滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘信頼信用の駆除’

齧って火事

2017-12-02

本日の弊社は、京都市南区、滋賀県大津市の

クマネズミ駆除にお伺いしました。

 

最近、生命保険や損害保険に、

興味を持っている美鈴環境の鈴木です。

 

今まで保険と聞くと、敬遠していたのですが、

知らないと損をすることが、ものすごく分かりました。

今後は、保険に関しても、困ったを助けることができそうですよ。

 

さて、工場や屋根裏に、

クマネズミ が飛び込んでくる12月に入りました。

先日、韓国ドラマを見ていたら、ネズミが走っていましたw

(写真の右下)

日本では、ありえませんが、自然で本当にいいものです。

 

寒くなると、外で食べ物が無くなるので、

どうしても、食を求めて、建物の中に入ってきます。

 

もし、侵入してきた場合は、

一刻も早く、対処しないといけません。

なぜかというと、その建物が棲み家となってしまうからです。

ネズミが建物に棲みついてしまうと、

健康被害だけではなく、経済被害も及ぼしてしまいます。

柱や欄間など、大切なものまで齧ってしまいますし、

電気配線をかじって火事になることもしばしばあるのです。

 

ということで、

もし、ネズミ対策を講じていない方は、

せめて、出入口周辺や屋根裏に

粘着マットを設置しておくことをおすすめします。

何かと出費の多い時期ですが、

もしお財布に余裕がございましたら、一報頂けたらと思います。

 

小動物・ネズミなどの害獣にお困りの方は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

韓国ねずみ

12月に突入もびわこ虫健在

2017-12-01

本日の弊社は、京都市上京区、北区、福井県敦賀市、

滋賀県彦根市、守山市、大津市の屋根瓦相談、ネズミ駆除、

ゴキブリ駆除、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

久々に家族で、たこ焼きパーティがしたいのに、

中々、OKサインが出ないことに悲しい美鈴環境の鈴木です。

 

もう、あれこれ何年していないか分からないのですが、

我が家のたこ焼きは、いろいろな具材を用意するので、

それが1つネックになっているのかなぁとも思います。

生地には山芋、中身はタコ・ミンチ・ウインナ・チーズ・チョコレート

など好きなものを刻んで用意します。もし、機会が有ればお試しください。

 

さて、今日から12月1日。今年もあと1ヶ月となりました。

紅葉のライトアップも終了し、彼方此方でイルミネーションが始まりました。

早速、近所のイルミネーションを観に行ったのですが、

そうすると、オシャレな場所に

写真のような防虫剤をたくさん発見しました。

気温はかなり低く、寒いのですが、

滋賀県では有名な、びわ湖虫と呼ぶオオユスリカが

静止していましたので、このプレート対策も一貫なのだと思います。

 

ただし、これでは雰囲気が台無しになります。

こういった場所には、遺伝性の防虫忌避剤をおすすめします。

以前からお話しています遺伝性防虫忌避剤は、

当社の看板商品(サービス)であります。

年に2回の施工で、十分に効果を発揮しますので、

もし、気になされた方はお問い合わせ頂けたらと思います。

 

びわこ虫にお困りの方は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

夜景に防虫剤

窓ガラスも使いよう

2017-11-30

本日の弊社は、京都府精華町、滋賀県彦根市、長浜市の

異物混入防止対策、生前かたづけ相談にお伺いしました。

 

ファミリーマートがフィットネス事業に参入するということで、

あまりコンビニ業界をよく思っていない美鈴環境の鈴木です。

 

コンビニ業界は20か月連続で、既存店の客数減少が続いています。

各社が、自転車シェアやコインランドリーなど

あらゆるサービスを導入していますが、

小売りは、小売りで拡大していって欲しい気持ちがあります。

大手小売業が、サービス業にまで入ってこられると、

廃業が増えるに違いないですからね。

 

そろそろ虫のお問い合わせが、無くなる時期に入ってきました。

今日は、異物混入の多い食品工場や食品を保管している会社さまへ、

ちょっとしたご提案をさせて頂こうと思います。

 

まずは、写真をご覧ください。

ネズミ捕獲用のトラップに大きな蛾が捕獲されています。

この蛾は、毎月この場所で捕まります。

 

実は、この作業所。

ここにしか窓がないため、

強力なライトトラップ になっているのです。

ライトトラップと呼ばれる捕虫器よりも、

太陽光がバンバン当たるこの窓が、

強力誘引源となっているのです。

その場所に、たまたまネズミ用の粘着マットがあったので、

飛翔昆虫の捕獲器になっていたわけです。

 

普通の防虫コンサルタントは、

この窓に、虫が寄りつかないフィルムを提案したり、

ライトトラップの設置を提案したり、

窓の光が入らないように、真っ暗にする提案をします。

 

というわけで、

窓ガラスを採光用として考えておられ、

防虫フィルムの検討もされていない場合は、

アナログではございますが、

窓ガラスが、専用機材よりも超強力な捕虫器に変身できますので、

窓の下部やレール部分、両サイドに粘着テープや直置きトラップを

設置されることをおすすめします。

 

もし、テープが必要な方は、お問い合わせ頂けましたら、

当社コンサルタントが、お客さまのニーズに合った商材を

ご提案させて頂きます。

 

ただし、これはあくまでも簡易的な対策(ソフト)です。

少しずつ、ハード改善に近づけるように、

私たちとともに検討会をしていきましょう。

 

食品工場などの虫の相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

窓ガラス前にいつも蛾

オシャレな方、サロン経営におすすめの防虫剤

2017-11-26

本日の弊社は、京都府向日市、滋賀県大津市の

相続相談、防虫ネット相談にお伺いしました。

 

本日は、ちょっとセレブなと言いますか、

おしゃれな防虫忌避剤(虫よけスプレー)を

ご紹介したいと思います。

 

ヒバウッドオーガ 250ml

 

多くの公共施設で採用されているのですが、

私が特におすすめするのは、ご自宅でサロンなどをされている方です。

癒しの空間に、市販の殺虫剤は絶対に似合いません。

しかし、このヒバウッドオーガは、非常にオシャレで高級感があります。

サロンのお部屋に置いていても、違和感は全くございません。

 

さて、このオーガニックな防虫忌避剤 ヒバウッドオーガは、

100%天然由来成分の日本製であり、

ヒバ・ヒノキ・クスノキ・ヤシ・除虫菊のエキスで作っているので、

安全性が非常に高い虫除け剤です。

しかも、効果の持続は90日も発揮します。

 

虫が気になるキッチンなどの水まわり、

玄関、バルコニー、ふとんや衣類にも直接使える優れものです。

 

対象害虫は、

ダニ・ムカデ・クモ・カメムシ・チョウバエ・ノミバエなどのコバエ類・蛾類

クロバキノコバエ・ ユスリカ・タマバエ類などの蚊類・カツオブシムシ、

アブ類、アリ類などと非常に幅広く効果があります。

 

当社が、防虫忌避施工で使用しているタイプの水性版です。

皆さまでも、お気軽に使用できますので、

ご興味のある方は、ご一報頂けたらと思います。

こちらでも購入できます ↓↓↓

http://mirais-net.shop-pro.jp/?pid=123271503

 

オシャレなお店で使える防虫剤は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

ヒバウッドオーガ1 ヒバウッドオーガ2 ヒバウッドオーガ3 ヒバウッドオーガ4

この時期のクマネズミは旅に出ます

2017-11-24

本日の弊社は、京都府八幡市、京都市伏見区、

滋賀県大津市、彦根市、長浜市の生前相談、ゴキブリ駆除、

ノミバエ相談、ネズミ駆除、微生物対策、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

働く人の40%の人が、10月~12月で疲労を感じると聞いて、

納得している美鈴環境の鈴木です。

仕事の繁忙期、夕暮れが早い、忘年会シーズン、運動不足などが

原因の1つになります。

この時期こそ、お風呂に入って、ゆっくり寝ることをおすすめします。

 

さて、クマネズミが暴れ出しております。

彼方此方(あちこち)で、屋根裏で走り回っているという

お問い合わせが飛び込んできます。

時には、居住空間にも出現し、米などを荒らされる状態です。

 

以前のブログでもお話した通り、

クマネズミが、殺人ダニと呼ばれる

ツツガムシを媒介する可能性が、

沖縄のみならず本州でも起こるかもしれないとあります。

 

クマネズミは、寒くなると動きが少し変わります。

オスはこの時期、エサを求めて2キロくらいは動きますので、

今までクマネズミが入ったことの無い建物でも

出入口があると、突然のネズミ事故に合うことがあります。

1頭の大型のクマネズミオスが、原料や製品を齧りまくりますので、

侵入口は、あらかじめ閉塞しておかなければなりません。

 

そしてメスは、行動範囲が狭くなるので駆除が難しくなります。

トラップでの捕獲が無くなり、生息数が減ったと思いきや、

春になるとゾクゾクと現れることも多々あります。

 

ということで、

冬場のクマネズミ対策は、かなり重要になりますので、

一刻も早い適格な処置が必要となります。

ネズミの生態をしっかりとくみ取り、

適材適所にワナを仕掛けられる業者さんに

お願いされることをおすすめします

 

クマネズミ駆除のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

虫封じ

2017-11-23

本日の弊社は、昨日より社員旅行で、お休みをいただいておりました。

お問い合わせは、バルコニーの防虫ネット相談、ヌカカ対策相談、

生前整理モノのおかたづけ、コウモリ侵入防止相談がございました。

 

1泊2日の社員旅行で、確実に2キロは太った美鈴環境の鈴木です。

今年は、3年ぶり4度目の淡路島のうめ丸さんでお世話になりました。

ここの鯛づくしは絶品なので、当社は必ず定期的にお伺いします。

たこせんべいの里工場見学、伊弉諾神社、姫路城と見学しました。

1日目の昼食では、全社員からサプライズで誕生日プレゼントを頂き、

とっても欲しかったものだったので、心底嬉しかったです。

 

さて、急激に寒くなってきましたが。

まだまだ、害虫に悩まされている方はたくさんおられます。

中でも冬場に注意しなくてはいけない蚊といえば、

 

チカイエカ

 

彼らは、低温にめちゃくちゃ強く、

冬でも休眠せずに、血をバンバン吸います。

ですから、人家でよく吸血されるアカイエカとは違うことが分かります。

一見、チカイエカと見分けがつかないアカイエカですが、

彼らは、冬場は活動を停止してしまいますので、判別できます。

 

これからの日本は、

毎年、あらゆる外来種が侵入し、私たちの健康を脅かすこととなります。

特に、蚊やアリ、ネズミ、ハチ、ダニなどは要注意であります。

 

というわけで、

ベランダやバルコニー、玄関、勝手口、窓などの

虫の玄関は、忌避剤施工もしくは、

防虫ネットを取りつけられることをおすすめします。

 

これからは、いわゆる見た目(視覚)だけで不快だと感じ、

だから 防虫対策をする ではありません。

健康被害・経済被害を及ぼす生物は、

ぜひ知識として持っておいてください。

 

害虫・害獣相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

K町新築防虫対策3 ベランダの防虫ネット6

ヒアリを乗っ取るハエ

2017-11-21

本日の弊社は、京都市中京区、滋賀県守山市、大津市、高島市の

ヌカカ相談、生前相談、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

東京にお住まいの女性から壮絶な苦しみ相談を受けた

美鈴環境の鈴木です。

 

家族全員が、刺咬性昆虫ヌカカに大被害を受けておられるのに、

皮膚科の病院では、

「精神的におかしくなっている」

と診断されたのです。まるで、相手にされなかったそうです。

何と!ひどい事か。状況をヒアリングしたら分かるのに、

こんな診察をするとは、人間ほど恐ろしい生き物はいないです。

駆除業者が対応するも効果はなし。なんてこったですよね。

 

さて人間界では、SNSの乗っ取りが激増しておりますが、

生物界でも乗っ取りが行われています。

 

実は、ヒアリの天敵が、実に恐ろしい乗っ取り生物でありました。

その名も ゾンビバエ

ノミバエの1種といわれていますが、

大きさが0.5ミリ~1.5ミリとめちゃくちゃ小さいのです。

1回に産み付ける卵の数は約200個で、

体内でふ化した後、体液を吸って成長し、脳を食いつぶします。

そして、最終形は頭内部を食いつぶし、頭部を落としてしまいます。

 

このゾンビバエと呼ぶノミバエは、南米産のハエです。

従って、日本では生息していませんが、

ヒアリがあちことで、蔓延してしまったら、

この最終兵器の出番が来るかもしれませんね。

 

困った相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

ついに登場!待ちこがれていた動物対策機器

2017-11-20

本日の弊社は、京都府京田辺市、京都市左京区、中京区、

滋賀県彦根市、大津市、守山市、八日市市のネズミ対策、

ゴキブリ駆除、シロアリ駆除、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

孤独死を減らす方法が無いか、いつも悩んでいる美鈴環境の鈴木です。

今朝の新聞で、生活者が予想する来年のヒット商品の

14位にランキングされていた見守りサービスですが、

配達業務ではない当社にとっては、本当に難しいものです。

しかし、笑顔相続を拡げるためにも、何としてもこのサービスに

参入したいのですが・・・。自分の第六感に頼ります。

 

さて最近、クマネズミやアライグマなどの健康被害が

メディアでも大きく取り上げられてきましたので、

新しいサービスを導入しました。

 

空き家の見守りサービス

お家の見守りサービス

会社の見守りサービス

 

対象は、ネズミをはじめとする小動物です。

 

屋根裏などに設置し、3メートル先の動物に感知すると、

金属音と振動で追い出してくれます。

以前から、空き家管理において、

小動物を屋根裏に生息させない術を考えておりましたが、

電源を必要としない素晴らしいアイテムのおかげで、

この度、管理が出来るようになりました。

 

また、食品工場でもいろんな場面で使用ができます。

超音波や衝撃波では、費用面で難しいお客様でも簡単に使えるし、

また写真のように、感知した回数も表示されるので、

モニタリングの商材としても取り入れることが出来ます。

 

ただし住居では、この器材は、やかましいので、

ちょっと不向きかもしれません。

 

というわけで、

当面、美鈴環境サービスでは、

空き家管理の迷惑動物対策と、

食品工場の被害防止対策で使用していく形となります。

 

クマネズミ・小動物のご相談、

空き家管理の迷惑動物対策、

小動物による食品被害対策は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

DSCN2148 DSCN2147 DSCN2146

クマネズミがヒアリを超える脅威!?

2017-11-18

本日の弊社は、京都府南丹市、京都市上京区、

兵庫県芦屋市、滋賀県守山市、高島市、草津市の

生前相談、ネズミ駆除、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

沖縄県に生息する外来生物は、日本全体の60%を

占めることを初めて知った美鈴環境の鈴木です。

日本では、約2000種の外来生物が生息するといわれている中、

沖縄では1200種も存在しているそうです。

 

沖縄県は、皆さんご存じのとおり、気温が暖かいため、

多くの生物に合う環境なので繁殖がしやすいのです。

しかも近年、観光客も多いことで、持ち込みも増え、

温暖化傾向にある九州・四国地方・本州にもまた、

持ち込みされるという危険性があります。

最も危険なのは、アフリカマイマイというカタツムリ。

その次に、タイワンハブという沖縄のハブよりも猛毒なヘビです。

特に、アフリカマイマイはデカイでんでんむしなので、

インスタ映えするからといって

絶対に触ったりしないようにしましょう。

 

さて、先日NMBでまなぶくんという番組でヒアリを超える脅威!?

かもしれない危険生物の中にクマネズミが紹介されました。

特に、沖縄県では危険生物の第3位に選ばれてしまいました。

先ほどの1位アフリカマイマイ、2位タイワンハブに次いでです。

 

元々クマネズミは、東南アジアが原産地で、木登りが上手な種です。

ネズミ駆除の中でも、害虫駆除業者を1番手こずらせる種類で、

成獣は3歳児くらいの頭脳を持っているともいわれており、

神経質で、簡単にはワナにかかってくれません。

 

見た目は、つぶらな瞳で可愛いです。

田舎では、屋根裏で運動会するのも当たり前で、

平気な老夫婦も多いくらいです。

 

しかし

 

これからは、そんな悠長ことを言ってはおられません。

それは、殺人ダニと呼ばれる

ツツガムシを媒介するからです。

 

簡単にいうと、ネズミについているダニが

私たち人間を死に至らしめるということです。

名前だけ見ると、〇〇ダニではなく、

ツツガムシとなっているので、分かりにくいですが、

マダニのようなものだと思ってくれればいいかなぁと思います。

 

さて、このツツガムシが人間に寄生すると、

ツツガムシ病を感染させる可能性があります。

もし感染すると、薬が無いので、最悪死に至るということなのです。

実際、昨年2016年の12月に宮古島の病院で亡くなられました。

ツツガムシ病についてのブログは以前こちらで書きました

↓↓↓↓↓

http://misuzu-eco.com/?p=3661

 

というわけで、

クマネズミという家ネズミは、食品工場でも非常に問題になる

媒介生物の1種であり、私たちも日々ベクターコントロールを

行っております。

一般宅でも、クマネズミは非常にお問い合わせが多く、

私たちは、完全駆除を当たり前として

お見積もりをさせて頂いていますので、

追加料金など一切ありませんので、ご安心ください。

 

そして、駆除をする理由は、

異物混入防止や不快、不衛生、不眠などの

ご相談での対応でもありますが、

1番重要なのは、

疾病対策 だということを覚えておいて頂きたいと思います。

 

クマネズミ駆除のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

まさかの5年保証に大人気

2017-11-17

本日の弊社は、大阪府豊中市、滋賀県大津市、野洲市、湖南市の

昆虫同定調査、アライグマ相談、シロアリ駆除、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

空き家のネズミ・小動物管理に新しいアイテムを手に入れた

美鈴環境の鈴木です。

空き家管理をしている当社にとっては、待ってましたのアイテムです。

また設置している様子を、ブログでアップしたいと思いますので、

楽しみにしておいてください。

 

さて、アライグマの被害にあわれているお客さまから

ご相談があったお話です。

写真のように、屋根裏がどえらいことになっています。

 

アライグマが他の在来動物やハクビシンと決定的に違うのは、

前脚を手のように使うところです。

普通は、鼻や口からニオイを嗅ぎ分けて、食物に触れるのに対し、

すかさず前脚でタッチしにいくので、

その時点で食べ物は傷がつきダメになってしまいます。

しかも、手を器用に使うので、扉も開けます。

 

もう、ほとんど泥棒と同じ扱いなので、

食品倉庫はカギを必ずかけておかないといけません。

そして、学習能力も非常に高いので、可愛いけれど厄介な生物です。

 

さらに、発症すると致死率が100%に近い

狂犬病を媒介することでも有名です。

また、アライグマ回虫も、小腸の中におり、

卵を産んで、糞と一緒に出てきます。

これが、何らかの形で人間の体内に入ると、

最悪の場合、死に至ることもあるので、非常に危険です。

 

というわけで、

写真のような糞害の場合は、

必ず除去と殺菌消毒 を行わなければいけません。

当社は、滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良と対応しております。

イタチ・アライグマ・ハクビシン防除は、同業者ともタイアップしており、

保証期間もシロアリと同じく5年と超お得なので、

イタチ・アライグマ・ハクビシンなどにお困りの際は、

お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

 

イタチ・ハクビシン・アライグマのご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

ハクビシンうんこ1 ハクビシンうんこ2

« Older Entries Newer Entries »
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ