滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

小動物が持ち込む高病原性鳥インフルエンザ

2016-11-30

本日は、滋賀県守山市、彦根市、長浜市、八日市市、

東近江市、愛知郡、近江八幡市、京都府京田辺市の

生前整理、遺品整理、ネズミ駆除、異物混入防止支援、

ゴキブリ駆除にお伺いしました。

 

一昨日28日に青森市の農場と新潟県関川村で

鳥インフルエンザの陽性反応が出ました。

青森市内の農場で、フランス料理などの高級食材として

使われるフランス鴨10羽が死んでいるのが見つかり、

毒性の強い高病原性の鳥インフルエンザ

確認したと発表されました。

 

鳥インフルエンザの詳細はこちらへ ↓

http://misuzu-eco.com/?p=3484

 

家禽(かきん)では、今冬、全国で初めてであります。

青森県は、この農場で飼育されている全ての鳥類を

殺処分されます。

その中でフランス鴨は約1万6500羽と報告されましたが、

実際は、1万8360羽に上りました。(28日夜に終了)

県は家畜伝染病予防法に基づき、

殺処分以外にも、周辺の農場に鳥や卵の

移動制限や搬出制限の措置を取る方針。

 

また、新潟県につきましては、40羽が死んでおり、

昨日の29日も殺処分や防疫措置を続行されています。

殺処分は、約31万羽になるようです。

 

他にも、野鳥の感染は、28日までに

秋田市でコクチョウ、盛岡市でオオハクチョウ、

鹿児島県出水市で、ナベヅルなど、

全国4か所で計19件が確認されています。

ウイルスの型は、いずれも

『H5N6亜型』で監視体制も最も高いレベル3に

引き上げられました。

 

農水省からは、

野鳥や野鳥の糞を踏むなどした小動物が、

農場に持ち込む危険性が高いとして、

防止策の徹底を都道府県に呼びかけられています。

——読売新聞・日本経済新聞より——

 

小動物は、この時期

建物に侵入してきますので、要注意です。

感染した鳥類と接触して、大量に糞を吸い込んだり、

加熱不十分な内臓を食してしまうと、

人も感染することがあるので注意してください。

 

 

「小動物で困った」を感じましたら、

美鈴の便利屋ケンちゃんはこちらまで

http://mirais-net.shop-pro.jp/?mode=f30

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ