滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘経済被害’

美味しいところを知っている

2016-01-19

 こんばんは。

近頃、家ねずみと呼ばれる、ドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミ、

そしてイタチなどの小動物が暴れるているとの問い合わせが多くなっています。

決して悪気は無いのでしょうが、私たちが寝ている間に忍び込んで無銭飲食を行います。

色んな被害がありますが、写真はクマネズミによる油揚げの被害です。

このように、美味しい油の部分(ふち)だけを綺麗に食べています。

 

クマネズミは、植物性を好む食性ですが、

特に大豆で出来ている油揚げは大好きです。

クマネズミは、豆の中でも大豆が最も大好物で、

次いで緑豆・黒豆の順番でよく食べると

豆を取り扱うお客様から聞きました。

 

この結果に基づき、惣菜系で被害がある場合は、

一例として油揚げと毒エサを混ぜたものを設置したり、

捕獲カゴのエサにすると良いと考えられます。

但し、美味しいからといってネズミは必ずしも食べてくれるとは限りません。

あくまでも、

なわばり内に突如現れたものは、異物反応

を起こしてしまうことを忘れてはいけません。

 

警戒心を無くすために、

喫食が無くても根気よく新鮮なものに交換しましょう。

『そう!可愛いペットにご飯をあげるように』

すると、あなたの優しさ?が通じて食べてくれるかもしれませんよ。

 

クマネズミのプロフ ⇒ こちらをクリック

ドブネズミのプロフ ⇒ こちらをクリック

ハツカネズミのプロフ ⇒ こちらをクリック

イタチのプロフ ⇒ こちらをクリック

 

09美味しいところを知っている

可愛いものにもトゲがある

2015-12-28

おはようございます。

『天井裏でネズミが運動会をしている』

冬場、特に年末になるとこのような問い合わせが多くなります。

 

99%が、毎度おなじみクマネズミです。

クマネズミのプロフはこちら ⇒ クリック

 

天井板に染みがついている場合、住人が真っ先に思いつくのが雨漏り。

それと、小動物の糞尿になります。

この写真は、2階の天井裏です。

2階の和室で、ふと上を見たら天井板に染みが付いていたので、

屋根裏に入って調査してみたところ、断熱材を巧くほじくってトイレを造っていました。

この実態を見ると、ネズミが可愛いと言う人も、早い人では1秒で前言取り消しになります。

 

こういった場所が見つかると、必ずここにやって来るサインなので、捕獲マットを設置します。

仕掛けは、直接このトイレに置くのではなく、この場所へやってくる手前に設置します。

結果は、10cm手前で捕獲しました。

私は人間が、食事をする場所とトイレは別なように、ネズミも同じだと思います。

イタチなんかは分けていますからね。

従って、無毒餌や毒エサは、トイレや糞が多く散らばっているところには、置かないように心がけています。

 

その後、この現場では侵入経路を全て封鎖し、

屋根裏に粘着トラップを敷き詰め、さらに7頭捕まえました。

そして、ネズミに寄生しているイエダニと菌対策施工を行い、完了しました。

 

ちょっとだけタレ目なところ、両手で食材を持って食べる姿は本当に可愛いです。

 

しかし、害虫と菌をくっつけ、引き寄せ、発生させ、

さらに家の中のものを齧って破壊します。

 

『綺麗なものにはトゲがある』 

というように、「可愛いものにもトゲある」です。

 

このように、私たちに健康被害と経済被害の

Wパンチを浴びせる家ネズミは、

脅威的な存在であることに早く気づきましょう。

17可愛いものにもトゲがある

鹿の大好物はまさかのアレ

2015-12-06

こんばんは。

先日、イノシシに困られているお客様の話をしました。

最近は、高齢化で猟師が減り、田畑が放置されたりで、

動物が増える一方だといいます。

 

さて、鹿と列車の衝突事故が多いことは、皆さんご存じでしょうか?

年間で何千件も起きているそうで、

鹿が死に、列車が遅れたりして、

鉄道会社の皆さんは非常に困られているのです。

では、なぜ鹿は、線路に降りてくるのでしょうか

 

実は、線路のレールに付着している

 

『鉄粉を舐める』

 

ために山から下りて来ていたのです。

凄いと思いませんか? 誰に教えてもらうことなく、

線路のレールに鉄粉が付いていることが分かるのですからね 8-O

 

シカ肉には、鉄分が多い。

ココに!!専門家が目をつけて、調査したのだそうです。

岐阜県の林に鉄粉を撒いたら、集まってきたみたいです。

 

そこで対策!!

線路手前に、鉄粉を入れた箱を設置すると、

線路に来ることなく、満足して帰っていったみたいです :-D

 

困られているところは、お試しあれですね。

人間が食べない鉄粉

これで満足してくれるなら、正しいエコになりますね。

 

一部読売KODOMO新聞より

ワイン王国のフランスに異変?

2015-12-05

こんばんは。

ワイン王国のフランスで、思わぬ影響がでています。

地球温暖化の影響と思われる現象が出始めているそうです。

 

『こんなに収穫が早くて、糖度が高いのは初めて!』

『今年はおいしいワインが出来そうだ』

 

と、生産者のうれしい声が飛び交うが、

長所あれば短所あり。世の中には必ず陰陽あり。

嬉しい反面、マイナス面も出ています。

① 収穫が早くなったが、それは温暖化の影響が大きいこと

② 平均雨量も湿度も上昇し、ブドウにカビが繁殖していること

 

早急に、これらの対策を打たなけれは、

ブドウの栽培にシグナルライトが点灯してしまいます。

対策は、

『栽培地移転』 です。

海岸近くから、内陸部に移すということで、

早くも実行されているところがあります。

 

平均気温が100年で、1.2度上昇した栽培地。

野菜の植物工場が、日本でも増加しているように、

フルーツの工場の出現も、これからは当たり前のようになる日が来るのでしょうかね

【一部、読売新聞抜粋】

 

役立たずの業者

2015-11-28

おはようございます。

昨日は、今年1発目の忘年会のため、京都に行きました。

その前に、Portaのイノダ珈琲へ行ったのですが、

私の隣りにいらっしゃった、かなり年季の入ったおばあちゃんが

LINE

をしているのに驚きました。

これが今の日本なのですね~ 8-O

 

さて、昨日イノシシの被害で困られているお客様とお会いしました。

田んぼが何反も全滅させられるのです。

 

フェンスなんて、突進して破壊

頑丈なフェンスもトンネルを掘って通過

 

なので、広域すぎて柵だけでは非常に困難な場所でありました。

ただ言えることは、

その柵が非常にあまい。

電気柵の取り付けもぬるい。

しかし、被害に合わられている方はご存じなのです。

じゃあ、なぜ正しい取り付けをしないのか?

答えは、田んぼだからです。

ちょっと、回りくどい答えですが、

田んぼで裕福な暮らしをしている方は、非常に少ないといいます。

皆さん、兼業で大変なのです。

なのに、イノシシ対策のような高額になる工事を

業者に依頼するなんてことは、

ありえないことなのです。

 

被害に合えば、保証も全額ではありませんが、適用されます。

助成金だけでは、とても間に合いません。

助成金をもらったとしても、電気柵張ったりするのは、自分たちです。

 

『何とかして助けてあげたい』

という思いでいっぱいなのですが、

さらに、公開できない実態をお聞きして、

業者が役に立たないことに、悔しさMAXでありました :cry:

Newer Entries »
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ