お客様のヒアリング状況や困っている点が

このニセケバエとつじつまが合うわけです。

ニセケバエは群飛性のため、

一過性のような発生の仕方をします。

ただし、それは外部発生の場合のみであります。

 

内部発生の場合は、少々面倒なことになります。

なぜかというと、排水関連や床下になりますと、

調査段階で非常に時間がかかり、

慢性に発生する可能性もあるためです。

 

というわけで、

同定調査を怠った時点で、

薬剤の選定と駆除法は間違うことになるので、

ご依頼される際は、ちゃんと虫の検査が

できる業者さんにお願いされることをおすすめします。

 

結局、お客様に迷惑がかかってしまい、

二度手間、三度手間になりますので、

業界の発展のためにも、

同業者の方も注意して頂きたいと思います。


 

ニセケバエ駆除

クロバネキノコバエ駆除

タマバエ駆除で、困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

おすすめ捕虫器

フローライトの販売はじめました。

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

日本人の理解不能な行為

2019-06-11

本日の弊社は、滋賀県草津市、大津市、長浜市、

東近江市、栗東市の遺品整理・お焚き上げ・供養、

畜舎のネズミ駆除、化学品工場・ホテルの防虫対策に

お伺いしました。

 

【ショートコラム】

プレスリリースをご存じでしょうか?

報道機関に向けた、情報の提供・告知・発表のこと。

を言います。

「news release ニュースリリース」「報道発表」とも言います。

 

なぜ、こんかことを聞いたかというと、

私自身が、このプレスリリースに挑戦しようと

思っているからです。

以前は、テレビや新聞などメディアに出るのは、

拒んでいたのですが、

あまりにも世の中が荒んでいるので、

もっと発信しなくてはいけないと考えました。

 

というわけで、

ちょっと気合入れて、

私の想いを発信していきたいと思いますので、

応援していただければと思います。


 

【メインコラム】

6月に入り、ユスリカ・クロバネキノコバエなどの

外部発生虫と梅雨時期に増えるトビムシ・ダニ

などの室内害虫のお問い合わせが急増しております。

 

今日は、ダニについてお話したいと思います。

日本人は、和室にじゅうたんやカーペットを敷くといった

変な行動を起こします。

これは、かなり危険な行為です。

 

なぜかというと、

和室にダニが発生した場合、

畳の表裏に駆除剤を散布しますが、

さらに、その上にじゅうたんやカーペット、

CF(クッションフロアー)を敷くと、

ダニの潜伏箇所が拡大されるだけではなく、

その分の薬剤と剥がす手間が増えてしまうからです。

 

ダニの発生予防は、

乾燥に心がけてください。

そして、1日1回は冷房で室内を急激に冷やしたりして、

温湿度環境をめちゃくちゃにしてください。

虫は、私たち人間と違い、温度に適応できません。

 

というわけで、

今、お家にダニの被害が無い場合は、

1日1回は、
冷房で18度~19度

に一気に冷やすことを習慣化し、

予防されることをおすすめします。

 

そして、殺虫剤には頼らず、

このように環境的駆除で解決することも取り入れて

頂くこともおすすめします。

ちなみに、市販の殺虫剤であれば、

ダニ専用のスプレーやアースレッドなどの燻煙剤で

一気に成虫を駆除した後、掃除機で死骸を吸い取り、

また1週間ごとに3回くらいをメドに

同様の作業を実施すると良いかと思われます。


 

ダニ駆除で、

困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

おすすめ捕虫器

フローライトの販売はじめました。

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

一覧

 

奥さまが大嫌いなトビムシの侵入経路閉塞

2019-06-09

本日の弊社は、兵庫県宝塚市、京都府京丹波町、

滋賀県東近江市のトビムシ対策、ヘビ対策、

食品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

ペットボトルが高級コートに変身する

という記事が出て、とても嬉しい

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

2011年にドイツで開発された

廃棄牛乳を使った新しい天然繊維「Qミルク」

独アウトドア衣料のブランドであるファウデは、

2018年の春夏コレクションで採用され、

牛乳20%を含むフェルトがリュックサックの背当てや

靴の素材に使われています。

 

ドイツでは、年間約200万トンの牛乳が

廃棄されているそうです。

この牛乳を回収し、乾燥させたうえで、

水でこね、麺の生地のようにし、

それを細かいノズルから押し出して繊維をつくられます。

出来上がった糸は、絹のような手触りが特長だそうです。

 

ドイツのファッション分野で、

サステナブル(持続可能)への意識が高まっています。

ミュンヘンのファッションブランド

エーエンスは、ほぼすべてに、

リサイクル材や生分解性の素材を

利用したコレクションを発表されました。

脱プラスチックの流れが、

衣料分野にも浸透して来たことは嬉しいことですよね。

そして、狙う消費者層は、

品質とデザインに加え、

持続可能性を真剣に考えている

見識のある国際人ということです。

まさしく環境経営です。

※6月9日 日刊MJでの記事を引用


 

【メインコラム】

トビムシの侵入経路を閉塞して参りました。

洗面所で姿を現したということで、

周辺部を調査し、隙間部分にシーリングを行いました。

ここのお客様は、もう長いお付き合いで、

年契約でお世話になっています。

 

私が訪問することで安心する

 

とおっしゃって頂けます。

でも、これには奥さまのパートナーである

旦那さまのご理解もあるからです。

奥さまがお悩みになられる姿を見ている方が、

自分にとっても3人の子どもにとってもマイナスだと

分かっておられるからです。

 

トビムシやチャタテムシ等の微小昆虫に対する

不快を感じる方々は、少なくはありません。

しかし、女性と男性では不快度が大きく違います。

男性は、ずっと家にいないので気にしませんが、

女性は違います。幼い子どもの面倒も見ていると、

床に近い位置で生活しています。

すると、見えるのです!

ものすごく小さい虫が。

時には、私たちプロよりも目が肥えておられます。

 

というわけで、

トビムシに関しては、

ご主人の理解を得られずに、

悩み続けられる奥さまが

非常に多いということを知っておいてください。

 

何とかして助けてあげないと、

本当に不快感が最高潮に達し、

ご病気になられてしまいます。

 

何もかもが虫に見え、精神的な病気になられ、

見積もり時に、救急車を呼んで

見送った私が言うのですから、

間違いはありませんよ。


トビムシ駆除で、

困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

おすすめ捕虫器

フローライトの販売はじめました。

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

クマネズミ駆除の隙間埋めにはマウスストッププレミアム

2019-06-08

本日の弊社は、兵庫県神戸市、千葉県柏市、

京都府向日市、京都市上京区、左京区、

滋賀県大津市、東近江市、守山市、近江八幡市の

マンションのユスリカ対策、アパートのネズミ対策、

マンションのトビムシ・タカラダニ・チャタテムシ相談、

食品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

先日、ある尊敬する社長と食事をしました。

その社長と私は、仕事も恋愛感覚も

まったく共通点が無いのですが、

なぜか、お互い気持ちよくて定期的に食事に行きます。

 

お互い成功ってなんぞや!

 

という話をしていたのですが、

これまたお互い全く違う面白い結末でした。

というわけで、7月も約束したので楽しみです。


 

【メインコラム】

マウスストッププレミアムってご存じですか?

ネズミ駆除で隙間を閉塞する時に使用する

専用シーリング材です。

 

銅とスチールの繊維が含まれており、

齧った時に強い不快感を与えるもので、

そう簡単に齧れないスーパーアイテムです。

今回、クマネズミの侵入箇所がかなり大きな開口部でした。

床下とつながる空洞になっているので、

まずは下地を入れました。

今回の下地は、これまた齧ると不快を感じる

ステンレスたわしを使用しました。

そして、ここでスーパーアイテムの登場です。

マウスストッププレミアムで仕上げました。

 

これで、ここのお家への侵入経路は無くなりました。

この現場もそろそろ収束です。

ここが終わったら、また次の現場で困ったを助けるです。


クマネズミ駆除に

お悩みのある方は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

コウモリ忌避試験中

2019-06-05

本日の弊社は、滋賀県大津市、守山市、東近江市、彦根市、

近江八幡市のコウモリ相談、食品倉庫、化学品工場、

食品工場の防虫管理にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

「80代の親」が「50代の子ども」

の生活を支えるいう8050問題。

非常に深刻になっており、心配で仕方がない

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

市は、この問題に必至に取り組んでおられます。

取り組もうとしておられます。

でも、職員は少なくなるし、

民生委員も60歳以上が85%の老々支援。

おまけに自治会離れによる減少。

すると、自治会も社福さんも成り立たない。

引きこもりや孤独死の増加につながる。

これは、非常に大きな問題として取り上げ、

考えていかなければならないと思います。

皆さんも他人事と思わず、考えてみませんか?


 

【メインコラム】

コウモリ対策では、屋根裏から追い出したり、

侵入させないようにすることは出来ますが、

止まらないようにするということが出来ません。

 

皆さん、止まらないようにするためには、

どうすれば良いか悩んでおられます。

もちろん、私たちプロも悩んでいます。

超音波であったり、金網や糸など

色んな効果のある方法もありますが、

現実的には、費用や景観的に難しいものがあります。

 

今、試験中なのがこれです。

家の中には入らないけど、止まって糞を落とす被害が

非常に多いので、嫌がるモノをぶら下げています。

これは、試験です。

効果があるがどうかは、またご報告させて頂きます。

 

というわけで、

全国には、コウモリだけではなく、

さまざまな虫や獣に被害を受けておられる方が多く、

微小な虫で、一世一代の夫婦喧嘩をされる方も

少なくはないのです。

 

そして、このブログを読んでくださっている

皆さんだけにお知らせですが、

虫キライな方々を救える相談所が、もうすぐ出来ます。

これは、たくさんの方々のご要望で出来ました。

開設まで30日を切っておりますので、

楽しみにしていてください。


 

コウモリの被害に

お悩みのある方は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

新築1年未満でもコウモリの餌食に

2019-06-03

本日の弊社は、福井県あわら市、京都市南区、左京区、

滋賀県守山市、野洲市、草津市の医薬品・食品工場・

物流倉庫・飲食店の防虫管理、家屋のコウモリ相談、

にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

ラットレースにはハマっていないのですが、

今の時代には、まだまだ乗り切れていない

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

今日、システムを利用したあるビジネス戦略を

考えていたのですが、私がホームページを作成した

当時に考えていたことが、数年を経てまた私の元に

戻ってきました。

まだ、モヤっとしているのですが、

何か国外で利用できないかなぁと考えております。

スピード社会に乗り遅れないように

しないといけないと思います。


 

【メインコラム】

コウモリの被害に

悩まされているお客様が急増しています。

瓦のお家、新興住宅問わず、被害に合われています。

 

外壁の種類によって、

コウモリが棲みつきやすいタイプのお家があります。

このように、外壁に溝があるお家は、

完全に狙われます。

新築1年未満でも運が悪いと棲みつかれてしまうのです。

 

というわけで、

1度コウモリに棲みつかれてしまうと、

自然にいなくなることは絶対にありませんので、

必ず対策を講じることをおすすめします。

 

お家の屋根裏が、コウモリの営巣になると、

目に見えない微細な糞を吸ってしまい、

アレルギーなどに罹ってしまう可能性があるので、

注意して頂きたいと思います。


 

コウモリの被害に

お悩みのある方は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

ムカデの弱点を知らずして駆除はできない

2019-06-01

本日の弊社は、滋賀県草津市、東近江市の

遺品整理・食品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

安倍総理は、先日の日米首脳会談で

「最高の交渉カードを手に入れた」

と言われています。

 

安倍総理は、トランプ大統領に、

ゴルフ・相撲観戦・炉端焼きなど

異例のおもてなし攻勢で、すばらしい活躍をされました。

なかなかファイターな安倍総理です。

 

トランプ大統領だけに特別な経験を

させたところが高評価されており、

その対価がすごく楽しみだといわれています。

今回の行為は、国防として何兆円もの効果があるのです。

最後の護衛艦のかがに行ったのも、

アメリカと日本が一緒になって中国の均質を止めるため。

今回の会談は、国外にかなり見えないプレッシャーに

なっていることだと思います。

 

そして、日本はF35戦闘機を大量に買うでしょう。

これでアメリカがやっているネットワークを中止とする

戦闘に日本も入っていけるようになります。

地球上でコンマ何秒のスピードで

お互い情報交換ができるのです。

 

というわけで、

安倍総理も、しっかりとゲームをしていることに

私は嬉しく思いました。なのに、馬鹿な発言で

騒いでいる政治家には、残念で仕方がありません。

若くても良いので、どんどん優秀な政治家を

揃えて欲しいと思います。


 

【メインコラム】

さて、そろそろムカデのシーズンがやって参りました。

いつも私のブログを読んで頂いている方は、

ご存じだと思いますが、ムカデの弱点を

しっかりと押さえておくことで駆除が楽になります。

 

① 環境的駆除

まず、ムカデが棲みつきやすい環境を作らないことです。

雑草地がある場合は、当該場所に駆除剤を散布します。

 

② 化学的駆除

重質粉剤を散布します。粒剤よりも粉剤の方が良いです。

ムカデの最大の弱点は、お腹です。

表面は、硬い甲羅上のモノで覆われていて、

いかにも強そうなイメージがありますが。

お腹はフニャフニャで、可愛そうなくらい柔らかいです。

そこに薬が付着すると、見事に瞬時に苦しみます。

 

また、家に入り込んでいる場合は、

アースレッドを燻煙すると良いです。

ただし、煙感知器の未養生や

水棲昆虫、植物、乳幼児のおられるところでは

使用しないでください。

 

というわけで、

ムカデは、意外と強くない不快害虫ですが、

知識がないと、全く効果が現れないので、

注意しましょう。

特に殺虫剤の選定と技術者の能力が、

かなりのウェイトをしめますので、気をつけましょう。


ムカデにご興味のある方は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

求人募集(女性社員の募集)

2019-05-31

【求人情報】

女性 正社員を募集しております。

 

20代 ・ 30代を希望しています。

未経験者歓迎、必要な資格なし。

車通勤可。

 

【選考方法】

代表の面接

 

【当社の業務】

食品・医薬品工場の異物混入防止支援(害虫害獣)
一般宅・ホテル・施設・倉庫の害虫害獣駆除
遺品整理・生前整理・ハウスクリーニング
総合建築関連の窓口・
通販事業・オーダーメイド制作
社会貢献活動・終活関連の窓口

 

【お願いする業務】

事務・電話応対・
遺品整理等の現場仕事
(条件:パソコン使える方)
※ 現在、10年勤続の女性社員1名在籍。
事務の仕事が増えてきたので、
募集に至りました。
それ以来、初めて女性社員の募集です。

 

【就業時間】
月曜日〜金曜日 8時〜17時

 

【休日等】
土日祝・GW、お盆、
お正月12月28日〜1月4日

 

【特徴】
「困ったを助ける」を社是とし、

楽しくをモットーに活動しております。

大手企業との取引が非常に多く、特殊な事務仕事もあります。

ご興味のある方は、ご連絡お待ちしております。

 

【事業所】
滋賀県大津市際川4丁目4番7号
有限会社 美鈴環境サービス

【最寄りの駅】
JR唐崎駅から徒歩15分
京阪滋賀里駅から徒歩15分

【労働条件等】
月給制 基本手取り120,000〜
昇給あり 月5,000円〜

【加入保険】
雇用、労災、健康・厚生、厚生年金基金

心よりお待ちしております!


美鈴環境サービスに

ご興味のある方は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ