滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘滋賀・京都の異物混入防止’

早かれ遅かれ廃業になる食品工場とは

2017-09-26

本日の弊社は、京都府京田辺市、京都市上京区、南区、

滋賀県彦根市、守山市、湖南市、草津市の

生前相談、ネコノミ調査、ネズミ駆除、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

神奈川県に次いで、

福岡県、岐阜県と学校給食に問題が起こってる件に

怒っている美鈴環境の鈴木です。

この国を守っていかなければならない若者に対して、

何ということでしょうか?

世の中がひどく荒んでいるではありませんか。

国のトップが、もっと陽の力を注ぎ、

攻めを見せて欲しいものです。

 

しかし、なぜ異物混入に対して、

そんなにずさんなのでしょうか?

 

なぜなら、この国が元々は、

異物に対しての意識が薄かったからです。

当然、異物混入対策を想定した建築物構造であったり、

衛生管理システムの導入などは、ありませんでした。

 

異物混入が起こっても、

丁寧に謝罪をすれば、その会社のファン度が

さらにアップするといった国もありますが、

 

この国は違います

 

異物が入っていると、その会社の信用はなくなり、

小売り業は、その会社の陳列棚を無くす場合もあるのです。

新聞での謝罪も、大手企業ほど大きな枠でないと

信ぴょう性がないので、費用がかかります。

 

このような事態を起こさないために、

どこの食品工場も第三者の力もお借りして、

日々取り組んでおられるのですが、

 

中には、売上にしか目がいかなくなり、

清掃にも時間をとらず、製造し続ける会社もあります。

このような会社は、経営的に苦しくなると、

経費削減も製造に直接かかわりのない

衛生管理から削減していかれますので、

さらに、異物混入度はアップします。

 

というわけで、

このような会社は、早かれ遅かれ、必ず廃業します。

異物混入に対しては、足元からで良いので、

必ず取り組み、そして開示をしてください。

海外も、日本のように少しずつ異物混入に対して

厳しくなってきます。

経営の大切な一角として、

品質管理に経費を今よりもかけることをおすすめします。

 

滋賀・京都の異物混入対策は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

外に落ちているドングリに注意

2017-09-25

本日の弊社は、京都府相楽郡精華町、京都市東山区、山科区、

滋賀県彦根市、高島市、東近江市、甲賀市、大津市の

スズメバチ駆除、コウモリ点検、クマネズミ駆除、

チャタテムシ相談、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

殺人生物ランキングの第4位にちょっとビックリしている

美鈴環境の鈴木です。

1位は、皆さんご存じだと思いますが、

蚊で72万5000人。

 

2位は、人間で47万5000人。

3位は、今日もお問い合わせがあったヘビで5万人。

5位は、ハエで1万人でした。

 

さて第4位は、何だと思いますか?

正解は、なんと!!

 

 

なんです。2万5000人ともいわれています。

そして、犬の持っているあるウイルスに感染すると、

ほぼ100%死ぬといわれています。

それは、狂犬病です。

水を飲んだら激痛が走る狂水症に罹るとさらに危険です。

日本では半世紀発症ゼロという素晴らしい結果ですが、

外国との交流が盛んな今般では、安心はしていられませんね。

 

さて今日は、ヘビやコウモリ、チャタテムシ、クマネズミに

困られているお客さまからのお問い合わせが殺到でした。

対応出来なかったお客様申し訳ございませんでしたm(__)m

 

中でも、クマネズミが屋根裏に潜んでいるということで、

空洞部に細ノズルで追い出しスプレー

を噴射し、追い出しました。

 

そろそろ、クマネズミのオスの活動が活発になってきます。

外部に通じる扉に隙間が有る場合などは、

早急に閉塞する必要があります。

食品工場では、排気ダクトの周辺で、

いいニオイがする場合は、

外周部に捕獲器などを講じる必要性があります。

 

というわけで、

秋になると、ヘビ・クマネズミ・イタチなどの小動物も、

人間と同じで、食欲の秋に入ります。

というより、人間は食べる欲が高まり、

小動物は、冬を越すために食い溜めを試みます。

特に、クマネズミの場合は、外にドングリの実が落ちていたりすると、

食べにやって来ますので、食品工場などにお勤めの方は、

外に木の実が落ちていないかチェックしてください。

落ちていたら、外周のネズミ防除に力を入れることをおすすめします。

 

ネズミ駆除、異物混入防止のお手伝いは、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

異物混入防止支援は、

作業ではなく、混入防止の調査です。

お気軽にお問い合わせください。

 

クマネズミ追い出し

異物混入防止対策の危険予知

2017-09-24

本日の弊社は、滋賀県東近江市、湖南市、大津市の

防虫忌避施工、ケムシ駆除、コバエ駆除、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

人が食べていたら、無性に欲しくなる

日清焼そばU.F.OのUFOが、

うまい・太い・大きい

ということを初めて知った美鈴環境の鈴木です。

 

突然ですが、食品工場・医薬品工場で品質管理をされている方。

異物混入の危険予知活動をされていますか?

もしくは、委託していますか?

 

異物混入は、しっかりと活動すれば防げるものであります。

例えば、毛髪であれば、

服装・頭巾・靴・手袋などの選定も大切ですが、

エアシャワーやローラー掛けの状況と設置場所、

毛髪落下危険区域の設定とゾーン分け、

そして落下毛髪のモニタリングなど。

やることはいっぱいあります。

 

私が得意としている虫混入防止では、

正しい防虫活動が出来ているか?がポイントになります。

 

例えば、ホシチョウバエの発生場所である

排水ピットAというポイントがあると仮定します。

その横に、充填ラインがあります。

その隣に、定点監視用の直置きトラップ1番があるとします。

(状況的には、真ん中に充填ラインがあります)

 

このトラップ1番に、ホシチョウバエがたくさん捕獲されていたら、

充填ラインAは、

ホシチョウバエの混入危険度100%であるということを、

真っ先に感じ取れるかということなのです。

「発生場所から充填ラインをまたいで、トラップ1番に捕まっている」

と瞬時に感じる力が必要なのです。

 

そこで、初めて対策を練り、行動に起こすのです。

これをスピード化させないと、

危険度100%が、混入率100%に変わってきます。

これは、混入防止のお手伝いとしては1番やさしい類です。

これが、外部状況や建物の構造なども

考慮しなければならない場面もあるわけです。

 

というわけで、

異物混入を防ぐには、

まず、感じて、そして思い、考え、

最後に行動することをおすすめします。

そして、自社で異物混入防止活動するのは当然ですが、

第三者に委託するのも、エンドユーザーにとっては

信頼性が高まるので、合わせておすすめします。

 

異物混入防止のお手伝いは、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

作業ではなく、混入防止の調査です。

お気軽にお問い合わせください。

異物混入防止対策のお手伝いをします

2017-09-16

本日の弊社は、京都市左京区、

滋賀県東近江市、守山市、近江八幡市、大津市の

コバエ駆除、コナダニ駆除、コウモリ調査、ゴキブリ駆除、

異物混入防止対策にお伺いしました。

 

異物混入を防ぐコンサルタントを

最も得意としている美鈴環境の鈴木です。

 

こんなニュースが飛び出しましたのをご存じでしょうか。

(以下、読売新聞抜粋)

神奈川県大磯町が業者に委託している

町立中学校2校の学校給食で、

昨年2016年1月以降、虫や毛髪、ビニール片などの異物が

計100回見つかっていたことが町の調査で分かったとのことです。

 

給食を巡っては、以前から

「味や見た目が悪い」

などの声が相次ぎ、多い時で半分以上が食べ残される

異常事態が続いていたそうです。

町は、この異物混入も食べ残しの一因とみて、

対応策を検討しているとの報告であります。

——————————————————–

 

食の安全・安心などという言葉は、

今般、常識であるはずなのに、

とんでもない事態であると私は思います。

 

異物混入を防ぐという取り組みは、

経営資源のほんの一角に過ぎないとお分かりでしょうか。

取り組まない理由は、

① 経営的に問題がある

② 異物混入防止に対して、お金をかけるのがもったいない

このどちらかであります。

私もたくさんの会社を見ていますが、どちらかなのです。

 

では、経営体力の無い会社は、

異物混入は仕方ないのでしょうか?

いえ、決してそうでは無いと考えています。

高額な費用をかけなくても

こんなひどい状態にならないようにすることができるはずです。

 

例えば、従業員の教育です。

異物混入に対して、経営陣が教育をするのです。

簡単なようで難しいことですが、

絶対に、手を抜いてはいけないところなのです。

 

というわけで、

中小・小規模事業者の場合は、

ソフト面・ヒューマン面に力を注ぎ、

自社の経営体力を把握し、経営で大切な項目だと認識し、

出来る限りの範囲で行動することをおすすめします。

 

私も、お客さまのところへ訪問した時、

1番最初に把握するのが、この部分であります。

どのお客様に対しても、費用のかかることばかり提案するのは、

論外であります。

そして、コンサルタントというのは、

正解を教えるものではありません。

正解を自らがしぼり出せる会社に育てるお手伝いをするものです。

 

ところが、大企業の場合はちょっと違います。

もし中小企業と同じ間隔で、コンサルすると

最悪の場合は契約を打ち切られます。

なぜなら、インフラ整備に力を入れることが可能なのに、

遠回りをしてしまい、無駄な投資とみなされるからです。

 

どんな仕事も、人・会社の

気持ち(心)をくみ取ることが大切であることを

忘れないようにしましょう。

 

そして、

「まずは、行動を起こしなさい」

 

という言葉を出すコーチングやコンサルタントは

私は止めた方がいいと思いますね。

 

異物混入にお困りの方、

異物混入防止のコンサルタントをお探しの方は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

チャタテムシ対策は得意分野

2017-07-26

本日の弊社は、京都市山科区、右京区、北区、

滋賀県八日市市、甲賀市、東近江市、長浜市の

遺品整理、特殊清掃、殺菌消臭、ネズミ駆除、

異物混入防止対策にお伺いしました。

 

手術室や病室でチャタテムシが大発生し、

手術が38件中止になったニュースに驚きが隠せない

美鈴環境の鈴木です。

 

なぜ!?驚きが隠せないかと言うと、

手術が中止になるくらいのチャタテムシがいるということは、

清掃不良の証であり、私がお伺いしているお客様では、

まず、ありえないからです。

 

チャタテムシ対策は、

必ずモニタリングを必ず行わなければいけません。

アラート値を定め、その数を超過した場合は、

清掃強化とアルコール消毒、隙間調査を行います。

特に、食菌性昆虫を対象にした隙間閉塞作業は、

経験豊富な者でないと、難しいと考えます。

 

というわけで、

チャタテムシにお悩みの医薬品工場や病院は、

自社管理ではなく、専門家の目で見てもらうように

してください。

 

この場合の専門家というのは、

害虫駆除業者ではなく、

 

チャタテムシを対象に

コントロールされている

専門業者のことです。

 

実は、美鈴環境は、

飲料工場、医薬品工場、病院、食品工場、包材工場など

幅広い業界で、チャタテムシを防除しているので、

得意分野の1つであります。

お困りの際は、お問い合わせ頂ければ幸いです。

 

チャタテムシ対策のお問い合わせは

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

意外と知られていない重要な調査

2017-07-01

本日の弊社は、京都市左京区、伏見区、

大阪府豊中市、滋賀県東近江市のコバエ駆除、トビムシ対策、

ゴキブリ駆除、昆虫同定、殺菌消臭にお伺いしました。

 

今、新しい防虫グッズを開発中の美鈴環境の鈴木です。

この商材が完成したら、

当社の通販事業部であるMiraiS(ミライズ)で

販売しようと考えておりますので、楽しみにしていてください。

 

皆さん、かなり蒸し暑い日々が続くようになりました。

高湿度は、虫も菌を好むので、

快適な暮らしを望む人間にとっては、強敵に間違いありません。

 

定期的に訪問しているお客様では、

写真のように、誘引剤が付いていない粘着シートで、

どのような種類が生息しているかの調査をします。

設置場所は、外灯や黄色いポール、雨水配管などに

巻きつけます。

もし、我々にとって健康被害を及ぼす虫が捕獲されていたら、

シグナルライトを点灯させ、皆さんに注意を促します。

 

また、目視点検も行います。

この日は、刺咬性昆虫のムシヒキアブが10頭くらい確認されました。

その周辺には、卵や幼虫が生育できる場所がありましたので、

環境的防除(環境整備)もしくは、

化学的防除(殺虫剤など)で対策をご提案します。

 

というわけで、

食品工場などのモニタリング調査は、

工場内だけではなく、

外周部も行うことをおすすめします。

なぜかと言うと、

工場内で内部発生する虫の早期発見につながるからです。

内部発生虫というのは、突然内部で生まれるわけではなく、

元は、外部のどこかの経路を伝って入ってくるわけですから、

かなり有効な手がかりになります。

 

どのポイントで、どの虫が最も多いのか?

発生源や飛翔しているポイントが知ることが出来ますので、

現在、外部のモニタリングをされていないのであれば、

ぜひ、実施されることをおすすめします。

 

昆虫同定にお困りの方は

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

フライトラップ9番2017.6 北面ムシヒキアブ生息多い2017.6

この時期ホシチョウバエに要注意

2017-05-13

本日は、大阪市西区、京都府亀岡市、

滋賀県甲賀市、守山市、蒲生郡のトビムシ相談、

ゴキブリ駆除、ネズミ駆除、異物混入防止相談に

お伺いしました。

 

今日は、異物混入防止(虫)のお話をしたいと思います。

この時期、食品工場にとって要注意害虫の1つに

ホシチョウバエというコバエが挙げられます。

 

食品工場では、内部発生虫の類に入るこのチョウバエ類は、

気温も25度前後になると、河川や水分が含まれる畑、

そしてこの時期、水が張られる田んぼは、発生要因になります。

 

外側に面している倉庫や入出荷エリア、玄関などに

設置しているライトトラップや直置きトラップで捕獲される場合は、

 

かなり要注意です。

 

そして、この捕獲数は一部のものと考えてください。

100頭の捕獲があれば10分の1、

つまり10頭は次のエリアに侵入していると考えてください。

そのお部屋が清掃不良になっている水廻りがあれば、

卵を産み付け、内部発生してしまうのです。

さらに、ハード改善がされていない、

もしくは、ヒューマン面での意識が欠落している場合は、

10分の1はおろか、100頭以上が侵入しているケースもあるのです。

 

というわけで、この時期は内部発生するコバエ類が、

重要エリアに侵入してきますではなく、しますので、

棲ませないためにも水廻りの清掃と殺虫処理を行うようにしましょう。

 

このホシチョウバエは、

適条件で10日サイクルですから

最低10日に1度は、水廻りを清掃・ドライ化に

努めなければならないことをぜひ覚えておいてください。

 

もし、今現在防虫コンサルタントを入れているのにも関わらず、

マンネリ化している、結果報告だけ、費用のかかることばかり、

など心に思っておられる(満足されていない)お客様は、

一度ご連絡頂けたら嬉しく思います。

 

異物混入(虫)にお困りの方

はこちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

異物混入防止編 ショウジョウバエの混入を防げ3

2017-04-02

本日は、昆虫類の異物混入対策を行う食品工場などで、

ある時期になると、爆発的に増える

NO.1ニオイフェチ ショウジョウバエの第3弾

盲点となる発生箇所ついてお話します。

 

基本的に、ショウジョウバエの発生源といえば、

排水系(集水ます、埋設配管、排水溝、排水口)

そして雑草地・田んぼ・ゴミ置き場・

雑草を入れたゴミ袋の放置、飲み捨て場になります。

しかし、混入が起こるケースでは、

機械の脚回りや製造ラインの見えない部分の残さ溜まり箇所、

2重壁の中、そして床のひび割れ部分(クラック)が多くなります。

 

ある食品工場では、日常清掃では確認できていなかった

製造ラインの内部に入り込んだ残さで発生しており、

解体して初めて分かりました。

これが、防虫清掃の難しいところであります。

普通の掃除屋さんとは違い、防虫目線で考えて

掃除をしなくてはならないのです。

この防虫目線というのは、ショウジョウバエの場合であれば、

食品残さが少しでも入っていく隙間の有無を確認し、

有る場合は、解体清掃をしないといけません。

 

また、別の食品工場では、床がドライなのに、

床のひび割れ部分(クラック)から発生していました。

水場が一切無いし、残さが溜まるような箇所もないのに

なぜかライトトラップに捕まるのです。

 

この作業所は、床がドライで水分が無い

 

この固定観念大きな失敗を生みました。

 

実は、私たち施工業者が訪問していない時間に、

この床をモップで水拭きされていたのです。

微量ですが、水分と床に落ちた残さが混じり、

その中に潜り込んだショウジョウバエが産卵したのです。

これは、ライトトラップでクラック集中調査で分かりました。

 

このように、見えない部分をいかに察知して、

調査を速やかに実行できるかが大きなカギとなります。

専門業者は固定観念に捉われてはいけないことは、

重々承知なのですが、これが結構難しいので、

やはりベテラン先輩の意見交換などが重要と思います。

 

これで、ショウジョウバエの異物混入防止対策については、

終了になります。

 

「もし虫などの異物混入にお困りの場合は・・・」

20年以上さまざまな工場の異物混入防止に対して、

貢献してきた者が、今と違った新しい目で拝見させて頂きます。

(初回は無料診断) 遠方でも対応可

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

ショウジョウバエのプロフィールはこちら ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=729

異物混入防止編 ショウジョウバエの侵入を防げ2

2017-04-01

本日は、前回に引き続き、

昆虫類の異物混入対策を行う食品工場などで、

ある時期になると、爆発的に増えるNO.1ニオイフェチ

ショウジョウバエについてお話します。

 

バナナ・お酒・お酢・ジュース・チョコレート・コーヒー・野菜を

扱っている、また溶剤のニオイが強い工場は、

ショウジョウバエが好んで近寄ってくるので、

陽圧化対策がまさかのデメリットになることをお伝えしました。

 

今日は、捕獲器(トラップ類)の設置方法についてご説明します。

 

まず、ショウジョウバエの多い製造工場では、

捕獲器はどのように設置されているのでしょうか?

訪問すると、たいていセオリー通りに設置されています。

ショウジョウバエをターゲットにした

ライトトラップの設置をされているところは、少ないです。

 

経験上、設置の仕方で有効なのは、

ライトトラップ(電球は必ず飛散防止型)を地面に設置し、

その横にコバエがホイホイと直置きトラップ(ゴキブリホイホイ)を

セットする方法が良いと考えます。

(バナナの皮など工場で実質出来ないことは省く)

 

コバエがホイホイを置く理由は、

 言うまでもなくショウジョウバエ専用のトラップのためです。

 ライトトラップ・直置きトラップでも当然捕獲されますが、

 専用の捕獲器がある場合は、使用しましょう。

② 直置きトラップを置く理由は、ライトトラップを地面に置くと、

 歩行昆虫も誘引されるからです。

 特にクロゴキブリの1齢幼虫は、

 ライトトラップを併用することにより爆発的に捕獲力が上がります。

 

従って、ある特定の種が多い時は、混入が起こる前に、

そのターゲットに合わせたトラップの設置が必要と考えます。

定点専用の捕獲器以外のライトトラップを

現在、委託している業者さまから購入もしくはレンタルするなどを

おすすめします。

 

次回は、ショウジョウバエ対策の第3弾として、

盲点となる発生箇所についてお話したいと思います。

 

「異物混入に待った!」

20年以上さまざまな工場の異物混入防止に対して、

貢献してきた者が、今と違った新しい目で拝見させて頂きます。

(初回は無料診断) 遠方でも対応可

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

ショウジョウバエのプロフィールはこちら ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=729

異物混入防止編 ショウジョウバエの混入を防げ1

2017-03-31

昆虫類の異物混入対策を行う上で、

ある時期になると、1種類だけが爆発的に増える

そんな工場があります。

今日は、コバエ類の中でもNO.1ニオイフェチである

 

ショウジョウバエ

 

についてお話したいと思います。

バナナ・お酒・お酢・ジュース・チョコレート・コーヒー・野菜を

扱っている、また溶剤のニオイが強い工場は、

このショウジョウバエに悩まれていることでしょう。

 

前回、虫混入のキングであるユスリカについてお話しました。

そこで、陽圧化対策は侵入防止について究極の対策で

あることをお伝えしましたが、

 

この陽圧化が何と!

とんでもない結果に・・・。

 

これがショウジョウバエの曲者といわれるところなのです。

陽圧ということは、工場内のニオイを外に出すことになります。

ということは、ショウジョウバエの大好きなニオイを

バンバン強制的に出すわけなのです。

すると、はるか離れた場所にいるショウジョウバエたちが、

「何かいいニオイするなぁ。」

と近寄ってくるわけです。

 

もうお分かりですね。

このショウジョウバエは、

陽圧化対策がアダとなってしまうのです。

 

「でも、たとえ近寄ってきても風圧で侵入できないのでは?」

と思いますよね?

ところが意外と入って来れるのです。

脚力も強いので、歩いてでも入ります。

このショウジョウバエは、ユスリカと同じ差圧では難しく、

ユスリカよりも数十倍もの陽圧にしないといけないので、

建物にも負荷がかかってしまい、長い目で見ると、

壁などに亀裂も入りやすくなり、根本的に難しくなります。

外部から1番遠い充てん室(重要エリア)が陽圧だとすると、

外に近いエリアから入ってきたショウジョウバエは、

いくつもの部屋に設置しているライトトラップを見向きもせず

スルーして、いいニオイのする直接充てん室に向かいます。

 

このような場合は、ユスリカはゼロ管理に近いのに、

ショウジョウバエだけが捕まるということが起こりますので、

通常管理とは、少し違ったショウジョウバエだけを

ターゲットにした管理も考えていかなければならないでしょう。

 

今日は、ユスリカなどの蚊の仲間に対しては、

陽圧化対策が効果的なのに、臭いに誘引される

ショウジョウバエのようなコバエ系には逆効果だということを

お伝えしました。

次回は、ショウジョウバエ対策としてのトラップの設置方法や

盲点となる発生箇所についてお話したいと思います。

 

「異物混入に待った!」

20年以上さまざまな工場の異物混入防止に対して、

貢献してきた者が、今と違った新しい目で拝見させて頂きます。

(初回は無料診断) 遠方でも対応可

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

ショウジョウバエのプロフィールはこちら ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=729

« Older Entries Newer Entries »
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ