滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

コンパクトエコシステム

CESは経営のプロフェッショナルが開発した環境ビジネスシステムです。
cesロゴマーク

コンパクトエコシステムは、エコアクション21の前身のEPEPシステムを活用した環境マネジメントシステム(EMS)です。

2011年3月に、現在国内で運用されている各種EMSでも負担になる組織向けに開発されました。

コンパクトエコシステムの主な導入企業

  • 中・小規模企業
  • 大企業のサプライチェーン 等

現在、ISO14001の自己宣言への切り替えなどが進む中、コンパクトエコシステムは着実に導入数を増やしています。

美鈴のコンパクトエコ http://www.compact-eco.com

コンパクトエコシステムの特徴

国内の環境マネジメントシステムでは最も省コストで手軽に運用ができます。

ガイドラインは全21ページと簡易に設計していますので、国内では最も取り組みやすいEMSです。

既存の雛形を活用し、小規模企業でも手軽に環境保全レポートを作成・公表することができます。

安価で経営に負荷をかけません。

  • 登録料 50,000円(審査費用含む)
  • 更新料 30,000円(2年毎・審査機関による第三者評価含む)
  • 支援料 10,000円 / 1時間

環境経営士が現場に踏み込み、環境保全活動の推進を徹底してサポートいたします。

PDCAサイクルを基盤に環境保全活動を着実に浸透させます。

コンパクトエコシステムガイドラインに基づき、環境保全活動に継続的に取り組むためのPDCAサイクル(Plan:計画→Do:実行→Check:確認→Act:改善)を構築します。

PDCAサイクルの図

環境マネジメントシステムは、環境負荷の低減を要求事項とするのではなく、環境負荷低減のシステムを継続的に改善することが求められます。

環境経営士は、下記のチェック項目を参考に、継続的なシステム構築をサポートいたします。

継続的なPDCAサイクルのチェック項目

  • 社内での事務局機能やリーダーなど、役割は明確か
  • 現場で日々運用していく小さなPDCAシステムは設定されているか
  • 組織間での情報共有の頻度は適切か。また、情報共有による活動改善の工夫はなされているか
  • 社員のモチベーションが継続される仕掛けはあるか 等

経験豊富な環境経営士がサポートすることにより、環境保全活動が着実に浸透します。

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ