滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘滋賀・京都の相続診断’

ありがとうの生前整理

2019-06-15

本日の弊社は、大阪府吹田市、京都市中京区、

滋賀県大津市、栗東市のトビムシ相談、ゴキブリ駆除、

コウモリ対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

高齢者の運転操作ミスから起こる交通事故が

多発していることで、高齢者の運転免許を

検討されているようです。

毎日のように小さな命が消えていくのは、

もう皆さんも我慢できないはずです。

あと、アクセルとブレーキは、

感覚だけで見ずに踏むため、

踏み間違いが生じて当たり前です。

システム上に問題がありますから、

このあたりも、クルマ業界の知恵をお借りして

改善に向かって欲しいです。


 

【メインコラム】

有り難いことに、今年に入り他府県に渡って

ご遺品整理と生前整理のお問い合わせが

急増して参りました。

 

滋賀・京都はもちろんのこと、

鳥取・愛知・奈良・大阪・兵庫・和歌山などからも

お声をかけて頂き、チームで対応出来ております。

 

生前整理の良いところは、

遺品整理と違って、本人の声を聞きながら

おかたづけ出来ることです。

両親と一緒に、想い出を振り返りながら、

アレは遺す・捨てるなど言いながら分けていきます。

時には、言い合いになり、

久々の親子ゲンカを勃発することもあります。

私は、元気な時に少しくらいは親子ゲンカだったり、

迷惑をかけたりも構わないと思います。

 

そんな時に、ケンカを鎮めてくれるのが、

アルバムや手紙です。

 

でも、本当に仲の良い関係であれば、

最期は「ありがとう」で終われます。

 

だから私は、いつも

「これだけは言わないでください」

と言います。

 

全部処分してください

 

皆さま、この全部を次の言葉に置き換えてください。

「両親が大切にしていたものも処分してください」

「子供や孫に遺していたものも処分してください」

たった漢字2文字ですが、こういうことです。

 

子どもは、親のモノを

「私たちにとっては全部ゴミ」

「家もいらない」 と平気で言ったりします。

頑張って働き、子どものために

一戸建てを購入したのです。

自分が親の立場だとして、

子どもに、このように言われたらどうでしょうか?


辛くないですか?私は辛いです。

 

というわけで、

生前整理をすることで、

遺品整理時にかかるお金・労力・時間を軽減できますし、

何よりも後世に遺すモノ・想いを整理したり、

想い出を思い切って断ち切ったりして、

心の整理ができます。

 

そして、生きる活力が湧いてくると思われますから、

重度の孤独死や重度の認知症も防ぐ力に

つながると思います。

生前整理・遺品整理にご余命の際は、

お問い合わせ頂ければと思います。


生前整理・遺品整理で

困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

想い出を大切にする生前整理・遺品整理

2019-05-24

本日の弊社は、滋賀県近江八幡市、大津市、守山市、

京都市左京区、右京区、伏見区の遺品整理相談、

医薬品工場・食品工場・ビジネスホテルの防虫対策、

飲食店のゴキブリ駆除にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

SDGs達成を目指すコンパクトエコシステム(CES)に

挑戦する美鈴環境サービスの鈴木です。

CESは、事業者が簡易な環境マネジメントシステムを

活用することによって、環境保全への取り組みを行い、

事業の維持・成長を実現し、SDGs(持続的な開発目標)を

達成することを期するものです。

2011年に全国で第1号として導入した

コンパクトエコシステム(CES)から9年の月日が経ちました。

 

そして、今回新たなコンパクトCSRに、

2017年の表彰式で宣言したとおり第1号に挑戦します。

この先、さらに美鈴環境サービスは、

もっとブランド力が上がっていきますので、

それに相応しいサービスを提供していけるように

頑張って参ります。


 

【メインコラム】

当社の害虫相談に匹敵するくらいの

需要が高まっている生前整理・ご遺品整理。

おかげさまで、ご依頼が殺到しております。

 

美鈴環境サービスのおかたづけは、

ちょっと他社とは違います。

どこが違うのかと言うと、最近の例で言いますと、

 

全処分の見積もり250万円が

当社の分別仕分け作業で90万円に

 

これが、当社の強みです。

ここは、珍しくブラックボックス(ノウハウ)は

伏せておくことにしておきます。

写真は、当社の秘密兵器の女性スタッフで、

現役ヘルパーさんです。

 

というわけで、

当社のおかたづけは、他社とは違い、

セカンドオピニオン的存在で取り組んでいきたいと

思いますので、おかたづけにお困りの際は、

ご一報頂けたらと思います。


遺品整理・生前整理に

困ったご相談がおありの方は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

 

第19回 京都相続診断士会 定例会のご報告

2019-05-03

京都相続診断士会の副会長を

させて頂いております鈴木です。

 

昨日は、第19回京都相続診断士会の

定例会が行われましたので、

ご報告をさせて頂きます。

 

令和元年1発目の、

今回は、初の2部構成で、

第一部が、京都相続診断士会 谷岡前会長が

 

「もっと早く相続診断士に出会っていたら」

 

というタイトルで、実体験のお話をしてくださいました。

突然、親の死に直面し、大変な想いをされた谷岡先生。

突然の訃報に、

 

「何をして良いかわからない」

「涙を流すヒマもない」

「突如くる悲しみと溢れ出す泪」

「そして、やって来たマイナスの相続」

 

もっと早く、相続診断士に出会っていたら・・・。

両親・家族を悲しませなくても良かったのではないか?

私たち、相続診断士は、

お困りになられている方の声を

聞いてあげられる素晴らしい仕事をしている。

笑顔相続のために、個々に何が出来るか?

改めて、考えさせてくださいました。

そして、谷岡先生も「泪 → 涙」へ、

リセットされているように思えました。

 

第二部は、令和元年5月1日に

笑顔相続サロンを開設されました

京都相続診断士会 小笹会長より、

 

「相続診断士として何がしたいか!」

 

をグループワークで、

相続診断士の役割や相続診断士として

自分は何をしていきたいかなどを

皆さんで共有できる時間を作ってくださいました。

 

まさに、ゴールデンウィークに

相応しいゴールデンな

前会長と現会長のコラボ企画で、

4班に分かれ、各テーブルの意見を見て回り、

考えをシェアする和気あいあいな時間となりました。

 

私は、エンドユーザーが何を知りたいのか?

ここにもっと着目していかなければならないのでは

ないかと考えております。

講師をする立場の人間は、

私も含めて、話やすいことを話すし、

自身で「これが知りたいのではないか?」と予測して

セミナー等をしますが、私はもっと心の声を聞いて

いきたいと思います。


【場所】
イベントスペース京都
京都市下京区鶏鉾町493ビルムーンバットビル7階
http://www.eventspacekyoto.com/access

京都相続診断士会に

ご興味がおありの方は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

第1回 おもいやりの学校 in滋賀

2019-04-26

本日の弊社は、三重県四日市市、京都市下京区、

滋賀県守山市、栗東市、湖南市の施設の防虫管理、

食品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

「持ってる者は持ってる」

この言葉がとてつもなく似合うと感じた

美鈴環境サービスの鈴木です。

それは、誰に対してか?というと、

ジャニーズの嵐です。

平成最後のVS嵐(フジテレビ放送)。

最後のボンバーストライカーで

逆転のパーフェクト1000点を決めて勝ったのです。

私も本番にきっちり決めれるような存在になりたいです。


 

【メインコラム】

昨日は当社が協賛で、

おもいやりの学校

を開校いたしました。

第1回は、社会整理士育成協会の事務局長であり、

介護福祉士・介護支援専門員・相続診断士・

社会整理士・終活アドバイザー・

HappyEndingコーディネーターの

小笹先生に講話をいただきました。

 

「相続」が「争族」にならないために、

笑顔相続を迎えるお手伝いを寄り添う

姿勢で行う「相続コンサルタント」として

活動されておられます。

 

そんな中で、小笹先生は、

介護に滅法強い相続コンサルタント

であり、全国でも中々おられない

非常に貴重な方です。

 

重要だと分かっていても、

終活というワードに対して、

中々腰が上がらない高齢者に寄り添うには、

小笹先生のような介護の事を知ってる人にしか

出来ないと思います。

そこで、おもしろいのが

ハッピーエンディングビンゴ

 

これ、本当にすごいんですよ!

自分自身で、対策しなければいけないことが

このビンゴゲームで明確になるのです。

 

そして、80代くらいになると、字を書くのも疲れます。

それまでに想いを遺す遺言書やエンディングノートを

書いてみてはいかがでしょうか?

 

では、どちらを先に書くのかというと、

人によっては、法的効力のある遺言書の方を

先に書いた方が良い場合もあります。

 

相続対策の中の、

遺産分割・節税・納税資金も大切ですが、

 

想いを遺す


これが本当に大切なのです。

2時限目の認知症?家族ができるチェックとは?

という講義を聞いたら、

さらに遺言書やエンディングノートの必要性が理解できます。


 

ぜひ、お越しください!

次回は、5月22日の水曜日9:30開場

1時限目は10:00~12:00

2時限目は13:30~15:30

セミナー受講者のみ無料相談15:30~16:45

 

場所は、滋賀県大津市勤労者福祉会館です。

奮ってご参加お待ちしております。

       

生前整理・相続など

困ったご相談がおありの方は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

令和に虐待は似合わない

2019-04-15

本日の弊社は、神奈川県川崎市、兵庫県西宮市、

和歌山市、京都市南区、滋賀県彦根市、草津市、

湖南市、近江八幡市の戸建てのネズミ駆除、

トビケラ相談、防虫ネット相談、食品工場の防虫対策に

お伺いしました。

 

【ショートコラム】

次世代を担う若者には、

ぜひ松岡修三さんを見習って欲しいと思う

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

天才でなくとも、才能が無くても

ウィンブルドンでベスト8まで行けるのです。

と松岡修三さん本人は語っておられます。

 

実は、松岡さんよりも勝ち越し、

当時、天才と呼ばれていた人がおられます。

その方は、荻野目洋子さんを妻に持つ

辻野隆三(つじのりゅうそう)さんです。

しかし、結果的には松岡さんの方が上に行ったのです。

それは、なぜかと言うと、

辻野さんよりも努力をして、自分自身を信じ続けて、

目標を達成させようとしていたからです。

エリートコースに進んだ辻野さんは、

そこで実力の差を感じてしまい、

戦意喪失してしまったのです。

 

というわけで、

夢を持ってあきらめずに努力をし続ければ、

きっと叶いますので、頑張って欲しいと思います。


【メインコラム】

介護施設の虐待が、2016年と2017年を比較して

13%増の510件と最多になったことが、

厚生労働省で発表されました。

2016年度に施行された高齢者虐待防止法に基づいて、

都道府県や市町村が通報や相談を受けて

対応した件数をまとめました。

 

介護施設で、職員による虐待を受けた被害者は、

計854人。死亡者は0人でした。

虐待の種類は、

①暴行を加える等の「身体的虐待」511人。
②暴言を吐く等の「心理的虐待」261人。
③おむつを替えない等の「介護等放棄」144人。

虐待の発生要因は、

教育・知識・介護技術に関する問題が303件と

全体の6割を占めています。

次いで「職員のストレスや感情コントロール」が

133件に上り、施設職員の育成や労働環境の改善に

課題があることが改めて裏付けられました。
※日本経済新聞引用

 

私は、介護関連のお仕事をされている方々は

民生委員さん同様に、素晴らしい

社会貢献者だなぁと思っていました。

ところが、このようなお話を聞くと残念で仕方がありません。

 

実は、当社が運営母体で今年度よりスタートした

一般社団法人 社会整理士育成協会に所属する

社会整理士さんにも、現役ヘルパーさんがおられますが、

本当に立派な方で、私は尊敬しています。

 

その社会整理士さんの事を、

ケアマネージャーさんは、

 

「どのヘルパーさんに声を掛けても断られる
お客様を率先して手を挙げてくださる。
こんな頼りになる方は中々おられない」

 

とおっしゃいます。

そのスーパーヘルパー&社会整理士が、

この度、当会のお片付け班に飛び込んでくれたのです。

特に、認知症を患っておられる方の

おかたづけは素晴らしい能力を発揮してくださります。

 

「もしかしたら、今は捨てると言っておられるが、
後でどこやった?って言われるの違うかな?」


という具合に、

彼女は、そういったモノを予め予測できるのです。

これは、私には出来ない技です。

 

当社には、

①認知症を患った方の気持ちを

 察することができるお片付け専門家

②障害の子と育てる親御さんの気持ちが

 分かるお片付け専門家

 

がおられます。色んな相続手続きがある中で、

おかたづけは最後になることが多いです。

笑顔で終焉を迎えて頂くためにも

非常に重要なポストだと感じています。

もう虐待など止めましょう。

令和のごとく、日本人特有の平和の心にリセットしましょう。

ぜひ、頼って頂けたらと思います。


 

生前整理・遺品整理

孤独死対策で、お困りの場合は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

第18回 京都相続診断士会 定例会の報告

2019-04-05

京都相続診断士会の副会長を

させて頂いております鈴木です。

 

昨日は、第18回京都相続診断士会の

定例会が行われましたのご報告をさせて頂きます。

今回は特別講演で、

「日本で1番”ありがとう”と言われる葬儀社を目指す」

株式会社ティアの冨安徳久社長による

大変貴重な講演を頂きました。

 

・最大の親孝行は、

「自立してその姿を親に見せる」

・親の子に対する最大の愛情は、

「自立を促すように見守る」

 

さらに、

 

・出入口はあるが入り出口という言葉はない

・死生観はあるが生死観という言葉はない

 

まだまだ、書ききれないくらい沢山の

貴重なお話を頂けました。

『涙ながら感謝を頂ける仕事をする=お客様とって一生忘れられない存在になる』

 

三毒もろもろ、本当に勉強になりました。


さて、次回の5月2日木曜日の

京都相続診断士会 定例会は、

初の2部構成です。

1部は、

京都会 前会長の谷岡氏がご登壇されます。

2部は、

京都会 小笹会長がご登壇されます。

GWに開催される、

お二人のゴールデンドラマが

今から楽しみです。

お見逃しの無いように。

ぜひ、オブザーバーの人もお誘いの上、

奮ってご参加くださいませ。


【場所】
イベントスペース京都
京都市下京区鶏鉾町493ビルムーンバットビル7階
http://www.eventspacekyoto.com/access

京都相続診断士会に

ご興味がおありの方は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

第17回 京都相続診断士会 定例会の報告

2019-03-08

京都相続診断士会 副会長の鈴木でございます。

今日は、昨日行われました

第17回 京都相続診断士会の定例会のご報告を

させて頂きます。

 

今回、ご登壇頂きました先生は、

私が個人的に尊敬しております

三重県相続診断士会 会長であり、

株式会社 バリューアドバイザーズ

最高投資責任者の小林 裕さんです。

 

タイトルは、

証券×相続〜笑顔相続を目指して〜

 

というお話をして頂きました。

高速スマイルパスで、

笑顔で溢れかえった会場作りから始まり、

「証券口座の生前整理」

の話、私の無茶なお願いも入れて頂けました。

 

資産を守りたい、残したい時に

何も出来ない。。。 これって悲しいですよね。

金融リテラシーが無い方々は、

生前に対策する必要があります。

保険は1つにまとめることが出来ませんが、

証券は移管という手続きをすれば

一か所にまとめることが出来るのです。

 

講義を聞いていたら、やっぱり認知症になると

投資信託も困ります。

特にネット証券は注意しなくてはいけません。

滅多に聞けないお話でしたので、

本当に参加された方はラッキーだったと思います。

 

さて、次回の4月4日木曜日の

京都相続診断士会 定例会は、特別講演です。

 

「日本で1番”ありがとう”と言われる葬儀社を目指す」

 

株式会社ティアの冨安徳久社長による

特別講演となります。

講演を聴いた方が、

本当に素晴らしい話が聴けると仰っておられます。

懇親会も初の試みで、同会場にて行います。

参加者みんながお話出来るように

盛り上がりたいと思います。

お見逃しの無いように。

ぜひ、オブザーバーの人もお誘いの上、

奮ってご参加くださいませ。


 

【場所】
イベントスペース京都
京都市下京区鶏鉾町493ビルムーンバットビル7階
http://www.eventspacekyoto.com/access

ご参加頂ける方は、

こちらにお問い合わせください。

【WEB申込・問合せ】
 お申込はこちら 
↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/forms/tmVZRSMgRcjsRHPi1

【当日の連絡先】
※ご不明な点・キャンセル等は下記までお問い合わせください。
 事務局 松井
e-mail:matsui@fpplus.jp

 

(再)第17回 京都相続診断士会の定例会のお知らせ

2019-02-25

本日の弊社は、京都市上京区、滋賀県草津市、大津市、

守山市、湖南市、甲賀市のアパートのネズミ駆除相談、

ビジネスホテルの防虫管理、食品工場の防虫管理に

お伺いしました。

 

【メインコラム】

京都相続診断士会の副会長を

させて頂いております鈴木です。

 

前回もご報告させて頂きましたが、

京都相続診断士会2019年3月の定例会の

再度お知らせをさせて頂きます。

なぜ、今回再度なのかというと、

今回のお話は、中々聞けるお話ではないからです。

 

私は、三重県に行ってでも聞きたかったので、

こんなに嬉しいことはございません。

特別な事ではなく、ただ知っておいた方がよいお話です。

皆さま、奮ってご参加お願いします。

 

なお、フェイスブックのイベントページ上で

お申し込みをなさられた方は、

ホームページ上からのお申込みは

必要ありませんので、宜しくお願い致します。

※なお、懇親会につきましては、

フェイスブックのイベントページ上で

参加お申込みなされた方は、自動的に参加となります。

不参加の際は、必ずメッセージをお願いします。

※必ずお読みください

『相続診断士会の目的』
相続診断士会は、『日本から争いを無くし笑顔相続を広める』という相続診断協会の崇高な目的に賛同し、その目的達成のために志の高い相続診断士が集い、情報交換や勉強会などにより自己研さんを行う事を目的とします。
「教える事は学ぶ事」の精神で、己の利益は追求せず、ボランティアの精神で相続診断士の仲間と学ぶ姿勢のある方が参加資格を有します。

ですから、診断士会に参加したからといって
・すぐに相続のお仕事がもらえるわけではありません。
・ただ参加しているだけでは、相続に強くはなりません。

運営は、協会とは独立し、自主運営します。
京都に居住又は勤務する方は、誰でも参加することが出来ます。
また、その他の地域の方も、出張などで日時が合えば、参加することが出来ます。


【日時】
平成31年3月7日(木) 19時~20時15分

【定例会内容】
テーマは、

証券×相続 ~笑顔相続を目指して~

講 師は、三重県相続診断士会 会長である

株式会社バリューアドバイザーズ 最高投資責任者

小林 裕先生にご登壇して頂きます。

 

小林先生は、証券業務10年のIFA

(独立系ファイナンシャルアドバイザー)であり、

実務経験を通して伝えたい証券会社の仕組み、

業界の方向性、証券の生前整理、証券の相続手続き、

笑顔相続への道のり、証券相続士として伝えたいこと、

私が考える笑顔相続の本質などについて

時間の許す限りお話していただきます。

タイムスケジュールは下記の通りです。

受付開始:18時45分~
例会開始:19時00分~
写真撮影:20時15分~
懇親会 :20時30分~

【場所】
イベントスペース京都
京都市下京区鶏鉾町493ビルムーンバットビル7階
http://www.eventspacekyoto.com/access

【費用】
¥2,000

【懇親会】
定例会終了後、同士による懇親会を行います。
時間:20:30~
費用:4,000円
場所:当日ご案内します。

※ なお、フェイスブックのイベントページ上でお申し込みをなさられた方は
申込時に参加もしくは不参加のメッセージをお願いします。

【WEB申込・問合せ】
 お申込はこちら 
↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/forms/tmVZRSMgRcjsRHPi1

【当日の連絡先】
※ご不明な点・キャンセル等は下記までお問い合わせください。
 事務局 松井
e-mail:matsui@fpplus.jp

【体験診断士会】
京都相続診断士会への参加資格は、相続診断士をお持ちの方か、相続診断協会のパートナー士業の方に限らせて頂いてますが、このたび参加資格のない方も一度限りですが、オブザーバーとして体験参加して頂けるようになりました。
参加条件は、参加資格をお持ちの方(相続診断士 or パートナー士業)と同伴で参加出来ます。
皆様の周りで、興味はあるが診断士をお持ちでない方、こういった集まりに興味をお持ちの士業の方、そういった方がおられましたら、これを機に、是非ともお声掛けして下さい。

尚、人数調整等ございますので、事前に松井まで連絡下さいませ。
宜しくお願い致します。

当日、お会いできるのを楽しみにしております。
京都相続診断士会 公式フェイスブックページ
https://www.facebook.com/groups/228482940961898/

※最新情報を発信しています。是非ご参加下さい。

第17回 京都相続診断士会 定例会のご案内

2019-02-15

京都相続診断士会 副会長の鈴木です。

今日は、京都相続診断士会3月の例会の予定が

決まりましたのでお知らせします。


まずは、こちらをお読みください

『相続診断士会の目的』

相続診断士会は、『日本から争いを無くし笑顔相続を広める』という相続診断協会の崇高な目的に賛同し、その目的達成のために志の高い相続診断士が集い、情報交換や勉強会などにより自己研さんを行う事を目的とします。
「教える事は学ぶ事」の精神で、己の利益は追求せず、ボランティアの精神で相続診断士の仲間と学ぶ姿勢のある方が参加資格を有します。

ですから、診断士会に参加したからといって
・すぐに相続のお仕事がもらえるわけではありません。
・ただ参加しているだけでは、相続に強くはなりません。

運営は、協会とは独立し、自主運営します。
京都に居住又は勤務する方は、誰でも参加することが出来ます。
また、その他の地域の方も、出張などで日時が合えば、参加することが出来ます。


 

<< 内容 >>

【日時】
平成31年3月7日(木) 19時~20時15分

【定例会内容】
テーマは、証券×相続 「笑顔相続を目指して」

でございます。


講師は、三重県相続診断士会 会長

株式会社バリューアドバイザーズ 最高投資責任者

小林 裕先生でございます。

講義内容は、証券業務10年のIFA

(独立系ファイナンシャルアドバイザー)が

実務経験を通して伝えたい証券会社の仕組み、

業界の方向性、証券の生前整理、証券の相続手続き、

笑顔相続への道のり、証券相続士として伝えたいこと、

先生が考える笑顔相続の本質などについて

時間の許す限りお話し頂けます。

 


小林先生は、大学卒業後、岡三証券株式会社に入社。

個人・法人ともに営業職として約8年勤務。

途中、ドバイや米国などの海外研修に選抜され、

海外金融も学ぶ。2017年4月より

株式会社バリューアドバイザーズにて

最高投資責任者を務め、

同年10月に三重県相続診断士会を発足。

会長職に任命される。

現在は、資産運用コンサルタントと

相続診断士の二枚看板で活動されておられます。

【タイムスケジュール】
受付開始:18時45分~
例会開始:19時00分~
写真撮影:20時15分~
懇親会 :20時30分~

【場所】
イベントスペース京都
京都市下京区鶏鉾町493ビルムーンバットビル7階
http://www.eventspacekyoto.com/access

【費用】
¥2,000

【懇親会】
定例会終了後、同士による懇親会を行います。
時間:20:30~
費用:4,000円
場所:当日ご案内します。

【WEB申込・問合せ】
 お申込はこちら 
↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/forms/tmVZRSMgRcjsRHPi1

【当日の連絡先】
※ご不明な点・キャンセル等は下記までお問い合わせください。
 事務局 松井
e-mail:matsui@fpplus.jp

【今後の予定】
2019年  3月7日(木)19時~
2019年  4月4日(木)19時~
2019年  5月2日(木)19時~
2019年  6月6日(木)19時~

当日、お会いできるのを楽しみにしております。

京都相続診断士会 公式フェイスブックページ
https://www.facebook.com/groups/228482940961898/

第16回 京都相続診断士会 定例会の報告

2019-02-09

本日は、滋賀県湖南市、大津市、東近江市の

食品工場の防虫対策、病院の防虫対策にお伺いしました。

 

今日は、先日行われた

第16回 京都相続診断士会 定例会のご報告です。

 

「障害者がいるご家族への
相続相談事例研究」

相続診断士として知っておきたい
障害者とその家族のことについて

 

を「親心の記録®」公認アンバサダー

Office NICOの藤井奈緒先生にご享受頂きました。

 

「普通、我が子のお葬式やお墓の事なんて
考える人いますか?」

 

私は、この言葉に胸を打たれました。

自分や両親の生前対策だけではなく、

子どもの生前対策も必須でしないといけない!

子どもをお持ちの方は、皆さんそう考えるべきだと思いました。

これこそ、次世代へつなぐ笑顔相続 愛だと思います。

素晴らしいお話を頂きました。

 

私は、いつもお片付けをする立場で講義を聞くのですが、

知的障害者の方の両親が亡くなった後の遺品整理や、

知的障害者の生前整理・遺品整理を承ったとき、

どのように対応するべきなのかを考えると、

かなり難しいことだなぁと思いました。

 

ちょっとばっかし、勉強したからといって

その方の気持ちは、分かることは絶対にできないです。

私は、こんな時はやはり藤井先生のような方に、

同行して頂かないといけないと思いました。

 

成年後見人やヘルパーの人に委ねるだけでは、

私の理想である生前整理・遺品整理は

いつもうまくいかないので、

このような状況だと100%難しいと感じました。

 

というわけで、

この生前整理や遺品整理というのは、

ただのお片付け屋さんでは出来ないということを

知っておいた方が良いと思われます。

当社は、分別と仕分けだけではなく、

お客様の想いやあとの事もしっかりと考えて行います。

 

もし、お片付け・相続でお困りの際は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ