滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

滋賀はワースト2位でした

2019-01-15

本日の弊社は、京都市上京区、滋賀県大津市、草津市、高島市の

エアコン清掃・食品工場の防虫管理にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

私の周りにも若干おられますが、批判が好きな人がいます。

私は、従業員にも伝えているのですが、

「承認しなさい」と教えています。

早い話、Facebookでいうところの「いいね」です。

 

これ、なぜかと言うと、

両者ともに、得することがあっても損することは無いからです。

ところが、批判しまくると、両者ともに損をするか、

批判した側の方が、結局は損をするからです。

 

そもそも、批判して貴方は、その人の人生に責任を持てますか?

 

というわけで、

出来ないのであれば、承認することをおすすめします。


 

【メインコラム】

日本経済新聞引用

環境省は13日までに、

2017年度に全国で新たに見つかった産業廃棄物の

不法投棄は163件、計35,716トンだったと発表しました。

前年度より32件多く、量も8,378トン増えました。

担当者は、「ここ数年は、全体として減少傾向にあるが、自治体などが監視を強化したため発覚した事案が多かったようだ」と話しておられます。

都道府県別では、岐阜県が4,767トンで最も多く、

滋賀県がなんとワースト2位で4,026トン

山梨3,553トンと続いています。

しかし、秋田県や徳島県など10県はゼロでした。

 

種類別では、瓦礫(がれき)や木くずといった

建設工事に伴う廃棄物が15,216トンと全体の7割を占めました。

調査は、都道府県と政令指定都市が把握した

不法投棄のうち、一見あたりの量が10トン以上のものを集計しました。

 

ゴミは、捨てる所が無くなってきているのが事実です。

しかし、不法投棄は重罪です。

当社も、リサイクルよりもリユースに力を入れておりますので、

生前整理や遺品整理にお困りの際は、

お問い合わせ頂ければ、

お客様も社会貢献にお繋ぎできることと思います。


 

生前整理・ご遺品整理・

生前整理サポート契約の

ご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ