滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘滋賀・京都の殺菌消臭’

換気口のコウモリ

2019-02-16

本日の弊社は、京都市左京区、中京区、下京区、

滋賀県大津市、彦根市のセミナー相談、墓じまい相談、

食品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

ブランチ大津の近況報告でございます。

広大な土地が少しずつ変わっていくさまを見ると

楽しみで仕方がありません。

土台づくりは、中々パットしない景色なのですが、

ここが肝心なので、〇〇みたいに違法工事しないように

して欲しいと思います。


 

【メインコラム】

昨年、お問い合わせが殺到しましたコウモリ駆除ですが、

今年ももうすぐやって来ます。

このシーズンは、まだ屋根裏で固まってじっとしています。

 

屋根裏に営巣する場合は、どうしても高額な仕事に

なってしまうのですが、換気口対策だけの場合は、

低額で対策ができます。

 

しかし換気口の場合でも、

隣の家と間隔が無いため、ハシゴが掛けられず、

① 足場を組まないといけない

② 高所作業車が必要

だという場合は、誠に残念なのですが、

費用がかかってしまいます。

たかが、換気口のために、数十万は、

施工側も気が引けるのが正直のところです。

 

当社は、お客様の「困ったを助ける」

社是に活動しているのですが、

もっと大事なのは、社員の安全であります。

だから、足場の確保は、

どうしても費用が削れないのが正直なところです。

 

コウモリの対策は、

まず追い出しをして、隙間を埋めるが基本です。

これは、イタチやネズミ等の小動物と全く同じであります。

そして、害虫とは違い、

掃除と消毒、時にはノミ駆除も必要になる場合があります。

 

殺菌消毒や掃除は、

プロ目線から判断しますと

居住者が見えない病に侵されることを防ぐ

かなり重要なことですので、おすすめしておりますことを

本年もご理解願います。


 

コウモリや小動物で

困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

最高級レベルの方が取る行動

2019-02-01

本日の弊社は、神奈川県横須賀市、滋賀県彦根市、東近江市、

守山市の食品工場・食品倉庫の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

キャパシティオーバーに挑戦しようとしている

美鈴環境サービスの鈴木です。

私は、基本的に衛生管理事業・整理事業・通販事業と

ホームページの内部SEO対策に日々取り組んでおります。

この内部SEOには、かなり力入れているのですが、

さらに、もう1社増えたので、ホームページのブログ更新が4つ。

サイト内の見直しが2社分となるわけです。

 

というわけで、

今年は、実務とデスクワークの両者が

間違いなくキャパを超えるカタチとなりますので、

実は、ここからが始まりだと思っています。

おそらく、これを乗り越えると、

それはもう、今まで見たことが無い

景色が見えることだと思いますので、

頑張って参りたいと思います。


 

【メインコラム】

先日は、排水管の水漏れが原因で、

床下にヘドロがたまってしまったお家のお掃除と

殺菌消臭作業にお伺いしました。

 

この時期の床下は、恐ろしいくらい寒いです。

這いつくばって仕事をするのですが、

お腹や背中が冷えてしまうので、

体調が悪いと、リーチ一発で風邪をひきます。

 

じゃあ、もう少し暖かくなってからにすれば良いのでは・・・。

 

と思われるかもしれませんが、それではダメなのです。

なぜかというと、

虫が発生するからです。

 

というわけで、

床下の点検は今のうちにすることをおすすめします。

毎年、この冬場に床下清掃の依頼が多くなるのは、

虫などが繁殖することを危惧されているからなのです。

さらに最高級にレベルの高い方は、

シロアリが集まりやすい場所

(いわゆる暖房が効く部屋の床下)

があるので、今のうちに見て欲しいとなるのです。

 

ちなみに、当社は床下点検のみの場合は、

シロアリも含めて15,000円(税別)+交通費で

行っておりますので、気になる方はご一報頂けたらと思います。

※床下の清掃や消毒、シロアリのお見積もりは無料


 

床下清掃で、困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

 

1回の服用で感染拡大まで防止するゾフルーザ

2019-01-25

本日の弊社は、神奈川県横須賀市、愛知県名古屋市、

京都府八幡市、久御山郡、京都市南区、滋賀県大津市、

彦根市、長浜市のホテルのダニ予防対策、防虫対策、

食品工場、物流倉庫の防虫対策、公共施設のゴキブリ相談、

虫検定相談にお伺いしました。

 

【インフォメーション】 

前橋市は23日、同市の特別養護老人ホームで

入所者35人がインフルエンザに集団感染し、

このうち80歳代から90歳代の男女5人が

死亡したと発表しました。

 

直接の死因は肺炎など、もともとあった疾患の悪化でしたが、

市はインフル感染と死亡との関連は否定できないとしています。

入所者と職員は全員、2018年11月に予防接種を受けていました。

市によると、施設はインフルエンザ流行を受けて

今月10日から面会制限を始めていました。

同日午後に1人が発症、その後も感染者が増えたため

15日に市に報告しましたが、

同日から22日にかけて5人が相次いで死亡しました。

 

前橋市保健所は17日、18日に立ち入り調査を行い、

感染拡大の防止策を徹底し、入所者の健康観察を

強化するよう指導しております。

18日以降は、新たな発症者は確認されていないようです。

※日本経済新聞引用

 

これは、先日の記事ですが、

本日も新たに、インフルエンザ感染者が

増加しているニュースがありました。

1回の服用で済み、且つ感染拡大防止の役目を持つ

新薬のゾフルーザが出現し、世の中は注目しています。

製薬会社では手代木マジックで有名な塩野義製薬が、

またまた利益率を上げていくかというところ(現在1位)です。

 

ところが・・・。

なんと、株価が反落したのです。

というのも、治療薬に耐性をもつ変異ウイルスが検出されたのです。

下がった今、狙い目かもしれないですが、少し様子を見たいですね。


 

殺菌で困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

インフルエンザはプラスチック製品に注意

2019-01-21

本日の弊社は、愛知県名古屋市、京都府京丹波町、京都市中京区、

滋賀県守山市、彦根市、大津市の生前整理相談、化学品工場の

防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

1月半ばが過ぎ、インフルエンザが蔓延してきました。

今日、養護老人ホームで、職員合わせた193人中74人が

インフルエンザに集団感染するといった最悪の事態が起こりました。

部屋はすべて個室でしたが、職員が発症したのが要因とされています。

 

そして、死亡者は7名と残念な結果になってしまったのですが、

これは、完璧に防御するのは、非常に難しいので、

やはり、職員のマスク徹底や手洗い等、

また、高齢者の食事による対策、室内の加湿、トイレ内の殺菌等に

取り組み続けていくしかないと思います。

どの施設でも、取り組まれているのですが、

ウイルスはやはり、手ごわいのが現状です。

 

というわけで、

特に、共同トイレ。

そして、ドアノブ。

さらに、よく触れるプラスチック製品

要注意なので注意してください。

 

なぜか、プラスチック製品は、

ウイルスが残りやすいというデータが出ているので、

注意しなくてはいけないことを覚えておくと良いと思います。


 

殺菌対策のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

遺品整理時の相続放棄に注意すべき点

2018-12-25

本日の弊社は、京都市中京区、西京区、滋賀県甲賀市、

大津市、彦根市、福井県敦賀市の引っ越しサービス、

床下清掃相談、殺菌消臭相談、食品工場・フィルム工場の

防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

訪日外国人にも、絶大な人気を誇る、

交流サイトなどを通じて知名度も高く、

トイレや個室スタイルでも有名なラーメン屋 一蘭が、

新たな挑戦をされます。

 

この一蘭は、20年前にプロジェクトチームを設け、

豚不使用の豚骨風スープに近づけた事で、

2019年に東京都新宿区に第1号店を開くそうです。

さらに、既存店とはごっちゃにせず、

No Pork店として展開されます。

特に、世界で増加しているイスラム教徒は、

豚を口に出来ません。

しかし「ラーメンを食べたい」の声が高まっているので、

その困ったを現実にする事にしました。

プラ製のストロー禁止などもそうですが、

あらゆる社会問題を議題に挙げ、

解決の糸口につながるビジネスは、

本当に素晴らしいと思います。

 

というわけで、

私も2019年1月、片付け需要の増加で起こり得る

社会問題を解決する糸口に取り組む団体を

立ち上げますので、どうぞよろしくお願い致します。


 

【メインコラム】

この時期になると、重度の孤独死・孤立死で

お亡くなりになる方が多くなります。

 

この重度というのは、腐敗した状態をいいます。

この重度の孤独死でお亡くなりになると、

家族のほとんどの方が、

「全部捨ててください」とおっしゃいます。

 

ニオイがひどく、ハエの発生があると、

どうしても、捨てざるを得ない状態になります。

 

そして、家財処分、解体やリフォームなどの

復旧作業に費用がかかるために、

時には相続放棄をされる場合もあります。

 

この相続放棄ですが、おすすめはしませんが、

どうしてもされる方に、アドバイスをしたいと思います。

1.プラスの財産(積極財産)しかなくても相続放棄はできます

2.プラスかマイナス(消極財産:債務・借金)か

 どっちか分からない時は、必ず調べる

3.遺品整理や復旧作業などの費用は払う必要はありません

 ただし、注意しなくてはいけないことがあります。

・被相続人の連帯保証人になっている場合は、

あくまでも保証人として払う必要があります。

・家財は、できるだけ触れないようにした方がいいです。

明らかに価値がないようなものでも、念のために

疑われないようにしてください。

高価なものなどを持ち去ったりしてしまうと、

単純承認として見られ、相続放棄できなくなります。

 

というわけで、

相続放棄をしないためにも、

ゴミの量も増やさないためにも、

近隣に迷惑をかけないためにも、

家族・友達・うちの子に迷惑をかけないためにも

孤独死しないように取り組んで頂きたいと思います。


 

生前整理・ご遺品整理・

生前整理サポート契約の

ご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

※ ブログ内のコラム宣伝を受け付けています。

コラム内容は、当社の仕事に関連するものに限ります。

現在、ショートコラム(約500文字)

1日での掲載料金は、540円(税込)です。

 

メインコラム(約1000文字)

1日の掲載料金は、1,080円(税込)です。

ご興味のある方は、お問い合わせ受け付けております。

 

当社のブログは、SNSなどの時系列とは違い、

半永久的に残ります。(Google Word Press)

集客にご利用くださいませ。

俺流 遺品の本当の意味

2018-11-30

本日の弊社は、滋賀県彦根市、守山市、近江八幡市の

孤独死後のハエ除去清掃、家財処分、

食品工場の防虫管理にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

今日は、行きつけのお店、近江ちゃんぽん亭に

久々に行きました。素敵な女性が4人働いているお店です。

 

そしたら、Uさんがこう言いました。

Uさん 「あれから、メニューがガラッと変わったんですよぉ」

鈴木 「チャーハン無くなったの?」

Uさん 「そうなんですよ。その代わり、TKGになったんです」

鈴木 「TKGって何?」

Uさん 「たまごかけご飯」

鈴木 「笑」

 

スゴク驚きました。

Uさんがふざけていたわけではなかったのです。

メニュー表を見たら、

「TKG(たまごかけご飯)」となっていたのです。

 

この話、みんな喋りまくると思います。

一瞬にして、無料で雇える営業マンの出来上がりです。

案の定、数時間で5人に伝えました。

 

というわけで、

今日は、ビジネスの基本にふり返ることができました。

言葉の力!先日も清水寺の森貫主から

有り難い講話を頂きました。

私も、もっと言葉を学ばないといけないなぁ

とつくづく思いました。


 

【メインコラム】

今日は、孤立死後の家財処分にお伺いしました。

特殊清掃と殺菌消臭を終了して、

卵から孵ったハエの最終除去と家財処分を行いました。

 

今回は、相続人もおられない。

近隣の苦情から発見されたパターン。

さらに、ワンちゃんも一緒に亡くなっていた。

私が、1番無くしたい孤立死後の作業でした。

 

こんな悲しいことはないです

 

このような場面の残置物は、

遺品にもならないのです。

 

私はいつも言うのですが、

遺品の「遺」は、ただ残す品なんていう軽いモノではなく、

亡くなった人の品でもなく、次世代に遺すという意味なのです。

 

だから、元気なうちに

生前整理をして

想いを伝えないといけないのです。

 

というわけで、今回の家財処分。

久しぶりに、心苦しいお仕事となりました。

これからの時期は、孤独死が増えるので、

 

なんとか、皆さん!

他人事と思わずに、

ご近所さん、ご両親、お友達を

気にかけて頂きたいと思います。


 

生前整理・ご遺品整理・

特殊清掃・殺菌消臭のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

※ 新事務所はNTTが通らない地になります。

eo光になるため、フリーダイヤルが

無くなりますことを、深くお詫び申し上げます。

 

中日新聞に掲載されました

2018-11-14

本日の弊社は、京都市右京区、中京区、滋賀県大津市、

長浜市、彦根市、高島市の遺品整理、生前整理相談、

食品工場・製薬会社・化学品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

2017年度、葬儀の受注件数で1番になったのが、

ネット企業ということに驚いた美鈴環境サービスの鈴木です。

 

大阪市のユニクエストさまの定額葬儀サービスは、

安さだけではなく、余計な料金がかからない「明朗会計」で

急成長されました。しかし、業界トップも業界シェア率は3%。

危機感しかないとおっしゃる重野社長さま。

 

当社も、笑顔相続につながるご遺品整理・生前整理・

孤立死後の復旧作業をしているので関連しています。

当社もまだまだネットのお問い合わせは少なく、

広告費に力を入れざるを得ないです。(日経MJより)

そして、リアルへの発信の大切さは、

これを経験しているからこそ分かるものだと思います。

私も本当に、痛感しており、

これからはリアル発信を心がけて参ります。


 

【メインコラム】

先日11月8日に、中日新聞社さまより

「人生100年の裏で、孤独死・孤立死を考える」

というテーマで記事を掲載して頂けました。

 

私は、11月4日でも

京都府長岡京市で、講演の機会を頂いたのですが、

そこでも1番最初にお伝えしたSTOPは、

 

重度の孤独死

 

でした。

そして最後に、残した言葉も孤独死のことでした。

私は、この記事のタイトルのように、

 

こんな仕事いらない

 

と思っています。

何にも良いことが無い孤独死・孤立死後の復旧作業は、

何度もこのブログで申し上げています通り、

社会貢献ゼロです。

 

だから声を大にして、

これからも私のSTOPを伝えていきたいと思います。

私は、全国で7番目の環境経営士でもあります。

環境経営士とは、環境保全を取り入れて経営していくことです。

 

「廃棄物削減の取り組み」

 

ここに焦点を合わせて、

まずは日本。そして世界へ行きたいと思います。


 

生前整理・ご遺品整理

孤独死後の復旧作業のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

※ 新事務所はNTTが通らない地になります。

eo光になるため、フリーダイヤルが

無くなりますことを、深くお詫び申し上げます。

 

3本の矢を放つ美鈴環境サービス

2018-10-26

本日の弊社は、京都府相楽郡、久世郡、京都市伏見区、

滋賀県守山市、草津市、近江八幡市、長浜市の

化粧品工場の防虫相談、食品工場の防虫対策に

お伺いしました。

 

【ショートコラム】

美空ひばりさん、小泉今日子さん、とんねるずさん、

KinKi Kidsさん、AKB48さん、欅坂46さん、乃木坂46さん

などのスターの曲をつくり、グローバル化も素晴らしい功績を

残している秋元康社長の企画術が大好きな

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

先日のブログで、

尊敬しているとお伝えした叶美香さんに次いで、

敬意を表しているのが、放送作家、音楽プロデューサー、

作詞家、映画監督という凄腕の秋元康さんです。

 

私は、秋元社長の一言だけを、経営に取り入れています。

 

すごいね よりも ありえない

 

です。この精神を忘れずに、夢に向かって進みたいと思います。


 

【メインコラム】

今日は、ある新聞社からの取材を受けました。

掲載が11月初旬なので、

まだ新聞社名と詳しいタイトルはお話出来ませんが、

人生100年を題しての企画で、

私が持つ3つの熱い想いの1つ

 

STOP重度の孤独死

 

について語らせて頂きました。

何一つ良いことの無い重度の孤独死。

最近、パートナーがいない私の友人が、

口を揃えて言うのが、

 

「どうせ、死んだら分からんし」

「後の人が片づけてくれるから」

 

です。

 

とんでもない!

 

友人だからこそ、絶対に言わんといて欲しいんです。

私どもは、特殊清掃や殺菌消臭の仕事をしています。

これは、やっている者しか分からないです。

 

・悲しむ人がたくさんいます。

・ご近所さんも困ります。

・業者も困ります。

・大切なものがゴミになります。

・家族は後悔しかありません。

・復旧に高額費用がかかります。

・相続放棄もされます。

・社会貢献もできません。

 

死んだら分からない!

とんでもないですよ!

 

そう思っているのは、今だけです。

成仏出来ると思っていたら大間違いです。

だから、声を荒げてでも主張するのです。

 

というわけで、

私は、3つのSTOPのうちでも、

この重度の孤独死を特別な想いをもって仕事をしています。

これからも、私は訴えていきたいので、

共感して下さる方は、ぜひお友達になって欲しいと思います。


 

生前整理・遺品整理・特殊清掃・

殺菌消臭のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

※ 新事務所はNTTが通らない地になります。

eo光になるため、フリーダイヤルが

無くなりますことを、深くお詫び申し上げます。

 

孤独死後の消臭手順

2018-09-24

本日の弊社は、京都市右京区、滋賀県彦根市、近江八幡市、

東近江市の生前整理相談にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

皆さんは、新幹線で大移動する時、

どのようにお過ごしになられますでしょうか?

1.事務仕事をする

2.読書をする

3.睡眠をとる

これは答えが別にあるわけではありませんが、

私のおすすめは2番の読書であります。

なぜかというと、私見ではありますが、

1番の事務仕事は、普段の時間内でこなせないと

そもそも仕事の体制に問題があります。

3番は、仕事をする上で当たり前のことです。

 

しかし、2番の読書は忙しくしていると、

意外と時間は取れないものです。

しかし、読書も本の内容にもよると思います。

例えば、勉強するための教育本なら私は良いと思いますが、

それ以外のビジネス書や、マナー本などは、

売るための本として出版されているのがほとんどなので、

それなら今の世の中ユーチューブで十分

学べると私は思っております。

 

というわけで、私は1~3どこにも属さないタイプで、

新幹線の中では、妄想や瞑想をすることにしています。

自分がビジネスで成功するイメージをつくる時間って

なかなか普段は無いので、利用しているわけです。

あまり、深く入ってしまいますと、

3番の睡眠になるので気をつけましょう。

—————————————————————————-

 

【メインコラム】

秋から冬になると、孤独死でお亡くなりになる方が多くなります。

これは、夏場の疲れであったり、

急激に寒くなると裸になるエリアであるお風呂やトイレで、

心筋梗塞などで、そのままということが多くなるのです。

 

特に、お風呂やトイレが北方向にある場合は要注意です。

これは、環境開運学である風水を学んでおられる方なら

ご存じだと思いますが、冬場は北風が吹くのでNGなのです。

ですから、鬼門である北東は注意しなくてはいけませんし、

これを知識として持っていることで、

お風呂やトイレに入る前に、意識をしっかりと持つことが出来ます。

 

さて、孤独死後の復旧作業で最初にしなくてはいけないのが、

その現場の殺菌消臭作業です。特に10日前後なら必須です。

そして同時に残置物の処分をし、その日から換気をすることで、

かなり早くニオイを取ることが出来ます。

臭いレベルが5(最大)の場合は、解体も必要です。

 

ところが、この通り事が進まない場合がほとんどです。

なぜなら、私達の要望よりも近隣の苦情と

見積もりを優先してしまうからです。

窓を開けないで欲しいと言われたら、開けられなくなります。

すると、取りきれずに残っているニオイがこもり出します。

見積もりが通らなかったら、いつもまでもそのままです。

 

というわけで、

殺菌消臭剤は、バイオ・酵素・抗菌消臭など色々ありますが、

作業の手順はすべて同じなので、大して差は無いことを

ご理解願います。

 

ただし、市販のものはちょっと難しいと思います。

私どもは、警察署ご用達の専門の薬品を使用しております。

 

そして、よく言われるのがオゾン消臭。

これも、中々ニオイが取れません。

同業者も、高額購入したけど「使えない」と言います。

 

臭いは0.02秒で脳に達します。

消臭作業は、ご協力の元で行わないと中々難しいことです。

今回のお客さまは、すごく協力して頂き、

窓の換気もしてくださるので、安心であります。

—————————————————————————-

 

殺菌消臭に関するご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

滋賀県T町殺菌消臭1 滋賀県T町殺菌消臭2 滋賀県T町殺菌消臭3 滋賀県T町殺菌消臭4

孤独死後の殺菌作業は必要か?

2018-06-06

本日の弊社は、福井県小浜市、京都市左京区、上京区、

滋賀県大津市、草津市、近江八幡市の殺菌施工、

ゴキブリ駆除、ネズミ駆除にお伺いしました。

 

民泊に求められているものが、

安さよりも日常生活であることに驚いている

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

外国人が民泊を選んだ理由の第1位が、

「一般家庭の日常生活を体験したい」

そして、民泊に泊まって驚いたことの第1位が、

「清潔感」だそうです。

日本人って、つくづく頭の固い人種だなぁと思います。

しかし、最近、この国は調子が悪いですよね。

オリンピックまでは、取り戻して欲しいものです。

———————————————————————–

 

さて、孤独死が急増しておりますが、

驚くことに40代~50代が増えているようです。

そこで今日は、あまり公表されていないことを

お伝えしたいと思います。

 

孤独死された後の入室の危険性です。

48時間以内は、浮遊菌がまだまだ元気に生存しております。

そして、何よりも死後10日までは、感染症の問題があるので、

血液や体液の除去には、充分注意をしなければいけません。

 

もし、肝炎や病原菌が感染すると、

命を落としてしまう可能性があるので、

皆さんも注意してください。

私たちは、孤独死されて10日以内の作業依頼は、

価格も通常よりアップするのでご了承ください。

 

では、10日以降なら安全かというと、

それがそうでもないのです。

 

実は、温湿度の影響で1ヶ月以上経過しても、

感染するケースは充分にあるのです。

 

というわけで、

孤独死された後の期間は関係なく、

入室する時には、

必ず殺菌作業 をすることをおすすめします。

 

空間部分と触れる可能性の高い

ドアノブや腰の位置にあるもの。

そして孤独死された箇所は、殺菌剤を散布して、

自身のカラダを護るようにしてください。

———————————————————————–

 

殺菌消臭のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzu_expert@excite.co.jp

特殊清掃バイオスタート施工⑤ 特殊清掃バイオスタート施工⑥

« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ