滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘滋賀・京都の分別・仕分作業’

改正相続法も重要なのは「ありがとう」の感謝の言葉

2019-07-03

本日の弊社は、福井県あわら市、京都市中京区、

滋賀県草津市、栗東市、彦根市、米原市の貴金属査定、

医薬品・食品工場、ホテルの防虫対策にお伺いしました。

 

【メインコラム】

皆さんもご存じのとおり、改正相続法が施行されました。

民法の相続に関する規定(相続法)が約40年ぶりに

大きく変わり、そのうちいくつか重要な変更点が

7月1日に施行されました。

 

まず、注目されるのは、「特別寄与料」の新設です。

一般に親の介護で子どもが生前に大きな貢献を

していた場合、「寄与分」といい、

遺産分けに繁栄してあげる決まりがあります。

でも従来は、法定相続人に限られていました。

例えば、良く有るのが「義理の父を介護していた」

嫁というケースは対象外でありました。

 

「こんなに、あなたのお父さんの面倒を看てきたのに・・・」

 

そうした嫁らの不満に応えるのが、

特別寄与料というものです。

故人の子どもの配偶者らが、

貢献分の財産をもらおうと

義理の兄弟らに請求できる権利です。

 

金額は介護期間などに応じて決まり、

財産が少なければ受け取れない可能性はあるのですが、

権利が認められたのは前進だといわれています。

 

しかしです。

こうしたやりとりだけで本当にもらえるのでしょうか?

生前に、義理のお父様に公正証書の遺言書に

特別寄与分のことを遺してもらわないと

いけないのではないでしょうか?

また、家族同士でコミュニケーションもしっかりと取り、

親戚一同のもと認めてもらえるような関係づくりに

励むべきではないでしょうか?

 

かなり綺麗ごとに聞こえるお話ですが、

 

「ありがとう!面倒看てくれて」

 

この言葉が素直に出る

関係づくりをして欲しいと願うばかりです。

※一部日本経済新聞引用


3つのお片付け

相続・介護・モノの整理に

困ったご相談がおありの方は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

第19回 京都相続診断士会 定例会のご報告

2019-05-03

京都相続診断士会の副会長を

させて頂いております鈴木です。

 

昨日は、第19回京都相続診断士会の

定例会が行われましたので、

ご報告をさせて頂きます。

 

令和元年1発目の、

今回は、初の2部構成で、

第一部が、京都相続診断士会 谷岡前会長が

 

「もっと早く相続診断士に出会っていたら」

 

というタイトルで、実体験のお話をしてくださいました。

突然、親の死に直面し、大変な想いをされた谷岡先生。

突然の訃報に、

 

「何をして良いかわからない」

「涙を流すヒマもない」

「突如くる悲しみと溢れ出す泪」

「そして、やって来たマイナスの相続」

 

もっと早く、相続診断士に出会っていたら・・・。

両親・家族を悲しませなくても良かったのではないか?

私たち、相続診断士は、

お困りになられている方の声を

聞いてあげられる素晴らしい仕事をしている。

笑顔相続のために、個々に何が出来るか?

改めて、考えさせてくださいました。

そして、谷岡先生も「泪 → 涙」へ、

リセットされているように思えました。

 

第二部は、令和元年5月1日に

笑顔相続サロンを開設されました

京都相続診断士会 小笹会長より、

 

「相続診断士として何がしたいか!」

 

をグループワークで、

相続診断士の役割や相続診断士として

自分は何をしていきたいかなどを

皆さんで共有できる時間を作ってくださいました。

 

まさに、ゴールデンウィークに

相応しいゴールデンな

前会長と現会長のコラボ企画で、

4班に分かれ、各テーブルの意見を見て回り、

考えをシェアする和気あいあいな時間となりました。

 

私は、エンドユーザーが何を知りたいのか?

ここにもっと着目していかなければならないのでは

ないかと考えております。

講師をする立場の人間は、

私も含めて、話やすいことを話すし、

自身で「これが知りたいのではないか?」と予測して

セミナー等をしますが、私はもっと心の声を聞いて

いきたいと思います。


【場所】
イベントスペース京都
京都市下京区鶏鉾町493ビルムーンバットビル7階
http://www.eventspacekyoto.com/access

京都相続診断士会に

ご興味がおありの方は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

2日で孤独死を発見するために

2019-04-24

本日の弊社は、京都府京丹波町、京都市東山区、山科区、

滋賀県彦根市、近江八幡市、大津市の生前整理、

ヘビ対策、食品工場・化学品工場の防虫対策に

お伺いしました。

 

【ショートコラム】

先日は、志し高い住職お2人とお会いし、

僧侶としての志しを今一度、

改めていかないといけないというお話を頂きました。

私は、仏教に興味深く、説経も大好きなのですが、

最近は、ビジネス先行で考えられる事も多く、

少し残念です。

そんな中、心を改めないといけないお話を聞き、

安心した今日この頃でした。


【メインコラム】

今月は、生前整理の大切さについて

スピーカーとして登壇させて頂く機会を

たくさん頂きました。

 

私が、いつも真っ先にお話させて頂くのが、

 

STOP重度の孤独死

 

です。非常にドぎつい話でして、

映像などは、私は絶対に映さないのですが、

体験談などをお伝えするのでかなり暗くなります。

専門家の方々には、まだ良いのですが、

一般の方には、ちょっとハードルが高すぎるので、

次回から一般のお客様には、

もう少し気楽に聞けるようにしようと思います。

 

では、なぜ私が

腐敗した孤独死を無くしたいか?

 

その理由は、何一つ良い事がないからです。

特に家族が、

・死に目に会えない

・葬儀でちゃんと送れない

・相続放棄をする

からです。さらに、細かく言うと、

01・目の当りにしたらトラウマに
02・親の死に目に会えない
03・お葬式で顔が見れない
04・近所の人が動産をもらってくれない
05・家族が動産をもらってくれない
06・買取業者が動産を引き取ってくれない
07・後世に伝えたかったモノが不明
08・従ってゴミの増加問題にもつながる
09・近隣の迷惑になる
10・隣の方からホテル代等を請求される
11・復旧作業が高額になる

が挙げられます。

誰が好んで、重度の孤独死を望みますか?

望んでないことなら、無くしたいじゃないですか?

でも、お金の払えないお一人様はどうすればよいの?

人は何だかんだと言って、

非営利では動けないのです。

社会貢献するにはお金が必要といいます。

それでは進まないのです。

自分の力の無さに悔しいです。

特に言葉の力と存在の弱さに。。。

 

私は、もうひとつの会社を持っています。

売り上げの数%でも良いので、

社会貢献活動にまわしたいと思い、

立ち上げたのが、この社会整理士育成協会です。

オフィシャルサイトはこちら → http://shakaiseirishi.com/

 

これから、自分がすべきことをまとめ、

1歩ずつ行動していきたいと思います。

AI商品にも期待していますが、

愛あるコミュニティも大切に・・・。

 

そして、

「STOP自治会離れ」

と声を大にして言いたい。

 

夏場は3日で腐敗します。

2日以内で孤独死を見つける方法

皆さん、私と一緒に考えませんか?


 

生前整理・相続など

困ったご相談がおありの方は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

講師も悪くないかも

2019-04-18

本日の弊社は、京都市左京区、上京区、

滋賀県大津市、彦根市、草津市、栗東市の

講演依頼、食品工場・飲食店・化学品工場の防虫対策に

お伺いしました。

 

【ショートコラム】

最近、急激に食欲が無くなってきている

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

多分、病気と言うわけではなく、

食の改善をしているせいだと思います。

野菜中心にしているため、肉系を食べると、

すぐにお腹がいっぱいになってしまいます。

そのせいか炭水化物を食べると、

苦しくなってしまうので、

最近は、ものすごく健康な食生活を過ごしています。

実は、なるべくしてなったのです。

でも、あえてその理由は伏せときます。


 

【メインコラム】

昨日は、地元の滋賀県相続診断士会で

スピーカーをさせて頂きました。

地元ということで、すごくリラックスでさせて頂きました。

何か、講師業も悪くないなぁと思えてきました。

先週の、関西相続診断士会に続いて、

お話させて頂いたのですが、滋賀会はどの会よりも

持ち時間が多く、80分きっちりお話させて頂きました。

 

今回は、特に最近の時事ネタも含めて、

滋賀県の事例も細かくお話させて頂きました。

 

私の話は、スタートから絶望的に暗く、

まるでお通夜みたいです。

カテゴリー自体が、孤独死・認知症・詐欺被害なので、

アニメ風のイラストを中心に、お話をさせて頂いております。

また寸劇も入れており、楽しんで頂けたらと思います。

 

もし、お片付けのことが気になる方がおられましたら、

一度お声かけして頂けたらと思います。

お片付けをすることで、心の扉が開きます。

生前整理の素晴らしさは、やったものにしか分かりません。

ご興味がある方は、ご連絡を頂ければと思います。


 

生前整理・遺品整理

孤独死対策で、お困りの場合は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

令和に虐待は似合わない

2019-04-15

本日の弊社は、神奈川県川崎市、兵庫県西宮市、

和歌山市、京都市南区、滋賀県彦根市、草津市、

湖南市、近江八幡市の戸建てのネズミ駆除、

トビケラ相談、防虫ネット相談、食品工場の防虫対策に

お伺いしました。

 

【ショートコラム】

次世代を担う若者には、

ぜひ松岡修三さんを見習って欲しいと思う

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

天才でなくとも、才能が無くても

ウィンブルドンでベスト8まで行けるのです。

と松岡修三さん本人は語っておられます。

 

実は、松岡さんよりも勝ち越し、

当時、天才と呼ばれていた人がおられます。

その方は、荻野目洋子さんを妻に持つ

辻野隆三(つじのりゅうそう)さんです。

しかし、結果的には松岡さんの方が上に行ったのです。

それは、なぜかと言うと、

辻野さんよりも努力をして、自分自身を信じ続けて、

目標を達成させようとしていたからです。

エリートコースに進んだ辻野さんは、

そこで実力の差を感じてしまい、

戦意喪失してしまったのです。

 

というわけで、

夢を持ってあきらめずに努力をし続ければ、

きっと叶いますので、頑張って欲しいと思います。


【メインコラム】

介護施設の虐待が、2016年と2017年を比較して

13%増の510件と最多になったことが、

厚生労働省で発表されました。

2016年度に施行された高齢者虐待防止法に基づいて、

都道府県や市町村が通報や相談を受けて

対応した件数をまとめました。

 

介護施設で、職員による虐待を受けた被害者は、

計854人。死亡者は0人でした。

虐待の種類は、

①暴行を加える等の「身体的虐待」511人。
②暴言を吐く等の「心理的虐待」261人。
③おむつを替えない等の「介護等放棄」144人。

虐待の発生要因は、

教育・知識・介護技術に関する問題が303件と

全体の6割を占めています。

次いで「職員のストレスや感情コントロール」が

133件に上り、施設職員の育成や労働環境の改善に

課題があることが改めて裏付けられました。
※日本経済新聞引用

 

私は、介護関連のお仕事をされている方々は

民生委員さん同様に、素晴らしい

社会貢献者だなぁと思っていました。

ところが、このようなお話を聞くと残念で仕方がありません。

 

実は、当社が運営母体で今年度よりスタートした

一般社団法人 社会整理士育成協会に所属する

社会整理士さんにも、現役ヘルパーさんがおられますが、

本当に立派な方で、私は尊敬しています。

 

その社会整理士さんの事を、

ケアマネージャーさんは、

 

「どのヘルパーさんに声を掛けても断られる
お客様を率先して手を挙げてくださる。
こんな頼りになる方は中々おられない」

 

とおっしゃいます。

そのスーパーヘルパー&社会整理士が、

この度、当会のお片付け班に飛び込んでくれたのです。

特に、認知症を患っておられる方の

おかたづけは素晴らしい能力を発揮してくださります。

 

「もしかしたら、今は捨てると言っておられるが、
後でどこやった?って言われるの違うかな?」


という具合に、

彼女は、そういったモノを予め予測できるのです。

これは、私には出来ない技です。

 

当社には、

①認知症を患った方の気持ちを

 察することができるお片付け専門家

②障害の子と育てる親御さんの気持ちが

 分かるお片付け専門家

 

がおられます。色んな相続手続きがある中で、

おかたづけは最後になることが多いです。

笑顔で終焉を迎えて頂くためにも

非常に重要なポストだと感じています。

もう虐待など止めましょう。

令和のごとく、日本人特有の平和の心にリセットしましょう。

ぜひ、頼って頂けたらと思います。


 

生前整理・遺品整理

孤独死対策で、お困りの場合は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

さまよう故人データ(上)

2019-02-13

本日の弊社は、京都府京丹波町、滋賀県草津市、彦根市、

近江八幡市の遺品整理相談、食品工場の防虫対策に

お伺いしました。

 

【メインコラム】

皆さま、デジタル遺品整理という言葉を

お聞きしたことがおありだと思います。

 

このデジタル遺品整理ですが、

・どのような場面で必要か?

・実際どのような手続きをすれば良いのか?

・もし、しなかったらどんなことが起こるのか?

 

分からないと思います。その中で今日は、

どのような場面で必要か

をお話をしたいと思います。

 

では、このデジタル遺品整理は、

一体どういう場面で必要かと言いますと、

まず、資産価値のある機器関連がある場合です。

 

要注意なのは、証券口座やネットバンキングです。

相続時に未発見になっていても、

徐々にプラスの財産(積極財産)や

マイナスの財産(消極財産)が発覚し、

最悪な場合は相続で争う、

争族になってしまいます。

 

さらに、私見ですが、今後心配なのは、

SNSやブログです。

乗っ取りやなりすまし被害が、

今よりももっと増えることが予測されています。

知らない間に、悪用されて独り歩きする危惧もあるのです。

 

それから、

ネットオークションや有料アプリ愛用者です。

これも前述同様に、乗っ取りやなりすましが考えられますし、

使用料金が滞納されていたり、自動引き落としによる

トラブルもあります。

AIが、これから益々普及され、便利な時代になる一方、

新たに、このようなトラブルが起こるのは、

仕方がないのですが、

やはりモノの片づけや遺産の相続同様に、

生前対策が必要になってきます。


臓器提供の場合は、免許書の裏に記入欄がありますが、

このような機密情報は記載することはできません。

では、何に記載しておいたら良いでしょうか?

 

というわけで、

生前対策とエンディングノートは

セットと考えることをおすすめします。

時には、遺言書に記載する必要があることも・・・。

このエンディングノートがもっと普及しないと

デジタル遺品整理で困る人が続出してしまいますね。


 

もし、お片付け・相続でお困りの際は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

相続について学ぶわけ

2019-01-23

本日の弊社は、奈良市、京都府美山町、京都市右京区、

福井県小浜市、滋賀県八日市市、守山市、草津市の

食品工場・包材工場の防虫対策、ビジネスホテルの

ダニ対策相談にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

経営者の皆さんは、これから物価がチョロチョロ上がっていくことを

承知の上、ビジネスをしていかなければいけません。

日本は、他国に比べると非常に緩いので、

あまり、危機感が無いかもしれませんが、

実質の経常利益は、大きく減ったりしているので、

真剣に取り組まなければいけません。

 

だから、経営者はしんどい

 

これは私は、否定しています。

起業家と経営者を比べた時、

どうしてもマネーの使い方や考え方は大きく違うのですが、

会社が大きくなった時は、起業家以上の事が出来ると考えるからです。

これは、あくまでも私見なので、各々意見があると思います。

でも、私は経営者で良かったなぁと

心底思っている今日この頃です。


 

【メインコラム】

今日は、奈良県で相続法について学んできました。

最近、私が相続について勉強しているのには理由があります。

それは、皆さんが笑顔相続で迎えられるように、

しっかり、道先案内人としてアドバイスできるようになりたいからです。

 

では、どの業務で使うのか?というと、

実は、おかたづけ。生前整理や遺品整理です。

どういう関係があるの?と首を傾げる方もおられると思いますが、

この知識があるのと無いのでは、

全く違うことが実務経験で分かりました。

 

というわけで、いま私は、

 

さらに貴方の困ったを助ける

 

スーパーミスズマンになる修行をしております。

チーム作りは完了ですが、

自分自身のスキルももっと磨こうと考えています。

困ったことがあれば、

何なりとお知らせくださいね。


 

生前整理・遺品整理・生前対策

の困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

笑顔相続につながる生前整理セミナー

2019-01-20

本日の弊社は、滋賀県大津市の

食品工場のねずみ・防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

世の中には、ネットビジネスで億を稼いでいる人がたくさんいます。

彼らたちは、SNSの中で、

「楽して儲けている」とか「怪しい商法」だとか

思われています。かなり叩いている人の記事もみます。

 

しかし、私はブログを今まで920ページ以上

書いているので、よく分かるのですが、

彼らは、私以上にブログとメルマガを書きます。

本も出版しますし、勉強会にも精力的に参加します。

 

というわけで、

「決して楽して儲けている」

わけではないので、年収や年商はさておき、

そこのところは理解しておいた方が良いと思われます。

人生を幸せに過ごしたいのであれば、

「人のために行動すること」

だと私は思いますけど、いかがなものでしょう。


 

【メインコラム】

先日は、和歌山県で生前整理について講演をして参りました。

私が掲げている6つのSTOPのうち3つを主に触れ、

お話して参りました。

 

廃棄物の処理の仕方などは、市によってもルールが違います。

かなり、特殊な知識がいるのですが、

この知識を身に着けるためには、

実務を経験する他ないものと私は思います。

ですから、セミナーでは、事例をたくさんお話します。

心を込めて、感情をむき出しにして、情景が浮かぶように、

お話しているつもりです。

 

今回、熱く語らせてもらったのは、

やはり、生前対策をしないと後々困ることになるのは、

ご自身だけではなく、次世代の者。

だけではなく、この国も困ることになる可能性が・・・。

 

というわけで、

・腐敗した孤独死を無くしたい

・重度の認知症を減らしたい

・詐欺被害を無くしたい

・廃棄物増加問題に取り組みたい

・ペットの殺処分や責任感のない引き取りを減らしたい

・相続で争族を無くしたい

ほか相続、不動産、介護、保険等で相談に乗って欲しい方は、

お問い合わせ頂けたらと思います。


 

生前整理・遺品整理・生前対策

の困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

孤立死してもいいなんて絶対に言うな!

2018-12-08

本日の弊社は、滋賀県東近江市、守山市、京都市南区の

ネズミ駆除、瓦修理、食品工場・病院の防虫対策に

お伺いしました。

 

本日の画像は、閲覧注意です

 

【ショートコラム】

ついに、オレオレ詐欺に警官が騙されました。

警察官が、高齢者女性の息子をかたる男と

電話で話したにもかかわらず詐欺だと見抜けず、

女性が約300万円を騙し取られていたことが分かりました。

 

捜査関係者によると、

金融機関が11月下旬に、

「高齢女性が、家具を買うといって300万円をおろしている!」

と通報しました。

対応した50代の男性巡査部長は女性に、

家族に確認させて欲しいと求め、

女性が携帯電話で息子をかたる男に連絡し、

巡査部長も通話したのだが、

「家具を買うという話を聞いている!」

とする男の話に納得し、対応を打ち切ったそうです。

女性はその後、息子の代理人を名乗る男に、

現金300万円を渡し、

息子本人からの電話で詐欺だと気づいたということでした。

(一部、日経新聞引用)

 

私も何度も申し上げておりますが、

空き家問題や孤立死問題などが多くなるこのご時世。

詐欺被害というのは、右肩上がりで上昇します。

街の安心を作るのが仕事の警察官は、

もちろんだと思いますが、自身がもっと危機感を持つように

して頂きたいと思いますね。


 

【メインコラム】

冬になると、孤立死の復旧作業が多くなります。

私は、「腐敗するような孤立死は、何もいい事が無い!」

「絶対に無くさないといけない!」とあちこちで訴えています。

すると、未婚の私の友人が、このように言います。

 

「別に、孤立死してもいい。後の人が片づけるから」

 

私は、この友人が残念で仕方がありません。

腹が立ちます。「まず、私が悲しみます」

そして、ゴミが増えます。後世に遺しておいたモノも

思い出もゴミになります。それから近隣の方も迷惑します。

相続人がいなければ、

復旧作業代金は、オーナーか最悪の場合、市の税金です。

何一つ良い事はなく、むしろ迷惑ばかりかけるのです。

 

だから、

「孤立死してもいい」

なんて絶対に言わないで欲しいんです。

 

というわけで、

人類みな兄弟なのですから、

お隣近所の方々と、出来るだけコミュニケーションを、

SNSを使っている人は、毎日友人や家族と

連絡を取り合うなどの対策をして頂くことを

心からお願いしたいと思います。

 

皆さん、生命保険や火災保険は入るでしょ?

でも、それ以外の備えはなぜしないのですか?

死後事務委任契約をもう少し考えられることを

おすすめします。

私は、そのためにも生前整理をおすすめしております。


 

生前整理・ご遺品整理・

生前整理サポート契約の

ご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

※ ブログ内のコラム宣伝を受け付けています。

コラム内容は、当社の仕事に関連するものに限ります。

現在、ショートコラム(約500文字)

1日での掲載料金は、540円(税込)です。

 

メインコラム(約1000文字)

1日の掲載料金は、1,080円(税込)です。

ご興味のある方は、お問い合わせ受け付けております。

 

当社のブログは、SNSなどの時系列とは違い、

半永久的に残ります。(Google Word Press)

集客にご利用くださいませ。

 

第15回 京都相続診断士会 定例会のご報告

2018-12-07

京都相続診断士会の広報担当の

美鈴環境サービスの鈴木です。


昨日は、第15回京都相続診断士会の

定例会が行われましたので、ご報告させて頂きます。

 

今回は、

「認知症時代のこれからの備え~成年後見制度の活用など」

というお題で、高齢者が増加する中で、

必要とされる備えについて

 

NPO法人 障がい者・高齢者市民後見STEP

代表理事の竹村哲也さまにご登壇頂きました。

認知症の備えには、任意後見契約

死後の備えに、死後事務委任契約

(この死後事務委任契約には、当社も関連する遺品整理も含まれております。)

 

入院・入所の備えには、身元保証人の確保

さらに争族対策では、遺言・保険の活用。

そして、延命治療に関する、自分の意思を記すなど

エンディングノートの活用も含め、

これらをワンストップでご提案すると良いとご享受頂きました。

 

私が、掲げる6つのSTOPの中には、

STOP重度の認知症があります。

先日のホンマル奈良ラジオでもお話させて頂きましたように、

私は、要るいらないの判断が出来なくなったら、

それは、もう本人の声を聞きながらお片付けできない

遺品整理と同じだといつも声を大にしてお話しております。

 

備えが大切なことは、誰もが知っています。

火災保険には、加入しますが、

地震保険には加入する人は少ないです。

遺言書は、もっと書きません。

 

では、どうすれば、分かってもらえるのでしょうか?

ここからは、想いを伝える力を学ばないといけませんよね。


 

生前整理・ご遺品整理・

生前整理サポート契約の

ご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

※ ブログ内のコラム宣伝を受け付けています。

コラム内容は、当社の仕事に関連するものに限ります。

現在、ショートコラム(約500文字)

1日での掲載料金は、540円(税込)です。

 

メインコラム(約1000文字)

1日の掲載料金は、1,080円(税込)です。

ご興味のある方は、お問い合わせ受け付けております。

 

当社のブログは、SNSなどの時系列とは違い、

半永久的に残ります。(Google Word Press)

集客にご利用くださいませ。

 

« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ