滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘経済被害’

最悪な事態が起こる前に

2017-05-21

本日は、京都市右京区、左京区、京田辺市、

滋賀県彦根市、甲賀市、大津市の

ネズミ駆除、コウモリ対策、樹木殺虫、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

突然、部屋にネズミが走ったら、誰でもビックリすると思います。

今回は、台所の扉がうまく閉まらないために、

クマネズミにロックオンされてしまったお客さまです。

 

袋ものの被害は、何と気の利いたクマネズミでしょう。

人間が使いやすいように、上だけ齧ってくれています(笑)

しかし、ここからは難儀なお話。

クマネズミ自身が通りやすいように、扉まで齧っています。

屋根裏からの通り道にしているエアコンのガラリなんて、

見るも無残な姿になっており、完全に折られていました。

 

これぞ、典型的な経済被害であります。

被害に合った食品は、処分しなくてはならないですし、

壊されたものは、修繕しなくてはいけません。

さらに、駆除するのに費用もかかります。

 

皆さん最初は、どうしても自分で出来る限り、

駆除しようと頑張られるのではないでしょうか。

 

しかしです。

中々治まらないと、専門家が駆除するのも

どんどん難しくなってしまうことがあります。

 

1.粘着トラップを異物として覚えられてしまう

2.毒エサを危険と思い、食べなくなってしまう

3.生息数(個体数)がどんどん増える

4.塞いではいけないところを塞いでしまう

などです。

4.の塞ぐ件については、

私たち専門家にとっては、かなり重要なポイントでありまして、

わざと閉塞しない方が、仕留めやすい場合があるということです。

 

さて、クマネズミによる経済被害ですが、

もっと最悪な事態というのは何かご存じですか?

 

それは、

火事です

 

配線を齧られると、最悪の事態が起こる可能性があるのです。

クマネズミをはじめドブネズミ、ハツカネズミといった

家ネズミと呼ばれるネズミは、

疾病などの健康被害やこのような経済被害、

それからダニや糞から発生する害虫の二次被害を及ぼす

人気ワーストランキングの常連なのです。

 

ということで、

薬局には、駆除グッズがたくさん売ってはいますが、

ネズミ駆除は、自分で出来る駆除法(DIY)を

すすめられない害獣ですので、

悩んでおられるお客さまは、

お金で、業者に委ねるというより、

自身の時間を購入すると考えて頂けたら良いと思います。

 

もし、ネズミにお困りの方

がおられましたら、まずはお話を聞きます。

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

K市クマネズミ侵入経路1 K市クマネズミ侵入経路閉塞下地 K市クマネズミ侵入経路閉塞 K市エアコンガラリ被害 K市袋被害 K市収納庫扉被害 K市クマネズミ対策ベイト作戦1 K市クマネズミ対策ベイト作戦2

墓地・竹やぶ・川の3点セットに潜む恐怖

2017-05-17

本日は、福井県大飯郡、大阪市、

滋賀県彦根市、愛知郡、野洲市、大津市の

ネズミ駆除、アライグマ調査、シバンムシ対策、

異物混入防止対策にお伺いしました。

 

皆さん、アライグマを見たことがございますでしょうか?

あの11歳の少年、スターリング・ノースと

あらいぐまの「ラスカル」の友情物語で有名なあの獣です。

友情物語の反面、人間との共存の難しさも表しています。

 

まさにその通りで、

元々は海外でペットとして、私たち人間が飼っていたのです。

でも、なつかなかったため、人間が捨ててしまいました。

ですから、アライグマは人間をかなり怖がります。

 

そして彼らは、写真のような被害をもたらすのです。

ホースカバーの被害と糞の状況は下記の通りです。

「よく、これ以上齧らなかったなぁ」

と思うくらい寸劇状態であります。

また、穴を掘ってウンチが1つ。

と思いきや、散乱状態の場所もありました。

他にも、断熱材はボロボロにするので、

温熱環境も悪くなりまし、おしっこで天井板は染みになります。

 

しかし、本当の恐さは別にあるのです。

それは感染症に罹った方がおられ、

死亡事例が実際にあることです。

媒介者であるアライグマ回虫が原因なのですが、

殺虫剤では駆除出来ないので、焼却駆除が必要なのです。

 

そして噛まれたら、どえらいことになります。

指の1本や2本、平気で持って行かれてしまうのです。

消毒は、地獄のような痛みなので、

絶対に自分で捕獲しようとはしないでください。

 

さらに、大切な愛犬・愛猫・小鳥などの

ペットを食べてしまいます。

これは大変!

「とにかく隙間が無いか調べて欲しい」

と思われた方は、

こちらまでお問い合わせ頂けたらと思います ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

さらに、さらに厄介なのは、

保護獣として守られているので、

申請無くして捕獲は出来ないのです。

あんなに可愛いのに、

その正体は、凶暴動物なのです。

 

もし貴方の住居が、

墓地、竹やぶ、川の3点セット

 

をお持ちの方がおられましたら、

侵入経路が無いか確かめてください。

 

見るべき点は、

過去に閉塞されているのであればその素材です。

必ず、鉄かステンレス、アルミなどにしましょう。

そして、

● 直径10cmの丸型

● 8cm平方の正方型

● 12cm×6cmの長方型

これらの隙間があれば、もう危険がいっぱいですので、

上記素材で緊急閉塞を行ってください。

 

また、隙間の閉塞工事は大工さんや工務店の人ではなく、

害獣対策の経験豊富な

害虫駆除屋さんにお願いした方が絶対に良いです。

 

なぜなら、歯が少しでも入る隙間がある止め方

いわゆる噛みつけるような封鎖の仕方では、

血だらけ承知で、ひきちぎってでも

侵入することを私たちは知っているからです。

 

棲みつかれたら、本当に大変なアライグマやハクビシン。

業者も簡単には動けない害獣ですので、

ぜひ覚えておいてください。

そして、防除後は必ず居住空間の殺菌消毒を行いましょう。

 

もし、害虫・害獣にお困りの方

がおられましたら、まずはお話を聞きます。

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

アライグマ被害1 アライグマ被害2 アライグマ被害3 アライグマトイレ1 アライグマトイレ2 アライグマトイレ3

 

 

食品工場のネズミ対策

2017-03-03

本日は、大阪府豊中市、京都府久御山郡、京都市南区、

滋賀県高島市、守山市、栗東市、近江八幡市の

ネズミ駆除、異物混入防止支援にお伺いしました。

 

食品工場のネズミゼロ作戦に於いて、

1番問題になるのが、頭のいいクマネズミです。

今日は、クマネズミの駆除について考えてみたいと思います。

箇条書きでまとまりがありませんが、

当社が注意している点を書いていきたいと思います。

 

1.建物をすべて巡回し、ラットサインの確認をすると同時に巣の箇所を検討する。

2.変電設備→電気室→各作業所へのケーブル線を確認し、

 重要なエリア(清浄度の高い)及び被害のあるエリアから隙間閉塞する。

3.餌場への経路を推測し、その箇所は閉塞を行わず、捕獲作戦を行う。

4.水飲み場がどこなのか推測し、その箇所は閉塞を行わず、捕獲作戦を行う。

5.場内の巡回は、歩いた方向とは逆からも見なければ、隙間を見逃してします。

6.穴からすべて出入り出来るとは限らないので、降りられるか歩けるかを判断する。

7.被害や生息数などの状況をふまえ、分断法か局所法で作戦を実行する。

8.水場と餌場は必ず存在するので、商品の被害が無ければ、残った食品カスが

 作業所に無いかを探す。

9.屋根裏は、キャットウォークが無い場合は、入らない。

10.侵入経路の目視点検は、高所であろうが、すべてチェックを行う。

11.毒餌を設置した場合、警戒心が高いクマネズミは中々食べてくれないが、

 根気よく置き続ける。また、数種類置いてみる。

12.定点以外にトラップ及びベイト剤を増設しても、

 重要なのはラットサインの調査である。

13.圧殺器を使用する際は、ビニールひもを付けて、

 回収漏れが無いように、場所を明確する。表示も忘れない。

14.トラップの集中捕獲は、むしろ警戒心を高める可能性がある。

15.クマネズミに問題になっている場合、外周のBOXにはベイト剤を入れる。

16.外周部にドングリなどの種子・果実類が落ちている場合は、

 そ穴の調査を行い、怪しい穴が発見されたらベイト剤を投薬しておく。

17.対象の工場だけではなく、敷地内にある建物はすべて調査する。

18.外壁にパレットや登りやすい不要物などは置かないようにしてもらう。

19.捕獲された際は、雌雄の判定を行う。

20.調査と捕獲をバラバラに行わず、最初は調査を徹底的に行ったうえ、

 施工方法の計画を立てるようにする。

21.コンプレッサーなどのいざとなったら隠れやすいBOX内には

 巻き込み事故が無いことを確認して、トラップを設置する。

22.シャッターや扉に隙間が生じていないか確認をする。

23.製品や原料などの容器が赤い紙袋であったり、

 もしくは赤テープが付いている場合は齧られないように用心する。

 

他にもございますが、TPOで方策を検討して、

建物内で被害が起こらないように努めていきます。

 

ネズミにお悩みのお客さまは、こちらまで ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

1度もクレームの無いネズミハンターが出陣

2016-12-08

本日は、京都市南区、左京区、滋賀県大津市、守山市、

彦根市、高島市、東近江市、八日市市、栗東市の

ネズミ駆除、ゴキブリ駆除、異物混入防止支援、殺菌消臭に

お伺いしました。

 

一般宅のお客さまから

クマネズミ駆除のご依頼が殺到しています。

今回は、嬉しい口コミからのご紹介でありました。

 

この時期は、外部から家ネズミと呼ばれる3種

クマネズミ・ドブネズミ・ハツカネズミが土足で侵入して来ます。

屋根裏も断熱材が無い所や床下は寒いので、

2階建てのお家の場合は、断熱材が敷いてある

2階の屋根裏もしくは、2階に居室が無い1階の屋根裏に

集まってきます。

 

居住空間に降りてくる状況の場合は、

まずは、その状況を打破しないと、怖くて寝られませんし、

物音1つが全てネズミに感じてしまい

 

ごっついストレスになります。

 

重症化の場合は妄想症に陥り、健康被害になり、

そして写真のように、お菓子は食べられ、ふすまは齧られ、

屋根裏は糞害に、電化製品やラック棚など走り回られて、

経済被害にもなります。

 

さて一般宅の侵入経路の1つとして、

よく見落としになるのは、勝手口の下です。

 

クマネズミの場合は、

屋根裏から来ることが多いので、上ばかり見てしまいます。

この勝手口は、意外と盲点になりがちなので、

真壁工法(柱や梁が見えるお家)のお家にお住まいの方は、

1度確認してくださいね。

 

次回もクマネズミ駆除のお話です。

作業終了間際に、思わぬ出来事がございました。

 

美鈴環境サービスでは、

最初の見積もり以降は、絶対に追加料金は取りません。

「困った」時は、まずはお問い合わせください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%8d%e3%82%ba%e3%83%9f%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e8%a2%ab%e5%ae%b3%e3%81%8a%e8%8f%93%e5%ad%90 %e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%8d%e3%82%ba%e3%83%9f%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e8%a2%ab%e5%ae%b3%e6%9f%b1 %e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%8d%e3%82%ba%e3%83%9f%e5%a4%a9%e4%ba%95%e8%a3%8f%e3%83%88%e3%82%a4%e3%83%ac %e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%8d%e3%82%ba%e3%83%9f%e9%9b%bb%e5%8c%96%e8%a3%bd%e5%93%81%e5%a4%a7%e5%a5%bd%e3%81%8d%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%b3%ef%bc%91 %e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%8d%e3%82%ba%e3%83%9f%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e6%a3%9a%e5%a4%a7%e5%a5%bd%e3%81%8d%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%b3%ef%bc%92 %e5%8b%9d%e6%89%8b%e5%8f%a3%e4%b8%8b%e3%81%ab%e3%81%94%e7%94%a8%e5%bf%83%ef%bc%91 %e5%8b%9d%e6%89%8b%e5%8f%a3%e4%b8%8b%e3%81%ab%e3%81%94%e7%94%a8%e5%bf%83%ef%bc%92

 

 

 

 

小動物が持ち込む高病原性鳥インフルエンザ

2016-11-30

本日は、滋賀県守山市、彦根市、長浜市、八日市市、

東近江市、愛知郡、近江八幡市、京都府京田辺市の

生前整理、遺品整理、ネズミ駆除、異物混入防止支援、

ゴキブリ駆除にお伺いしました。

 

一昨日28日に青森市の農場と新潟県関川村で

鳥インフルエンザの陽性反応が出ました。

青森市内の農場で、フランス料理などの高級食材として

使われるフランス鴨10羽が死んでいるのが見つかり、

毒性の強い高病原性の鳥インフルエンザ

確認したと発表されました。

 

鳥インフルエンザの詳細はこちらへ ↓

http://misuzu-eco.com/?p=3484

 

家禽(かきん)では、今冬、全国で初めてであります。

青森県は、この農場で飼育されている全ての鳥類を

殺処分されます。

その中でフランス鴨は約1万6500羽と報告されましたが、

実際は、1万8360羽に上りました。(28日夜に終了)

県は家畜伝染病予防法に基づき、

殺処分以外にも、周辺の農場に鳥や卵の

移動制限や搬出制限の措置を取る方針。

 

また、新潟県につきましては、40羽が死んでおり、

昨日の29日も殺処分や防疫措置を続行されています。

殺処分は、約31万羽になるようです。

 

他にも、野鳥の感染は、28日までに

秋田市でコクチョウ、盛岡市でオオハクチョウ、

鹿児島県出水市で、ナベヅルなど、

全国4か所で計19件が確認されています。

ウイルスの型は、いずれも

『H5N6亜型』で監視体制も最も高いレベル3に

引き上げられました。

 

農水省からは、

野鳥や野鳥の糞を踏むなどした小動物が、

農場に持ち込む危険性が高いとして、

防止策の徹底を都道府県に呼びかけられています。

——読売新聞・日本経済新聞より——

 

小動物は、この時期

建物に侵入してきますので、要注意です。

感染した鳥類と接触して、大量に糞を吸い込んだり、

加熱不十分な内臓を食してしまうと、

人も感染することがあるので注意してください。

 

 

「小動物で困った」を感じましたら、

美鈴の便利屋ケンちゃんはこちらまで

http://mirais-net.shop-pro.jp/?mode=f30

糸を探そう

2016-07-03

本日は、福井県三方上中群若狭町、

滋賀県高島市、栗東市、甲賀市、東近江市

京都市八幡市の害虫駆除・ネズミ駆除・異物混入対策に訪問しています。

この時期は、ゴキブリ、ムカデ、ヤスデなどの害虫に加え、

ネズミなどの害獣の問い合わせも多くなります。

 

そして、

乾燥加工食品・米穀・豆類などを取り扱っている工場や

粉ものの飲食店には、さらに悩まれる害虫がいます。

 

ノシメマダラメイガ・タバコシバンムシ・コクゾウムシ・

コクヌストモドキ・ヒラタムシなどの

食品害虫、もしくは貯穀害虫と呼ばれるものです。

 

彼らは、7月から目に見えて増えるので、要注意です。

彼らの発生源は、

粉のたまりなどの清掃不足箇所に多く、

プロ業者でも彼らを見つけ出すのは非常に困難だといわれています。

それは日常清掃では行き届かない所ばかりに潜んでおり、

高所の鉄骨上や2重壁の中、精密機器の内部、

ダクト内、上下コンベア内などの簡単に点検出来ない箇所が多いためです。

 

特にシバンムシメイガは、

一般家庭でも普通に侵入するので、

外部からシャットアウトするのはかなり難しいです。

 

そんな彼らが内部発生した時に

駆除するポイントは、

 

幼虫が食物を包んだりするために吐く

糸を探すことです。

クモの巣のような白い糸が張っているので、生息調査の目安になります。

その周辺を殺虫剤に頼らず、念入りに清掃してください。

 

また、これらの食品害虫に対しては、

調査するための専用の誘引トラップ

ニューセリコ・シンラインと呼ばれるものがあります。

ちなみに、バラ売り美鈴から購入されたい方は、

こちらからお問い合わせください。

https://secure.shop-pro.jp/?mode=inq&shop_id=PA01351782

 

このトラップは、雄をターゲットに捕獲するもので、

雌は誘引されないところがプロの悩むところ

該当する工場などでは必ず設置して頂きたいものです。

 

しかし、設置する時に注意して欲しいのは、

重要区域内にはトラップを仕掛けないことです。

別名フェロモントラップと呼ばれる優れもので、

誘引力が非常に高いので正しい使い方しないといけません。

 

従って、混入する可能性のある場所からは

経験上8m程度は離した方が良いと思われます。

一度彼らが大発生してしまうと、

機械の分解清掃や高所清掃、ダクト内清掃などといった

冒頭に述べた箇所のハード清掃を講じなければなりません。

そのためにも日常から、食品害虫を予防するための

 

清掃実施カレンダー

を作成しておいた方が良いでしょう。

 

粉のたまりやすいポイントは、

分担して取り組めるようなマップが必要と考えます。

粉は新しいものではなく、

古いものが発生ポイントである点も覚えておきましょう。

 

● 異物混入防止のインスペクション(環境調査)

● 一般家庭の年間管理契約は、

こちらからお問い合わせください

遠方の場合もご相談ください。

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

01糸を探せ① 01糸を探せ② 01糸を探せ③ 01糸を探せ④

ヤスデ注意報

2016-07-01

雨上がりに決したい駆除

それは、

 

ヤスデ、アリ、ダンゴムシ

 

などの土壌生息虫対策

 

ゲリラ的に大発生するので、要注意です。

本日、早速ヤスデが群れをなして現れました。

壁へ向かって歩いて行き、

あるものは、群れた状態で休憩。

あるものは、壁をどんどん上っていきます。

 

飲食店の外壁などでこの状態が起こると、

間違いなくお客さまは、

 

不快な気持ち

 

になります。

 

駆除のコツは、

卵がある土の中10cmまで

薬剤を浸透させることです。

 

応急的な場合は、

で下に落としてください。

驚くと丸まる性質があるので、

ホウキとチリトリで回収してください。

ゴミ袋に入れて、スプレー式の殺虫剤で駆除してください。

身体は弱いので、すぐに駆除できます。

 

また、身の危険を感じた時は、

青酸を含んだ猛毒液を放出するので、

くれぐれも素手では触れないようにしてください。

 

● 異物混入防止のインスペクション(環境調査)

● 一般家庭の年間管理契約は、

こちらからお問い合わせください

遠方の場合もご相談ください。

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

ヤスデのプロフィールはこちら

http://misuzu-eco.com/?page_id=837

 

ヤスデ ヤスデ顔1 ヤスデ顔2 ヤスデ顔3 ヤスデ群れ1 ヤスデ群れ2 ヤスデ群れ3 ヤスデ群れアップ ヤスデ対 ヤスデ倍脚アップ ヤスデ尾アップ

 

今が旬!昆虫研究室よりご報告

2016-06-26

今が旬

未開封商品でも侵入する食品害虫で、

1頭の雌で200~300個の卵を産むかなりの厄介者

 

ノシメマダラメイガ

 

着物の熨斗(のし)の模様部分が灰白色

卵は、0.4mm内外と、粉ものでは、

ほぼ見つけられない乳白色

詳しくはこちらです ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=687

 

ノシメマダラメイガ① ノシメマダラメイガ② ノシメマダラメイガ③ ノシメマダラメイガ④ ノシメマダラメイガ⑤

プロの眼力は凄い

2016-04-27

屋根裏をドタバタ走り回る音のせいで、

 

寝られない、うるさい

 

など私たちに不快聴覚な健康被害を及ぼす害獣イタチ。

彼らを防除する時の大まかな手順は、

 

①    生息調査(生息確認)

②    追い出し作業

③    開口部閉鎖

④    生息調査(収束確認)

 

となります。追い出し後や捕獲後は、

新たな侵入を許さないためにも、

速やかに3センチ四方の侵入可能となる

開口部を閉塞していくことになります。

 

この閉塞作業はまさに工事です。

では工事だったらということで、工務店の方にお願いされる方もあります。

しかし、小動物の閉塞工事は、

ターゲットの生態知識を持っていないと出来ないので、

防獣工事という別の工事となります。

顔見知りの工務店に依頼されても失敗することが多々ありますし、

実際に「工務店の方に穴を埋めてもらったんだけど・・・」

というパターンが多いのが事実です。

 

イタチ専門業者は、現在の侵入経路を見破ります。

 

そしてあらゆる部材を使って、

そのターゲットが侵入しないように閉塞していきます。

それを探る眼力や、部材の選択は経験者の成せる技なのです。

写真のような足跡や爪のひっかき傷も経験が浅いと難しいものなので、

お困りの際はイタチの専門業者に依頼されることをおすすめします。

02プロの眼力は凄い① 02プロの眼力は凄い② 02プロの眼力は凄い③ 02プロの眼力は凄い④ 02プロの眼力は凄い⑤

油揚げを付けるテクニック

2016-01-20

こんばんは。

惣菜関係のお客様で、クマネズミによる被害があるところは、

油揚げをエサに使うことが多いです。

昨日、美味しい油の部分(ふち)だけを

綺麗に食べられている画像を公開しました。

写真のように捕獲カゴに付ける際にも、油の部分が見えるようにすると良いです。

豆の中でも最も大好物な大豆で出来ているのが油揚げです。

 

しかし、捕獲作戦を行う際には

必ず、その現場で1番被害に合っているものを選択して下さい。

油揚げをよく食べたからといって、

さつまいもの被害しかないスーパーマーケットでは、見向きもしてくれません。

それは、なわばり内に、いつもは存在しないものが現れると、

異物反応というものを起こして警戒するからです。

 

クマネズミが普段食べているものと、

全く姿形違う毒エサを使って食べさせるという行為は、非常に難しいことですが、

レベルの高いプロ業者は、それをいとも簡単にやってのけます。

尚、捕獲カゴを使う際には、必ずワナの作動チェックを行いましょう。

ネズミが入る前に扉が閉まったり、食べても扉が閉まらなかったり

なんてことがあると最悪の結果になります。

さらに最悪なのは、ネズミの目の前で扉が閉まることです。

簡単に閉まるようにと、引き金を甘くしてしまうと、

ネズミがカゴに乗った時やしっぽが触れた時に「ガシャーン」と閉まります。

そうなると、その音に恐怖を覚え、2度と入ってくれないでしょう。

 

ということで、捕獲カゴを設置する際は、引き金はしっかりと設置して、

ワナであるエサを手で持って

しっかり食べてくれるように付ける工夫をしましょう。

10餌の付け方にも一工夫

« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ