滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘環境経営’

植樹が原始林を守る奈良の取り組み

2020-01-07

皆さん、こんばんは。
今日は、一戸建て、医薬品工場や食品工場、飲食店などの
害虫駆除、異物混入防止対策、生前整理相談、
通販事業の提携などのご依頼を頂いた
困ったを助けるミスズマンです。

本日は、1月6日(月曜日)の日本経済新聞に掲載されました
「奈良の春日山原始林」
の試験植樹の記事を引用させて頂きます。


国の特別天然記念物で世界文化遺産の一部でもある

「春日山原始林」(奈良市)

で、植生を保全するための
試験的な植樹が初めて行われました。

害虫が運ぶ病原菌で樹木が枯死する
「ナラ枯れ」やシカの食害などが原因で、
古来守られてきた森林の景観が壊れる可能性が
指摘されているためです。

ただ過去にこうした目的で植樹を行った記録はなく、
効果が出るまでには時間がかかりそうだといわれています。

春日山原始林は奈良公園の一部下で、
春日大社の神域とみなされたことから
841年以降、狩猟や伐採が行われず、
原生的な環境が守られてきたとされます。

シイやシカが優占する照葉樹林が大部分を占め、
大木が多く「春日杉」と呼ばれるスギなどもあります。
11月に試験植樹を行ったのは、
春日大社の東側にあたるエリアで、
山中を走る「奈良奥山ドライブウェイ」沿いの
大木が枯れた跡地など、2か所に合計30本の苗木を植えました。

苗木は原始林内でシイやカシ類のドングリを拾い、
発芽させて数年間育てました。
学術関係者らが見守る中、
県から委託された事業者が苗木を植え付け、
シカの食害から守るための柵も設置されました。

植樹は2016年に策定された
「春日山原始林保全計画」に基づかれ、
特別天然記念物の298ヘクタールと、
隣接する人工林エリアの計約500ヘクタールが対象で、
現所維持だけでなく
「照葉樹林が元の姿に戻ることを支援する」のが特徴です。


県が13年に行った調査によると、
シイやシカなどの広葉樹で胸の高さの直径が
80センチ超の大径木は369本ありました。
うち1メートル超のものは144本で、
市民団体が02年に行った巨樹調査と
定義や条件を近づけて比較し、
急減したとするデータも示されました。

実際、その後の調査で369本のうち59本が
18年度までにナラ枯れなどで枯死しています。
さらに大径木周辺屋倒木などでできた林の隙間で
同様の樹種の「後継樹」が育っていないことも判明。
要因の一つがシカといわれています。

新鹿(しんろく)として保護されてきた

「奈良のシカ」

は近年増加傾向で、
19年には過去最多の1388頭に上がったそうです。
シカがシイやカシのドングリや若木を食べてしまう
といわれています。

代わりに増えるのが
ナギや外来種ナンキンハゼといった
シカが食べない樹木。

特にナンキンハゼは紅葉が美しく
生育も速いため街路樹として人気で、
奈良公園内にもあります。

種が鳥に運ばれるとみられ、
市民団体「春日山原始林を未来へつなぐ会」の
酒井二郎副会長は

「一昨日の台風で折れた木の跡地に出ている
新芽は名ナンキンハゼばかり」と指摘されます。


県は同会の協力を得て外来種を駆除したり、
13年からシカ対策の「植生保護柵」を
人目につかない計36カ所に試験的に
設置したりしてきました。

植樹はこうした取り組みと並行し、
森林の自然な「更新」を促す目的で、
長期間かけて効果をモニタリングする方針だ。
手つかずの自然とされる原生林や天然林と異なり、
春日山原始林は人の手で守られてきました。
歴史的にも台風による倒木の記録が残り、
外来種の増加を危惧する指摘は1980年前後から見られます。

奈良教育大学の松井淳教授(植物生態学)は

「手を入れないことが良いという考え方もあるが、
そうもいっていられないほど『崩壊』が速まっている」

とした上で、
「保全のノウハウはない。
5年や10年で効果が出るわけではなく、
息の長い取り組みが必要だ」

と話されています。(奈良支局長 岡田直子さん)


この記事を読み、
私も3年前にとあるお寺と農家の方から
シカの相談を2件受けたことを思い出しました。

その時に教えてもらったのは、

シカは、ハーブ系を食べない

でした。確かにその部分だけ残っていました。
柵はジャンプしてくるので、
高さは約2メートルくらいで手前を曲げてありました。

植生を保全するための植樹

紙製のストローやレジ袋の有償化も必要ですが、
持続可能な社会づくりに、
緑地を守る対策で植樹というのは、
素晴らしい活動だと思います。

松井教授がお話されているように、
息の長い取り組みには、
次世代へつなぐ活動が必須だと考えます。
少子化になり人口減という問題がのしかかる今、
想像もつかない方法での保全が可能になるのかもしれませんね。

ミスズマンのエコキャップ・プルトップ回収

2020-01-06

皆さま、こんにちは。
今日から、新年仕事スタートのミスズマンです。
今年もたくさんの「困った」を助けて参りたい思います。

昨年末に、エコキャップ推進協会さまから、
今まで送付したペットボトルのキャップ個数の
受領書が届きました。

累計個数が15,308個で、CO2削減量が112.14kgになりました。
このエコキャップは、再生プラスチック原料として換金し、
医療支援や障がい者支援、子どもたちへの環境教育等、
様々な社会貢献に充てられています。

プルトップの方は、データの返信がまだですが、
車いす支援のお役に立てているかと思います。

子どもさんや奥さまたちが、
「わたしたちも貢献したい」
「ミスズマンに渡して欲しい」
と持ってきてくれたりもします。
本当に嬉しい限りです。

エコキャップやプルトップは、
回収することで、すでに社会とつながっています。
皆さんも社会貢献者になれます。

地道ではありますが、
出来ることは継続していきたいと思いますので、
今後ともご協力よろしくお願いします。

 

ブランチ大津京 完成カウントダウン1

2019-08-20

ブランチ大津京を応援する

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

滋賀県大津市のびわこ競輪場の跡地に、

大和リースの大型商業施設

「BRANCH大津京(ブランチ大津京)」が

2019年11月に開業予定されています。

2019年2月では、このような感じでした。

 

左の写真は2月初め、右の写真は2月10日です。

敷地面積は、約5万㎡でお店は30店舗。

公園の中に商業施設がある感じで、

ちょっとしたアウトレットモールのような感じだそうです。

この地は、私の祖母が働いていた場所なので、

思い出がいっぱいあります。

コンクリートの競輪場から

緑のある公園が出来ると聞いて、

待ち遠しくて仕方ありません。

 

そして二酸化炭素排出量削減として、

コンクリートの塊から緑が植えられるのは

嬉しいほかありません。

 

ただ、植物と言うのは、

太陽が当たってこそ光合成を行い、

二酸化炭素を吸収してくれます。

それ以外の呼吸は、人間同様に二酸化炭素を排出します。

ですから、植樹の場所は重要なので、

そのあたりを建設会社には顧慮して頂きたいと

思っています。

また、工事の随時状況をお知らせして

参りたいと思います。

生前整理で格好よく歳を取ろうの2つの意味

2018-09-12

本日の弊社は、京都市南区、滋賀県草津市、栗東市、大津市の

生前整理、ネコノミ駆除、ネズミ駆除、特殊清掃にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

「凶作のせいで、人民が餓死した」

これは、長が治める政治のせいではないという言い訳にすぎない。

自分の政治が悪いからだとハッキリと自覚しなければいけない。

 

これは、私が聖書のように持っている

孟子の教えの本に赤線を引いている一文です。

 

会社の経営者・スポーツの監督も一緒です。

負けるのは、社員や選手のせいではないのです。

私は、ずっと野球をしておりましたので、

監督の責任は本当に重いモノであることを知っています。

 

というわけで、

人の上に立つ者は、どんな立ち位置であっても

民を助ける行いをしなければいけないということを

覚えておいて欲しいと思います。

家の中であれば、ご飯をつくる人は、

家族の健康のカギを握っていると思ってください。

主任や係長であれば、

平社員や新入社員の気持ちになって行動してください。

————————————————————————

 

【メインコラム】

ゼロ・エミッション

を目指している美鈴環境サービスの鈴木です。

 

簡単に言うと、全てのゴミをリサイクルすれば、

ゴミは無くなるという考え方です。

 

私は、環境経営士という資格を持っており、

環境保全を取り入れながら、

経営を活動に努めなくてはいけない使命を持っております。

しかし正直、ここ2年ほどちょっと真剣さが欠けていました。

昨日、大手の廃棄物処理業者(安田産業さま)と

お話する機会があり、自分の不甲斐なさに反省をしました。

 

持続可能な社会にするためには、

「循環型社会・低炭素社会・自然共生社会を構築すること」

これ基本なのですが、

当たり前のようで簡単には出来ないことなのです。

 

では、この会社はなぜ取り組めるのか?

廃棄物処理業者の中でも、

相当レベルの高いクリーンな会社でいられる核は何か?

 

答えは、社長の経営方針です。

そして、その想いに応える従業員。

素晴らしいです。

 

というわけで、

私も日本経営士会で、2度のイノベーションアワードに

受賞したのですから、しっかりと環境経営士としての

活動をして参りたいと思います。

 

全国で最初に、コンパクトエコシステムを取り入れたのは、

何を隠そう、私ども美鈴環境サービスであります。

 

笑顔相続・持続可能な社会を構築する

をキーワードにして、

整理業務・害虫駆除に努めてます

 

と今一度、宣言いたします。

そして、高齢者の方には、

格好よく歳を取って欲しいと思い、

生前整理をすすめております。

カッコイイというのは、外見のオシャレだけではなく、

次世代の見本になる姿を見せる

オシャレも含まれておりますので、

私どもにアシスト役をさせて頂ければと思います。

———————————————————————

 

ご遺品整理・生前整理に

関するご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

生前整理で格好よく歳をとる

経営者に必要な心 セミナー

2018-03-17

本日の弊社は、京都市中京区、滋賀県大津市、野洲市の

生前相談、防虫ネット相談、ゴキブリ駆除、コバエ駆除に

お伺いしました。

 

今日は、セミナー告知でございます。

来たる3月25日の日曜日に、

私、鈴木健司が経営セミナーを行います。



テーマは、

経営士が話す成功取説

VOL.1~経営者に必要な心~

 

経営士になって7年が経ちました。

経営全般を学ぶもやはり1番大切なものは、

断然、経営者マインド(心)を持つことです。

まずは、ここを根強いものにしなければ、

マーケティングもイノベーションもありません。

 

良い商品(サービス)を提供するためには?

夢を叶えるためには?

顧客満足はダメ!

 

精一杯、白板ボードを使って、熱弁させて頂きます。

そして、未来への道を開く強い心を創造して頂きます。

 

【過去の受賞成績】

日本経営士会 イノベーションアワード 2011年・2017年受賞

 

【対象】

経営者、2代目になられる方、起業家、これから起業される方

 

【場所と日時】2018年3月25日(日)

四富スクウェア

京都市下京区富小路通 綾小路下る 塗師屋町82番地

受付開始 10時 開催 10時15分~11時30分

 

【費用】3,000円(税込) お茶ご用意します

筆記用具、ノートの持参願います。

 

【人数】10名程度

※1名でも全力でいきます。

 

お問い合わせは、

■フェイスブックをされている方は、

私の個人ページにあるメッセンジャーに飛ばしてください。

こちら → https://www.facebook.com/kenji.suzuki.eco

 

■フェイスブックをされていない方は、

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzu_expert@excite.co.jp

 

当日、お会いできることを楽しみにしています。

経営者と労働者の権利と義務の共通点

2018-01-26

本日の弊社は、京都府八幡市、滋賀県彦根市、長浜市、

大津市の生前おかたづけ、ゴキブリ駆除、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

毎朝トマトジュースで風邪予防をしている美鈴環境の鈴木です。

ちなみに私の脳は、

 

「トマトジュースを飲んだら、

インフルエンザには罹らない」

 

というアプリがインストールされているので、大丈夫なのです。

あの明石家さんまさんは、メロンを食べたら風邪が治るそうです。

 

私は普段、外食が多いので、家で食事する時は、

お酒は飲まずに、バランスよく食事を摂るように心がけています。

そして、毎日していることは、

毎朝、太陽光に向かって、ユニバースからの引き寄せ、

睡眠は7時間、朝起きたらぬるめのトマトジュース、

1日水を2リットル適度、夜は、コラーゲンと水素水を飲む、

そして週に2日は適度な運動、寝る前にヒーリングチャクラです。

 

かなり、クレイジーな生活のように思う人が

おられると思いますが、

これが私の健康法なのです。

 

というわけで、企業の義務で、

労働者の権利は賃金なのですが、

経営者の権利は、健康な労働だということを

覚えておいてください。

 

そして、労働者の義務が、

健康な労働で、経営者の義務が、

賃金の支払いと職場の環境配慮ということなので、

経営者も労働者も

 

健康

 

は何よりも大切だということを

お忘れにならないようにしてください。

 

皆さまも、独自の風邪対策アプリを

ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

そして、健康の大敵であるストレス対策アプリもね。

 

私のストレス対策は・・・。

これ以上、クレイジーだと思われたら嫌なので、ナイショ(笑)

 

経営支援に関するご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

真っ先に思い出してもらえるためには?

2018-01-15

本日の弊社は、京都府宇治市、京都市左京区、

滋賀県大津市、近江八幡市、守山市の

異物混入防止対策、ネズミ駆除、生前相談にお伺いしました。

 

生前整理と遺品整理で不用物として出る家具について、

頭を悩ましている美鈴環境の鈴木です。

リサイクルショップでは、

出張見積もりOKや買取します!

などと宣伝していても、家具は中々引き取ってもらえません。

 

出張依頼の電話では、

 

「そのタンスはどんな素材ですか?」

「そのタンスは綺麗ですか?」

 

色々聞かれますが、

「私は、木材種類分かりませんから」

「私は、お店目線知りませんから」って話です。

 

ですが、昨年末から探しておりました

リサイクル家具に特化した素晴らしい会社さんと

マッチング出来そうなので、楽しみであります。

 

さて先日、大阪駅の中央口に

新潟県のゆるキャラである元祖スキー漢(おとこ)

レルヒさんがいましたので、

写真を撮って頂きました。

 

私は、このレルヒさんのことを全く知りませんでしたので、

調べたところ、新潟の地で日本初のスキーを教え、

長野県と北海道にも伝えた実在の偉人

テオドール・フォン・レルヒという方でした。

 

そのレルヒさんが、なぜ大阪駅にいたのかというと、

日本のスキー発祥100周年をきっかけに、

あちこち登場されているそうなのです。

そして今回は、大阪駅で、

長野と新潟の合同観光物産展に来られた次第です。

 

長野県と新潟県の合同物産展を成功させる上で、

ブランディングの一躍を担っているのが、

今回は、このレルヒさんといったところです。

 

さて、ブログ購読者の皆さまに

何を伝えたいのかと言いますと、

 

ブランディングのゴール無くして、

ビジネスの成功はない!

 

ということです。

個人も企業も、都道府県も国もすべてに言えることです。

交流会に参加される方の自己紹介を聞いてると、

 

この人は、いったい何のために参加しているのだろう?

 

と思うことがあります。

 

というわけで、

もし、貴方が起業に向けて認知度を上げていきたいのであれば、

まずは、自分の知らない部分を教えてくれるような

人たちをたくさんつくることをおすすめします。

ブランディングとは、顧客にとって価値を高めていくことです。

そのためには、まずは自分を知り、土台を作り、

そして認知度を上げ、やっと信頼を得る行動に移るのです。

 

間違ってはいけないのは、

「認知度が上がった」から「信頼されている」は、

イコールではないということです。

くれぐれもご注意してくださいね。

 

今日は経営コンサルタントとしての顔でした。

 

経営強化のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

 

レルヒさんと一緒1 レルヒさんと一緒2

空気を読め!はNGワード

2018-01-06

本日の弊社は、京都市左京区、滋賀県大津市の

ネズミ駆除、生前整理相談にお伺いしました。

 

日本で、仕事に熱意を持って取り組んでいる従業員の比率が

全体の6%だということを知って、

びっくらこいた経営コンサルタントの鈴木です。

 

この数字は、与えられた仕事はこなすけれど、

自ら主体的に仕事に取り組む姿勢がないということを

表しているそうです。

しかし、このデータを見ると、

うちの従業員は、立派だなぁと思います。

 

働き手の熱意が少ない職場からは、

私が思うに、はっきり言って何も生まれないと思います。

経営者の立場から見たら、

資金が生まれなければ、会社を大きくしようとも出来ませんし、

さらに、インフレ2%上昇に向けて進むのですから、

そんな状況で、給料なんか上がるわけがないのです。

 

「でも、昔は日本人は勤勉だ!」

「いや!今でも言われているではないか?」

 

と思いますよね。

確かに、一昔は満員電車の中でも

新聞や本を読んでいる人が多かったと思います。

しかし、今はスマホですよね。

スマホで、新聞やニュースを見ている人もいますが、

ゲームやSNSをしている人も多いです。

 

では、なぜ日本人は、

昔のように仕事熱心じゃなくなってきたのでしょうか?

 

これからお話することは、あくまでも私見でありますが、

1つめは、お金の価値が下がり、

働いても対価をもらっている感があまりないからだと思います。

銀行の普通預金なんかしても金利は無いに等しいし、

むしろ振込手数料でマイナスになるような世の中だからです。

 

2つめは、団塊の世代の人たちと

今の若者とのコミュニケーションが

取れていないからだと思います。

 

団塊の世代たちが、

若者の意見を取り入れようとしなかったり、

若者は、団塊の世代たちの意見を古くさいと

思ったりするからです。

 

というわけで、

これからの日本は、若者が背負っていくわけですから、

団塊の世代や団塊ジュニアの世代の人たちは、

若者の意見を聞くことに

シフトチェンジすることをおすすめします。

 

若者は、今のスピード時代に順応した脳を持っています。

絶対に、脳内環境を変えるようなことを

上司がしないようにしましょう。

 

最後に、昔は「空気読め!」なんて言っていましたが、

これが、通用するのは35歳以上。

35歳以下の従業員には、

「空気を読め!」は、

その者の発言力を閉じ込めてしまう

のと同じだと理解した方がいいですね。

 

経営コンサルタントのご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

火の用心の伝言ゲームは果たして吉か凶か

2017-12-18

本日の弊社は、京都市右京区、福井県美浜、

滋賀県湖南市、大津市、野洲市、守山市の

生前相談、配管洗浄相談、異物混入防止相談にお伺いしました。

 

見た目は、痩せているようにみられるのですが、

会社の中ではダントツに中性脂肪が多い美鈴環境の鈴木です。

外食がどうしても多くなっているここ最近、

家では、健康志向の食材と運動を取り入れました。

あと体重は、3キロ痩せたいですね。

 

今日は、経営コンサルタントとしてお話したいと思います。

 

皆さんの会社では、

社長が「火の用心」と言ったらどのように伝わりますか?

 

専務 「火の用心」

それを聞いた部長 「火の用心」

それを聞いた課長 「火の用心」

ほか社員 「火の用心」

 

このように、一字一句狂いもなく伝わっている

やったぁ~

 

と思っている方、喜んでいる場合じゃございません。

その反対です。

ダメな会社ということです。

 

なぜかと言うと、

実行力の向上にまったくつながらないからです。

 

正しい例として挙げると、

社長 「火の用心」

それを聞いた専務は 「火の出る場面はどういう時だ!」

それを聞いた部長は 「そういう場面で、火が出ないようにするには?」

それを聞いた課長は 「みんなで考えよう!」

社員から、たくさん意見が出る

 

といった具合です。

 

というわけで、

問題点を挙げても、

それに対して、社員からの意見が出ないと

良い会社にならないということを覚えておいてください。

 

食品工場の異物混入対策においても、同じことが言えます。

月ごとにスローガンを掲げていると思いますが、

ただ掲げているだけでは、ご唱和しているだけでは、

ほとんど意味がないのです。

スローガンに対して、追及してこそ良い会社になっていきます。

造り上げていくのは、第一線で働くパートさんも含む従業員なのです。

 

そして、皆んなの力によって利益が生まれ、

社長がその利益を持って、さらなる事業発展に向けて

思考 → 施行 → 志向 → 現実化

を目指すのが、理想だということですね。

 

異物混入防止のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

こんなセミナーは1ミリも学べない

2017-11-27

本日の弊社は、京都市山科区、東山区、

滋賀県彦根市、高島市、東近江市、近江八幡市の

異物混入防止対策、ネズミ対策にお伺いしました。

 

「ネットを制する者は、リアルを制す」

経営士養成講座で学んでから6年。

少しずつ実行し、実がなりつつある

美鈴環境サービス、経営コンサルタントの鈴木です。

2016年の忘年会で、幹事の4人に3人がネット予約を

利用しているニュースを聞き、驚くわけがございません。

そんなことは、昔から分かっていました。

今、当社の通販事業部は海外に向けて計画を練り始めています。

ピコ太郎さま方式で挑もうとしている

通販サイトMiraiS を今後ともよろしくお願いします。

 

さて外部で、虫が少なくなる冬時期になると、

食品工場も虫の混入が減少し、ちょっと気が緩むことと思います。

これから、春にかけて食品工場で働く方々は、

来年に備えて、異物混入が起こらないための勉強をした方が良いです。

 

なぜかと言うと、

今年2017年は、非常にたくさんの異物混入が起こってしまったので、

今後はHACCPによる衛生管理が厳しくなると予想されるからです。

ちなみに、会社規模は問わずなので、小規模事業者も注意してください。

 

原料の受け入れから製造、製品の出荷までのすべての工程において、

食中毒などの健康被害を及ぼす可能性のある危害要因(ハザード)を

科学的根拠に基づいて管理する方法がHACCPです。

 

しかし、HACCPを導入していても、

異物混入が絶えないところも少なくありません。

それは、トップ層から担当者といったすべての従業員が

同じ方向を向いていないからです。

 

例えば、こんなセミナーは1ミリも学べません。

それは、説得するセミナーです。

 

以下はNGの言葉なので、気をつけてください。

① 行動しないと意味が無い

② 正しい努力をしないとダメ

③ 天才も努力する


これはありがちな例えなので、挙げさせて頂きましたが、

このような話をする人からは、学べません。

本来、セミナーというものは、

リアルタイムで力が付くものなのです。


くれぐれも、最初の自己紹介などで、経歴や実績を自慢したり、

受講者を怒ったりする講師のセミナーは、

お金(時間)をドブに捨てるのと同じですので、注意してください。

 

私が、おすすめするのは、

やる気を起こさせる セミナーです

 

というわけで、

異物混入防止に意識を持つ

   ↓

個々の能力がアップする

   ↓

時給がアップする

    

会社のレベルがアップする

    

国に貢献する(経済が良くなる)

 

ということを、しっかりとお伝えすることをおすすめします。

会社にとって、異物混入がどれほど不利益ななのかを

知って頂きましょう。

 

異物混入にお困りの方は、

こちらまでご連絡ください ↓

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

 

« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ