滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

奥さまが大嫌いなトビムシの侵入経路閉塞

2019-06-09

本日の弊社は、兵庫県宝塚市、京都府京丹波町、

滋賀県東近江市のトビムシ対策、ヘビ対策、

食品工場の防虫対策にお伺いしました。

 

【ショートコラム】

ペットボトルが高級コートに変身する

という記事が出て、とても嬉しい

美鈴環境サービスの鈴木です。

 

2011年にドイツで開発された

廃棄牛乳を使った新しい天然繊維「Qミルク」

独アウトドア衣料のブランドであるファウデは、

2018年の春夏コレクションで採用され、

牛乳20%を含むフェルトがリュックサックの背当てや

靴の素材に使われています。

 

ドイツでは、年間約200万トンの牛乳が

廃棄されているそうです。

この牛乳を回収し、乾燥させたうえで、

水でこね、麺の生地のようにし、

それを細かいノズルから押し出して繊維をつくられます。

出来上がった糸は、絹のような手触りが特長だそうです。

 

ドイツのファッション分野で、

サステナブル(持続可能)への意識が高まっています。

ミュンヘンのファッションブランド

エーエンスは、ほぼすべてに、

リサイクル材や生分解性の素材を

利用したコレクションを発表されました。

脱プラスチックの流れが、

衣料分野にも浸透して来たことは嬉しいことですよね。

そして、狙う消費者層は、

品質とデザインに加え、

持続可能性を真剣に考えている

見識のある国際人ということです。

まさしく環境経営です。

※6月9日 日刊MJでの記事を引用


 

【メインコラム】

トビムシの侵入経路を閉塞して参りました。

洗面所で姿を現したということで、

周辺部を調査し、隙間部分にシーリングを行いました。

ここのお客様は、もう長いお付き合いで、

年契約でお世話になっています。

 

私が訪問することで安心する

 

とおっしゃって頂けます。

でも、これには奥さまのパートナーである

旦那さまのご理解もあるからです。

奥さまがお悩みになられる姿を見ている方が、

自分にとっても3人の子どもにとってもマイナスだと

分かっておられるからです。

 

トビムシやチャタテムシ等の微小昆虫に対する

不快を感じる方々は、少なくはありません。

しかし、女性と男性では不快度が大きく違います。

男性は、ずっと家にいないので気にしませんが、

女性は違います。幼い子どもの面倒も見ていると、

床に近い位置で生活しています。

すると、見えるのです!

ものすごく小さい虫が。

時には、私たちプロよりも目が肥えておられます。

 

というわけで、

トビムシに関しては、

ご主人の理解を得られずに、

悩み続けられる奥さまが

非常に多いということを知っておいてください。

 

何とかして助けてあげないと、

本当に不快感が最高潮に達し、

ご病気になられてしまいます。

 

何もかもが虫に見え、精神的な病気になられ、

見積もり時に、救急車を呼んで

見送った私が言うのですから、

間違いはありませんよ。


トビムシ駆除で、

困ったご相談は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

おすすめ捕虫器

フローライトの販売はじめました。

こちらまでご連絡ください ↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

 

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ