滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘滋賀・京都の殺菌消臭’

ハクビシン対策大工事

2019-11-17

皆さん、こんばんは。
まだまだ、ネズミ・コウモリ。そして通販と
飛び回っておりますミスズマンこと美鈴環境の鈴木です。

今日は、気分転換に先日工事をした
ハクビシン対策のお話をしようと思います。
では、ゆうちゃん、よろしくお願いしま~す

【ゆう】
あたし、ハクビシンって見たことないわ。
アライグマみたいなやつだよねぇ

【ミスズマン】
そうそう!白鼻芯と書くように
こんな感じなんだ!

【ゆう】
かわいい~
これ駆除するの?

【ミスズマン】
いや!ミスズマンは駆除をしない派で、
追い出してから隙間を埋めるんだ。

【ゆう】
なるほど。ちょっと安心。
今日も頑張って勉強するぞ!


ハクビシン等小動物の対策施工

今回は、ハクビシンの追い出しを行ってから、
屋根裏に長年たまりにたまりまくったウンチを
除去するために、天井を解体するという
大掛かりな工事を行いました。

屋根裏だけではなく、二重壁の中にも多くのフンがあり、
キレイに掃除することができました。
長年、棲み付いていたハクビシンのお家を
無断で無くしてしまうのは可哀想ですが、
どこかにお引越しして頂きたく思います。

しかし、注意が必要なのは、
メスは年中、天井裏にいます。
オスは野外ですが、冬は天井裏で生活しますので、
冬に入る前にお問い合わせをお願いしたいと思います。

    

では、ハクビシンはどれくらいの
隙間から侵入するのでしょうか?

➀ 直径10cmの丸型
② 8cm平方の正方型
③ 12cm×6cmの長方型

このいずれかに当てはまるとダメです。

【ゆう】
でも、こんな大きい隙間ってあるの?

【ミスズマン】
うん、昔ながらのお家は普通にあるんだよ。
ついでに覚えておいて欲しいんだけど、
ネズミはどれくらいの隙間がNGだと思う?

【ゆう】
うーん・・・。ネズミってハクビシンよりも
はるかに小さいから直径3cmくらいかなぁ?

【ミスズマン】
正解は1.2cm
親指が入ったらダメなんだ。

【ゆう】
えぇ~無理無理無理~
そんなに小さいところから入れるわけないやん?

【ミスズマン】
と思うでしょ!
でもね!ネズミは基本アタマが入ったらダメなんだ。
そして今回のハクビシン等は腰骨が入ったらダメ。
腰骨の場合は、頭と違って
無理やりでもひねって侵入できるんだ。
これは人間と同じだね。
ミスズマンもシロアリ駆除の場合とかは
ひねって入りますから。

【ゆう】
へぇ~、これはもう人間目線ではダメだね。
じゃあ、しっかりと封鎖しないとね。

【ミスズマン】
その通り!
レインボーブリッジは封鎖してます!みたいな笑

【ゆう】
・・・。


ハクビシン等の隙間閉塞で注意点

噛みつけるような封鎖の仕方では、
ひきちぎって血だらけになってでも
侵入してきますので、

アルミ板やステンレス、鉄板等の頑丈な素材で
しっかりと隙間が無いように止めましょう。

これは、建築屋さんが行った閉塞です。

以前、ゴキブリ対策の環境的駆除でもお話しましたが、
このような工事は、害虫駆除業者でないとダメなのです。

これらの工事は、

建築工事ではなく、
防虫・防獣工事なのです

このような場合は、
もう少し、細かく説明すると、
歯が入らないように、
そして、ひん曲げてでも入れるような止め方を
しないように、ちょっと手間ですが、
いつも以上にピッチを細かくしてビス止めをしましょう。

 

最後の仕上げは消毒

追い出しをして、閉塞を行い、掃除をしたら
最後は殺菌消臭作業です。

 
ハクビシン等の体に寄生する
ノミやダニの感染症による健康被害には
くれぐれも注意しましょう。

【ミスズマン】
最近、急激に寒さが強まってきました。

これからは、
ハクビシン・アライグマ・ネズミ・イタチ等が
屋根裏へ入ってきます。 

特に、食品工場などの製造工場・物流倉庫・
ビルやホテルは、クマネズミが入ってきますので、
早めの対策を行いましょう。

【ゆう】
小動物が入ってきたら大変ね。

【ミスズマン】
そう。寝不足になったりといった
健康被害もあるけど、

屋根裏の断熱材や木材をかじったりと
家にダメージを受けるんだ。

【ゆう】
なんか聞いたことあるけど、
火事になったりもするんでしょ?

【ミスズマン】
そうなんだ!配線をかじるとね。
好んでかじるわけではないけど、
運が悪ければ火事になるんだ。

【ゆう】
みなさん!早めの対策をしましょー


【虫キライさんわかりあいたい】
ただいまオンラインサロンが
なんと無料サービス期間中です。
FaceBook登録が必須になっています。
登録されていない方でも、私用では使わず
メッセージのやり取りやフェイスブックページだけを
使用されている方もおられますので、
ご興味のある方は、ご登録のほどよろしくお願いします。

オンラインサロン


虫の同定調査(科の判別)
なども受付しております

虫調査.com


害虫駆除・ネズミなど
にお困りの際は、
こちらまでご連絡ください↓
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

【朗報です!】
ヤマトシロアリの点検をはじめました。
床下が土間コンクリートのお家にお住まいの方は、
シロアリ駆除をされない方が増えております。
「でも、多少心配はしている」
という方のために、点検のみをはじめました。
本当は、コンクリートであろうが、必要なのですが・・・。
年中無休で働くシロアリは、いつコンクリートのひび割れから
這い上がってくるか分かりません。
点検くらいは、しておいても良いのではないでしょうか?
点検のみご希望の方は、
こちらまでご連絡ください↓
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム

閲覧注意 孤立死ゼロを目指して!

2019-09-17

本日の弊社は、京都市右京区、下京区、中京区、

滋賀県東近江市、草津市、大津市、守山市の

飲食店のネズミ相談、民泊のネズミ・ゴキブリ相談、

シロアリ駆除、ドバト対策、殺菌消臭、食品工場の防虫対策に

お伺いしました。

 

【ショートコラム】

今日は、久しぶりに行きつけのショップに行ってきました。

お店の雰囲気も少しシックに変わっており、

秋モードになっていました。

 

マーケティングという言葉がありますが、

人それぞれ捉え方が違うようです。

経営者と起業家は、考え方が違いますが、

見込み客を獲得する点については、全く同じです。

私は、以前よりもサボり気味ですが、

このブログを書く時間は、本当に大切にしております。

そして、当社の目標は1万ページであります。

しかし、まだ1,300ページ程度なので、

普通に考えると、1日1ページ書いても

365×24年=8,760ページ+1,300=10,060ページ

これじゃあ、私の代では無理な計算ですよね。

しかも、毎日書けませんし。。。

でも、これは私が生きている間に

成し遂げたいと思っています。

そして、時代は急速に展開していくので、

最新の情報もキャッチしてまいります。


【メインコラム】

8月末から、孤立死されている方が多くて

非常に悲しく思います。

「孤立死ゼロで日本を変える」

そんな想いで今、小さい力ですが発信しています。

 

アパートでの孤立死が非常に多く、

消臭の仕事が多いのですが、

見積もり時点での対応を少し考えないと

いけないなぁと思っております。

 

1日でも早くの、原状回復を望むわけですが、

見積もりから成約までの時間や

日程の都合などで、どんどん状況が悪化していきます。

スズメバチの駆除でいうと、

見積もり時点では、ソフトボールくらいと聞いていたのに、

お伺いしたらバスケットボールになってるみたいな感じで、

臭いのレベルも高くなっていきます。

といっても、相見積りもあるわけですから、

そう思ってるようにはいかないのですが。。。

 

というわけで、

何としても、アパートでの

「見つけてもらえない孤立死をゼロ」

を現実化できるように

世の中に発信していきたいと思いますので、

1人でも多くの人に賛同して頂けたらなぁと思います。

私のもう1つの取り組みがこちら ↓↓↓

おひとりさまストップ孤立死

生前整理・ご遺品整理で、

困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

孤立死対策のおかたづけサポート

2019-09-03

本日の弊社は、福井県あわら市、京都市左京区、南区、

滋賀県大津市、東近江市、甲賀市、大阪市浪速区の

孤立死後の復旧作業、特殊清掃、空き家の家財処分、

飲食店のゴキブリ駆除、食品工場の防虫管理にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

本日9月3日は、当社の設立記念日でございます。

今日で21周年を迎えました。

21年前を振り返ると、仕事の内容も随分と変わりました。

長年、「困ったを助ける」を合言葉に、

一切ブレることなく活動してきました。

もちろん、助けることが出来なかった案件もありますが、

そもそも同業者も対応しない以上、誰が助けるの?

ということで、受けて参りました。

 

これからも、

どんな問い合わせもこの社是を曲げることなく、

サービス提供していこうと思います。


 

【メインコラム】

8月の中旬から、

孤立死された方のお家に行くことが多くなりました。

依頼は、家族・不動産屋さん・アパートのオーナーさんです。

 

当社には、特殊清掃士が在籍しておりますので、

適正な方法で、清掃・消臭・殺菌を行います。

でも、自分の家族・親類が孤立死して欲しくないですよね。

発見者は、想像を絶するつらさを味わいます。

家族・親類の方は、

「絶対に味わって欲しくない」と仰います。

発見から4日では遅い、遅すぎるのです。

 

孤立死は、孤独死と違い、

社会から孤立した方が、誰にも見つけてもらえずに

お亡くなりになることです。

私が経験したのは、死後1年ですが、

最近、私の友人が打ち明けてくれたのが、

自身は死後7年の発見者ということでした。

 

というわけで、

孤立死後の復旧作業は行ってはおりますが、

自分の身内が、孤立死しないための

予防を必ずされることをおすすめします。

 

当社は、おひとり様のサポート

Lifeサポートレッスン

を行っております。

このサービスは1室のみを安価で行い、

生きる活力を持って頂くことが目的の

お片づけサービスであります。

おひとり様は、ぜひ活用して頂けたらと思います。


孤立死対策

おかたづけ相談

などに困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

急増するネコとヒトの孤立死

2019-08-29

本日の弊社は、大阪市此花区、東淀川区、滋賀県大津市、

彦根市、長浜市、近江八幡市のネコ死臭対策、

ゴキブリ駆除、家財整理、化学品工場・食品工場の

防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

ご存じだとは思いますが、当社には通販事業部があります。

現在、通販部門は、最も売り上げが低い事業部に

なっておりますが、リピート方式を取り入れつつ、

少しずつ取り組んで行こうと思います。

 

特に、害虫駆除部門では、

防虫資材から殺虫剤を考えておりますので、

2020年はご期待に添えるようにしたいと思います。

また、現在おすすめのライトトラップ(捕虫器)

フローライトこちらもよろしくお願いします。

http://mirais-net.shop-pro.jp/?pid=139226564

 

【メインコラム】

今月は、非常に残念なことに、

ネコの死骸回収と清掃、消臭殺菌作業が多くなっております。

ネコの場合、気をつけないといけないのが、

何と言ってもネコノミです。

このネコノミの最も簡単な生息調査方法はこれです ↓

床に手を置くことです(真似しないでください)

ネコノミが生息している場合は、すぐさまやって来るので

その時は、清掃後にネコノミ駆除の提案をしましょう。

 

その後は、殺菌消臭施工です。

当社では、殺菌はリンゴ酸、次亜塩素系、

消臭は、バイオ系もしくは、酵素系を併用して行います。

 

8月末は、孤立死現場の復旧作業依頼が

非常に多くなっております。

アパート・マンションのおひとり様サポートも

始めましたので、ご興味がある不動産屋さんは、

ご一報頂けたらと思います。


殺菌消臭で、

困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

おすすめ捕虫器

フローライトの販売はじめました。

こちらからご購入できます ↓

http://mirais-net.shop-pro.jp/?pid=139226564

 

子猫の救出作戦

2019-08-09

本日の弊社は、京都市北区、滋賀県大津市、東近江市、

彦根市、守山市、甲賀市の殺菌消臭相談、ゴキブリ駆除、

食品工場などの防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

今年は冷夏とずっと言っていたのですが、

どうやらハズレのようです。

先ほど、
「ザワつく!金曜日 一茂良純ちさ子の会」

で見たのですが、

「そんな先の天気は分からん」

と石原良純さんが仰っておりましたw

それも1週間先のことです。

 

というわけで、

週間天気予報は、あまり信用しないように

しようと思います。そして、来年の傾向などは、

今回の冷夏情報で騙されたことを学びとして、

アテにしないようにしようと思いますw


 

【メインコラム】

子ネコの救出に向かいました。

壁の中に落ちてしまったようです。

壁を開口し、救出に向かったのですが・・・。

残念ながら、端っこの方で横たわり

天国へ逝ってしまわれました。

「私どもの救出が、もう少し早ければ」

と悔やむ思いでいっぱいです。

 

子ネコの救出後には、

シャットノクサス施工による殺菌施工を行い、

ハンドスプレイヤーによる消臭と殺虫作業を行い、

予防としました。

悔やむ思いではありますが、

お客様も早くの対応と決断をしてくださったので、

ウジが発生するような腐敗した状態になる前に

救出できたことは本当に良かったと思います。

 

私どもは、

人の孤独死後の復旧作業も承っておりますが、

腐敗した状態・誰にも見つけてもらえない最期というのは、

本当にいくら探しても良い点が見つからず、

辛いことを知っておりますので、早くの対応に心がけたいと思います。


 

害虫駆除・害獣対策で

困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

7月からオープンしましたオンラインサロン。

虫キライさん!わかりあいたい

オンラインサロン

このサロンでは、

正しくDIYして頂くための学校みたいな所です。

そして、他にもブログでは知り得ないあらゆる情報も

ご提供させて頂こうと思います。

ぜひ、サロンへお越しくださいませ。

 

生前整理はハードルが高いのか?

2019-07-14

本日の弊社は、兵庫県赤穂市、滋賀県東近江市、守山市、

蒲生郡の孤立死現場の殺菌消臭、食品工場の防虫対策に

お伺いしました。

 

【ショートコラム】

「50歳になると、男の更年期になった」

片岡鶴太郎さんがお話されていました。

鬱々としてくる毎日を過ごす片岡さんは悩みました。

そこで、助言を頂き、出会ったのが瞑想の世界です。

そして、ヨガへと行き着かれました。

ストイックではなく、禁欲とかではなく、

こちらの方が快楽的な生活だそうです。

ここに来て、楽しいを極められたそうです。

 

というわけで、

何事も極めるということは、

楽しくないと出来ないと思いますので、

仕事・趣味・パートナーを

とことん好きになって欲しいと思います。

本当に、片岡鶴太郎さんは125歳まで生きそうですね。


 

【メインコラム】

私が、この世で最も無くなって欲しいと願う

「見つけてもらえない孤独死」

私どもの業務でもある殺菌消臭・特殊清掃は、

無くなって欲しいと思っています。

 

今回も、お一人様がマンションの1室でお亡くなりになり、

ご遺品整理、殺菌消臭のお仕事を行いました。

モノがたくさん溢れているのは、不思議な事ではありません。

何が大切かというと、自身が召された時、

どんなモノを、どんな想いを遺したかったのか?

これを家族や親戚に伝えておくことです。

 

生前整理というと、

とてもハードルが高く大変なイメージが強いです。

でも、大切なことを後世に伝えることが出来たなら

まずはスッキリした気分になってください。

そこからがスタートです。

モノのお片付けは、1人では難しいので、

出来ないことが罪だとは思わないで欲しいと思います。

 

というわけで、

生前整理は、自分のためだけではなく、

次世代にバトンをつなぐためのものなので、

遺品整理の時に、かかる費用を資金準備しておき、

遺言書やエンディングノートに記載しておくことを

おすすめします。

 

近頃は、司法書士や行政書士、相続診断士の先生から

「お客様宅で、どれくらいの費用がかかるのか教えて欲しい」

というお問い合わせが増えて参りました。

昨年と比べたら、非常に関心度が高まっていることが分かりますね。


ご遺品整理・生前整理で

困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

7月からオープンしましたオンラインサロン。

虫キライさん!わかりあいたい

オンラインサロン

このサロンでは、

正しくDIYして頂くための学校みたいな所です。

そして、他にもブログでは知り得ないあらゆる情報も

ご提供させて頂こうと思います。

ぜひ、サロンへお越しくださいませ。

重度の孤独死は無くさなければならない

2019-04-14

本日の弊社は、京都市北区、下京区、

大阪市浪速区、滋賀県大津市、草津市の

家財処分相談、ゴキブリ駆除、防虫ネット相談、

食品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

タクシーの運転手さんには、

いつも感謝している美鈴環境サービスの鈴木です。

認知症患者の方が乗車されると、

運転手さんがトラブルに巻き込まれる

ことが少なくはありません。

「〇〇駅までお願いします」

駅に着いたら、「でも家が分かりません」

とおっしゃる方も。

このような事例をただ今集めておりますので、

また皆さまに情報収集をして参ります。


【メインコラム】

先日、大阪で「笑顔相続」をコンセプトで活動されている

関西相続診断士会にスピーカーとしてお伺いしました。

タイトルは、

「笑顔相続 愛につながる生前整理」

・STOP重度の孤独死(腐敗した状態)

・STOP重度の認知症(ランク2a)

・STOP詐欺被害

と生前整理の必要性を絡めて内容でお話しました。

 

どこへ行っても毎度9割同じ内容なのですが、

残りの1割は、少しアドリブと時事ネタを

入れるようにしています。

私が特に発信しているのが、

 

重度の孤独死を無くしたい

 

ということです。

腐敗した状態の孤独死は、

どこを探しても何一つ良い所がないのです。

01・目の当りにしたらトラウマに
02・親の死に目に会えない
03・お葬式で顔が見れない
04・近所の人が動産をもらってくれない
05・家族が動産をもらってくれない
06・買取業者が動産を引き取ってくれない
07・後世に伝えたかったモノが不明
08・従ってゴミの増加問題にもつながる
09・近隣の迷惑になる
10・隣の方からホテル代等を請求される
11・復旧作業が高額になる
12・相続放棄する人がいる

等が挙げられます。

私は、いくもの現場を見てきました。

この何一つ良い点が見当たらないこの重度の孤独死。

夏場は3日で腐敗します。

2日以内で孤独死を見つける方法を

皆さん、私と一緒に考えませんか?


生前整理・遺品整理

孤独死対策で、お困りの場合は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

 

重度の孤独死をゼロにしたい

2019-03-10

本日の弊社は、京都市上京区、左京区、

滋賀県甲賀市、栗東市のクマネズミ駆除、孤独死現場調査、

食品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

先日、ある社会貢献者から聞いた話なのですが、

駅前のゴミ拾いをしていると、

批判する人がいると聞いて驚きました。

その人たちは、なぜ批判するのかというと、

「自身のアピール」「商売繁盛のために」

と捉えているからです。

 

確かに、そのような意味もあるのかもしれませんが、

「批判」「否定」するという行為は、

誰も得しないので止めておいた方が良いと

思われます。

 

よくSNSでも、批判の投稿をする方がおられます。

投稿者と仲良しだから、可愛そうだから、

コメントされている方もおられますが、

ほとんどの人が、その人をマイナスの

イメージで見ています。

 

というわけで、

自分の発言に責任が持てない場合は、

相手を否定することを

止めておくことをおすすめします。

 

成功者は、否定や批判は大嫌いなので、

覚えておいた方が良いと思います。

ちなみに、今「成功者は否定されるのが嫌いなんだ」

と思った方は、まだまだ勉強が足りない証拠ですよ。


【メインコラム】

今日は、重度の孤独死をされたお客さま宅の

現場に行って参りました。

 

私の事をよくご存じの方は、言うまでもないのですが、

本気で、重度の孤独死を無くしたいと思っています。

(重度というのは、「腐敗した」という意味です)

なぜかと言うと、

 

何にも良いことが無い

 

からです。

・家族が最期を看ることが出来ない

・家族が見たらメガトン級のトラウマになる

・家財がゴミになる

・相続放棄する人がいる

・身寄りがいないと復旧作業代金を
オーナーや不動産が被る
(場合により、税金で復旧作業代金を賄う)

 

良い事など何一つ無いのです。

笑顔で相続しないといけないのです。

こんな悲しいことはあってはならないのです。

 

というわけで、

これからも、重度の孤独死を無くす活動を

やって参りますので、皆さま賛同してくださると

嬉しいです。


 

特殊清掃・遺品整理・

生前整理で、困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

換気口のコウモリ

2019-02-16

本日の弊社は、京都市左京区、中京区、下京区、

滋賀県大津市、彦根市のセミナー相談、墓じまい相談、

食品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

ブランチ大津の近況報告でございます。

広大な土地が少しずつ変わっていくさまを見ると

楽しみで仕方がありません。

土台づくりは、中々パットしない景色なのですが、

ここが肝心なので、〇〇みたいに違法工事しないように

して欲しいと思います。


 

【メインコラム】

昨年、お問い合わせが殺到しましたコウモリ駆除ですが、

今年ももうすぐやって来ます。

このシーズンは、まだ屋根裏で固まってじっとしています。

 

屋根裏に営巣する場合は、どうしても高額な仕事に

なってしまうのですが、換気口対策だけの場合は、

低額で対策ができます。

 

しかし換気口の場合でも、

隣の家と間隔が無いため、ハシゴが掛けられず、

① 足場を組まないといけない

② 高所作業車が必要

だという場合は、誠に残念なのですが、

費用がかかってしまいます。

たかが、換気口のために、数十万は、

施工側も気が引けるのが正直のところです。

 

当社は、お客様の「困ったを助ける」

社是に活動しているのですが、

もっと大事なのは、社員の安全であります。

だから、足場の確保は、

どうしても費用が削れないのが正直なところです。

 

コウモリの対策は、

まず追い出しをして、隙間を埋めるが基本です。

これは、イタチやネズミ等の小動物と全く同じであります。

そして、害虫とは違い、

掃除と消毒、時にはノミ駆除も必要になる場合があります。

 

殺菌消毒や掃除は、

プロ目線から判断しますと

居住者が見えない病に侵されることを防ぐ

かなり重要なことですので、おすすめしておりますことを

本年もご理解願います。


 

コウモリや小動物で

困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

最高級レベルの方が取る行動

2019-02-01

本日の弊社は、神奈川県横須賀市、滋賀県彦根市、東近江市、

守山市の食品工場・食品倉庫の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

キャパシティオーバーに挑戦しようとしている

美鈴環境サービスの鈴木です。

私は、基本的に衛生管理事業・整理事業・通販事業と

ホームページの内部SEO対策に日々取り組んでおります。

この内部SEOには、かなり力入れているのですが、

さらに、もう1社増えたので、ホームページのブログ更新が4つ。

サイト内の見直しが2社分となるわけです。

 

というわけで、

今年は、実務とデスクワークの両者が

間違いなくキャパを超えるカタチとなりますので、

実は、ここからが始まりだと思っています。

おそらく、これを乗り越えると、

それはもう、今まで見たことが無い

景色が見えることだと思いますので、

頑張って参りたいと思います。


 

【メインコラム】

先日は、排水管の水漏れが原因で、

床下にヘドロがたまってしまったお家のお掃除と

殺菌消臭作業にお伺いしました。

 

この時期の床下は、恐ろしいくらい寒いです。

這いつくばって仕事をするのですが、

お腹や背中が冷えてしまうので、

体調が悪いと、リーチ一発で風邪をひきます。

 

じゃあ、もう少し暖かくなってからにすれば良いのでは・・・。

 

と思われるかもしれませんが、それではダメなのです。

なぜかというと、

虫が発生するからです。

 

というわけで、

床下の点検は今のうちにすることをおすすめします。

毎年、この冬場に床下清掃の依頼が多くなるのは、

虫などが繁殖することを危惧されているからなのです。

さらに最高級にレベルの高い方は、

シロアリが集まりやすい場所

(いわゆる暖房が効く部屋の床下)

があるので、今のうちに見て欲しいとなるのです。

 

ちなみに、当社は床下点検のみの場合は、

シロアリも含めて15,000円(税別)+交通費で

行っておりますので、気になる方はご一報頂けたらと思います。

※床下の清掃や消毒、シロアリのお見積もりは無料


 

床下清掃で、困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

 

« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ