滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘微生物’

恐怖!風邪のなりすまし

2017-05-27

本日は、京都市中京区、左京区、

滋賀県大津市、湖南市、東近江市、愛知郡の

ベランダの防虫忌避施工、コバエ駆除、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

皆さん、もうすぐ梅雨のシーズンがやって参ります。

そこで、幼い子供さんがおられるお家などは、

特に気をつけないといけないことがあります。

 

それは、カビを発生させないことです

 

一見、風邪の症状とも診られる、せき・たん・発熱。

これらが、カビの影響で現れる病気があるのです。

例えば、ホコリの中に多く生息する

アスペルギルス・フミガーツスは、

慢性肺アスペルギルス症をもたらします。

 

これは、感染力が非常に強く、肺に棲みつくと

恐ろしいことに、細胞を壊しながら広がっていくのです。

もちろん、死に至る病気であります。

肺の抵抗力が弱い人は、非常に注意をしなくてはなりません。

 

それから、湿気のあるところを好む

トリコスポロン・アサヒが原因でもたらす

夏型過敏性肺炎も危険な病気であります。

これは、慢性化してしまうと、肺の壁が厚くなり、

元に戻らなくなってしまう病気です。

これもまた、死に至る病気なのです。

 

では、特に幼い子供さんや肺の弱い方がお住まいの方は、

カビの好む場所を徹底的にチェックしていきましょう。

6月に入ったら、絶対にですよ。

 

1.エアコンのホコリと内部のカビ

2.寝室やリビングなどの長時間いる空間のホコリ

3.浴室や台所などの水廻りで出るカビ

 

この3つは、もう1度言います。

絶対に綺麗にしておいてください。

子どものカラダを守るのは、親の義務ですからお願いします。

 

そして、もう1つお約束です。

エアコン清掃は、業者に依頼されることをおすすめします。

お掃除ロボットでなければ、わずか1万円程度で綺麗にしてくれます。

お掃除ロボットだと少し高くなりますが、

お掃除ロボットは、内部まで綺麗にお掃除してくれないことを

覚えておいてください。

 

さて、ここからが必読です。

このカビがもたらす病気は、夏風邪とよく似た症状なのですが、

なぜか、せきが長く続くようでしたら、

必ず病院で診てもらってください。

 

風邪の恐いところは、

放置しておくと、こじらせて重症化するという点もあれば、

このように、風邪だと思い放置してしまいがちになることで、

実は、全く違う病気に罹っているということが起こることです。

まさに、風邪のなりすましのようなものなのです。

 

というわけで、

「風邪薬を飲んでも、いつもなら治るのに、

中々せきやたんが止まらない」

などといった現象が起こった場合は、

カビによる病気なのではないかと疑うことをおすすめします。

 

最後に、貴方の愛する子どもさんの部屋の壁が、

ある液体をシュッシュッとしただけで、

 

菌を殺してくれる壁に変身する

 

夢のようなグッズをお知らせします。

詳しくは、こちらをお読みください ↓

菌から守る、ダニから守る、臭いから守る最後の一手

※一部、日本経済新聞より引用

シャワーホースのカビ取り

2016-11-14

本日は、京都市船井郡、城陽市、大阪府豊中市、

滋賀県彦根市、蒲生郡、八日市市、東近江市、大津市の

浴室クリーニング、異物混入防止支援、ゴキブリ駆除、

ネズミ駆除にお伺いしました。

 

年末に向けて、大掃除の依頼が増えてきました。

本日は、浴室クリーニングのシャワーホースカビ取り編です。

ホースの窪みに根強く付着するクラドスポリウム。

 

その名も、クロカビ

 

先端近くは、薬品に浸漬させて、

根の方は湿布法で除去を行いました。

 

菌糸を伸ばして巣作りするのが趣味みたいなクロカビ。

3年の間、快適に過ごしていたため、

根強く付いておりましたが、

さすがは、当社の特殊清掃士。

楽しそうに、時間をかけて取り除いてくれました。

 

クロカビは、年中問わず活動できます。

特に、梅雨や冬時期は要注意です。

温度は25度、湿度は80%で大繁殖します。

クロカビを生やさないコツは、

65%湿度にならないようにすることです。

お風呂上りは、出来るだけ水分を取るようにしましょう。

そして、夏場はダメですが、

冬時期は、お風呂上りに水をかけて、

その後拭き取りすれば良いです。

 

「困った」をほっとけない

美鈴の便利屋ケンちゃんはこちらまで

http://mirais-net.shop-pro.jp/?mode=f30

 

%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%93%e5%8f%96%e3%82%8a%e6%b8%85%e6%8e%83%e5%89%8d%ef%bc%91 %e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%93%e5%8f%96%e3%82%8a%e6%b8%85%e6%8e%83%e5%be%8c%ef%bc%91 %e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%93%e5%8f%96%e3%82%8a%e6%b9%bf%e5%b8%83%e6%b3%95%e5%89%8d%ef%bc%91 %e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%93%e5%8f%96%e3%82%8a%e6%b9%bf%e5%b8%83%e6%b3%95%e5%be%8c%ef%bc%91 %e6%b5%b4%e5%ae%a4%e6%b8%85%e6%8e%83%e5%89%8d%ef%bc%91 %e6%b5%b4%e5%ae%a4%e6%b8%85%e6%8e%83%e5%be%8c%ef%bc%91

 

 

 

院内感染を防ぐ新製品

2016-05-13

約10分間で100㎡に行き渡る

 

高速除菌消臭ミスト機

 

 

院内感染を防ぎたい介護施設や

老人ホーム、医療機関にとって

必需品ともいえる機器で、

 

ノロウイルスなどのウイルスやカビ

ニオイにも効果のある除菌剤で一気にシャットアウトする

 

ファクトリーオートメーション(FA)機器を手掛ける

大和理研さま(埼玉県坂戸市)の

新製品が6月に販売予定です

 

日経MJ紙より

菌の増殖を防ぐ冷蔵調理器具

2016-03-12

45度前後で爆発的に増えるウエルシュ菌にとっては地獄

そんな商品のご紹介!!

ウエルシュ菌のプロフはこちら

⇒ http://misuzu-eco.com/?page_id=1242

 

1.安全な食事を提供できること

2.事業所や施設が増加すると

 セットで付いてくる人手不足問題も軽減できる

 

3つの強みを持った冷蔵調理器具

『ブラストチラー』 に注目したい。

3つ目の強みは、ブログの末尾に。

 

本日は、業務用冷蔵庫大手の福島工業さまの安全安心商品をご紹介

では、「ブラストチラー」とはどんなものなのか?

ブラストチラーは惣菜など調理後の食べ物を

冷風で一気に冷やすことができる機器であります。

 

90℃近い温度の食品を、

一気に3℃前後まで冷却できるため、

菌の繁殖を抑えて安全に食事を提供できるものです。

 

主にスーパーや惣菜店が導入していた機器でしたが、

近年は高齢者施設でも需要が高まっているそうです。

 

特に役立つのは、おかゆなどの温かいメニューを提供する時で、

温かいメニューはフタをして配膳すると、

湯気が水滴となって食べ物に落ちてしまうことが多いです。

すると、盛りつけ時は水分量を適切にしていても、

配膳までに離水し、誤えんのリスクにつながります。

 

そこで、ブラストチラー

 

表面のあら熱を取ることで余分な水分の滴下を防ぎ、

誤えんのリスクを減らすのです。

 

さらに、

従来のブラストチラーは庫内を手洗いするしかなかったのですが、

自動洗浄機能も昨年12月に登場しました。

今まで洗浄に30分かかっていたのが、わずか5分。

しかも自動ですから、大きな強みであります。

 

ものづくり大国ニッポン

これからも福島工業には目を離せないですね。

一部日経MJより抜粋

可愛いものにもトゲがある

2015-12-28

おはようございます。

『天井裏でネズミが運動会をしている』

冬場、特に年末になるとこのような問い合わせが多くなります。

 

99%が、毎度おなじみクマネズミです。

クマネズミのプロフはこちら ⇒ クリック

 

天井板に染みがついている場合、住人が真っ先に思いつくのが雨漏り。

それと、小動物の糞尿になります。

この写真は、2階の天井裏です。

2階の和室で、ふと上を見たら天井板に染みが付いていたので、

屋根裏に入って調査してみたところ、断熱材を巧くほじくってトイレを造っていました。

この実態を見ると、ネズミが可愛いと言う人も、早い人では1秒で前言取り消しになります。

 

こういった場所が見つかると、必ずここにやって来るサインなので、捕獲マットを設置します。

仕掛けは、直接このトイレに置くのではなく、この場所へやってくる手前に設置します。

結果は、10cm手前で捕獲しました。

私は人間が、食事をする場所とトイレは別なように、ネズミも同じだと思います。

イタチなんかは分けていますからね。

従って、無毒餌や毒エサは、トイレや糞が多く散らばっているところには、置かないように心がけています。

 

その後、この現場では侵入経路を全て封鎖し、

屋根裏に粘着トラップを敷き詰め、さらに7頭捕まえました。

そして、ネズミに寄生しているイエダニと菌対策施工を行い、完了しました。

 

ちょっとだけタレ目なところ、両手で食材を持って食べる姿は本当に可愛いです。

 

しかし、害虫と菌をくっつけ、引き寄せ、発生させ、

さらに家の中のものを齧って破壊します。

 

『綺麗なものにはトゲがある』 

というように、「可愛いものにもトゲある」です。

 

このように、私たちに健康被害と経済被害の

Wパンチを浴びせる家ネズミは、

脅威的な存在であることに早く気づきましょう。

17可愛いものにもトゲがある

清掃を行うより、する必要が無い環境を作れ

2015-12-17

こんばんは。

本日は、プロ向けのお話を少々。

居住空間に必ず生息するといわれるヒョウヒダニとコナダニ。

そして、読者おなじみの食菌性昆虫のチャタテムシ。

彼らもまた、アレルギー吸入といった健康被害を及ぼすのですが、

年中、温湿度の管理をされている、医薬品工場や食品工場では、

このチャタテムシに対しては、異物混入の危惧があり、

定期的なモニタリングが必要になります。

 

特に、医薬品工場は、製造工程上、分室化されており、

機密性が高くなっております。

ユスリカやコバエなどの外部侵入虫の問題は無いのですが、

空気の流れが無い分、こういった食菌性昆虫は、

生息しやすい条件がそろうので、

 

狭い1室でも

 

四方に床置きトラップを設置する必要があります。

 

そして、写真の通り、どこにでも生息可能なオールラウンドプレイヤーなので、

日頃の清掃・殺菌作業、隙間補修が必要となります。

建築工事では、職人として、外観が問われる施工を行いますので、

シーリングも薄くて綺麗です。

 

しかし、防虫工事となると少し違います。

 

① コーキングは、ぶ厚めに塗り、すぐに割れないようにする

② コーキングは上から見ているだけでは、剥がれていることに気づかない

③ コーキングが下手だと、凹凸が生じて、微細片の有機物(エサ)がたまる

 

ということで、予防策として、上から防虫用テープを貼られるお客様もあります。

 

どのような害虫に対しても、防除の基本が清掃であることは、皆さんお分かりだと思います。

しかし、チャタテムシなどの微小昆虫は、

清掃できない箇所をいかに見つけて対策するかがポイントとなります。

 

例えば、壁の中や脚廻りの中を掃除するといっても不可能に近いです。

 

『掃除をする必要がない状況に変えてしまう発想』

 

が大切になります。

対策が施されていない工場では、生息可能な箇所が無数にあるので、

1つずつ消し込みを行っていく必要があるのです。

 

① 汚れやすい場所は、いかに汚れないように工夫するか?

② 清掃も、汚れ度合いを調査して、エリアごとに頻度を決める

 

そうすることで、正しい5S活動となり、

虫の絶対数も少なくなり良好な製造環境が保たれます。

 

そして、一生懸命に調査を行う専門家が時々犯すトラブルがあります。

工場関係に於いて、清浄度区域が表示されている場合、

特に医薬品工場では、製造中に天井点検口を開けたり、

排水の封水トラップを開けたりなどといった行為を行うと、

それはクリーンエリアと一般エリア、ダーティエリアが一瞬でもつながったとされ、

製造ストップとなるような、重大トラブルになる場合もあります。

 

絶対に無許可で、点検することはやめましょう。

03微小昆虫は清掃できない箇所を探せ① 03微小昆虫は清掃できない箇所を探せ② 03微小昆虫は清掃できない箇所を探せ③ 03微小昆虫は清掃できない箇所を探せ④ 03微小昆虫は清掃できない箇所を探せ⑤

虫と一緒に清掃管理

2015-12-16

こんばんは。

今日は、美鈴のノウハウコレクション中のチャタテムシ第2章。

医薬品工場や食品工場で、お悩みになられる食菌性のチャタテムシは、

このシリーズで紹介しているように、本当にあらゆる場所で営巣をします。

むしろ、この虫が生息できない環境というのは、

 

低湿度&低温

 

この状況は、私たち人間も棲めないということを理解しておきましょう。

写真の箇所は、ほんの一部にすぎないのですが、

清掃不良箇所が、存在すると爆発的に増え続けます。

 

防虫管理を行う中で、床置きトラップとライトトラップは欠かせないものです。

このチャタテムシの捕獲は、清掃管理の指標になりますので、

それぞれの会社でアラート値(警告値)を設定するべきでしょう。

 

1ヶ月、1日あたりの警告値が、定めた値を超えた場合、

どのエリア、箇所が値を稼いだのかを調査し、

そのポイントを重点的に対策しなくてはいけません。

 

もっと細分化するのであれば、

その工場の1日の動きも詳しくファイリングしておく必要があるでしょう。

①工事業者の出入り有無と期間

②資材関係の持ち込みについて

③シャッターや扉開放時間

④空調関係の数値・清掃の実施日

などが挙げられます。

 

従って食菌性昆虫と呼ばれるチャタテムシをはじめ、

ヒメマキムシ・テントウムシダマシ・コキノコムシ・トビムシは、

私たちの衛生管理にシグナルライト

を点灯させてくれる大切な昆虫類だということを認識して、

モニタリング結果を見るようにしてはいかがでしょうか。

05チャタテムシは指標昆虫① 05チャタテムシは指標昆虫② 05チャタテムシは指標昆虫③ 05チャタテムシは指標昆虫④ 05チャタテムシは指標昆虫⑤

排煙窓が背負う10個の問題点

2015-12-14

こんばんは。

今日は、ノウハウコレクションの1つをご紹介。

冬期になると、食品工場ではある問題が発生します。

外気温が急激に下がり、室内が温かいと出るもの。

それは、カビです。

特に、窓ガラス周辺には結露が発生し、 食菌性の虫がでます。

テントウムシダマシ・ヒメマキムシ・コキノコムシ

そして、チャタテムシ。

 

チャタテムシには、さまざまな種類があり、

中には無翅と有翅が存在します。

従って、床置きトラップだけではなく、ライトトラップでの検査も必要とされます。

特に水や蒸気を使用される工場関係に於きましては、

有翅のタイプが大発生することがあります。

 

このチャタテムシの有翅が営巣する箇所は、

水分とカビの発生しているところが多いので、

写真のような窓関係は、必ず検査が必要になります。

中でも排煙窓。火災時にしか開けることのない窓に関しては、

従業員の方々も間近でご覧になったことが無いと思います。

 

この排煙窓は、非常に曲者であり、

1度開けると、次に閉じる時にパッキンの劣化や錆びなどが原因で、

隙間が開いていたりすることもあります。

そうすると、ユスリカなどの外部発生虫をはじめ、

問題のチャタテムシも侵入し、内部発生となるわけです。

 

では、曲者と呼ばれる排煙窓の特徴をいくつか述べたいと思います。

①    排煙窓は、たいてい高所にあるので点検しないことが多い

②    天井タイプの場合は、さらに点検できない

③    清掃エリアに含まれていない

④    必ず閉まっているという固定観念がある

⑤    工場に侵入した虫が、太陽による紫外線の当たる排煙窓に集まる

⑥    ⑤に集まった虫が死虫となると、上から落下してくる

⑦    クモの巣が張りやすい

⑧    蒸気の上がるエリアには、100%カビが出る=チャタテムシが発生する

⑨    高所のため、殺虫剤の使用が制限される

⑩    火災時に開かないといけないため目張りができない

 

従って排煙窓は、非常に問題を背負っている窓ということがお分かりだと思います。

毎月、点検を行う場所ではないと思いますが、

チャタテムシに関しては、モニタリング結果に応じて見るべきポイントの1つだと考えます。

虫は、私たちが掃除しない場所や出来ない場所に

潜んでいることを忘れないようにしないといけませんね。

04排煙窓が背負う10個の問題点① 04排煙窓が背負う10個の問題点② 04排煙窓が背負う10個の問題点③

ワイン王国のフランスに異変?

2015-12-05

こんばんは。

ワイン王国のフランスで、思わぬ影響がでています。

地球温暖化の影響と思われる現象が出始めているそうです。

 

『こんなに収穫が早くて、糖度が高いのは初めて!』

『今年はおいしいワインが出来そうだ』

 

と、生産者のうれしい声が飛び交うが、

長所あれば短所あり。世の中には必ず陰陽あり。

嬉しい反面、マイナス面も出ています。

① 収穫が早くなったが、それは温暖化の影響が大きいこと

② 平均雨量も湿度も上昇し、ブドウにカビが繁殖していること

 

早急に、これらの対策を打たなけれは、

ブドウの栽培にシグナルライトが点灯してしまいます。

対策は、

『栽培地移転』 です。

海岸近くから、内陸部に移すということで、

早くも実行されているところがあります。

 

平均気温が100年で、1.2度上昇した栽培地。

野菜の植物工場が、日本でも増加しているように、

フルーツの工場の出現も、これからは当たり前のようになる日が来るのでしょうかね

【一部、読売新聞抜粋】

 

色でシラセル室内環境

2015-12-04

こんばんは。

近頃、リメークが人気ですよね。

テレビドラマでは、特に 菜々緒 さん出演のサイレーン

トーク番組では、絶対に見ることができない、

完全悪女の殺人鬼役。

あのギャップが凄い!!

 

美鈴環境サービス もただ今、リメーク中です。

少しづつHPが変わっていきますので、

ちょいちょい覗いて下さいね :roll:

 

さて今日は、体重計など計測器の大手メーカー

タニタさまの新製品のご紹介です。(日経MJより)

室内環境を光と音で警告する

 

『SIRASERU(シラセル)TT-556』

 

① 空気が乾燥して、季節性のインフルエンザウイルスが

  繁殖しやすい環境だと青色に。

② 熱中症は赤に。

③ 食中毒の発症は緑に。

④ カビやダニの発生しやすい場合が紫に。

 

状況により変わる温湿度計。

中小・零細もイノベーションしないといけませんね。

背伸びせず、足元をしっかり見て、

改革して参りましょう(^_-)-☆

« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ