滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

生前整理はハードルが高いのか?

2019-07-14

本日の弊社は、兵庫県赤穂市、滋賀県東近江市、守山市、

蒲生郡の孤立死現場の殺菌消臭、食品工場の防虫対策に

お伺いしました。

 

【ショートコラム】

「50歳になると、男の更年期になった」

片岡鶴太郎さんがお話されていました。

鬱々としてくる毎日を過ごす片岡さんは悩みました。

そこで、助言を頂き、出会ったのが瞑想の世界です。

そして、ヨガへと行き着かれました。

ストイックではなく、禁欲とかではなく、

こちらの方が快楽的な生活だそうです。

ここに来て、楽しいを極められたそうです。

 

というわけで、

何事も極めるということは、

楽しくないと出来ないと思いますので、

仕事・趣味・パートナーを

とことん好きになって欲しいと思います。

本当に、片岡鶴太郎さんは125歳まで生きそうですね。


 

【メインコラム】

私が、この世で最も無くなって欲しいと願う

「見つけてもらえない孤独死」

私どもの業務でもある殺菌消臭・特殊清掃は、

無くなって欲しいと思っています。

 

今回も、お一人様がマンションの1室でお亡くなりになり、

ご遺品整理、殺菌消臭のお仕事を行いました。

モノがたくさん溢れているのは、不思議な事ではありません。

何が大切かというと、自身が召された時、

どんなモノを、どんな想いを遺したかったのか?

これを家族や親戚に伝えておくことです。

 

生前整理というと、

とてもハードルが高く大変なイメージが強いです。

でも、大切なことを後世に伝えることが出来たなら

まずはスッキリした気分になってください。

そこからがスタートです。

モノのお片付けは、1人では難しいので、

出来ないことが罪だとは思わないで欲しいと思います。

 

というわけで、

生前整理は、自分のためだけではなく、

次世代にバトンをつなぐためのものなので、

遺品整理の時に、かかる費用を資金準備しておき、

遺言書やエンディングノートに記載しておくことを

おすすめします。

 

近頃は、司法書士や行政書士、相続診断士の先生から

「お客様宅で、どれくらいの費用がかかるのか教えて欲しい」

というお問い合わせが増えて参りました。

昨年と比べたら、非常に関心度が高まっていることが分かりますね。


ご遺品整理・生前整理で

困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

7月からオープンしましたオンラインサロン。

虫キライさん!わかりあいたい

オンラインサロン

このサロンでは、

正しくDIYして頂くための学校みたいな所です。

そして、他にもブログでは知り得ないあらゆる情報も

ご提供させて頂こうと思います。

ぜひ、サロンへお越しくださいませ。

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ