滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘トラブル防止’

異物混入防止編 毛髪混入を防げ1

2017-02-24

食品工場において、最も頭の痛い問題である異物混入。

今日は、目で見て分かる異物。

毛髪についてお話したいと思います。

 

食品工場において落下毛髪は、

最も対策に力を入れておられるのではないでしょうか。

 

持ち込まない・落とさない・落としたものは取り除く

 

この3点を行動に起こすのは、簡単そうで意外と難しいものです。

● 持ち込まない対策

 脱落毛髪の対策で、私生活での意識と更衣室での対策

 休憩時間から就業時間に移る際の取り組み

 資材など工場に持ち込まられるものへの除去対策

 出入り業者に対しての取り組み

 

● 落とさない対策

 正しい服装の選定と着衣・着帽ルールの徹底

 正しいローラー掛けの徹底と手順表示の掲載

 エアーシャワー内での毛髪除去モニタリング

 就業時間中のローラー掛け

 毛髪落下禁止区域の設置(必要以上に入らないエリア)

 特に男性は手の甲などの体毛対策

 鏡の設置による正しい着衣・着帽の再確認

 

● 落としたものは取り除く

 落下してはいけない場所を把握して1日に複数回清掃する

 落下毛髪が多い場所を把握する

 脚マットによる靴裏の対策(経費削減で粘性の弱いものを使用しない)

 落下毛髪対策の清掃マップつくり

 

ここでは、モノの対策ではなく、

人の対策をメインで書かせて頂きましたので、

次回は原料や包装・充填などの

重要ラインでの対策などもお話したいと思います。

 

最後にワンポイントですが、

金髪・茶髪の付着が頻発すれば、

従業員で茶髪や金髪の方が問題になりますので、

毛髪対策をする上で、染髪は禁止された方が良いと思われます。

また、レンタルの脚マットは危険ですのでやめましょう。

理髪店などで使っていたりするのが回ってくると

すでに毛髪だらけです。

クリーニングされて綺麗だと思っていますから、

リアルに恐ろしいですよね。

 

「異物混入防止の調査」

にお悩みがございましたら、

こちらまでお願いします ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

異物混入防止編 ゴキブリ混入を防げ2

2017-02-22

食品工場において、最も頭の痛い問題である異物混入。

前回は、目で見て分かる異物シリーズ、

の中でも圧倒的に嫌われるナンバーワン害虫

 

ゴキブリが混入しない環境づくり

 

について、主に工場内対策のお話しました。

本日は、彼らの棲み家。

根源である外周部についてお話したいと思います。

まず、ゴキブリの生息地で真っ先に疑われるのは、

汚水マンホールの中です。

 

続いて、雑排水マンホール、工場周辺に放置されている廃材下、

アスファルトやコンクリートのひび割れ内、

ボイラー室、電気室(工場内の場合もあり)が挙げられます。

 

もちろん、食品工場で作っているものも影響します。

訪問しているお客さまの手前、

この種の工場で多いというのは、ここでは書けませんが、

外周部の調査は、かなり重要になります。

 

工場内をいくら頑張って対策しても、

外にワンサカいれば、いたちごっこになるのは必至です。

そして、近隣の状況にも大きく左右されます。

防虫防そを正しく管理していくのに、

立地というのもかなり重要ですが、

こればっかりは、建て直すわけにはいきませんので、

その状況をふまえて提案していかないといけません。

 

例えば、次のような場合です。

1.工場周辺に山川草木がある

2.工場周辺に、別の食品関連の建物がある

3.工場周辺は、昔ながらの民家がある

4.工場周辺は、田畑である

 

このような状況化にある食品工場は、

ゴキブリやネズミはいつでも近寄ってきていますので、

出来る限り手前で、

食い止める対策をしておかなければなりません。

 

ワンポイントで申し上げるなら、

工場で作っているものが、いいニオイを発する場合は、

排気口の周辺部の対策を行いましょう。

そして、木材や段ボール、泥系が付着した廃材は

迅速に取り除いてください。

 

そして、持ち込み物にも注意してください。

包材ダンボールの封の仕方であったり、

木製パレットの扱い方なども影響しますので、

問題点のピックアップは、必ず定期的に行いましょう。

 

もし、自分の働く食品工場に不安がございましたら

こちらまでご連絡いただければ幸いでございます ↓

「さらばゴキブリ!」

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

異物混入防止編 ゴキブリ混入を防げ1

2017-02-19

食品工場において、最も頭の痛い問題である異物混入。

今日は、目で見て分かる異物。についてお話したいと思います。

 

虫の中でも、圧倒的に嫌われるナンバーワン害虫

ゴキブリ

 

これが混入してしまうと、会社が倒れてしまう可能性があります。

実際に現在、生死の境をさまよっている企業もございます。

まず、経営者やパートさんを含む全従業員の皆さまは、

このような現実があることを知っておいて下さい。

 

では、ゴキブリが混入しないような環境をつくるためには、

どのような行動を起こせば良いのでしょうか?

 

まず、ゴキブリだけをターゲットにした

対策を行っておられるかが重要なポイントになります。

食品を扱う企業であれば、第3者専門機関に委託しないと

信ぴょう性に欠けてしまいます。

 

基本的に、モニタリングの結果に対し、

殺虫剤を使う化学的防除であったり、

清掃や従業員教育による環境的防除

捕獲を主とした機械的防除を行います。

 

仮に、モニタリングの結果で、

捕獲が無くてもゴキブリ誘引剤トラップを使って、

ゼロの証明を定期的に行わなければいけません。

 

最近では、殺虫剤が異物になることを危惧されて、

ノンケミカル対策も求められています。

しかし、生息数が多い場合は、

殺虫剤を使用せずにゼロにするのは非常に困難です。

炭酸ガスやドライアイス殺虫などの方法もありますが、

化学的防除が1番効果があるので、おすすめします。

殺虫剤は、非常に安全なものに変わったのですが、

人は、「殺虫剤は恐いもの」と思い込んでいるので、

いくら安全性を説明しても理解してもらえないのが現状です。

 

しかし、お客様の思いに応えるのが第一ですから、

もし、殺虫剤を使用しない方法で対策したい場合は、

隙間埋めとノンケミカル剤での殺虫、

清掃を併用して行うことになります。

 

また、製品に混入する可能性がある製造ポイントを

徹底的に調査する必要があります。

この場所には、寄りつかないように対策しないといけません。

未だに床下と屋根裏につながる隙間がある場合は、

論外であります。

 

なぜ論外かと言いますと、

クレバス・クラックからの侵入と落下混入するからです。

また、屋根裏と床のひび割れ内部は汚いですから

言ってみれば、ダーティエリアです。

 

従って、クリーンエリアにこのような場所がある場合は、

ダーティエリアとつながっていることになります。

 

結論を言いますと、その製造エリアは、

もはやダーティエリアと呼んでもいいのかもしれません。

この記事を読まれた食品工場で働く方々は、

重要エリアに、隙間が無いか確認してみてください。

隙間が確認出来ましたら、ぜひ閉塞を行いましょう。

無数の隙間が出来てしまうと、手遅れになってしまうので、

早期対策をおすすめします。

 

「ゴキブリ」

にお悩みがございましたら、こちらまでお願いします ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

 

中途半端な防除は、おすすめしません。

実施するのであれば、ゼロになるような対策をご提案させて頂きます。

 

異物混入防止編 忘れ物をしないコツ

2017-02-17

異物混入を防ぐために大切な

忘れ物をしないコツ

をお考えになられたことがありますでしょうか?

 

結論から言いますと、

チョイ置きしないことです

 

このチョイ置きは、

モノと脳内のチョイ置きを表します。

 

さてここで、モノのチョイ置き例をいくつか挙げてみます。

食品製造ラインでの解体洗浄(工事)作業

 清掃用具(ネジ)をチョイ置きしたことを忘れて組立。

  稼働時に異物巻き込み事故

 

 靴を履きかえる際に、下駄箱の上に

 手に持っていたものをチョイ置き

 そのまま帰宅して、後日回収に訪問。

 

更衣中に、首に掛けていたものを空いている場所にチョイ掛け

 そのまま帰宅して、後日回収に訪問。

 

複数で仕事する時、各々がバラバラに道具を管理する

 そのまま帰社して、後日回収に訪問。

 

訪問時は雨が降っていたが、帰宅時は晴れているケース

 傘立てに入れていた傘を忘れてしまい後日回収に回収。

 

これらモノの忘れ物をする時に、

邪魔をするのが脳内のチョイ置きです。

この絶妙のタイミング時に、何か違うことを考えてしまうと、

高確率で忘れてしまうのです。

⑤番の傘の忘れ物は、晴れている光景を見たために、

脳が雨を忘れてしまうからだと考えられます。

 

従って、忘れ物をしないための意識を持つことが大切です。

そのためには、工夫も必要になります。

①は、製造ラインに置かない

②と③は、上に置かず足もとに置く

④は、1箇所にまとめるルールにする

⑤は、必ず見るところにメモ書きを置く。

 

人は、忘れ物をする生き物です。

しかし、これは意識が足りないからであり、

異物混入を防ぐ仕事をしている私たちは、

間違いなく一般の方々に比べて少ないです。

 

この考えを応用しますと、

さまざなトラブルを防ぐコツが分かってきます。

「異物混入に困った」

時はこちらまでご連絡お願いします ↓

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

0800-200-3281(フリーダイヤル)

LOVE LOVEダンボール

2017-02-02

本日は、滋賀県守山市、栗東市、近江八幡市、彦根市、愛知郡、

京都市左京区のネズミ駆除、異物混入防止調査、ゴキブリ駆除に

お伺いしました。

 

飲食店やホテルのバックスペースに見受けられるこの状態

         ↓

ダメゴミ箱① ダメゴミ箱②

 

 

アカンだらけでございます。

皆さんの職場は大丈夫でしょうか?一度、チェックしてみてください。

1.ゴミを毎日、捨てていますか?もしくは集積場へ運んでいますか?

2.ゴミ箱を段ボールなど臭いの染み込みやすいもので、代用していませんか?

3.ゴミ箱にフタがありますか?

4.ゴミ箱の裏に不要物(特に保湿性のある段ボール)を置いていませんか?

 

いかがでしょうか?

特に飲食店で問題になるのが、ゴキブリとコバエ。

中でもこの状況ですと、集合フェロモンをうんちから出し、

爆発的な繁殖能力を持つチャバネゴキブリと、

アルコールと甘いニオイに、ついつい誘われてしまうショウジョウバエ。

この2種が真っ先に取り上げられる問題となります。

 

チャバネゴキブリは、出入業者からの持ち込みがほとんどです。

そして、一旦侵入した彼らの繁殖場所を無くすのは、

物理的に不可能です。

そこで、人間と違って環境にうまく対応できない虫の弱点を考慮して、

環境的改善(整理・整頓・清掃・清潔)を行い、

また、化学的防除(殺虫剤)を併用してコントロールします。

ショウジョウバエなどのコバエ類も同じです。

 

このように、ゴミ箱にフタがなければ、

ここにエサがあることが分かり、近寄ってきます。

毎日捨てなければ、この中で生活する時間や、

ここを拠点に別の場所へ飛び火する危惧もあります。

ゴミ箱に段ボールが使われていたり、

後ろに差し込んであったり、敷物に代用されていたりすると、

虫の快適な潜伏場所を提供していることになります。

 

段ボールというのは、

エコ活動には最適ですし、さらに有価物でもあります。

非常に便利なものですが、長所もあれば、欠点もありで、

適さないシチュエーションもあることを覚えておいてください。

 

そして、業者の立場であれば、お客さまにこのような点を指摘して

改善方法を教えてあげてください。

この状態で、散布できるところだけ実施して作業を終了したり、

足でゴミ箱を戻したり、差し込んであるものを報告なしに手前に放置したり、

なんてことをしていると、人によってはトラブルになりますので注意してください。

 

「異物混入」 にお悩みの企業さまは、こちらまで

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

ライトトラップの捕虫紙回収時に起こる危険

2017-01-30

本日は、滋賀県彦根市、近江八幡市、草津市、京都市山科区、東山区の

ゴキブリ駆除、ネズミ駆除、異物混入防止支援にお伺いしました。

 

ライトトラップの捕虫紙交換をする際に、

気をつけないといけない項目に、剥離紙の回収漏れがあります。

では、どうすればこの剥離紙を現場に忘れないで済むかを考えてみたいと思います。

 

1.剥離紙を床に置かない

 必ずカゴを持参し、一旦カゴに入れるように全社員に教育します。

 仮に空調の風が当たっても、床に置いているよりは、

 飛んでいく危険度は下がりますし、何より忘れることはありません。

 

2.剥離紙は、ごみ袋に入れます

 カゴに入れた剥離紙を直ちに、ごみ袋に入れます。

 交換したテープも含めて入れるとカゴの中が少しずつスッキリしてきます。

 ということは、落とすリスクも低下していきます。

 しかし、ごみ袋をラインに巻き込んだり、床の異物を付着させたりして

 トラブルが発生するような清浄度の高い現場は、別の入れものを用意

 した方が良いでしょう。

 絶対にやっては、いけない行為は

 腰袋に突っ込む行為です。

 

3.その場から離れる際に指差呼称をする

 これを行えば、間違いないでしょう。

 クセを付ければ何ともないことですが、これを教育するのが、

 また難しいものです。何度言っても分からない人がいます。

 そんな人ほど、部下に偉そうに指導します。

 こういう人材の中の人罪は早く見つけて、

 ペナルティを与えるようにしましょう。

 

いつもトラブルと背中合わせで、現場では作業をしなくてはいけない

異物混入防止を支援する立場の方々。

第六感を鍛えて、健康第一で仕事に挑みましょう。

 

「異物混入」 にお悩みの企業さまは、こちらまで

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

剥離紙忘れ物防止

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ