滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

クレジットカード利用可能

Posts Tagged ‘コウモリ’

ただ今予約待ちのコウモリ対策

2018-10-10

本日の弊社は、京都府南丹市、京丹波町、京都市右京区、

兵庫県神戸市、滋賀県守山市、近江八幡市、栗東市の

食品工場の防虫対策、保育園の防虫対策、コウモリ対策、

遺品整理相談にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

まだまだ新社屋に馴染めない美鈴環境サービスの鈴木です。

移転してから1週間が経ちましたが、

まだまだ自身の整理も出来ておらず、

ごった返しております。

 

収納が上手くいくと、スカッとするはずなのですが、

こういった職種なため、モノの量が多いので、

中々難しいものです。

来客の皆さまにも、看板がまだ立っていないので、

ご迷惑をおかけしております。

 

そんな中、たくさんのお祝いやお花を頂き、

感謝しております。

これからも、精一杯頑張って参りますので、

ご尽力のほどお願い申し上げます。


 

【メインコラム】

いよいよコウモリの相談も大詰めとなってきました。

今の時期は、一番多くなっておりますので、

多い地区では、体に当たるくらいの個体数だと思います。

 

彼らは、目があまり見えないので、

身体に当たるのは仕方がないのですが、

人間からすると、攻撃してきているように思えて、

気持ち悪いと思います。

経験上、意外にも光には寄ってきます。

 

今回のお客様は、

屋根の隙間から天井裏に、

コウモリが侵入する可能性があるので、

通気性も保ちつつ、数か月忌避させる方法で閉塞しました。

 

最近のお家は、一見通気性が悪そうにみえますが、

昔のお家ほどではないものの、

しっかりと通気性は考慮して建てられています。

 

最近、コウモリの相談があると、

ある方法で隙間埋めをするようにしているのですが、

この方法が、使えない場面もあることに気づきました。

 

なんと、ユスリカ が寄ってくるのです

 

驚きました。

コウモリのエサになるユスリカがやって来て、

その周辺で死に絶えます。

コウモリは、死骸を食べないので問題はありませんが、

コウモリが来ないと思ったら、虫がやってくるといった

何と、生態系ってうまく出来ているんだろうと感心しております。

 

というわけで、

このコウモリ対策というのは、まだまだ進化するので、

私たちも日々、新しいことに挑戦していこうと思います。

ちなみに、このアイテムは

コウモリ追い出しスプレーではありません。

プロならではの技でございますので、

今回は、お口をミッフィにさせて頂きます。

 

そのうち、ポロッと出ると思いますので、

ブログは、引き続きお読みくださいませw


 

コウモリご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

※ 新事務所はNTTが通らない地になります。

eo光になるため、フリーダイヤルが

無くなりますことを、深くお詫び申し上げます。

ハト対策に限り全国対応します

2018-09-18

本日の弊社は、京都市左京区、中京区、

滋賀県守山市、野洲市、草津市、大津市の

化学品工場の防虫対策、倉庫の防虫対策、

コウモリ相談、動産処分相談にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

いくら自分の考えが正論であっても、

通用しない相手がいるのをご存じでしょうか?

 

それは、恋人です。

 

なぜかというと、自分の価値観というものは、

他人に押し付けてしまうと、良く思われないからです。

それが、恋人であればかなりの高確率となります。

そして、その男の対応に対して女性は怒るのです。

すると、男性はしょうもない事と捉えるので、

女性の怒る姿を見て、イライラします。

すると、その男性の人間として器の小ささに絶望し別れがきます。

男性は、女性の本質を受け入れる必要があるということです。

 

というわけで、

恋人や夫婦を大切に出来ない人は、

倫理的に、第1位段階からして失格であり、

成功の道は険しいということを覚えておいてください。

夫婦よりは子どもを優先している人は、

順番が逆で間違っていますので注意してくださいね。

—————————————————————————

 

【メインコラム】

今日も、コウモリと屋根裏の糞清掃に対するご相談がありました。

中々高額のお仕事(15万円~20万円)なので、

お見積もりは通りにくいのですが、

作業者は相当な仕事量ですから、中々安くは出来ないのです。

 

屋根裏の清掃で1番大変なのは何かご存じでしょうか?

 

それは、天井の踏み外し事故です。

意外だったと思います。清掃ではないのです。

気を抜いた瞬間、乗ってはいけないところに足を乗せると、

天井に穴が開きます。滑ってもダメです。

しかし、アクロバットな動きをしないと掃除はできません。

 

さて、今日このブログをお読みの皆さまは朗報です。

ベランダ近くに来ていたコウモリが、

ある方法で来なくなったというお話を教えて頂きました。

 

それが、今やちょっと原始的な方法ですが、

CDをぶら下げる方法です。

もちろん、哺乳類ですから効果のバラつきは多々あります。

すごく嫌がるものもいれば、全く効果が無いものもいます。

これは、仕方がないので色々やってみる価値はあります。

 

というわけで、

コウモリ・ネズミなどの哺乳類や

ハトやカラスなどの鳥類の対策を行う時は、

薬剤も機器も効果のバラつきがあることを

知っておくことをおすすめします。

ある一手だけで、仕留めようとせず、

何手か用意して、作戦を組んで行うと良いですね。

 

そして、ドハト(野バト)に対しては

本日から全国対応で窓口を始めることになりました。

鳥害対策のスペシャリストが困ったを助けにお伺いしますので、

ぜひ頼って頂きたいと思います。

—————————————————————————

 

コウモリ・鳥害に関するご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

コウモリ対策お試しあれ

コウモリ・鳥・ネズミ・イタチ限定

2018-09-17

本日の弊社は、滋賀県彦根市、豊郷町、栗東市、甲賀市の

残置物処理、孤独死後の復旧作業及び殺菌消臭、

包材工場・食品工場の防虫防そ対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

皆さん、アマゾン・ゴーをご存じでしょうか?

今年の1月22日にアメリカのシアトルでオープンした

Amazonが出店した無人コンビニです。

スマホひとつで、決済を可能にするオフラインビジネスです。

店内には、駅の改札口のようにスマホをかざして入店します。

そして、商品を取るとスマホ上に表示されます。

一度、体験してみたいなぁと思う美鈴環境サービスの鈴木です。

 

世界のGAFAのひとつ、

巨大小売り店アマゾンが、オンラインだけでなく、

オフラインにも参入するのは分かっていましたが、

こんなに早くカタチにするとは凄いとしか言いようがありません。

これでも1年ほど遅れたのです。

 

これからは、ドライブスルーをはじめ

オンラインとオフラインの面白い組み合わせを持ったお店が

注目されるに違いありません。

当社も通販部門がありますが、恐竜に比べてアリのような存在です。

しかし、情報はしっかりとキャッチして、

小さいながらも通販部門だけではなく、

衛生管理・整理業務も一歩ずつ進化させていきたいと思います。

————————————————————————-

 

【メインコラム】

コウモリにお悩みになられているお客様の中で、

対策依頼が多い部位の1つが、シャッター(鎧戸)です。

このシャッターの格納庫に侵入して巣を作ってしまいます。

この部分は、コウモリや鳥が巣を作る箇所であり、

ダニやノミも発生

してしまうので、結構厄介な場所であります。

 

今回は、高級な電動式シャッターということもあり、

三和シャッターさんにお願いして頂き、格納庫を開いて頂きました。

コウモリが居る場合は、追い出しスプレー(業務用)で追い出し、

消毒を行いますが、生息跡もありませんでしたの、

今のうちに侵入経路の対策を行いました。

 

ゴムラバーとアルミのフラットバーを加工して取り付けました。

少し手こずりましたが、すべてのゴムラバーが

シャッターのスラット(鎧)のように、

うまく収納できたので、大成功でした。

 

ちなみに、食品工場で防虫ブラシを取付した際に、

シャッターが故障したのですが、

故障の原因が防虫ブラシを取り付けたことにより

過剰な負荷がかかったせいだと言われました。

と、いうのを思い出して、

シャッター屋さんに聞いてみたところ、

 

「そんなことで壊れたら、シャッターが売れない」

「防虫ブラシは、医薬・食品工場では当たり前」

 

とおっしゃいました。

 

というわけで、

この出来事があってから、

シャッターにブラシやラバーを取り付けすることを

すべてお断りしていたのですが、

今回のお客様が、設計などをされていた方で、

ある程度は大丈夫だと感じておられたのだと思います。

挑戦の機会を下さり、感謝でございます。

今後は、色んなシャッターに挑戦していきたいと思います。

————————————————————————-

 

コウモリに関するご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

シャッターのコウモリ対策1 シャッターのコウモリ対策2 シャッターのコウモリ対策3 シャッターのコウモリ対策4 シャッターのコウモリ対策5 シャッターのコウモリ対策6

コウモリの糞尿は必ず除去すること!

2018-09-13

本日の弊社は、京都市中京区、山科区、滋賀県彦根市、守山市、

福井県敦賀市、若狭町の空き家の家財処分相談、生前整理相談、

コウモリ対策、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

最近、資産運用の相談という言葉をよく聞きます。

この相談、FP(ファイナンシャルプランナー)が

窓口になっていることがあるのですが、

実は、相談するところが違います。

 

もちろん、FPの先生を全否定するわけではございません。

しかし、資産運用や投資のお話は、その道で苦労し、

今成功している方に聞かないといけません。

しかも、あなたに有益な情報をしっかりとくれる方しか

信用してはなりません。

そもそも、自分で勉強するものだからです。

保険の見直しをしたいのであれば、保険屋さんではいけません。

 

というわけで、

何事も相談するところは、その道を知り尽くしている

セカンドオピニオンの方に尋ねることをおすすめします。

だから私は、全てセカンドオピニオンを目指すために、

目先の売り上げや自身の商品を売るためを先行せず、

「困ったを助ける」これのみで前進しているのです。

———————————————————————

 

【メインコラム】

コウモリの糞尿は、こべりつくと中々取れません。

今回は、洗剤を使って浮かせてから除去を行い、

その後、殺菌も行いクリーンな壁に仕立てました。

 

また、写真のように樋などの周辺に堆積すると、

排水に不備が生じたりしてしまいますし、

皆さんの大嫌いなゴキブリがやってきたりします。

さらに、糞が乾燥して空気中に舞うと、それを吸い込み

ぜんそくやアレルギーの発症にもつながります。

 

というわけで、

コウモリの糞は、二次災害がかなり厄介なので、

棲みにくい対策だけで留まらず、

必ず糞尿の除去もセットで行うことをおすすめします。

 

お医者さんに行って、ぜんそくやアレルギーの原因が

コウモリだと断定できる医者はいませんので、

くれぐれも自己防衛をお願いしたいと思います。

———————————————————————

 

コウモリに関するご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

コウモリ糞除去前1 コウモリ糞除去前2 コウモリ糞清掃1 コウモリ糞清掃2 コウモリ糞除去後1 コウモリ糞除去後2コウモリ糞害1 コウモリ糞害2 コウモリ糞清掃3 コウモリ糞清掃4 コウモリ糞害2-2 コウモリ糞害1-1

コウモリ環境的駆除

2018-09-11

本日の弊社は、兵庫県神戸市、京都市右京区、

滋賀県東近江市、湖南市、近江八幡市、彦根市の

コウモリ対策、サシバエ駆除、ウシアブ駆除、ゴキブリ駆除、

ビジネスマッチング相談にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

中国の火鍋レストランチェーンである会社の株が

一時大きく下落しました。

原因は、スープの中に異物が混入したからです。

 

何が混入したかというと、

体長約5センチのネズミです

 

ある夫婦が、食事中に火鍋の中に入っているのを

見つけたのだそうです。

これからは、日本だけではなく、

どの国も食の安全というものに対して、

かなり厳しくなってくることが予想されます。

そして、騒ぎが大きくなる理由の決定打に、

SNSなどによる公開が挙げられます。

この異物混入事件も、

お客様が動画を公開したことによるものでありました。

 

というわけで、

これからは、規模に関わらず、

飲食店など食品を扱っている会社は、

衛生管理を固定費として、

しっかり枠を持つことをおすすめします。

———————————————————————–

 

【メインコラム】

コウモリが多い時期に入っております。

写真のような造りの場合は、

隙間を埋める方法とは別に、棲み家を無くす方法もあります。

 

木部の解体をすることにより、

棲み家を無くす相談は、あまりございませんが、

今回のお客様では、よい方法だったと思います。

手順としましては、まずコウモリを追い出しました。

約10頭の静止と3頭の屍が確認できました。

 

その後、解体を行い、洗浄と消毒をした後に、

木材の運搬・処分をして終わりです。

コウモリの糞は、衛生上良くない事が、

最近メディアでも取り上げられるようになりましたので、

清掃や消毒のお問い合わせも増えております。

 

というわけで、

コウモリ対策といっても現場ごとに色々とございますが、

最終的にやるべきことは、

コウモリの棲みにくい家にすることであります。

これを、環境的駆除 といいます。

 

この環境的駆除は、コウモリだけに関わらず、

ショートコラムでも上げました

食の安全を保つための対策として、

非常に重要な事でありますので、

定期的に、専門家に見て頂くことをお薦めします。

 

ただいま、予約いっぱいではございますが、

もし、私をご指名頂けるのであれば、

待って頂くことになりますが、

必ずお伺いいたしますので、よろしくお願い致します。

———————————————————————–

 

コウモリ対策や衛生管理に

関するご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

コウモリ対策解体前 コウモリ対策解体後コウモリ対策解体作業1 コウモリ対策解体作業2 コウモリ対策解体作業3 コウモリ対策解体作業4

 

 

運が良ければ1発勝負でケリがつく

2018-09-03

本日の弊社は、京都市南区、左京区、東山区、

福井県敦賀市、滋賀県野洲市、彦根市、守山市、湖南市の

骨董品査定相談、ネズミ駆除、ゴキブリ駆除に

お伺いしました。

 

【ショートコラム】

皆さん、本日9月3日は何の日かご存じでしょうか?

実は、美鈴環境サービス20歳のお誕生日でございます。

偶然のタイミングで、20周年にて新社屋へ移転となります。

 

来るべき時が来た!

このタイミングで移転と考えたのが、たまたま20年目。

私の目標にトリプル100というものがあるのですが、

その1つで、

 

100年続く企業つくり

 

というものがあります。

5分の1が経過したのですが、

さすがに、私が100歳まで生きてもまだ75年です。

初代である父は、

今から11年前の60歳で私に代表を譲りました。

 

私のこれからの仕事は、後継者に遺すものを

築いていくことだと考えております。

それは、自称オート集金システムであります。

ネーミングセンスがよろしくないので、

何だか怪しげに思われるかもしれませんが、

ごくごく真面目に困ったを助けるをコンセプトに

働いて得るものです。

 

世間では、2代目後継者問題で悩んでいる中、

何1つ悩みの無い当社は、それだけが自慢であります。

——————————————————————–

 

【メインコラム】

さて、コウモリさんが多くなるシーズンが到来であります。

なぜ多くなるのかというと、産まれた赤ちゃんコウモリが、

自立して飛び立てる時期に入るからであります。

 

今年は、たくさんのご予約を頂いており、

まだ、お見積もりに行けていないお客さまがあり、

ご迷惑をおかけしています。心からお詫び申し上げます。

 

さて、コウモリが家に居座るパターンですが、

だいたいこの6箇所のチェックをして頂けると良いかと思います。

 

1.換気フードの中

2.雨戸の戸袋やシャッターボックス

3.屋根裏に通じる隙間(通気口を含む)

4.瓦と瓦を乗せる野地板との間に入れる隙間

5.水切りの中

6.エアコンの化粧カバー内

 

高さは関係ありません。

地面から30cmの基礎の上にある水切りであっても

地上から30mの場所であっても棲みつきます。

特にコウモリが好むのが、

トイレや自然給気の小さな換気フードや

縦目のサイディング壁で、屋根裏に入れる隙間です。

 

どのくらいの隙間が侵入するのか?

 

小指が入ったらアウトです

 

10ミリは完全にNGです。

安全に言うならば、

5ミリの隙間は閉塞した方が良いと思われます。

 

というわけで、

コウモリは、わずかな隙間でも侵入し、

安全な箇所で巣作りを行いますので、

数が少ないうちに追い出して、隙間を塞ぐことをおすすめします。

 

でも、これらの作業は高額になります。

そこで、隙間を埋めなくても良い方法がございます。

保証はありませんが、

何度も、小動物専用のスプレーで追い出すことです。

そのうち、引っ越ししてくれます。

運が良ければ1発で引越します。

運が悪ければ・・・。何度もスプレーしなくてはいけません。

 

でも、放置だけは絶対にしないようにしてください。

コウモリの糞による健康被害や害虫などの

二次被害はなかなか手ごわいので注意してくださいね。

——————————————————————-

 

コウモリに関するご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

侵入経路の換気口 侵入経路の換気口にパンチングパネル1 侵入経路の換気口にパンチングパネルの設置2 侵入経路の換気口にパンチングパネル設置3

今の大人と子どもの感染率の違い

2018-08-17

本日の弊社は、京都府亀岡市、向日市、滋賀県長浜市、甲賀市、

大津市の生前相談、ゴキブリ相談、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

【ショートコラム】

売れすぎても、困らない会社がうらやましく思う

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

今年は、皆さんがアイスを愛しすぎて、

販売が追いついていない状況になっております。

猛暑は想定していたものの、酷暑になるとは、

製造工場も思っていなかったということです。

 

商品を用意する時は、基本的に売り切れが無いように、

そして、足りなくなっても倉庫から出せるように

多めに作っておくものです。

しかし、7月の暑さは異常でありました。

これ!何が言いたいのかというと、

当社も小さい会社ながら、同じ現象に陥り出しております。

でも唯一同じでは無い点があります。

それは、大企業ではないので、チャンスはそうそう無いということです。

顧客の期待に応えられなかったら、終わりだと思っていますので、

頑張って参りたいと思います。

—————————————————————————

 

【メインコラム】

今年は、コウモリにお困りのお客様が非常に多いです。

私の気のせいかもしれませんが、

テレビでもコウモリや小動物のお話が多く思います。

メディアで、色々と感染症などの問題点を取り上げており、

皆さまも、恐いイメージが付いてきているのではないかと思います。

 

これらは、決して大げさに言っているのではありません。

特に今の若者世代は、思っている以上に抗菌世代なので、

感染率は、団塊の世代やジュニア世代よりもはるかに高く思います。

 

というわけで、

私たちは、日本に生息する害虫・害獣に対して、

毒系以外は、特に危機感というものを持っていなかったのですが、

今の若者世代くらいから、少し危険度が変わってきているので、

もっと知識をもって、注意喚起を促すことをおすすめします。

 

40代以上の人が子どもの頃に平気だったものが、

今の若者には、何らかの障害となって出ることが多くなっています。

ですから、コウモリが棲みついた屋根裏では、

糞清掃、殺菌消毒を行い、ダニ・ノミ駆除を行うのです。

—————————————————————————

 

コウモリに関する相談は

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

屋根裏コウモリの巣 屋根裏のコウモリの糞清掃1屋根裏の殺菌消毒2 屋根裏の殺菌消毒1屋根裏鉄骨部のコウモリの糞1 (1) 屋根裏鉄骨部のコウモリの糞除去1屋根裏鉄骨部のコウモリの糞2 屋根裏鉄骨部のコウモリの糞除去2

屋根裏や床下がダーティだと危険

2018-08-13

本日の弊社は、京都府亀岡市、京都市北区、滋賀県草津市の

ダニ対策、ゴキブリ駆除、ゴキブリ相談にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

全国夏の高校野球。

滋賀県彦根市の近江高校が、群馬代表の前橋育英にサヨナラ勝ち。

先日の平安高校に次いで、もう感動でお腹いっぱいの

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

チームの目標がベスト8ということで、あと1勝です。

そして、その次に見えてくるのは優勝と

サヨナラヒットを打った有馬さん。

近江旋風、巻き起こして欲しいです。

そして、忘れてはいけません。

パンパシフィック水泳選手権大会では、

これまた滋賀は彦根市出身の笑顔が素敵な

ゆいぽんこと、大橋悠依さん。

なんと!200m個人メドレーでは、大会新。

そして400m個人メドレーも優勝で2冠を達成されました。

 

この酷暑の中、若者が頑張っております。

ミスズマンも勇気をもらえたので、

明日も頑張って体と頭をフルに動かして参ります。

———————————————————————————

 

【メインコラム】

「屋根裏や壁内に溜まっているコウモリの糞を除去し、殺菌消臭をお願いしたい」

 

という依頼の際に、思わぬ事態が勃発することがあります。

それは、鳥の古巣が発見されることです。

 

この鳥の古巣を取り除き、

調べてみると何かしらの昆虫類がいます。

特に、ダニやノミがいることが多く、素手で除去していると、

噛まれて痒くなるので、すぐに分かります。

※良い子は真似しないでください

 

このように、壁に穴が開いたままになっていたり、

エアコンの取り付けが甘く、隙間があったりすると、

このような事態に陥ることが、非常に多くあります。

 

また、自然に排水するための

開口が付いているタイプのエアコンは、

穴を塞ぐことが出来ないので、

コウモリや鳥が入らない目のネットを装着する必要があります。

コウモリは小指が入ったらNGです。

よく1センチあれば入ると言いますが、

1センチ四方以下でも侵入しますので、

分からない場合は、お問い合わせ頂けたらと思います。 ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

今回、ご依頼のあったお客様は、

壁穴の中をスコープで調べてみたところ、

非常に狭い空洞でしたので、ノミの発生箇所に、

マイクロカプセル剤を含浸させたウレタンスポンジを装着して、

駆除後に殺菌消臭で仕上げを行いました。

 

というわけで、

ガスやエアコンなど、壁に穴を開けて設置していたものを

取り外される場合は、業者さんに穴をしっかりと閉めてもらうように

頼まれることをおすすめします。

 

そうしないと、

 

「これくらいの隙間だったら大丈夫だろう」

 

などといった害虫駆除のプロでもない業者が判断をすると、

非常に危険でありますので、

 

「必ず隙間が無いように止めてください」

 

とお願いしてください。

屋根裏や床下は、

必ず皆さんがくつろがれる居住空間とつながっております。

その隙間から、微細片のホコリや浮遊菌、糞が粉々に

なったものが、舞い落ちて、それを吸引してしまいます。

ですから、乳児・幼児・高齢者がお住まいのお家は、

本当に、注意してください。

———————————————————————————

 

屋根裏や壁内トラブルの

ご相談

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

壁内の鳥の巣除去1 壁内の鳥の巣除去2 壁内の殺菌施工1 壁内の殺菌施工2 壁内のダニノミ対策1 壁内のダニノミ対策2 壁穴復旧1 壁穴復旧2

コウモリ撃退は梯子作業なら安い!

2018-08-11

本日の弊社は、京都市中京区、滋賀県彦根市、守山市、甲賀市、

東近江市、草津市の遺品整理相談、コウモリ対策、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

【ショートコラム】

コオロギラーメンが無性に食べたい美鈴環境サービスの鈴木です。

7月に開催された昆虫食のイベント会場で、

皆さんが夢中になった食べ物が、

コオロギラーメン

2種類のコオロギから出汁をとったスープが

とても上品?なのだそうです。

 

ある女性は、「このラーメンを出すお店があったら絶対に行く」

と大絶賛されているくらいです。

実は、私はラーメンが大好きなので、

コオロギラーメンが食べたくて本当に仕方がありません。

(平成30年8月8日日経MJ一部引用)

—————————————————————————–

 

【メインコラム】

イエコウモリ(アブラコウモリ)のお問い合わせが鳴りやみません。

感染症問題などでもメディアで取り上げられているため、

お客様も非常にピリピリされております。

 

コウモリの防除は、ケースバイケースですが、

家の屋根裏が巣になっており、

 

・ 糞の除去

・ 追い出し作業

・ 殺菌消臭

・ 隙間閉塞

 

のフルコースで行うと、

かなり高額 になってしまいます。

 

なぜ、高額になるのかというと、

2階の屋根部分の隙間は、

高所作業車や足場を組む必要があることが多いためです。

さらに、糞清掃や殺菌消臭の臭気レベルが高くなると、

手間はもちろん薬品も高額になります。

 

では、安価で提案するためには、どのようにすれば良いか?

 

足場や高所作業車を使わない

 

ということが一つ挙げられます。

写真のお客様は、すべて2連梯子で作業を行うことが出来ましたので、

足場を組むことを考えたら、かなりお安くできました。

そして、このようにちょっとしたテクニックで、

梯子が掛けられない場所でも隙間を閉塞することができます。

 

というわけで、

カーポートや波板、物置などが邪魔で、

梯子で、2階部分の隙間が閉塞できないお家は、

コウモリ駆除は、かなり高額になるということを覚えておいてください。

 

もちろん広さや被害状況などによって大きく変動しますが、

当社も含め、色々な業者の金額を聞いていると、

およそ25万~50万円になると思われます。

(部分施工は除く)

 

コウモリに関しては、

不快度に個人差がございますが、

糞が原因の感染症は、最悪の場合は死に至るとまで

されているので、特にお子様のおられるお家は

何かしらの対策をされると良いですね。

—————————————————————————–

 

イエコウモリのご相談

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

隙間埋め工事裏ワザ2 隙間埋め工事裏ワザ1

コウモリ相談の駆け込み寺

2018-07-27

本日の弊社は、京都市右京区、三重県四日市市、

滋賀県草津市、栗東市、彦根市、大津市の生前整理、

ダニ防除、アリ駆除、チョウバエ駆除、ゴキブリ駆除にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

アロマ男子を目指している美鈴環境サービスの鈴木です。

日本ではまだまだ、一昔のユーチューヴ程度の存在である

エッセンシャルオイル。しかし、世界では違います。

 

決して軸はブレることなく、新しいことに挑戦していきたいと思います。

そして、新社屋の工事も着々と進んでおります。

いつも気持ちは、新進気鋭ですが、

行動は大胆に、情報はインプットとアウトプットで成功間違いなしです。

新社屋12018.7.27 新社屋22018.7.27 新社屋32018.7.27 新社屋42018.7.27

—————————————————————————

 

【メインコラム】

先日に続き、コウモリの相談が多く、予約が殺到しています。

もはや、コウモリ相談の駆け込み寺であります。

今風のお家は、屋根裏に入られない構造になっているところもありますが、

そんなお家は、換気口に潜むケースも少なくはありません。

 

そのような場合は、

 

換気口に網の取り付け

 

の依頼がございます。

まずは、コウモリが潜んでいないかどうかを

追い出し専用スプレーで調査をし、その後ネットの取り付けを行います。

皆さん、ご存じのとおり、この追い出し作業をせずに

ネットの取り付けを行ってしまうと、閉じ込めることになってしまいます。

 

換気口も色々なタイプがあるので、

これから先、手こずるタイプも出てくる可能性もあるでしょうね。

でも今、私が目指しているのは、

 

家に寄りつかなくする

 

であります。

「そんなことが出来るのか?」

と同業者の方もお思いになられると思います。

でも、やってみないと分からないことってまだまだあると思うのです。

 

ちょっと話がズレましたが、

換気口の中にコウモリを棲ませるのは、防いだ方が良いです。

なぜかというと、

コウモリの糞が、トイレの換気口や部屋の自然給気口内に溜まると、

私たちが呼吸する際に、乾燥した微細な糞が空気中に舞い、

吸い込んでしまうかもしれないからです。

 

というわけで、

コウモリが棲みついている、もしくは近隣に棲息している場合は、

換気口や給気口にネットやパネルを設置することを

おすすめします。

吸い込んでしまうと、

ぜんそくやアレルギー疾患になるかもしれないのです。

 

明日は、乳児がおられるお家の奥さまからのお悩みで、

クロゴキブリのご相談。

そして、マンション3階にお住まいの方からのコウモリ相談です。

いつも8月は、仕事が落ち着くのですが、

今年はそうでもなさそうな雰囲気ですので、

お困りの際は、必ずお早目の予約をおすすめします。

—————————————————————————

 

コウモリ対策のご相談

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzuman@misuzu-eco.com

 

換気口のネット取り付け工事2 換気口のネット取り付け工事3コウモリ追い出し 換気口のネット取り付け工事4 換気口のネット取り付け工事5

コウモリを留まらせないためには

2018-07-26

本日の弊社は、京都府城陽市、京都市左京区、滋賀県高島市、

八日市市のベランダの防虫ネット相談、クモ駆除、ノミバエ相談、

異物混入防止対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

波動の高いお二人からたくさんの学びを頂戴したおかげで、

さらにパワーアップした美鈴環境サービスの鈴木です。

 

今日は、ノンケミカルの虫よけ剤の作り方について学んできました。

今般、化学物質が苦手な方や嫌う方、乳児がおられるお家からの

お問い合わせが増えてきましたので、

エッセンシャルオイルを使用しての防除法を取り入れています。

もちろん、リスクがゼロなんて事はありません。

乳児や妊婦さんにはNGのエッセンシャルオイルもありますから、

しっかり先生から学んでおります。

 

ちょっと理解不能かもしれませんが、

私はこのランチで、さらに波動アップしていますので、

不必要な身の回りの断舎利は、近々行っていきたいと思います。

 

波動の上がるランチ

 

———————————————————————————–

 

【メインコラム】

アブラコウモリの糞害

でお悩みになられているお客様が多いため、

壁や軒下にコウモリを静止させないよう、日々勉強中であります。

 

昨日、お伺いしたお客様宅では、

いつも窓枠の上部角っこに留まるために、

ネズミ防除で使用するステンレス針を用いたブラシの

取り付けを行いました。

 

ところが、そのブラシの下に、

5頭が体を寄せ合い留まっていたとの報告を受けたのです。

風も水も当たるような場所にもかかわらず、留まっていたので、

少し固定観念は外した方が良いなぁと思いました。

 

留まることを防ぐために、

今まで何度も策を考えて実行してきましたが失敗してきました。

もちろん、衝撃波や超音波は効果があります。

しかし、理想的な方法ではありません。

ニオイ系は今のところはすべて失敗です。

ニオイは、揮発するので非常に難しいと考えています。

でも何かあるはずなので、

くじけずに挑戦していきたいと思います。

 

コウモリの防除で、唯一解決できていない

 

静止させない対策

 

これを、追及していきたいと思います。

おそらく、超音波がカギを握るものと私は考えていますので、

ちょっと思考を変えてみようと思いますね。

———————————————————————————–

 

コウモリ対策のご相談

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzuman@misuzu-eco.com

 

コウモリ侵入経路と糞害 アブラコウモリ

コウモリ追い出し剤ならお任せ

2018-07-24

本日の弊社は、兵庫県神戸市、京都市中京区、滋賀県甲賀市、

蒲生郡、彦根市のコウモリ駆除、サシバエ駆除、ウシアブ駆除、

異物混入防止対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

酷暑が続き、たくさんの方が、熱中症でお亡くなりになられています。

この猛暑のせいで、さまざまな影響が起きております。

それは、マイナスな面だけではなく、プラスな面もあります。

 

アイスクリームやかき氷はバカ売れです。

観覧車なんか、1周するまでに熱中症になるので運休です。

そして私たちに関連するところは、

普段、除草作業を行っているお客様も、この暑さのせいで、

業者さんにお願い出来ずにのびのびになっているようです。

 

その影響もあって、害虫が多い時期に

休憩場所を与えている状況になっております。

アシナガバチやスズメバチは暑くて、

引っ越しをしているようなので、

むやみに雑草地に入るのは、やめた方がいいですね。

—————————————————————————–

 

【メインコラム】

最近、コウモリ専門業者みたいになっております。

滋賀県では、守山市・彦根市・甲賀市が多く、

あと京都市、奈良県からもお問い合わせが目立ちます。

 

この時期は、まだ自力で飛翔できない子どもがいるので、

お母さんコウモリと一緒に群れで生活しております。

侵入経路の閉塞工事をする前に、

コウモリの追い出し作業を行うのですが、

お母さんコウモリは、

 

なんと!

子どもを置きざりにいち早く

逃げ出していきます

 

しかし、追い出し剤の効き目が無くなったら、

元どおりに元気になります。

 

というわけで、

私どもが使用しているのは、

忌避剤ではなく追い出し剤ですので、ご理解願います。

スプレーで追い出すと、もう来ないと思いがちですが、

人間とまったく同じで、しばらくしたら復活します。

分かりやすく言えば、玉ねぎを切っていたら涙がでますよね。

でも、時間が経てば、当然のごとく平気になります。

 

しかし、この追い出し剤。

コウモリだけではなく、

ネズミなどにも、めちゃくちゃ効果が有りますので、

もし、この追い出し剤が必要な方は、

下記までご連絡を頂けたらと思います。

—————————————————————————–

 

コウモリ対策のご相談

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzuman@misuzu-eco.com

コウモリ追い出し施工 屋根裏の殺菌消毒 コウモリ侵入口2 コウモリ侵入経路閉塞1

コウモリ相談所

2018-07-10

本日の弊社は、京都市南区、左京区、滋賀県甲賀市、

守山市、湖南市、草津市のコウモリ糞除去、ゴキブリ駆除、

ネズミ駆除、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

第100回全国高校野球選手権記念大会滋賀大会が

はじまりました。私も高校球児だったのですが、

後悔の2文字しかない美鈴環境サービスの鈴木です。

 

何が後悔だったかというと、1回戦の1打席目の話。

大好きなインコース低めで、私にとってホームランボールでした。

それを気負ってしまい、ショートフライに終わってしまいました。

なぜ、すくい上げなかったのか?

練習通り、すくい上げれば大会第一号でした。

ちなみに、大会第一号は、うちの6番バッターでしたけど w

明日は、母校が1回戦を行います。

絶対に勝って欲しいですね。

————————————————————————–

 

コウモリ対策相談

のお問い合わせが、ひっきりなしにあります。

先日は、コウモリの糞清掃にお伺いしたのですが、

ここまで糞が堆積していると、色んな支障が出てきます。

 

① 窓が開けられないので、部屋の換気ができない

② 雨戸が触れないので、暴風対策や防犯上で不安になる

② コウモリが長年、営巣もしくは休憩場所(ナイトルースト)にしている

③ 糞が舞い、知らずに吸い込んでいる(ぜんそくやアレルギーの原因)

④ ゴキブリ・ダニ・ノミなどの虫の二次発生を及ぼす

 

直接、コウモリによる被害はこのような点が挙げられます。

他にも、生活や運気の問題などもございますが、

ここでは、綴ることを控えさせて頂きます。

やはり、窓が開けられないというのは、

生活するにあたり、かなりのリスキーであります。

 

そして、雨戸を触れないのも同様に、

暴風対策や防犯上の事などかなりのストレスになるのです。

さらに、今の時期では、糞に群がるヤスデをよく見かけますし、

ゴキブリやシミなどの発生も多いです。

また臭いの影響で、ノミバエなども近寄ってきます。

 

というわけで、

コウモリの糞清掃は、放置しておいて良いことは

何一つないので、早急に掃除されることをおすすめします。

幼い子どもさんがおられるお家は絶対に取り組んでください。

 

さらに、綺麗にしたい場合は、

窓やサッシの清掃もセットでお問い合わせして頂けると

お得なので良いですよ。

————————————————————————–

 

コウモリの糞除去やご相談

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzuman@misuzu-eco.com

コウモリの糞清掃前1 コウモリの糞清掃後1

駆け込み寺になっています

2018-07-08

本日の弊社は、滋賀県大津市、草津市、守山市の

コウモリ対策、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

久しぶりの太陽に喜びを感じている美鈴環境サービスの鈴木です。

皆さんも今日は、身も心もシャキっとされたのではないでしょうか?

私、鈴木は学生の頃、野球(投手)をしていたのですが、

投手として、雨の日はボールがすべるので、すごく嫌でした。

でも、こんな事を言っていたら、ある方に指導を受けたのです。

 

「雨の日でも野球をさせてもらえることに感謝しなさい」と。

 

私は、その日から雨が逆に好きになり、

気持ち的に打者よりも優位に立っている状態でした。

だから基本、雨はそんなに嫌いじゃなかったのですが、

さすがに、今回の雨は止んで欲しいと感じました。

やはり、身の危険を感じたのでしょうね。

 

みんなが苦手な事や嫌なことを好きになれば、

そこに勝機が待っているので、皆さまもご参考ください。

————————————————————————-

 

【メインコラム】

最近、害虫駆除や遺品整理の駆け込み寺

的存在になっている美鈴環境サービス、

ミスズマンであります。

 

今日も、コウモリでお困りのお客様宅に2件お伺いしたのですが、

お話を聞いていると、お客様に対して思いやりのない提案ばかりで、

中には、莫大な価格を提示しているところもあるのです。

当社は、何番目であろうが嬉しいです。それがご縁です。

本当に、当社にお声をかけて頂きまして感謝しております。

 

換気口には、よくコウモリが入り込みます。

特に自然給排気口は、風力が無いに等しいので、

要注意でございます。

そのような場合は、まず生息調査や追い出しを行い、

そして、場合によっては、清掃・殺菌。

換気口にあったパネルや網を設置し、

コウモリの侵入経路を塞ぎます。

 

というわけで、

もし、コウモリにお困りの際は、

当社に一声かけて頂くと嬉しく思います。

今の時期は、コウモリの赤ちゃんや子どもが産まれ、

まだ自立していないため、飛べない状態のものが潜んでいます。

 

また会員様には、

今やっておくと便利な遺伝性防虫忌避施工を

窓ガラス2枚サービスでさせて頂いております。

遠方の方は、お薬を送らせて頂いております。

 

もし、会員登録にご興味のある方は、

下記までご連絡頂ければと思います。

(まだ、会員詳細ページが出来上がっていませんのでご了承ください)

————————————————————————-

 

コウモリのご相談や

会員登録のご希望の方は

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzuman@misuzu-eco.com

コウモリ草津市T様換気口対策前1 コウモリ草津市T様換気口対策後1

コウモリ追い出し術

2018-07-03

本日の弊社は、京都市山科区、滋賀県草津市、野洲市、湖南市の

コウモリ相談、クモ忌避相談、ヤスデ駆除、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

【ショートコラム】

笑点の5代目司会者を務められた桂歌丸さんが、

2日にお亡くなりになられました。享年81歳でした。

現役の笑点メンバーの答えが手に取るように分かっていた

歌丸さんは、本当に凄いなぁといつも思っていた美鈴環境の鈴木です。

 

芸の戦士と呼ばれた歌丸さん。

笑点の大ファンとして、最も印象があったのは、

やっぱり座布団の全獲り。

楽太郎(現 三遊亭圓楽)さんに「お前」と当てるのも面白かった。

数々の戦士が、お亡くなりになられる時代がきました。

私も、語り継がれる男になりたいなぁと思いますね。

—————————————————————————

 

【メインコラム】

ここ数日で、コウモリでお悩みになられている

お客様からのお問い合わせが続出しております。

訪問先のお客様のほとんどが、

数年前から悩まされておられます。

 

もう、駆除が出来ないコウモリとの戦いでウンザリされ、

お疲れのご夫婦も少なくはありません。

コウモリの相談で最も多いのは、

 

圧倒的にに対する悩み

 

毎日、コウモリのウンチ掃除が、

もうストレス以外、何者でもない状態であります。

コウモリは飛びながらも、糞は落とすのですが、

たいていは、静止した状態が多いです。

 

「静止さえさせなければ」

 

と誰もが考えるのですが、これがまた難しいのです。

保護獣のため、駆除するのが禁止されているので、

嫌がらせをして追っ払うしか方法が無いのです。

 

残効力のある忌避剤というのがあれば良いのですが、

中々、開発が難しいらしく、この世にはまだ存在しません。

今も研究者は日々、開発に力を入れられていると思います。

これが商品として発売されたら、

超爆発的に世に出回ること間違いなしです。

 

では、現状はどうしたら良いのか?

コウモリが止まっている状態で、

直接嫌がる攻撃をするしか無いのではと思います。

(もちろん、殺してはいけません)

 

止まる所に、アルミ板や超音波機を設置するのは、

現実的ではありませんし、お費用も高額になってしまいます。

 

というわけで、

ご自身で嫌がる攻撃をされるのであれば、

当社が使用している業務用の追い出し剤をおすすめします。

もし、ご興味のある方はお問い合わせ頂ければと思います。

ちなみに会員の方は、10%オフです。

—————————————————————————

 

コウモリのご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzuman@misuzu-eco.com

南側和室コウモリ追い出し施工

コウモリ対策にミスズマンが飛び回っています

2018-05-19

昨日は、京都市西京区、中京区、滋賀県東近江市、

守山市、彦根市、大津市のゴキブリ駆除、ネズミ駆除、

コウモリ相談、シロアリ相談、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

2025年問題とされる超高齢化社会を

黙ってみてはいられなくなっている美鈴環境の鈴木です。

 

この国は今後、いくら介護保険の改正をしても

かなり厳しい道を辿るのが目に見えていますので、

病気・怪我・認知症にならないような

カラダをつくるしかないでしょうね。

——————————————————————

 

コウモリのご相談が増えて参りました。

先月、コウモリ研究所で色々と学んできた

コウモリ王子ことミスズマン9号

飛び回っています。

 

お悩みになられている1つにコウモリの糞があります。

 

・壁に付くことや落とされるのが嫌

・衛生面を考えると嫌

 

があります。

現在、止まらないようにするには、

どうしても費用がかかってしまいます。

定期的に薬を吹き付けるとか、

防除機を取り付けるとか、

アルミ板をフラット(平坦)に取り付けるなどです。

他にも短冊や凧糸を取り付けるとかありますが、

これは、外観上悪すぎるので、現実的ではありません。

 

さらに、コウモリは飛びながらも糞を落とします。

だから、数個だけパラパラと落ちる場合も当然あるのです。

 

現状のコウモリ防除では、

・屋根裏にいるコウモリを追い出し、入らないように閉塞する

・換気口に侵入するコウモリが入らないように閉塞する

・エアコンに侵入するコウモリを追い出し閉塞する

 

となります。

戸袋につきましては、使用頻度や使用の有無によって

変わってきますの、一度ご相談頂ければと思います。

——————————————————————

 

コウモリのご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzu_expert@excite.co.jp

B03天井裏のコウモリ発見① B01コウモリ隠れ中

最後の一手と言われることが多くなりました

2018-02-07

本日は、京都市上京区、福井県小浜市、滋賀県米原市、

近江八幡市、大津市、守山市のネズミ駆除、ネコノミ駆除、

異物混入防止対策にお伺いしました。

 

ズボンのホックがつぶれて、スポーツジムの更衣室で奮闘も、

結局、着替えることが出来ず帰ってきた美鈴環境の鈴木です。

 

最近、寒さが厳しかったため、厚着をしていたのと、

お腹が出てきたのが原因で、ホックが悲鳴をあげていたのですが、

ついに、破壊させてしまいました。

食生活の不摂生が、このような事態を招いたのです。

「正しい生活」が出来ていないと、

良いことは何も生まれないんだなぁと改めて実感しました。

——————————————————————–

さて、先日ネコノミの駆除にお伺いしました。

奥さまも子どもさまも被害に遭われ、

旦那様も含めた家族全員が、

ネコノミが原因でストレスを感じておられました。

他の業者さまにも相談されたのですが、

 

「対応できない」

 

ということで、弊社にお問い合わせ頂きました。

 

原因は、エアコン工事の際に行う壁の開口で、

外側の配管取り込み口の穴をパテ埋めしていなかったため

外部から、コウモリや鳥が侵入し、

2重壁内に棲みついてしまったのです。

本来なら、下の4枚目の写真の部分に

パテ埋めをしておかなければならないのです。

 

エアコン撤去をしている際に、

化粧カバーを外していると、コウモリの糞がたくさん落下し、

内部には、鳥の巣が確認されました。

 

寄生していたネコノミは、鳥の巣に紛れており、

巣やゴミを掻きだした後に確認したところ、

目視で50頭くらいの生息が認められました。(2枚目の写真)

 

お客様のご協力により、非常にスムーズな作業ができ、

成虫・幼虫・卵の防除を終えることが出来ました。

冬場ということもあって、素手で触っていたのにも関わらず、

噛まれることもありませんでした。

 

というわけで、

もし、他の業者に断われた際は、

一度、美鈴環境サービスに賭けてみてはいかがでしょうか。

 

昨年くらいから、

「もう、ここしかない」

「最後の一手」

などと言われることが非常に多くなりました。

 

1番手にお声がかからないのは、

まだまだ至らない点が多いためだと思います。

これからも、心の環境もケアできる仕事を

して参りたいと思いますので、

何卒ご支援のほど宜しくお願い致します。

 

ネコノミ

関するお問い合わせは

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

ネコノミ① 2重壁内の鳥の巣ネコノミ大量発生 2重壁内にネコノミ エアコン配管の取り込み口にパテなし

エアコンカバー内にコウモリの糞

 

鉄のルール

2017-12-20

本日の弊社は、京都市中京区、山科区、

滋賀県東近江市、大津市、近江八幡市のビル内の孤独死などの相談、

害虫点検、異物混入防止対策、昆虫同定相談、

ペット保険相談にお伺いしました。

 

最近、テレビ局や雑誌関係等からの取材依頼が増えてきたことで、

嬉しく思う美鈴環境の鈴木です。

テレビ局については、

出演タイミングが合わず、叶いませんでしたが、

自然とタイミングが合う時こそがチャンスだと思うので、

流れに逆らわずに対応していけたらと思います。

 

さて、取材の案件にあった1つで、コウモリ対策がありました。

この冬時期は、基本的に動きが止まり、

スポンジや綿、ダンボール系を好んで静止しています。

メスたちは、集団でカラダを引っ付けて暖を取っているようです。

 

冬だからといって、完全停止するわけではなく、

19日前後間隔で、水を摂るために動きます。

しかし、外へ出るとは限りません。

 

なぜかというと、

この冬だからこそ、外へ出なくても水が作れるからです。

 

そうです!結露です

 

写真は、お家の自然換気口です。

部屋の中から開けてみると、

まるで、いなり寿司のように3体ひっついていて、

めちゃくちゃ可愛い姿でした。

残念ではありますが、

コウモリさんには、引っ越しして頂きましたが。。。

 

というわけで、

人間に寄生して生活する害虫・害獣は、

この冬時期こそ退治しやすいことを、覚えておいてください。

特に、食品工場などの品質管理をされている方々は、

冬場だからといって、管理を怠ると、春先に苦労することになります。

 

冬場を制する者は夏場を制す!

 

これは鉄のルールなので、覚えておいて損はないですよ。

 

困ったのご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

お部屋の自然換気口 自然換気口のフィルター 自然換気口内のコウモリの糞 コウモリ家族 自然換気口のコウモリ糞清掃 自然換気口のコウモリ一旦回収

コウモリ対策をする本当の理由とは?

2017-12-09

本日の弊社は、京都市左京区、滋賀県東近江市、守山市、

甲賀市、蒲生郡のコウモリ対策、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

来年2018年1月からスタートするつみたてNISAに

不満を感じる美鈴環境の鈴木です。

何が不満なのかと言うと、対象になる投資商品が、

ほとんど無いからです。

この国は、国民のために考えてくれていると思っていたのですが、

推薦できる投資商品が数少なく、そして教えてくれないのです。

まあ、世の中にはプロの投資家がいるので、

分からないこと無いですが、

もう少し推奨商品を増やして欲しいものですよね。

 

さて、今日はコウモリの休憩場所である換気フードに

侵入防止のため、金網を取り付ける作業を行いました。

この場所は、今の時期コウモリの生息・侵入がありませんので、

「今のうちに網をしておこう」 というご依頼でありました。

この時期は、コウモリが棲みついていない箇所の工事は、

非常に安価 になっていますので、

お客さまにとってもたいへん得策といえます。

 

ところで、コウモリはなぜ防除しなければならないかご存じですか?

 

そりゃあ、コウモリのうんこが落ちるから

 

これが原因で問い合わせされる方がほとんどだと思います。

しかし、私たち専門家が、声を大にして伝えたいのは、

 

健康被害を及ぼす原因

 

になるからなのです。

ウイルスやダニを放したり、ゴキブリを寄せ付けたり、

うんこが乾燥すると、カツオブシムシやシミなどが発生したりと

あれやこれやと 二次被害 を激しく起こします。

 

というわけで、

コウモリの対策をする理由は、

うんこを落とされるため、

視覚的に不快だからということだけではなく、

健康被害を及ぼす

からであることを覚えておいてください。

 

今回、ご依頼いただきましたお若いご夫婦は、

自宅の外にうんこを落とすコウモリが、

屋根裏や家の中には、侵入していない事を自身でお調べになり、

この時期に封鎖することが1番良いと考え、ご決断されましたので、

非常に素晴らしいと思いました。

また、幼いお子様がおられましたので、

親としての仕事もなされたと思いますね。

 

コウモリのプロフィールはこちら ↓

https://misuzu-eco.com/?page_id=883

 

コウモリ対策のお問い合わせは、

こちらまでご連絡ください ↓

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

換気フード1 換気フード2

隙間埋めをしたのに糞が増えるワケ

2017-10-01

本日の弊社は、京都府八幡市、京田辺市、船井郡京丹波、

滋賀県守山市、高島市、福井県敦賀市の

コウモリ防除、ゴキブリ駆除、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

九州地方でカメムシが大発生しているようです。

当社使用の新防虫忌避剤を散布すれば、

絶対、効果があるのになぁと思う美鈴環境の鈴木です。

 

カメムシと言えば、今日高所で仕事をしていましたら、

大屋根の垂木に、サシガメが静止しておりました。

10月になると、本当にカメムシにお悩みになられる

都道府県があると思います。滋賀県もそうです。

 

ベランダで洗濯物を干されている奥さま。

工場にお勤めの方、

お困りの時は、ぜひ新防虫忌避施工をお試しください。

 

さて今日は、コウモリ追い出し施工のお話です。

軒げたやと垂木との隙間、瓦の隙間に隠れている

コウモリを追い出しスプレーで追い出し、

お引っ越しして頂きました。

 

その後に隙間を埋めるので、

出て行ったコウモリは、このお家の屋根裏には入れませんが、

それでも入ろうと必死に、隙間を探します。

そして、入れなかったとしても雨風をしのげる場所に静止します。

従って、屋根裏に棲んでいたコウモリが、

外壁に止まったり、雨戸に潜んだりしますので、

糞がより一層増える可能性があるのです。

この点は、お客さまにご理解を頂かないといけません。

 

そして、もちろんこのスプレーで

死ぬことはございませんので、ご安心ください。

 

でも、コウモリ防除のお仕事も終わりのシーズンを迎えています。

これからは、ネズミ・イタチ・カメムシのお問い合わせが

増える時期に入りますので、皆さんご注意ください。

 

滋賀・京都のコウモリ対策は、

こちらまでご連絡ください ↓

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

大屋根での作業 大屋根でのコウモリ追い出し施工1 大屋根でのコウモリ追い出し施工2 瓦の隙間に追い出し剤噴霧

第2のスーパー繁忙期

2017-09-12

本日の弊社は、京都市左京区、下京区、

滋賀県甲賀市、大津市、長浜市、彦根市の

生前相談、コウモリ相談、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

年末まで、予定が埋まりそうな勢いで、

贅沢な悩みに陥っている美鈴環境の鈴木です。

うまく時間を作れるように、

スケジュール調整をしなくてはいけないのですが・・・。

従業員の増員が必要だと分かっているのですが、

本当に人材不足の世の中であり、一生の悩みになりそうです。

 

さて、コウモリ・ゴキブリ・スズメバチのお問い合わせが、

ジャンジャン鳴り響いています。

毎年9月は、第2のスーパー繁忙期に入り、

メンバーも時間のある限り、走り回って頑張っておる次第です。

 

この時期のコウモリは、爆発的に多くなります。

ひどいお客さま宅では、寝られないほどの騒音や、

天井板にシミが出来るくらいになり、

外でも大群で飛来する光景がみられます。

なぜかというと、子どもが母離れする時期に入るからです。

そして、この後は屋根裏などで冬を越すために、

食欲の秋のごとく、お腹いっぱい虫を食べます。

 

ゴキブリは、マンホールなどの汚水系統や屋根裏、

床下で繁殖したものを駆除するのに、最適な季節になります。

なぜかというと、

クロゴキブリは、卵がふ化するまで約30日かかるので、

9月と10月にワンセット駆除することで、

この冬(今期)のゴキブリを制することができるからです。

そして、この冬を制するということは、

来春のゴキブリの個体数を減らすことに

つながることを覚えておきましょう。

 

そして、スズメバチです。

この時期の巣は、まだMAX状態ではありませんので、

刺される率が低い今のうちに仕留めておく方が良いのです。

特にキイロスズメバチは、必ず全滅にさせる必要です。

なぜかというと、

キイロスズメバチの働き蜂は、巣を再生する可能性があるからです。

本能なのでしょうか?

巣を造作するのが天命なのか、女王様はいないのに、

造り出します。

時々、昼間や夕方に依頼される方もおられますが、

こういった可能性があることを覚えておいてください。

 

10月末までは、害虫・害獣がまだまだ元気に活動します。

冬場の長期間に、貴方さまのお家に無料宿泊させないためにも

この9月・10月に業者さんに依頼して、リセットすることをおすすめします。

 

コウモリ・ゴキブリ・スズメバチにお困りの方は

こちらまでご連絡ください ↓

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

85キイロスズメバチ顔面 14ワモンゴキブリ 1053コウモリ顔

瓦と瓦をコーキングする提案はNG

2017-08-24

本日の弊社は、京都市左京区、下京区、

滋賀県長浜市、彦根市、守山市のコウモリ防除、

異物混入防止対策にお伺いしました。

 

先日22日から23日まで、広島へ出張に行っていた

美鈴環境の鈴木です。

中心地では、広島放送、TSS 満天ママという番組の取材に。

宮島では、人生初の人力車。

そして隠れパワースポット、弥山方向にある

宮島最古の大聖院にお伺いし、

自分の悪いものを斬ってもらってきました。

 

弥勒菩薩さまや空海さまが

すぐそばで修業されていると思うと、心が顕れます。

これ以上、お話すると不思議ちゃんになるのでやめておきますねw

 

さて、ホントに鳴り止まないコウモリ相談

今の時期は、コウモリの子どもも母親から離れるので、

最も多い時期になります。

ちょっと、どんくさそうに飛んでいるコウモリの様子も

よく見られます。

 

現場調査では、屋根裏を必ず見るのですが、

写真のようにコウモリの糞がたくさんあると、

追い出し専用のスプレーを噴霧します。

生息していると、あわてて走るようにして出てくるので、

時にこちらへ向かって走ってくると驚きます。

 

ただし、このスプレーはワサビ臭が強いので、

当社のコウモリ王子は、

コウモリと仲良く屋根裏でいつも苦しんでいますw

 

そして、瓦と瓦の隙間に潜むことが多いコウモリですが、

この瓦をコーキングするという業者があるそうです。

もし、瓦をコーキングでくっつけてしまうと、

大きく2つの問題があります。

 

1、瓦屋根のリフォームや修理の際、

 すべて、コーキングを切らなければならないという

 非常にめんどくさいことが起こります。

 しかも、その瓦はもう使えません。

2、逆に雨漏りを引き起こす原因になる場合があります。

 要は、隙間から入った雨が抜けないということです。

 

というわけで、

このようなことを加味して、

必要最低限のことは行いますが、

基本的には瓦の隙間は埋めない方が良いと思われます。

それなら、ストレート屋根にすることをおすすめします。

これなら、もう悩む必要が無くなります。

 

コウモリに関するご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

O市屋根裏のコウモリ追い出し作業4 O市屋根裏のコウモリふん1 O市屋根裏のコウモリふん2 O市屋根裏のコウモリふん3

換気口にご用心

2017-08-21

本日の弊社は、京都市山科区、東山区、

滋賀県米原市、彦根市、野洲市の

ヤマカガシ調査、コウモリ対策、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

カバが、泳げないことを今更知った、美鈴環境の鈴木です。

自分のテリトリーに入られると、海でも猛スピードで、

移動するのですが、実は水底を走っているそうです。

1番、人を殺している水棲動物がこのカバ、

動物界全域では、ヒトスジシマカだということも覚えておきましょう。

ちなみに、感染すると99.9%死ぬのが、狂犬病ウイルス。

その点からすると、海外のアライグマは非常に危険になります。

インドでは、年間2万5000人が感染して

お亡くなりになっているそうです。

 

さて、コウモリの仕事が続きます。

写真のような換気口は、皆さんのお家にもあると思います。

この換気口は、雨風を防ぐことが出来、

よく、ねぐらやナイトルーストに選ばれてしまうので、

早めの対策をおすすめしています。

 

今回の場合は、お客様が事前に調査して下さっていたので、

再確認をした上で、止まっている箇所がはっきりしました。

このような場所については、ネットを取り付けして、対策します。

 

さて、外から見たら一見、トイレによくある

中に換気ファンがついているタイプかと思います。

しかし、この丸型換気口ですが、

実は天井裏にダクトとして繋がっていました。

これは、天井裏の換気ファンだったのです。

 

というわけで、換気口といっても、

トイレの換気扇ようなファンばかりではないので、

必ず、現場調査はしっかりするように十分に注意してください。

もし、この換気ダクトが屋根裏とつながっているようなものであれば、

100%、屋根裏がねぐらになりますので、

必ず屋根裏の調査は行いましょう。

 

コウモリに関するご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

O市換気口にコウモリ1 O市換気口にコウモリ2

コウモリ追い出しスプレー

2017-08-20

本日の弊社は、奈良県磯城郡、滋賀県近江八幡市、大津市、

甲賀市、湖南市の糞害調査、コウモリ調査、コウモリ侵入閉塞工事、

ゴキブリ駆除、生前相談にお伺いしました。

 

23年間この仕事をしてきて、1番の困ったの相談に、

ブチ当たっている美鈴環境の鈴木です。

早く、解決することを祈っております。

 

さて、コウモリのお問い合わせが殺到しています。

ちょっと予約待ち状態になりつつありますので、

お早めにご連絡頂けると助かります。

 

今日は、屋根裏に棲むコウモリを

追い出しスプレーで外へ出し、

侵入口になっている配線取り込み口を閉塞しました。

 

出てきたのは、10頭くらいで

追い出しスプレー直後は、

「コウモリ同士で何か会話している」

当社のコウモリ王子が言っておりました。

 

そして、よく見ると、瓦と樋の間には、

屋根裏に通じる穴が存在し、

2頭のコウモリが休憩しておりました。

オスはたいてい単体でいるので、

このパターンはおそらく雌だと考えられます。

 

コウモリは、6月~7月に1頭から3頭の子どもを出産します。

子どもは、約45日間、母親から離れないので、

今くらいの時期から9月にかけて

閉塞工事をすることをおすすめします。

 

なお、生息数に関しては、1番多い時期にはなりますが、

この時期を逃すと、

10月はメスが冬ごもりに入ってしまうので、

9月に隙間埋め及び追い出し作業、

殺菌消臭作業をされることも合わせて

おすすめします。

 

コウモリに関するご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

配線取り込み口からコウモリ1 配線取り込み口からコウモリ2 配線取り込み口からコウモリ3 瓦下隙間にコウモリ1 瓦下隙間にコウモリ2 瓦下隙間にコウモリ3

苦情がはね返ってくる話

2017-08-09

本日の弊社は、京都府南丹市、京都市東山区、右京区、

滋賀県愛知郡、甲賀市、大津市のネズミ対策、コウモリ対策、

生前相談、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

今日、地球は実は丸くなかったことを知った

美鈴環境の鈴木です。

水があるから丸く見えるだけで、

無くなるとひょっとこみたいな形になるそうです。

そして、宇宙人がいるであろうという星も

かなりの確率で存在することも分かりましたので、

テンションが上がりまくっています。

 

さて、コウモリのお問い合わせが連日あるのですが、

皆さん、非常にお悩みであります。その内容は、

 

近隣からの苦情なのです

 

どうやら自分のお家のせいで、

近隣に糞害が生じていると言われるのです。

しかし、貴方のお家の屋根裏や瓦の隙間が

営巣になっていないのにも関わらず、

糞が落ちていたり、壁に付いたりしている場合は、

ナイトルースト状態といって、

雨・風が当たらないところで、休憩しているだけなのです。

 

お問い合わせの内容で、

止まらないようにして欲しいという声は非常にたくさんあります。

でも、外観上に何かを施したり、塗ったりしないと

静止を防ぐことは、非常に難しいと思われます。

 

例えば、写真のような雨戸の隙間に潜んでいるケースは多いです。

この場合、雨戸を撤去するだけで、解決します。

(※写真は、コウモリ15頭ほどが固まっていました)

しかし、苦情を言った人は、貴方のお家へ

引っ越しする覚悟はしておいてください。

 

というわけで、

コウモリが止まらないようにするのは、

外観上、格好悪くなる可能性があるということと、

その対策するように苦情を言ったお家や別のお家に

引っ越しする可能性があるということを覚えておいてください。

 

苦情を言ったのに、逆に苦情を言われることにも

なり兼ねないので、くれぐれも注意してくださいね。

 

コウモリに関するご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

ナイトルースト雨戸にコウモリ1 ナイトルースト雨戸にコウモリ2 ナイトルースト雨戸にコウモリ3 ナイトルースト雨戸にコウモリ4

塒(ねぐら)とナイトルースト

2017-06-20

本日の弊社は、京都市中京区、南区、山科区、

滋賀県甲賀市、彦根市、草津市の生前相談、ネズミ駆除、

羽アリ駆除、ゴキブリ駆除、異物混入防止相談にお伺いしました。

 

最近、中国のパンダ外交を

うらやましく思う美鈴環境の鈴木です。

これが、ビジネス界でいう兵器だと思います。

 

さて今日は、コウモリ相談についてお話したいと思います。

屋根裏や壁の中でガサゴソと音がする場合は、

ナイトルースト(休憩場所)もしくは、

塒(ねぐら)にしている可能性があります。

この場合は、コウモリを追い出してから閉塞工事を着工します。

写真のように、瓦に異常がない場合は上から、

屋根上に上れない場合は、足場を組んでの作業になります。

 

ちなみに以前、ねぐらを寝ぐらと記載している書物

見たことがありますが、という字しか存在しないので、

プロの方は、知識として持っておくことをおすすめします。

また、この字の意味は、鳥の寝る処、自分の家です。

 

しかし、上記のような相談よりも

圧倒的に多いお問い合わせ内容は

・壁に糞が付かないようにして欲しい

・地面やモノに糞を落とさないようにして欲しい

 

であります。

でも、これを解決するには、

静止する場所にステンレス板や金網を張る、

忌避剤を設置するなどの方法しかございません。

外観的な問題とお費用も含めて、

現実的ではないため、お断りしています。

 

というわけで、

もし貴方のお家が、ナイトルーストとして選ばれた場合は、

100%糞害に合います。それでも糞が嫌な場合は、

外観の格好が悪くなってもいいくらいの覚悟が

必要だということを覚えておいてください。

また、塒とナイトルーストを兼用する場合もありますので、

ご注意ください。

 

コウモリは、厄介なことに保護動物として法に守られています。

人間の手によって施すのではなく、

自然の力でストレスをかけられる方法があれば、

有効なのかもしれませんね。

 

害虫獣対策施工のご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

H市コウモリ入口隙間埋め2 H市コウモリ入口隙間埋め4

 

コウモリありがとう

2017-06-03

本日は、奈良県橿原市、滋賀県大津市、草津市の

ヘビ対策、コウモリ相談、ケムシ駆除にお伺いしました。

 

今日は、コウモリ対策の事例報告

ショートストーリーをお話したいと思います。

雨戸周辺をナイトルーストにしているコウモリを何とか、

静止させないようにと対策をしておりますが、

しつこいコウモリさんは、今度はこの部分を選択したようです。

 

K市雨戸コウモリ対策1 K市雨戸コウモリ対策2

 

 

次から次へと、居心地のいい場所があるものです。

今回は、窪み部分に硬度の高いウレタンをはめ込みました。(右写真)

 

本当にコウモリさんには、

たくさん学ばせて頂き、感謝しております。

コウモリさんには伝わりませんが、

私の技術がどんどん強化されていきます。

これからもよろしくお願いします。

 

ということで、

害虫や害獣の気持ちになって駆除するのは、

人間には、非常に困難なことなのです。

しかし、日々さまざまな場面で、

相談や対策にお伺いしている私たちであれば、

何かお役にたてるかもしれませんので、

困った時には、遠慮なくご相談ください。

 

困ったことがございましたら

まずはお話を聞きます。

こちらまでご連絡ください ↓

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

奥さまが正解です

2017-05-18

本日は、奈良市、神戸市、

滋賀県野洲市、長浜市、彦根市、大津市の

コウモリ対策、クモ駆除、ゴキブリ駆除、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

皆さん、空飛ぶ哺乳類をご存じでしょうか?

その哺乳類とは、当たり前に鳥獣保護法で守られている

 

コウモリ

 

です。防除依頼のターゲットは、

アブラコウモリ(イエコウモリ)というものであります。

皆さんがよくご存じのドラキュラ(吸血鬼)ではありませんので、

ご安心ください。

 

さて、彼らの侵入可能な隙間の寸法は、

わずか8ミリ四方と考えています。

目安は小指と思って頂いて結構でございます。

 

さて、このコウモリ。

飛びながら菌をばらまく

というとんでもないことをやらかします。

さらに糞が乾燥すると、

カビ菌・ダニ・ゴキブリ・カツオブシムシ・シミ

といった生物も発生してしまいますので、覚えておいてください。

 

写真のように、屋根裏に溜まった糞清掃をしていますと、

よく見かけるのは、セイヨウシミです。

そして、ヒメマルカツオブシムシやクロゴキブリもいます。

 

こんな2次災害を受けるのにも関わらず、

意外とコウモリに対しては、

気になさらないお客さまが多いのが現実です。

しかし、

● 目につくところに頻繁に糞が落ちている

● 夜になると天井裏や壁の中でガサゴソ音がする

● 目に見えて、自分の家からコウモリが出てくる

などといった状況に気になされますと、

寝不足になったり、寄生虫妄想症

に罹ったりしますので、健康被害に陥ってしまうのです。

 

これが、害虫や害獣と呼ばれる彼らの恐さなのです。

 

よく、奥さま方からのお問い合わせを頂くのですが、

皆さますっごくお悩みになられていて、

よくこのように、おっしゃいます。

 

「家族で私一人が騒いでるのですよ」

 

色んな方から色んな相談を受けるので、

気持ちはスゴク分かります。理解もできます。

大量のコウモリが家に棲む前に、

対策を考える奥さま方は、正解なのです。

 

というわけで、

家族の誰か1人でも害虫・害獣に気にされたのであれば、

その方を守るべく行動を取ることをおすすめします。

愛する家族が、ストレスから始まる病気になる前に、

守ってあげてください。

 

最後に、ワンポイント駆除法をお教えします。

これは、必殺技ですのでお友達にも教えてあげてください。

壁の中でガサゴソしている場合、

振動型の電気を当てると治まります。

電気あん摩器みたいなのがあれば、最高ですね。

 

もし、害虫・害獣にお困りの方

がおられましたら、まずはお話を聞きます。

こちらまでご連絡ください ↓

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

N市換気口からコウモリ侵入 N市換気口にコウモリ忌避剤 コウモリ侵入経路トリカルネットとタッカーで封鎖 コウモリ侵入経路閉塞 換気口下のコウモリ糞溜まり コウモリ糞清掃1 コウモリ糞清掃済み1 屋根裏コウモリ糞溜まり2 屋根裏コウモリ糞清掃2 屋根裏コウモリ糞清掃済み2

秘密兵器で忌避を目論む

2017-04-25

本日は、京都府京田辺市、久御山郡、京都市山科区、

兵庫県神戸市、滋賀県高島市、守山市、彦根市の

ブユ(ブト)防除、コウモリ防除、ムカデ駆除、飛翔虫対策、

ネズミ駆除、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

ナイトルーストをするコウモリを何とかして、

引っ越しさせたいので、今回は新たな忌避剤を使用しました。

1ヶ月で糞が3粒でしたが、

これからが頻繁にやって来る時期なので、

経過観察であります。

個人的には、透明色での忌避剤を実現させたい

思いでいっぱいです。

 

また、こちらのお宅では、年間管理のご契約を頂いておりますので、

今月は、ムカデ対策と雑草の除去、クモの巣除去、

カやハエの対策で遺伝性防虫剤を散布しました。

また、一段コンクリートで立ち上げてある部分の隙間が

陥没しておりましたので、重点的にムカデ駆除剤を散布しています。

 

さて、これからが虫本番です。

クロアリもシロアリもそろそろ出てきましたので、

シロアリの場合は、ただいま、京都と石川県のみですが、

当社のしろありNAVIまでお問い合わせください。

https://misuzu-eco.com/?page_id=3871

 

害虫害獣にお困りの方は、こちらまで ↓

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

K市防虫対策 K市ムカデ対策3 K市ムカデ対策4 K市ムカデ対策5

コウモリ目線になってみた

2017-04-16

本日は、滋賀県彦根市、東近江市、栗東市の

コウモリ駆除、ゴキブリ駆除、異物混入防止支援に

お伺いしました。

 

今日は、大屋根に上ってのコウモリ対策にお伺いしました。

アブラコウモリの出入口になっている隙間の閉塞作業を行いました。

隙間の閉塞作業を行っていると、

北東および南東方向に、糞尿のニオイを強く感じました。

おそらく、瓦の下にもかなり潜んでいるものと考えます。

この現場は、棲み家とナイトルーストが同じで、

隙間埋めと追い出し作業が終了しても、

生息数が多いので、完全にいつかなくなるまでには、

しばらく時間がかかりそうです。

 

つくづくコウモリが、

ネズミのように近親相姦しないことに感謝であります。

もし、ネズミ算のようになったら大変です。

 

さて、大屋根に上っての作業は、非常に危険です。

基本的に、滑らない靴に滑らないシート

を使用しての作業になるのですが、

持ってはいけない瓦、踏んではいけない場所、

割れそうな瓦など、五感を働かせながらになるので、

非常に神経を使います。

 

なかなか高額な作業になりますが、

費用に余裕がある方は、ご一報くださいませ。

 

害虫害獣にお悩みは、こちらまで

よろしくお願いします ↓

https://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

H市コウモリ対策大屋根 H市コウモリ対策隙間埋め2 H市コウモリ対策隙間埋め1

« Older Entries Newer Entries »
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ