滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘環境経営’

貴方のお家を防虫効果のあるヒノキ仕様に変身させてみせます

2017-06-27

本日の弊社は、京都府京田辺市、京都市中京区、上京区、

滋賀県大津市、近江八幡市、東近江市、野洲市、愛知郡、

甲賀市の生前相談、アメリカシロヒトリ駆除、セアカゴケグモ駆除、

ゴキブリ対策、ダニ防除、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

今日、私にとって恩師である先生が

「亡くなった」との訃報を受け、ショックが隠しきれず、

ただただ驚くばかりの美鈴環境の鈴木です。

 

私が、恩師のために出来ることは、

環境保全に取り組み続けることです。

広義なワードである環境に対し、常に弱者の味方になり、

安全・安心・安定の仕事をしていく所存であります。

「先生。ゆっくり休んでください。心より、ご冥福をお祈りします。」

 

今日は、窓ガラスを防虫効果のある

ヒノキに変身させる仕事をしてきました。

弊社愛用の新防虫忌避剤は、国産のヒノキ科である

ヒバ・ヒノキ・スギを抽出させたものを使用しています。

化学物質を使用しない、まさに環境にやさしい忌避剤です。

 

窓ガラスや外壁などに散布すると、

クモや蚊などが寄りにくくなります。

さらに、皆さんが苦手なゴキブリも

実験結果により避けて歩くことが証明されています。

 

注意しないといけないことは、薬剤による変色です。

油性なので、見積もり段階の時に、

隅っこで実験させて頂きますが、ほとんど大丈夫です。

 

というわけで、

マンションや一戸建てのベランダで、

防虫ネットが付けられない理由がある方は、

窓ガラスや壁を防虫効果のある

ヒノキ科に変身させることができますので、

ご連絡頂けたらと思います。

 

ただいま、キャンペーン中で、

ご成約のお客さまに限り、

「ブログを見た」で、安心シートをプレゼントしております。

安心シートの詳細はこちらです ↓

http://mirais.misuzu-eco.com/?page_id=94#anshinseat_banner

安心シート

 

窓ガラスや壁をヒノキに変身させたい方は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

防虫忌避剤でヒノキに変える

街はゴミ箱じゃない1

2017-02-13

本日は、大阪府豊中市、京都市東山区、京都府城陽市、

滋賀県守山市、栗東市、甲賀市、湖南市、蒲生郡の

床下清掃、シロアリ駆除、ネズミ駆除、ゴキブリ駆除、

隙間埋め作業、異物混入防止にお伺いしました。

 

環境保全のために始めたゴミ拾い。

情けないことに、いろんなゴミが落ちています。

毎日のように植え込みの足元に隠されている

ワンカップの空瓶。間違いなく同一犯の仕業です。

他にも、定番の空き缶。

そしてレアゴミ?と呼んでいいのか分かりませんが、

パンツもありました。

 

知能面ですでに人間を上回っている

人工知能、AI(artificial intelligence)。

この先、正義の見方と称してAIを使い、

モラルの無い人間を排除する悪い人間も現れるかもしれません。

AI自身が起こすのではなく、

AIを使って戦争や犯罪などを起こす

人間が現れることを懸念されているのです。

 

せめて人間らしく、

悪いと分かっていて行うことは止めて欲しいですよね。

かたづけの仕事で言うと、不法投棄です。

 

「遺品整理・生前整理」 は、

ぜひ環境マネジメントシステムに力を入れている当社まで

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

隠すワンカップ2 隠すワンカップ1 植え込みにパンツ 草むらに隠すゴミ

ライトトラップの捕虫紙回収時に起こる危険

2017-01-30

本日は、滋賀県彦根市、近江八幡市、草津市、京都市山科区、東山区の

ゴキブリ駆除、ネズミ駆除、異物混入防止支援にお伺いしました。

 

ライトトラップの捕虫紙交換をする際に、

気をつけないといけない項目に、剥離紙の回収漏れがあります。

では、どうすればこの剥離紙を現場に忘れないで済むかを考えてみたいと思います。

 

1.剥離紙を床に置かない

 必ずカゴを持参し、一旦カゴに入れるように全社員に教育します。

 仮に空調の風が当たっても、床に置いているよりは、

 飛んでいく危険度は下がりますし、何より忘れることはありません。

 

2.剥離紙は、ごみ袋に入れます

 カゴに入れた剥離紙を直ちに、ごみ袋に入れます。

 交換したテープも含めて入れるとカゴの中が少しずつスッキリしてきます。

 ということは、落とすリスクも低下していきます。

 しかし、ごみ袋をラインに巻き込んだり、床の異物を付着させたりして

 トラブルが発生するような清浄度の高い現場は、別の入れものを用意

 した方が良いでしょう。

 絶対にやっては、いけない行為は

 腰袋に突っ込む行為です。

 

3.その場から離れる際に指差呼称をする

 これを行えば、間違いないでしょう。

 クセを付ければ何ともないことですが、これを教育するのが、

 また難しいものです。何度言っても分からない人がいます。

 そんな人ほど、部下に偉そうに指導します。

 こういう人材の中の人罪は早く見つけて、

 ペナルティを与えるようにしましょう。

 

いつもトラブルと背中合わせで、現場では作業をしなくてはいけない

異物混入防止を支援する立場の方々。

第六感を鍛えて、健康第一で仕事に挑みましょう。

 

「異物混入」 にお悩みの企業さまは、こちらまで

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

剥離紙忘れ物防止

節電9か条

2017-01-26

本日は、滋賀県彦根市、長浜市、八日市市、近江八幡市、

京都市中京区、右京区の雪かき、異物混入防止、ネズミ駆除に

お伺いしました。

 

今日はエアコンの上手な使い方についてお話します。

寒い日が続くとつい高設定にしてしまいがちですが、

これは、落とし穴。19度か20度でも十分暖が取れるのです。

 

① 自動運転に設定

 微風や弱は、

 設定温度になるまでの時間を要するのでNGです。

 

② 風向きは下方に設定

 暖かい空気は上にたまるので、足元に設定します。

 

③ フィルター清掃をこまめに行う

 目詰まりすると、暖まるまでの時間を要します。

 月に2回は、フィルター清掃をしましょう。

 

④ 窓に工夫をする

 エアーキャップ(プチプチ)を窓に貼るなどしましょう。

 カーテンは冬用にして、床までの長さにしましょう。

 

⑤ 室外機の前に物を置かない

 夏場も同じですが、空気の入りが悪くなります。

 植木鉢や植物は移動させましょう。

 

⑥ 電源のオンオフをこまめにしない

 車のエンジンをかける時にエアコンをオフにしておかないと

 必要以上のパワーを要するのと同じで、電力消費がかさみます。

 

⑦ 加湿器で体感温度を上げる

 湿度を60%くらいにしましょう。インフルエンザ対策にもなります。

 

⑧ 関節などの露出を防ぐ

 首・足首・手首を防寒すると、かなり変わります。

 

⑨ 外出や就寝時の30分前にスイッチを切りましょう

 エアコンの羽根を下方にしておけば、

 すぐに寒くなることはありません。

 

皆さん、設定温度1度下げると、

電気代が10%削減することができます。

ECOはいいこと。

誰もができる温室効果ガス削減の取り組みなので、

ぜひともやってください。

(一部、日本経済新聞引用)

————————————————————-

 

いよいよ、27日の深夜0時25分

NMBとまなぶくんが放映されます。

当社が提供したアレが出演します。

楽しみです。

 

「困った」 を感じましたら、こちらまで

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

従業員教育の盲点教えます

2017-01-08

本日は、京都府八幡市、船井郡、

福井県三方上中郡、滋賀県高島市の

異物混入対策、ネズミ駆除、ゴキブリ駆除に

お伺いしました。

 

「失敗は成功の素」

と言って、同じ失敗を2度以上する人は、

問題を検討しない方が多いです。

 

だから普通は、

失敗をしないためにはどうすれば良いのかを教育します。

しかし、これだけでは足りないのです。盲点があるのです。

 

それは、教える側が、その人の生まれ持った

基本的性格を理解しない ということです。

実は、この人間性の問題がかなりウェートを占めているのです。

自由人・遊び好き・無邪気・子供っぽさが残るといった

明るさと表現力が持ち味のこういう方は、

 

失敗するまでは楽観的なので、

失敗してから深く悩み込みます。

 

ですから、仕事モード専用の性格改善を指導する必要があります。

 

そして、こういう方は慣れてくると、

仕事を他人に押し付けやすい性格も出てくるので、

理解しておかなければなりません。

でも、場を明るくしてくれたり、笑わしてもくれますので、

感謝しなくてはいけません。

人は笑うと、ウイルスやガン細胞に抵抗する

ナチュラルキラー細胞が活性化させるのです。

いろんなタイプの従業員がいるほど、

会社は大変と思われがちですが、

実はに溢れるので、レベルの高い企業になります。

 

さて、再発防止と予防処置を考えた

真因究明が出来ないと、必ずと言っていいほど、

同じ失敗を繰り返すのですが、


「なぜ忘れ物をしたのか?」


これを考えて行動を起こすことが出来れば、

たいていの人は失敗が減ります。

そして、失敗しやすい場面を知っておく必要もあります。

今回は、忘れ物で例えてみます。

 

・会話がはずんでいるとき

・物をチョイ置きしたとき

・移動をする瞬間

・身や心が急いでいるとき

・2人以上で仕事をしているとき

 

このような場面です。役者さんは、セリフは覚えるが、

忘れ物をする人が多いと言います。

おそらく上の5つが多く含まれているのだと思います。

しかし、異物混入を防ぐために仕事をしている当社は、

場合によっては契約を打ち切られる可能性があるのです。


そしてこの場合、もう1つ大切なことがあります。

それは、落し物をしない ということです。

落し物こそ、真因究明が大切です。


忘れ物や落し物。そして失敗。


たかが忘れ物も五感を働かせ、

場合によっては手足も使い、

阻止しなければならないほど難しいことなのです。

これらを起こさないことも、組織としての成長になり、

立派な利益につながりますので、ぜひ実践してみてください。

 

そして、従業員教育をする担当の方は、

その方の人間性も理解して、

仕事をする時は、性格を変える必要があることをお話しましょう。

 


従業員教育にお困りな方は、

便利屋ケンちゃんまで、ご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

まだまだ勢い止まらない広島旋風

2017-01-06

本日は、京都府久世郡、京都市南区、

滋賀県彦根市、守山市、愛知郡、大津市の

異物混入防止対策、ネズミ駆除、特殊清掃に

お伺いしました。

 

滋賀県民にとっても明るいニュースが飛び込んできました。

琵琶湖の赤潮もこれで対策できるのでしょうか?

まだまだ、広島旋風が巻き起こる!

日本経済新聞より明るい記事を引用しました。

 

—————————————————-

海底の泥に含まれるウイルスを使い、

赤潮の原因となるプランクトンをほぼ死滅させる実験に、

国立研究開発法人水産研究・教育機構

「瀬戸内海区水産研究所」

(広島県廿日市市:はつかいちし)が成功した。

 

実用化されれば、

赤潮による養殖カキなどの大量死被害を

防ぐことが期待される。

 

同研究所は、

赤潮が発生する海域の海底の泥などに含まれる

 

HcRNAV

 

というウイルスに着目。

赤潮発生の原因の一つで、二枚貝に被害を及ぼすとされる

プランクトン

「ヘテロカプサ・サーキュラリスカーマ」

を死滅させる効力がある。

 

同研究所の主任研究員、中山奈津子さんは、

ウイルスを含む泥を採取し海にまけば、

赤潮の進行を防ぐことができると指摘。

 

「実際の海域では泥も拡散するので、まき方の工夫が必要。

少しでも早く実用化できるようにしたい」

と話す。

※日本経済新聞より引用

—————————————————–

トランプではなくオセロゲーム!いやトランプゲーム

2017-01-05

本日から、2017年本格始動でございます。

滋賀県守山市、近江八幡市、栗東市、草津市の

異物混入防止対策、ネズミ駆除にお伺いしました。

 

今日のブログは、2017年の11月にドイツで大荒れとなった

第23回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP23)

について、日本経済新聞より一部引用で

情報提供させて頂きたいと思います。

 

——————————————————————-

さて、中国と並ぶ温室効果ガスの

二大排出国である米国は、

会議で、途上国を支援する基金への資金拠出を拒み、

各国が猛反発するといった事態を発生させました。

 

米国の次期大統領

ドナルド・トランプ氏は選挙期間中に、

「パリ協定を離脱して、

国連の温暖化プログラムへの資金拠出も止める」

と主張していました。

 

このトランプ氏は、

温暖化対策には後ろ向きに取れる姿勢があり、

エネルギー長官に就任するリック・ペリー氏は、

米エネルギー省廃止を訴えていた人物。

そして、米環境保護局(EPA)長官に起用される

オクラホマ州司法長官のスコット・プルイット氏は、

オバマ政権下でEPAが進めてきた環境規制に

異議を唱えてきた人物であるのです。

 

まさに、白から黒に入れ替わる

オセロゲーム状態です。

 

人も政策も激しく入れ替わります。

しかし、そんな中、追い風を受ける業界があるといいます。

それはガスや石油業界。

トランプ氏は、シェールガス・オイルの採掘規制の撤廃や、

連邦政府保有地でのエネルギー生産の

暫定停止の解除を掲げているのですが、

なんと、これは資源調達を輸入に頼る

日本の電力・ガス会社にとって、

米国からの輸入増加は、調達先の分散につながり

朗報と言われているのです。

 

これは、トランプ氏の大逆転劇?

 

このシェールガスの復権が

意図せぬ効果を生むかもしれないのです。

温室効果ガスの排出量が多い石炭火力から

少ない天然ガスへの移行が進めば、

結果的に米国の温室効果ガスの排出量が

減ることにつながるのです。

 

2005年から2014年の間に、

約5億トンという主要国の中では、

突出した温暖化ガスの排出削減を達成した実績を持つ国。

このトランプ氏の国内エネルギー開発案は、

目の敵とするパリ協定の目標実現を

後押しする結果になるのかもしれないのです。

※日本経済新聞より一部引用

————————————————————-

 

当社的には、製造業の中核的存在である

自動車産業を標的にしている問題。

これは、非常に気になるところですが、

この持って生まれた天才気質?

トランプゲームから目を離せないのも事実であります。

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ