滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

美鈴環境の昆虫同定調査がお得

2020-03-02

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

3月2日北京、ワシントン共同通信では、
中国政府は、新型コロナウイルスによる
中国本土での感染者が1日に202人増加し、
計8万26人になったと発表しました。

死者は42人増え、計2912人となり、
各国の2日までの集計と合わせると、
世界の死者数が3千人を突破したということです。

各国の発表によると、
死者数は韓国が22人、イタリア34人、イラン54人、日本12人。

中国では新たな死者は全員、
患者が集中する湖北省で確認されました。
同省以外の新たな感染者は6人ということです。
全体の感染者のうち、これまでに4万4千人余りが
治療を終えて退院したと発表しました。


新型コロナウイルスの影響で、
街が非常に寂しい状態になってきました。
食品メーカーもパーキングエリアは、
まだ影響ないが、駅のお土産屋さんなどの
ショップ関係はかなりの影響があるそうです。

あと、トイレットペーパー問題や、
メディアのフェイクニュースなどに騙されないように、
正しい情報を行政が出すまでは、注意してください。

さて、話は変わりますが、
今日、京都の食品会社へ訪問したのですが、
なんと気温道路標示が18度

ガガンボやユスリカがたくさん飛翔しており、
啓蟄を待つまでもなく、一斉に虫たちが
飛び出して来そうな感じを受けました。

今年は、オリンピックが開催されることで、
(開催されるか分かりませんが・・・)
食品衛生管理も厳しく見られることになりそうです。

そうなると、
お問い合わせ率が上昇するであろうと思われる

 

昆虫同定調査

 

昨年は、一昨年と比較して、
同定依頼をたくさん頂きました。

当社における昆虫同定調査の依頼先は、
6対4くらいの割合で、企業さん「6」一般顧客「4」
といった具合です。

価格が安価なサービスではございますが、
同定調査は、基本「科」までとさせて頂いています。

例えば、ノミバエの場合、ノミバエ科までです。
オオキモンノミバエ・フユイエノミバエ等までは、
調べません。ただし、当社でも種まで分かる場合は
出来る限り報告させていただいています。

ゴキブリの場合は、ゴキブリ科までだったら
「誰でも分かる!」とお叱りを受けますから、
クロゴキブリ・ワモンゴキブリ等までお知らせします。

また、検査結果で上がった対象虫の
発生源や駆除方法などもオプションで
書面提出しております。

詳しくは、こちら ↓

虫調査.com

というわけで、
今年も昨年同様に、ヒアリ問題からのアリ関連や
ヒラタキクイムシ等の木材害虫、
シバンムシ等の食品害虫の
同定が多くなると予測されますので、
迅速な対応が出来ますよう、
スタッフ一同頑張りたいと思います。


害虫駆除・衛生管理
生前整理・遺品整理の
お問い合わせは、
こちらまでご連絡ください↓
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ