滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

Posts Tagged ‘ゴキブリ’

虫嫌いの奥さまにオススメ

2019-03-13

本日の弊社は、京都市中京区、滋賀県守山市、草津市、

甲賀市、彦根市の相続相談、墓じまい相談、骨董査定相談、

生前整理相談、床下点検相談、ネズミ駆除、防虫対策相談に

お伺いしました。

 

【ショートコラム】

「将来、今の子供たちが就く仕事ってなんだろう」

と考えると、やっぱりAIでは代わりが出来ないことに

なりそうです。

その中でも特に身に着けておいた方が

良いものは、人の心をくみ取れる力と話術です。

日本人として、大切なものをもう一度

見直せた者がどうやら勝機を得られるのでは

ないかと思います。


 

【メインコラム】

今の時代、キラー剤からの脱却ということで、

殺虫剤を批判する方が増えております。

先日も、夜に近隣で加熱蒸散剤をくん煙されていて、

近所に煙の臭いが充満するといった事が起こっていました。

必ずしも、殺虫剤が悪いわけではないのですが、

使い方次第では、人の命をも奪ってしまうものだということは、

認識しておかないといけないものです。

 

今日は現在、当社が使用している

商材の中の1つをご紹介したいと思います。

ノンケミカル剤で、ゴキブリやコバエ等の対策として、

現在、使用している場所は、

ホテルのロビー・こども園・飲食店・スーパーの陳列等です。

 

殺虫剤の化学物質も含まれていませんし、

食品への移り香もなく、安全性が抜群です。

しかも、皆さまの大嫌いなゴキブリにも効果があります。

 

その商品は、置くタイプなのですが、

今回、新たにファン式のものが出ました。

虫嫌いな奥さまは、お家の玄関にも良いです。

ちなみに、中身はこのようになっております。

電池によりファンが稼働して、

植物エキスを成分としたものを蒸散させます。

 

今後は、この商品は人気になると思われますので、

注目しておいた方が良いと思われます。

ある大手会社では、すでに大規模的に導入も

されていますので、虫を気にされてる方は、

早めのご購入の検討を願います。

 

ご購入希望の方はこちら ↓↓↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209


 

害虫駆除で、困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

床下清掃・屋根裏清掃の重要性

2019-03-02

本日の弊社は、奈良市、滋賀県東近江市、大津市の

床下清掃、ゴキブリ駆除、コバエ駆除にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

今日は、テレビで「60周年だよ!よしもと新喜劇」

が放映されました。

豪華6座長が共演、史上最多100人以上が出演という

私にとっては、至福の時間でした。

 

私は、子どもの頃からよしもとファンで、

とにかくお笑いが大好きでした。

その中でも、間寛平VS池之めだか、花木京VS岡八朗の

絡みがもう、むちゃくちゃ好きでした。

今日はその1組、寛平さんとめだかさんのコンビが

久々に観れました。ネタは、サルVSネコで、

私の好きなネタでは無かったのですが

懐かしくて面白かったです。

 

最後は、「次世代のために」がクロージングだったので、

今の時代に大切なことを伝えられました。

人を笑わせるって本当に素晴らしい仕事だなぁと

身に染みて感じた1日でした。


 

【メインコラム】

家の中をゴキブリが時々歩いているということで、

調査した結果、床下に卵鞘(らんしょう)と死骸が

ゴロゴロ転がっていたので、掃除後に薬剤処理を

行いました。

 

お客様宅では、お子様もおられず、

夫婦ともに薬品アレルギーも無いということでしたので、

お打合せの結果、殺虫剤でお願いしたいということでした。

 

診断の結果では、

元々、隣りが飲食店(お伺いした時は更地)で

クロゴキブリが生息していたもよう。

外で徘徊していたものが、お客様宅のねこ土台と呼ばれる

隙間から侵入して床下で卵を産みつけ繁殖。

居室への侵入経路は、ねこ土台から一旦外に出て、

窓のレールから侵入というルートでした。

 

元々の根源である床下の卵も成虫も死骸も

すべて除去したので、もう見ることは無いかと思います。

 

というわけで、

戸建てのゴキブリ駆除は

居室・床下・屋根裏と行うのが、

本当は完璧なのですが、

お客様によってお財布事情がありますので、

一番問題になっているところから対策を

して頂くことをおすすめします。

今年も床下や屋根裏の清掃は忙しくなりそうです。


 

ゴキブリ駆除・

床下清掃・屋根裏清掃で、

困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

今年はゴキブリに注意

2019-02-27

本日の弊社は、大阪市東住吉区、京都市西京区、

滋賀県大津市、近江八幡市、湖南市、甲賀市の

遺品整理相談、生前整理相談、飲食店・食品工場の

防虫管理にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

オレオレ詐欺というものが始まって

かなりの年月が過ぎるのですが、

中々無くなりません。

 

ある金融機関からの情報ですが、

お客様は、分かっていても騙されてしまうということです。

「話術がかなり巧妙なのでしょう」ということです。

私は、こういうことを無くしたいと思い、

活動を始めたのですが、

今日、私が主催で行った勉強会で感じたのは、

 

皆んなで考える時間をつくる

 

ということです。

というわけで、今後は詐欺被害の増加など

さまざまな社会問題に対して、

皆さまと一緒に考えて参りたいと思います。


 

【メインコラム】

今年は、まだ2月だというのに、

かなり暖かくて、虫も例年以上に早く顔を出しております。

今年の啓蟄は3月6日ですが、そんな暦も関係なく、

出てきだしました。

 

これは、あくまでも予報士の話ですが、

夏はエルニーニョ現象の影響で、

雨が多くなり、昨年みたいな猛暑とは真逆で

涼しいそうです。

 

毎年、虫のシーズンというのは、

春先から徐々に増加し、

夏場に近づくにつれてMAX状態になり、

夏の暑い時期は一旦減少し、秋にまた増える

という流れです。

 

ところが、夏場が涼しいということは、

 

夏場も虫が多い

 

ということになります。

そして、アイツが主役の年になるかもしれないのです。

 

ゴキブリ

 

昨年、暑すぎて少なかった彼らも

今年は大発生する可能性があるということです。

 

というわけで、

今年は、ゴキブリの事前対策として、

遅くても3月くらいから少しずつ始めることを

おすすめします。

 

私のブログ愛好家は、ご存じのとおり、

特にゴキブリは、

冬場を制する者は夏場を制す

 

といいます。

2月というのに、もう既にお問い合わせが来ております。

今年も昨年同様、予約でいっぱいになる可能性が

ありますので、お早目にお問い合わせ頂けますよう

よろしくお願い申し上げます。


 

害虫駆除で、困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

 

おすすめ捕虫器

フローライトの販売はじめました。

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

キーワードは「除」

2018-10-20

本日の弊社は、京都府南丹市、向日市、京都市右京区、伏見区、

滋賀県大津市、栗東市の遺品整理相談、ゴキブリ駆除、

食品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

日本は、本当に大丈夫なのかと心配になってきた

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

「黄金の国ジパング」は、一目置かれていて、

神が最終兵器的に産んだ人種だと思っていましたが、

この国は、ちょっと貧弱になりすぎているのではないかと

気になって仕方がないです。

 

今、韓国・北朝鮮・日本の中で、

1番弱いのは、間違いなく日本です。

そして1番強いのは、断トツで北朝鮮です。

しかも、この北朝鮮と90%つながりを持つ中国は圧倒的で、

隣りの韓国は北朝鮮と交流が盛んになれば、

日本は、アメリカのコバンザメみたいになります。

 

ところが、皆さんご存じのとおり、この国は円高です。

借金だらけと言われるこの国が、なぜ円高なのか?

先進国の中で1番悪い国と言われているのになぜなのか?

 

それは、皆さんが(国民)が騙されているだけなのです。

実はG7の中でIMF(国際通貨基金)は

カナダに次いで2位なのです。

借金なんて実はありません。あるように見せかけて、

増税をしたいのです。なぜなら天下りのための資金が必要だからです。

 

私は、国民をも騙すこの国。

先日のブログでも中国や韓国の若者の力に期待したいと

綴りましたが、この国においても同じことが言えそうです。

 

このままだとこの国のいいところ

真面目なところが失われそうでかなり心配です。

あんまり、独裁的な総理大臣は、

この国には必要が無いと思うし、絶対に成功しないので、

そこだけは、注意して欲しいのが私の本音です。


 

【メインコラム】

ちょっとショートコラムに火が付き、

ロングコラムになってしまいましたが、

遅がけではありますが、先日草刈りにお伺いしました。

作業をする方からすると1番涼しくて良いシーズンです。

 

この時期は、とにかく雑草に付く虫が多いので、

ちょっと楽しいです。今、雑草を引っこ抜いて多いのは

土の部分に生息する

モリチャバネゴキブリです。

このゴキブリは、衛生害虫のチャバネゴキブリと瓜二つですが、

生活史は全く違って、野外種のため悪さをしません。

 

ちなみに、レストランや病院、船舶で

多く見られるチャバネゴキブリは、

1卵鞘中の卵の数は平均で46個と言われており、

メスは一生のうち4・5回卵鞘を産みます。

そして、このチャバネゴキブリの寿命はかなり短く、

雄で8か月、雌で10か月です。

 

しかし、爆発に増え続けて私たち駆除業者は頭を悩まします。

それは、なぜかというと、抵抗性を持った種類がいるからです。

その抵抗力は、かなり強いとされていて、

普通の市販剤では、まず効果が期待できません。

 

というわけで、

飲食店において、最も問題になるチャバネゴキブリは、

いっそうの事、視点を変えてパソコンのウイルスのように、

ハッカー的な存在のチャバネゴキブリを生み出して、

それを放ち、駆除していくのが1番早いのではないかと思います。

 

もちろん、そのハッカー的存在のチャバネゴキブリは、

増えてはいけないので、対策は必要ですが、

初心に戻り、生物的駆除(天敵による駆除)も

必要なのではと思います。


 

除草作業のお問い合わせは、

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

※ 新事務所はNTTが通らない地になります。

eo光になるため、フリーダイヤルが

無くなりますことを、深くお詫び申し上げます。

氷殺ジェットを使ってはいけない人

2018-08-28

本日の弊社は、神奈川県、京都市右京区、左京区、

滋賀県守山市、大津市、彦根市、近江八幡市の

昆虫同定調査、ゴキブリ調査、ゴキブリ駆除、ムカデ調査、

異物混入防止対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

最近、メタボになってきた美鈴環境サービスの鈴木です。

夏場は、やたら炭水化物を欲しがる体質でして、

お腹がプックリ出てきました。

今年は、ちょっとビールを飲み過ぎたせいもあるのですが、

ちょっと気をつけないといけないと思いだしました。

 

さて、日本人の58%。

半数以上がメタボと言われていますが、

これ実は、あまり当てにしなくても良いデータだそうです。

なぜかと言うと、その基準の1つであるBMI値を決めたのが、

戦後まもない頃で、今もそのまま使われているからです。

 

さらに、平均体重がその当時と比べると、

今は8~10kgも増えているので、

当然のごとく、メタボが増えているのです。

 

ですから、

正しい情報というものは、

今のご時世、入手するのは意外と難しいことを

覚えておいた方が良いですね。

———————————————————————-

 

【メインコラム】

有り難いことにお問い合わせが増え続け、

9月もスケジュールがパンク寸前になってきました。

コウモリ・スズメバチ。

そして、成りを潜めていた奴らがいよいよ出てきました。

 

ゴキブリ・ムカデ

 

ここ1週間くらい前から、かなり出現しております。

今日も、保育施設・ビジネスホテルからお問い合わせあり、

ノンケミカルでの処置をして参りました。

9月に入ると、除草作業を行うところが多くなります。

すると、雑草地に潜んでいたムカデやゴキブリは、

逃げるようにして、やって来ます。

 

最近、どこの奥さまもお家に常設されている

そして私もすすめている

 

氷殺系のスプレー剤

 

しかし、次のようなタイプの方にはおすすめ出来ないのです。

それは、スプレーを近づけて噴射できない方です。

遠くから噴射しても、

涼しい風が、ゴキちゃんにかかるだけで、

そそくさと逃げられるだけなのです。

 

ですから、よく

「1匹仕留めるのに、スプレー1本使った」

という声を聞きます。

 

というわけで、

ゴキブリやムカデを駆除する時は、

恐いかもしれませんが、勇気を振り絞って

カラダの近くにノズルを持ってきて、

一気にスプレーしてください。

 

すると、動きはその場で止まり、

たっぷりかけて、凍らせてください。

かなり少量で処置できるので、おすすめです。

たいていのお家であれば、1年に1本で良いのでは

ないでしょうかね。

 

そして、もう1つ保管方法でご注意して頂きたいのが、

今年は残暑も厳しいので、

暑いところには置かないようにして頂きたいのです。

スプレー缶は、以前にも爆発した事例がありますので、

涼しいところへの保管をお願い致します。

———————————————————————-

 

ゴキブリ・ムカデに

関するご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

 

自動販売機周辺のゴキブリ対策 ゴキブリとコバエを寄せ付けないデサピア洗面収納内

床下にお宝情報が満載

2018-06-24

本日の弊社は、愛知県名古屋市、滋賀県大津市、東近江市の

防虫ネット取り付け工事、コバエ駆除、ゴキブリ駆除に

お伺いしました。

 

因数分解って本当に役に立たないなぁと思う

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

ハッキリ言って、私は大人になってから

一度も使ったことがありません。

皆さんは、因数分解を社会人になってから使ったことがありますか?

誰がどのような場面で、使うのか教えて欲しいものです。

————————————————————————–

 

ゴキブリが家に発生するお客さまの場合、

確認しなければならない箇所がいくつかあります。

 

1つ目は、水廻りの環境です。

シンクや手洗いなどの配管廻りが、

侵入経路になっていないかの確認が必要になります。

配管の廻りに床下と通じる隙間があったり、

下水管と直接繋がっている配管があったりしますので、

必ず点検する必要があります。

 

2つ目は、屋根裏と居室が繋がる隙間の有無です。

屋根裏には、たくさんの虫が生息しています。

部屋に出て来られるような隙間が有る場合は、

閉塞していく必要があります。

通気性を保つ必要がある場合は、ネットなどで行います。

 

3つ目は、下水マンホール内です。

外周のマンホール内もたくさんの有機物が存在するため、

様々な害虫が生息しております。

環境的には高湿度のため、

害虫たちには最高の場所になります。

そこで、食物連鎖が繰り返されているというわけです。

 

4つ目は、床下の点検です。

床下も屋根裏とマンホールに負けず劣らず虫の宝庫です。

私たちは、この床下の点検を必ず行います。

なぜかというと、床下から点検すると、

どこに外部とつながる隙間があるか一目瞭然で分かるからです。

 

写真のように、

ゴキブリの糞が密集して落ちている場合があります。

そして、配管廻りの隙間もすぐに分かります。

 

というわけで、

床下には、たくさん駆除に役立つヒントがありますので、

出来るだけ点検することをおすすめします。

 

そしてミスズマンは、どのような虫が生息していて、

侵入していた形跡があるかも判断できるので、

充分に問題や状況を読み取ることが出来るのです。

もし、ミスズマン以外の業者さんに、

害虫の相談をされる場合は、床下も見て頂くと良いと思われますよ。

————————————————————————–

 

害虫にお困りの際、

床下点検をご希望の際は

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzuman@misuzu-eco.com

三重県K町床下調査1 三重県K町床下調査ゴキブリの糞2三重県K町床下調査配管穴隙間1 三重県K町床下調査配管穴隙間2

アパートの台所は要検査

2018-06-16

本日の弊社は、滋賀県大津市、湖南市、蒲生郡の

ヤスデ駆除、クモ駆除、ゴキブリ駆除、コバエ駆除、ネズミ相談、

窓ガラス清掃、ハウスクリーニングにお伺いしました。

 

脂質の中でも、総コレステロール値と中性脂肪率が高く、

ずっと悩み続けていたのですが、光明の兆しが見えて

喜んでいる美鈴環境サービスの鈴木です。

 

新たな出会いがあり、

自然治癒の方法を教えてくださいました。

難病の方、糖尿病、ガン、精神病、

さまざまな病気が治っている事実。

そして、実際治した方にご享受を頂いたのです。

この出会い、無駄にしないようにしたいと思います。

————————————————————————

 

さて、ゴキブリやコバエ類の侵入経路の1つに、

台所の排水管があります。

特に、アパートやマンションの場合は、

写真のように、しっかりと閉塞されていないことが多いので、

要注意であります。

 

今回は、女子学生のお宅でのゴキブリ対策でした。

来週は、また違うお客様でチョウバエ対策です。

このように、収納板を開いて元の塩ビ管が

見える状況であれば良いのですが、

見えないとかなり厄介になります。

 

今回は、開けてみると木くずが散乱しており、

潜伏しやすい環境でしたので防除とし、

サフロチンMC剤40倍希釈

(マイクロカプセル剤)の薬剤散布。

塩ビ管と蛇腹ホースのジョイント部分と、

カバーを含めた2箇所に隙間が生じていたので、

閉塞作業を行いました。

 

というわけで、

どこのお家も、意外と隙間が生じている

台所の排水管は一度点検されることをおすすめ致します。

放っておくと、お家の中で繁殖して大変なことになるので、

早期対策をお願いしますね。

————————————————————————

 

ゴキブリ・コバエ類に

お困りの際は

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzuman@misuzu-eco.com

 

K区ゴキブリ対策施工10 K区ゴキブリ対策施工11 K区ゴキブリ対策施工12 K区ゴキブリ対策施工13 K区ゴキブリ対策施工14 K区ゴキブリ対策施工15

女性の敵が始動

2018-06-09

本日の弊社は、兵庫県西宮市、京都市上京区、

滋賀県蒲生郡、湖南市、守山市のゴキブリ対策、

ゴキブリ相談、ハウスクリーニング、異物混入防止対策に

お伺いしました。

 

最近、正しい知識や戦略を持たずして、

起業する人が増えているような気がする

美鈴環境の鈴木です。

 

私の周りでも、非常に多い気がします。

経営士目線で申し上げますと、

その方々は、ビジネスよりも勉強している時間の方が

圧倒的に多いのです。

 

「まず、学ばないと失敗するじゃないか?」

 

と思われる方は、残念ながら起業には向いていないと思います。

————————————————————————

 

今日のミスズマン1号は、

ゴキブリ対策、ゴキブリ調査にお伺いしました。

お客様は、女子学生と20代の女性2人暮らしでした。

 

お家の中をクロゴキブリの1齢幼虫が、

元気に歩き回っているようです。

女性からしたら、恐怖の何物でもございません。

 

1齢幼虫は、1~2ミリの隙間があれば侵入してきますので、

ゴキブリの玄関になる可能性がある箇所は、

すべて閉塞していく必要があります。

 

その中の1つ、エアコンについてお話します。

エアコンの化粧カバーは底から閉塞する必要があります。

なぜなら、壁との接点に隙間があれば、

エアコン内部に侵入するからです。

エアコンの電源を入れたら、

ピューと出てくるので、その経験をされたほとんどの方は、

エアコンを使用されなくなります。

 

基本的にその箇所は、

エアコン業者が閉塞してくれるのですが、

時々、手抜き業者がいると聞いたことがあります。

そして、写真のように化粧カバーが無く、

パテが無くなっている場合、立派な入口になります。

そこで、今回は再度パテ埋めを行いました。

 

そして、注意しないといけないのが、ドレン排水ホース。

これが、地面に這わしてあると、同じように内部に侵入します。

地面に這ってある時の対策は、宙に浮かすことです。

 

切るのです

 

というわけで、

隙間埋め工事は、

大工さんや工務店の方々ではなく、

害虫の知識を持っている害虫駆除業者さんに

お願いされることをおすすめします。

 

大工さんや建築関係の方は、

1ミリくらいの隙間だったら、気にもしないのが普通です。

※すべての大工さんや建築屋さんがそうではないですが・・・。

 

たいていは、

「これくらいの隙間なら大丈夫」

と何の知識も無いのに、

言われるのが多いので、注意してくださいね。

————————————————————————

 

ゴキブリに

関するお問い合わせは

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzuman@misuzu-eco.com

K区ゴキブリ対策施工1 K区ゴキブリ対策施工2 K区ゴキブリ対策施工3 K区ゴキブリ対策施工4

ご縁のあるお客様だけ助けます

2018-06-01

本日の弊社は、滋賀県蒲生郡、草津市、守山市、

福井県敦賀市、京都府八幡市、兵庫県神戸市の

生前整理、イタチ相談、ゴキブリ駆除、ネズミ駆除に

お伺いしました。

 

車のナンバープレートが、

今年の秋10月からカラフルなイラストで、

登場するのが楽しみな美鈴環境の鈴木です。

 

滋賀県は、琵琶湖と島の風景を描いた

シンプルな図柄だそうです。

京都は、山、天橋立、五重塔といった伝統花模様

とされています。

ちなみに、富士山が描かれたプレートだけ2種類あるそうで、

静岡と山梨がそうです。山梨の富士山は赤富士なので、

絶対、山梨で登録した方が良いですよね。

——————————————————————–

 

ゴキブリの活動が活発になってきました。

同時にお問い合わせも増えており、

連日隙間埋めや薬剤処理のお仕事を頂いております。

 

最近、多いのが、ゴキブリの赤ちゃんを連日見るというお話です。

一軒家の場合は、私の経験上、

床下もしくは屋根裏からの侵入です。

写真は、床下にいるゴキブリの死骸を回収している様子です。

 

屋根裏や床下にいる場合のリセット方式で、

1番の近道は、空間噴霧です。

 

しかし、これにはリスクもあります。

まず空間噴霧は、居住空間に薬が洩れるので、

家の中に、いることが出来ません。

私たち業者も、防毒マスクを着用して作業を行います。

外出時間をお願いする時間は、2~4時間です。

 

それ以外になりますと、

年間管理で定期的な薬剤処理と、

隙間埋めで、1年間お付き合い頂く形か、

外周部と床下の薬剤処理になります。

 

他にも毒餌の管理を継続するなどの方策もありますが、

私たちは、その都度、現場状況にあった

ご提案をさせて頂いているので、ご理解頂きたいと思います。

 

しかし、見積もり診断に行くと、

とんちんかんな事を言っている業者さんがたくさんいます。

おそらく、お客様はどの話が本当なのか分からないと思います。

私の話も恐らく、その中の1つのはずです。

長年、一軒家から大企業まで見てきたので、

ゴキブリなんか基本中の基本。

虫という虫は、すべて対応が出来る自信を持っています。

 

というわけで、

もし本当にお困りの方は、ご相談頂ければと思います。

私は、お付き合い頂けるお客様すべてに感謝いたします。

ご縁を大切に、責任施工を行っております。

費用内で、治まらなくても、

追加料金は一度も請求したことはありません。

まっ!当たり前のことですけどね!

——————————————————————–

 

ゴキブリのご相談は、

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzu_expert@excite.co.jp

ゴキブリ調査

プロが目視できない部分こそが危険場所

2018-03-14

本日の弊社は、滋賀県近江八幡市、彦根市、愛知郡、

大津市、福井県美浜町、小浜市の異物混入防止対策、

生前相談にお伺いしました。

 

人生初のテレビの収録に行き、

テレビトークの難しさを痛感した美鈴環境の鈴木です。

 

緊張とかは、ありませんでしたが、

いかに自分にトーク術が無いかを思い知らされました。

脳が、慣れていないというか、そのようなモードになっていない。

これは、しょっぱなだと才能の有る無しがハッキリしますね。

タレントや芸人さんなどは、本当に凄すぎです。

私の弱い分野だと知り、また1つ勉強になった鈴木です。

 

さて、アパートのゴキブリ対策にお伺いしました。

1階部分だったのですが、

居住スペースが1段高くなっており、

床下に中腰で入れるくらいの高さでした。

 

マイクロカプセル剤を床下に散布した後、

フィプロニル成分のブラックキャップを随所に設置して

対策を行ったのですが、特に念入りに実施したのが、

シンクやトイレ・お風呂の配管廻りの部分です。

 

そして、ここのアパートは、

床下のねこ土台から、大型のクロゴキブリの成虫が、

直接侵入してくることは考えにくいのですが、

若齢幼虫は、可能な隙間サイズだったので、

プロペタンホス成分のマイクロカプセル剤で処理した次第です。

 

というわけで、

アパートのゴキブリ予防施工は、

見えない部分である床下やシンク流しの収納スペースの

さらに内部が問題であることが非常に多いので、

人の手では、中々難しいところであっても、

何らかの方法で対策処理をすることをおすすめします。

 

虫やネズミというものは、

基本的に、人間を怖がっていますので、

身体は当然の事、顔も手も入らないところに、

潜んでいることを前提に考えた方が良いですね。

 

ゴキブリ対策に

関するお問い合わせは

こちらまでご連絡ください ↓

0800-200-3281(フリーダイヤル)

misuzu_expert@excite.co.jp

 

ゴキブリ対策床下のMC処理1 ゴキブリ対策床下のMC処理2 ゴキブリ対策床下のMC処理3 ゴキブリ対策床下のMC処理4 ゴキブリ対策床下のブラックキャップ設置1 ゴキブリ対策床下階段部分のブラックキャップ設置2

« Older Entries
Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ