滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

腸管出血性大腸菌

健康被害 細菌感染症

わずか50個程度の細菌で発症は驚愕
菌の運び屋であるハエ・ゴキブリには要注意

サイズ・体色
  • 約1×2.5マイクロメートル 形は、カプセル型で鞭毛を有する
サイクル
  • 牛・羊などの動物 → 生肉 → 人(ハエ・ゴキブリ) → (人) → 排便 →人
ニックネーム
  • O-157(オー・157)
住まい
  • 牛・羊の大腸
趣味
  • こっそり棲みつく(牛・羊は元気)
長所
  • 酸に強いこと(胃酸でも平気)
短所
  • 熱に弱いこと(75度以上は死ぬ)
特技
  • 冷凍されても死なないこと
好きな時期
  • 4~10月
好きな食べ物
  • 潜伏期間 約3~8日
  • 感染後、下痢・微熱・腹痛・血便 時に合併症による死亡
好きなタイプ
  • 幼若齢・高齢の人、体力の無い人、生肉が好きな人、手洗いしない人
嫌いなタイプ
  • 加熱好きな人
欲しいもの
  • アルコール耐性(現状、アルコールに弱い)

DIY:自分で出来る対策

  1. ①食品は新鮮なものを購入するように心がけましょう。
  2. ②買い物カバンの中で食材の汁などがこぼれないように心がけましょう。
  3. ③冷蔵保存は9度以下、冷凍保存はマイナス18度以下にしましょう。
  4. ④食材に触れる前後は、必ず手洗いとアルコール消毒を行いましょう。
  5. ⑤包丁やまな板は、生鮮食品を扱ったごとに洗浄とアルコール消毒をしましょう。
  6. ⑥冷凍させたものは、電子レンジで解凍しましょう。
  7. ⑦加熱処理を行いましょう。中心温度が75度以上で1分間が目安です。ちなみに100度で5秒です。
  8. ⑧使用した食器類は、煮沸処理もしくは洗剤で水洗いし、アルコール消毒をしましょう。
  9. ⑨病原菌の運び屋であるハエやゴキブリなどは、手足に細菌をくっつけて食材に触りますので、これらの駆除を行いましょう。
  10. ⑩最寄りの保健所・医師に相談しましょう。

プロの駆除法

腸管出血性大腸菌 からのメッセージ

  • ①私たちの中には、ベロ毒素を産出するものがおり、0の157番・111番・26番などが代表的な嫌われ者です。特に157番は8割を占めているのですよ。
  • ②私たちが棲みついている動物は、元気に暮らしているので、貴方たち人間が見ても分かりませんよ。

管理人からのメッセージ

  • ①食中毒の予防3原則は、「汚染させない」「増やさない」「死滅させる」です。
  • ②食品を扱う工場関係は、必ずプロによる衛生管理の指導を受けるようにお願いします。

【イラスト及び写真の使用権限】

  • 当サイトで掲載されている全てのイラスト及び写真・素材は、サンプルを含め、許可なく頒布(無断転載、販売・編集・賃貸)することはできません。
  • 原則として制作したイラストの無断加工は、ご購入頂いたお客様においてもお断りしております。加工や修正などは、相談いただければ必要に応じて承ります。
  • イラストレーターなどの元データの引き渡しはできません。
  • イラストの著作権に関しては各制作者にあります。
  • 「使用権限」は予告なく改編・加筆を行う場合がございます。
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ