滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘困ったを助ける’

地域の連携はここでも重要

2019-02-21

本日の弊社は、京都市下京区、奈良市、滋賀県長浜市、

彦根市、守山市の生前整理相談、化学品工場・飲食店の

防虫対策にお伺いしました。

 

【メインコラム】

結核患者が増しており、日本国内への持ち込み対策が

重要になっております。

 

まず結核とは、何なのか?をお話したいと思います。

感染症法で2類(危険性が2番目に高い)に指定され、

体内で増殖した結核菌の活動で肺などの臓器が

破壊される恐ろしい感染症であります。

 

厚生労働省によると、

仮に感染したとしても体の免疫力次第では、

菌の活動を抑えられすれば発症せず、

他人にもうつらないとされています。

しかし、加齢や体調不良などで免疫力が低下すると

発症するリスクが高まってしまいます。

一般的には、6~9ヶ月程度の投薬で

治癒することが多いそうですが、

2017年には、約2300人がお亡くなりになられています。

 

さて、2012年から2017年で、

患者数は5年で1.4倍となっている結核。

日本への渡航前に発症した人もいるとみられますが、

現行の検疫体制では把握が難しいといわれています。

 

厚生労働省などは、

結核の罹患率が高いフィリピンや中国など

6か国を対象に入国前の検査を義務付ける方針を

決め、相手国と調整を始めるとしています。

なぜなら、日本で発症する外国人のうち、

なんと!約8割が6か国であるからです。

 

さて、感染拡大を防ぐには、どうすれば良いのでしょうか?

 

1.国内の受け入れ先が定期的に健康診断を実施する

2.結核に関する知識の周知徹底

3.外国人の診療体制を整備する(通訳・翻訳など)

4.診療できる病院に速やかに移す

5.地域の連携を行う

 

と挙げられています。

これからの我が国は、どんな場面でも

地域の連携が必要となってくるのではないでしょうか?

※日本経済新聞参照


 

害虫駆除で、困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

 

おすすめ捕虫器

フローライトの販売はじめました。

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

クマネズミを駆除するコツ

2019-02-20

本日の弊社は、大阪市東住吉区、京都府京丹波町、

京都市中京区、滋賀県東近江市、近江八幡市、長浜市の

遺品整理相談、ネズミ駆除、化学品工場・食品工場の

防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

約40年ぶりに相続法が改正されました。

2018年7月に民法が変わり、

2019年の7月に大半変わろうとしています。

 

今回の改正は、「配偶者を守る」がポイントになっています。

何か、馬鹿げた話だと思いませんか?

だって、「配偶者を守る」って当たり前のことですよね?

そんなことでわざわざ大改正っておかしい世の中です。

配偶者居住権と相続発生後に同意が無くても

一定額の預貯金が引き出せる制度はかなり強力で、

メリットあればデメリットもありだと思います。

この先どうなるか心配なポイントだと思っています。


 

【メインコラム】

クマネズミがとうとう部屋にまで降りてきました。

屋根裏で運動会をしていたそうですが、

「近頃、お部屋で糞が落ちている」

とお客様から情報がありましたので、調査をした結果、

パックリ穴が開いているところがありました。

 

よく見ると、周辺の桟や桁が齧られ、

黒ずんだラットサインも著しい状態でした。

ここからが、クマネズミさんの試練の場です。

屋根裏や壁の中という人間が入れない空間で

走り回っている分には、安全かもしれませんが、

とうとう居住空間に降りてきてしまったのです。

※時に、齧ってでも降りてくる場合もあります。

 

こうなると、彼らも捕まってしまう可能性が高くなります。

私たちプロ業者も

 

追い出すから捕まえる

 

という手段を取らないといけなくなるのです。

 

というわけで、

クマネズミの駆除ポイントは、

ストレスを与えるというところに

着目することをおすすめします。

 

粘着トラップは、

捕まえるためだけのものではない!

 

これを知っておくと良いですね。


 

ネズミや小動物で

困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

換気口のコウモリ

2019-02-16

本日の弊社は、京都市左京区、中京区、下京区、

滋賀県大津市、彦根市のセミナー相談、墓じまい相談、

食品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

ブランチ大津の近況報告でございます。

広大な土地が少しずつ変わっていくさまを見ると

楽しみで仕方がありません。

土台づくりは、中々パットしない景色なのですが、

ここが肝心なので、〇〇みたいに違法工事しないように

して欲しいと思います。


 

【メインコラム】

昨年、お問い合わせが殺到しましたコウモリ駆除ですが、

今年ももうすぐやって来ます。

このシーズンは、まだ屋根裏で固まってじっとしています。

 

屋根裏に営巣する場合は、どうしても高額な仕事に

なってしまうのですが、換気口対策だけの場合は、

低額で対策ができます。

 

しかし換気口の場合でも、

隣の家と間隔が無いため、ハシゴが掛けられず、

① 足場を組まないといけない

② 高所作業車が必要

だという場合は、誠に残念なのですが、

費用がかかってしまいます。

たかが、換気口のために、数十万は、

施工側も気が引けるのが正直のところです。

 

当社は、お客様の「困ったを助ける」

社是に活動しているのですが、

もっと大事なのは、社員の安全であります。

だから、足場の確保は、

どうしても費用が削れないのが正直なところです。

 

コウモリの対策は、

まず追い出しをして、隙間を埋めるが基本です。

これは、イタチやネズミ等の小動物と全く同じであります。

そして、害虫とは違い、

掃除と消毒、時にはノミ駆除も必要になる場合があります。

 

殺菌消毒や掃除は、

プロ目線から判断しますと

居住者が見えない病に侵されることを防ぐ

かなり重要なことですので、おすすめしておりますことを

本年もご理解願います。


 

コウモリや小動物で

困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

さまよう故人データ(上)

2019-02-13

本日の弊社は、京都府京丹波町、滋賀県草津市、彦根市、

近江八幡市の遺品整理相談、食品工場の防虫対策に

お伺いしました。

 

【メインコラム】

皆さま、デジタル遺品整理という言葉を

お聞きしたことがおありだと思います。

 

このデジタル遺品整理ですが、

・どのような場面で必要か?

・実際どのような手続きをすれば良いのか?

・もし、しなかったらどんなことが起こるのか?

 

分からないと思います。その中で今日は、

どのような場面で必要か

をお話をしたいと思います。

 

では、このデジタル遺品整理は、

一体どういう場面で必要かと言いますと、

まず、資産価値のある機器関連がある場合です。

 

要注意なのは、証券口座やネットバンキングです。

相続時に未発見になっていても、

徐々にプラスの財産(積極財産)や

マイナスの財産(消極財産)が発覚し、

最悪な場合は相続で争う、

争族になってしまいます。

 

さらに、私見ですが、今後心配なのは、

SNSやブログです。

乗っ取りやなりすまし被害が、

今よりももっと増えることが予測されています。

知らない間に、悪用されて独り歩きする危惧もあるのです。

 

それから、

ネットオークションや有料アプリ愛用者です。

これも前述同様に、乗っ取りやなりすましが考えられますし、

使用料金が滞納されていたり、自動引き落としによる

トラブルもあります。

AIが、これから益々普及され、便利な時代になる一方、

新たに、このようなトラブルが起こるのは、

仕方がないのですが、

やはりモノの片づけや遺産の相続同様に、

生前対策が必要になってきます。


臓器提供の場合は、免許書の裏に記入欄がありますが、

このような機密情報は記載することはできません。

では、何に記載しておいたら良いでしょうか?

 

というわけで、

生前対策とエンディングノートは

セットと考えることをおすすめします。

時には、遺言書に記載する必要があることも・・・。

このエンディングノートがもっと普及しないと

デジタル遺品整理で困る人が続出してしまいますね。


 

もし、お片付け・相続でお困りの際は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

第16回 京都相続診断士会 定例会の報告

2019-02-09

本日は、滋賀県湖南市、大津市、東近江市の

食品工場の防虫対策、病院の防虫対策にお伺いしました。

 

今日は、先日行われた

第16回 京都相続診断士会 定例会のご報告です。

 

「障害者がいるご家族への
相続相談事例研究」

相続診断士として知っておきたい
障害者とその家族のことについて

 

を「親心の記録®」公認アンバサダー

Office NICOの藤井奈緒先生にご享受頂きました。

 

「普通、我が子のお葬式やお墓の事なんて
考える人いますか?」

 

私は、この言葉に胸を打たれました。

自分や両親の生前対策だけではなく、

子どもの生前対策も必須でしないといけない!

子どもをお持ちの方は、皆さんそう考えるべきだと思いました。

これこそ、次世代へつなぐ笑顔相続 愛だと思います。

素晴らしいお話を頂きました。

 

私は、いつもお片付けをする立場で講義を聞くのですが、

知的障害者の方の両親が亡くなった後の遺品整理や、

知的障害者の生前整理・遺品整理を承ったとき、

どのように対応するべきなのかを考えると、

かなり難しいことだなぁと思いました。

 

ちょっとばっかし、勉強したからといって

その方の気持ちは、分かることは絶対にできないです。

私は、こんな時はやはり藤井先生のような方に、

同行して頂かないといけないと思いました。

 

成年後見人やヘルパーの人に委ねるだけでは、

私の理想である生前整理・遺品整理は

いつもうまくいかないので、

このような状況だと100%難しいと感じました。

 

というわけで、

この生前整理や遺品整理というのは、

ただのお片付け屋さんでは出来ないということを

知っておいた方が良いと思われます。

当社は、分別と仕分けだけではなく、

お客様の想いやあとの事もしっかりと考えて行います。

 

もし、お片付け・相続でお困りの際は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

二重壁の中のネズミ対策

2019-02-08

本日の弊社は、大阪府浪速区、滋賀県守山市、近江八幡市、

彦根市、大津市のお店のネズミ駆除、飲食店・食品工場の

防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

コミュニティを作ったもの勝ち

という流れになってきておりますが、

おそらく50%正解で50%不正解です。

どういうことかというと、

このコミュニティつくりというのは、

私的には、異業種の場合は不正解とみています。

 

なぜかと言うと、

ずっと長く一緒にいられないからです。

でも、同じ志のコミュニティならいかがでしょうか?

こちらの場合は、正解だと考えています。

 

というわけで、

コミュニティを作る場合は、同じ志を持った人同士で

集まることをおすすめします。


 

【メインコラム】

屋根裏を走り回っている

クマネズミの駆除にお伺いして3か月。

暗視カメラを設置し、毒餌と粘着マットを併用した後、

屋根裏での動きは1ヶ月で無くなったのですが、

どうやら壁の中に移動したようで、

頻繁に音がするようになりました。

 

そこで、写真のように壁を開けてみたところ、

クマネズミの脱糞と死骸が多く確認されたため、

粘着マットと毒餌で対策しました。

木部も真っ黒になっており、

ラットサインもひどく付いていました。

また、天井裏に移動する可能性がありますが、

そこには仕掛けがたくさんあるので、

罠にかかってくれると思います。

 

居心地の良い場所が、

どんどん無くなってきているので、

クマネズミにとってもストレスになってきているはず。

そろそろ引っ越しを考えてくれるのでは

ないかと思います。


 

ネズミ・害虫駆除で困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

戸袋を閉め忘れたら・・・

2019-02-05

本日の弊社は、奈良県生駒市、京都府宇治市、滋賀県彦根市、

近江八幡市、福井県あわら市の生前整理、医薬品工場・食品工場・

フィルム工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

安倍首相は、東京オリンピックが終わってもインバウンド戦略を

継続し、増やし続けることとしておりました。

しかし、その思惑がうまく行かない可能性が出てきました。

なぜかと言うと、皆さんもご存じの事と思いますが、

中国経済が大不振に陥ってしまっているからです。

(実はもう数年前から危険視されている)

トランプ大統領の関税作戦もしかり、ちょっとトランプさんを

なめていたように思われます。

 

この状態だと、爆買い中国人は2021年で姿を消す可能性が

出てきております。そして企業の夜逃げも増え、

日本に逃げ込んでくることが予測もされています。

今、中国人が土地を買いあさっているのは、

そのためとも一部では報じられています。

 

というわけで、

今後は、日本人と中国人との関係は、

商いをする上でも、非常に重要になってくるので、

視野に入れておくことをおすすめします。

私も一昨年前から、中国人の方を探しておりますが、

一目惚れがまだありませんので、

引き続き出会いを探したいと思います。


 

【メインコラム】

クマネズミが大運動会を始めたお客様宅へ行って参りました。

最初に管理していた店舗は、1回の作業で被害も足音も

無くなったのですが、まったく別の戸建てに移動したようです。

 

和の天井だから、走った時の音が

イタチ等のちょっと大き目の小動物と勘違いするほどの

大きな音がします。

今回は、戸袋をわざと開けて置き、

押入れに入って来るように仕掛けました。

そこに、エサと仕掛けを設置し、監視中であります。

 

この作業に至ったのは、

もし、戸袋を閉め忘れた時、どんな事が起こるのか?

と考えたら、確率の問題ですが、押入れの中が荒らされて、

クレームになるのでは無いかと思ったのです。

 

というわけで、

今回は、一か八か戸袋をわざと開けて置き、

押入れの中に入ってもらう作戦に踏み切りました。

この場合、考えられるのは、

素直に降りてきて捕獲して終了のパターンと、

さらに警戒心を深めてしまい、駆除が難しくなることです。

もし、捕獲に失敗したとしても、さらに奥の手があるので、

問題は無いのですがね。


 

ネズミ・害虫駆除で困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

故人データがさまよう時代

2019-02-04

本日の弊社は、福井県あわら市、京都市南区、中京区、左京区、

山科区、滋賀県守山市、大津市の店舗のネズミ駆除、

食品工場の防虫対策にお伺いしました。


 

【ショートコラム】

今日は愛犬Leoの2歳の誕生日です。

バースデーケーキは、じゃがいも・ブロッコリー・にんじん等で

人間とはえらい違いであります。

待ち遠しくて、待っています。

年に一度のごちそうです。彼にとっては最高の日です。

いつも家の中を明るくしてくれるLeoに感謝です。


 

【メインコラム】

エンディングノートがもっと普及しないと

デジタル遺品整理で困る人が続出してしまいます。

 

遺品整理には、思いを後世に遺すものとは逆に

引き継ぎたくないものもあります。

もしデータ系のものを放置してしまったらどうなるのか?

 

・秘密にしたかったものがバレた時にどうなるのか?

・現状のSNS側のデジタル資産への対応はどうなのか?

・亡くなった人の携帯電話の取り扱い

 

について、今までの事例もふまえてお話したいと思います。

 

① 見覚えの無いメール
デジタル遺品整理をしようとPCのメールを開いたら、

父が知らない女性と恋愛関係にあったことが発覚。

母が悲しまないように、息子さんが内緒に削除した

という事例があります。

データ消去をお店に依頼する場合も、

笑顔相続を第一優先として対応が必要です。

 

② かなりの確率である男性が隠しているモノ

片づけをしていると高確率で見つかる18禁モノ。

雑誌・ビデオの他にスマホやPC内がそれに当たります。

奥さまは、特に何もおっしゃらない方が多いですが、

娘さんは、「えぇ~ショック!」と言われる事が多いです。

片づけする側も、娘さんがおられる場合は、

充分に配慮して行います。

 

③ SNSで知らない女性と恋仲に

特にLINEは要注意といわれています。

他のSNSと比べても、文章の親しみ感が違うので、

友人なのか恋人なのか分からなく誤解を生んでしまう

ことも多々あるといいます。

これは、今後非常に問題となるはずなので、

サービス提供側も対応を急ぐはずです。

 

法整備はまだまだのSNSは、本人の死後も

第三者への譲渡や貸与、相続を認めないのです。

では、SNS各社のデジタル遺産への対応は

どのようになっているか見ていきましょう。

 

【フェイスブック】

本人が事前に追悼アカウント管理者を設定。

遺族もアカウント削除など依頼が可能である。

 

【グーグル】

本人は一定期間操作がない時のデータ削除や

引き継ぎを設定できる。遺族の削除依頼も可能。

 

【ツイッター】

遺族のアカウント削除依頼が可能

 

【LINE】

遺族のアカウント管理は不可だが、削除依頼は可能。

最終アクセスから1年たてばLINE社が削除する

ケースもあるという ※日本経済新聞より引用

 

このように、各サービスによって異なります。

そして、これは知っておいて欲しいことです。

スマートフォンのデータ削除やパスワード解析

といった整理の場合です。

これらは、すぐ処理ができるパソコンとは違い、

手続きが少々厄介です。

 

まずは、契約状況を調べる必要があります。

契約解除料金が発生する場合は、

携帯ショップで速やかにお支払いをした後、

解約手続き・一時休止・廃止手続きが完了次第、

専門店で各種処理を行います。

 

なお、ドコモ・au・ソフトバンクなどの携帯電話3社は、

スマホについては、遺族の頼みでも解約できません。

そもそも簡単に解約できるようでは、

セキュリティの意味が無いのですが・・・。

楽天さんのサービスに期待かな?

 

ということで、

前回に続き、エンディングノートには必ず必要事項を記載し、

そして、どこに保管してあるのかを家族に伝えておいてください。


 

もしデジタル遺品整理・相続相談

でお困りの方は、こちらまでご連絡ください。

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

衝撃の屋根裏の正体はハクビシン

2019-02-03

本日の弊社は、福井県若狭町、滋賀県高島市、守山市、栗東市、

京都府久世郡の食品工場・製紙工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

滋賀県大津市のびわこ競輪場の跡地に、

大和リースの大型商業施設「BRANCH大津(ブランチ大津)」が

2019年11月に開業予定されています。

ちなみに現在は、このような感じです。

敷地面積は、約5万㎡でお店は30店舗。

公園の中に商業施設がある感じで、

ちょっとしたアウトレットモールのような感じだそうです。

この地は、私の祖母が働いていた場所なので、

思い出があります。

コンクリートの競輪場から緑のある公園が出来ると聞いて、

待ち遠しくて仕方ありません。

また、工事の進捗状況をお知らせして参りたいと思います。


 

【メインコラム】

空き家が増えると、動物の棲み家にもなるので、

注意しなくてはなりません。

イタチ・ハクビシン・アナグマ・アライグマ等は、

鳥獣保護法という法律のもとに、

適正な方法で駆除しなくてはなりませんので、少々厄介であります。

 

ハクビシンでお困りになっているお客様宅に

行って参りましたら、屋根裏がこのような状態でありました。

自分の家の屋根裏がこのような状態だったら、

絶対に嫌ですよね。

 

では、実際どのように対策していくのかと言うと、

まずは、ターゲットの調査です。種の同定をしないと対策が打てません。

種の判定が出来たら、次は追い出す方法を考えます。

当社は、捕獲という手段を取らず、

追い出して入って来ないようにする方法で行っています。

あるスペシャリストの力をお借りしているのですが、

本当に信頼の出来る方で、社長自ら現場で仕事してくれます。

 

もちろん保証も2年あります。

一度、塞いだ隙間は、人の手によって破壊されるか、

大きな天災による破損もしくは新しい隙間が出来る以外は、

そんなに簡単に壊れないので、永久に大丈夫です。

 

というわけで、

小動物や鳥獣にお困りの際は、

出来るだけ早い対策が求められますので、

お問い合わせ頂けると助かります。

 

写真のような状態になってしまうと、

住人の健康被害の危惧もあり、

大掛かりな清掃と殺菌消臭と追加作業が

増えて参りますので、注意された方が良いです。


 

害虫駆除で、困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

 

おすすめ捕虫器

フローライトの販売はじめました。

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

 

 

最高級レベルの方が取る行動

2019-02-01

本日の弊社は、神奈川県横須賀市、滋賀県彦根市、東近江市、

守山市の食品工場・食品倉庫の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

キャパシティオーバーに挑戦しようとしている

美鈴環境サービスの鈴木です。

私は、基本的に衛生管理事業・整理事業・通販事業と

ホームページの内部SEO対策に日々取り組んでおります。

この内部SEOには、かなり力入れているのですが、

さらに、もう1社増えたので、ホームページのブログ更新が4つ。

サイト内の見直しが2社分となるわけです。

 

というわけで、

今年は、実務とデスクワークの両者が

間違いなくキャパを超えるカタチとなりますので、

実は、ここからが始まりだと思っています。

おそらく、これを乗り越えると、

それはもう、今まで見たことが無い

景色が見えることだと思いますので、

頑張って参りたいと思います。


 

【メインコラム】

先日は、排水管の水漏れが原因で、

床下にヘドロがたまってしまったお家のお掃除と

殺菌消臭作業にお伺いしました。

 

この時期の床下は、恐ろしいくらい寒いです。

這いつくばって仕事をするのですが、

お腹や背中が冷えてしまうので、

体調が悪いと、リーチ一発で風邪をひきます。

 

じゃあ、もう少し暖かくなってからにすれば良いのでは・・・。

 

と思われるかもしれませんが、それではダメなのです。

なぜかというと、

虫が発生するからです。

 

というわけで、

床下の点検は今のうちにすることをおすすめします。

毎年、この冬場に床下清掃の依頼が多くなるのは、

虫などが繁殖することを危惧されているからなのです。

さらに最高級にレベルの高い方は、

シロアリが集まりやすい場所

(いわゆる暖房が効く部屋の床下)

があるので、今のうちに見て欲しいとなるのです。

 

ちなみに、当社は床下点検のみの場合は、

シロアリも含めて15,000円(税別)+交通費で

行っておりますので、気になる方はご一報頂けたらと思います。

※床下の清掃や消毒、シロアリのお見積もりは無料


 

床下清掃で、困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

 

« Older Entries Newer Entries »
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ