滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

秋シーズンは害虫だらけになります

2019-09-16

本日の弊社は、京都市右京区、南区、左京区、

滋賀県大津市、守山市、彦根市、近江八幡市の

家財整理、孤立死後の特殊清掃、コウモリ対策、ネズミ駆除に

お伺いしました。

 

【ショートコラム】

今、世の中が、何だか欲で溢れているような気がします。

もっと、人のために、自然界のために、次世代のために、

お国のために考えて生きて欲しいなぁと思います。

 

少なからずとも、何かに洗脳されてしまったのだと思います。

昔みたいに、もっと「人類みな兄弟」みたいな言葉も

飛び交っていいと思うのですが、

最近は無くなってきているように思えます。

 

これって、どんどん日本の良いところが失われ、

学力レベルも低くなっているのも然り、

他国に追い抜かれているのが現状です。

そもそも学びの姿勢が弱体化しています。

黄金の島と呼ばれたのが、嘘のようですね。

 

というわけで、

「日本を変える」と世の中で言っている人が

増えてきているのが、その証拠だと思います。

私もその1人であります。

「孤立死ゼロで世の中を変える」

今は小さい力ですが、賛同して下さる方がいらっしゃったら、

ぜひお力を貸して頂きたいと思います。


【メインコラム】

コウモリの子どもも自力で飛べるようになり、

飛翔数がマックスの状態になって参りました。

 

秋シーズンというのは、

コウモリの主食ともいえるユスリカも

非常に多くなる時期であります。

他に、稲刈りも始まることから、

虫の飛翔、秋虫と呼ばれるコオロギやバッタ類、

ヨコバイ・ウンカも大量に出てきます。

その、コオロギなどの雑食系の生き物が死んでしまうと、

腐敗し、ノミバエなども外で大発生してしまいます。

 

また、除草作業もこれからは行われます。

すると、潜んでいた虫が飛び散り、

建物に侵入しやすくなります。

その刈った雑草を放置しておくと、

腐敗しショウジョウバエが出ます。

さらに、スズメバチ、カメムシ、ムカデ、

小動物部門では、コウモリ以外に、

ネズミ、イタチ、ハクビシン、アライグマも動き出します。

 

というわけで、

これからが、第2の繁忙期突入であり、

ゴキブリなどの衛生害虫やハチなどの不快害虫が

増えて参りますので、注意されることをおすすめします。

 

ただし、減る虫もいます。

それは、トビムシです。

トビムシにお悩みの奥さまには良いお話ですね。


コウモリで、困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

おすすめ捕虫器

フローライトの販売はじめました。

こちらからご購入できます ↓

http://mirais-net.shop-pro.jp/?pid=139226564

 

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ