滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘滋賀・京都の生前整理’

第17回 京都相続診断士会 定例会の報告

2019-03-08

京都相続診断士会 副会長の鈴木でございます。

今日は、昨日行われました

第17回 京都相続診断士会の定例会のご報告を

させて頂きます。

 

今回、ご登壇頂きました先生は、

私が個人的に尊敬しております

三重県相続診断士会 会長であり、

株式会社 バリューアドバイザーズ

最高投資責任者の小林 裕さんです。

 

タイトルは、

証券×相続〜笑顔相続を目指して〜

 

というお話をして頂きました。

高速スマイルパスで、

笑顔で溢れかえった会場作りから始まり、

「証券口座の生前整理」

の話、私の無茶なお願いも入れて頂けました。

 

資産を守りたい、残したい時に

何も出来ない。。。 これって悲しいですよね。

金融リテラシーが無い方々は、

生前に対策する必要があります。

保険は1つにまとめることが出来ませんが、

証券は移管という手続きをすれば

一か所にまとめることが出来るのです。

 

講義を聞いていたら、やっぱり認知症になると

投資信託も困ります。

特にネット証券は注意しなくてはいけません。

滅多に聞けないお話でしたので、

本当に参加された方はラッキーだったと思います。

 

さて、次回の4月4日木曜日の

京都相続診断士会 定例会は、特別講演です。

 

「日本で1番”ありがとう”と言われる葬儀社を目指す」

 

株式会社ティアの冨安徳久社長による

特別講演となります。

講演を聴いた方が、

本当に素晴らしい話が聴けると仰っておられます。

懇親会も初の試みで、同会場にて行います。

参加者みんながお話出来るように

盛り上がりたいと思います。

お見逃しの無いように。

ぜひ、オブザーバーの人もお誘いの上、

奮ってご参加くださいませ。


 

【場所】
イベントスペース京都
京都市下京区鶏鉾町493ビルムーンバットビル7階
http://www.eventspacekyoto.com/access

ご参加頂ける方は、

こちらにお問い合わせください。

【WEB申込・問合せ】
 お申込はこちら 
↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/forms/tmVZRSMgRcjsRHPi1

【当日の連絡先】
※ご不明な点・キャンセル等は下記までお問い合わせください。
 事務局 松井
e-mail:matsui@fpplus.jp

 

さまよう故人データ(上)

2019-02-13

本日の弊社は、京都府京丹波町、滋賀県草津市、彦根市、

近江八幡市の遺品整理相談、食品工場の防虫対策に

お伺いしました。

 

【メインコラム】

皆さま、デジタル遺品整理という言葉を

お聞きしたことがおありだと思います。

 

このデジタル遺品整理ですが、

・どのような場面で必要か?

・実際どのような手続きをすれば良いのか?

・もし、しなかったらどんなことが起こるのか?

 

分からないと思います。その中で今日は、

どのような場面で必要か

をお話をしたいと思います。

 

では、このデジタル遺品整理は、

一体どういう場面で必要かと言いますと、

まず、資産価値のある機器関連がある場合です。

 

要注意なのは、証券口座やネットバンキングです。

相続時に未発見になっていても、

徐々にプラスの財産(積極財産)や

マイナスの財産(消極財産)が発覚し、

最悪な場合は相続で争う、

争族になってしまいます。

 

さらに、私見ですが、今後心配なのは、

SNSやブログです。

乗っ取りやなりすまし被害が、

今よりももっと増えることが予測されています。

知らない間に、悪用されて独り歩きする危惧もあるのです。

 

それから、

ネットオークションや有料アプリ愛用者です。

これも前述同様に、乗っ取りやなりすましが考えられますし、

使用料金が滞納されていたり、自動引き落としによる

トラブルもあります。

AIが、これから益々普及され、便利な時代になる一方、

新たに、このようなトラブルが起こるのは、

仕方がないのですが、

やはりモノの片づけや遺産の相続同様に、

生前対策が必要になってきます。


臓器提供の場合は、免許書の裏に記入欄がありますが、

このような機密情報は記載することはできません。

では、何に記載しておいたら良いでしょうか?

 

というわけで、

生前対策とエンディングノートは

セットと考えることをおすすめします。

時には、遺言書に記載する必要があることも・・・。

このエンディングノートがもっと普及しないと

デジタル遺品整理で困る人が続出してしまいますね。


 

もし、お片付け・相続でお困りの際は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

第16回 京都相続診断士会 定例会の報告

2019-02-09

本日は、滋賀県湖南市、大津市、東近江市の

食品工場の防虫対策、病院の防虫対策にお伺いしました。

 

今日は、先日行われた

第16回 京都相続診断士会 定例会のご報告です。

 

「障害者がいるご家族への
相続相談事例研究」

相続診断士として知っておきたい
障害者とその家族のことについて

 

を「親心の記録®」公認アンバサダー

Office NICOの藤井奈緒先生にご享受頂きました。

 

「普通、我が子のお葬式やお墓の事なんて
考える人いますか?」

 

私は、この言葉に胸を打たれました。

自分や両親の生前対策だけではなく、

子どもの生前対策も必須でしないといけない!

子どもをお持ちの方は、皆さんそう考えるべきだと思いました。

これこそ、次世代へつなぐ笑顔相続 愛だと思います。

素晴らしいお話を頂きました。

 

私は、いつもお片付けをする立場で講義を聞くのですが、

知的障害者の方の両親が亡くなった後の遺品整理や、

知的障害者の生前整理・遺品整理を承ったとき、

どのように対応するべきなのかを考えると、

かなり難しいことだなぁと思いました。

 

ちょっとばっかし、勉強したからといって

その方の気持ちは、分かることは絶対にできないです。

私は、こんな時はやはり藤井先生のような方に、

同行して頂かないといけないと思いました。

 

成年後見人やヘルパーの人に委ねるだけでは、

私の理想である生前整理・遺品整理は

いつもうまくいかないので、

このような状況だと100%難しいと感じました。

 

というわけで、

この生前整理や遺品整理というのは、

ただのお片付け屋さんでは出来ないということを

知っておいた方が良いと思われます。

当社は、分別と仕分けだけではなく、

お客様の想いやあとの事もしっかりと考えて行います。

 

もし、お片付け・相続でお困りの際は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

故人データがさまよう時代

2019-02-04

本日の弊社は、福井県あわら市、京都市南区、中京区、左京区、

山科区、滋賀県守山市、大津市の店舗のネズミ駆除、

食品工場の防虫対策にお伺いしました。


 

【ショートコラム】

今日は愛犬Leoの2歳の誕生日です。

バースデーケーキは、じゃがいも・ブロッコリー・にんじん等で

人間とはえらい違いであります。

待ち遠しくて、待っています。

年に一度のごちそうです。彼にとっては最高の日です。

いつも家の中を明るくしてくれるLeoに感謝です。


 

【メインコラム】

エンディングノートがもっと普及しないと

デジタル遺品整理で困る人が続出してしまいます。

 

遺品整理には、思いを後世に遺すものとは逆に

引き継ぎたくないものもあります。

もしデータ系のものを放置してしまったらどうなるのか?

 

・秘密にしたかったものがバレた時にどうなるのか?

・現状のSNS側のデジタル資産への対応はどうなのか?

・亡くなった人の携帯電話の取り扱い

 

について、今までの事例もふまえてお話したいと思います。

 

① 見覚えの無いメール
デジタル遺品整理をしようとPCのメールを開いたら、

父が知らない女性と恋愛関係にあったことが発覚。

母が悲しまないように、息子さんが内緒に削除した

という事例があります。

データ消去をお店に依頼する場合も、

笑顔相続を第一優先として対応が必要です。

 

② かなりの確率である男性が隠しているモノ

片づけをしていると高確率で見つかる18禁モノ。

雑誌・ビデオの他にスマホやPC内がそれに当たります。

奥さまは、特に何もおっしゃらない方が多いですが、

娘さんは、「えぇ~ショック!」と言われる事が多いです。

片づけする側も、娘さんがおられる場合は、

充分に配慮して行います。

 

③ SNSで知らない女性と恋仲に

特にLINEは要注意といわれています。

他のSNSと比べても、文章の親しみ感が違うので、

友人なのか恋人なのか分からなく誤解を生んでしまう

ことも多々あるといいます。

これは、今後非常に問題となるはずなので、

サービス提供側も対応を急ぐはずです。

 

法整備はまだまだのSNSは、本人の死後も

第三者への譲渡や貸与、相続を認めないのです。

では、SNS各社のデジタル遺産への対応は

どのようになっているか見ていきましょう。

 

【フェイスブック】

本人が事前に追悼アカウント管理者を設定。

遺族もアカウント削除など依頼が可能である。

 

【グーグル】

本人は一定期間操作がない時のデータ削除や

引き継ぎを設定できる。遺族の削除依頼も可能。

 

【ツイッター】

遺族のアカウント削除依頼が可能

 

【LINE】

遺族のアカウント管理は不可だが、削除依頼は可能。

最終アクセスから1年たてばLINE社が削除する

ケースもあるという ※日本経済新聞より引用

 

このように、各サービスによって異なります。

そして、これは知っておいて欲しいことです。

スマートフォンのデータ削除やパスワード解析

といった整理の場合です。

これらは、すぐ処理ができるパソコンとは違い、

手続きが少々厄介です。

 

まずは、契約状況を調べる必要があります。

契約解除料金が発生する場合は、

携帯ショップで速やかにお支払いをした後、

解約手続き・一時休止・廃止手続きが完了次第、

専門店で各種処理を行います。

 

なお、ドコモ・au・ソフトバンクなどの携帯電話3社は、

スマホについては、遺族の頼みでも解約できません。

そもそも簡単に解約できるようでは、

セキュリティの意味が無いのですが・・・。

楽天さんのサービスに期待かな?

 

ということで、

前回に続き、エンディングノートには必ず必要事項を記載し、

そして、どこに保管してあるのかを家族に伝えておいてください。


 

もしデジタル遺品整理・相続相談

でお困りの方は、こちらまでご連絡ください。

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

相続について学ぶわけ

2019-01-23

本日の弊社は、奈良市、京都府美山町、京都市右京区、

福井県小浜市、滋賀県八日市市、守山市、草津市の

食品工場・包材工場の防虫対策、ビジネスホテルの

ダニ対策相談にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

経営者の皆さんは、これから物価がチョロチョロ上がっていくことを

承知の上、ビジネスをしていかなければいけません。

日本は、他国に比べると非常に緩いので、

あまり、危機感が無いかもしれませんが、

実質の経常利益は、大きく減ったりしているので、

真剣に取り組まなければいけません。

 

だから、経営者はしんどい

 

これは私は、否定しています。

起業家と経営者を比べた時、

どうしてもマネーの使い方や考え方は大きく違うのですが、

会社が大きくなった時は、起業家以上の事が出来ると考えるからです。

これは、あくまでも私見なので、各々意見があると思います。

でも、私は経営者で良かったなぁと

心底思っている今日この頃です。


 

【メインコラム】

今日は、奈良県で相続法について学んできました。

最近、私が相続について勉強しているのには理由があります。

それは、皆さんが笑顔相続で迎えられるように、

しっかり、道先案内人としてアドバイスできるようになりたいからです。

 

では、どの業務で使うのか?というと、

実は、おかたづけ。生前整理や遺品整理です。

どういう関係があるの?と首を傾げる方もおられると思いますが、

この知識があるのと無いのでは、

全く違うことが実務経験で分かりました。

 

というわけで、いま私は、

 

さらに貴方の困ったを助ける

 

スーパーミスズマンになる修行をしております。

チーム作りは完了ですが、

自分自身のスキルももっと磨こうと考えています。

困ったことがあれば、

何なりとお知らせくださいね。


 

生前整理・遺品整理・生前対策

の困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

笑顔相続につながる生前整理セミナー

2019-01-20

本日の弊社は、滋賀県大津市の

食品工場のねずみ・防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

世の中には、ネットビジネスで億を稼いでいる人がたくさんいます。

彼らたちは、SNSの中で、

「楽して儲けている」とか「怪しい商法」だとか

思われています。かなり叩いている人の記事もみます。

 

しかし、私はブログを今まで920ページ以上

書いているので、よく分かるのですが、

彼らは、私以上にブログとメルマガを書きます。

本も出版しますし、勉強会にも精力的に参加します。

 

というわけで、

「決して楽して儲けている」

わけではないので、年収や年商はさておき、

そこのところは理解しておいた方が良いと思われます。

人生を幸せに過ごしたいのであれば、

「人のために行動すること」

だと私は思いますけど、いかがなものでしょう。


 

【メインコラム】

先日は、和歌山県で生前整理について講演をして参りました。

私が掲げている6つのSTOPのうち3つを主に触れ、

お話して参りました。

 

廃棄物の処理の仕方などは、市によってもルールが違います。

かなり、特殊な知識がいるのですが、

この知識を身に着けるためには、

実務を経験する他ないものと私は思います。

ですから、セミナーでは、事例をたくさんお話します。

心を込めて、感情をむき出しにして、情景が浮かぶように、

お話しているつもりです。

 

今回、熱く語らせてもらったのは、

やはり、生前対策をしないと後々困ることになるのは、

ご自身だけではなく、次世代の者。

だけではなく、この国も困ることになる可能性が・・・。

 

というわけで、

・腐敗した孤独死を無くしたい

・重度の認知症を減らしたい

・詐欺被害を無くしたい

・廃棄物増加問題に取り組みたい

・ペットの殺処分や責任感のない引き取りを減らしたい

・相続で争族を無くしたい

ほか相続、不動産、介護、保険等で相談に乗って欲しい方は、

お問い合わせ頂けたらと思います。


 

生前整理・遺品整理・生前対策

の困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

滋賀はワースト2位でした

2019-01-15

本日の弊社は、京都市上京区、滋賀県大津市、草津市、高島市の

エアコン清掃・食品工場の防虫管理にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

私の周りにも若干おられますが、批判が好きな人がいます。

私は、従業員にも伝えているのですが、

「承認しなさい」と教えています。

早い話、Facebookでいうところの「いいね」です。

 

これ、なぜかと言うと、

両者ともに、得することがあっても損することは無いからです。

ところが、批判しまくると、両者ともに損をするか、

批判した側の方が、結局は損をするからです。

 

そもそも、批判して貴方は、その人の人生に責任を持てますか?

 

というわけで、

出来ないのであれば、承認することをおすすめします。


 

【メインコラム】

日本経済新聞引用

環境省は13日までに、

2017年度に全国で新たに見つかった産業廃棄物の

不法投棄は163件、計35,716トンだったと発表しました。

前年度より32件多く、量も8,378トン増えました。

担当者は、「ここ数年は、全体として減少傾向にあるが、自治体などが監視を強化したため発覚した事案が多かったようだ」と話しておられます。

都道府県別では、岐阜県が4,767トンで最も多く、

滋賀県がなんとワースト2位で4,026トン

山梨3,553トンと続いています。

しかし、秋田県や徳島県など10県はゼロでした。

 

種類別では、瓦礫(がれき)や木くずといった

建設工事に伴う廃棄物が15,216トンと全体の7割を占めました。

調査は、都道府県と政令指定都市が把握した

不法投棄のうち、一見あたりの量が10トン以上のものを集計しました。

 

ゴミは、捨てる所が無くなってきているのが事実です。

しかし、不法投棄は重罪です。

当社も、リサイクルよりもリユースに力を入れておりますので、

生前整理や遺品整理にお困りの際は、

お問い合わせ頂ければ、

お客様も社会貢献にお繋ぎできることと思います。


 

生前整理・ご遺品整理・

生前整理サポート契約の

ご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

京都相続診断士会の副会長に拝命しました

2019-01-14

【関西地区 相続診断士会 合同例会のご報告】

1月10日木曜日に開催された合同例会は、

総勢100名の相続診断士が集まりました。

 

近畿2府4県の相続診断士会の同志、

そして東京から代表理事、三重県、愛知県、富山県、

埼玉県、宮崎県の会長もお越しくださり、素晴らしい会となりました。

 

私は、心の底から相続診断士になって良かったと思っています。

最初は、遺品整理・生前整理を実務でする私が、

相続診断士の資格を取得することに意味があるのかと思いました。

ところが、毎月各会で行われる勉強会に参加し学んだ結果、

今はお片づけ作業もまた笑顔相続に繋がる

大切な仕事だと確信しております。

 

実務でも、相続放棄での注意事項であったり、

不動産を高く鑑定する時の注意。

遺言書やエンディングノートの重要性などのご提案と、

ただの片付け屋が、相続・介護の道先案内人に

なる事が出来て参りました。

 

そしてこの度、私鈴木は、

 

京都相続診断士会の副会長に

拝命致しました。

 

笑顔相続をご提案する立場として、しっかり学びの場を作り、

笑顔溢れる楽しい会にしていきたいと思います。


 

生前整理・ご遺品整理・

生前整理サポート契約の

ご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

遺品整理時の相続放棄に注意すべき点

2018-12-25

本日の弊社は、京都市中京区、西京区、滋賀県甲賀市、

大津市、彦根市、福井県敦賀市の引っ越しサービス、

床下清掃相談、殺菌消臭相談、食品工場・フィルム工場の

防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

訪日外国人にも、絶大な人気を誇る、

交流サイトなどを通じて知名度も高く、

トイレや個室スタイルでも有名なラーメン屋 一蘭が、

新たな挑戦をされます。

 

この一蘭は、20年前にプロジェクトチームを設け、

豚不使用の豚骨風スープに近づけた事で、

2019年に東京都新宿区に第1号店を開くそうです。

さらに、既存店とはごっちゃにせず、

No Pork店として展開されます。

特に、世界で増加しているイスラム教徒は、

豚を口に出来ません。

しかし「ラーメンを食べたい」の声が高まっているので、

その困ったを現実にする事にしました。

プラ製のストロー禁止などもそうですが、

あらゆる社会問題を議題に挙げ、

解決の糸口につながるビジネスは、

本当に素晴らしいと思います。

 

というわけで、

私も2019年1月、片付け需要の増加で起こり得る

社会問題を解決する糸口に取り組む団体を

立ち上げますので、どうぞよろしくお願い致します。


 

【メインコラム】

この時期になると、重度の孤独死・孤立死で

お亡くなりになる方が多くなります。

 

この重度というのは、腐敗した状態をいいます。

この重度の孤独死でお亡くなりになると、

家族のほとんどの方が、

「全部捨ててください」とおっしゃいます。

 

ニオイがひどく、ハエの発生があると、

どうしても、捨てざるを得ない状態になります。

 

そして、家財処分、解体やリフォームなどの

復旧作業に費用がかかるために、

時には相続放棄をされる場合もあります。

 

この相続放棄ですが、おすすめはしませんが、

どうしてもされる方に、アドバイスをしたいと思います。

1.プラスの財産(積極財産)しかなくても相続放棄はできます

2.プラスかマイナス(消極財産:債務・借金)か

 どっちか分からない時は、必ず調べる

3.遺品整理や復旧作業などの費用は払う必要はありません

 ただし、注意しなくてはいけないことがあります。

・被相続人の連帯保証人になっている場合は、

あくまでも保証人として払う必要があります。

・家財は、できるだけ触れないようにした方がいいです。

明らかに価値がないようなものでも、念のために

疑われないようにしてください。

高価なものなどを持ち去ったりしてしまうと、

単純承認として見られ、相続放棄できなくなります。

 

というわけで、

相続放棄をしないためにも、

ゴミの量も増やさないためにも、

近隣に迷惑をかけないためにも、

家族・友達・うちの子に迷惑をかけないためにも

孤独死しないように取り組んで頂きたいと思います。


 

生前整理・ご遺品整理・

生前整理サポート契約の

ご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

※ ブログ内のコラム宣伝を受け付けています。

コラム内容は、当社の仕事に関連するものに限ります。

現在、ショートコラム(約500文字)

1日での掲載料金は、540円(税込)です。

 

メインコラム(約1000文字)

1日の掲載料金は、1,080円(税込)です。

ご興味のある方は、お問い合わせ受け付けております。

 

当社のブログは、SNSなどの時系列とは違い、

半永久的に残ります。(Google Word Press)

集客にご利用くださいませ。

エンディングノートは幸運を呼ぶ

2018-12-20

本日の弊社は、滋賀県大津市、彦根市、長浜市、甲賀市の

食品工場・化学品工場・飲食店の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

女性からお悩み相談をされた場合、貴方はどうしますか?

実は、男性が悩んだ時は、問題点を指摘し、真因究明をし、

着実に解決に向けて考えていきます。

でも、ちょっとめんどくさいところもあります。

 

しかし、女性が抱える問題の場合は、

同じようにはいかないので、

気をつけた方が良いと思われます。

 

なぜなら、根本的に考え方が違うので、

男性の脳で解決するのは、かなり難しいからです。

私も、相談に乗る方ですが、答えは言わないようにしています。

そして、仲の良い人だからこそ、完全に突き放すこともします。

その方が、その女性のためになるからです。

 

というわけで、

男性が、女性目線で考えることは、無理な事なので、

くれぐれも、中途半端な意見はしないことをおすすめします。


 

【メインコラム】

皆さんは、エンディングノートや遺言書と聞いて、

「死」をイメージしてしまうから嫌だ!と思われますか?

 

「自分は、引き寄せ術を使っているから、

このような不吉なことは、引き寄せてしまうからやりたくない」

 

と思われた方は、少し聞いて頂きたいと思います。

 

エンディングノートや遺言書を書くと言うことは、

不安を一掃できる活動なので、

逆に幸せを引き寄せることにつながるのです。

そして、これらは「死」というものを考えていないからこそ

書くものなのです。「死」を意識していたら、遺書になりますよね。

 

そして、何もやたらむやみに書くものではありません。

 

将来、どのような問題が起こるか?

を拾い出していけば、何か分からない事が見つかります。

その解決法を書けば良いのです。

例えば、遺影が用意していない!と分かれば、

遺影を用意して、これを使って欲しい旨を綴れば良いのです。

こういったことを1つずつしていくと、かなり達成感が生まれます。

また、死に直面した人は、必要性がスゴク分かります。

 

というわけで、

エンディングノートや遺言書は、

現状では実施している方は少ないのですが、

徐々に増加しているのは、間違いないので、

早めに取り組んで、幸せを引き寄せて頂きたいと思います。


 

エンディングノート・遺言書

書き方相談

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

※ ブログ内のコラム宣伝を受け付けています。

メインコラム内容は、当社の仕事に関連するものに限ります。

現在、ショートコラム(約500文字)

1日での掲載料金は、540円(税込)です。

 

メインコラム(約1000文字)

1日の掲載料金は、1,080円(税込)です。

ご興味のある方は、お問い合わせ受け付けております。

 

当社のブログは、SNSなどの時系列とは違い、

半永久的に残ります。(Google Word Press)

集客にご利用くださいませ。

« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ