滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘害虫駆除の駆け込み寺’

問い合わせが増えて参りました

2019-03-20

本日の弊社は、岐阜県岐南町、京都府向日市、美山町、

京都市中京区、右京区、滋賀県湖南市、

東近江市、蒲生郡のタカラダニ調査、ネズミ対策、

食品工場・飲食店の防虫管理にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

最近、講師の仕事が増えている

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

私が何の講師をしているかといいますと、

ひと言で言いますと、「生前整理の必要性」です。

でも、実は生業としていないので、収入はありません。

 

では、何のためにするのか?と言いますと、

人間力とマーケティング力をアップするためです。

私の売りたい商品は、何かと言うと

自信を持ってお客様に提供できるサービスです。

 

でも、この自慢のサービスとお客様のマネーを

交換するためには、専門知識だけではなく、

人間性も含めて私自身を認めてもらう必要があります。

 

さらに、人気度をあげる。すなわち知ってもらうこと。

これをマーケティングといいます。

これが、両方出来て初めてビジネスなのです。

その両方を同時に上げることができるのが講師業です。

 

時々、マーケティングばかり勉強している人がいますが、

その方法は、間違っていないものの遠回りになります。

 

まずは、自分力を上げる。たくさん学ぶことです。

でないと、知ってもらう人が少なくなってしまいます。

そして、これだけは覚えておいてください。

ビジネスで成功するためには、

価値観を上げることです。

そして価値は、人気で決まるのです。


 

【メインコラム】

ネズミ駆除・コウモリ対策・タカラダニ対策の相談が

早くも入ってきております。

 

今日は、店舗で走り回っているネズミ駆除で

侵入経路の閉塞作業を行いました。

基本的に、どんな害虫・害獣でも

侵入経路を防ぐのが第一です。

コウモリも同じです。

追い出しをして、入らないように閉塞します。

 

これから頻繁に現れる

赤ダニと呼ばれるタカラダニもです。

 

こいつは、カベアナタカラダニ族と呼ばれるもので、

窓のレールや玄関の隙間などあらゆるところから

侵入してきます。

ですから大量発生する外周部で、

個体数を減らす必要があります。

 

私たち、業者はダニが対象の

残効力の高いマイクロカプセル剤や

エクスミン乳剤で行います。
(※当社は、ペルメトリン含有のエクスミンは使用しません)

 

さらに、工場や家の中に入ってくる場合は、

手前で専用シートで捕獲する方法があります。

 

先日のブログにも書きましたが、

今年は、虫の問い合わせが非常に多いです。

これからは、防虫ネットのシーズンもやってきます。

今年は、昨年よりレベルアップして

作業して参りたいと思いますので、よろしくお願いします。


 

害虫駆除で、困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

おすすめ捕虫器

フローライトの販売はじめました。

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

 

害虫駆除業が半分消える?

2019-03-18

本日の弊社は、京都市東山区、上京区、滋賀県草津市、

大津市、守山市、近江八幡市のネズミ駆除、ダニ駆除、

ビルメンテナンス相談、食品・倉庫・包装工場の防虫管理に

お伺いしました。

 

【メインコラム】

日本は、5Gをあきらめたそうです。

 

「5Gを制すれば、世界を制す」

「5G実用化で生活が

まるでSF映画のようになる」

 

とも言われているのですが、

日本は、4Gからもう出遅れてしまったので、

残念ながら、次の6Gに向かって動くしかないです。

 

ちなみに、1Gは、音声通話やアナログ無線で、

日本の東京が初でした。

「しもしも」と電話するバブル時代です。

 

ところが、どんどん欧米に抜かれてしまったのです。

抜かれたといえば、中国とインドです。

第1次産業革命前は、中国とインドが覇権を握っていました。

ところが、中国はその後、イギリスに侵略され、

1次・2次・3次産業革命は、イギリス・アメリカ・アメリカです。

 

産業革命の中心になった国が、

そのまま世界のリーダーになるのです。

 

ところが、第4次産業革命では、再び中国・インドの復権が

予測されています。何としても阻止しないといけないですね。

なぜかというと、中国という国は、

個人情報の保護というものは根底に無い国だからです。

5Gを中国が握ったら、想像もつかないくらい恐いです。

 

例えば、沿革で家のカギだって開くかもしれないし、

電化製品からの火災だって起こせるかもしれない。

良い事だっていっぱいありますが、

悪い事ばかり矢面に立ちますから、

やっぱり個人情報保護の節度を持った

国でないと厳しいですね。

 

そんな傍ら、第4・第5次では、

どんなビジネスが生まれるのか?

どんなテクノロジーが生まれるか?

有識者の9割以上の人が、

分からないともいわれているのです。

(ということは、1割の人はイメージが出来ている?)

 

では、害虫駆除の視点で見てみましょう。

5Gの時代になれば、ネズミ駆除のアイテムとして、

目の前に天敵などイタチのホログラムが

出せるようになるのかもしれません。

それを見たネズミの反応はどうなのか?

 

さらに、ゴキブリ駆除なんて、

人間が殺虫剤を散布する方法は、

無くなるでしょう。行かなくても駆除できるんです。

 

職人色が強く、経験人材は必要な分野かと思いきや、

まさかのAI、IoT、5G導入で、そうでもなくなってきました。

 

これから先は、資産がある者が勝ちます。

人もビジネスも2分化されます。

 

そして、私的に断言できるのが、

昆虫をうまく使ったビジネスが成功します。

でも何かは言いません!

まずあの分野が成功するかと思います。

でも、私にはとても資金力が無いので、伏せておきますねw

ヒントは、高齢化社会の真逆です。


 

害虫駆除・ネズミ駆除で、
困ったご相談

ノンケミカルのファン式
ゴキブリ忌避剤のご購入は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

もうすぐテントウムシに注意

2019-03-04

本日の弊社は、奈良県生駒市、京都府久世郡、

福井県あわら市、滋賀県湖南市、守山市、近江八幡市の

医薬品・食品工場、飲食店の防虫管理、ネズミ対策、

生前整理にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

先日は、韓国の一大イベント「三・一独立運動」が

100周年ということで、盛大に行われました。

 

三・一独立運動とは、1919年3月1日

当時日本の統治国家にあった韓国で起こった

独立運動です。

発端は、大韓帝国初代皇帝だったゴジョン(高宗)氏が

原因不明の死を遂げたのですが、

この死が日本人による毒殺説が流れ

反日独立運動に発展したようです。

 

さて、この原因不明が日本人のせい?が発端?

???ばかりですが、こんな理由での

韓国の反日はいつまで続くのでしょうか?

 

歴史を蒸し返す、国旗を燃やす、国を挙げての洗脳、

学生はちゃんと教えてもらえていない教科書問題。

 

国民に苦痛を与えているのは政府

 

これ、韓国だけでなく、どこの国もそうかもしれませんね。

それにしても、トランプショーにやられっぱなしです。

チャンスが来た習近平さんはいかに!


 

【メインコラム】

やはり、防虫対策の相談が増えてきました。

2月中旬からのお問い合わせは、異例の早さです。

もうすぐ啓蟄ですが、暦とおりに活動が盛んになりそうです。

 

ユスリカ・ゴキブリ・カメムシなどが現れ始めました。

医薬品工場などの機密性の高い建物では、

テントウムシも出てくる頃だと思います。

 

さて、このテントウムシ。

冬に入る前に屋根裏に入り込んでおり、

春になると、突然部屋に大群で現れ、

窓際に集るので、皆さん驚かれます。

 

特に、大群で出現するのは、

階段室や事務所などの防虫管理をしていない

機密性の悪いところに出てくることが多いです。

また、換気口から出てくることもあります。

 

というわけで、

侵入経路になる箇所は、

下記のような防虫ネットを取りつけられることを

おすすめします。

写真は、タフガードネットという防虫ネットで、

当社も非常に人気のあるこのネットを使用しております。

※ベランダ施工には目がもっと細かいのを使用しています。


 

害虫駆除で、困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

 

おすすめ捕虫器

フローライトの販売はじめました。

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

床下清掃・屋根裏清掃の重要性

2019-03-02

本日の弊社は、奈良市、滋賀県東近江市、大津市の

床下清掃、ゴキブリ駆除、コバエ駆除にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

今日は、テレビで「60周年だよ!よしもと新喜劇」

が放映されました。

豪華6座長が共演、史上最多100人以上が出演という

私にとっては、至福の時間でした。

 

私は、子どもの頃からよしもとファンで、

とにかくお笑いが大好きでした。

その中でも、間寛平VS池之めだか、花木京VS岡八朗の

絡みがもう、むちゃくちゃ好きでした。

今日はその1組、寛平さんとめだかさんのコンビが

久々に観れました。ネタは、サルVSネコで、

私の好きなネタでは無かったのですが

懐かしくて面白かったです。

 

最後は、「次世代のために」がクロージングだったので、

今の時代に大切なことを伝えられました。

人を笑わせるって本当に素晴らしい仕事だなぁと

身に染みて感じた1日でした。


 

【メインコラム】

家の中をゴキブリが時々歩いているということで、

調査した結果、床下に卵鞘(らんしょう)と死骸が

ゴロゴロ転がっていたので、掃除後に薬剤処理を

行いました。

 

お客様宅では、お子様もおられず、

夫婦ともに薬品アレルギーも無いということでしたので、

お打合せの結果、殺虫剤でお願いしたいということでした。

 

診断の結果では、

元々、隣りが飲食店(お伺いした時は更地)で

クロゴキブリが生息していたもよう。

外で徘徊していたものが、お客様宅のねこ土台と呼ばれる

隙間から侵入して床下で卵を産みつけ繁殖。

居室への侵入経路は、ねこ土台から一旦外に出て、

窓のレールから侵入というルートでした。

 

元々の根源である床下の卵も成虫も死骸も

すべて除去したので、もう見ることは無いかと思います。

 

というわけで、

戸建てのゴキブリ駆除は

居室・床下・屋根裏と行うのが、

本当は完璧なのですが、

お客様によってお財布事情がありますので、

一番問題になっているところから対策を

して頂くことをおすすめします。

今年も床下や屋根裏の清掃は忙しくなりそうです。


 

ゴキブリ駆除・

床下清掃・屋根裏清掃で、

困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

ヒノキ成分での防虫対策がおすすめ

2019-03-01

本日の弊社は、京都府京丹波町、滋賀県栗東市、守山市、

大津市、草津市、野洲市の遺品整理、化学品・食品工場、

スーパーの防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

5W1Hという言葉を皆さまは聞いたことがあると思います。

Why(なぜ)、What(何を)、Where(どこで)

When(いつ)、Who(だれが)、How(どのように)

という計画づくりにとって大切なことです。

 

そして、これはお客様にサービスや商品を

おすすめする際にも重要なことになります。

 

でも私がおすすめするのは、

5W2H、もう一つの「H」です。

How much?

皆さんも気になる金額です。私の経験上では、

これをすぐに伝えられるかどうかで

成約率が変わります。

 

というわけで、

ちゃんと現場へお見積もりに行き、

その場である程度の価格をお伝え出来ることを

おすすめします。

1番知りたいのは、How muchだということを

お忘れなく!


 

【メインコラム】

2019年は、虫が多くなりそうです。

例年よりも、かなり早く虫が出てきているせいか

お問い合わせも頂いております。

 

今日は、クサギカメムシも外で日向ぼっこをしていました。

今年の夏は、どうもエルニーニョ現象の影響で、

昨年のような猛暑にはならないみたいです。

むしろ雨が多くなるようです。

 

ということは、

通常、暑い8月は虫の個体数は減少するのに

それが期待できないかもしれないのです。

昨年といえば、ゴキブリが暑すぎて少なかったです。

 

当社おすすめの遺伝性防虫忌避施工は、

利益がほとんど出ないサービスなのですが、

多くの方に体験して頂きたいため、

2年前から窓ガラス1㎡あたり300円+交通費+1万円に

なりました。

 

先日も早速、お問い合わせ頂き、

薬液の効力が、メーカー的には3ヶ月なので、

(紫外線の当たり具合によりバラつきありも、我が家は1年近く効果あり)

 

 

暖かくなってから、実施しましょうということで

商談が成立しました。

 

というわけで、

今年も遺伝性防虫忌避施工は、

遠方でも行って参りますので、

どうぞよろしくお願い申し上げます。


 

害虫駆除で、困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

 

おすすめ捕虫器

フローライトの販売はじめました。

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

今年はゴキブリに注意

2019-02-27

本日の弊社は、大阪市東住吉区、京都市西京区、

滋賀県大津市、近江八幡市、湖南市、甲賀市の

遺品整理相談、生前整理相談、飲食店・食品工場の

防虫管理にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

オレオレ詐欺というものが始まって

かなりの年月が過ぎるのですが、

中々無くなりません。

 

ある金融機関からの情報ですが、

お客様は、分かっていても騙されてしまうということです。

「話術がかなり巧妙なのでしょう」ということです。

私は、こういうことを無くしたいと思い、

活動を始めたのですが、

今日、私が主催で行った勉強会で感じたのは、

 

皆んなで考える時間をつくる

 

ということです。

というわけで、今後は詐欺被害の増加など

さまざまな社会問題に対して、

皆さまと一緒に考えて参りたいと思います。


 

【メインコラム】

今年は、まだ2月だというのに、

かなり暖かくて、虫も例年以上に早く顔を出しております。

今年の啓蟄は3月6日ですが、そんな暦も関係なく、

出てきだしました。

 

これは、あくまでも予報士の話ですが、

夏はエルニーニョ現象の影響で、

雨が多くなり、昨年みたいな猛暑とは真逆で

涼しいそうです。

 

毎年、虫のシーズンというのは、

春先から徐々に増加し、

夏場に近づくにつれてMAX状態になり、

夏の暑い時期は一旦減少し、秋にまた増える

という流れです。

 

ところが、夏場が涼しいということは、

 

夏場も虫が多い

 

ということになります。

そして、アイツが主役の年になるかもしれないのです。

 

ゴキブリ

 

昨年、暑すぎて少なかった彼らも

今年は大発生する可能性があるということです。

 

というわけで、

今年は、ゴキブリの事前対策として、

遅くても3月くらいから少しずつ始めることを

おすすめします。

 

私のブログ愛好家は、ご存じのとおり、

特にゴキブリは、

冬場を制する者は夏場を制す

 

といいます。

2月というのに、もう既にお問い合わせが来ております。

今年も昨年同様、予約でいっぱいになる可能性が

ありますので、お早目にお問い合わせ頂けますよう

よろしくお願い申し上げます。


 

害虫駆除で、困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

 

おすすめ捕虫器

フローライトの販売はじめました。

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

クマネズミを仕留めるコツ

2019-02-23

本日の弊社は、滋賀県東近江市の

食品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

昨日は、取引先大手企業様のステークホルダーを

巻き込んだ大勉強会に参加しました。

 

今回、株式会社ENJOYNSの川崎代表による

事故災害を無くすというテーマで基調講演を頂きました。

参加型のワークを取り入れた講義で勉強になりました。

 

ところで、

滝藤賢一さんと広瀬アリスさんの

「探偵が早すぎる」 ってドラマ知っていますか?

何事も事前に察知して、すぐに行動を起こす。

察知するために、五感を働かせ、

見えるための工夫もする。

 

というわけで、

今回の先生は、この1点に着目し、

クロージングにまとめ上げられました。

私も最近、講師をすることが増えてきたので、

勉強させて頂けたことにすごく感謝しております。


 

【メインコラム】

クマネズミが、ご飯を咥えて

大事に食べている様子が思い浮かびます。

設置していたところから1mほど離れたところに

持ち運んだようです。右の写真は、

よくもまあ、こんなところに置いたなぁと思います。

 

ネズミって本当に器用で、

両手でちゃんと持って食べるのです。

食べている姿は、本当にかわいいものです。

 

でも、その命を奪わないといけない仕事をしています。

以前は、なぜこの職業に就いたのだろうと

後悔することがあります。

でも、誰かがやらなくてはいけない仕事なので、

今は誇りを持っております。

 

今日は、皆さまにネズミ駆除をする上で

大切なワンポイントをお伝えしたいと思います。

駆除をする上で、色んなアイテムがありますが、

1番大事なポイントは、

 

何を守るのか?

 

です。

商品・食材・家の柱や電気

それとも貴方の睡眠

 

その目的によって、方策も変わってくるのです。

最も大切な部分を守る方法は、駆除次第では、

二次被害も起こり得るので、

作戦をしっかりと組まなければならないのです。

 

粘着マットを買って、毒エサを買って設置する

そんな簡単に仕留められるのであれば、

私たちの仕事は成り立ちません。

そのあたりをしっかりと考えて(思考)

行動(施行)に起こすことをおすすめします。

 

そうすると、貴方の使命に向かって

進んで行けることかと思います(志向)

何事においてもです。


 

害虫駆除で、困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

 

おすすめ捕虫器

フローライトの販売はじめました。

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

クマネズミを駆除するコツ

2019-02-20

本日の弊社は、大阪市東住吉区、京都府京丹波町、

京都市中京区、滋賀県東近江市、近江八幡市、長浜市の

遺品整理相談、ネズミ駆除、化学品工場・食品工場の

防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

約40年ぶりに相続法が改正されました。

2018年7月に民法が変わり、

2019年の7月に大半変わろうとしています。

 

今回の改正は、「配偶者を守る」がポイントになっています。

何か、馬鹿げた話だと思いませんか?

だって、「配偶者を守る」って当たり前のことですよね?

そんなことでわざわざ大改正っておかしい世の中です。

配偶者居住権と相続発生後に同意が無くても

一定額の預貯金が引き出せる制度はかなり強力で、

メリットあればデメリットもありだと思います。

この先どうなるか心配なポイントだと思っています。


 

【メインコラム】

クマネズミがとうとう部屋にまで降りてきました。

屋根裏で運動会をしていたそうですが、

「近頃、お部屋で糞が落ちている」

とお客様から情報がありましたので、調査をした結果、

パックリ穴が開いているところがありました。

 

よく見ると、周辺の桟や桁が齧られ、

黒ずんだラットサインも著しい状態でした。

ここからが、クマネズミさんの試練の場です。

屋根裏や壁の中という人間が入れない空間で

走り回っている分には、安全かもしれませんが、

とうとう居住空間に降りてきてしまったのです。

※時に、齧ってでも降りてくる場合もあります。

 

こうなると、彼らも捕まってしまう可能性が高くなります。

私たちプロ業者も

 

追い出すから捕まえる

 

という手段を取らないといけなくなるのです。

 

というわけで、

クマネズミの駆除ポイントは、

ストレスを与えるというところに

着目することをおすすめします。

 

粘着トラップは、

捕まえるためだけのものではない!

 

これを知っておくと良いですね。


 

ネズミや小動物で

困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

二重壁の中のネズミ対策

2019-02-08

本日の弊社は、大阪府浪速区、滋賀県守山市、近江八幡市、

彦根市、大津市のお店のネズミ駆除、飲食店・食品工場の

防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

コミュニティを作ったもの勝ち

という流れになってきておりますが、

おそらく50%正解で50%不正解です。

どういうことかというと、

このコミュニティつくりというのは、

私的には、異業種の場合は不正解とみています。

 

なぜかと言うと、

ずっと長く一緒にいられないからです。

でも、同じ志のコミュニティならいかがでしょうか?

こちらの場合は、正解だと考えています。

 

というわけで、

コミュニティを作る場合は、同じ志を持った人同士で

集まることをおすすめします。


 

【メインコラム】

屋根裏を走り回っている

クマネズミの駆除にお伺いして3か月。

暗視カメラを設置し、毒餌と粘着マットを併用した後、

屋根裏での動きは1ヶ月で無くなったのですが、

どうやら壁の中に移動したようで、

頻繁に音がするようになりました。

 

そこで、写真のように壁を開けてみたところ、

クマネズミの脱糞と死骸が多く確認されたため、

粘着マットと毒餌で対策しました。

木部も真っ黒になっており、

ラットサインもひどく付いていました。

また、天井裏に移動する可能性がありますが、

そこには仕掛けがたくさんあるので、

罠にかかってくれると思います。

 

居心地の良い場所が、

どんどん無くなってきているので、

クマネズミにとってもストレスになってきているはず。

そろそろ引っ越しを考えてくれるのでは

ないかと思います。


 

ネズミ・害虫駆除で困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

戸袋を閉め忘れたら・・・

2019-02-05

本日の弊社は、奈良県生駒市、京都府宇治市、滋賀県彦根市、

近江八幡市、福井県あわら市の生前整理、医薬品工場・食品工場・

フィルム工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

安倍首相は、東京オリンピックが終わってもインバウンド戦略を

継続し、増やし続けることとしておりました。

しかし、その思惑がうまく行かない可能性が出てきました。

なぜかと言うと、皆さんもご存じの事と思いますが、

中国経済が大不振に陥ってしまっているからです。

(実はもう数年前から危険視されている)

トランプ大統領の関税作戦もしかり、ちょっとトランプさんを

なめていたように思われます。

 

この状態だと、爆買い中国人は2021年で姿を消す可能性が

出てきております。そして企業の夜逃げも増え、

日本に逃げ込んでくることが予測もされています。

今、中国人が土地を買いあさっているのは、

そのためとも一部では報じられています。

 

というわけで、

今後は、日本人と中国人との関係は、

商いをする上でも、非常に重要になってくるので、

視野に入れておくことをおすすめします。

私も一昨年前から、中国人の方を探しておりますが、

一目惚れがまだありませんので、

引き続き出会いを探したいと思います。


 

【メインコラム】

クマネズミが大運動会を始めたお客様宅へ行って参りました。

最初に管理していた店舗は、1回の作業で被害も足音も

無くなったのですが、まったく別の戸建てに移動したようです。

 

和の天井だから、走った時の音が

イタチ等のちょっと大き目の小動物と勘違いするほどの

大きな音がします。

今回は、戸袋をわざと開けて置き、

押入れに入って来るように仕掛けました。

そこに、エサと仕掛けを設置し、監視中であります。

 

この作業に至ったのは、

もし、戸袋を閉め忘れた時、どんな事が起こるのか?

と考えたら、確率の問題ですが、押入れの中が荒らされて、

クレームになるのでは無いかと思ったのです。

 

というわけで、

今回は、一か八か戸袋をわざと開けて置き、

押入れの中に入ってもらう作戦に踏み切りました。

この場合、考えられるのは、

素直に降りてきて捕獲して終了のパターンと、

さらに警戒心を深めてしまい、駆除が難しくなることです。

もし、捕獲に失敗したとしても、さらに奥の手があるので、

問題は無いのですがね。


 

ネズミ・害虫駆除で困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ