滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘信頼信用の駆除’

換気口のコウモリ

2019-02-16

本日の弊社は、京都市左京区、中京区、下京区、

滋賀県大津市、彦根市のセミナー相談、墓じまい相談、

食品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

ブランチ大津の近況報告でございます。

広大な土地が少しずつ変わっていくさまを見ると

楽しみで仕方がありません。

土台づくりは、中々パットしない景色なのですが、

ここが肝心なので、〇〇みたいに違法工事しないように

して欲しいと思います。


 

【メインコラム】

昨年、お問い合わせが殺到しましたコウモリ駆除ですが、

今年ももうすぐやって来ます。

このシーズンは、まだ屋根裏で固まってじっとしています。

 

屋根裏に営巣する場合は、どうしても高額な仕事に

なってしまうのですが、換気口対策だけの場合は、

低額で対策ができます。

 

しかし換気口の場合でも、

隣の家と間隔が無いため、ハシゴが掛けられず、

① 足場を組まないといけない

② 高所作業車が必要

だという場合は、誠に残念なのですが、

費用がかかってしまいます。

たかが、換気口のために、数十万は、

施工側も気が引けるのが正直のところです。

 

当社は、お客様の「困ったを助ける」

社是に活動しているのですが、

もっと大事なのは、社員の安全であります。

だから、足場の確保は、

どうしても費用が削れないのが正直なところです。

 

コウモリの対策は、

まず追い出しをして、隙間を埋めるが基本です。

これは、イタチやネズミ等の小動物と全く同じであります。

そして、害虫とは違い、

掃除と消毒、時にはノミ駆除も必要になる場合があります。

 

殺菌消毒や掃除は、

プロ目線から判断しますと

居住者が見えない病に侵されることを防ぐ

かなり重要なことですので、おすすめしておりますことを

本年もご理解願います。


 

コウモリや小動物で

困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

二重壁の中のネズミ対策

2019-02-08

本日の弊社は、大阪府浪速区、滋賀県守山市、近江八幡市、

彦根市、大津市のお店のネズミ駆除、飲食店・食品工場の

防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

コミュニティを作ったもの勝ち

という流れになってきておりますが、

おそらく50%正解で50%不正解です。

どういうことかというと、

このコミュニティつくりというのは、

私的には、異業種の場合は不正解とみています。

 

なぜかと言うと、

ずっと長く一緒にいられないからです。

でも、同じ志のコミュニティならいかがでしょうか?

こちらの場合は、正解だと考えています。

 

というわけで、

コミュニティを作る場合は、同じ志を持った人同士で

集まることをおすすめします。


 

【メインコラム】

屋根裏を走り回っている

クマネズミの駆除にお伺いして3か月。

暗視カメラを設置し、毒餌と粘着マットを併用した後、

屋根裏での動きは1ヶ月で無くなったのですが、

どうやら壁の中に移動したようで、

頻繁に音がするようになりました。

 

そこで、写真のように壁を開けてみたところ、

クマネズミの脱糞と死骸が多く確認されたため、

粘着マットと毒餌で対策しました。

木部も真っ黒になっており、

ラットサインもひどく付いていました。

また、天井裏に移動する可能性がありますが、

そこには仕掛けがたくさんあるので、

罠にかかってくれると思います。

 

居心地の良い場所が、

どんどん無くなってきているので、

クマネズミにとってもストレスになってきているはず。

そろそろ引っ越しを考えてくれるのでは

ないかと思います。


 

ネズミ・害虫駆除で困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

戸袋を閉め忘れたら・・・

2019-02-05

本日の弊社は、奈良県生駒市、京都府宇治市、滋賀県彦根市、

近江八幡市、福井県あわら市の生前整理、医薬品工場・食品工場・

フィルム工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

安倍首相は、東京オリンピックが終わってもインバウンド戦略を

継続し、増やし続けることとしておりました。

しかし、その思惑がうまく行かない可能性が出てきました。

なぜかと言うと、皆さんもご存じの事と思いますが、

中国経済が大不振に陥ってしまっているからです。

(実はもう数年前から危険視されている)

トランプ大統領の関税作戦もしかり、ちょっとトランプさんを

なめていたように思われます。

 

この状態だと、爆買い中国人は2021年で姿を消す可能性が

出てきております。そして企業の夜逃げも増え、

日本に逃げ込んでくることが予測もされています。

今、中国人が土地を買いあさっているのは、

そのためとも一部では報じられています。

 

というわけで、

今後は、日本人と中国人との関係は、

商いをする上でも、非常に重要になってくるので、

視野に入れておくことをおすすめします。

私も一昨年前から、中国人の方を探しておりますが、

一目惚れがまだありませんので、

引き続き出会いを探したいと思います。


 

【メインコラム】

クマネズミが大運動会を始めたお客様宅へ行って参りました。

最初に管理していた店舗は、1回の作業で被害も足音も

無くなったのですが、まったく別の戸建てに移動したようです。

 

和の天井だから、走った時の音が

イタチ等のちょっと大き目の小動物と勘違いするほどの

大きな音がします。

今回は、戸袋をわざと開けて置き、

押入れに入って来るように仕掛けました。

そこに、エサと仕掛けを設置し、監視中であります。

 

この作業に至ったのは、

もし、戸袋を閉め忘れた時、どんな事が起こるのか?

と考えたら、確率の問題ですが、押入れの中が荒らされて、

クレームになるのでは無いかと思ったのです。

 

というわけで、

今回は、一か八か戸袋をわざと開けて置き、

押入れの中に入ってもらう作戦に踏み切りました。

この場合、考えられるのは、

素直に降りてきて捕獲して終了のパターンと、

さらに警戒心を深めてしまい、駆除が難しくなることです。

もし、捕獲に失敗したとしても、さらに奥の手があるので、

問題は無いのですがね。


 

ネズミ・害虫駆除で困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

衝撃の屋根裏の正体はハクビシン

2019-02-03

本日の弊社は、福井県若狭町、滋賀県高島市、守山市、栗東市、

京都府久世郡の食品工場・製紙工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

滋賀県大津市のびわこ競輪場の跡地に、

大和リースの大型商業施設「BRANCH大津(ブランチ大津)」が

2019年11月に開業予定されています。

ちなみに現在は、このような感じです。

敷地面積は、約5万㎡でお店は30店舗。

公園の中に商業施設がある感じで、

ちょっとしたアウトレットモールのような感じだそうです。

この地は、私の祖母が働いていた場所なので、

思い出があります。

コンクリートの競輪場から緑のある公園が出来ると聞いて、

待ち遠しくて仕方ありません。

また、工事の進捗状況をお知らせして参りたいと思います。


 

【メインコラム】

空き家が増えると、動物の棲み家にもなるので、

注意しなくてはなりません。

イタチ・ハクビシン・アナグマ・アライグマ等は、

鳥獣保護法という法律のもとに、

適正な方法で駆除しなくてはなりませんので、少々厄介であります。

 

ハクビシンでお困りになっているお客様宅に

行って参りましたら、屋根裏がこのような状態でありました。

自分の家の屋根裏がこのような状態だったら、

絶対に嫌ですよね。

 

では、実際どのように対策していくのかと言うと、

まずは、ターゲットの調査です。種の同定をしないと対策が打てません。

種の判定が出来たら、次は追い出す方法を考えます。

当社は、捕獲という手段を取らず、

追い出して入って来ないようにする方法で行っています。

あるスペシャリストの力をお借りしているのですが、

本当に信頼の出来る方で、社長自ら現場で仕事してくれます。

 

もちろん保証も2年あります。

一度、塞いだ隙間は、人の手によって破壊されるか、

大きな天災による破損もしくは新しい隙間が出来る以外は、

そんなに簡単に壊れないので、永久に大丈夫です。

 

というわけで、

小動物や鳥獣にお困りの際は、

出来るだけ早い対策が求められますので、

お問い合わせ頂けると助かります。

 

写真のような状態になってしまうと、

住人の健康被害の危惧もあり、

大掛かりな清掃と殺菌消臭と追加作業が

増えて参りますので、注意された方が良いです。


 

害虫駆除で、困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

 

おすすめ捕虫器

フローライトの販売はじめました。

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

 

 

最高級レベルの方が取る行動

2019-02-01

本日の弊社は、神奈川県横須賀市、滋賀県彦根市、東近江市、

守山市の食品工場・食品倉庫の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

キャパシティオーバーに挑戦しようとしている

美鈴環境サービスの鈴木です。

私は、基本的に衛生管理事業・整理事業・通販事業と

ホームページの内部SEO対策に日々取り組んでおります。

この内部SEOには、かなり力入れているのですが、

さらに、もう1社増えたので、ホームページのブログ更新が4つ。

サイト内の見直しが2社分となるわけです。

 

というわけで、

今年は、実務とデスクワークの両者が

間違いなくキャパを超えるカタチとなりますので、

実は、ここからが始まりだと思っています。

おそらく、これを乗り越えると、

それはもう、今まで見たことが無い

景色が見えることだと思いますので、

頑張って参りたいと思います。


 

【メインコラム】

先日は、排水管の水漏れが原因で、

床下にヘドロがたまってしまったお家のお掃除と

殺菌消臭作業にお伺いしました。

 

この時期の床下は、恐ろしいくらい寒いです。

這いつくばって仕事をするのですが、

お腹や背中が冷えてしまうので、

体調が悪いと、リーチ一発で風邪をひきます。

 

じゃあ、もう少し暖かくなってからにすれば良いのでは・・・。

 

と思われるかもしれませんが、それではダメなのです。

なぜかというと、

虫が発生するからです。

 

というわけで、

床下の点検は今のうちにすることをおすすめします。

毎年、この冬場に床下清掃の依頼が多くなるのは、

虫などが繁殖することを危惧されているからなのです。

さらに最高級にレベルの高い方は、

シロアリが集まりやすい場所

(いわゆる暖房が効く部屋の床下)

があるので、今のうちに見て欲しいとなるのです。

 

ちなみに、当社は床下点検のみの場合は、

シロアリも含めて15,000円(税別)+交通費で

行っておりますので、気になる方はご一報頂けたらと思います。

※床下の清掃や消毒、シロアリのお見積もりは無料


 

床下清掃で、困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

 

ユスリカに見習え

2019-01-31

本日の弊社は、福井県敦賀市、京都市伏見区、滋賀県長浜市、

東近江市、守山市の化学品工場・食品工場の防虫対策、

戸建ての床下清掃および殺菌消臭作業にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

あるメガバンクの対応が悪いという情報を聞いて、

なんでそんなに偉そうにするのかなぁと

不思議な美鈴環境サービスの鈴木です。

 

これは、裏情報なのですが、

真実の話で、一部の人は、日本経済を自分たちが回していると

思っているみたいなのです。私から忠告ですが、

お考えを正さないと、金融リテラシーや商人道を

学んでおられる方が、急増しているので、

注意されることをおすすめします。

さらに、SNSでも一部の人が、

アンチメガバンクになっていますから。


 

【メインコラム】

昨日1月30日は、春日和でした。

ちょっと暑いくらいの日差しでしたよね。

そこで、職業脳が作動するわけですが、

やっぱりいました。

 

ユスリカ

 

めっちゃ飛んでいました。

当社はモニタリングのプロフェッショナルなのですが、

ユスリカは冬でも捕獲されます。

ちなみに、凍っている川の底でも、ユスリカの幼虫(アカムシ)は

動いています。ただ、寒いので、成長しないのですが、

少し暖かい日が続くようものなら、

間違えてではないのでしょうけど、

春だと思って出てきます。

 

そしたら、本日1月31日のように、

急激に寒くなると、せっかく羽化したのに、

残念なことにお亡くなりになってしまいます。

このように、冬は冬らしく四季が来ないと、

生態系までもが崩れてしまうのです。

アカムシは、水を浄化する役割を果たしている自然界では、

最も重要といってもいいくらいの生物なのです。

特に、ユスリカは、自分自身が生きるためではなく、(自論ですが・・・)

自然環境のために、全ての生物のために、

働いてくれているといっても良いくらいなのです。(結果的に)

 

というわけで、

皆さんにとって、大切な人は

何よりも優先することをおすすめします。

自分の事しか考えない人は、小物です。

いくら大きい会社でも、自然界でも

働く人が小物ではいつか崩れますからね。


 

害虫駆除で、困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

 

おすすめ捕虫器

フローライトの販売はじめました。

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

結果的に迷惑をかけるパターン

2019-01-27

本日の弊社は、京都市山科区、左京区、

滋賀県草津市、守山市の 生前整理相談、床下清掃相談、

ゴキブリ駆除相談、 食品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【メインコラム】

金融緩和が続いているのに、

中々物価が上がって来ないのは、なぜでしょうか?

いくつか原因は考えられますが、1番大きいのは、

企業が商品やサービスの価格を上げられないことだと思います。

普通の経営者は、まず上げられない。

 

ということは、この世にない新たなサービスを作るか、

アンカリング等を用いて価格自体を上げるかしかない。

でも、私は後者はできないため、前者で考えてきました。

その代表的なサービスは、ノミバエ駆除です。

 

えっ!?

どこの害虫駆除業者もノミバエ駆除ってやるでしょ?

 

と思われることでしょう。

ところがです。 このノミバエ駆除、

私たちプロにとってもかなり厄介なのです。

だから、実際は断る業者が多いのです。

 

昨年も、遠方から当社に助け舟が数件ございました。

だから、足元を見て値上げをしたわけではございません。

正直言って、中途半端な駆除では永遠に収束しないのです。

例えば、1回2万円~3万円くらいで毎月だとか各月だとか。

費用が出せないから、もっと間隔をあけてとか。

私は、総合的にみて、この方法はかなり損をするとみています。

ですから、当社は高額ですが、1回で収束するように提案します。

収束しなかった場合は、その費用で収まるまで続けます。

追加費用はありません。

 

というわけで、

仕事を取るために、費用を下げるという行為は、

結果的に、お客様に迷惑をかけることになる場合も

ありますので、気をつけることをおすすめします。

 

そのお客様は、喜んだとしても

会社の利益は落ちるので、どこかで埋めなければなりません。

人件費削減でしょうか?他のお客様で埋めるのでしょうか。

さて、皆さんはどう思われますか?


ノミバエ駆除で困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

レベルの高いビジネスホテル

2019-01-26

本日の弊社は、滋賀県大津市、東近江市の食品工場の

防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

競馬が大好きな、この道25年の大馬鹿者

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

今を思えば、若い頃に血統や馬の特性、

競馬場別の特徴と得意な血筋、リアル調教で見る力、

展開利、騎手の操作力などなど・・・。

まあ、多くの無駄な時間を過ごしたように思います。

 

じゃあ、今はその知識は本当に無駄かというと、

実は、そうでもありません。

今は、今までの知識に加え、「勘」というものが働くようになりました。

どんな勘かというと、ズバリ!「この馬が3着までに来る」です。

1着なら単勝で勝負できるのですが、そこがまだまだなんですよね。

 

でも、あえて言うなら、

昔に学んだことが、自然に予想に取り組まれているのです。

予想方法は、かなり独特だと思います。

これは25年やって来たからこそ成せる業だと思っています。

ここ数年は、プラス収支なので、

この方法で行こうと思っているわけです。

 

というわけで、

何事も究極に取り組むと、人と違った考えになり、

成功に結び付くので、今頑張っていることを

あきらめずに頑張っていかれることをおすすめします。

ちなみに、今日の愛知杯は、

本命にした軸馬が来るも1頭抜けてしまい外してしまいました。


 

【メインコラム】

やはり、今年は虫の発生が早く思います。

滋賀県は今日から、雪が降っておりますが、

例年に比べると、積雪もなく非常に暖かい日が続いています。

 

ですから、例年より虫の相談も多いわけです。

先日は、衛生管理に対して、

非常にレベルの高いビジネスホテルのオーナー様から

ダニ予防とゴキブリ・コバエ類対策の依頼を頂きました。

この時期に、相談して下さる経営者は、

非常にレベル高いです。

 

なぜかというと、害虫駆除は、

 

冬場を制する者は夏場を制する

 

というからです。

というわけで、

毎年、春に虫に悩まされている方は、

少し早めに、業者さんに

お問い合わせされることをおすすめします。

写真(左)は、食堂に持続性消臭殺菌剤で、

ウイルス施工と、防虫施工を併用して空間噴霧しています。

写真(右)は、厨房の排水溝に、

ノンケミカル泡剤で、コバエ類とヌメリ対策をしています。

 

ノンケミカルでの対策を希望されるのも

またレベル高いですよね。


 

害虫駆除で困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

ネズミ駆除の絶好のタイミング

2019-01-22

本日の弊社は、京都市中京区、滋賀県東近江市、彦根市、守山市の

ネズミ駆除、飲食店・食品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

ロシア・中国・北朝鮮など日本周辺国の軍の活動は、

今まで以上にかなり活発になってきています。

そういった意味では、我が国を取り巻く安全保障環境は

非常に厳しいものがあります。

 

この年末年始だけでも、

韓国海軍による火器管制レーダー照射や

中国による尖閣諸島周辺の領海内侵入など

日本の安全を脅かす事件が相次いでおります。

 

海上自衛隊が果たすべき役割や

国民から期待されている役割も当然大きくなってきています。

そういった観点から考えて、

来年度から、5年間の防衛費が

過去最大の総額27兆5000億円に上ったのは良いのですが、

やはり、この先人員問題は否めないところであります。

 

そんな中、海上自衛隊の方々は、

「地域の海洋安全保障の確立に貢献するなどといった

世界に対して貢献できるような自衛隊になれば良い」

 

とおっしゃっています。何と誇らしいお言葉でしょうか。

こんな志をもった方々が、我が国を護ってくださっています。

我々も、「誰かのために」この考えで生きていくべきではないでしょうか?


 

【メインコラム】

ネズミ駆除のタイミング時期がやって来ました。

幼獣がお母さんの元にしがみついて離れないので、

巣を見つけたら一撃で仕留められます。

 

ところが、巣を見つけるというのは、

かなり困難なことなので、あらゆる手段を使って

つきとめないといけません。

ストレスを与えて、散らすにはこの衝撃波がおすすめです。

ガサゴソとねずみ音がする箇所の壁の空洞部に

このように衝撃波を設置すると一撃です。

 

というわけで、

ネズミ駆除は、粘着マットだけでは中々収束できないので、

DIYでうまく行かない場合は、大事にならないように

プロ業者にお願いされることをおすすめします。

放置してしまうと、

柱や壁などを齧ってしまうので、家を傷めることになります。

最悪な場合、穴をあけて居住空間に出てきますので、

それだけは、起こらないように事前対策をしましょう。


 

ネズミ駆除のご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

おすすめ捕虫器

フローライトの販売はじめました。

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

虫コロリ粉剤を使ったDIY

2019-01-08

本日の弊社は、京都府宇治市、京都市伏見区、山科区、

福井県あわら市、滋賀県守山市、彦根市、大津市の

遺品整理、食品工場、フィルム工場、倉庫業の防虫対策に

お伺いしました。

 

【コラム】

滋賀は、嘘のように暖かい1月でございます。

こう暖かいと、私たちが気になるのは、やっぱり虫の発生であります。

今日は、会員様には2年前にお話ししました

アース製薬さんの虫コロリ粉剤を使った

ちょっとしたDIYテクニックをお知らせしたいと思います。

 

虫コロリ粉剤には、2種類あるのをご存じでしょうか?

ノーマルタイプとちょっとお高い青つぶIN製剤。

後者の青つぶというのが、誘引能力を持っております。

さて、この誘引能力を持っている青つぶですが、

特に発生しやすい、あるいは生息しているであろう箇所に

散布をすると、寄ってきてしばらくすると、

コロリといきますので、プロ並みの仕事ができます。

例えば、雑草地や石の廻り、溝の周辺などです。

 

さらに、家の周りには、基本はノーマルタイプを使用し、

玄関や床下換気口より少し離れたところに、

青つぶINの粉剤を散布するといった

少しでも家の中に入れさせないワンランク上の技術もあります。

 

特に、ムカデ駆除には有効かと思いますので、

1度試してみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに、ムカデは粉剤が苦手です。

お腹が、超弱点なので、虫コロリ粉剤が付着するとかなり苦しみます。

他にもプロは、色んな薬剤や手法で駆除しますが、

皆さまが、薬局で売っている殺虫剤で、

対策するにはこの方法が良いと思いますので、

今回はお伝えしました。


 

困ったのご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

※ ブログ内のコラム宣伝を受け付けています。

コラム内容は、当社の仕事に関連するものに限ります。

現在、ショートコラム(約500文字)

1日での掲載料金は、540円(税込)です。

 

メインコラム(約1000文字)

1日の掲載料金は、1,080円(税込)です。

ご興味のある方は、お問い合わせ受け付けております。

 

当社のブログは、SNSなどの時系列とは違い、

半永久的に残ります。(Google Word Press)

集客にご利用くださいませ。

« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ