滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘虫調査.COM’

昆虫同定は基本中の基本

2017-11-01

本日の弊社は、兵庫県伊丹市、大阪府東大阪市、大阪市寝屋川区、

京都市南区、左京区、伏見区、滋賀県守山市、草津市、

栗東市の異物混入防止対策、昆虫同定依頼、事故物件廃棄物相談、

ゴキブリ対策相談、ベランダの防虫ネット取り付け、遺品回収相談

にお伺いしました。

 

親子関係をよくするコツがあります。

子どもが洗濯物をたたんでくれた時に言う親のセリフですが、

「ありがとう」ではなく「助かった」という言葉が良いと聞いて、

これは、世のお母さまに取り入れて欲しいと思った

美鈴環境の鈴木です。

 

もちろん、ありがとうも良いと思いますが、

子供に対しても感謝の気持ちを素直に出せる

親がいい見本となりますので、実行しましょう。

 

さて当社は、昆虫同定をすること20年になりますが、

正式に、昆虫研究室を開いてから、

全国からのお問い合わせも増えてまいりました。

一般家庭から倉庫業、食品工場、化学品工場などなど・・・。

 

昆虫同定は、駆除の基本であります。

対象種が分からないのに、完璧な駆除はできません。

ちゃんとした駆除をするためには、

まずは、

 

① 同定調査

② 自然環境調査

③ 生活環境調査

 

そして、ようやく見積もりに入ることが出来ます。

しかし、①~③もなく、いきなり見積もりという業者が存在します。

特に多いのは、②と③がしっかり出来ていない業者です。

 

というわけで、

もし、見積もりや作業内容に不安を感じた場合は、

一度、②と③を診てもらえる業者さまに

依頼することをおすすめします。

 

写真は、今、非常に多いアオクサカメムシです。

 

昆虫同定と駆除依頼のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

アオクサカメムシ1 アオクサカメムシ2 アオクサカメムシ3 アオクサカメムシ4 アオクサカメムシ5

オオゴキブリが食べたい

2017-07-10

本日の弊社は、大阪府豊中市、京都市左京区、

滋賀県彦根市、大津市、守山市の波板設置、生前相談、

ネズミ駆除、ゴキブリ駆除、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

無性にオオゴキブリが食べたい美鈴環境の鈴木です。

今年も昆虫食フェスティバルが楽しみで仕方がありません。

昨年2016年は、ミールワームのチジミと

カナブンのチョコレートコーティングが美味しかったです。

しかし、アルゼンチンモリゴキブリは、

ちょっとごま油の方が負けていた感があります。

 

「ゴキブリには、味が馴染まないのかなぁ」

とつくづくものすごい奴だなぁと思いました。

 

先日、オオゴキブリの幼虫が捕まっておりました。

美鈴昆虫研究室では、この美味しいと言われている

オオゴキブリを飼育する予定でおります。

まずは、飼育できる環境を整えないといけないので、

ただいま、環境整備に向けて動いております。

 

他にも、ミールワームや現在も飼育中のキイロショウジョウバエ、

コクヌストモドキ、コクゾウムシも血が濃くならないように、

していきたいと思います。

 

というわけで、

全国からお問い合わせが来ております

昆虫類などに関するご相談ですが、

もっと多種方面にわたってもお役にたてるよう、

頑張って参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

虫に関するご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

オオゴキ

ヒアリというお中元

2017-07-09

本日の弊社は、京都府八幡市、京都市上京区、

滋賀県東近江市、彦根市、守山市、蒲生郡の

塗装工事、ヘビ捕獲、ゴキブリ駆除、シバンムシ駆除、

異物混入防止対策にお伺いしました。

 

待ちに待ったオーダーメイドの革靴が届いて

ウキウキな美鈴環境の鈴木です。

やっぱり、世界で一つだけのものを持つことは、

自分にとって最高のパワーが得られますし、運気もアップします。

今、オーダーメイドのトートバッグを作って頂いているので、

これまた楽しみであります。

 

さて、北朝鮮のICBMに負けじと、

南米産ヒアリが話題を独占しております。

 

そこで、ヒアリが拡散する可能性がゼロでない以上、

私たちは、最低限の知識を持っておいた方が良いと思われます。

アウトドアの好きな方は、

芝生や木の近くで座ったり、寝そべったりする行為は、

気をつけた方がいいですし、刺されたと思われる場合は、

速やかに医療機関を受診するようにして頂きたいです。

 

ヒアリは中国からの貨物に紛れ込んで上陸した

とされています。本当にいらないお中元です。

女王アリは、1日1000個以上の卵を産む能力が

あると言われていますので、

「公園などは大丈夫だ!」

とは思わずに、個々で注意して頂きたいと思います。

 

というわけで、

もし、ヒアリに似たアリを目撃された場合は、

近くの害虫駆除業者に速やかに連絡されることを

おすすめします。

なぜなら、自分で駆除をしてしまうと、

そのアリが本当にヒアリであったのかが、分からないからです。

この外来生物侵入問題は、

国全体で撲滅していかなければならないので、

必ず、ご協力をお願いしたいと思います。

もし、どうしても自分で駆除される場合も

アリの死骸を専門家に見て頂くようにしてください。

また、この時期はアリの問い合わせが

多くなっているので、ご注意ください。

 

ヒアリの注意喚起ものを作りました

後日、当社の通販サイトMiraiSのフリー素材で公開しますので、

こちらから、ダウンロードしてください ↓

http://mirais.misuzu-eco.com/?page_id=56

 

ヒアリの同定調査や

アリ駆除にお困りの方は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

ヒアリ侵入禁止集団 ヒアリ侵入禁止単体 ヒアリ侵入注意集団 ヒアリ侵入注意単体

昆虫同定は安価な美鈴環境サービスで

2017-07-02

本日の弊社は、京都府八幡市、船井郡、福井県小浜市、

滋賀県彦根市、高島市のコウモリ防除、ネズミ駆除、クモ駆除、

昆虫同定、異物混入防止対策、生前整理にお伺いしました。

 

2010年から5年間で、14歳以下の子ども103人が

ノドを詰まらせて亡くなったことを知った美鈴環境の鈴木です。

 

マシュマロ・ゼリー・団子・リンゴ・ブドウ・ホットドッグ・菓子パン・

焼肉・唐揚げ・もち・寿司・チーズ・そうめんなどは注意が必要です。

子どもの事故に詳しい小児科医の山中龍宏先生曰く、

「子どもには、早食いや上へ放り投げて口に受けたり、

遊びながらやテレビを見ながらは、

食べさせないようにしてください。」

とおっしゃっていますので、

ご両親は注意して見張っていてください。

(読売子ども新聞 引用)

 

さて、6月は昆虫同定の問い合わせが増えました。

当社の昆虫研究室では、

科までの同定とさせて頂いています。

当社は、立派な研究所のように、

すべての虫を種まで特定したり、DNA鑑定などの

詳しい調査結果が、ご提出できない代わりに、

費用は、安価にさせて頂いております。詳しくはこちらへ

 

なお、同定結果とは別に、発生源や駆除法などのお問い合わせは、

1種につき、別途費用2000円となっておりますので、ご了承願います。

 

写真は、ハウスメーカーにとっては、

超重要の木材害虫である

キクイムシと間違えられやすいコクヌストモドキです。

これを間違えると、ものすごいトラブルになってしまうので、

注意をしなくてはいけません。

それは、なぜかと言うと、

キクイムシは木材を食べ、

コクヌストモドキは木材を食べないからです。

ハウスメーカーにとっては、ドキドキものです。

 

というわけで、

触覚の先端3節が球状になっており、

翅表には、点刻で覆われている場合は、

コクヌストモドキなので、ご安心ください。

ちなみに、キクイムシは先端から2節が膨らんでいるので、

覚えておくと便利だと思います。

 

昆虫同定にお困りの方は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

 コクヌストモドキ腹2 コクヌストモドキ翅表の点刻3 コクヌストモドキ触覚先端3節球状4 コクヌストモドキ翅裏5

意外と知られていない重要な調査

2017-07-01

本日の弊社は、京都市左京区、伏見区、

大阪府豊中市、滋賀県東近江市のコバエ駆除、トビムシ対策、

ゴキブリ駆除、昆虫同定、殺菌消臭にお伺いしました。

 

今、新しい防虫グッズを開発中の美鈴環境の鈴木です。

この商材が完成したら、

当社の通販事業部であるMiraiS(ミライズ)で

販売しようと考えておりますので、楽しみにしていてください。

 

皆さん、かなり蒸し暑い日々が続くようになりました。

高湿度は、虫も菌を好むので、

快適な暮らしを望む人間にとっては、強敵に間違いありません。

 

定期的に訪問しているお客様では、

写真のように、誘引剤が付いていない粘着シートで、

どのような種類が生息しているかの調査をします。

設置場所は、外灯や黄色いポール、雨水配管などに

巻きつけます。

もし、我々にとって健康被害を及ぼす虫が捕獲されていたら、

シグナルライトを点灯させ、皆さんに注意を促します。

 

また、目視点検も行います。

この日は、刺咬性昆虫のムシヒキアブが10頭くらい確認されました。

その周辺には、卵や幼虫が生育できる場所がありましたので、

環境的防除(環境整備)もしくは、

化学的防除(殺虫剤など)で対策をご提案します。

 

というわけで、

食品工場などのモニタリング調査は、

工場内だけではなく、

外周部も行うことをおすすめします。

なぜかと言うと、

工場内で内部発生する虫の早期発見につながるからです。

内部発生虫というのは、突然内部で生まれるわけではなく、

元は、外部のどこかの経路を伝って入ってくるわけですから、

かなり有効な手がかりになります。

 

どのポイントで、どの虫が最も多いのか?

発生源や飛翔しているポイントが知ることが出来ますので、

現在、外部のモニタリングをされていないのであれば、

ぜひ、実施されることをおすすめします。

 

昆虫同定にお困りの方は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

フライトラップ9番2017.6 北面ムシヒキアブ生息多い2017.6

マダニに嫌われた?

2017-06-26

本日の弊社は、京都市右京区、山科区、中京区、

滋賀県彦根市、高島市、大津市、近江八幡市の

生前相談、殺菌消臭相談、コンクリートのしみ抜き相談、

ゴキブリ駆除、コバエ駆除、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

パンダは、本来 レッサーパンダ をいうことを

最近になって知った美鈴環境の鈴木です。

のちに現れた、ジャイアントパンダが人気になりすぎ、

人はパンダは、このジャイアントパンダのことをいうようになったのです。

そしたら、元のパンダは、ジャイアントに比べて「小さい」ということで、

英語のless(レス)を用い、レッサーパンダと名付けられたのです。

さらに、パンダはクマ科なので、元々肉食動物ですが、

今、徐々に草食動物に変化を遂げている最中だそうです。

この瞬間に、我々は遭遇しているということを知っておいてください。

 

さて先日、草むらに入り、サシバエ・キアブ防除を行っていたら、

殺人ダニと呼ばれるマダニのようなダニが、

私の左手の生命線の付け根から、

小指に向かって歩いていたので驚きました。

持ち帰り、弊社昆虫研究室で調べたところ、

 

やはり、マダニでありました。

 

助かったことに、嫌われたのか?

寄生されずにすみました。ホッとひと安心であります。

 

マダニに噛まれて発症するSFTS(重症熱性血小板減少症候群)は、

おう吐・下痢・頭痛などの症状を引き起こし、

最悪の場合は、死に至る恐ろしいウイルスです。

さらに詳しいマダニの情報はこちらです ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=665

 

というわけで、

虫好きな方にとっては、

これからテンションの上がる季節となりますが、

草むらに入る際は、素肌を出さないように心がけてください。

もし、マダニにくっつかれたら、

落ち着いて、アルコール濃度の高いものを綿棒に濡らし、

離れるまで、つっついてください。

 

虫の同定調査の

お問い合わせが急増中です。

検定のご依頼は、こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

マダニ1 マダニ背2 マダニ腹3 マダニ顔面4

 

蟲の美鈴

2017-06-22

本日は、京都市中京区、左京区、

滋賀県長浜市、彦根市の生前相談、コウモリ対策、

異物混入防止相談にお伺いしました。

 

最近、私の身のまわりでフェイスブックやLINEの乗っ取りに

合われている友人が多く、気が気でない美鈴環境の鈴木です。

 

写真は、キイロショウジョウバエのフライトレスです。

ウイングレスとも呼び、羽根の無いタイプであります。

美鈴昆虫研究室では、これらを飼育しており、

カエルのベビーやヤドクガエルのエサ

または、化学実験などに使用される

個人客や会社さまに販売を行っております。

 

というわけで、

美鈴昆虫研究室は、

今の時期、お問い合わせ殺到の

虫の同定調査だけではなく、販売も行っております

ので、何でもご相談頂けたらと思います。

 

今後は、ミルワームやコオロギなども増やしていきたく

考えておりますので、エサや食用としてお考えの方も

ぜひご一報くださいませ。

 

虫のご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

ショウジョウバエフライトレス ショウジョウバエフライトレス出荷1 ショウジョウバエフライトレス成虫 ショウジョウバエフライトレス蛹

虫検査なら美鈴

2017-06-16

本日は、兵庫県神戸市、大阪府豊中市、京都市左京区、

滋賀県彦根市、湖南市、大津市、近江八幡市の

生前相談、コウモリ対策、クモ対策、ゴキブリ駆除、ユスリカ対策、

異物混入防止対策にお伺いしました。

 

メンバーの公約が話題になっている

明日のAKB総選挙がすごく気になる美鈴環境の鈴木です。

中でも、3連覇がかかっている指原梨乃さんが、

1位になったら、アキラ100%のような、

さしこ100%に挑戦するということです。

芸能界って本当に大変な世界ですよね。

 

さて、今日は虫の検定依頼のお話です。

最近は虫の検定依頼が、非常に多くなっております。

今回は、関東のお客さまの例であります。

 

最初に問い合わせ先した業者の答えが、

カツオブシムシの幼虫。

しかし、お客様が自分で調べた結果、

 

「どう見ても違うな」

 

ということで、次の業者に問い合わせ。

 その答えが、

 

「カツオブシムシではありません」

「しかも虫ではありません」

 

あまりにも正反対の答えで、不安の絶頂に。

そして、最後の一手?

美鈴環境サービスの昆虫研究室へ依頼をされました。

 

お客様情報では、その虫は、

外で発生しており、家の中にも毎日現れるということです。

この時期の、情報と弊社の駆除経験、

ご住所を素に判定にたどり着きました。

 

その虫とは、イソフサヤスデ

 

このヤスデは、一般のヤスデとは違い、

驚いた時に丸まらない

毛がフサフサしている

海浜近くで大発生する

 

というのが特徴です。

触覚がピクピクしており、歩くのも非常に速く、すごく可愛いです。

 

というわけで、

今回は、琵琶湖という湖が本拠地の当社にとっては、

海浜の生物ということで、凄く楽しい経験をさせて頂きました。

全国の色んな虫が、調べられるので、非常に嬉しく思います。

 

今後とも、20年以上の実績をもつ

美鈴昆虫研究室をよろしくお願いします。

http://misuzu-eco.com/?page_id=1894

山ごもりも上等!

マニアックな所長が首を長くしてお待ちしております。

 

イソフサヤスデ体長1 イソフサヤスデ2イソフサヤスデ3 イソフサヤスデ4イソフサヤスデ触覚5 イソフサヤスデ腹面と脚5イソフサヤスデ腹面6

 

ドクガという名前なのに無毒の蛾

2017-05-23

本日は、神戸市、芦屋市、京都市左京区、中京区、山科区、

滋賀県彦根市、米原市のコウモリ防除、ブユ対策、ダニ駆除、

ネズミ駆除、ゴキブリ駆除、異物混入防止支援にお伺いしました。

 

はじめに、本日電話回線が断線する事態が起こり、

数件のお問い合わせを受けることが出来ませんでした。

お客様に大変ご迷惑をおかけしましたことを、お詫び申し上げます。

ただいま、復旧しましたので、今後ともよろしくお願い致します。

 

さて皆さん、毛虫が発生しています。

毒を持っている蛾は、被害に合うと本当にツライので、

よく知識を持っておいてください。

詳しくはこちらに記してありますので、ご覧ください。

ドクガのプロフィール

チャドクガのプロフィール

イラガのプロフィール

 

この時期になると、

除草作業などを行われている所も多いと思います。

除草剤や草刈り機で行う分には、まだ良いですが、

手作業でされる場合は、注意してください。

雑草でも、イラガなどが付いていますので要注意です。

 

皆さん、この写真の生物は毒を持っていると思いますか?

キアシドクガ蛹1 キアシドクガ蛹2

 

見た目、イラガのようにも見えるのですが、

この正体は、キアシドクガ

と呼ばれる蛾です。(写真はサナギ)

決して2枚目は、ふなっしーではありません。

 

チョウ目ドクガ科の昆虫で、

モンシロチョウよりも純白で美しい成虫の

脚が黄色なので、この名前が付いたようです。

4月から5月に、時に大発生する蛾なので、

よく覚えておいてください。

特に、山に近い場所には出やすいようです。

 

さて、本題でございます。

このキアシドクガの秘密をブログを読んで頂いている

貴方だけにお知らせしたいと思います。

実は、このキアシドクガ。

ドクガという名前が付いているにも関わらず、

 

何と!

一生涯、毒を持たないのです

 

ということで、このキアシドクガのサナギを見られたら、

正しい情報を教えてあげてください。

これで、貴方様も私たちプチマニアの仲間入りですw

 

困ったことがございましたら

まずはお話を聞きます。

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

別名アリマキ

2017-05-14

本日は、京都市右京区、滋賀県近江八幡市の

ヤスデ駆除、アリ駆除、ダンゴムシ駆除にお伺いしました。

 

今日は、アリ駆除をしていた時に

面白い光景を見つけたので激写しました。

雑草にアブラムシが大量に付いていましたので、

顕微鏡カメラで撮りました。

作物の病気に困られている方も多いと思われます。

 

アブラムシは、集団行動で強い繁殖力を持ち、

かつ植物に病気をもたらす吸汁性害虫であります。

ウイルス病やモザイク病を元気な植物に伝播するので、

困った害虫です。

 

では、早速駆除をするポイントでありますが、

それは、タイミング。いわば時期です。

発生したら速やかに殺虫剤で駆除しなければいけません。

なぜなら、このアブラムシは、

単為生殖(メスだけで卵を産む)であり、

脅威的にバンバン産みまくるので、

早期発見&駆除が必要になるのです。

 

では機械的に駆除をする時の裏ワザをお知らせします。

それは、アブラムシは黄色に反応するので、

ピオニー捕虫テープという

黄色のテープを設置しておくと捕獲力がアップします。

ピオニー捕虫テープはこちらから購入できます。

※通販サイトでも購入できますが、当社の方が圧倒的に安価で、

しかもバラ売りも受け付けしております。

お問い合わせはフォームこちら ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

では、次に化学的駆除(殺虫剤)をする時のコツです。

これは、プロならご存じの

殺虫剤は、1種類ではなく、

数種類を使い分けて散布を行うという手法です。

 

そして、最後に環境的駆除をする時の技は、

雑草の場合は当たり前の除草と

作物の場合は、アブラムシの大好物である

化学肥料(窒素化合物)アミノ酸を過剰に与えないように

することです。

 

さらに、ちょっと行動に起こすことが難しい

生物的駆除法ですが、

天敵であるテントウムシを放すことです。

これを別名バンカー法と呼びます。

ちなみに、アブラムシをアリマキと呼ぶのは、

アリと共生しているからです。アブラムシがお尻から甘い汁を出し、

ボディーガード代金として、アリに与えるからなのです。

 

今日も気温がかなり上がりました。

色んな昆虫類が元気に徘徊・飛翔しておりましたので、

お悩みの方もたくさんおられると思います。

 

もし、害虫にお困りの方

がおられましたら、まずはお話を聞きます。

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

アブラムシ1 アブラムシ2 アブラムシ3 アブラムシ4

« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ