滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘滋賀・京都の異物混入防止’

医薬品工場の天敵

2018-10-16

本日の弊社は、福井県あわら市、京都府長岡京市、

滋賀県長浜市、彦根市、大津市、草津市、高島市の

不用品回収相談、食品工場の防虫対策、医薬品工場の

防虫対策相談にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

環境省は小売店で配布されるレジ袋について、

有料化を義務づける方針を固めたとのことです。

スーパーだけではなく、コンビニなども対象とされており、

今、東南アジアや中国の海で問題になっている

廃プラスチックの環境問題の軽減につなげたいのです。

 

レジ袋を減らして、果たしてこの深刻な環境問題に

立ち向かえるのかというと私は少し疑問を感じます。

確かに、足元から取り組む姿勢は素晴らしいものです。

しかし、日本は1年間で約150万トンのプラごみを

海外に輸出してきました。

元を辿ると、プラスチックという画期的な素材が産まれ、

量産されてから半世紀、約83億トン。

しかし、リサイクルされたのは、たったの9%で63億トンが

ごみになっているのです。

 

というわけで、

レジ袋の対策では、私見ですが

あまり結果が出ないのではないかと思います。

それよりも、廃プラスチックを宝に変える発想で

リメイクできることを考えた方が良いのではないかと思います。


 

【メインコラム】

医薬品工場では、清浄度のエリア分布がされており、

もっとも重要なクリーンエリアでは、当然のごとく

虫はゼロ管理になります。

 

ところが、モニタリングをしていると、

まれに捕獲される事態が起こってしまいます。

その虫というのが、チャタテムシ

 

このチャタテムシというやつは、

人間が棲むエリアにおいて、

中々ゼロにならない虫とされており厄介なのです。

なぜかというと、湿度は30%くらいに低くし、

室温もかなり寒くしないと発生抑制が出来ないからです。

 

こういった環境を維持することは、

人間にとっては、かなり苦痛なので、ほぼ不可能となります。

しかし、レベルの高い医薬品工場では、

見事にゼロ管理をされます。

 

というわけで、

大手の医薬品工場は、

防虫管理が、どの会社も非常によく出来ていますので、

エンドユーザーの方々は、安心されても良いと思います。

 

皆さまに、安心して服用して頂きますように、

こういった防虫管理に、かなりの費用をかけておられますので、

知っておいて損はないと思います。


 

チャタテムシ対策の

お問い合わせは、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

※ 新事務所はNTTが通らない地になります。

eo光になるため、フリーダイヤルが

無くなりますことを、深くお詫び申し上げます。

 

コウモリ環境的駆除

2018-09-11

本日の弊社は、兵庫県神戸市、京都市右京区、

滋賀県東近江市、湖南市、近江八幡市、彦根市の

コウモリ対策、サシバエ駆除、ウシアブ駆除、ゴキブリ駆除、

ビジネスマッチング相談にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

中国の火鍋レストランチェーンである会社の株が

一時大きく下落しました。

原因は、スープの中に異物が混入したからです。

 

何が混入したかというと、

体長約5センチのネズミです

 

ある夫婦が、食事中に火鍋の中に入っているのを

見つけたのだそうです。

これからは、日本だけではなく、

どの国も食の安全というものに対して、

かなり厳しくなってくることが予想されます。

そして、騒ぎが大きくなる理由の決定打に、

SNSなどによる公開が挙げられます。

この異物混入事件も、

お客様が動画を公開したことによるものでありました。

 

というわけで、

これからは、規模に関わらず、

飲食店など食品を扱っている会社は、

衛生管理を固定費として、

しっかり枠を持つことをおすすめします。

———————————————————————–

 

【メインコラム】

コウモリが多い時期に入っております。

写真のような造りの場合は、

隙間を埋める方法とは別に、棲み家を無くす方法もあります。

 

木部の解体をすることにより、

棲み家を無くす相談は、あまりございませんが、

今回のお客様では、よい方法だったと思います。

手順としましては、まずコウモリを追い出しました。

約10頭の静止と3頭の屍が確認できました。

 

その後、解体を行い、洗浄と消毒をした後に、

木材の運搬・処分をして終わりです。

コウモリの糞は、衛生上良くない事が、

最近メディアでも取り上げられるようになりましたので、

清掃や消毒のお問い合わせも増えております。

 

というわけで、

コウモリ対策といっても現場ごとに色々とございますが、

最終的にやるべきことは、

コウモリの棲みにくい家にすることであります。

これを、環境的駆除 といいます。

 

この環境的駆除は、コウモリだけに関わらず、

ショートコラムでも上げました

食の安全を保つための対策として、

非常に重要な事でありますので、

定期的に、専門家に見て頂くことをお薦めします。

 

ただいま、予約いっぱいではございますが、

もし、私をご指名頂けるのであれば、

待って頂くことになりますが、

必ずお伺いいたしますので、よろしくお願い致します。

———————————————————————–

 

コウモリ対策や衛生管理に

関するご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

コウモリ対策解体前 コウモリ対策解体後コウモリ対策解体作業1 コウモリ対策解体作業2 コウモリ対策解体作業3 コウモリ対策解体作業4

 

 

ノミバエ駆除の成功サイン

2018-07-14

本日の弊社は、京都府南丹市、京都市山科区、滋賀県湖南市の

ゴキブリ駆除、樹木の伐採・剪定、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

【ショートコラム】

関東地方と九州地方で、弊社の代行をしてくださる害虫駆除の職人を

募集しようと考えている美鈴環境サービスの鈴木です。

 

目的は、もちろん「困ったを助ける」でございます。

利益追求では無いため、実績やモラルを重視に

協力して頂ける方を探しております。

もし、どこの会社にも所属されておらず、

一匹狼で駆除されている方で、代行してやってもいいと思われた方は、

こちらまでご連絡頂けると嬉しいです。 077-578-6904

—————————————————————————

 

【メインコラム】

さて長い間、ノミバエにお悩みになられていた

お客さまのお店に訪問して、1週間が経過しました。

現時点では、問題なく営業できるということで、

非常に安心しております。

 

そして、お店に設置されているライトトラップの捕獲も

ノミバエから、ユスリカ・クロバネキノコバエ・タマバエなどの

外部発生虫の類に変わりました。

 

実に不思議な事なのですが、

ノミバエやショウジョウバエ、クロコバエなどのコバエが

多く捕まるトラップには、ユスリカなどは捕まらないのです。

これは、色んな現場で体験している情報です。

根拠はありません。

 

天敵だからでしょうか?というように推測でしかありません。

実に不思議な光景なのです。

しかし、これが見受けられると、

 

ノミバエの駆除が成功したという合図

 

だと当社は考えております。

 

駆除前までは、お客さまの前を飛び回り、歩き回り、

食器やコップの上を歩き回るという状況でした。

 

店主の「お客さまのために」の志は素晴らしく、

そんな状態では営業できないということで、

解決するまでは閉店されました。

 

そんな、店主の心を裏切ることなど誰が出来るでしょうか?

食品工場や化学品工場などで、土壌生息虫を嫌ほど体験している

当社にとっては、ノープログレムですが、

それでも営巣箇所が見えない相手を仕留めるのは、

いつも考えさせられます。

 

来週も、ノミバエにお困りのお客様のところへ訪問します。

そちらも長年、自身で色々と策を考えて対策されているのですが、

結果が出ないことで、ヘルプの電話がございました。

 

というわけで、

ノミバエというコバエは、意外と厄介なやつなので、

気になられたらすぐに近くの害虫駆除業者に

お問い合わせされることをおすすめします。

 

そして、ご理解頂きたいことは、

あまり研究されていない昆虫の1種なので、

謎が多いということです。

しかし、駆除している者は、色んな体験をしているので、

ある意味、ネットや教科書・図鑑以上の

情報とノウハウを持っていますので、

安心してご相談されたら良いと思われます。

—————————————————————————

 

ノミバエ駆除のご相談

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzuman@misuzu-eco.com

ノミバエ3床穿孔 ノミバエ5床陥没部泡殺虫

 

HACCP導入の基本中の基本に防虫防そ管理

2018-04-01

本日の弊社は、奈良市西大寺、京都府八幡市、京丹波町、

京都市中京区、福井県若狭町、滋賀県高島市、野洲市に

お伺いしました。

 

先日、ミスズマン7号がHACCPの勉強会に行ってきました。

HACCP導入の義務化が本日4月1日から始まります。

この義務化は、2020年の東京オリンピックが背景にあり、

国策的な要素が高いと見られております。

 

では、HACCP(ハサップ)とは何か?

食品衛生や検査に関わる品質管理基準のことをいいます。

食品の製造および加工工程段階で食中毒の原因になりうる

微生物や異物混入を予測し、食品危害が発生しないように、

食品製造事業の企業が自ら監視・検査・指導や記録を進める

方法であります。

 

ちなみにISO22000というのも

食品安全の国際規格としてあります。

こちらは、国際機関認証なので、

信頼度が高いとされています。

 

さて、HACCPの義務化には、

大きく3つの狙いがあるそうです。

1つ目は、世界から訪問されるお客様に対し、

食品の異物混入が勃発しないよう

保健衛生指導の強化

 

2つ目は、輸出競争力を付ける意味もあります。

この輸出競争力とは、日本からの輸出時に、

日本政府機構や国内の第三者認証機関が

HACCP認証をしないと、輸出できない地域があります。

日本は、なんと世界全体で見ても

 

実はレベル低い

 

のです。

それは、中小企業がHACCPを導入している割合が、

わずか3割程度だからです。大手企業は9割くらいも、

この国は、中小企業と小規模事業がほとんどなのです。

 

3つ目は、超高齢化社会に突入するため、

食中毒などによる死亡事故増加問題の危惧です。

 

というわけで、

2020年に向けて、飲食店も含め、

すべての会社に導入しなくてはならなくなります。

もちろん、製造販売額100億円以上の企業の

HACCPチェック項目と、街の飲食店のチェック項目は、

同じではありませんので、ご安心ください。

しかし、この取り組みをしないと、

最終的には、営業停止になることを覚えておいてください。

 

さらに、ねずみ・昆虫等の対策は、

このHACCP導入の前段階的なものです。

ですから、防虫防そ対策は基本中の基本、

真っ先に取り組まなければならないことを

肝に銘じておいてください。

 

ちなみに、防虫コンサルタントは、

大手企業から中小企業、小規模事業者まで

経験している当社におまかせくださいませ。

 

防虫コンサルタント

異物混入防止対策に

関するお問い合わせは

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzu_expert@excite.co.jp

 

今のうちに防虫教育してください

2018-03-16

本日の弊社は、京都市上京区、右京区、

滋賀県彦根市、草津市、守山市の異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

娘の卒業式に出席し、めちゃくちゃ感動した美鈴環境の鈴木です。

何に感動したのかというと、子どもたち全員のにです。

名前を呼ばれて、校長先生に賞状を頂く際に、

モニターに、1人1人の夢が映し出されるのですが、

その内容が恐ろしいくらいにスゴイ!

とても自分たちが子どもの頃では書けないような内容が

多く記されていたのです。

 

全員に言いたかった。「夢は叶うものだ」と。

ただ、未来(夢)を邪魔するモノがイタズラのように現れる。

それが、心とインナーワード

 

世のお父さん、お母さん。

子どもたちってもの凄いパワーを持っています。

決して、働きに出る時、帰って来た時に、

つらい顔を見せないようにして頂きたいです。

働くことは、楽しいことだ!と伝えて欲しいものです。

そうでないと、まわりくどい言い方をしますが、

少子化はもっともっと急速に進みますよ。

 

さて、昨日と打って変わって、かなり寒いです。

この寒暖の差が体調を崩す原因になりますので、

注意しなければなりません。

 

虫たちも、この寒暖の差には苦しみます。

せっかく、温かくなって脱皮できるかと思いきやこの寒さ。

人間のように暖房をかけたり、着重ねしたり出来ないので、

非常につらいはずです。

しかし、この寒暖の差が無くなった時には、

一気に飛び回りますので、食品工場などは異物混入に要注意です。

 

というわけで、

医薬品工場、食品工場または、それらに関わる会社さまでは、

今のこの時期に、防虫教育をしておくことをおすすめします。

全従業員に、虫の混入が起きるとなぜ困るのか?

どういうことに気をつけたら、虫が混入しないのか?

をワークして欲しいのです。

 

全従業員というのは、

アルバイトやパートさんも含みます。

もちろん経営者もです。

 

先日、虫の混入で同定依頼がございました。

これからは、このようなお問い合わせが頻繁に出てくるのですが、

お仕事無くても良いので、出来るだけ起こらないように

企業努力して頂きたいと思います。

 

異物混入防止対策に

関するお問い合わせは

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzu_expert@excite.co.jp

火の用心の伝言ゲームは果たして吉か凶か

2017-12-18

本日の弊社は、京都市右京区、福井県美浜、

滋賀県湖南市、大津市、野洲市、守山市の

生前相談、配管洗浄相談、異物混入防止相談にお伺いしました。

 

見た目は、痩せているようにみられるのですが、

会社の中ではダントツに中性脂肪が多い美鈴環境の鈴木です。

外食がどうしても多くなっているここ最近、

家では、健康志向の食材と運動を取り入れました。

あと体重は、3キロ痩せたいですね。

 

今日は、経営コンサルタントとしてお話したいと思います。

 

皆さんの会社では、

社長が「火の用心」と言ったらどのように伝わりますか?

 

専務 「火の用心」

それを聞いた部長 「火の用心」

それを聞いた課長 「火の用心」

ほか社員 「火の用心」

 

このように、一字一句狂いもなく伝わっている

やったぁ~

 

と思っている方、喜んでいる場合じゃございません。

その反対です。

ダメな会社ということです。

 

なぜかと言うと、

実行力の向上にまったくつながらないからです。

 

正しい例として挙げると、

社長 「火の用心」

それを聞いた専務は 「火の出る場面はどういう時だ!」

それを聞いた部長は 「そういう場面で、火が出ないようにするには?」

それを聞いた課長は 「みんなで考えよう!」

社員から、たくさん意見が出る

 

といった具合です。

 

というわけで、

問題点を挙げても、

それに対して、社員からの意見が出ないと

良い会社にならないということを覚えておいてください。

 

食品工場の異物混入対策においても、同じことが言えます。

月ごとにスローガンを掲げていると思いますが、

ただ掲げているだけでは、ご唱和しているだけでは、

ほとんど意味がないのです。

スローガンに対して、追及してこそ良い会社になっていきます。

造り上げていくのは、第一線で働くパートさんも含む従業員なのです。

 

そして、皆んなの力によって利益が生まれ、

社長がその利益を持って、さらなる事業発展に向けて

思考 → 施行 → 志向 → 現実化

を目指すのが、理想だということですね。

 

異物混入防止のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

美鈴のカルテは、よそとは違います

2017-12-15

本日の弊社は、京都市中京区、左京区、

滋賀県八日市市、大津市、長浜市の生前相談、

異物混入防止対策にお伺いしました。

 

個人の税負担がじわり、じわりと増えてくるのに対して、

もう貯資産に切り替えようと考えている美鈴環境の鈴木です。

 

私自身は関係ありませんが、

2018年の10月から段階的に、たばこ税が上がります。

そして、2019年は、いよいよ消費税、

2020年には、フリーランスや請負で働く人は、減税に対し、

高所得者や年金受給者が増税になります。

 

基本的に何でも、ルールというものは、

強い者が有利に、弱い者が不利になるように出来ているものです。

ですから、お金の正体というものを、

もっともっと知っておくことをおすすめします。

 

さて今日は、当社が施工後に、お客さま宛てに提出する

報告書についてお話したいと思います。

食品工場などの企業さんに対しての報告書になると、

昆虫相のモニタリング結果、残留農薬等に関するポジティブリスト、

インスペクションレポート(工場内の異物混入に関する診察)、

考察などをご契約に応じて作成します。

 

その中でも、インスペクションレポートは、カルテのようなもので、

その会社さまが、虫や毛髪、微生物などの病気に侵されている箇所

および、その可能性がある箇所を記している重要リストです。

しかし、このリストが活用されていない場合は、

私たちも、改善方法を考え、真因究明に努めなければなりません。

 

特に 6つの経営資源 (人財・資産・資金・情報・技術・顧客)

や管理項目、部門を含めた経営活動3次元 です。

これらどこかの鎖が切れているのかもしれないので、

本来ならここまで調査する必要があるのです。

 

たかが、防虫管理やのに大げさやなぁ

 

と思われた方がおられるかもしれません。

しかし、行動を起こせない場合は、必ず理由があるのです。

そこを、何とかしないと問題解決は、迷宮入りとなり難しいので、

報告書にも記載し、トップ層にも理解して頂く必要性があるのです。

 

一般家庭の場合は、

企業さんほどのボリュームある報告書にはなりませんが、

同様に、施工記録と考察、保証期間のことを記載して提出します。

さらに今、当社は、笑顔相続に対して取り組みをしておりますので、

1件に対して1冊、笑顔相続ノートをプレゼントしております。

 

というわけで、

害虫駆除や異物混入防止調査などのお仕事の場合は、

終了した後に、現地でお客さまにお伝え出来なかったことと、

カルテである診断書を、必ず提出することをおすすめします。

なぜかと言うと、

結果がすぐに見えないものが多いのと、

口答で伝えるのが、めちゃくちゃ難しいからです。

 

コミュニティの構築

 

これは、非常に大切なので覚えておいて損はありませんよ。

 

害虫獣・異物混入防止のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

作業完了報告書M市 笑顔相続ノート

冬場も活動するゴキブリハンター

2017-12-04

本日の弊社は、京都市右京区、左京区、南区、

滋賀県湖南市、栗東市、野洲市のゴキブリ駆除、

ネズミ駆除、生前相談にお伺いしました。

 

今年の冬は、バタバタになりそうで、

気が休まらない美鈴環境の鈴木です。

嬉しいお話がたくさんありますが、

この時期はお酒も入るので、健康管理が難しいです。

やっぱり、アルコールの摂りすぎは、

思考と施行の邪魔をし、志向を遠ざけるような気がしますね。

 

さて、突然ですが、写真のようなクモをご存じでしょうか?

顔がドクロマークのような、ちょっと怖い系のクモで、

アシダカグモ といいます。

 

このアシダカグモが、建物の中にいると、

ゴキブリが潜んでいる可能性があります。

なぜかというと、

彼らは、夜間にゴキブリ狩りをするのが得意だからです。

しかし、ゲジのように、

ゴキブリを追いかける体力とスピードが無いので、

知恵を使って、待ち構えて捕えます。

さらに、毒を注入して、食べてしまいます。

 

というわけで、

アシダカグモが食品工場で見つかった場合は、

ゴキブリ類やコオロギ類の調査をすることをおすすめします。

 

もし何気なく、クモとして見ているだけだと、

後手になってしまい、ゴキブリの混入率を高めているのが、

実は、駆除業者や防虫コンサルタントの貴方自身となり、

信用問題となりますので、くれぐれも注意してください。

 

防虫コンサルタントへのお問い合わせは、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

ごめんアシダカグモ

窓ガラスも使いよう

2017-11-30

本日の弊社は、京都府精華町、滋賀県彦根市、長浜市の

異物混入防止対策、生前かたづけ相談にお伺いしました。

 

ファミリーマートがフィットネス事業に参入するということで、

あまりコンビニ業界をよく思っていない美鈴環境の鈴木です。

 

コンビニ業界は20か月連続で、既存店の客数減少が続いています。

各社が、自転車シェアやコインランドリーなど

あらゆるサービスを導入していますが、

小売りは、小売りで拡大していって欲しい気持ちがあります。

大手小売業が、サービス業にまで入ってこられると、

廃業が増えるに違いないですからね。

 

そろそろ虫のお問い合わせが、無くなる時期に入ってきました。

今日は、異物混入の多い食品工場や食品を保管している会社さまへ、

ちょっとしたご提案をさせて頂こうと思います。

 

まずは、写真をご覧ください。

ネズミ捕獲用のトラップに大きな蛾が捕獲されています。

この蛾は、毎月この場所で捕まります。

 

実は、この作業所。

ここにしか窓がないため、

強力なライトトラップ になっているのです。

ライトトラップと呼ばれる捕虫器よりも、

太陽光がバンバン当たるこの窓が、

強力誘引源となっているのです。

その場所に、たまたまネズミ用の粘着マットがあったので、

飛翔昆虫の捕獲器になっていたわけです。

 

普通の防虫コンサルタントは、

この窓に、虫が寄りつかないフィルムを提案したり、

ライトトラップの設置を提案したり、

窓の光が入らないように、真っ暗にする提案をします。

 

というわけで、

窓ガラスを採光用として考えておられ、

防虫フィルムの検討もされていない場合は、

アナログではございますが、

窓ガラスが、専用機材よりも超強力な捕虫器に変身できますので、

窓の下部やレール部分、両サイドに粘着テープや直置きトラップを

設置されることをおすすめします。

 

もし、テープが必要な方は、お問い合わせ頂けましたら、

当社コンサルタントが、お客さまのニーズに合った商材を

ご提案させて頂きます。

 

ただし、これはあくまでも簡易的な対策(ソフト)です。

少しずつ、ハード改善に近づけるように、

私たちとともに検討会をしていきましょう。

 

食品工場などの虫の相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

窓ガラス前にいつも蛾

こんなセミナーは1ミリも学べない

2017-11-27

本日の弊社は、京都市山科区、東山区、

滋賀県彦根市、高島市、東近江市、近江八幡市の

異物混入防止対策、ネズミ対策にお伺いしました。

 

「ネットを制する者は、リアルを制す」

経営士養成講座で学んでから6年。

少しずつ実行し、実がなりつつある

美鈴環境サービス、経営コンサルタントの鈴木です。

2016年の忘年会で、幹事の4人に3人がネット予約を

利用しているニュースを聞き、驚くわけがございません。

そんなことは、昔から分かっていました。

今、当社の通販事業部は海外に向けて計画を練り始めています。

ピコ太郎さま方式で挑もうとしている

通販サイトMiraiS を今後ともよろしくお願いします。

 

さて外部で、虫が少なくなる冬時期になると、

食品工場も虫の混入が減少し、ちょっと気が緩むことと思います。

これから、春にかけて食品工場で働く方々は、

来年に備えて、異物混入が起こらないための勉強をした方が良いです。

 

なぜかと言うと、

今年2017年は、非常にたくさんの異物混入が起こってしまったので、

今後はHACCPによる衛生管理が厳しくなると予想されるからです。

ちなみに、会社規模は問わずなので、小規模事業者も注意してください。

 

原料の受け入れから製造、製品の出荷までのすべての工程において、

食中毒などの健康被害を及ぼす可能性のある危害要因(ハザード)を

科学的根拠に基づいて管理する方法がHACCPです。

 

しかし、HACCPを導入していても、

異物混入が絶えないところも少なくありません。

それは、トップ層から担当者といったすべての従業員が

同じ方向を向いていないからです。

 

例えば、こんなセミナーは1ミリも学べません。

それは、説得するセミナーです。

 

以下はNGの言葉なので、気をつけてください。

① 行動しないと意味が無い

② 正しい努力をしないとダメ

③ 天才も努力する


これはありがちな例えなので、挙げさせて頂きましたが、

このような話をする人からは、学べません。

本来、セミナーというものは、

リアルタイムで力が付くものなのです。


くれぐれも、最初の自己紹介などで、経歴や実績を自慢したり、

受講者を怒ったりする講師のセミナーは、

お金(時間)をドブに捨てるのと同じですので、注意してください。

 

私が、おすすめするのは、

やる気を起こさせる セミナーです

 

というわけで、

異物混入防止に意識を持つ

   ↓

個々の能力がアップする

   ↓

時給がアップする

    

会社のレベルがアップする

    

国に貢献する(経済が良くなる)

 

ということを、しっかりとお伝えすることをおすすめします。

会社にとって、異物混入がどれほど不利益ななのかを

知って頂きましょう。

 

異物混入にお困りの方は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

 

« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ