滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

この時期のクマネズミは旅に出ます

2017-11-24

本日の弊社は、京都府八幡市、京都市伏見区、

滋賀県大津市、彦根市、長浜市の生前相談、ゴキブリ駆除、

ノミバエ相談、ネズミ駆除、微生物対策、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

働く人の40%の人が、10月~12月で疲労を感じると聞いて、

納得している美鈴環境の鈴木です。

仕事の繁忙期、夕暮れが早い、忘年会シーズン、運動不足などが

原因の1つになります。

この時期こそ、お風呂に入って、ゆっくり寝ることをおすすめします。

 

さて、クマネズミが暴れ出しております。

彼方此方(あちこち)で、屋根裏で走り回っているという

お問い合わせが飛び込んできます。

時には、居住空間にも出現し、米などを荒らされる状態です。

 

以前のブログでもお話した通り、

クマネズミが、殺人ダニと呼ばれる

ツツガムシを媒介する可能性が、

沖縄のみならず本州でも起こるかもしれないとあります。

 

クマネズミは、寒くなると動きが少し変わります。

オスはこの時期、エサを求めて2キロくらいは動きますので、

今までクマネズミが入ったことの無い建物でも

出入口があると、突然のネズミ事故に合うことがあります。

1頭の大型のクマネズミオスが、原料や製品を齧りまくりますので、

侵入口は、あらかじめ閉塞しておかなければなりません。

 

そしてメスは、行動範囲が狭くなるので駆除が難しくなります。

トラップでの捕獲が無くなり、生息数が減ったと思いきや、

春になるとゾクゾクと現れることも多々あります。

 

ということで、

冬場のクマネズミ対策は、かなり重要になりますので、

一刻も早い適格な処置が必要となります。

ネズミの生態をしっかりとくみ取り、

適材適所にワナを仕掛けられる業者さんに

お願いされることをおすすめします

 

クマネズミ駆除のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ