滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

毒エサも食べさせるテクニックが必要

2019-07-01

本日の弊社は、福井県あわら市、京都市南区、

滋賀県大津市、守山市、近江八幡市のコウモリ相談、

医薬品工場・食品工場・化学品工場の

防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

フリーダイヤルが無くなり、電話のお問い合わせが減りました。

そして、最近お問い合わせに、いたずらメールが来ます。

新社屋になり、喜んでいたのですが、

まさかのNTTが引けないということで、

フリーダイヤルが無くなってしまったのです。

無くなってから分かる貴重なサービスですね。

 

でも、良いこともあります。

ホームページからと各関係者からの紹介での

お問い合わせがパンク状態にまできております。

オフィシャルサイトに関しましては、

役所レベルのアクセス数です。

 

というわけで、

当社もIoT分野などに参入していくことになりますので、

使いにくいところも出てくる可能性はありますが、

その時は、遠慮なくおっしゃってください。


 

【メインコラム】

クマネズミの駆除をしております。

さて、どちらの毒エサを食べるでしょうか?

 

右側のピンク色の方は、

薬局やドラッグストアーなどに売っている

アース製薬さんのデスモアという商品であります。

そして、左側の紫色の方は、

プロ用のこれまたアース製薬さんの

スーパーデスモアであります。

価格はまったく違い、ピンク色の方が断然安価です。

但し効き目に関して、すなわち致死率は全く違います。

それは、圧倒的に紫色の方が上です。

なにせ、スーパーラットにも効くのですから。

 

当初、お伺いした時は、

ピンク色の方を少しだけ食べていました。

そこで。致死量が高く、味も美味しい方に

切り替えてみました。

 

そしたら、少しの望みも持ちつつ、

期待していた反面、逆の予感もしておりましたが、

食べたのは、ピンク色のデスモアです。

 

そうは簡単にはいきませんね。

しかし、ここは経験が成せる技を使います。

必ず、この高級毒エサを食べるように仕向けます。

 

というわけで、

ネズミ駆除は、いかに経験を要し、

防除アイテムを多彩に使いこなせるかが、

カギを握りますので、

専門業者にお願いされることをおすすめします。

 

最近、お伺いすると、

先に、掃除屋さんなどの防除業の登録をしていない

経験の少ない業者さんに駆除してもらっている方が

増えているような気がします。でも効果がないと、

結局、費用も時間もかかって損をしますので、

注意してください。


 

クマネズミで困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ