滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

床下の毒エサは永久に不滅です

2017-12-26

本日の弊社は、大阪府豊中市、京都府京田辺市、京都市左京区、

滋賀県彦根市、守山市、大津市のゴキブリ相談、シロアリ相談、

配管洗浄相談、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

持続可能な開発を表明した滋賀銀行に対し、

滋賀県民として誇りに思う美鈴環境の鈴木です。

 

なぜ、誇りに思うかというと、

地方銀行でこのような考えを表明するのは、初めてだからです。

国連が環境問題の開発指標として提唱する

「持続可能な開発目標(SDGs)」を

企業行動につなげる「しがぎんSDGs宣言」を表明しました。

今後は、SDGsに関連した商品やサービスを展開されます。

これは、滋賀県の企業として、かなり注目すべきことですね。

 

今日もネズミ対策のお話をしたいと思います。

床下にクマネズミやドブネズミが走っている時、

ピンク色青色の粉系の毒エサを散布する業者がいます。

 

もし、皆さんのお家の床下にネズミがいる場合、

このような状況が発生し、

プロ業者がこのような提案をしてきた場合は、

すぐにOKサインを出さないでください。

 

なぜかというと、

この食毒剤は、まきっぱなしになることがほとんどで、

掃除をすることは一生ないからです。

写真は、以前に入られた業者さんが、

ピンク色の粉系の毒エサを、床下全域に散布された状態で、

当社で毒エサを掃除しました。

 

食材を混ぜず毒エサのみの場合は、

虫が発生する二次災害は、ほぼありませんが、

出来る限り、このような方法での駆除は避けたいものです。

 

というわけで、

もし、業者から床下に毒エサを散布する提案をされた場合は、

他の方法で、駆除できないかを聞いてみることをおすすめします。

自分の家の床下に、ネズミがいなくなっても

いつまでも毒エサが残っているのは、やっぱり気持ち悪いものです。

 

業者の立場で言うならば、

どうしても、屋根裏や床下において、

この方法を使わないといけない場合は、

必ず説明をすることを鉄則として頂くことをお願いします。

 

 

床下清掃のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

床下のネズミ毒エサ清掃

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ