滋賀・京都の遺品整理・生前整理・事件現場特殊清掃・害虫駆除は美鈴環境サービス

トビケラに負けました

2019-05-18

本日の弊社は、滋賀県大津市、草津市、守山市の

生前整理相談、コウモリ相談、ネズミ駆除に

お伺いしました。

 

【ショートコラム】

今日は、トランプ大統領を誉めちぎりたいと思います。

今、世界で価値観の競争が激化しております。

米中貿易戦争がその1つですが、

支持率が上がっているトランプ大統領の活躍に

期待したいところです。

 

中国のパクリ戦略と合弁会社の絡みは有名ですが、

とうとうトランプ大統領が立ち上がってくれました。

お人よしの日本人は、新幹線や某有名なバイク会社を、

中国に権利を取られています。

 

本当に日本人は商売が下手です。

さすが、トランプ大統領は生粋の経営者です。

安倍政権、日本経済の悪化など、

雲行きが怪しいですが、どうなるのでしょうか?


 

【メインコラム】

当社が以前から、おすすめしています

遺伝性防虫忌避剤。

 

本日、ある事実が発覚いたしました。

 

トビケラには効果なし

 

ということです。

ユスリカ・ガガンボ・クモなどに対しては、

絶大な効果を発揮するのですが、

残念ながらトビケラは、全くと言って良いほど、

効果が無かったのです。

 

お客さまから教えて頂き、本当に感謝でございます。

教えて頂けなければ、この先もご提案していた事でしょう。

 

では、なぜ当社おすすめの忌避剤が、

トビケラには効かなかったのでしょう?

これは、推測ですが、

トビケラの生態にあるのではないかと考えます。

 

遺伝性の忌避剤は、

子孫に効果があるため、新たに成虫化した虫が

寄りつかないという原理なのです。

ところが、このトビケラ。

一生涯のほとんどが、幼虫なのです。

その幼虫の期間が、数か月~数年。

ですから、遺伝したトビケラが、次にやって来るのは、

ずっと先になるのです。

 

というわけで、

一戸建て全域のトビケラを忌避するためには、

外壁の変色も覚悟で、実施しなければならない

のかもしれません。

 

一か所だけであれば、

アースノーマットやその大きいバージョンであれば、

効果があるかもしれませんが、当社は実績がないため、

トビケラの忌避は、現状では難しいと判断させて

頂きたく思います。来るものを駆除するのであれば、

捕虫器・殺虫器も良いかと思います。

 

このままでは、困ったを助けられない

 

殺虫剤メーカーさまに、期待したいと同時に、

当社も情報収集し、対策できる技術を手に入れたいと

思います。


 

ユスリカ・クモの忌避対策に

困ったご相談がおありの方は、

こちらまでご連絡ください↓

077-576-8222 (代表)

http://misuzu-eco.com/?page_id=209

Copyright© 2013 (有)美鈴環境サービス All Rights Reserved.
ページ最上部へ