滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘虫調査.COM’

別名アリマキ

2017-05-14

本日は、京都市右京区、滋賀県近江八幡市の

ヤスデ駆除、アリ駆除、ダンゴムシ駆除にお伺いしました。

 

今日は、アリ駆除をしていた時に

面白い光景を見つけたので激写しました。

雑草にアブラムシが大量に付いていましたので、

顕微鏡カメラで撮りました。

作物の病気に困られている方も多いと思われます。

 

アブラムシは、集団行動で強い繁殖力を持ち、

かつ植物に病気をもたらす吸汁性害虫であります。

ウイルス病やモザイク病を元気な植物に伝播するので、

困った害虫です。

 

では、早速駆除をするポイントでありますが、

それは、タイミング。いわば時期です。

発生したら速やかに殺虫剤で駆除しなければいけません。

なぜなら、このアブラムシは、

単為生殖(メスだけで卵を産む)であり、

脅威的にバンバン産みまくるので、

早期発見&駆除が必要になるのです。

 

では機械的に駆除をする時の裏ワザをお知らせします。

それは、アブラムシは黄色に反応するので、

ピオニー捕虫テープという

黄色のテープを設置しておくと捕獲力がアップします。

ピオニー捕虫テープはこちらから購入できます。

※通販サイトでも購入できますが、当社の方が圧倒的に安価で、

しかもバラ売りも受け付けしております。

お問い合わせはフォームこちら ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

では、次に化学的駆除(殺虫剤)をする時のコツです。

これは、プロならご存じの

殺虫剤は、1種類ではなく、

数種類を使い分けて散布を行うという手法です。

 

そして、最後に環境的駆除をする時の技は、

雑草の場合は当たり前の除草と

作物の場合は、アブラムシの大好物である

化学肥料(窒素化合物)アミノ酸を過剰に与えないように

することです。

 

さらに、ちょっと行動に起こすことが難しい

生物的駆除法ですが、

天敵であるテントウムシを放すことです。

これを別名バンカー法と呼びます。

ちなみに、アブラムシをアリマキと呼ぶのは、

アリと共生しているからです。アブラムシがお尻から甘い汁を出し、

ボディーガード代金として、アリに与えるからなのです。

 

今日も気温がかなり上がりました。

色んな昆虫類が元気に徘徊・飛翔しておりましたので、

お悩みの方もたくさんおられると思います。

 

もし、害虫にお困りの方

がおられましたら、まずはお話を聞きます。

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

アブラムシ1 アブラムシ2 アブラムシ3 アブラムシ4

ショウジョウバエウイングレス(フライトレス)

2017-04-28

本日は、福井県敦賀市、大津市彦根市、東近江市、大津市、

京都市中京区、大阪府豊中市のタカラダニ駆除、ネズミ駆除、

コバエ駆除、ゴキブリ駆除、殺菌施工、異物混入防止調査に

お伺いしました。

 

今日は、そろそろ同定調査が忙しくなる

当社の昆虫研究室からのご報告であります。

 

現在、タバコシバンムシ、ノコギリヒラタムシ、ミジンコ、

など、その他もろもろの飼育をしておりますが、

この度、キイロショウジョウバエ

ウイングレスタイプ(フライトレス)

飼育を始めることになりました。

 

防虫機器及び薬剤の試験用、

また供試昆虫としても、これから美鈴のために、

頑張ってくれることと思います。

 

ただいま、通販サイト部門のMiraiS(ミライズ)

リニューアル工事に入っておりますので、

完成次第、このウイングレスショウジョウバエも

ネット販売させて頂きます。

 

 

供試昆虫・昆虫同定にお困りの方は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

ショウジョウバエ販売用1 ショウジョウバエ販売用2 ショウジョウバエ販売用3 ショウジョウバエ販売用4 ショウジョウバエ販売5

 

 

 

甲虫のあごと栄養関与の仕組み解明

2016-12-23

本日は、兵庫県神戸市、京都府京田辺市、

滋賀県大津市、彦根市、守山市の遺品整理、

殺菌消臭、ネズミ駆除にお伺いしました。

 

今日は、昆虫研究室より情報提供です。

俳優の哀川翔さんも、

きっと注目されているだろうと思うクワガタのお話。

日本経済新聞より

甲虫のあごと栄養関与の仕組み解明

についてです。

 

東京大学の太田邦史教授らは、

クワガタの大あごのような甲虫が持つ

「武器」の大きさが、

幼虫のときの栄養状態によって

変わる仕組みを突き止められました。

 

環境によって遺伝子の働きが変わる

 

エピゲノム

 

と呼ぶ現象が起きました。

同じDNAを持つ幼虫でも

栄養状態が良いと大あごが大きくなり、

悪いと小さくなることは知られていたが、

仕組みは未解明でした。

体長5ミリほどで大きなあごを持つ甲虫の

オオツノコクヌストモドキを使い、

エピゲノムのスイッチ役となる

「ヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)」

が大あごの大きさを決める遺伝子の働きを

制御していることが分かりました。

 

薬剤でHDACを制御すれば、

大あごが極端に大きいクワガタを育てられる

可能性があると言われています。

 

2016年12月19日 日本経済新聞より

ブラック企業も真っ青!まだまだ活動するスズメバチ

2016-12-11

本日は、京都府久世郡、八幡市、京田辺市、南丹市

滋賀県栗東市、甲賀市、彦根市の異物混入防止支援、

ゴキブリ駆除、ネズミ駆除、殺菌消臭にお伺いしました。

 

12月も2週目に入り、ようやく冬らしい

気温になってきました。

秋に猛威を振るったアシナガバチやスズメバチも

たいていは活動が治まり、巣の中は空っぽになるのですが、

12月になってもまだ屋根裏で活動している種がいます。

 

ブラック企業も顔負けのスズメバチ界のブラック。

 

3月には活動を再スタートする非常に活動周期が長いスズメバチ

その名は、クロスズメバチ

 

彼らは自然界で、とても大事な役割を持つので、

よほどの被害が有る場合のみ駆除を行っています。

 

では、顕微鏡カメラで撮影しました、

クロスズメバチの写真集をどうぞ。

 

顔面のアップ

口を閉じている姿と開けて口器を出している姿

頭部・触覚・腹部・毒針

 

クロスズメバチのプロフィールはこちら ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=766

 

美鈴昆虫研究室の詳細とお問い合わせはこちら ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=1894

 

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%82%ba%e3%83%a1%e3%83%90%e3%83%81%ef%bc%91 %e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%82%ba%e3%83%a1%e3%83%90%e3%83%81%e9%a1%94%e9%9d%a2%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%ef%bc%92 %e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%82%ba%e3%83%a1%e3%83%90%e3%83%81%e9%a1%94%ef%bc%93 %e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%82%ba%e3%83%a1%e3%83%90%e3%83%81%e5%8f%a3%e9%96%8b%e3%81%91%e3%81%a6%e3%82%8b%e6%a7%98%e5%ad%90%ef%bc%94 %e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%82%ba%e3%83%a1%e3%83%90%e3%83%81%e5%8f%a3%e3%81%ae%e4%b8%ad%ef%bc%95 %e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%82%ba%e3%83%a1%e3%83%90%e3%83%81%e9%a0%ad%e9%83%a8%ef%bc%96 %e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%82%ba%e3%83%a1%e3%83%90%e3%83%81%e8%a7%a6%e8%a6%9a%ef%bc%97 %e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%82%ba%e3%83%a1%e3%83%90%e3%83%81%e8%85%b9%e9%83%a8%ef%bc%98 %e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%82%ba%e3%83%a1%e3%83%90%e3%83%81%e8%85%b9%e9%83%a8%ef%bc%99 %e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%82%ba%e3%83%a1%e3%83%90%e3%83%81%e6%af%92%e9%87%9d%ef%bc%91%ef%bc%90%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%82%ba%e3%83%a1%e3%83%90%e3%83%81%e5%b7%a3

昆虫研究室より リンゴケンモン

2016-11-01

本日は、兵庫県川西市、神戸市、京都府京田辺市、

滋賀県守山市、近江八幡市、野洲市、栗東市の

異物混入防止調査、ヘビ防除、カメムシ駆除、ゴキブリ駆除、

ネズミ駆除にお伺いしました。

 

今日、お伺いしたお客さまの玄関に

のんびりと壁を散歩している毛虫がいました。

毛虫と言えば、やっぱり気になるのが、

毒持ちかどうか ですよね。

 

お客さまの敷地には、木がありません。

どこから来ているのかが非常に気になるところであります。

当社の昆虫研究室で調べたところ、

 

その名は、

リンゴケンモン(林檎検紋)

 

でした。毒はありません。

これでお客さまは、まず一安心であります。

 

このリンゴケンモンは、ヤガ科のケンモン亜科で、

幼虫は7月~10月に現れ、木くずをつづって蛹になり、

樹皮の割れ目で越冬に入ります。

 

さて、問題のどこからやって来たのかですが、

幼虫の食性は、

リンゴ・サクラ・ナシ・モモ・ウメなどのバラ科をはじめ、

キヌヤナギなどヤナギ科、

アキニレ・ハルニレなどニレ科の樹木の葉っぱです。

 

ということで、隣接したお家を見てみると、

ありました!!ウメの木

これで、またまたお客さまもスッキリです。

 

美鈴の強さの1つには、

昆虫研究室の存在 があります。

その虫が何者なのか!?

その問題となっていることな何なのか!?

 

それら真因を、しっかりとつきとめて

根底を知ってから、駆除法などを計画します。

だから他の業者とは、

ひと味違った対応をお見せすることができます。

 

困った時は、美鈴の便利屋ケンちゃんへ

http://mirais-net.shop-pro.jp/?mode=f30

 

%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b4%e3%82%b1%e3%83%b3%e3%83%a2%e3%83%b3%ef%bc%91 %e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b4%e3%82%b1%e3%83%b3%e3%83%a2%e3%83%b3%ef%bc%92 %e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b4%e3%82%b1%e3%83%b3%e3%83%a2%e3%83%b3%ef%bc%93 %e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b4%e3%82%b1%e3%83%b3%e3%83%a2%e3%83%b3%ef%bc%94 %e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b4%e3%82%b1%e3%83%b3%e3%83%a2%e3%83%b3%e9%a1%94%e9%9d%a2 %e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b4%e3%82%b1%e3%83%b3%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%81%8a%e3%81%97%e3%82%8a

昆虫同定検査 クロコバエ科(コガネバエ科)

2016-10-15

本日は、滋賀県東近江市、湖南市、京都市中京区、京丹波市、

福井県敦賀市の昆虫同定調査、異物混入防止、コバエ駆除、

ゴキブリ駆除にお伺いしました。

 

10月の昆虫同定調査は、非常に忙しくなっております。

秋になると種類も増えるので、1検体に費やす時間も多く、

検査員は大変です。

 

今回は、クロコバエの仲間についてお話したいと思います。

翅脈は意外と単純であり、分かりやすいのが特徴です。

肉眼で見ると、ショウジョウバエ科に少し似たような感じであります。

額には、このようにM字が刻まれているものが存在しています。

これが大きな特徴であります。

蛹の殻から割って出てくる際に、額に出来るこのM字。

しかし、フンコバエの仲間もM字が出来るものもいるので、

M字=クロコバエ科(コガネバエ科)ではないので

間違わないようにしましょう。

 

クロコバエのプロフィールはこちらから ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=740

美鈴昆虫研究室はこちら ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=1894

 

このクロコバエは、経験上、

よくハリアリなどのアリが発生する箇所で見かけます。

土の中で食物連鎖が行われており、

アリやクモのエサを奪っているらしいです。

 

このクロコバエを駆除する際は、

水廻りの周辺のクラック(ひび割れ)に注意しましょう。

特に地盤が温かい

 

飲料工場や製パン工場

要注意です

 

普段は、地面に手を置くことはスーパーNGですが、

調査中では、このようなことも必要でございます。

しかし、常にアルコールウエスを

持参しておりますので、ご安心ください。

 

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%83%90%e3%82%a8%ef%bc%91 %e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%83%90%e3%82%a8%ef%bc%92

 

 

異物混入防止に関わるコンサルティングは

便利屋ケンちゃんまで ↓

http://mirais-net.shop-pro.jp/?mode=f30

全部見せます!イラガのオールヌード

2016-10-01

本日は、滋賀県彦根市、東近江市、草津市、大津市、近江八幡市、

守山市、兵庫県神戸市の異物混入防止、ネズミ駆除、ゴキブリ駆除、

クロスズメバチ駆除、イエバエ駆除にお伺いしました。

 

先日、一般宅(300㎡)の除草作業を行った時、

 

イラガ

 

が付着していました。

綺麗な黄緑色をしたケムシに、

じんましんというお土産を頂くところでした。

卵を潰したり、風下に立っていてもかぶれます。

この業界に入った23年前に、ドライバーで、

卵をひたすら潰していたら、ひどい目に遭いました。

 

さて今回は、柿の木の周辺の雑草が原因だったようです。

柿の木、ウメ、カエデ、サクラなどのバラ科、果樹は

10月までは、要注意です。

 

イラガの詳しいプロフィールは、こちらです ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=632

 

地域によっては、イラムシ、デンキムシと呼ぶそうですね。

全部見せます。イラガのオールヌードです。

 

%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%ac%ef%bc%91 %e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%ac%ef%bc%92 %e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%ac%ef%bc%93 %e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%ac%ef%bc%94 %e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%ac%ef%bc%95 %e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%ac%ef%bc%96%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%ac%e6%88%90%e8%99%ab%ef%bc%91 %e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%ac%e6%88%90%e8%99%ab%ef%bc%92 %e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%ac%e9%a1%94%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97 %e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%ac%e9%a0%ad%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97

 

異物混入にお困りのお客さまは、

便利屋ケンちゃんまで、お問い合わせください。

http://mirais-net.shop-pro.jp/?mode=f30

美鈴昆虫研究室の糞虫マニア

2016-08-19

本日は、滋賀県彦根市、大津市、湖南市、栗東市、長浜市の

異物混入防止、ゴキブリ駆除、ネズミ駆除、コウモリ対策に

お伺いしました。

 

美鈴昆虫研究室が盛り上がりました。

室長は糞虫マニア

 

ムシクソハムシ

 

という絶望的な名前の虫に興奮が静まりません。

芋虫(イモムシ)の糞にそっくりで、

完全に擬態しております。

動かなければパーフェクトであります。

ツツジやサツキなどの樹木につきます。

土中に産卵し、幼虫は根を食べて育つので、

春に殺虫を行うと良いです。

 

しかし、何ともいえない可愛い顔をしています。

でも名前が・・・。 漢字で書いたらこんなんかな?

 

虫糞虫

 

可愛そうすぎます(>_<)

 

美鈴昆虫研究室は、検体調査を承っております

お問い合わせや詳細はこちらへ ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=1894

 

ムシクソハムシ ムシクソハムシ1 ムシクソハムシ3 ムシクソハムシ4 ムシクソハムシ5 ムシクソハムシ2 ムシクソハムシ6

 

 

便利屋ケンちゃん

9月度のご予約お待ちしております

http://mirais-net.shop-pro.jp/?mode=f30

コンクリート化社会に嘆くセンチコガネ

2016-07-25

今月の同定調査は

滋賀県、京都府、福井県、富山県、石川県からの依頼です。

 

昆虫研究室より報告がありました。

滋賀県では珍しい

センチコガネの金緑色

 

たいてい、藍緑色や赤っぽい色、ルリ色が多いのですが、

この金緑色はレアだとハイテンションの所長でありました。

 

このセンチコガネは、

フンコロガシと違い、糞を転がしません。

せっせと穴を掘ってから、糞を埋めていきます。

従って、コンクリート化している現代では、生息数が減っているのです。

 

ちなみに、ダイコクコガネという種は、

滋賀県では、約60年見つかっていないそうです。

最後に見つかったのは、三井寺と言われています。

 

うちの糞虫大好きの加藤所長は、

日々、昆虫同定調査に燃えており、お問い合わせをお待ちしております。

 

美鈴昆虫研究室では、年間契約ですと、

基本料金よりも安価で承りますので、ぜひお問い合わせください。

美鈴昆虫研究室はこちら → http://misuzu-eco.com/?page_id=1894

 

ちなみに最後の写真は、外翅のアップです。

綺麗ですよね。

 

センチコガネ横 センチコガネ背面

センチコガネ腹 センチコガネ脚

センチコガネ顔面と牙 センチコガネ翅アップ

 

アカムシの防衛本能に驚愕

2016-07-12

本日は、

滋賀県長浜市、東近江市、彦根市、野洲市、大津市、甲賀市、

京都市右京区、八幡市、福井県小浜市、美浜町に

ゴキブリ・ネズミ・異物混入防止対策にお伺いしました。

 

最近、ホームページからの問い合わせが多くなっており、

皆さまに本当に感謝している次第でございます。

(本日は、ネコノミ被害・孤独死後の特殊清掃・殺菌消臭)

これからも情報提供できるようにブログ頑張りますので、

引き続きよろしくお願いします。

 

さて、

私たちの生活空間に侵入している昆虫類で、

最も多いといえるユスリカは、

世界で10000種類以上、日本でも1000種類以上が発見されているそうです。

その中でも幼虫をアカムシと呼ぶものについては、

驚愕な防衛本能が働く場合があります。

 

この写真の排水溝周辺に

ユスリカが多く飛翔していたので、水底にある泥をすくい、

幼虫を探してみたところトンボの幼虫(ヤゴ)が発見されました。

このヤゴは、ユスリカの幼虫を捕食するので、

魚やミジンコなどと同様に天敵と呼ばれています。

普通は天敵の棲む水域では、生息できないと思いますし、

排水溝や集水桝を覗いても幼虫が見当たらないので、

発生していないと判断してしまうことも多いでしょう。

 

ところが、虫の防衛本能は凄いものです。

このアカムシユスリカは身を隠すため、

水底の泥やゴミを唾液で固めて筒状の巣を作るのです。

よく水底を見ると、たくさん発見されたので破ってみると、

小さな幼虫からもうすぐ蛹のステージに突入する大型の幼虫が現れました。

 

従ってユスリカの発生有無は、目視調査だけではいけません。

必ず写真のような巣も探し、泥をすくうなどしましょう。

排水溝周辺にトンボや鳥などが

飛翔していないかどうかの調査も必要です。

 

また排水溝やため池、防火水槽にヤゴや魚、ミジンコ、

水生カメムシと呼ばれるマツモムシなどが確認される際も要注意です。

また、水底や泥中でアカムシが発見される際は、天敵がいないという証になります。

 

最後にプロ業者の方々は、

お客様に対して目視調査だけでの解答は、くれぐれも気をつけて下さいね。

 

美鈴昆虫研究室 室長 加藤直樹

 

14アカムシの防衛本能に驚愕① 14アカムシの防衛本能に驚愕② 14アカムシの防衛本能に驚愕③ 14アカムシの防衛本能に驚愕④

 

 

便利屋ケンちゃん

« Older Entries Newer Entries »
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ