滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

クレジットカード利用可能

Posts Tagged ‘滋賀・京都の相続診断’

京都市三条商店街で無料診断を始めました

2020-02-22

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。


今月から、京都市中京区の三条商店街で行われている
相続相談ブースで「おかたづけ診断 生前整理・遺品整理」
として参加させていただくことになりました。

三条商店街は、京都を代表する老舗商店街で、
堀川三条~千本三条まで続くとても賑わいある
商店街です。

私は、昨日から参加させていただいたのですが、
社会整理士育成協会の事務局長の小笹は、
笑顔相続サロン京都ののれんを掲げて、
4か月前から窓口にいます。

私を含めて、窓口には4名が在籍しています。
共通しているところは、4名ともに相続診断士です。
その中には、介護支援専門員・ファイナンシャルプランナー・
生前整理・遺品整理コンサルタント・社会整理士が在住しています。


相続相談、介護相談、お片付け相談
もし、ご興味ある方は、

次回は、
3月27日の金曜日11時から16時半
4月24日の金曜日11時から16時半です。

ちょっと相談したいことあれば、
遠慮なくお立ち寄りくださいませ。

もちろん、害虫駆除・害獣相談でもいいですよ。


相続相談・生前整理・遺品整理、
骨董・古美術、リサイクル品の査定
などにご興味のある際は、
こちらまでご連絡ください↓
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

ゴミは無料ではありません

2020-02-16

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンです。
今日もよろしくお願いします。

最近は、モノの買取査定のご依頼が多くなってきました。
先日は、買取価格で、おかたづけの分別仕分け費用が
プラスになったので、本当に良かったと思います。

さて一方、セミナーの機会も増えて参りました。

今日は、最近の中でとても印象深かった
和歌山県での「生前整理」についてお話してきた様子を
お伝えしたいと思います。

さて、皆さまの
生前整理のイメージはいかがでしょうか? 

ちょっとしんどいイメージないですか?
やらないといけないんだけど、中々できない。

という方が多いと思います。
私が生前整理をすすめる理由には、
介護や相続、孤立死対策にもつながっているのですが、
実は、生前整理の良さが先行して、
言葉だけが、一人歩きしている感もあり、
本当にこの方には必要なのか?も考えます。

こういったことは、現場を見ているからこそわかります。
いくつかのシチュエーションが想像できますが、
生前整理ってよくよく考えると、
日常の整理整頓にすぎないんですよね。

ところが、認知症など判断能力が無くなってしまうと…。

さて、先日2月12日の日経MJにて
このような記事がありました。

親の介護「備えなし」6割

3割くらいが、将来は親介護の可能性を感じていながら、
6割超えが何も対策を講じていないという現状です。

経験者の4割が、「事前に情報収集を」
と警笛を鳴らしています。
備えのない状態で介護に直面すると、
自らの日常生活にも影響が出るのです。

おかたづけだってそうです。
「残す、捨てる。孫にあげる」

って判断できなくなるのです。
では、誰が決めるのか?子どもだったり、兄弟です。

それって、遺品整理みたいじゃないですか?
ちょっと寂しいですよね、

さて、セミナーで、
あるお父様がこのようにお話されました。

「かたづけは長男がやるもんや!」

長男である私は、心の中で、
「とんでもない!」と呟きました笑

そのお父さん!私のお話を聞いて、
「ごみを捨てるのに、金かかるんか?」

と、ちょっと怒り気味でおっしゃいました。

これが現実なんです。
そうなんです!普段、ゴミの日に出して、
ゴミ屋さんが持っていくから
無料(タダ)と思っても仕方がないのです。

そこからです!立派なタンスなどの買取の話をすると、
「買ったとき30万円もしたものが0円になることも」

お父さんの顔!さらに怖くなります。
「そんなワケないやろ!」

時代は変わるのです。

そんなわけで、
これからも、セミナー講師で呼ばれたら
どこへでも行こうと思った次第であります。


生前整理・遺品整理、
骨董・古美術、リサイクル品の査定
などにご興味のある際は、
こちらまでご連絡ください↓
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

 

2020年は覚醒の年に

2020-01-01

新年あけましておめでとうございます
謹んで初春のお慶びを申し上げます



ミスズマンがいよいよ完全体になりつつあります。
乞うご期待でございます。

滋賀大津の元旦は、
雲が多い1日でしたが、非常に過ごしやすい気温でした。

昨年のブログでは、
当社、美鈴環境サービスは、
挑戦の年になるとお伝えしました。

「衛生管理事業部からは、福井県全域へ商圏拡大をします」

といったものの、
年間の売り上げは650万円程度と
伸び悩んでいるのが現状であります。
今年こそは、エリア拡大に向けて頑張りたいと思います。

さらに、代行会社とタイアップして
更なる商圏拡大も宣言しました。

こちらも、思っている以上に
お任せできる同業者が少なく
現在進行形で業者を探しております。

通販事業につきましては、
喜ばしいことにお問い合わせは急増しました。
特に今の時期は、卒業シーズンでもあるので、
卒団モノのお問い合わせが多いのですが、

何と言っても今年は東京オリンピックが開催されます。
昨年盛り上がったラグビーをはじめ、
各種オリンピック競技関連も視野に、
MiraiSのオーダーメイドグッズ制作に力を入れて参ります。

そして、整理事業も売り上げがアップしました。
特に、相続相談に関しては、
同グループの一般社団法人 社会整理士育成協会を窓口で
地域密着型でおもいやりの学校をスタートしました。

こちらでは、相続診断チェックからの
各種相談、生前整理・遺品整理という流れで
お問い合わせも増えました。
また、メディアなどの宣伝もしていただけました。

ガレージセールは、
宣言したものの取り組めておりません。
しかし、2020年は相続演劇を予定しておりますので、
楽しみにしていてください。

さらに!

2020年は、進化を遂げたいと思います。
情報サービス部と通販事業部に力を入れていきます。
さらに、新たな防虫サービスも計画中です。

というわけで、
今年は、私自身が年男でありますので、
私個人と、昨年、従業員が個々人で見せてくれた
能力をそれぞれが生かして、

覚醒

をキーワードに
美鈴環境サービスを更なる発展へ
全従業員で導いていきたいと思います。

本年も変わらぬご指導・ご鞭撻のほど
何卒宜しくお願い申し上げます。

有限会社 美鈴環境サービス 社員一同

生前整理の必要性について

2019-11-19

皆さん、おはようございます。
困ったを助けるミスズマンです。

今日は、いつもの害虫駆除関係のお話ではなく、
整理事業から生前整理のお話をしたいと思います。

では、ゆうちゃん、よろしくお願いしま~す

【ゆう】
あたし、生前整理ってまったく知らないわ。

【ミスズマン】
そうか!ゆうちゃんの場合は、
おじいちゃんやおばあちゃんの話だもんね。
でも、やがてゆうちゃんにも関係してくるから
ちょっと知っておいた方がいいよ!

【ゆう】
そうなんだぁ。じゃあ勉強しないと・・・。

【ミスズマン】
さすが、勉強大好きゆうちゃんだね、
よし!はじめよう


生前整理の必要性について

皆さん、そもそも生前整理ってなぜするのでしょうか?

「気持ちが前向きになり、生きる活力がうまれる」
「子どもたちに迷惑がかからないように行う」

などが主に上げられます。
人によっては、気持ちが断捨離でき、
新たな人生を歩まれる方もいらっしゃいます。

それも、もちろん大切なのですが、
社会整理士であり、相続診断士でもある私どもは、
笑顔で相続を実現して頂くために、
以下のことを念頭に、生前整理の必要性を発信しております。

➀最初のお片付けが遺品整理の場合、
 後悔することがあるため

②相続時にもめない(争族にならない)
 ための備え

では実際、当社で行っているお片付けで
生前整理をせずに遺品整理を向かえたら、
どのようなことが起こっているのかを
いくつか例を挙げたいと思います。

➀子どもに想いが伝わらずに捨てられる
②身内による貴重品の盗難
③想い出まで処分される(アルバムなど)
④見られたくないものが見つかる
⑤家捜しからのもめる相続
⑥デジタル関連のロック解除に高額を要する
⑦遺族により、全処分される

当社では、生前整理は、
笑顔相続の実現のために、
必要な終活の一歩と位置付けております。

 

親がしたい終活と子どもが親と一緒にしたい終活

親が死ぬまでにやりたい終活と
子どもが親とやりたい終活の中には、
共通している部分が2つあるのは
ご存じでしょうか?

➀ 持ち物の整理
② 財産の整理

②の財産の整理というのは、
親子が全員そろって
家族会議的なものをしないといけないので、
コミュニケーションが取れていないと
ちょっと厳しいことです。

でも、➀の持ち物の整理に関しては、
相続という観点では、一般的にかけ離れている感が
ありますので、行動に起こしやすいと思います。

というわけで、
終活は、持ち物の整理から行動することで、
次のステップへ行けるのではないかと
考えております。

【ミスズマン】
ということなんだよ!

【ゆう】
うーん・・・。
あたしにはちょっとまだピンと来ないけど、
おじいちゃんやおばあちゃんが、
あたしに遺してくれるモノとかがあるなら、
それは知っておきたい気もするなぁ。

【ミスズマン】
そうそう!生前整理の良いところっていうのは、
本人の声が聞けることなんだ。

亡くなってからでは、聞けないでしょ!
これから増える病気である
「認知症」を患ったりすると、
もうモノを捨てる残すの判断が出来ないんだ。
ゆうちゃんに遺してあげようとしていた
宝石なんかも忘れられてしまうんだ!

【ゆう】
それは嫌ぁ~
おばあちゃんの気持ちも繋がらないし。

【ミスズマン】
そうだね。そこがとっても大事だね。
これから、少しずつ学んでいこう!

【ゆう】
はい


【正しい生前整理や遺品整理】
終活や相続は正しい知識をもった専門家に、
お願いしましょう。お問い合わせはこちらへ

お見積りフォーム

【虫キライさんわかりあいたい】
ただいまオンラインサロンが
なんと無料サービス期間中です。
FaceBook登録が必須になっています。
登録されていない方でも、私用では使わず
メッセージのやり取りやフェイスブックページだけを
使用されている方もおられますので、
ご興味のある方は、ご登録のほどよろしくお願いします。

オンラインサロン

虫の同定調査(科の判別)
なども受付しております

虫調査.com

害虫駆除・ネズミなど
にお困りの際は、
こちらまでご連絡ください↓
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

【朗報です!】
ヤマトシロアリの点検をはじめました。
床下が土間コンクリートのお家にお住まいの方は、
シロアリ駆除をされない方が増えております。
「でも、多少心配はしている」
という方のために、点検のみをはじめました。
本当は、コンクリートであろうが、必要なのですが・・・。
年中無休で働くシロアリは、いつコンクリートのひび割れから
這い上がってくるか分かりません。
点検くらいは、しておいても良いのではないでしょうか?
点検のみご希望の方は、
こちらまでご連絡ください↓
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

生前整理はハードルが高いのか?

2019-07-14

本日の弊社は、兵庫県赤穂市、滋賀県東近江市、守山市、

蒲生郡の孤立死現場の殺菌消臭、食品工場の防虫対策に

お伺いしました。

 

【ショートコラム】

「50歳になると、男の更年期になった」

片岡鶴太郎さんがお話されていました。

鬱々としてくる毎日を過ごす片岡さんは悩みました。

そこで、助言を頂き、出会ったのが瞑想の世界です。

そして、ヨガへと行き着かれました。

ストイックではなく、禁欲とかではなく、

こちらの方が快楽的な生活だそうです。

ここに来て、楽しいを極められたそうです。

 

というわけで、

何事も極めるということは、

楽しくないと出来ないと思いますので、

仕事・趣味・パートナーを

とことん好きになって欲しいと思います。

本当に、片岡鶴太郎さんは125歳まで生きそうですね。


 

【メインコラム】

私が、この世で最も無くなって欲しいと願う

「見つけてもらえない孤独死」

私どもの業務でもある殺菌消臭・特殊清掃は、

無くなって欲しいと思っています。

 

今回も、お一人様がマンションの1室でお亡くなりになり、

ご遺品整理、殺菌消臭のお仕事を行いました。

モノがたくさん溢れているのは、不思議な事ではありません。

何が大切かというと、自身が召された時、

どんなモノを、どんな想いを遺したかったのか?

これを家族や親戚に伝えておくことです。

 

生前整理というと、

とてもハードルが高く大変なイメージが強いです。

でも、大切なことを後世に伝えることが出来たなら

まずはスッキリした気分になってください。

そこからがスタートです。

モノのお片付けは、1人では難しいので、

出来ないことが罪だとは思わないで欲しいと思います。

 

というわけで、

生前整理は、自分のためだけではなく、

次世代にバトンをつなぐためのものなので、

遺品整理の時に、かかる費用を資金準備しておき、

遺言書やエンディングノートに記載しておくことを

おすすめします。

 

近頃は、司法書士や行政書士、相続診断士の先生から

「お客様宅で、どれくらいの費用がかかるのか教えて欲しい」

というお問い合わせが増えて参りました。

昨年と比べたら、非常に関心度が高まっていることが分かりますね。


ご遺品整理・生前整理で

困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

7月からオープンしましたオンラインサロン。

虫キライさん!わかりあいたい

オンラインサロン

このサロンでは、

正しくDIYして頂くための学校みたいな所です。

そして、他にもブログでは知り得ないあらゆる情報も

ご提供させて頂こうと思います。

ぜひ、サロンへお越しくださいませ。

第21回 京都相続診断士会 定例会のご報告

2019-07-06
京都相続診断士会の副会長を授かっております
美鈴環境サービスの鈴木です。
 
先日、7月4日は、第21回 京都相続診断士会が
行われました。 京都会は、キックオフから
2周年記念ということで、
 
全国相続診断士会会長 東京相続診断士会会長
笑顔相続コンサルティング株式会社 代表取締役
相続診断事務所 笑顔相続サロン®本部 代表
株式会社FPパートナー 特別顧問の
一橋 香織先生をお迎えし、
 
~笑顔相続を実現する上での高齢者対応のレベルUP~
 
相続診断士として知っておきたいお話を、
非常に分かりやすく、直ぐに実践で使えるように
丁寧に教えてくださりました。
 
参加者の中には、
お客様のご相談になられている方もおられますし、
講師をされている方もおられます。
 
参加者の皆さまは、話し方もふまえ、
非常に沢山の学びを持って
帰られたのではないかと思います。
 
一橋先生、本当に貴重なお話をありがとうございました。
 
さて、次回8月1日木曜日の
京都相続診断士会の定例会は、
兵庫県相続診断士会 副会長の
税理士の富永先生のご登壇です。
 
富永先生のお話も、ぜひ聞いて頂きたいので、
8月1日は楽しみにしていてください。
相続診断士の方は、
オブザーバーの人も たくさんお誘いの上、
奮ってご参加くださいませ。
 

相続診断士の資格に

ご興味がおありの方、

取得したい方は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

改正相続法も重要なのは「ありがとう」の感謝の言葉

2019-07-03

本日の弊社は、福井県あわら市、京都市中京区、

滋賀県草津市、栗東市、彦根市、米原市の貴金属査定、

医薬品・食品工場、ホテルの防虫対策にお伺いしました。

 

【メインコラム】

皆さんもご存じのとおり、改正相続法が施行されました。

民法の相続に関する規定(相続法)が約40年ぶりに

大きく変わり、そのうちいくつか重要な変更点が

7月1日に施行されました。

 

まず、注目されるのは、「特別寄与料」の新設です。

一般に親の介護で子どもが生前に大きな貢献を

していた場合、「寄与分」といい、

遺産分けに繁栄してあげる決まりがあります。

でも従来は、法定相続人に限られていました。

例えば、良く有るのが「義理の父を介護していた」

嫁というケースは対象外でありました。

 

「こんなに、あなたのお父さんの面倒を看てきたのに・・・」

 

そうした嫁らの不満に応えるのが、

特別寄与料というものです。

故人の子どもの配偶者らが、

貢献分の財産をもらおうと

義理の兄弟らに請求できる権利です。

 

金額は介護期間などに応じて決まり、

財産が少なければ受け取れない可能性はあるのですが、

権利が認められたのは前進だといわれています。

 

しかしです。

こうしたやりとりだけで本当にもらえるのでしょうか?

生前に、義理のお父様に公正証書の遺言書に

特別寄与分のことを遺してもらわないと

いけないのではないでしょうか?

また、家族同士でコミュニケーションもしっかりと取り、

親戚一同のもと認めてもらえるような関係づくりに

励むべきではないでしょうか?

 

かなり綺麗ごとに聞こえるお話ですが、

 

「ありがとう!面倒看てくれて」

 

この言葉が素直に出る

関係づくりをして欲しいと願うばかりです。

※一部日本経済新聞引用


3つのお片付け

相続・介護・モノの整理に

困ったご相談がおありの方は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

ありがとうの生前整理

2019-06-15

本日の弊社は、大阪府吹田市、京都市中京区、

滋賀県大津市、栗東市のトビムシ相談、ゴキブリ駆除、

コウモリ対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

高齢者の運転操作ミスから起こる交通事故が

多発していることで、高齢者の運転免許を

検討されているようです。

毎日のように小さな命が消えていくのは、

もう皆さんも我慢できないはずです。

あと、アクセルとブレーキは、

感覚だけで見ずに踏むため、

踏み間違いが生じて当たり前です。

システム上に問題がありますから、

このあたりも、クルマ業界の知恵をお借りして

改善に向かって欲しいです。


 

【メインコラム】

有り難いことに、今年に入り他府県に渡って

ご遺品整理と生前整理のお問い合わせが

急増して参りました。

 

滋賀・京都はもちろんのこと、

鳥取・愛知・奈良・大阪・兵庫・和歌山などからも

お声をかけて頂き、チームで対応出来ております。

 

生前整理の良いところは、

遺品整理と違って、本人の声を聞きながら

おかたづけ出来ることです。

両親と一緒に、想い出を振り返りながら、

アレは遺す・捨てるなど言いながら分けていきます。

時には、言い合いになり、

久々の親子ゲンカを勃発することもあります。

私は、元気な時に少しくらいは親子ゲンカだったり、

迷惑をかけたりも構わないと思います。

 

そんな時に、ケンカを鎮めてくれるのが、

アルバムや手紙です。

 

でも、本当に仲の良い関係であれば、

最期は「ありがとう」で終われます。

 

だから私は、いつも

「これだけは言わないでください」

と言います。

 

全部処分してください

 

皆さま、この全部を次の言葉に置き換えてください。

「両親が大切にしていたものも処分してください」

「子供や孫に遺していたものも処分してください」

たった漢字2文字ですが、こういうことです。

 

子どもは、親のモノを

「私たちにとっては全部ゴミ」

「家もいらない」 と平気で言ったりします。

頑張って働き、子どものために

一戸建てを購入したのです。

自分が親の立場だとして、

子どもに、このように言われたらどうでしょうか?


辛くないですか?私は辛いです。

 

というわけで、

生前整理をすることで、

遺品整理時にかかるお金・労力・時間を軽減できますし、

何よりも後世に遺すモノ・想いを整理したり、

想い出を思い切って断ち切ったりして、

心の整理ができます。

 

そして、生きる活力が湧いてくると思われますから、

重度の孤独死や重度の認知症も防ぐ力に

つながると思います。

生前整理・遺品整理にご余命の際は、

お問い合わせ頂ければと思います。


生前整理・遺品整理で

困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

想い出を大切にする生前整理・遺品整理

2019-05-24

本日の弊社は、滋賀県近江八幡市、大津市、守山市、

京都市左京区、右京区、伏見区の遺品整理相談、

医薬品工場・食品工場・ビジネスホテルの防虫対策、

飲食店のゴキブリ駆除にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

SDGs達成を目指すコンパクトエコシステム(CES)に

挑戦する美鈴環境サービスの鈴木です。

CESは、事業者が簡易な環境マネジメントシステムを

活用することによって、環境保全への取り組みを行い、

事業の維持・成長を実現し、SDGs(持続的な開発目標)を

達成することを期するものです。

2011年に全国で第1号として導入した

コンパクトエコシステム(CES)から9年の月日が経ちました。

 

そして、今回新たなコンパクトCSRに、

2017年の表彰式で宣言したとおり第1号に挑戦します。

この先、さらに美鈴環境サービスは、

もっとブランド力が上がっていきますので、

それに相応しいサービスを提供していけるように

頑張って参ります。


 

【メインコラム】

当社の害虫相談に匹敵するくらいの

需要が高まっている生前整理・ご遺品整理。

おかげさまで、ご依頼が殺到しております。

 

美鈴環境サービスのおかたづけは、

ちょっと他社とは違います。

どこが違うのかと言うと、最近の例で言いますと、

 

全処分の見積もり250万円が

当社の分別仕分け作業で90万円に

 

これが、当社の強みです。

ここは、珍しくブラックボックス(ノウハウ)は

伏せておくことにしておきます。

写真は、当社の秘密兵器の女性スタッフで、

現役ヘルパーさんです。

 

というわけで、

当社のおかたづけは、他社とは違い、

セカンドオピニオン的存在で取り組んでいきたいと

思いますので、おかたづけにお困りの際は、

ご一報頂けたらと思います。


遺品整理・生前整理に

困ったご相談がおありの方は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

 

第19回 京都相続診断士会 定例会のご報告

2019-05-03

京都相続診断士会の副会長を

させて頂いております鈴木です。

 

昨日は、第19回京都相続診断士会の

定例会が行われましたので、

ご報告をさせて頂きます。

 

令和元年1発目の、

今回は、初の2部構成で、

第一部が、京都相続診断士会 谷岡前会長が

 

「もっと早く相続診断士に出会っていたら」

 

というタイトルで、実体験のお話をしてくださいました。

突然、親の死に直面し、大変な想いをされた谷岡先生。

突然の訃報に、

 

「何をして良いかわからない」

「涙を流すヒマもない」

「突如くる悲しみと溢れ出す泪」

「そして、やって来たマイナスの相続」

 

もっと早く、相続診断士に出会っていたら・・・。

両親・家族を悲しませなくても良かったのではないか?

私たち、相続診断士は、

お困りになられている方の声を

聞いてあげられる素晴らしい仕事をしている。

笑顔相続のために、個々に何が出来るか?

改めて、考えさせてくださいました。

そして、谷岡先生も「泪 → 涙」へ、

リセットされているように思えました。

 

第二部は、令和元年5月1日に

笑顔相続サロンを開設されました

京都相続診断士会 小笹会長より、

 

「相続診断士として何がしたいか!」

 

をグループワークで、

相続診断士の役割や相続診断士として

自分は何をしていきたいかなどを

皆さんで共有できる時間を作ってくださいました。

 

まさに、ゴールデンウィークに

相応しいゴールデンな

前会長と現会長のコラボ企画で、

4班に分かれ、各テーブルの意見を見て回り、

考えをシェアする和気あいあいな時間となりました。

 

私は、エンドユーザーが何を知りたいのか?

ここにもっと着目していかなければならないのでは

ないかと考えております。

講師をする立場の人間は、

私も含めて、話やすいことを話すし、

自身で「これが知りたいのではないか?」と予測して

セミナー等をしますが、私はもっと心の声を聞いて

いきたいと思います。


【場所】
イベントスペース京都
京都市下京区鶏鉾町493ビルムーンバットビル7階
http://www.eventspacekyoto.com/access

京都相続診断士会に

ご興味がおありの方は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

 
« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ