滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

新型コロナウイルスはスーパーキラーではない

2020-02-11

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。

新型肺炎コロナウイルスの感染者が
32,000人を超えました。
そのうち死者は724人(うち中国で722人)
というデータになっています。
※2月9日 9:50時点

警戒レベルが最高度のパンデミックではなく
根拠のない情報が大量に拡散する
「インフォデミック」が起きています。

このインフォデミック
最大の問題だと私も考えております。

なぜなら、情報が一本化されていないため、
正しい事実が全く分からないからです。

アメリカでは、今年インフルエンザで
多くの人々が命を落としています。
なのに、大きな問題にならないのは、
このインフルエンザというものの正体が
ある程度分かっているからです。

比較的弱い病気ほど拡大すると言われます。
感染拡大がここまで起こっているのは、
このコロナウイルスが強くないという証拠でもあるのです。

ですから、あわてずに日本の誰かが立ち上がって
しっかりと一本化の説明をするべきなのです。

そして、この感染者数というものも
皆さん知ってのとおりまったくアテにならないです。
検査をして病名を下すのは医師以外おりません。
その医師に診断してもらってる人が果たして何割か?
ということです。

高齢者に強い新型コロナ

今回の新型コロナウイルスは、
健常人は普通に回復するということが分かっています。
しかし、高齢者には相性が良く、
糖尿病患者や透析患者、ガン治療者、体力のない人は
かなり要注意であります。院内感染など起こってしまうと、
大問題になってしまうでしょう。
また乳児・幼児ももちろん警戒が必要です。

そして近頃、拡大防止のカギは
アフリカということも言われだしました。

これは、中国-アフリカ間の直行便の
渡航者は年間254万人(2018年)であり、
多くの人が行き来しているからです。
そして、医師の数と情報発信力も少ないこともあります。

まん延すると当然、
「アフリカに援助しなさい」となります。

日本は自国のことすらしっかりとできないのに、
国際的にも格好つけないといけないのか
支援するのです。
これは、支援しないと後々、
経済的に痛い目に合うとか言われるからでしょう。

経済ダメージもある上に、
さらに追い打ちをかけます。

大丈夫なのか?この国は!
違う意味で心配になります。

施設関連の殺菌消毒を行います。
コウモリ・小動物の対策なども
お困りの際は、こちらまでご連絡ください↓
077-576-8222 (代表)

 

お見積りフォーム

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ