滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

生前整理で格好よく歳を取ろうの2つの意味

2018-09-12

本日の弊社は、京都市南区、滋賀県草津市、栗東市、大津市の

生前整理、ネコノミ駆除、ネズミ駆除、特殊清掃にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

「凶作のせいで、人民が餓死した」

これは、長が治める政治のせいではないという言い訳にすぎない。

自分の政治が悪いからだとハッキリと自覚しなければいけない。

 

これは、私が聖書のように持っている

孟子の教えの本に赤線を引いている一文です。

 

会社の経営者・スポーツの監督も一緒です。

負けるのは、社員や選手のせいではないのです。

私は、ずっと野球をしておりましたので、

監督の責任は本当に重いモノであることを知っています。

 

というわけで、

人の上に立つ者は、どんな立ち位置であっても

民を助ける行いをしなければいけないということを

覚えておいて欲しいと思います。

家の中であれば、ご飯をつくる人は、

家族の健康のカギを握っていると思ってください。

主任や係長であれば、

平社員や新入社員の気持ちになって行動してください。

————————————————————————

 

【メインコラム】

ゼロ・エミッション

を目指している美鈴環境サービスの鈴木です。

 

簡単に言うと、全てのゴミをリサイクルすれば、

ゴミは無くなるという考え方です。

 

私は、環境経営士という資格を持っており、

環境保全を取り入れながら、

経営を活動に努めなくてはいけない使命を持っております。

しかし正直、ここ2年ほどちょっと真剣さが欠けていました。

昨日、大手の廃棄物処理業者(安田産業さま)と

お話する機会があり、自分の不甲斐なさに反省をしました。

 

持続可能な社会にするためには、

「循環型社会・低炭素社会・自然共生社会を構築すること」

これ基本なのですが、

当たり前のようで簡単には出来ないことなのです。

 

では、この会社はなぜ取り組めるのか?

廃棄物処理業者の中でも、

相当レベルの高いクリーンな会社でいられる核は何か?

 

答えは、社長の経営方針です。

そして、その想いに応える従業員。

素晴らしいです。

 

というわけで、

私も日本経営士会で、2度のイノベーションアワードに

受賞したのですから、しっかりと環境経営士としての

活動をして参りたいと思います。

 

全国で最初に、コンパクトエコシステムを取り入れたのは、

何を隠そう、私ども美鈴環境サービスであります。

 

笑顔相続・持続可能な社会を構築する

をキーワードにして、

整理業務・害虫駆除に努めてます

 

と今一度、宣言いたします。

そして、高齢者の方には、

格好よく歳を取って欲しいと思い、

生前整理をすすめております。

カッコイイというのは、外見のオシャレだけではなく、

次世代の見本になる姿を見せる

オシャレも含まれておりますので、

私どもにアシスト役をさせて頂ければと思います。

———————————————————————

 

ご遺品整理・生前整理に

関するご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

生前整理で格好よく歳をとる

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ