滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

コウモリを駆除できない理由と蚊との関係

2019-08-18

本日は、京都府宇治市、京都市左京区、滋賀県大津市、

東近江市、長浜市、栗東市の屋根裏清掃、殺菌消毒、

ネズミ駆除、コウモリ対策、イタチ対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

国民年金の「第3号被保険者」は、専業主婦が多いですが、

昔から奈良県は多く、およそ20年間トップをキープしています。

奈良県に次いで、兵庫県・愛知県が並んでいます。

奈良県によると、女性(20~64歳)の就業率が全国最下位。

夫は、県外で働き、妻は専業主婦というケースです。

しかし、働く意欲が無いわけではなく、

勤務地や休みの条件次第では、

働きたいという傾向も強いそうです。

 

このデータを見て、思ったのは、

当社にお問い合わせくださる専業主婦の方ですが、

奈良県は非常に少なく、むしろ愛知県・兵庫県は多いのです。

奈良県に着目してみようと思う今日この頃ですw


 

【メインコラム】

その奈良県では、実はコウモリのご相談があります。

今年は、6月くらいからコウモリ相談のラッシュです。

完璧に屋根裏から、一発で追い出せた現場もあれば、

取りこぼしがあった現場(もちろん追加料金なし)もありますが、

今のところは、防除はすべて成功しております。

 

ただし、よくお問い合わせを頂くなかで、

「壁に止まらないようにして欲しい」

とありますが、これは難しいです。

当社のブログ愛読者は、勉強済みだと思いますが、

壁に、金属系の素材をのれんのように、ぶら下げるか、

音波機を設置するかなどの外観上、非常に不細工な

状態になってしまいます。

 

外観を重視する場合は、

ステンレス系のモノを壁に貼るしか方法はありません。

コウモリは、隙間へ直接入りません。

一旦壁に止まり、歩いて壁穴へ入ります。

その道中に、なんらかの仕掛けをするということです。

 

コウモリの対策を依頼される理由ですが、

最も多いのは、糞害です。

①毎日、外に落ちているのを掃除するのが嫌だ!

②糞がいっぱい付いて壁が汚くなるし、格好悪い!

③屋根裏でゴソゴソ音がして、気になる(寝られない)

④全体換気が施されていて、屋根裏の異臭が部屋にくる

⑤乳児や幼児がいるので、健康面で心配

などが挙げられ、いずれも正しい理由であります。

 

世間で鳥獣保護法で守られているコウモリ。

糞害に困られているお客さまからすると、

全く理解が出来ないところであります。

 

防除の対象になっているアブラコウモリ(イエコウモリ)は、

川の水を綺麗にしてくれる「ユスリカ」を器用に捕食します。

ですから、追い出すことは出来ても、駆除ができないのです。

ユスリカがいなくなると、水が汚れます。

ハエや微生物が発生します。

蚊は、人類の命を1番奪っている生物でもありますが、

絶対にいなくてはいけない生物のナンバーワンであることも

知っておいてください。

でも、やっぱり刺されるのは、嫌ですよね。


コウモリのお問い合わせは、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

7月からオープンしましたオンラインサロン。

虫キライさん!わかりあいたい

オンラインサロン

このサロンでは、

正しくDIYして頂くための学校みたいな所です。

そして、他にもブログでは知り得ないあらゆる情報も

ご提供させて頂こうと思います。

ぜひ、サロンへお越しくださいませ。

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ