滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘滋賀・京都のねずみ駆除’

旦那さまピンチ!愛情度が急低下しています

2017-08-08

本日の弊社は、京都府宇治市、京都市南区、

滋賀県東近江市、大津市、湖南市、栗東市の

ノミ対策、ネズミ対策、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

地元の滋賀県代表、彦根東高校が、

サヨナラ勝ちで、甲子園初勝利をあげたニュースを聞き、

テンションが上がっている美鈴環境の鈴木です。

私は、大学で全国へ行きましたが、やっぱり、野球は甲子園。

ホントに行きたかったですね、甲子園に。

 

さて今日は、奥さまの心の叫びをお話したいと思います。

 

世の旦那様は耳をよくかっぽじって聞いてください

 

当社は、非常に悩み事相談が多い状態となっています。

トビムシ、チャタテムシ、ゴキブリ、ネズミ、コウモリなど

毎日、家で家事・洗濯をされ、お子様を育てられている

奥さまからのお問い合わせが非常に多くなっておられます。

 

しかし、子育てや家事で疲れている奥さまが、

さらに、本来ならいるべきではない生物に、

快適な生活を邪魔されてしまったら、

これはもう、病んでしまうのは当然であります。

 

ところが、この苦痛の悩みに疲れ果てている奥さまを後目に、

旦那さまや家族は、その気持ちが分からないのが、

これまた現実的に、非常に多いのです。

 

ほとんどの場合、

1.奥さまが精神的に異常になっているとか、

2.気にしすぎであるとか、

3.幻覚を見ているのではないかとか、

家族から言われるのです。

 

これは、もう頼るところがない状態で、

非常に可愛そうなことです。

そして、見つけたら

「ホラ、いるでしょ!」 

とこれでもかと奥さまは、猛アピールするのです。

 

でも、それでも旦那さまは、それほど気になさらないのです。

 

家で、赤ちゃんと2人きりで過ごしていて、

屋根裏でネズミがドタバタ走っている状況を、

普通に過ごす方がおかしいのです。

 

テレビを見てくつろいでいたら、

トビムシがゾロゾロと歩いているのを見て、

無視する方がおかしいのです。

 

掃除をしていたら、ゴキブリの赤ちゃんを

毎日のように目撃しているのを、何とも感じないのは

異常なのです。

さらに、このゴキブリの赤ちゃんが死んでいるのを掃除したり、

歩いていたりしているのを一生懸命に駆除してくださっている

奥さまがいるから、あのデカいゴキブリが少なくなっているのです。

 

というわけで、

もし、奥さまが虫や小動物にお困りになられていたら、

その方が、今の家族の主役であり、

1番に考えてあげなくてはならない存在であることを

理解することをおすすめします。

 

もし、「昔から、ネズミは走っていたし、気にならないなぁ」

「コウモリは、虫を食べてくれるから益獣やで」

「ゴキブリなんか見たことないけどなぁ。何でもそう見えるの違う?」

などなど、自分中心で物事を進めている旦那さまは、

今からでもいいので、改めた方が良いと思われます。

 

確実に、貴方への愛情は下がっているので、

一緒になって対策を考えてあげてください。

 

奥さまが悩まれている

害虫・害獣に関するご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

追加料金を取られない方法

2017-07-04

本日の弊社は、京都市南区、左京区、山科区、

滋賀県彦根市、守山市、大津市の外壁洗浄、ノミ駆除、

ネズミ駆除、ゴキブリ駆除、メイガ対策、シバンムシ対策に

お伺いしましました。

 

ガン患者のニオイを嗅ぎ分ける虫がいることを

今日初めて知った美鈴環境の鈴木です。

線虫と呼ばれる1ミリほどの虫は、

とてもニオイに敏感で、ガンの人のおしっこのニオイを

嗅ぎ分けて近寄っていく性質があるそうです。

1滴のおしっこで90%以上の正確性なので、

本当に素晴らしいです。

お腹に器具を入れるような検査は、

必要としない時代が来ているのは間違いないですね。

 

さて今日は、

「屋根裏に何者かが走り回っている」

というご相談がありましたので、行って参りました。

 

外に、クマネズミとイタチの足跡が見つかったのですが、

ハッキリさせたいので、屋根裏に暗視カメラを設置しました。

 

このお家には、まだ0歳の赤ん坊がいるので、

奥さまとお子様にストレスがかからないように、

解決できるようにしたいと考えています。

 

音がしない時を見計らい、

侵入経路を閉塞する工事を行う必要もありますし、

屋根裏に潜んでいるなら、粘着マットが手の届かない所に

行かないように設置することも考えなくてはなりません。

 

また、眼が見えなくなり始め、

明るさを求めて、外で死んでくれる殺鼠剤などは、

最終手段になるかもしれませんが、

状況によっては使わないといけないかもしれません。

 

ちなみに、衝撃波や超音波は、

超敏感な0歳児には、殺虫剤以上に危ないので、

使えません。

 

というわけで、

駆除といっても、その場面によって

方策が変わってきますので、

現場調査は絶対にして頂くことをおすすめします。

そして、現場調査をして頂いた方が、

追加料金を取られるリスクも激減するので、

覚えておくと便利だと思います。

 

 

困ったことがございましたら

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

屋根裏の小動物調査

つながりは禁物

2017-06-13

本日の弊社は、京都市中京区、下京区、大阪市北区、

福井県敦賀市、三方上中郡、滋賀県大津市、守山市の

ユスリカ対策、ダニ対策、ゴキブリ対策、コバエ対策、生前相談に

お伺いしました。

 

ニオイがなく、舐めても大丈夫、

さらに、アレルギー体質の子どもも、

最近湿疹が出なくなった

と大絶賛安心シートのご注文を頂き、

ご満悦の美鈴環境の鈴木です。

 

今日は、先日お客様宅の和室から出没した

クマネズミの対策のお話です。

出没した場所は、美鈴のブログファンはおなじみの

長押し部分です。

 

全ての長押しに、このような隙間があるわけではありません。

しっかりとボードが入っている場合もありますし、

スッカラカンの場合もあります。

しかし、私たちは部屋の四方を必ずチェックする必要があります。

なぜなら、隙間があると、ネズミはもちろん、

コウモリ・イタチなどの小動物に加え、

ムカデ・ゴキブリ・カマドウマなどの

衛生害虫や不快害虫の侵入箇所にもなるからです。

 

というわけで、

和室に長押し部分があるときは、

一度、壁内とのつながりの有無を確認してください。

もし、見つかった場合は、

ネズミやイタチが問題の場合は、ワイヤーネットや金網、

虫やコウモリの場合は、防虫ネットやウレタンスポンジで

閉塞されることをおすすめします。

 

防虫ネットは1m間隔で、切り売りを受け付けています。

お問い合わせは、こちらまで ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

【キャンペーン中】

6月12日から、ご成約の一般宅のお客さまに限り、

先着20名さまに「HP見た」で、プレゼントしています。

安心の最上級 発がん性物質も農薬も入っていない

安心シートはこちらからお求めできます ↓

http://mirais-net.shop-pro.jp/?pid=108835323

 

困ったのご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

H市長押ネズミ対策1 H市長押ネズミ対策2

最悪な事態が起こる前に

2017-05-21

本日は、京都市右京区、左京区、京田辺市、

滋賀県彦根市、甲賀市、大津市の

ネズミ駆除、コウモリ対策、樹木殺虫、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

突然、部屋にネズミが走ったら、誰でもビックリすると思います。

今回は、台所の扉がうまく閉まらないために、

クマネズミにロックオンされてしまったお客さまです。

 

袋ものの被害は、何と気の利いたクマネズミでしょう。

人間が使いやすいように、上だけ齧ってくれています(笑)

しかし、ここからは難儀なお話。

クマネズミ自身が通りやすいように、扉まで齧っています。

屋根裏からの通り道にしているエアコンのガラリなんて、

見るも無残な姿になっており、完全に折られていました。

 

これぞ、典型的な経済被害であります。

被害に合った食品は、処分しなくてはならないですし、

壊されたものは、修繕しなくてはいけません。

さらに、駆除するのに費用もかかります。

 

皆さん最初は、どうしても自分で出来る限り、

駆除しようと頑張られるのではないでしょうか。

 

しかしです。

中々治まらないと、専門家が駆除するのも

どんどん難しくなってしまうことがあります。

 

1.粘着トラップを異物として覚えられてしまう

2.毒エサを危険と思い、食べなくなってしまう

3.生息数(個体数)がどんどん増える

4.塞いではいけないところを塞いでしまう

などです。

4.の塞ぐ件については、

私たち専門家にとっては、かなり重要なポイントでありまして、

わざと閉塞しない方が、仕留めやすい場合があるということです。

 

さて、クマネズミによる経済被害ですが、

もっと最悪な事態というのは何かご存じですか?

 

それは、

火事です

 

配線を齧られると、最悪の事態が起こる可能性があるのです。

クマネズミをはじめドブネズミ、ハツカネズミといった

家ネズミと呼ばれるネズミは、

疾病などの健康被害やこのような経済被害、

それからダニや糞から発生する害虫の二次被害を及ぼす

人気ワーストランキングの常連なのです。

 

ということで、

薬局には、駆除グッズがたくさん売ってはいますが、

ネズミ駆除は、自分で出来る駆除法(DIY)を

すすめられない害獣ですので、

悩んでおられるお客さまは、

お金で、業者に委ねるというより、

自身の時間を購入すると考えて頂けたら良いと思います。

 

もし、ネズミにお困りの方

がおられましたら、まずはお話を聞きます。

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

K市クマネズミ侵入経路1 K市クマネズミ侵入経路閉塞下地 K市クマネズミ侵入経路閉塞 K市エアコンガラリ被害 K市袋被害 K市収納庫扉被害 K市クマネズミ対策ベイト作戦1 K市クマネズミ対策ベイト作戦2

屋根にあるクマネズミやイタチの玄関

2017-05-09

本日は、京都市南区、左京区、山科区、

滋賀県長浜市、守山市、大津市、彦根市の

ゴキブリ駆除、ネズミ駆除、異物混入防止支援にお伺いました。

 

4月から鳴り止まないネズミの問い合わせ。

対象は全部、運動神経抜群で頭脳明晰の

 

クマネズミ

 

 でございます。

そして、異常なほど神経質なので、

粘着マットでの捕獲はテクニックがいります。

というわけで、捕獲は専門業者にお願いした方

が得策といえるでしょう。

 

さて今回は、90日間捕獲が無くなったので、

隙間埋めを行いました。

屋根を上ってみると、隙間が8箇所ありましたので、

随時、パテとコーキング、ウレタンスポンジ、ワイヤーネット、

防そブラシなどを使って閉塞しました。

 

最近、体重が増えてきたので、瓦の上が怖くなってきました。

これからが、繁忙期なので、

体重管理をしっかりとしないといけないと思う

今日このごろであります。

 

ネズミにお困りの方

はこちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

M市屋根の隙間1 M市屋根の隙間2 M市屋根の隙間3 M市屋根の隙間埋め1 M市屋根の隙間4 M市屋根の隙間埋め2

クマネズミもゴールデンウィーク

2017-05-04

本日は、大阪府豊中市、奈良県葛城郡、滋賀県大津市の

ネズミ駆除、ゴキブリ駆除、生前相談にお伺いしました。

 

今回の「困ったを助ける」は、

連日のクマネズミ駆除相談であります。

GWなので、ネズミも遊びに出かけているのでしょうか。

天井裏をドタバタ走り回って、人間を困らせています。

屋根裏への侵入経路のひとつを閉塞しました。

 

今回は、応急処置として、ステンレス針が付いている

防鼠ブラシと呼ぶネズミ防除専用資材で閉塞しました。

外観を重視されるのであれば、モルタルなどで封鎖をします。

 

しかし、このブラシは、噛み切って落とす場合もありますので、

工場内などでは、異物混入の原因になるので使用は控えます。

今、現在使用している場合は、

専門の監査員が見ると、指摘される恐れがありますので、

応急処置として、パテなどで隠してください。

 

近頃、他府県からのご依頼も多く、ご予約をたくさん頂いております。

お急ぎのお客様をはじめ、日程の件で本当にご迷惑をおかけしております。

尽力に努めてまいりますので、今後ともよろしくお願いします。

 

害虫害獣防除・異物混入防止・

生前相談・遺品回収・殺菌消臭にお困りの方は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

M市ネズミ駆除1 M市ネズミ駆除2 M市ネズミ駆除3

ネズミに困ったら隙間探し

2017-05-03

本日は、奈良市、滋賀県守山市の

ネズミ駆除にお伺いしました。

 

今日の困ったは、

屋根裏で、ネズミやイタチがバンバン走っている一戸建て。

彼らの侵入箇所は、なんと人間の玄関くらい

開放されておりましたので、閉塞作業を行いました。

クマネズミやイタチの足跡がベッタリと付いており、

防獣ネットとタッカー、ステップを使用して、実施完了しました。

 

暗視カメラの録画記録では、

3月末からイタチの姿は、映っていないので、

今のうちに閉塞しておけば安心であります。

 

最初は、自分で何とかしようと、

皆さん、ホームセンターやドラックストアーで

粘着マットや毒エサ、捕獲カゴ、ネズミ一発退場などを

購入されて、頑張られるのですが、

やっぱり、早いうちに専門業者に

お願いされることをおすすめします。

 

私たちの使用する器具や資材は特殊なものです。

深傷(ふかで)になる前にお問い合わせお待ちしています。

 

ネズミにお困りの方は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

暗視カメラ設置M市 防獣ネット設置ラットサイン 防獣ネット設置1 防獣ネット設置2

床下や屋根裏は秘密がいっぱい

2017-04-27

本日は、京都市中京区、伏見区、滋賀県彦根市、長浜市の

生前相談、ネズミ相談、異物混入防止相談にお伺いしました。

 

今日は、クマネズミに困られている

お客様ラッシュでございました。

その中で年間契約を頂いているお客様宅で

屋根裏を点検していましたら、

雨漏りを発見しました。

樋の真下の外壁に、ひび割れが生じており、

吹き降りの雨の時だけ、雨漏りするようです。

 

屋根裏に入ってみると、

ひび割れ箇所の周辺にある軒げたが黒ずんでいましたので、

今回は、ひび割れの処置と、

外壁塗装のお見積もりをすることになりました。

 

私たちは、屋根裏や床下に潜って、

仕事をすることが多いので、多くの不具合を見つけます。

屋根裏や床下に、使ってはいけない

ひどい木材が使用してあったり、

隙間が大きく開いてあったり、(閉塞しなければならない所)

廃材が捨ててあったり、使用しない木材が捨ててあったり、

ひどい場合は、空き缶やガラス破片、ペンキの缶、

瓦、弁当ゴミが捨ててあります。

 

もし、ご自身のお住まいで、

屋根裏や床下が気になられる方が

おられましたら、ご一報ください。

ゴキブリの巣や小動物の生息、死骸なども

見つかることも多々ございます。

 

ちょっと器用なご主人は、

奥さまと家族の健康被害防及び経済被害防止のために

一度、点検して見ることをおすすめします。

 

絶好調です!

衣服を消臭剤に変える魔法の水はこちら ↓

http://mirais-net.shop-pro.jp/?tid=4&mode=f36#fusegoods_setsumeipage

 

害虫害獣にお困りの方は、こちらまで ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

屋根裏からの雨漏り

粘着マットは沢山置かないのがミソ

2017-04-18

本日は、東京世田谷区、京都市中京区、

滋賀県彦根市、近江八幡市、高島市、守山市、

野洲市、大津市のヘビ対策相談、ネズミ駆除、ゴキブリ駆除、

異物混入防止支援、貸金返済請求相談にお伺いしました。

 

今日は、ネズミ駆除のお話です。

冬場に設置していた毒エサがガッツリやられておりました。

ヒマワリの種はよく食べますが、少し離れたところに運ぶので

掃除が大変です。

 

このお客様宅では、必ず降りてくるポイントがあるので、

その場所は、あえて隙間(出入口)を閉塞せずに、

毒エサを食べさせています。

 

そのクマネズミが、いつもどのような行動をするのかを

暗視カメラで調査した結果、必ず姿を出すところがあったので、

その場所に粘着マットを設置しています。

 

その1つが、配管が多くある水まわりの床下です。

毒エサを食べさせると、もちろん弱っていくので、

捕獲力もアップします。

ただし当社では、毒エサを置く際は、

最初に数種類置いてネズミに選ばせます。

今回は、ちょっと甘めに味付けをしたものが人気でした。

 

また、ネズミ用の粘着マット(トリモチ)も

異物反応や警戒心を緩和させるために、

たくさん置かずに、適度な量に留めます。

 

4月半ばに入り、急に気温が上昇してきました。

外部での活動が活発になりますので、

屋根裏に棲んでいたものは、外への出入りが多くなります。

今のうちに侵入口の閉塞作業を行うとします。

 

害虫害獣にお悩みは、こちらまで

よろしくお願いします ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

毒エサ喫食あり ひまわり完食 ひまわり運ぶ 床下での捕獲1 床下での捕獲2 床下での捕獲3

エゾとエドの聞き間違い

2017-03-14

本日は、京都府京田辺市、京都市左京区、右京区、

滋賀県彦根市、守山市、神戸市東灘区の

ネズミ駆除、ゴキブリ駆除、異物混入防止調査に

お伺いしました。

 

ネズミのモニタリングトラップに時々、

ネズミのようなモグラのような変な生き物が捕獲されます。

 

彼の名前は、トガリネズミ

 

中でも絶滅危惧種になっているトウキョウトガリネズミは、

世界最小哺乳類と呼ばれています。

3時間食べないと死んでしまうので、

土の中に巣をつくり、虫やクモなどを捕食して生きています。

 

さて、このトウキョウトガリネズミは、北海道の生物です。

では、なぜ「トウキョウ」という名前が付いているのでしょうか?

答えは、

 

人間の聞き間違い

 

なのです。

北海道は、明治時代以前は蝦夷(エゾ)と呼ばれていてました。

このエゾを江戸時代の人がエドと聞き間違えて、

江戸(のちの東京)になり、

なぜか、トウキョウトガリネズミになったのです。

 

ちょっと話がそれましたが、

このトガリネズミが時々、建物の中に入ります。

おそらく、虫(エサ)を求めて入って来たのだと考えます。

先ほどのトウキョウトガリネズミのように、

他の種のトガリネズミも数時間空腹が続いたら死ぬのであれば、

建物の中では棲めません。

もし、棲みついたとしたら、

そこは虫の宝庫というわけです。

 

というわけで、

食品工場などで捕獲があったとしても、

中で棲みついて繁殖することは出来ませんので、

ご安心ください。

ちなみに、ウンチ(排泄物)は、

ハツカネズミなどと違い、フライパンで焦げたようなものです。

 

ネズミにお悩みのお客さまは、こちらまで ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

トガリネズミのフン

« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ